【おすすめ書籍】『はたらくを、しあわせに。日本一学生が集まるベンチャー企業の社長が明かす20代のための 「働くトリセツ 」 (学生必読) (近藤 悦康[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

created by Rinker
¥968 (2021/09/16 06:00:35時点 楽天市場調べ-詳細)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】【おすすめ書籍】『はたらくを、しあわせに。日本一学生が集まるベンチャー企業の社長が明かす20代のための 「働くトリセツ 」 (学生必読) (近藤 悦康[著])』の紹介上司は私を見て仕事をしないように社会を見たい仕事をしなさい働くこととは社会に価値を創造することだからね皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの量です皆さんは日々幸せを感じていますか働くことに幸せを感じていますか本日はそんな人生に仕事に悩んでいる人にぴったりの本を持って参りました今日ご紹介するのは近藤悦康さんの働くお幸せにいてまさに働き方の取扱説明書ともいえる本性を一緒に見ていき仕事とは何か幸せとは何かについて考えていけたらと思います本日ご紹介する内容は以下の三つです第一章働くことは幸せなのか第2章働くを幸せにするには大山椒を実現に向けて歩む人の特徴人生を幸せにする豊かにするそんなアイデアがあったら知りたいですよね本日の動画であなたにとってなおそのヒントが一つでも見つかったら嬉しいですぜひ最後まで見て行ってくださいそれでは早速参りましょう第2章働くことは幸せなのか第1章ではそもそも働くことは幸せなのかそして幸せな時間とは何をしている時なのかについて考えていきたいと思います皆さんは睡眠時間プライベートな時間を1日何時間確保していますが社会人の一日24時間の使い方としては大体睡眠時間が8時間プライベートや家族との時間が8時間働く時間が8時間というのは平均的かと思いますそんなに寝てないよーとか8時間ちょうどで会社を終わらないよーという人もいるとは思いますがそこはちょっと置いておいて24時間きっかり三つに分けてみましょうつまり睡眠時間とプライベートや家族との時間と働く時間に分けて考えるんですそしてこの中で睡眠時間を除いた時間これが活動時間になります活動時間の半分はプライベートや家族との時間ですその中でも比較的幸せを作りやすい時間はプライベートの時間です何と言っても自分の欲求のみを満たせる時間ですよね食べたいものを食べたり好きな動画を見たりへ行きたい場所に行ったりそんなことをする中で幸せを感じることができるでしょうもちろん辛い時もあるでしょうが自分の意志で幸せを作りやすい時間ですそして家族との時間これは夫婦や子供と過ごす時間であり一人の時間より幸せを感じることができる時もあれば一人の時間より幸せを感じることが難しいこともあるかもしれませんこのプライベートの時間や家族との時間で幸せを作るこれももちろん人生においてはとても重要なことですですが本書ではこの部分は一度忘れていただきメインテーマである活動時間のもう半分働く時間について変えていきましょうプライベートの時間を幸せに過ごす方法家族と幸せに暮らす方法についてはまた別の書籍をあたってみてくださいさて第1章では働くということと幸せということについて掘り下げていきたいと思いますポイントを三つに絞って考えていきましょうその三つとは市働く時間は幸せかに幸せとは夢と志についてですそれぞれ詳しく見ていきましょう市働く時間は幸せか働く時間が幸せであるとあなたは即答できますでしょうか働く時間を楽しみにしている社会人は現実的には少ないと言えますアメリカ最大の調査会社ギャラップ社が2017年に仕事への熱意同然世界1300万人に調査した結果によると日本の熱意あふれる社員の割合はなんと6%を139カ国中132位だということがわかりました日本人は勤勉だとか仕事熱心だと言われていますが研究結果から判ったのはそのイメージとは真逆の仕事に対する熱意がないという現状だったんですまた機場内に諸問題を周囲に不満を撒き散らしている無気力な社員の割合は24%そしてやる気のない社員はなんと70%に達していると言うんですやる気がない社員は会社に行って仕事をするよりも家で寝ている方が幸せだと思っているかもしれませんあなたが今の仕事に対して好きじゃないなーとか熱意が持てないなと感じているとしたらきっとそう思っていることでしょうしかし私達は家で寝るために生まれてきたわけではないんですいや寝るために生まれてきたんだという人がいるかもしれませんがそれでは自分の時間の使い方すなわち命の使い方としてあまりにも勿体無いのではないでしょうかさてでは働いている時間を教え合にするにはどうすればいいので 