【おすすめ書籍】『40歳からは食べてはいけない 病気になる食べもの(南 清貴[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

【期間限定】ほったらかしで10万円が1億5787万円に!天才トレーダーT氏が開発したFX自動売買システム無料公開中です!

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『40歳からは食べてはいけない 病気になる食べもの(南 清貴[著])』の紹介生命の質言い換えれば人生の質を高めるためには食事の質を高めるのが最も早く確実な具体的方策で 私たちの自由には変われない日本人を襲った急激な食生活の変化に適応できる人などいやしないのだ皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美でございます今回は南清貴さんの40歳からは食べてはいけない病気になる食べ物を解説していきたいと思いますさてこの本のタイトルは四十歳からは食べてはいけない病気になる食べ物です40歳と書いてあるんですが特に40歳からは注意するべきであるという話であってあなたがたとえ今何歳であってもこの本の内容を実行することは とても勉強になる一冊でしたのでこの動画を見てこの方がいいなと思っていただけましたら是非一度お手にとって飲んでみることをお勧めいたしますでは早速まずは5人に1人が糖尿病という異常な国日本その現場に着いて一緒に見ていくことにいたしましょうか本日のお品書きは次の通りです1件で立体日本に何が起こっているのかということを2件で食べてはいけない悪魔たちを紹介し還元で職場自分への投資であるということを解説していきたいと思います 日本人何が起こっているのかということを解説していきたいと思いますさていきなりなんですが今の日本は非常に危険な状況にあるんです間に誰かがね適当に危険だよと言っているんじゃなくて客観的な数値が気をつけているんです今や国民の5人に1人が糖尿病またはその予備軍であるというのは厚生労働省が堂々と発表している日本の悲しき現実でございます今では生活習慣病のひとつとされる糖尿病ですがかつては贅沢病などと言われ食生活の豊かな富裕層に多い洗濯をしているのかもしれませんしかし私たちが置かれている現状を少しでも売れる気持ちがあるのならこのまま手をこまねいていたら過去から現在までの道筋の延長線上にある未来は今私たちに気をつけてくれている数値がとんでもなく悪化してしまうということは容易に想像できますしかしながら厚生労働省は糖尿病をはじめとする生活習慣病を撲滅するための具体的な方法については残念なことですがあまり研究しておりませんつまりただ黙って待っていても方向転換を図る方策を国が提示してくれるわけではないんですそもそも生活習慣病を有料で治そうというのは無理な話なんですなぜならば生活習慣病の原因は生活習慣なのだから生活習慣を正さないままそれによって引き起こされた病気を治すことなどどんな名医であっても不可能です生活習慣病は生活習慣が作り出していると漠然たる事実に気がついたのなら一人一人が自分の生活習慣を変えるしかありません私達がもし充実した人生を送りたいと願うのなら最も重要なことは自分が変わる決心ができるかどうかでございます少なくとも5人に1人の糖尿病またはその予備軍である2050万人もの日本人は健康を取り戻したければ自ら生活習慣の改善に取り組む以外に方法はないということでありますではでは生活習慣とは具体的に何を指すのでしょうか私たちの日常の習慣の中で最も大きな部分を占めかつ健康に直結しているのはやはり食習慣でしょう過度な飲酒や喫煙睡眠不足が体に悪いというのは当たり前でそれは改めるしかありませんしかしそうしたわかりやすい原因に隠れて普段の食事が体に与える影響の大きさについては意外に軽視されているように思いバスアメリカでは早くも1970年代に生活習慣病による医療費の増大が財政を脅かす大問題となり病気が治らない原因を探るための様々な調査が大々的に行われましたその調査結果をまとめた有名なマクガバンレポートの中で1997年の発表当日ネリガン心臓病脳卒中などの生活習慣病は現代の食生活が原因となって起こる食源病であると結論づけられていたんです食事と病気との関連が公的に初めて明らかにされた画期的な報告でした当時民主党の副大統領候補でもあった麦芽半紙はこのレポートの中でそれまでのアメリカ人の食生活を諸々の慢性病は肉食中心の誤った食生活