【おすすめ書籍】『仕事が速い人は、「これ」しかやらない ラクして速く成果を出す「7つの原則」(石川 和男[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『仕事が速い人は、「これ」しかやらない ラクして速く成果を出す「7つの原則」(石川 和男[著])』の紹介皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの武美でございます今回は石川和男さんの仕事が早い人はこれしかやらない楽して早く成果を出す7つの原則を解説していきたいと思いますさて突然ですが皆さん仕事が早い人と遅い人との絶対的な違いはどこにあるかと思いますがちょっと自分なりの答えを考えてみて欲しいんですそれは仕事のスキルでしょうか頭の回転の速さでしょうか違うんです仕事が早い人と遅い人の絶対的な違いは注力すべき仕事を見極めその仕事を最速で片付ける能力そしてそうではない仕事はうまく人に任せる能力なんです膨大な仕事の中から優先順位の高い力の入れどころを見つけ出し最速で片付けていく能力一方で自分以外に任せられる仕事はどんどん任せていくという能力これオスが仕事の速さを決定するんだと著者石川さんは断言しております石川さんは現在建設会社の総務経理大学の非常勤講師セミナー講師時間管理コンサルタントそして税理士と何と言いつつの仕事をしているストレスこう聞くとずっと仕事ばかりしている人だなと思うかもしれませんが何と言いつつの仕事をしながら定時退社をしプライベートもしっかりと楽しんでおられるそうですこのように聞くととても自分には真似できないよと思われるかもしれませんがしかし石川さんにも連日深夜まで残業していたという過去があるんです深夜十字路まで会社にいるのが当たり前で深夜1時過ぎに帰りの支度をすることもあったそうですこのような仕事に忙殺される日々飲んだくれ著者はこんな残業ばかりで自分の好きなことができない人生を変えたいと本気で考えるようになったんです仕事の効率を極限まで高めて自分の人生を取り戻すと決めたんです品処理は石川さんが自分の人生を取り戻す過程で見つけた最速仕事術が公開されておりますあなたは今こんな残業だけど毎日でいいのか家族や友人と過ごす時間が取れないままでいいのか好きなことをする時間がないまま人生が終わってもいいのかそんな悩みを抱えて悶々としていないでしょうかもしそうであるならば本書でご紹介する仕事の正しい力の入れどころとテクニックの数々を読んでぜひ試してみて欲しいと思うんですこれいいなーとかこれ対応しようかなといったものが一つは見つかると思いますから別に全てを覚えておかなくても何か使えるテクニックはないかなと探しながら聴き進めていって欲しいと思います是非楽しんで最後までご覧になってくださいっては早速参りましょう本日の教え描きは次の通りです1件で仕事が早い人の三つの原則を2件で作業効率が劇的に上がるテクニックを単元で自分の時間が増えるすぐやる人の習慣を解説していきたいと思いますそれではまず一幻の仕事が入りとの三つの原則から解説をスタートしていきましょうかさてまず本書で解説されている仕事が早い人の原則を押さえておきましょう品処理は7つの原則が書かれておりますがここでは私が特に重要だと感じた次の三つに焦点をあてて解説していきたいと思います仕事が早い人の三つの原則市仕事が速い人は工業で動くに仕事が速い人は動きながら考えるさん仕事が早い人は他人の時間を上手に使うさてどれも仕事が速くなるために必要なものばかりですよねそれぞれ一つずつサクサクと解説していきたいとまいばすまずは一つ目の原則仕事が早い人は5秒で動くから解説していきますさてやらなきゃいけないとね頭ではわかっているでもどうしても体が動かないんだそんな時ってありますよねそんな時に役立つのが5秒で動くという工業ルールでございますなぜなら人は5秒後にはやらない言い訳を考え始めるからです人間の脳というのは何かをやる必要があると思った時に5秒以上考えてしまうとやらなくてもいい理由を考え始めてしまうんです朝起きようかなと思っても布団の中で今日仕事に行くの嫌だな気を使う資料をまだ作れていないなぁと思った瞬間に起きれなくなりますあるいは家で仕事をするときも明日はあの件について上司に許可を取らなきゃいけないなめんどくさいなあと考えた瞬間に仕事が手につかなくなります私と 