【おすすめ書籍】『仮想通貨3.0( マルク・カルプレス[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『仮想通貨3.0( マルク・カルプレス[著])』今日は暗号資産の最も基礎的な知識とも言えるマイニングについて解説をします皆さんもなんとなく聞いたことがあったりなんとなくのイメージを持っている方も多いと思いますがそもそもマイニングってどういうことという仕組みについて基本的な事を解説していきたいと思いますのでぜひ最後までご覧ください暗号資産で言う前にんぐとはブロックチェーンの承認作業をすることで報酬として新規発行したコインをもらえることというものです今回はこちらについて少し深掘りをして解説をしていきたいと思いますマイニングというのは日本語で言うと採掘という意味です元々は金や石油などを掘り出すことを採掘することをマイニングという風に言っています金というのは地球全体での埋蔵量が決まっていて掘り出した人の勝ちですよねだ早く掘り当てた人がその金の所有者となりますそして暗号資産の世界ではコインを掘り当てることコインの発光の仕組みのことを指しますコインの発行がマイニングって言うとちょっとピンと来ないかもしれませんねでは暗号資産にとってコインを発行するというのはどういうことかというの話をしていきたいと思います比較したいのは厳禁です例えば日本会など今使っているお金というのは中央集権型です一万円札などのお札の場合は日本銀行が印刷をして発行していますよねて国の方針によって印刷する枚数とか量を調整しています誰もが発行できるわけではないですしましてやコピーなんてしたら偽札作ったら犯罪ですからねつまり今かかっている現金というのは国や政府などの中央機関によって管理されているお金ということになりますまたそのお金を遠くにいる人に送る時は今であれば ATM なども使えますがその ATM も銀行という管理している期間の送金システムですよねその時の取引履歴通帳に記入されるような履歴データというのは銀行のサーバーで管理をしています一方暗号資産のほとんどは非中央集権と言って中央で管理する人がいません特定の発行元がないですねそしてプログラムで自動でコインが発行するという仕組みになっていますではプログラムで自動で発行するってのはどのような事なのかというのも話ししていきましょう中央集権の暗号資産では銀行のような特定の管理者を通さなくて直接送りたい相手に送ることができますこれを切るピアノ P 2 P という風にも言います誰でもいつでも自由に送ることができますよね24時間いつでも地球のどこにでもお互い悪いと思っていれば子さんを送ることができますでもその代わりに銀行のよりセキュリティを管理する人がいませんではどうやって安全性を保つのでしょうかもし私が送った声が相手に届くまでに途中で消えてしまったり何か書き換えてしまったりということは起きないんでしょうかそれを解決するのがブロックチェーン技術と言います初心者の方もこの名前というの聞き覚えがあるかなと思うんですがその名の通りブロックをチェーンでつなぐ技術ですこれについて暗号資産の代表であるビットコインの場合を使って説明しますね後エヴァ A さんから B さんに何月何日何時に何枚送ったかというようなコインを送った履歴というのが世界中で起きるわけですがそれを10分ごとに一つの箱の中に入れられてまとめて暗号化されますそしてその暗号を解かないと次のブロックが繋げられないんですね音で次のブロックを繋げることでさっき a さんから b さんに送ったコインの取引もオッケーですよってなってやっと b さんに届くというような仕組みになっていますということはちょっと考えてみるとこの暗号を解く人がいなかったら a さんから送った恋の p さんに影響に届かないということになってしまいますじゃあ誰がその暗号を解くのかこれをですね誰でもいいんです解ける人であればなので誰でもいいので解いてくれた人にロックつなげて取引記録承認してくれてありがとうということで新しく発行したビットコインを報酬としてあげるというルールにしたのでこれによって第三者が取引を承認することで Bitcoin の送金履歴が繋がっていてネットワークが維持されるという ビットコインというコインは新しく発行するという仕組みが同時に成り立つわけですくれる人がいないと a さんから b さんいつまでたってもコインが届かないだから届くようにブロックといてくれた人にありがとうと言って報酬が渡されるというルールですねこのように主要機関が決めたルールではなくて最初からもプログラムで自動でこのように発行されるルールになっていてビットコインは成り立っていますそしてビットコインは普通であればどこか取引所とか誰かから買わないといけないんですがその暗号を解いてブロックをつなげただけで Bitcoin