がもたらした職業であり薬では治らないと断定しましたアメリカ人は生活習慣病の根源にあるこれまでのような食習慣を止め野菜中心の食生活に改めるべきであると指摘をしたために畜産業者等の反発を開始客しましたそれから40年近くが経過しているわけですがそのレポートを受けて国を挙げて食生活の改善に地道に取り組んできたアメリカではここ20年で22%癌による脂肪が減少したそうです日本人はその1977年に平均寿命が世界一になりました男女とも着々という子も平均寿命を伸ばし続けております一歩で健康寿命と呼ばれる数値は意外と低く平均寿命から健康寿命を引くと男性で9年女性で12年という年数が出てきますこのデータは日本人の多くが長生きした人生の終末の10年全豪不健康な状態で過ごしていることを示しております私たち日本人が社会に貢献しながら元気に暮らしている時期というのは自分たちが思っているよりも短いわけなんです問題は私たちが現役を退いて病気がちになった時今のような医療の籠が受けられなくなっているということであります今でも年間40勝もの国民医療費の約55%つまり半分以上は65歳以上の高齢者が使っているんですから今後はもっとその割合が大きくなっていくでしょうところが医療費を負担する若者はどんどんいなくなるんです高齢化の一途をたどっている日本ではますます労働者人口が減るわけですから激減した若者が激増した高齢者の負担を負う時代に必ず突入します同じレベルの医療を受けられるはずがありません高齢になったからといって病気になっていられないんです自分は糖尿病じゃないからいいというわけにもいきません繰り返しますが国民の5人に1人が糖尿病またはその予備軍と厚生労働省は淡々と発表 その実態は恐ろしい警告でございます国民全員がもっと事態を重く見て大変なことが起きていることを認識しなければいけません私達の体の仕組みからすると本来はもっと長い期間健康でいることができるはずなんですそれなのに事実はそうなっておりませんその主な原因に普段の食事があるならすぐさま食を見直し改める行動をとるべきではないでしょうかではでは2件以降で具体的に職を改善する解決策を解説していきたいと思いますそれではこの辺で1件をまとめておきましょうかポイント市客観的な数値が今の日本が危険な状況にあると告げている国民の5人に1人が糖尿病またはその予備軍であるそして生活習慣病の代表格とされる間にも一生のうちに男性の60%女性の45%がかかるさらに国民の二人に一人は何かしらのアレルギーを持っているポイントオンに生活習慣病を有料で治そうとするのは無理なぜなら生活習慣病の原因は生活習慣なのだから生活習慣を正さないままにそれによって引き起こされた病気を治すなんてどんな名医であっても不可能だからであるだから一人一人が自分の生活習慣を変えるしかない最も重要なことは自分が変わる決心ができるかどうかであるそれでは次に言で食べてはいけない悪魔たちを紹介していきたいと思いますさて2件では食べてはいけないものは何かということを具体的に解説していきますまずは身の回りにある食べてはいけないものを知りそれらを徹底的に避けることから食の改善を始めて行きましょうまず2件で紹介する食べてはいけない悪魔たちを最初に列挙しておきましょうか食べてはいけない悪魔たち市白い悪魔の三兄弟に加工食品などの異常に安い食べ物スタン外食の揚げ物ではそれぞれサクサク解説していきましょうまずは一つ目の白い悪魔の三兄弟について解説していきたいと思います身の回りに大量にあって当たり前に食べられてはいるが本当は食べてはいけない食べ物というのがいくつかありますその代表のひとつが白い悪魔の三兄弟すなわち白米や白い小麦粉など極度に生成された炭水化物と白い砂糖でございますこれらは単純炭水化物と呼ばれる物質でカロリーはあってもビタミンやミネラルなどの栄養素がまるで含まないという特徴がありますその特徴から英語ではエンプティカロリーなお家からのカロリーと言われていますこの彼らは重要な栄養素が全くない空っぽという意味なので体には良くない食べ物であるということは十分に認識して欲しいと思いますからのカロリーを摂取するとどういうことかねぼくらの大外で起きるのでしょうかカロリーだけはありますからブドウ糖に分解されます従ってそれは体に吸収されて血糖値は上がりますブドウ糖をエネルギー化するにはビタミンミネラルなどの栄養素が必要になりますところが何しろ栄養素は空ですからこの空のカロリー食品をエネルギー化するためには他の食品から摂った栄養素をせっせと使わなければならないんですつまり急激に血糖値を上げるだけではなくて栄養素を浪費してしまうというところにも単純炭水化物の問題があるんですこれが糖尿病の第3の原因であるクロム不足にもつながっておりますブドウ糖というのはいつでもどれだけでも細胞に取り込まれて良いわけではありませんそのため無尽蔵にブドウ糖が取り込まれないように細胞にはドアのようなものがついておりますそのドアの鍵を開けるのがクロムというミネラルの役割でございます例えばですよ白い砂糖を摂取してブドウ糖に分解されると細胞がブドウ糖を取り込むために砂糖そのものには含まれない