5秒以上考えてしまうとやらない言い訳をごちゃごちゃと作り出してしまうんですね皆さんもこれには心当たりがあるかと思うんですではこれを防ぎ5秒以内に行動に移すためにはどうすれば良いか答えは簡単ですスリーツーワンゴーと心の中でカウントダウンするだけでございます大変そうな仕事であってもスリーツーワンゴーでまずは最初に一歩踏み出してしまうんです返信が面倒なメールもスリーツーワンゴーで読み始めてさっさと返信してしまうんです自分の脳に先延ばしする言い訳を与えるまもなく仕事を始めることによって仕事のスピードというのはガラリと変わりますとにかく5秒以内に強制的に始めてしまうというのがポイントになりますなぜならば作業興奮というものがあるからです作業興奮とは簡単にいれば作業をやることで脳が興奮しその作業をやり続けたくなるという作用のことです例えば縄跳びを毎日100回飛ぶという目標を立てて実行するとしましょうか最初の数日は難なく100回飛べるはずですしかし何日か経つと今日は寒いしなんとなくて首が痛いなあなどと言い訳を考えだして私たちはサボってしまいますそして三日坊主になってしまうんですこんな三日坊主をどうやって回避すればよいか答えは簡単それは一回でもいいから混むということでございます今日はサボりたいなあと思った時また明日からやろうと思うのではなく1回飛んだら終わりにしようと思うんですはってでも外に出て一回でもいいから飛ぶんです一回でも飛んでしまえばこっちのものなんです作業興奮が起きてもう少し飛ぶかなと思うのが人間なんですこれは仕事も同じです面倒なのは始めていないからなんですだからこそ5秒ルールでとにかく始めるということが極めて重要になります初めてさえしまえば人はなかなかやめられない5秒ルールと作業興奮を利用してぜひすぐやる人になっていきましょうそれでは次原則の二つ目仕事が早い人は動きながら考えるについて解説していきたいと思いますさて多くの人は何か新しいことを始めたり難易度の高いことにチャレンジしなければならない時準備をしますよね何を当たり前のことを言ってるんだお前はと思われるかもしれません準備をしなければ物事は始められないじゃないかと思っている人もいるかもしれませんしかしこれが落とし穴なんです多くの人は何かを始めるときや難しいことをする時に慎重になりすぎて準備ばかりしてしまって時間を無駄にしてしまうです仕事が遅い人というのは準備ばかりして実際の行動をね全然始めないですこれが行けませんなぜならば本当の問題点というのは実際にやってみないと分からないからでございます神の問題点は動かないと見えてこないんです当たり前なんですが実際にやってみないと分からないことというのは非常に多いです始める前から全てが予測できている人なんていませんよね実際にやってみてここが問題だったんだと初めて築けることが多いんです逆に始める前はあーだこーだと心配していたけれどやってみたらなんだこれは全然心配することではなかったねということだって結構あるでしょう行動することが不安でなかなか動けないという人がいますが本当の課題や問題点を見つけるためにもまずは動くということが大切なんですそして動きながら試すことが重要なんです考えなしに行き当たりばったりで行動するのではなく仮説を立ててそれを検証しながら動くということでございます情報収集が先ではありませんか舌があって行動してみて初めて情報収集の必要が生まれるわけですビジネスは限られた時間の中で成果を出さなくてはいけません情報収集ばかりに時間を取られていたら結局仕事が遅い人になってしまいます仕事が早い人は試し続けているから仕事も早く終わるのです動きながら食べ数答えは動いた先にあるんだということをぜひ覚えておいて欲しいと思いますそれでは次仕事が早い人の原則見つめ仕事が早い人は他人の時間を上手に使うについて解説していきたいと思いますさて皆さんは時間はかかって増やすことができるということを知っていたでしょうかいやいや誰だって1日は24時間しかないでしょと思われる方もいるでしょうもちろんそうなんですどんなお金持ちであっても自分の時間は 