【おすすめ書籍】『生贄探し 暴走する脳(中野 信子[著], ヤマザキ マリ[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『生贄探し 暴走する脳(中野 信子[著], ヤマザキ マリ[著])』の紹介なぜ人は生贄を探し続けるのでしょうか本当の整理とは何でしょうか現在の頃中のような社会の危機的状況を乗り越えるために人々は変わらねばなりません皆さんどうもこんにちは本要約チャンネル納涼です今回は脳科学者中野信子先生と漫画家のヤマザキマリさんの生贄探しを解説していきます本日ご紹介する内容は以下の通りです第一章なぜ人は他人の目が怖いのか第2章想像してみてほしいどちらもとても面白い内容になっています是非最後まで見ていてくださいそれでは早速参りましょう第1章なぜ人は他人の目が怖いのか人間は実に不思議です5体一人一人の考え方を聞けばさほど良識がないとも思えないのに集団になるとそれだけで凶暴になる異なる内面異質な外見を持ったものを必要に排除しようと何年も忘れずに叩き続ける体内に取り込まれた異物を排泄するかのごとく集団は異質なものをどうにかして排除しようと足掻く誰のコントロールも受け付けず問答無用で異物を排除しようといつも生贄を探している社会が危機感に覆われ人々が不安に直面するほどこの現象は強まる傾向にあるようですパンデミックを始め地震などの自然災害が起きる時必ず移民や特別な仕事に従事する人や一般的ではない振る舞いをする人がこの現象の犠牲になっています2020年は近年でも特に世界全体が大きな危機感にさらされた年でしたこの現象について思い知らされるようなニュースがあった衣装を含めてない着いたのは皆さんも感じていらっしゃったのではないかと思います自らを正義と思い込んでしまった途端に人はどんなに残虐なことでもあまり心を痛めずにやれてしまうものなんです歴史的にはもっと残酷な形でこの人間の心理が経済化した時期がありましたその歴史的な例としてこの本では魔女狩りが挙げられています最も熾烈を極めたドイツを中心にヨーロッパにおける魔女狩りが猛威を振るったのは16世紀から17世紀にかけてです悪魔に仕えるずつで人々に様々な解約を及ぼす魔女ではないかと疑われる人物に対してさばいたり制裁を加えるといった迫害が行われていたんです社会不安に対する生贄として魔女とされた無実の人々は民衆地震によって裁判にかけられ殺されていったんです魔女狩りは当時キリスト教により魔女を殺すのが正義とお腹が認められていました地震を正義の歌泡において自分が救われるには魔女を捌かなければならないと多くの人が恐慌をきたしましょうを裁く事が神の意志にそういうことであると信じていました自身が政治を行っていると信じておりかつそこに権威の存在があるのならばなおさら人はどこまでも残虐になれたんです既にお分かりのように人間には集団にとって都合の悪い答えを見つけたし排除する仕組みが備わっています 女性がいたとしたらもしかしたら人々が穏やかで幸せな日常を壊しかねない魔女の扱いをされてしまうのではないかいやこんな科学技術の発達した現代でしたら私もいつ魔女狩りに合うかわからないと人間は非常に残念な事なんですが他人が失敗したり不幸な出来事にあった時に思わず湧き上がってしまう喜びの感情を持っていますこれをドイツ語由来の学術用語ではシャーデンフロイデといいさあ電話損害風呂入れは喜びという意味で他人の村が喜ぶ感情のことを指しています少し前のネットスラングにメシウマつまり他人の不幸で今日も飯がうまいという言葉がありましたがその感情にも通ずるものですガーデンフロイデ合唱団内で発生したとき異質な他人を排除する方向に動きます同調圧力が働き異質な人々魔女として排除した当時の普通の民衆の精神状態が目に浮かぶよデス魔女狩りの裁判が収束したのは上層部の意識が変わったからでした民衆からの告発が減ったわけでもなく民衆は依然として異質なものを排除するために告発を続けていたんですただそれが裁判として受理されなくなったそれだけのことでした依然として私たちの中にはこの民衆のように正義中毒の火種が燻り続けているんです現代でも局所的に自然発生する形でなお魔女狩りのような行為は行われ続けていますしかしそれは果たして遠い国