Chrome が使われてしまうということでございますしかしクロムが十分な量他の職員から取り込まれているとは限りませんよねということはクロムが不足してしまうとブドウ糖が細胞に取り込まれなくになり血中に入った打つことになってしまいますそのままにしておくとやがて血中でだぶついたブドウ糖の腐敗が始まってしまいますそれは体にとって恐ろしいことですからブドウ糖を尿に混じらせて排泄するという作用がおきますこの量が著しくなるのが糖尿病でございます実は米も小麦も生成されていなければ重要な from 源となる食品なんですそれがひとたび生成されて白米白い小麦になるとクロムも他の栄養素も含まないエンプティカロリー=単純炭水化物に返信してしまいます単純炭水化物になった穀類和白い砂糖と 体内で起こしますからやはり摂取してはいけないんです白い悪魔の三兄弟をとってはいけない理由は他にもございます白い悪魔の三兄弟は消化が良くて短時間での九州の度合いが激しいですから食べた瞬間にあっという間に血糖値を上げてしまうからでございますなぜ血糖値を急にあげるといけないのでしょうか食料が豊富ではなくて常に飢餓との戦いだった人類の長い歴史の中で穀物を生成して食べるようになったのも白い砂糖を常食するようになったのもついつい最近のことなんです血糖値を急激に上げるような食べ方をしてこなかったんですから人間の体はそのような贅沢な状態になるのを想定したことがないんですだから人間の体には血糖値が急激に上がった時に対応するシステムが全く備わっておりませんインスリンが分泌されて血糖値を下げるといいますがあくまでもそれは緊急避難的な措置であってインスリンは本来そのような使い方をされるべきものではございませんそれでは次二つ目の食べてはいけないもの加工食品などの異常に安い食べ物について解説していきたいと思いますさて悪魔の三兄弟の次は安いリスクということをお伝えしたいと思うんですコンビニ弁当に象徴される工業製品化された加工食品というのは素材そのものが劣悪であることに加えてタイ料理化学物質を使わないと成立しません結局安いものには安いだけの理由があるんですそういうものを食べれば当然私たちの体内に化学物質が入ってきますよね入ってきた化学物質は分解して排泄するかそのまま蓄積されるかどちらにせよ私たちの体にメリットは与えませんこうした食品添加物などの化学物質は生産者側販売者側の利便性のために使われるので決して消費者のために使われているわけではありません化学薬品化学物質を使うから商品を安く提供できるということになるとそれが消費者にとって本当にメリットなのかどうか少し考えてみて欲しいんです短期的にあれ確かに安いですからメリットがあるかもしれません目の前に同じ弁当があって化学物質を使ってあるほうの弁当が使っていない弁当よりも安かったのでそちらを買った確かにこれは今この瞬間の出費額が少なかったことはメリットでしょうしかしこれは中長期的な視点をもってすれば決してメリットなどではなくむしろデメリットであり得るリスクなんです消費者は居やすいということが私たちにとって全くメリットではないということに気づかなければいけません数ヶ月または数年という単位でみるとそれがよく分かるでしょう大量に生産される安価なものを食べるようになり私たちは食品にお金を費やさなくになりましたでも別の全く違う負担を負うようになっているんです生活習慣病と一言で言いますがその病気に一番インパクトを与えているのは言うまでもなく食生活であることは明らかでしょうそこに気づくことで食習慣を変え自分の体を健康に保てるようになったら払わなければならなかった医療費を払う必要がありません目の前のやつ誰を取って未来の高額医療費を負担するのがいいのか目の前の高さを取って医療費負担をなくすのが良いのかきちんと問題に向き合って考えるべき時に私たちは来ているのではないでしょうかそれでは食べてはいけない悪魔の見つめ外食