目指す理由が自分以外にある理想を志と定義しますこの夢と志は人生においてどちらがいいとかどちらが悪いというものではありませんどちらも必要なものなんですですから両方についてしっかりと考えておく必要がありますではまず自分以外のための理想志について考えてみましょう志は自分という存在を通して自分以外の第三者に価値を作り出すことで外せるものです価値を創り出して第三者に提供できるとその対価として相手から感謝の言葉をいただいたり報酬としてのおことについて深く探っていきたいと思います第2章働くを幸せにするには第1章で夢と志すのどちらも大切でそのどちらも叶えることが試合金をいただいたりすることができますこのようにタッチを作り出して対価の授受これが発生することを生産活動と言いますそしてこれが働くということなんです相手の問題を解決したり理想の実現を手助けしたり誰かの役に立ったりそしてこれらの生産活動で得たお金で自分が行きたい所へ行ったり食べたいものを阿部たり欲しいものを買ったりするこれが消費活動ですこの消費活動は楽しむ活動であり自分自身の理想である夢の実現にも繋がっていくことになりますつまり働くことによって志が満たされそれによって得たお金で夢を実現させることができるこうして働くことと幸せが繋がるんです夢と志は幸せを感じる上でどちらも大切なことですしかし両方を叶えるには定期 簡単なことではないですよね夢や志を叶え自分が得たいものを全部得るためには具体的なゴールとそれまでの道のりをイメージすることが大切です第二章ではその方法をお話していきましょう著者の近藤さんはドリームマップという自分の未来設計を二十歳の時に作ったそうですそしてそれを20年経った今見ると書いたことの8割が実現されているそうです自分は将来どういう人間になりたいのかそれを出来る限り明確にし意識しながら生きるそれだけであってもその目標は実現されやすくなるんですさてここではそんな未来設計の書き方を含め働くを幸せにする方法についてポイントを二つと幸せを感じる時はいつなのかについてのお話をしていきましょうお話しすることは次の三つです1未来設計は7つの分野に分けて書き出すにやりたいことは横になられて縦に並べて全部やるじゃん幸せは後味で噛み締めるそれぞれ詳しく見ていきましょう市未来設計は7つの分野に分けて書き出す先ほど説明したドリームマップ自分の未来を設計してみようと言われても何を書けばいいのかわからないという人が多いと思いますそこで著者は未来を考える上で7つの分野に分けて考えることを進めていますその7つとは1仕事これはなりたい職業ややりたい仕事内容とそのレベルについて考えてくださいに学習これは身につけたい能力技術知識人間性資格のことです山甲州竹材これは収入貯蓄をいくら欲しいかそれを考えてください4人脈どういった人脈で人間関係を手に入れたいかを考えてくださいご家族これは恋愛結婚出産子育て夫婦関係の理想このすべてについて考えてみてください6現行体力食事運動検診で意識することなど健康について特に考えてみてくださいなな趣味や娯楽これは仕事以外のお楽しみの時間で加工したいことについて考えてみて下さいこの7つについて考えるんですこのように分割して考えることでただ漠然と頭の中で描いているだけだった未来が具体性を帯びてきます是非皆さん自分自身の未来設計をこの7つのポイントに沿って考えてみてくださいまたこういったことは頭で考えるだけではなく書き出してみることも重要です炊き出したからといて未来がそれで確定するわけではありません定期的に確認しときには改訂していくどんどん未来設計をアップデートし将来の理想の自分に近づいていきましょうまたこの中でも若いうち特に20代に一番重点をおきたいのが2の学習です社会人における学習とは仕事を通して経験値を高めできることを増やしできるレベルを高右手行くことですそうすれば価値のある仕事ができる報酬も上がり人脈も広がっていきます人間性を磨けば理想の配偶者を手にすることだってできますとして短い時間で高い成果が出せるようになると8日や娯楽の時間も増えていきます人生の充実度を高めるためにも学習を大人になっても続けるようにしてくださいまた忘れがちなのは6の健康管理です質の