24時間しかありませんしかし自分の時間は買えないんですが他人の時間というのは帰るんです仕事を早く進めようにも自分でできることには限界がありますそこで仕事が速い人がやっているのが任せるという技なんですそれは本当に自分がやるべき仕事だろうかそういうことを常に考え自分がやるべきことではないと分かったらどんどん人に任せていく全ての人間にとって1日は仁くん24時間だと決まっていますどんなお金持ちであっても時間をお金で買うことはできませんしかしそれは自分の時間の話なんです他人の時間であれば正当な成果と報酬を示し代わりに行ってもらうという選択肢が生まれるわけですこれが任せることの本質です任せること=他人の時間を買うことなんです石川さんはこの仕事は誰かに頼めないだろうかと常に考えこれは頼めると判断したものは人に任せるようになりそれからは仕事が劇的に速くなったそうですそれもそのはずでイギリスのある大学の調査によれば事務系の職場の上司は本来なら部下でもできる仕事の41%を自分で抱え込んでしまっているそうです生産性が高いと言われているイギリスでさえそうなんです先進国の中で最も生産性の低い我が国の調子なら41%どころかもっと多くの部下でもできる仕事を自分でやってしまっているはずですこのように言うと嫌や自分は会社でまだ下っ端だから人に仕事を任せることなんて到底できないよと思われる人もいるかもしれませんねしかし win-win の関係が成立するのなら上司にだって仕事は頼めるということを覚えておいてください例えば往復で6時間もかかる得意先映写に最終契約をしに行くという仕事があっ誰としましょうかそんな状態であれば上司にこんな提案をすることができるでしょう部長 A 社との契約が決まりましたもし部長に入っておいていただければさらに値引きに応じてくれるかもしれませんもしよければ弊社への訪問代わりに入っていただけないでしょうかその間に私は例の大型物件の見積書を作成しておきますのでさてこう言われたとしたら調子も悪い気はしないでしょうもしかしたら先方が本当に値引きに応じてくれるかもしれないし契約の締結というオイシイ場面を譲り部長に花を持たせることにもなります大型物件の見積書の作成をしたいという熱意も行く行く上司の手柄につながるなら悪くはないものですそしてなにより上手にお願いし任せることで自分の時間が6時間も浮くというのがポイントです大切なのは任せた相手にも正当な報酬と成果があること win-win の関係が成立していることでございます九州店任せることは悪いことではないということです任せた相手にもプラスを生み出す win-win の行動なんです仕事が遅い時間が足りないと嘆いている方は仕事に取りかかる前にこれ誰かに任せられないからと考えるようにしてみてください任せるコツを押さえていけば仕事は無限に早くになりますぜひ上手に人に任せることのできる人になりましょうそれは仕事が早い人の必須条件でございますそれでは一見の内容をここら辺でまとめておきたいと思います仕事が早い人の三つの原則を紹介しました市仕事が早い人は5秒で動く5秒以内に強制的に始めることで作業興奮が起きその後も続けられるに仕事が速い人は動きながら考える心の問題ではやってみないと分からないから準備時間をかけるのではなくとにかく始めてみることが大切でした三つ目は仕事が早い人は他人の時間を上手に使う自分の時間は買えないが他人の時間は帰るので win-win の関係が成立するように人に上手に仕事を任せて他人の時間を使おうということを申し上げてきましたそれでは次に言で作業効率が劇的に上がるテクニックについて解説していきたいと思いますさて1件では仕事が早い人の原則を紹介しましたこの原則を踏まえて2件ではさらに具体的に作業効率が上がるテクニックを紹介していきたいと思います次の三つを紹介していきます作業効率が劇的に上がるテクニック市重要な仕事は朝一でやらないに全ての仕事は15分で区切るさん自分の予定を最優先するではそれぞれ一つずつサクサク解説していきたいと