【おすすめ書籍】『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密 しごとのわ(高井 浩章[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密 しごとのわ(高井 浩章[著])』の紹介今日は本要約チャンネル納涼です皆さんは稼ぐと盗むの違いが説明できますかもらうと盗むの違いが説明できますかいざ説明しろと言われるとなかなか難しいのではないでしょうかそれは私たちがお金についてちゃんと考えてこなかったからかもしれません日本には多少薄れたとはいえお金は汚いもの金に執着するのは卑しいといった偏見が根強くあります経済や金融の話はややこしそうだからご遠慮願いたいそういう人も少なくないように思いますでもお金の話っていうのは汚くもなければ実はそう難しくもなく大切で何より面白いんです大人の方には経済を見つめ直すきっかけに若い人たちにとってはお金の不思議さや働くことの意味を考える入り口になるそんなお金に関する書籍を本日紹介させていただきたいと思います本日紹介する本は高い孔明さんのお金の教室お金と経済について小説形式でわかりやすく解説されている本になります本書を読むことで事前知識のない状態の人でもお金とは何かということを考えられるようになり今まではなんとなくでしか分からなかった経済ニュースビジネスニュースかなるほどなと腑に落ちながらしっかりと理解しながら見ることができるようになりますまたね単純な読み物としても面白い小説になっています是非本日の動画を見て興味を持たれた方は手にとって読んでみて欲しいと思っています本日紹介するのは以下の三つです第一稼ぐと盗みの違いは何か第2章稼ぐともらうの違いは何か大山椒お金持ちはずるいの花です是非最後まで楽しんできてくださいではさせてきますしょうざい一生稼ぐと盗むの違いは何かさて皆さんは稼ぐと盗むの違いを問われた時答えられるでしょうかもちろん明らかに違う言葉ではあるのですがその境界線というのは意外と難しいものなんです例えば氷菓子はお金を稼いでいるのでしょうかそれとも盗んでいるのでしょうかたとえば政治家はお金を稼いでいるのでしょうかそれとも盗んでいるのでしょうか職業として仕事をして稼いでいるんだからお金を稼ぐなのではないかと思われるかもしれませんが税金泥棒なんていう言われ方もしますよね稼ぐと盗むの違いをはっきりと言えないのは自分の中でそれぞれの定義付けがしっかりとなされていないカラーなんですねホースでは稼ぐと盗むの定義付けをその仕事が世の中の役に立つかどうかで千疋しようとしていますつまり稼ぐイコール人の役に立つ仕事盗む=人の役に立たない仕事到底実現するんですすると考えが少し傷ん中になりますつまり人の役に立つとはどういうことなのかこれを考えることで稼ぐと盗むの区別ができるようになるということなんですねまずこのことを考える上で一つの職業を連打し考えてみましょうその職業は銀行家ですわざわざ銀行かというちょっと古めかしい言葉を使ったのは英語のバンカーにあたる職業をイメージしているからです高度で専門的な金融業になっている人々名前からして音楽家とか芸術家とかあるいは政治家みたいでちょっと偉そうな人々さてその銀行かあるいは銀行というビジネスは世の中の役に立っていますでしょうか歩数では一つ目の回答として預金しておけば泥棒の心配がなくて安全だしみんなから集めたお金を会社や住宅ローンみたいに貸すのも銀行の大事な役割だから役に立っているという答えが挙げられていますお金が余っている人と足りない人の間に立ってお金をうまく流すのが銀行の仕事であり効果は極めて重要な仕事ですなかった世の中が全く回らないぐらいに重要なんですと述べていますしかしただだからといって銀行のやることが全部役に立っているとは限らないとも言うんですそして銀行かが役に立たなかった時の例として2万食をあげているんですねリーマンショックについて簡単に説明しておきます2008年にリーマンブラザーズという名門銀行が潰れました誰もそんな大銀行が破綻すると思っていなかったから次はどこだとパニックが広がり銀行同士のお金の貸し借りが止まって金融システム全体が機能不全に陥りましたこれがリーマンショックですでも変だと思いませんか世の中の役に立つはずの銀行が突然潰れるかも名門中の名門の大銀行がなぜそんなことが起きたんでしょうか煎じ詰めると木の根っこにあったのはリーマンや他の大銀行が所得の低い人達に自力で返せっこない金額の住宅ローンを犯しまくったことだったんです住宅の値段が上がっているうちは問題なかったんですがそんなん無理な融資を垂れ流す状態が長持ちするはずがありません 