が貰えるとしたらすごいお得だと思いませんがこのように暗号を解くことで価値のあるコインを手に入れることができるので金の採掘になぞらえてこの作業をマイニングと呼ぶわけですそしてこの暗号解いてブロックを繋げる人のことマイニングをする人のことをマイナーと呼びますマイナーによってブロックがチェーンのようにつながっていくのでブロックチェーンと呼ぶんですねこのブロックチェーンというのはビットコインのネットワークにつながってる人は皆同じものを持ちますこれを分散型台帳というような言い方もしますみんなで分散して記録された台帳を同じもの持っているからということですねで世界中の人の取引履歴をみんなで同じものを持つのでもし a さんから b さんに送ったものを例えば後からやっぱり1度しか受け取ってないけど10ビット受け取ったことにしようかなっていう風になったとしても例えば普通のサイトのデータ改ざんとかハッキングするとできるんですがビットコインブロックチェーンの場合は世界中の人が持っている大腸全部同じところを書き換えないといけませんそれっていうのはすごく大変な作業で10倍のビットコインをもらったことになるよりもすごく労力がかかるのでそういった不正が起きにくいという風に言われていてブロックチェーンは安全不正が行われないという風に言われていますそしてそのマイナーですね承認する作業の人が増えれば増えるほど承認作業が安定したり不正や改ざんが起こりにくくなるのでどんどん安全性が強化されていくという仕組みになっていますそれにもし自分がですねマイニングをしてほんとビットコイン欲しいと思ったとしてもせっかく一をかけてやっているのに何か不正をしてビットコインの価値が下がってしまったら骨折り損ですよねだから自分がマイニングしてるコインの価値や評判が悪くなるようなことは誰もしなくなるということも安全性の理由の一つとなっていますここでマイニングについて一旦まとめますね暗号資産は非中央集権で特定の発行元があるわけではありません会社や法律に管理されない代わりに問題が起きないように指導で運用できいるプログラムが組まれていますそして不正が起きないように第三者が承認作業をして相手にちゃんとコインが届くという仕組みですこの第三者による承認作業があるので恋のネットワークが途切れませんだから承認してくれてありがとうということで新規に発行されたコインを報酬としてプレゼントしていますそうなると報酬が欲しいですね特には既に価値のついているコインがもらえるんだったら頑張るっていうことでみんな前にどうして上がるというわけですが例えばビットコインを例にとると今は承認作業の報酬が6.25ビットもらえるんですね今日は380万円ぐらいですけど少し前に400万円突破しましたよね例えば6.25 Bit もらって400万円の価値があったとしたら一回当たっただけで2500万円がもらえるんです10分に一回計算に買ったら2500円もらえるとしたらすごいことですよねだとしたらも設備投資してでもなんか頑張って前に行くかどうかなっていう風な人たちが出てくるわけですこのように元々はブロックチェーンを成立させるという仕組みではあるんですが濃いの価値が高まっていくこと値段が高まっていくことにマイニングすると稼げるということで前に腰タイ人マイニングしたい企業というのが増えてくるという流れになっていますここまでがマイニングについての基本的な説明となりますではマイニングの基本的なことについて理解したところで次はコンセンサスアルゴリズムについてご紹介しますコンセンサスアルゴリズムというのは報酬を貰える権利というのどうやって決めるかっていうルールのことです先ほどまでの前にんぐの説明でブロックを承認した人が新しいコインをもらえるよっていう風に言いましたよねそこでみんな私が承認したいって思うわけですが一つのブロックは一人が じゃあ誰がそれ承認していいよっていう風に決めるかっていうのがこのコンセンサスアルゴリズムということになりますビットコインとかイーサリアムとかライトコインとかリスクとかいろんなコインがありますがコインごとにいろんなルールがあってそれに沿って誰が承認するかどうなったら承認できるかていう人を決めています代表的なものからご紹介するとやっぱりまずは Pow ですプルーフオブワークと言ってコンセンサスアルゴリズムの名前です tow 方式とかそういうことですよねどんなタイプでしょうにしてるかがわかる名前と思っていただければいいと思います Pow ではブロックの暗号一番早く届いた人が勝ちということで承認作業の権利を得て報酬を受け取れますその計算をするんだやっぱりコンピューターなので計算が早いコンピューター性能の良いコンピューターの方が有利ということになります今 Pow を採用しているのはまビットコインとかライトコインとかも今のイーサリアム様 W ですね Pow 以外には