だけの話なのでしょうか人が集団で存在し誰かが統制できない状況が続くと些細なことが原因で魔女狩りは起きてしまいます何の過ちもない人に対しあの手この手で罪状を上げ相手が叩き潰されるまで終わる事の無い魔女狩りの闇日本も例外とは言えないのではないでしょうかあなたにも集団による排除の対象になる可能性はあるしあなたの心の中にも異質である人を陥れずにはいられない自分の信じる正義があるはずです愚かなことに人間の脳は他人に正義の制裁を加えることに喜びを感じるように出来ています匿名によるネット上での叩きはまさにその表れではないかと思います人々がゆがんだ正義にとらわれて生贄つまり排除する対象を探し始め制裁の快感に飲み込まれて我を忘れてしまう前に一人でも多くの人が気づいて変わればいいと思いますあなたはこんな風に感じたことはないでしょうか自分が苦しい状況の中一生懸命頑張っているのに楽して得をしている人を見るとなんだかモヤっとしてしまうむかついて仕方がないなぜ自分はこんなに苦労しあいつだけいい思いをしているんだふに落ちないしねばいいのにとすら思う働きもせずのんきに遊んで暮らしている人を見ただけでイライラが抑えられないって実はこうした一軒ネガティブな心の働きも人間という生物の国自然で健康な機能の一つなんです当てはまるからといて慌てて綺麗事で塗り固めたり自分を卑下する必要は全くありませんとはいえ自分が思わぬとこ押したり同じ状況になった時自分も他人からそう思われてしまうのではないかと心配になってしまうのもまた人間の性でしょうそしてむかつき苛立ちを感じる相手は画面の向こうにいる人たちだけとは限りません配偶者家族友人などむしろ近くにいる存在の方が不公平感や不条理性や不平等な関係を意識させる可能性が高いといえます誰かが得をしているともやっとするのは人間が何かと比較しないと幸福を感じることができないという脳の性質を持っている雨でもあります私たちはそれほど自分自身の基準を持ってない悲しい生き物でもあるんです決してあなたの性格が悪いわけではなく人間というのは自分の基準よりも他社との比較を優先しやすいものなんです誰とも比べることができず自信が持てないという人は案外高収入の人に多かったりします地震なんて持ってしまったら自分は終わってしまうんじゃないかといつも怯えています年収が変化するたびにまたそのその中での競争と比較が始まります自分でない誰かが出世したり収入が増えたりする事で不幸を感じてしまう地獄は収入が増えたところで終わるものではありません誰もが羨む立場になったときこそ自分が試される瞬間がやってくるとも言えます他人の不幸は蜜の味なんて言いますが逆に人間は誰かと一緒に幸せになるということを苦手とする不思議なと思ってしまっています ただただ悲しいことなのかもしれませんこういった脳の性質は克服できるものなのでしょうか克服できないまでもうまく活用していくことができるものなのでしょうか同僚の収入が増えると自分の収入が同じ額だけなくなったように感じてネガティブな感情を味わうという研究があります自分の収入が減ったわけでもなく損をしていないはずなのに誰かが得をしていることを知ると自分がそうしたような認知が生じてしまうというものです例えばこの中では事業者救済のためさまざまな策が取られましたがこれらの動きに対して不満の声も上がりましたしかしよく考えてみるとそれはおかしなことですこの件で誰も損をしていないんですただただ得をする人がいたそれだけで不満の声が上がってしまったんです恩恵を得るのは飲食店や旅行業者などをある業種に鍵いられているということから利権政治ではないかという声が上がったんです国民全体が得をすること自体に異議を唱える人はいないでしょうけれど自分は恩恵を得られないのに誰かが得をしているというのは許せないつまり自分は損をしていると感じる人が数多く存在したんです人々が満足するのは自分も得をしたと実感できる何かを得られた時ですその時ようやく人々は他人を攻撃することを止め穏やかな心で誰かの不幸を共に嘆く誰かの幸せを心から喜ぶことができるんです日本人の社会的振る舞いは大変節度のあるものであり控えめで美しいと海外から評価されることがしばしばあります私たちもそのことについては誇らしく思えますよねしかし冷静に考えれば親切で礼儀正しいのは相手に対して無礼に振る舞ったことが広まって希望されることによる不利益を被るリスクを抑えるためであったり真面目なのは誰かから後ろ指を刺されて村八分にならないための自衛行為であったりもします協調性があるというのもそうしなければ本当に困った時に誰も助けてくれないかもしれないからという理由が隠れていたりもします日本人のこうした逆説的な意味での悪い性格が原因となっているとも言えるんですそんな日本人は他国よりも顕著にスパイと行動をしてしまうという報告がありますスパイと行動とは相手の特を許さないという振る舞いのことですもう少しきつく言えば自分が損してでも他人を貶めたいという嫌がらせコードをと言えます大阪大学社会経済研究所がこのような実験を行いました自転車にお金を出資しあって道路を作ろうというゲームをさせますプレイヤー同士が互いにどのような行動をとるかにより自分の損益が決まるというルールで心理的な駆け引きが見えるよになっていますさて結果はどうなったでしょうかこの実験によると日本人はスパイと行動つまり自分が損してても他人を貶めたいという嫌がらせ行動が顕著でした日本人は他人が利益を得ようとして自分を出し抜くことを嫌います FREE RIDER を許してはならない忠則するやつを許せば社会の創出となると自分が損をしてでも他人の足を引っ張ろうとするんですどうしてこの傾向は世界の他の国の人々には見られなかったと言うのですなぜ日本でだけこの現象が見られるのでしょうが出る杭は打たれるという諺がありますがこれは非常に日本的な発想であり海外ではそれに該当することわざはどうやらないようです一見素晴らしく思える日本人の親切さ礼儀正しさ真面目さを調整これらはもしかしたらスパイと行動で自分が怖い目に遭わないための同調圧力から産まれているのかもしれませんこの実験ではゲームが進むにつれてプレイヤーは協力的になっていったそうですこれは協力せずに自分が出し抜こうとしたら仕返しをされるだろうという恐怖が大きくなって言ったからだと考えられますこれについても他国では同じような傾向は見られませんでしたこの日本人特有の そのたびに足を引っ張られていては日本にイノベーションが起こりようがないのも納得できますよね新たな技術が出てきても普及させる上で些細な問題が起きるたびに足を引っ張る良い口実ができたと責任追求ばかりに終始するネガティブな側面ばかりがクローズアップされて規制のオンパレードをこれが日本人の性質なんですこうなってしまっている状況をこれからどう改善するかにフォーカスしていく必要がありますこの実験によりもう一つ日本人の興味深い性質が浮き彫りになりました自分が得する側になったら今度は自分が足を引っ張られて潰されるのが怖いのでできるだけ相手を刺激しないように無難に仲良くルーズルーズしようという説です空気を読んで目立たないように行動しよう誰かの反感を買いかねないようなファッションはしないでおこうと控えめに振る舞うのもこのためで詠唱カラハリ砂漠の三人は自慢すると後ろから味方に撃たれかねないのでどんなにいい獲物を仕留めても自らのりょうかをみんなの前で自慢することはないと言います日本社会にも似たところがありそうですね政治家や芸能人の不倫報道などで炎上しやすいのが日本特有である理由の一つもこれで説明することができるかもしれませんやはり日本人には有名人を叩くのが好きなスパイとの精神があるのでしょう自分よりも美味しい思いをしている有名人はけしからんと足を引っ張るわけです日本に未だによくある根性論やっていとくを振りかざして他者を追い詰める行為もスパイと行動の一種といえますこれは今ではモラハラパワハラとも言われますよね手帳に全く寄与していないにも関わらずお前のためだなどと言って理不尽な倫理観でねじ伏せ様とする行動です児童虐待の中にもこうした側面が見られるものだありますそれから自分達はこんな苦労をしてきたのだからお前も苦労すべきだという論を押し付ける振る舞いもスパイと行動の典型的な例です今の若い人が美味しい思いをしているのを見るだけで許せなくて足を引っ張ろうとする大人はよくいるように思いますこのような足を引っ張るような人が多い環境で暮らしていくのは息苦しいでしょうできればもっと誰かの成功を心から