価格が下がり出したらローンを返済できない人が急増しましたさらに欧米の大銀行は無理にお金を貸すだけじゃなくさらにひどいことを行いました証券化という特殊な手法ですこの手法を使って自分たちの青梅奇跡にを世界中のいろんな投資家にばらまいていたんですね証券化というのはお金を貸したという取引自体を別の銀行や投資家に売り払ってしまう高度なテクニックなんです複雑な仕組みはテクニック自体が問題なのではなく本当の問題は貸したお金を責任を持って返してもらうのが銀行の本業なのにのホースに他人に貸し倒れのリスクを押し付けた事なんですもちろん証券化商品を買った方にも責任はあります目先の利益に目がくらんで中身も分からないものに手を出した理由なんでしかしそれを差し引いたとしても無謀な住宅ローンを証券化してばらまいたこの銀行の責任は重たいんですね欧米の住宅価格がいい以上に上り続けたバブルだった数年間来た不健全な取引が爆発的に増えましたその結果世界中に本当の価値がいくらなのか誰にもわからないゴミのようなものが団長絵も積み上がってしまったんですそしてある日その積み重ねがドカンときたそれがリーマンショックなんですつまり銀行は破綻してもおかしくない制度を世界中に広めた結果実際に破綻が起こってしまいリーマンショックが起こったということなんですさてこれを踏まえてさらに考えて欲しいことがありますそれはなぜ優秀な銀行家たちがそんな馬鹿な真似をしたのかということなんです銀行が破綻してしまうような取引を優秀な銀行家達が行っていたこれは事実なんです銀行家の中には本気で自分たちの仕事は素晴らしい新技術だと思っていた人もいましたがそういう輩はただの間抜けだと本スレは書かれていますそして本当に優秀な人はこんなこといつか破綻するよとわかっていながらやっていたんだというふうに述べているんですねそしてその理由は儲かるからなんですね銀行ではなく銀行か本人がです銀行が潰れようとどうなろうと関係ないですその前にたんまりとボーナスをもらえば例えばアメリカの某銀行のトップはリーマンショック直前に数10億円のボーナスをもらっています信じられない高級ですがそれ以上に会社を儲けさせているからオッケーだとそういう理屈なんですねさてリーマンショックについて簡単にまとめておきましょう世界屈指の優秀な人材を集めた銀行が潰れたその連中は詐欺まがいの仕事をやっていたからこそ潰れる前の2年間は信じられないような報酬を手にしていたそしてここからさらにひどい話になりますリーマンブラザーズが破綻した時世界中でお金の大渋滞が起きました疑心暗鬼になった銀行同士がお金を融通しあうのをやめてしまったわけです企業や個人も銀行からお金を借りることができなくなってしまったそれで世界は恐慌の一歩手前まで行ったわけですがそれはギリギリで回避することができたんです何故でしょうかそれは国が銀行の借金を肩代わりするよとそういう宣言を出し危ない銀行に資本を入れて金融システムを支えたからなんですね危機一髪一件落着世界各国はよくやったと言いたいところなんですがここにさらに問題があるんです国あるいは政府のお金というのは突き詰めると誰のお金でしょうか国民のお金ですよねつまり銀行が連鎖破綻したら世界が大打撃を受けるだから国は銀行を作った納税者負担でということになりますまとめてしまえば一部の銀行かは他人のお金で派手なギャンブルをやっていた買った時だけ自分が大儲けして負けえたら大勢者にそのツケを回すそういうことに美味しいでもやっていたんです無論すべての銀行全ての銀行かがそうだと言っているわけではないんです大部分の銀行かは世のため人のためお金を回すという銀行の本部に真面目に取り組んでいるんですでも一部の連中は突き詰めると他人のふんどしで相撲とって甘い汁を吸っていたそういった連中は結構なお金を稼いでボーナスをたんまりともらっているそこにリーマンショックみたいな危機が来て金融市場がパニックに陥るマーケットは恐ろしいものでひとたび荒れると人間の力ではパニックを簡単に収めることはできないその時その連中はこのままでは世界恐慌になりますようと政府や国民を落とすんです我々を助けた方が結果的に安上がりですよと言い募るんです無茶な話ですがそれ以外に柵がないんですそして見事世間様のサポートを得て生き残るそういった構図ができているんですねさてここまでの話 