まずは一つ目の重要な仕事は朝一でやらないから解説していきたいと思いますさてこれはね意外だなあと感じる人結構多いのではないでしょうかなぜならばあらゆるビジネス処理は朝一は一番頭が働くから朝一に重要なタスクをこなせと書いてあるからでございますしかし石川さんの論理を聞けば納得してもらえるのではないかと思いますまずは朝一すぐやるべきことは仕事モードへの切り替えでございますあなたはオンとオフを切り替えるスイッチを持っておりますが例えば石川さんは仕事をするときに最初にやることがありますそれは仕事モードへのスイッチを入れることです仕事が早い人は例外なく仕事モードへの切り替えも早いですだからあなたも仕事モードに入るスイッチを作って欲しいと思うんです現在の石川さんのスイッチは眼鏡を変えることです室外用のメガネから室内用の女狩りに変えた瞬間仕事モードに入ると決めていますおかげで昔と違って仕事を始め3ってあなたがすることがないそうですあなたもぜひ仕事モードへと切り替える自分なりのスイッチを作ってみて欲しいんですゆびをぱちんとならした時とかコーヒーを飲み干した後とかの日をした後などスイッチとなる動作は何でも OK でございます自分なりのオンからオフになる仕事スイッチを決めてみてくださいそしてこのようにスイッチをオンに切り替え仕事モードに入ってから注意することがありますそれは優先順位の高い仕事に取り掛からないということでございますさてビジネス処理は優先順位の高い仕事辛いやりなさいと書いてありますよねしかし注意するのは決して朝一からではないということです優先順位の高い仕事は難易度の高い仕事である場合も多く仕事のリズムを崩れがちりん成増よしやるぞと気合を入れても面倒で大変で挫折してしまう可能性もあります朝一から挫折してしまうと仕事が進まなくなってしまうんですですから仕事もまずはウォーミングアップから始めましょう例えばスケジュール帳を見て今日の日程を確認するなどといった簡単な事を行ってから優先順位の高い仕事をするようにすると良いんですこの簡単なことをする少しの時間があるかどうかで生産性はガラリと変わります仕事スイッチをオンにして最初のアクセルはゆっくりと踏み込むのですちなみに私も朝一はまず簡単なウォーミングアップから始めていますそれは簡単な記録をつけることです起きた時間睡眠時間起きた時の気分今日やるべきことなどを簡単に書き留めてから作業や仕事を開始しています朝に重要な仕事をやるべきだというのは間違いありませんが朝の本当に一番目はすぐにできるあんなところから始めると徐々に脳のエンジンが温まって行きますのでその他の重要なタスクにスムーズに移ることができます是非やってみてくださいそれでは次作業効率が上がるテクニックの二つ目全ての仕事は15分でくびれについて解説していきたいと思いますさてこれも重要なことでございますシンプルなこの方法こそ無理なく仕事が続く超集中方なんですタスクを早くする有名な方法にポモドーロテクニックというものがありますこれは世界中で爆発的に広まった時間管理のテクニックで方法は実にシンプルですタスクを25分間続けたら5分間休憩するこれを繰り返すだけで仕事を集中して続けられるんです仕事の他にも勉強読書掃除などをやりたいタスクは何でも OK まず実行するタスクを決めてタイマーを25分に設定しますタイマーが鳴るまでひたすら作業に集中しますタイマーが鳴ったら実行したタスクに赤丸をつけて5分間休憩しますこのシンプルなテクニックに従うことで驚くほど集中力をキープすることがあってきますこのように言うと確かにこのテクニックは役に立ちそうだけれど会社で働いている時にこのテクニックは使いにくいなーと思う人がいるかと思います確かにその通りで日本のオフィスでは25分も仕事に集中し続けたり勤務中に勝手に5分間の休憩を取ることが難しいです例えばよしこれから25分間集中して仕事をするぞと意気込んでも急に電話がかかってきたり上司や部下に声をかけられたりしたら集中は途切れてしまいますよねまだ1日のうちで何度も5分間休むというのは会社ではやりにくいでしょうそこで石川さんはポモドーロテクニックの精神を生かしつつ日本のオフィスでもやりやすいように