祝福したり素直に賞賛できたりするような器の大きさを持った人と楽しい人生を過ごしたいものです足を引っ張られず悠々と実力をつけたいと願うのであればスパイと行動をとる人が多い環境をなるべく選ばないようにすることです実力をつけてきそうな後輩を叩いて道連れにしたり村八分を恐れるあまり同情せざるを得なくするような人も残念ながら多いものですそのような環境にあなたが長く身を置くことになれば作者さん続けてしまうことになりますしいつか自分も無意識に誰かにスパイと行動をする人間に変貌してしまうかもしれませんもしも今の環境がそうであるならばすぐに抜け出すことをお勧めしますどうしても抜け出せない環境にそんな相手がいたとしたらその人には自分のことをこう思ってもらう必要がありますこの人は私とは違うもはやこの人は私の手の届くようなところにはない特別な能力を持った人だと出過ぎた杭は打たれないになるしかないんです相手の妬みを憧れに変え自分を生贄にするよりも行かして仲良くした方が得だと思わせるようになるまで自分を磨き抜かねばなりませんどうして地震を作り上げていた人たちが多数派になると日本という国は変わるかもしれませんねここで第1章をまとめておきましょうポイント1人間の脳には他人が失敗したり不幸な出来事が起こった時に喜びを感じる他人に正義の制裁を加えることに喜びを感じる何かと比較しないと幸福を感じることができない誰かと一緒に幸せになるということを苦手とするといった性質があり人間は自分の基準よりも他社との比較を優先する生き物であるポイントに日本人は他国よりも店長にスパイと行動をしてしまう人種であるポイントさん足を引っ張るような人の多い環境からはすぐに抜け出すことをどうしても抜け出せない場合は相手が足を引っ張るより仲良くした方が得だと思うほど自分を磨き抜く必要がある低域を掲げ異物に制裁を与える快感に飲み込まれる他人の幸福が許せず心から祝福することができず足を引っ張り続けるとのような生贄を探し続ける人間になってしまう前に鳥でも多くの人が気づいて変わっていくことを私も願うばかりです第2章想像してみてほしい この本の著者の一人である漫画家の山崎さんはイタリア人と結婚しイタリアでの暮らしを長く続けてきましたどんな環境にいらっしゃる著者だからこそイタリアと日本の国民性や生活習慣の比較により気がつくことがあるとこの本ではいくつか挙げられています例えばニュース番組についてイタリアの女性キャスターは斜めに構えたポーズに攻撃的な口調素敵だけどどこかセクシーな衣装も含め実に行ってきなのだそうです反対に日本のキャスターは皆見た目も服装もとっても田舎臭くて素朴だし番組自体もアグレッシブな報道は少なくて田舎でこんな作物が取れたとかそんなほのぼのしたネタも多いとのことです日本はどんなに知性があっても色気を漂わせたり視聴者を威圧するような雰囲気の女性はニュース番組には必要ないと捉えている人が多いのではないでしょうか毎日特に朝のテレビに出るような立場の人は視聴者に余計な刺激を与える存在であってはいけないと当たり前に思われているのでしょう日本で突出した才能を発揮させることで社会的な成功を収めている人達は沢山いますしかし人々は出る杭的な立場である彼らを自分たちが抱くイメージを裏切らないという条件付きで認めているというところがあるため少しでもそれに沿わないことをしてしまうと簡単に世間から抹殺されてしまうんです個性や独特な世界観が人としての評価を高めることのできる報酬と世間が気づいた定時からはみ出さないように生きてきた人が評価される日本こうしたそれぞれの国民の個性や価値観の相違おーいの背景にはそういった精神性が育まれるに至った歴史や地理といった条件が織り込まれていますなのでどっちがいいとかどっちが