高い食事睡眠そして定期的に体を動かすことこれも忘れないようにしてください健康がなければいろんなことに挑戦できません志と夢を両方叶えるために心身ともに健康な自分を作ることは大前提なんですにやりたいことは横に並べて縦に並べて全部やるやりたいことが色々あってどうしたらいいかわからないそういう人は多いと思いますそんな時はやりたいことを横に並べるのではなく縦に並べてみましょうこれはやりたいことを横に並べてやることとやらないことに分けるのではなくやりたいことを縦に並べて何からやるかという優先順位をつけて全てやるということですやりたいことはもちろん全部やったほうがいいに決まっていますこのときやる前に色々と悩む時間が非常にもったいないんです目標を横並びにすると選択肢がいっぱいあって幸せだと錯覚してしまい結局行動しないまま目標が放置され時だけが過ぎていくということになりかねません目標がたくさんある時はやることに優先順位をつけ縦に並べてみましょうそして優先順位の一番から集中して一つずつ取り組んでいくんですもし行ってみてなんか違うなと思えば次の選択肢を試せばいいんです横並びに目標を並べて悩んでいると試す時間が減っていってしまうだけですあらゆる本で言われていることですが悩む時間ほどもったいない時間はありません悩んだら即行動これを徹底していきましょう優先順位の一番からとにかくやってみる送信 てくるはずですさん幸せは後味で噛み締める仕事を楽しみたいとかワクワク働きたいと考えている人は多いと思いますですがやはりどうしても仕事は辛く苦しい場面もありなかなか楽しむことができないという人も多いでしょう一方で夢をかなえる消費活動は楽しみやすいものですだからこそ人は消費活動に楽しみを見出し仕事の時間は辛いけど耐えるという考えを持ってしまいがちなんですっては本書のテーマでもある働くを幸せにするにはどうすればいいのでしょうか実は皆さんがご存知のように働く瞬間の多くは楽しいとかワクワクするといった感情は生まれませんそんな魔法のような方法は存在しないんですここまで動画を見てくださった方は何だと幻滅してしまうかもしれませんつまり楽しく働くというのはあまり現実的ではないといえます仕事をしている一連のプロセスに楽しいという感情はなかなか生まれません歯を抜いていられる場面はほとんどありません市無我夢中で取り組むしかありませんイメージしてみてくださいもしもあなたが下界で目の前に患者さんがいてこれから手術をするという場面でワクワク楽しみながら望むでしょうかきっと1 mm 1秒のミスも許されない真剣勝負です一心不乱に手術に打ち込むはずなんです遊びと同じ感覚でワイワイわくわく手術なんてできるわけがありませんどんな仕事も価値を作り出し瞬間は集中しているんです心でしかないとそんな大変な価値のある仕事に前向きに取り組むことができませんただお金を稼ぎたいからだけではついていけなくなることもあるんです人から見たら羨むような高給取りの仕事を辞めてしまう人もいますがそれは仕事と自分の心と子が一致していなかったからということになります仕事をするということは誰かに喜んでもらうということなんです自分が楽しむことが主な目的ではないんですつまり消費活動で得られるような楽しみ塩生産活動に求めてはいけないんですですが本書のタイトルは働くを幸せに矛盾しているように思いますかしかしこれが決して矛盾なんてしていないんです楽しみながら仕事をするそういうわけではないんですがちゃんとそこに幸せはあるんですそれじゃあいつ幸せを噛みしめることができるのでしょうかその答えが幸せは後味で噛み締めるなんです先ほどの外科医がいつやりがいや喜び幸せを感じるのかといえば手術を成功させた後です命を救えたという結果を作った時です患者さんやその家族から感謝されるそ暮らせることができない人がいるんですね人生で飛躍できる人とそうでない人の違いはここにありますの瞬間この仕事をやっていて良かったな医者という仕事について良かったなという感覚を得ることができますこれを存在意義と言います仕事をしていて幸せを感じることができるのは自分の存在意義を見出した時なんですそしてその瞬間働くを幸せにできるんですまずは自分の心に問いかけてみてください今の延長上に未来を描くとしたら何を大切に生きていきたいか自分自身が心から納得がいく人生というのはどういうものかそし 