pose というタイプもありますこれはプルーフオブステークの略でステイこと言うのはかけるとか株式を保有するといった意味になります株式会社をイメージしていただくと分かると思うんですけど株をたくさん持ってる大株主の人ほど影響力とか発言力がありますよねそんな感じで TOS では恋のたくさん持っている人そしてそれをロックしている人が承認作業にあたりやすくって報酬がもらえやすいというルールで先ほどの Pow 撒き餌の早いもん勝ちというルールから比べるとこういうのがあらかじめま分かりますから誰が承認できるかっていう決まるのも早いですねそれがまコインの送信時間が早くなるということにもつながっていますねまた TOS の進化版として dpos というものもありますこの D はデリケート委任するとか委ねるとかいう意味なんですが普通の P OS だとその恋をたくさん見てるって言ったらやっぱ人は限られてきますしお金持ちが結局こうを支配することになるので中央集権とあまり変わらなくなってしまうんですねそのため沢山持っていない人でもその代表者の人達に行こ選んで預けていくことで同じ権利を得ることができるという仕組みです代表者が承認した報酬をその人に委任した人も5分配してもらえるわけまえをもらえるというような仕組みです細かい呼び方というのはそれぞれ何ですがコスモスとか polkadot カルダノなんてのもこの dpos のタイプとなっていますまたステーキングについては動画で以前解説をしていますのでぜひそちらも見て頂きたいなと思いますこの他のタイプとしては poi という proof of important というのもありますねむがこれですね早いもん勝ちだったりまあお金持ちではなくってまあこういうのも関係しますが取引の頻度使用頻度によって報酬が得られるというルールですこれは本当にね向こうでたくさん使ってくれた人ですね優秀なユーザーに報酬が配られるというルールになっていますちなみに眠ってはこの前にんぐにあたる作業をハーベストという風に呼んでいます他にもですねピーを何とかっていうのいっぱいあるんですがその名前はほぼつけ放題と言いますかこいぬの開発者だったりその作った人の方が個性の主張の場になってる感じですねうちは他とはここが違いますこういう品種ですよっていうようなま願いとか覚えとか市長って誰が込められているようなのハッピーを何とかっていう名前に現れていますですのでもすごく広い意味でまネットワークに参加して貢献し多分発行された行為を貰えるって言う事マイニングという風に呼ぶことが多いですその中でそれぞれのコインでステーキングとかハーベストが出てゲーティングとかボウリングとかですねいろんな特徴星を表すような呼び方をしていることが多いですちょっと慣れないと混乱することもあるんですが大きな枠組みで捉えると全部甘いリングをネットワークに貢献して報酬をもらうという仕組みのことを指していますちなみに暗号資産と呼ばれる中でもマイニングが行われないコインもありますリップル安寺というコインは中央集権型と呼ばれて発行元がも決まっているんですねなのでプログラムによって新規発行すると言う必要がないので前リングの仕組みを持たない恋というものもありますでは次にマイリングを知る上でよく出てくる丹後ディフィカルティというものについて簡単に説明をしたいと思いますディフィカルティというのは日本語にするとマン難易度難しさということですよねえ何の難しさ と言うと承認作業するときの計算の難しさを表す指標となっています特にビットコインの場合で言うとビットコインっての Pow で計算が早く溶けた人が勝ちですよねこの計算問題暗号問題っていうのはどういう問題かというと暗号解いて数字以下の正解を見つけてねというような問題となっていますちょっとこれを簡単に説明するのも難しいんですが例えばこういうゲームを想像してみて下さい広い野原にランダムな数字が書かれたカードが10万枚裏返しにばらまかれてるとしますめくると数字が見えるんですけどもねその中で100以下の数字99でもし30でも25でもいいですけど100より小さい数字を用意ドンで一番早く見つけた人に商品を出しますっていうゲームです分かりますかで用意ドンした時に10万枚のカードをみんなで裏返してその中で100以下の数字を一番先に見つけた人が勝ちでしょお金をもらえるのですで一回見つけた後全部リセットされて第2回戦次は12日の数字を一番早く見つけた人に賞金を出しますよっていう風にしたとするとさっきの100以下の数字を見つけるよりも難しくなりますよねこれがでカルディが上がるといいますそして早く正解を見つけたかったら同じ1秒間でも他の人にたくさんカードをめくった方がいいですよねそれが計算能力の違いになりますいわゆるハッシュレートと呼ばれる計算能力を表す指標ということですハッシュレートが高い方が同じ時間の間で他の