さぼりメディアに発信される言葉を拾ってはそうそう私はこれが言いたかったのだろう思っていた通りなどと安直に便乗ばかりしていては人の脳は大家のリストをたどることになるでしょうと言ったあれの引用リツイートなどがそうですよね他者の考えや発言に6階の方が責任も回避できますし色も者から直接攻撃を受けることもないから気楽ではあるでしょうまた専門家が発信する言葉を受け入れた方が神様という安心を得られるに違いありません何して信頼というものは信じ込ませた方が悪いのであって自分に責任は問われないと思うわけですからとても便利ですこの信頼への依存もまた想像力の平の表れなのではないかと山崎さんは指摘しておられます自分の思い通りにならないと大抵の人々は落胆失望しそれを怒りにつなげますそれぞれにどんな事情があろうととにかく自分が信じている価値観や判断に周りも合わせてもらわないとたちまち不安に陥ってしまう自粛警察と呼ばれるようなメンタリティもそういった心理から生まれているのではないでしょうか人生というものは自分の思い通りにならないことの方が多いものですこれは本来こうじゃなきゃいけないこうあるべきだという思い込みや価値観の共有を押し付けることは想像力の怠惰であります今回のコロナのようだパンデミックへの対応に対しても政府は空いていた対策として話してこうするという発言をそのまま信じてたらいいもしも全く違う展開になってしまった場合最終的にその責任を負うのは他者の言葉を信じた自分自身でしかないんです人間は群生という性質を持った生き物であっても同じ燻製の生物であるミツバチや羊のように本能だけでうまく機能する社会を築き上げることができませんそれは人間が個人を自覚する高度な精神性を備えているからですとしてその個人の自我意識というものが他者の判断によってかたどられているというのは非常に特徴的なものだと言えます例えば人々に賞賛され続けてきた人には自然と環6家自身が身に付きますが逆に指定されたり卑下され続けてきたような人々は自らを下げても佇まいも自粛してしまうように思います本能だけで生きている生き物にとっては優秀な遺伝子というのは健康や生命力に求められますが人間の場合はどちらかといえば社会への適応性の方が優先されているのでしょうとのジャッジの基準は地域や国民性によっても違いますが海外暮らしの長いちょっとには日本の集団への遠いつ条件は他よりも厳しいのではないかと感じることがあるそうです日本という国は限定的な範囲における意識上の群れが形成されやすく現在のような社会全体が不安にさらされている特殊な状況下では細分化された群れの中で冷静の文章を探し出そうと躍起になっている人が少なくないように見受けられます今の日本は他社の判断による存在価値の審判があり多様性を許さない社会なんですそんな中私たちは日々継続している群れから弾かれないよう日々積極的に周りと同室の価値観を備えていくようになります基本的に自分が目立ってしまわない用事がや個性を褒めてそこで初めて精神の安寧を得ることができる我々日本人はすべからく言論の自由が許されるはずの民主主義をうたう国の民であることを思うと違和感は強まるばかりです宗教である政治であるとある思想に対し信念や考え方を共有できる5人が集まり同調集合して作り上げていくのが群れというものです人々は自分たちの存在の拠り所であるソースが群れを守ろうと身構え自分たちの信念を正当化しその存続のために敵と戦う覚悟を持つ自らに対し正義という意識を抱きます自分たちの信念を否定されることはつまりそこに属するここの人々の存在否定にもなってしまうため結束はますます強固なものになっていくそう考えると私たちが生きていく上での一番の脅威は孤立と孤独なのかもしれません SNS のいいねが増えると情報の発信者が安心感を得ることができるのもそこに同調しあうものたちの擬似的な集団が形成されるからなのでしょう生きているにも関わらず存在を誰からも認めてもらえない恐怖心が群れの根幹を成す時だとすると種族存続の本能により集団をなぜミツバチのような生き方は我々人類にとってはなかなか困難なのかもしれません最後に本当の正義についてここで 困ったり苦しんでいる人を純粋な試合を持って助けてあげることができるかどうかという人間がどれだけいるかどうかが人類の文明の尺度になると思うこれは山崎さんの配偶者による言葉です引用リツイートの話をしたばかりで恐縮なんですが私もこの考えに同意します精液というのは他者の苦しみに対し理解できずとも無意識に手を差し伸べてあげることができてこそ本当の意味をなすものなのでしょう自分が信じている信念に従わないものを自分の価値観にそぐわないものを戒めることは所詮は同町への強引な圧力というものでしかなく正義とは言えませんどうしても意見が合わない人がいたり自分が正しいと思う行為に背く人がいたらそれを頭ごなしに否定するのではなくその理由やと子を生んだ背景を知ろうとする試みと努力は必要不可欠だと思いますしかし考えることに怠惰な人人は常に身を委ね群衆という一体感の心地よさによってしまう途絶える気配もない戦争はまさにそうした人間の想像力の欠落と精神の平の表れなのではないでしょうか自分と分かち合えない意見や主張とぶつかったらまずはそれを興味深く面白い現象として受け入れてみればいいと思いませんでしょうか例え理解できなくともこんな人がいて面白いこんな考え方が出来るなんて面白いと様々な解釈や様々な物事の捉え方があるのが当然だということを認めさえできれば今後どんな境遇の中で生きていく上でも不必要に戸惑ったりはせず全てを受け入れ毅然と前に進んでいくことができるはずなんですアメリカインディアンのズニ族にとって虹は5色アフリカのジンバブエザンビアに暮らすショナ神は三色と解釈していますそんな彼らに対し虹は7色なのだなぜそれがわからないのだどう矯正するのではなくて帰りは誤植や三色に見える人たちもいるんだということを地球上における興味深い実態として受け入れればいいんです現在のようなこの中の危機的状況を乗り越えるためには外部からの情報に翻弄されて冷静に自分の頭で物事を考えることとして自分と同じ考えを持たない人との相互理解が必要でしょう知性を態度のままに放置してはいけませんどうしても周りに自分の考えを納得させないと気が済まないと言うのであれば何かそれとは全く関係のない別のことを考えたり意識を向けるようにすべきです著者のおすすめはどこか広く視野が開けたなるべくなら都市部よりも自然が多い場所まで出向いて地球とそこに生きる自分のつながりををシンプルに感じることを空に向かって思い切り深呼吸するなど大気圏内で生きる生物である自分を感じることを地球という惑星が自分の究極の住処であるという感覚をものにし限定的な範囲の中でしかない些細な揉め事や悩みもなかなか思い通りにならない人生についてもいちいち大騒ぎをしたりするほどのことでもないと感じるようになることができる方法です地球という惑星の大気圏の中で生きているという意味ではどんな動物達も皆同じ仲間です群れとして生きていく上での安心の基準はそれだけで十分ではないでしょうか第2章をまとめておきましょうポイント市日本は自由と民主主義が許された社会のはずしかし実態は世間体によって思想や行動の自由が容赦なく規定されているポイントに想像力の欠如により要は責任を回避し異論者から直接攻撃を受けることもない方法に依存したいかの道を辿ることになるべき状況を乗り越えるためには外部からの情報に翻弄されず冷静に自分の頭で物事を考えることと自分と同じ考えを持たない人との相互理解が必要ポイント3ページというのは他者の苦しみに対し理解できずとも無意識に手を差し伸べてあげることができてこそ本当の意味をなすものである自分と分かち合えない意見や思想と靴買ったらまずはそれを興味深く面白い現象として受け入れようさていかがだったでしょうか日本人の個性にもメリットとデメリットが存在するということをしっかりと理解し他者を受け入れていくという姿勢を保ち続けることが何より大切なのかもしれませんぽんチャンネルでも様々な意見の書籍を紹介させて頂いていますがたとえその意見が自分の意見とは異なるものであったとしても賛成反対は置いておいてまずは一度受け入れてみるという姿勢を保つことを心がけてみてくださいどうすることによって得られる情報自体も2倍3倍に増えていくはずですここまでご清聴ありがとうございました今日の動画よかったよ ぜひぜひ高評価ボタンだけでもポチッと押して頂けますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたしますまたコメント欄も全て目を通させて頂いていますのでおすすめの本などありましたらどしどし書いていただけますと嬉しいですということでまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますそれではさようなら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事