の揚げ物について解説していきたいと思いますさて居酒屋のチェーン店などに行くとメニューには肉料理など動物性食品を使ったものが圧倒的に多いことに気づいていますかどうしてかと言うと店側にとって便利だからでございます野菜料理というのは店側からするとリスクが大きいんです天候に左右されやすい野菜は仕入れ段階です腕に一定のものが揃うとは限りません調理技術の高いスタッフがいればそれでも何とかになるんですが近頃の居酒屋チェーン店では技術なんて無いに等しいアルバイトが調理を担当しているケースも多くてそもそもマニュアル化されたメニュー以外の料理を提供することなんて不可能なんです肉料理ならば半調理済みの冷凍品を温めたりするだけで出すことが可能になりますから必然的に肉料理が多くなります中でも揚げ物が非常に多いです揚げ物というのも便利な調理法で少々ね素材の質が悪くたって濃い味を付けてあげてしまえば誤魔化せるんですよあげいも使い回しの格安の油を使ったり油を変える回数を減らしたりして比較的楽にコストを下げることができるんです人体に有害で安価なよしやトランス脂肪酸を大量に含むショートニングを使っている場合もありますつまり素材もあげよう安くしようと思えばどこまでも嫌 揚げ物なんですそういう理由もあって店側がこぞって揚げ物を取り入れているわけでございますこの肉料理で揚げ物というのが体にはものすごく悪いという事を皆さんは知っていたでしょうか Again はどんなに新しい油を使っていたとしてもオリーブ油以外あげた時点で既に激しく参加しておりますそんな油で揚げられた食品はどれも過酸化脂質まみれです外食チェーンなどコストカットが必須のところでは油を交換する回数を減らすのも当たり前でしょうまるで秘伝のタレのようにヘタをすると何週間も変えられず新しい油が継ぎ足されるだけだということさえあり得ますそれだけでなく油そのものが低価格で粗悪品なんですそのレベルの油では原材料のなたねや大豆はほとんど遺伝子組み換えでございますそれでもまだましなほうでもっとコストをカットするためにさらに安価なパーム油由来ショートニングを使っているところも多いですそうなると上がった食品はどれほど酸化が進み毒性の強い物質に変化しているか分かったものではありません揚げ物は良くないなんて言われていますが脂っこいものをたくさんとることが体に悪いのであろうといった程度にしか理解されていないのではないでしょうかだから量をたくさん食べなければいいと思われているような節もありますしかしそんなに生易しいものではありません居酒屋チェーン店で揚げ物を食べるということは口にするのも危険な強烈な猛毒を命懸けで食べているようなものなんですそれぐらいの認識をしておいて欲しいと思うんですそれでは2件の内容をまとめておきましょうか2件では食べてはいけない悪魔たちを三つ紹介しました愛知白い悪魔の三兄弟に加工食品などの異常に安い食べ物外食の揚げ物それではラスト3件で職場自分への投資であるとということについて解説していきたいと思いますさて2件では食べてはいけない危険な悪魔たちについて解説してきました3件では最優先課題としてまず意識を変えてほしいんだということをお伝えしていきます意識を変えることができさえすればくだらないことにお金を使わなくなりますのでたとえ低い収入であっても工夫次第でちゃんとした食事をとることは可能でございます意識が変わって行動が変わるというのが良いんでしょうが先に行動を変えるという手もありますすなわちまずはコンビニの食品は食べないファストフードの店には行かないカップ麺は食べないなどできることはいくらでもあるでしょうどこにお金を投じるのか私たちはもう食事というものを単なる消費と考えてはいけないんです食にお金をかけるということは単なる消費ではなく実は投資でございます化学調味料付の加工食品ばかり食べていると体ミネラルバランスが崩れて免疫力を低下させると同時に瞬発力も持久力もなくなりますつまり病気にかかりやすく頑張りのきかない体になってしまいますそんな人間が果たしてきちんとした成果や業績を残せるでしょうかだからコンビニの弁当や惣菜ファストフード屋ファミリーレストランの食事のようなものは単なる消費でしかなく投資にはならないんだということを肝に銘じてほしいと思いますこのような食事にお金をかけるのは消費どころかもはや浪費と言って良いでしょうしかし食の質が高ければそれは投資になるんです投資である以上リターンが見込めなければ意味がありませんよね自分という子さんは投資すればするほど確実に必