この銀行可愛い役に立つ仕事と言えるでしょうか言えないと思う人が多いと思いますがその理由についても深く探っていきましょう私達の生きている社会は資本主義という仕組みを採用していますその最も大事な土台は社会に貢献した企業や人が正当な評価を受けるということなんです役に立つ発明やサービスを提供する会社まともに働く人たちが世界の富を増やすだからこそ企業や人々はその貢献度に応じて相応の報酬を得るこの世の中のために役に立った人はちゃんと報われるという仕組みが経済の決定的に重要なエンジンになっているんですそしてこの仕組みを交換から支えるのが正常なんですねそれで我々の経済としては市場経済とも呼ばれています売り手と買い手が出会って物やサービスについて値段の折り合いをつける場所それが以上です先ほどのような銀行家はこの市場経済の根っこを腐らせてしまいます長い目で見れば社会に害毒を与えてしまうそんな連中がふーんそうな分け前を掻っ攫っていくからなんです富の分配が歪めば経済の効率は落ちるし不平等感や不満も高まり社会全体の信頼が損なわれてしまいますつまり彼らは経済を殺す病原菌と言えるんですあらこそお役に立たない仕事をしている娘仕事だとも言えるんです第一章まとめておきましょう稼ぐと盗むの違いは何かそれは世の中の役に立つかどうかであり長期的に見て社会に害を与えるような形でお金を稼いでいる仕事は娘仕事であるということでした第2章稼ぐともらうの違いは何かさて第1章では稼ぐと盗むの違いは何かについてみてきました第2章では稼ぐともらいの違いは何かについて考えていきたいと思いますそのためにまず前置きとして国内総生産いわゆる GDP について解説しておきます GDP は簡単に言うとある国の中で作られたものとサービスを全部合わせたものです電車やバスホテル宅急便などなど誰かがお金を払って物やサービスを買うと GDP になるんですつまり人々が物やサービスを前よりたくさん産み出せば GDP っていうのは増えていくんですねこれが経済成長ですさらに GDP は一人当たり GDP かける総人口と分解することができますこの式から言えば GDP っていうのは一人一人が作る物やサービスを増やすか人口が増えることによって増えるということが分かるんです言い換えれば一人一人が生み出すと目が増えるか人口が増えれば世界が豊かになるということなんですねここで一人一人の生み出す富が増えるという点に着目すると稼ぐというのは一人一人が生み出す富を増やす行為つまり一人当たりの GDP 以上に価値を生み出している人になります一方でもらう人というのは一人当たり GDP 以下の価値を生み出している人をということになりますこのように定義すると世の中の多くの人はもらう人に分類されるということがわかります例えば生活保護の人というのはもらう人のわかりやすい例でしょうそしてそれは悪いことではないんですこの考え方は富を生み出すお金を増やすという観点から切り分けたものでありえ稼ぐがもらうより偉いわけじゃない誰が鳶を増やすか今はそろばん勘定だけで世界を乱暴に切って考えるとこうなるということなんですでは何が悪いことを7日それが盗む人なんですもらう人も盗む人も GTP を下げる働きがありますがこの二人の一番の差は好意があるかどうかなんです例えば母親の財布から1000円盗む行為これは盗む人であり悪ですが母親におねだりして1000円を貰えばもらう人になります結果として母親の財布から1000円減るということ自体は同じですしかし盗むともらうの本質的な違いは経済にプラスかマイナスかといった物差しではなく好意のブームだということなんですね生活保護の場合で言うなら正当な受給者がもらう不正受給者が盗むに値しますこの考え方は稼ぐと盗むでも同様です郡ガスの場合でもお互いにきちんと契約を理解し納得し田植えで返済能力があることも確認している法律の範囲内で西岡躾する氷がこれは稼ぐ人であったりもらう人だったりするんですが相手がお金がなくて判断力が鈍っている所に返済できないような高利で貸し付ける氷がその場合は盗む人になってしまいます経済にプラスかマイナスかという判断軸そして理性の伴った合意があるかないかという判断ですこの二つが稼ぐともらうと盗むを分けるものさしになるということを押さえていただきたいと思います第3章お金持ちはずるいのかさて第3章に入る前に第1音第 