人よりたくさん計算が出来て正解が見つけやすいので賞金を獲得しやすくなるというような理屈になりますビットコインの場合は2週間おきにこのディフィカルティですねつまり問題の難しさのレベルが修正されて10分に1回正解が見つかるように調整をされていますが例えばこの2週間ちょっと難しくてブロックできるのに時間かかっちゃったなじゃあ次はちょっと問題優しくしとこうかなーみたいな感じで10分に1回ブロックができるように問題が難しさが調整をされていますこの調整によってビットコインの処理が安定して続くようになっていますまた一般的にディフィカルティというのはコインの相場の値段と影響してそう考えるという風に言われています鯉の値段が値上がりするまビットコインだった100万円から400万円になったとすると同じマイリングをしていても利益率が良くなりますよねなのでみんな頑張ってマイニングに参戦しようとしますねみんなが参戦すると難しさが上がっていきますでも難しくなりすぎるとだめだこれ無理ゲーだわ言ってマイニングを辞めていく人たちも出てくるんですねそうすると今度また皆が少なくなってくるし市場のビットコインの値段が例えば下がってきたらやってもやっても経費がかかって赤字になっても分からなくなったらそれでもやっぱりマイナーが減っていったりていう形でコインの値段とディフィカルティというのはま相関関係があるという風に言われています直結してるわけではないんですが指標となるので値段の予想だったりとかいろんなことでマイクのディフィカルティというのを見ている人たちもいますでは次にマイリングをするためにはどんなものが必要かというところから色々なマイニングご紹介したいと思いますねもし私がマイニングをするとしたら理論的にはパソコンとそれをインターネットにつなげて QT とかコアとか呼ばれる専用のソフトウェアがあればマイニングの作業をすることができますビットコインの一番最初ジェネシスブロックといますがその時の承認作業は正体不明の開発者であるサトシナカモトが行ったと言われていますその時は CPU と普通のパソコンでできたそうです CPU というのは私たちが普段使うパソコンとかノートパソコンに入っているもので動かすための計算をしている核となる脳みそみたいな部分ですマイニングするためにはその CPU でも実はできるんですところがまあ特に Pow と言って計算の速い人が勝つようなルールの場合は競ってどんどん性能の良い頭のいいパソコンをマイニングに使って行くようになっていきます確かにちょっといいパソコンを買ってでもビットコインいっぱいもらえるんだったらちょっと設備投資しますよねそのような感じでどんどんどん 激しくなってもっと計算能力が早いものがマイニングに使われるようになっていきます最初は CPU でできたものが GPU と言ってもっと計算がたくさんできるものですねそれから A Sick というものができていますというのは専用のチップということなんですが Bitcoin のマイニングに特化して設計されたチップです例えて言うと CPU とか GPU のでマイニングできた時は一般の普通の道公道で自前の車でレースして勝負ができたのでまあまぐれでも軽トラだったり普通の車も飼ってたんですけれどもレーシックというものが参入したことによって途端に F 1レースに変わってしまいましたで一般の人が甘いリングしてモーションノースのプロが参加しているファンレスには勝てないですよねえなのでま作業自体は出来ますパソコンとインターネット等専用コアでできるんですがま計算能力としては一生エージックには勝てないので報酬を受け取れないということになってしまいますこのように特に Pow では競争が激化して今ではま個人でなかなかマイニングするっていうことをまこうし終えるということは難しくなっているんですがそういう競争が激化する中で一人では勝てないのでチームでやろうということでプールマイニングという手法が生み出されましたチーム戦で勝っていこうということですね1台のパソコンでは勝負に勝てる回数がすごく少なかったとしてもそのパソコンガチャ仙台とか1万台あったらどれかは勝てるだろうねそのみんなの中で買った文を間貢献度には合わせて5分配していこうというような方式です俺がプールマイニングと言いますでも一つマイニングに関連してクラウドマイニングという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思いますクラウドマイニングというのはマイニングの事業に投資をして今株式の配当のような形でその配当を受け取るというような方式ですがなぜこういう星が生まれるかと言うとマイニングマシンを稼働させるっていうのはとっても電気代がかかるんですね以前私も自宅であの GPU ロッキー乗せたマイニングマシン動かしてたことがあるんですけれどもの1200 