くれましたそれは14分間仕事に集中し1分間休憩するというものです15分のサイクルが日本のオフィスでポモドーロテクニックを実行するコツなんです仕事を15分で区切ると言っても15分きっかりで仕事が終わるわけではありません15分以内に終わらせる強い意志があれば9分の時間が余ったりするでしょう余った時間はメールの確認や部下との軽い打ち合わせやることノートを見て進み具合をチェックするなど細々としたタスクに当てるんですさらに1時間に1から2分目を閉じて休憩しますパソコン仕事が多いと目が疲れてしまうからでございます1分目を休めるだけで次の仕事で最高のパフォーマンスと集中力が発揮できます日に何度も5分の休憩を取るより石川式ポモドーロテクニックの方が日本の会社組織ではずっとやりやすい方法であります15分という期限を意図的に作りその時間をリのように集中することで仕事は驚くほどはかどります日本のオフィスでは14分集中+1分休憩が最適なのですそれでは次作業効率を上げるテクニック論三つ目自分の予定を最優先するについて解説していきたいと思いますさて仕事が早い人あるあるの一つは仕事以外の予定も充実しているということでございます仕事が早い人のプライベートが充実している理由は簡単ですその理由はまず自分との約束をスケジュールに入れてしまうからであります仕事が早い人は自分との約束を何より優先しスケジュールにあらかじめ入れてしまっているんですさらに約束の期限までに仕事を終えるように集中するのでますます仕事が早くなります自分との約束を優先すると伝えましたが上司の誘いとか飲み会があると流されがちになってしまいますよね自分の予定を優先するためには何が必要でしょうか石川さんが勧めるコツは周りに宣言することでございます俺今まるまるに向けて語学の勉強をしているんだとか今資格を取るためにまるまるの学校に通っているんだこのより事前に周りに宣言をしておくことであいつは確か水曜の夜はダメだったなと周りの人に認識してもらえれば誘われることも仕事を振られることもなくなるでしょう是非やってみてくださいそれでは2件の内容をここら辺でまとめておきたいと思います作業効率が劇的に上がるテクニックを三つ紹介しました一つ目は重要な仕事は朝一でやらないということを二つ目は全ての仕事は15分で区切るということを三つ目は自分の予定を最優先するということでしたそれでは次3件で自分の時間が増えるすぐやる人の習慣について解説していきたいと思います3件では仕事のスピードと質を支える習慣について見ていきましょうか仕事が速い人たちはスピードが速いだけではなく仕事の質も高いですよね一体彼らはどんな習慣を持っているのでしょうかもこれは二つ解説していきたいと思います自分の時間が増えるすぐやる人の習慣一つ目15分あればカフェに入るに仕事が速い人と関わるではこれをそれぞれ一つずつサクサク解説していきたいと思いますまずは一つ目の習慣で15分あればカフェに入るについて解説しますさてできる人というのはね15分あればカフェに入るんですね僅かな時間の無駄にしないという習慣が身についているんですたった15分ぽっち風に入ったってまともな仕事なんてできないんじゃないかとかカフェ代がもったいないでしょという人もいるかもしれませんねしかしたとえ15分であっても風に入るメリットが十分にあるんですそれは締め切り効果が発揮されるということでございます皆さんも宿題の提出が明日に迫ってきた時嫌だなとこれまで先延ばしにしていたにも関わらずものすごい集中力が湧いてきたという経験はありませんかあるいはあと一時間で仕事を終わらせなくてはいけないんだなぜならば1時間後に彼女と会う約束をしているからだと思うと集中力が高まって生産性が爆上がりしたという経験はありませんがこれらは締め切りがあることによって火事場の馬鹿力的な追い込みの力が出てきたことによって得られる経験でございます私たちは締め切りがあると一生懸命締め切りまでに間に合わせようとして集中力や生産性が高まるのですですから15分しか時間がないという状況でカフェに入ればいつもより早く集中状態に入れるということ たとえ15分であったとしても隙間時間を生かすのは仕事の早い人なら全員が実行している週間ですお金を払ってても風に入って仕事をするのは時間が何より貴重なものだと認識しているからです石川さんは外出先で15分も時間が空いてなら迷わず勝手に入るそうですそれは隙間時間の活用に加えて場所を変えると集中力が上がるということが分かっているからでございます場所を変えると効率がアップします勉強にしても仕事にしても毎日毎日同じ場所で行ってしまうとだんだん飽きてくるのが人間ですそんな時は思い切って外に出て違った場所で続きをやると集中力が復活するんです環境を変えることでマンネリがリフレッシュされ集中力が高まり仕事のスピードが上がる飲んだらばこれを活かさないという手はないですよね場所を変えてスピード上げ隙間時間を無駄にし愛ということをぜひ意識してみて欲しいんですまた15分余ったらカフェに入るというこのアイデアは他の場面でも行かせるでしょう例えば電車が来るまでの5分間鬼のように単語を暗記するとか人を待っているとき相手が10分遅れると言われたんならイライラするんじゃなくてすぐに Kindle で開いて10分間集中して本を読み始めるとか日常の中に隙間時間というのはたくさんありますから是非その度に締め切り効果によって深い集中を得るためにも隙間時間を活用していただきたいと思うんですでは次時間が増えるすぐやる人の習慣の二つ目は仕事が早い人と関わるということでございますさて皆さんに仕事を遅くする究極の方法をお伝えしましょうそれは仕事の遅い仲間と一緒に行動することでございます仕事を遅くしたければ仕事の遅い仲間と一緒に行動するこれで絶対にね自分の仕事も遅くになりますから是非行ってみてくださいやらないでくださいそして逆に自分の仕事を早くするための究極の方法は仕事の早い人たちの仲間になることです最速で仕事を終わらせるという仲間を持つことなんですあなたが最速で仕事を終わらせる人になりたければ最速で仕事を終わらせる仲間表バイ良いこれに尽きるんです普通じゃない高いレベルのことを平気でやってしまうような人たちと一緒にいればその高いことが当たり前に変わるんですスポーツで長年超えられなかった記録の壁を誰かが破った途端にその壁を破る人が次々と現れることにも似ております自分のレベルを上げたければレベルの高い人達と付き合うべきなんですそれは私たちは驚くほど周りの人間の影響を受けているからでございます是非ね仕事を早く終わらせたいのならば仕事を早くを終わらせている人たちと関わるということを意識してみて欲しいと思いますそれでは3件の内容をここら辺でまとめておきたいと思います自分の時間が増えるすぐやる人の習慣を二つ紹介しました一つ目は15分あれば手に入るということを二つ目は仕事が早い人と関わるということでしたそれでは本日のハイライトに参りましょうか1件で仕事が早い人の三つの原則を2件で作業効率が劇的に上がるテクニックを3件で自分の時間が増えるすぐやる人の習慣について解説させてもらいましたさて皆様いかがでしたでしょうか本日は様々な仕事を早く終わらせるためのテクニックや習慣を解説してきましたもちろんこのすべてを一度に実行する必要はありません自分が気に入ったものをまずは一つチョイスしていただきそれを実行してその効果を確かめてみて欲しいと思いますそしてできるようになったらどんどん採用して言っていいと思います本処理は本日開設しきれなかったテクニックも書かれておりますからこの動画を見てこの本いいなと思っていただけましたら是非一度本書を手にとって読んでみることをお勧めいたします今回の動画が皆様が自分の仕事を早く終わらせるという意識を持ち自分のための時間を確保したり家族や友人など大切な人と過ごすための時間を確保して自分の人生を取り戻すきっかけとなれたらとても嬉しいです本日は以上になりますこの動画が良かったよという人は私のやる気アップと更なる動画のクオリティアップにつながりますので高評価ボタンとチャンネル登録ポチッとよろしくお願いしますまた本要約チャンネル論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルも頑張って更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルにも訪れていただけるととても嬉しく思いますではまた次の動画で 学習できることを楽しみにしておりますよまた次の動画でお会いすることにしましょう本日はご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事