お金を手に入れる三つの基本的な方法が稼ぐもらうで済む稼ぐは世の中がより豊かになるように多くの富を生み出すという意味ですただし短にたくさんお金を儲けても稼ぐにはならない誰かを犠牲にして大儲けするのは盗むに入るんです公演を例えに説明するなら自分が車よりも公園をきれいにする人つまり生まれる前よりも世の中を豊かにする人が稼ぐですわざと公園を汚したりと実を横取りするのが盗む人ですではもらうわ何か一番簡単なのは稼ぐでも盗むでもない人これがもらうに入るという分類です稼ぐほどと実は産まない警察官や消防士といったお金儲けには直接つながらないけど大事な仕事をする人障害者のように社会が刺されるべき人こうした様々な人が入る大きなグループがもらう人というグループです公園をより綺麗にする人と自分のま庭掃除できる人掃除は苦手だけど公園を使うことをみんなが認めている人色々な人が存在しますがそこに優劣はありません稼ぐやもらうは単にお金儲けのうまさを基準にしたもので稼ぐから偉いわけではなく人それぞれが自分の役割を果たす持ち場を守ることこれが何より大切なんですその上でお金を正しく稼げるお金持ちになった人はずるいのかこれについて考えたいと思いますまず大前提として富の増大に人並み以上に貢献することが稼ぐでありお金持ちが行う株式や不動産などの投資はそのリスクを引き受けることも含め紛れもなく富の増大に貢献する素晴らしいことですしかし多くの人がお金持ち乙類と捉えたりモヤモヤした気持ちを抱えることになるのは経済的な不平等貧富の格差が隠れているからなんですねというのも株式動産への投資この成果につながる道は思っている人つまりある程度のお金持ちにしか開かれていないから雨です R 大なり G という式皆さんはご存知でしょうかこれはピケティという経済学者が示した不等式です彼の衝撃的な仮説は世界中で大論争を引き起こしましたその確信がこの好きなんですあれは資本収益率株式や不動産への投資リターンを占めていますじいは Close の頭文字で経済成長率です兄弟はいろんな国のデータを調べて長い目で見ると経済全体の成長よりも投資で儲かるペースの方が早いんだというふうな主張をしたんですつまり投資ができるほどのお金持ちはどんどんどんどんもっとお金持ちになってしまうということです一旦投資に回せる余裕を手にしたお金持ちは富をどんどん蓄積できる複利マジックに予定して山が雪だるま式に増えていく一方で元でのない庶民にはその道は閉ざされてしまっている平均的な人には平均的な経済成長程度の OK しか望めないその結果貧富の格差はどんどん広がってしまう癖はこれは今の市場経済の構造的な欠陥であり放っておいたら解決できないよという風に視聴しているんですこれ以外にも貧富の差を拡大している要因これが二つあるんですそれは相続税とオフショアですまず相続税に関してですが日本の相続税の最高税率は55%ですお金持ちが正直に申告すると13を半分持っていかれる計算になりますかつては最高税率75%で3代で財産はなくなるという風に言われていました色々な節税テクニックがあって先祖代々の資産を脈々と受け継いでいるお金持っていうのはいるんですが日本は相続税が比較的高くおまけに社長や役員の給料が割と低い国なんですね親父の差で見ると最近は少々雲行きが怪しいんですが世界の中でも優等生格差の比較的少ない国だと言えます一方で世界には相続税がゼロという国がいくつもあるんです有名どころではシンガポール香港スイスあたりがそうですマイナーな国だとモナコオーストラリアマレーシアなんか妄想族ではありません相続税というのは当然お金持ちに人気がないですお金持ちは正常に切るエリート層と繋がっているどの国でもよほどのことがないと高い相続税が導入されるということはないんですその結果格差は世代を超えて温存されるお金持ちの子供に生まれたら生活教育コネビジネスの下でなどあらゆる面で恵まれている相当のへまをしない限り次の代もその次も落ちこぼれることはない逆に庶民はどこかで一発当てないと富裕層に食い込むことはできないつまり人生のスタート時点で差が付いてしまいにはほとんど追いつけないという問題があるんです次はもう一つの要因オフショアについてですオフショアは税金や法律から逃れるおとぎの国のような場所のことです 