終わりません自分のことを運がいいと感じ目の前に素敵な人や状況がよく現れるステージが年々上がっていくように思える人はチャンスを降らせる能力がある人です逆に自分の人生を変えるような人との出会いが無いもしくは出会いがあってもそれを生かすことができないと思う人はチャンスを降らせる力が欠けているんです若くして酸素を降らせる力を持つということは志を見出せる人でありこのような人には共通の特徴があります第3章ではチャンスを降らせる力がある人に共通する特徴を三つのポイントに分けて説明していきましょうその密度は1で会いに信頼さんた力の活用ですそれぞれ詳しく見ていきましょうまず市出会いまずはチャンスを降らせてくれる人との出会いこれはすなわちチャンスを与えてくれる人との出会いが何よりも大切なんですチャンスを降らせてくれる人を与えてくれる人とはどういう人か一言で言うなら自分よりも先を言っている人で極端な例ですが大学生が幼児や小学生からチャンスをもらえる可能性なんてほぼないですよね先輩社長お客様などお金や物や経験アイデアや人脈など自分には持っていないものを持っている先を行く人に出会うことでチャンスをもらえる可能性は生まれて行きますあなたは自分の先を行く人に出会う努力をしていますでしょうかまずはそこから考えてみてくださいに信頼さてもちろんチャンスを降らせてくれる人と出会うだけでは何も変わりませんチャンスは欲するだけでは手に入らないんです少し考えれば分かることですがもしあなたがチャンスを与える側だったらどんな人にチャンスを与えたいでしょうかもしあなたが人よりもお金や物や経験アイデアや人脈を持っているとしたらどんな人にお金を与え人脈を紹介しアイデアを提供したいと思うでしょうか多くの人は信頼できる人と答えるでしょうチャンスを与える側から見ると未来できる人とはチャンスをものにできるだけの行動が取れる人取れそうだと思わせる人ですそしてそれは一朝一夕でできるものではありません普段の生き方や働き方が積み重なったものから周囲が感じ取っていくんですチャンスをつかむにはそのチャンスの種が生まれる前に自分の時間を自分の成長に投資するなどチャンスを与えられる行動をしていなければいけないんです日常の行き方が前向きで成果を作るための行動をとっていたらチャンスを与えてくれる人の信頼を得ることもできますまだまだ志が見つからなくても誰かが与えてくれたチャンスから今後志が生み出されることも多くあります人から与えられたきっかけを素直に興味とやる気をもって打ち込んでみることも今後の自分にとってプラスになるでしょうまだやりたいことがわからないという人は目の前で必要とされていることにとことん落ち込んでできるレベルにしていくといいでしょう山た力を活用するチャンスをもらいながら志を見出していくプロセスの中で重要なのが他力です自分一人だけの力で行けるところには限界がありますですから先輩や仲間の力を活用することが求められるんですこの時に注意すべきは情けを買ったりゴマをすったり使いっぱしりになったりしないことですそのためには自分自身も実力をつけることが何よりも大切ですた力を借りるのに実力も何もないと思われるかもしれませんがここで言う実力とは仕事の能力のことではなく仕事に対する姿勢や考え方のことですですから実力を評価されるにはまず自分という人間にチャンスを与えたいと思えるような生き方を日々することが大切ですそして仕事の能力が未熟であっても姿勢や考え方の筋が通っていればそれは自分を信じることができ自信を持つことができます自分に対する自信がない人にはチャンスなんて来ませんそうは言ってもなかなか自信が持てないという人はまず自分との約束を守りそれを積み重ねていくことをお勧めします朝は必ず6時起床そんな自分との約束から始めてみてもいいでしょうた力が得られず志が達成できることなんてないんです自分一人の力はたかが知れていますそして誰もがたくさんの弱点や欠点を持っていますだからこそひとりでは生きていけないことを認識し周囲からこいつには力を貸してやりたいと思われるような誠実に生きる姿勢を心がけてくださいさてそれでは大山椒をまとめておきましょう第三章では人生で飛躍できる人とはどういう人なのかについてお話ししてきましたポイント市チャンスを与えて貰える人になるために自分より先を行く人との出会いを大切にするべきであるポイントにチャンスを与えてくれる人と出会うために信頼を持たれる行動をとることが大切であるポイント30位からこいつには力を貸してやりたいと思われるような誠実に生きる姿勢を心がけた力を活用することがチャンスをつかむことにつながるいかがだったでしょうか

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事