【おすすめ書籍】『WHY BLOCKCHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?(坪井 大輔[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

created by Rinker
翔泳社
¥1,760 (2021/05/07 20:06:51時点 Amazon調べ-詳細)

<総額5,000万円>500円~最大10万円分のバイナンスコイン(BNB)がもらえます!(2021年5月7日まで)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『WHY BLOCKCHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?(坪井 大輔[著])』今日は爆睡です2008年サトシナカモトと名乗る人物がビットコインに関する論文をインターネット上に投稿しましたその論文で信頼できる銀行や政府などの中央機関がなくてもネットワーク上で安全に電子通貨ビットコインお取引できる技術的な仕組みとしてブロックチェーンが初めて紹介されました当初は投資対象としてのビットコインに注目が集まりブロック支援はその基盤技術して裏方的な存在でしたしかしインターネットと同様社会の有無すら変えてしまうかもしれないというブロックチェーンの持つ潜在的なパワーが見直され次第にその重要性がクローズアップされてきました今回はブロックチェーンについてブロックチェーンの全体像についていないブロックチェーンは何が革新的なのか知りたいブロックチェーンとビットコインの関係を知りたいブロックチェーンの技術を根本的に理解したいという方を対象にブロックチェーンとは何かブロック性の基盤ブロックチェーンの技術ブロックチェーンの種類という観点で説明しますので是非最後までご覧くださいブロックチェーンとは何か見ていきましょうブロックチェーンを一言で言うと複数の取引記録がブロックという単位でまとめられて時系列でつながっているリストのことです取引や取引記録のことをトランザクションと思いますまたネットワークに接続した複数のコンピュータが同じ取引6を共有するデータベースを分散型台帳という分散型台帳として管理されるブログ X をブロックチェーンデータベースと言いますデータマネジメント体系リンボックではブロックチェーンデータベースを分散型データベースの一種として分類しています通常の集中型のデータベースのイメージがこのようであればブロックチェーンデータベースのイメージはこのようになります真ん中がなくてドーナツみたいですね今度お金はブロックチェーンデータベースも含めてブロックチェーンという言葉を使いますさてドンタプスコットは著書ブロックチェーンレボリューションの中でブロックチェーンをインターネットと呼んでいますどういうことでしょうかご存知の通りインターネットの登場によりどこにいても情報をこぼすと0で受け取ることができるようになりましたしかしインターネットでは誰もが低コストで経済的な価値例えば中華などを送ることができませんなぜならばインターネットでは電子データの改ざんなどをすることが容易にできるからですしかし私達は Amazon などの EC サイトを使って物を買う場合クレジットカードを使って掃除していますそれは amazon などの pc サイトは取引実績もある大手企業が主催しているので信頼できる SSL 認証によって通信相手が確かに本人であることを証明しているからなのです SSL 認証ですが少々取るためにはコストがかかりますさてブロックチェーンが価値のインターネットと呼ばれるのはインターネット上で誰もが低コストで経済的な価値を送ることを可能にしたからなのですなぜならばインターネット上で事実上電子データの改ざんなどを不正な取引ができない仕組みを作ったからです不正な取引ができない仕組みであれば先ほどの Amazon のように取引相手を信頼できなければ取引できないということはありませんこの特定の第三者を信頼する必要がないこと怒らストレスと言いますブロックチェーンが革新的なのは信頼できる銀行や政府などの重要で管理する時間がなくてもつまり特定の第三者を信頼せずに誰もがインターネット上で勝つの移転ができるとがストレスな仕組みを作ったことなのですここで改めてビットコインとブロックチェーンについて説明をしておきますか 技術基盤なのですこのブロックチェーン基盤はビットコインに特化したものではなくネットワーク上に分散したノートが唯一無二な情報を共有しそれを処理する汎用的な技術基盤ですここでは代表的なブロックチェーン基盤を三つ紹介しますまずビットコインファンデーションが運営するビットコインコアこれがビットコインのブロックチェーン基盤です次に ethereum FOUNDATION が運営するイーサリアム最後にハイパーレジャープロジェクトが運営しているハイパーレジャーファブリックです次にブロックチェーンの技術についてみていきましょうブルーブロードキャストしますどこを受診した参加者は発症求め状況を満たしているかどうか確認し満たしている場合その後6個自分のブロックチェーンに追加しますマイニングを行う参加者これをマイナーと言いますがマイナーがダンスの採掘に自分のコンピュータ資源を使いますなのでその対価として最初に条件を満たすナースを見つけた参加者にビットコインが与えられます補習が参加者にインセンティブ県中央集権的な管理者が存在しなくてもネットワークは事実的に自分へされる仕組みが確立されるのです次に Pow が情報伝達の遅延による X 取引などの不正を防ぐ仕組みについてみていきましょう例えば情報伝達の遅延によってブロックした場合を考えてましょうんのブロックには同じトランザクションが入りますこの場合最も多くの参加者が合意したものとして対応します Pow では情報伝達の遅延による20取引などの不整合が生じブロック線が分岐した場合でも一番長いブロックチェーンを正とするということで情報伝達の遅延による20取引などの不正を防いでいるのです最後にブロックチェーンの種類について見ていきましょう6000は大きくパブリックブロックチェーンプライベートブロックチェーンコンソーシアムブロックチェーンに分けることができますパブリックブロックチェーンとは管理者がおらず誰でも自由に参加できネットワークが自律的にいじる運営されるブロックチェーンのことですプライベートブロックチェーンとは管理者がいてブロックチェーンを立ち上げ参加者も管理者が決めることです今世界10の銀行は中央銀行がブロックチェーンを用いた仮想通貨に参入していますがこれは各機関が管理するプライベートブロックチェーンですゼウスによって会社はどうなるべきかという動画でレイプすべて会社が目指すべき姿を示しましたがこの中のデータ基盤によるブロックチェーンはプライベートブロックチェーンを表していますなおや管理するプライベートブロックチェーンに対して複数の組織や管理するブロックチェーンを通しています桜井ちゃんを構成する様々な業者がブロックチェーンを利用して製品が誰によってどこで作られたのかどのようなのかなどのデータを蓄積共有することで製品の流通経路を生産段階から会社まで可能にすることができます以上今回はブロックチェーンについて解説をしました最後まで見ていただきありがとうございましたが役に立つという方はチャンネル登録いいねボタンコメントなどいただければ幸いです説明欄に関連動画のリンクも貼っておきますそれではまたお会いしましょう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事