7とも呼ばれています租税回避地製品から逃れられる場所という意味ですお布施は西さんを隠すと誰も追跡できないそこには税金を払いたくない大金持ちだったり麻薬や武器の密売で荒稼ぎした犯罪者南米やアフリカ中東アジアロシアなどなど国の富を私物化した世界中の独裁者や悪党様々なダークマター T マネーが流れ込んでいるです行方不明になった汚いお金は何百兆円とも何千兆円とも言われています日本の GDP が大体約500兆円日本人の金融資産全体が1100兆円ほどですそれに匹敵するか上回るお金が捜査当局の手を逃れて隠れ家に逃げ込んでいるんです何故こんなインチキを放置しているんでしょうかそれに応えるためには少し歴史に触れる必要がありますそもそもオフショアという仕組みはイギリスで生まれたと言われています生まれた理由は世界中からお金を集めるためですロンドンはニューヨークと並ぶ世界最大の金融センターであり世界中の投資家や銀行企業がそこでお金のやり取りをしていますそれを影で支えているのがオフショアという極めて胡散臭い仕組みなんですこの御札という怪物は半世紀ほど前から急成長しました昔からお金持ちは独裁者が資産を隠し場所っていうのはあったんですスイスの銀行なんかが有名でしょうでも何時頃からかまともな企業や普通の金融の世界にもガッシリとオフショアが居座ってしまったんです初めは小さな不正の温床だったお世話は今や世界各国の政府が束になっても退治できない化け物に育てしまいました世界中に様々なオフ車があって個別撃破してもイタチごっこになってしまう追いかける政治家達が本気でやっていないというところもあるでしょう自分や仲間の首を絞めかねないからですロンドンの金融街からお金が逃げたらイギリスという国が傾くほどの打撃です金の卵を産むガチョウおすすめそうなんで誰も思わないですよねさらにタックスヘイブンを利用した節税は世界的な大企業も行なっているんですそうした企業がちゃんと納税しなければ道路や橋隧道や鉄道などの社会インフラだけでなく教育や医療の質も劣化していくんです練習不足のツケ払いはオフショアと無関係の無限の庶民に回ってくるから22も32も持たざる者の負担が増えてしまっているんですですから私たちはこの問題に対して真剣に解決策を考える必要があるんですやるべきことはとてもシンプルでクリアです隠れ家を全部潰してお金持ちや企業から適切な税金を取って富の分配のバランスを修正するただその実行がとても難しいんです問題の大きさと取り組む主体のスケールがずれているからなんですオフショア退治には世界的な強調が欠かせませんが抜け駆けしてマネーを独り占めする誘惑が強すぎて足並みが揃わないんです相続税を含めて平成の見直しも同様です訂正率を餌にマネーを呼び込もうとする国が少なくないんです一石単位では対策に限界があるもちろん少しずつ是正する動きってのはあるんです企業の極端な税逃れの摘発脱退オフショア利用の制限解いた対症療法です日本でもタックスヘイブン対策税制というものがあるのをご存知な方もいるかもしれませんでもこういった方法は本質的な解決とは程遠いと言わざるを得ないのが現状なんですこういったことが格差を生みお金持ちはずるいという感覚を引き起こしてしまっているんです今世界中で起きている政治的な混乱の根っこをたどっていくと多くがこの格差問題につきますぱーせんとのエリートが富を独占して残り99%の人々が犠牲になっているというスローガンが豊かな国でも魅力的に響くいびつな社会を作ってしまったんですこれから先お金持ちになる人にぜひ知っておいて頂きたい考え方ノブレスオブリージュを紹介して本日の動画あーを示させていただきましょうノブレスオブリージュは恵まれた上流階級には人類全体に奉仕する義務があるという考え方です鼻持ちならないエリート意識と紙一重ですがかつてはそうした日が9月よくあったんです第1次対戦では多くの多くの貴族の若者が前線への出生を志願して命を落としています日本にも武士は食わねど高楊枝という言葉がありますニュアンスが違いますが金に執着せず名誉を重んじるという価値観は通底しているものがあります是非お金に目がくらんでしまった時はこの言葉を思い出して頂きたいそう思っていますということで本日ご紹介したのはお金の教室長らくご清聴ありがとうございました是非お手にとって読んでいただきたい一冊ですので興味を持たれた方は是非購入してみてくださいということでまた次の動画でお会いいたしましょうさようなら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事