ずリターンをもたらしてくれます私たちが生きていく上で大切にしなければならない子さんの第一が自分であるということに私たちはまず気づく必要があるのです自分というものがいなければ世界を認識することができずそもそもこの世界自体が存在していないんです世界の根本である自分という資産に投資するんだからリターンを得られるわけですそしてその当時の大地が食事なんです食事で自分を高め高いレベルをキープして初めてこの子さんが次の資産を生み出しますそれは無限に新たな資産を生み出すでしょうだからこと食事の質が問われるんです私たちは豊かさというものの尺度を変える時期に立ち会っているのではないでしょうかこれまで私たちが豊かさの象徴と思ってきた者は本当に人々に幸福をもたらしてきたのかどうかもしかしたら私たちは幻想を抱かれてきたのかもしれません産業革命以降の200年間ある方向を目指してものすごいスピードで発展し突き進んできた結果として今があるわけなんですがその方向性は本当に正しかったのでしょうか何が本当に豊かな事なのか改めて見せて 舵取りをしていかなければいけないんですさて著者がね様々な食べ物の危険性を説明するとそんなこと言っていたら食べる物がなくなるじゃないかという反応を受けることがあるそうですそれに対し著者はそんなことは決してないと言うんです食べるものがなくなるという考えは自分が変わらないことを前提にしているからって出てくる発想です私たちがもし充実した人生を送りたいと願うのなら最も重要なことは自分が変わる決心ができるかどうかでございます人生は長ければ良いというわけではないし多くの財産を築いたから満足というわけでもありませんなんにせよ健康でなければ与えられた使命を果たすこともできないだろうし当然のことながら充実度も低くなってしまうでしょうまずは変わろうという著者のメッセージを私たちはしっかりと受け止めなければならないんですそれではこの辺で3件をまとめておきましょうかポイント市最優先ライトしてまずは意識を変えよう食にお金をかけるということは単なる消費ではなく実は投資などだと気付こうポイントにそんなこと言われると食べる物がなくなるじゃないかと言ってはいけない食べる物がなくなるという考えは自分は変わらないことを前提としているからって出てくる発想だ私たちがもし充実した人生を送りたいと願うなら最も重要なことは自分が変わる決心ができているかどうかであるそれでは本日のハイライトに参りましょうか1件で一体日本に何が起こっているのかという現状について2件で食べてはいけない悪魔たちを紹介し還元で職場自分への投資であるという素晴らしい考え方を紹介してきましたさて皆様いかがでしたでしょうか本書はれ非常に勉強になる一冊でした解説しきれなかった部分もあるのでこの動画を見てこの本いいなと思っていただけましたら是非一度手にとって読んでみることをおすすめします私たち日本人の食生活が大きく変わり始めたのは戦後からなんですこの戦後の約70年間で日本人は大きく食事内容を変化させてきましたこれはもう誰が見ても驚嘆するほどの音大きな大きな変化でしたこれほど短い期間にこれほど大きく食事の内容を変化させてきた民族は世界でも日本人のほかにありません頭ではわかっていなくても日本人の体はこの70年の急激な変化に耐えるのはこれ以上無理だと悲鳴を上げています私たちの DNA はこんな短期間で急に変われないんですそれがあの膨大な国民医療費になって表れているのでしょうもちろんだからといって著者は何も70年前に食生活を戻そうと言っているわけではありませんただ自分たちの体を自分たちではコントロールできない状態にまでになってしまっている今その原因への気づきさえあれば伝統公的な日本食を基盤にしてつ現代の私たちにとってふさわしい食生活のあり方を改めて見出せるのではないかと著者は私たちに入っているんです本日の動画が皆様が食に対する意識を変えるきっかけとなれたら私はとても嬉しく思います本日は以上ですこの動画ためになったという人は私のやる気アップ動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンチャンネル登録お願いしますまた論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という二つのチャンネルも行っておりますので概要欄のリンクから訪れてみてください本日はご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事