W って言ってドライヤーで髪の毛乾かすドライヤーの恐怖を24時間つけっぱなしみたいな状態になるので電気代が1ヶ月で2万円ぐらいかかったりとかしてましたよ夏はエアコンでクーラーでこ冷やすので余計に電気代かかりますよねプロが使うようなマシンをもっと効率が良いものかもしれませんがでもやっぱり設備費というのがとてもかかりますセキュリティも入りますしてそうなってくると日本でマイニングやろうと思うと電気代がめちゃくちゃ高い土地も狭いし向いてないんですねマイニング工場って言ってこういうプール前にんぐをしようと思っても適さない国なんですでも挑戦しようと思ってもお前ダメで撤退した企業もありましてねで日本がだめならどうするかと言うと電気代の安い国とか地域に工場を建てて前に熊子に並べてプールマイニングをすることになりますこの設備投資に一部個人で負担をする投資をすることでその前に向こう上で得た報酬を分配されるというのがクラウドマイニングで何で直接自分がマイニングするというよりはマイニングしてる設備に投資してその利益の配当を得るという投資方法となりますクラウドファンディングってありますよねそのクラウドですでクラウドマイニングの場合は配当の受取方というのがポイントになりますまた午前コインで受け取る場合はブロックチェーンで履歴を確認することができますのでまあのコインで受け取るものとかどうかっていうのは確認するのがクラウドマイニングに投資をする上で大事なチェックする鍵となりますこのようにマイニングと一言で言ってもどんどん競争が激化してきたような気きしやいろんな方式のマイニングがあるということを覚えておくといいかもしれませんさて最後になりますがブロックチェーンは日々進化していますビットコインというのはまず中央機関を通さない相手と直接お金をやり取りするために作られていますこれほんま第1世代と言ったとするとイーサリアムはそのビットコインをより改善して作られた第二世代と言われます単なる通過ではなくてプラットフォームのお金以外の価値もやり取りできるようなものを目指していますそして既にそれらの先輩を見てさらに進化したブロックチェーン第三世代も誕生してきていますコインキャッツでも紹介してるような polkadot 薬コスモスといったクロスチェーン技術のものもそうですし入るコインのようなストレージサービス入るコインというのはインターネットそのものをブロックチェーンにしようという ものでいっと今夜イーサリアムとは違うまた新しい概念のものとなりますファイル恋についてもの動画で解説していますので是非どんな概念かっていうのを知って頂きたいと思っていますがこのようにブロックチェーンというのはものすごい勢いで進化しているんですねイメージ的に言うとも私たちが普段使うスマホ携帯電話というのも最初は文字しか送れなかったようなものが絵文字が遅れて写真が送れて動画も送れるようになってますよねお3 D 4 D 5 C と進化していますでもっと進化が進むごとにできることって増えていますよね今生まれたお友達っていうのは5人しか知らない世代っていう風になってくるわけですねこんな感じでブロックチェーンというのは携帯電話よりもっと早いスピードで進化していますこのような進化に合わせて新しいマイニング方法が出てくるんじゃないかなと思ってとても楽しみにしていますまた面白いコインだとかそれで前に言うがあったら随時紹介していきたいと思っていますということで今日は暗号資産の一番の基礎ともいえるマイニングについて解説をしてきましたいかがでしたでしょうか少しマニアックな感じもしますがまぁ仕組みを知ることで物事の判断や洗濯に少しでも役に立てば幸いですまたわからないところなどがありましたらコメント欄とかラインアットで是非質問をしてくださいね今年というのはもう暗号資産の市場が盛り上がって値段が上がってますよねで値段が上がるということはマイニングの収益も取りやすくなるのでこの前にんぐ四条というのも活性化するという風に言われていますこの前にんぐでもせっかくですので収益が得られる方法などもご紹介していきたいと思ってますので Line 後にもぜひ登録していただけたらと思いますそれでは最後になりますがコインキャッツでは普段動画ではお伝えできない特別な稼ぎ方のご案内や日本で資産運用当たり前にするそんな目標を掲げたオンラインサロン開講予定ですのでこちらの LINE アットにご登録頂き配信情報を逃さないようにしてくださいそれでは今日もここまでご視聴いただきありがとうございましたコインキャッチチャンネルでは引き続き資産形成の役に立てるような情報を発信していきますのでぜひチャンネル登録といいねボタンを押してもらえると嬉しいですそれではまた次回の動画でお会いしましょう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事