【おすすめ書籍】『DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール(ビル・パーキンス[著], 児島 修[翻訳]』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】ゼロですねそれこそが経済学者も絶賛した最上級に人生に響く生き方であり人生が豊かになりすぎる究極のルールなどだだから私たちも0で歯の皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美です今回は大 with ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルールを要約していきたいと思いますさてこの方を選んだ私の率直な感想は面白かったでございます僕らが心のどこかで思っていたことをしっかりと言語化してくれているなと感じましたとても面白くかつ人生を考えさせられる内容となっているのでぜひ最後まで楽しんで一緒に見ていきましょうこの本はまずい有名なアリとキリギリスのイソップ寓話から始まるんです夏の間勤勉なアリは冬の食糧を蓄えるためにせっせと働いた一方の気楽なキリギリスは自由に遊んで過ごしたやがて冬が到来した蟻は生き残りキリギリスには悲惨な現実が待っていたこの寓話の曲は人生には働くべき時と遊ぶべき時があるというものでございますだがここで次のような疑問を感じないでしょうかありはいつ遊ぶことができるのだろうそれがこの本のテーマだと筆者は言うんです私たちはキリギリスの末路を知っていますそうです飢え死にですしかしありはどうなったのでしょうか短い人生を奴隷のように働いて過ごしそのまま死んでいくのでしょうか一ありは楽しい時を過ごすのでしょうかもちろん誰もが生きるために働かなくてはいけませんだが生きる以上のことをしたいと誰もが望んでいるでしょう本当の人生を生きたいと誰もが思っているはずですこの本のテーマはそれでございますただ生きるだけでなく十分に生きる経済的に豊かになるだけではなく人生を豊かにすると女の方法を考える筆者はこの本を通してあなたの人生を確実に豊かにする方法をお伝えていくといいますリアなかなかね面白そうな内容でワクワクしてきましたどうすれば僕らはありのようにただ生きるだけではなく本当の人生を生きることができるのでしょうかでは早速本書の内容に一緒に切り込んでいきましょうそれでは本日のお品書きは次の通りです1件で今しかできないことに投資する2件で0で死ぬ3件で金の価値は加齢とともに低下するという三つの重要なテーマについて解説していきますでは早速市原道今しかできないことに投資するから解説を始めましょうさて筆者はまず僕らは喜びを先延ばししすぎているいつ使うかも分からない金を溜め込んで今しかできないことを見送り金のために多くのことを失っているそう言うんです本書はエリントジョン夫妻のエピソードが紹介されておりますエリントン妻は弁護士として働いていましたただある日夫のジョンの体に腫瘍が見つかりましたガンでした腫瘍は知らないうちにジョンの背中と足の骨に広がっていましたエリンは会社を辞めジョンのがん治療の合間に夫婦はただ二人でいる喜びを味わえました一緒に公園に行き映画を見てテレビゲームをしボストンを何度か訪れ自由時間には市内の歴史的名所を見て回りましたこの時上はまだ自力で歩けましたですが病状は急速に悪化し二人の希望は薄れていきました今日はがんと診断されてわずか3ヶ月後天国に旅立ちました当時の事を思い出すとエリンは今でも深い悲しみに襲われるといいますそれでも仕事を辞めてジョンと少しでも多くの時間を過ごしたこと良かったと思っているそうですもし私たちがエリンの立場に置かれたらどうするでしょうかきっと彼女と同じことをするに違いありませんしというのは人を目覚めさせるんです死が近づいて初めて私たちは我に帰ります先が長くないと知りようやく考え始めるんです自分は今まで一体何をしていたのだろうこれ以上先延ばしをせずに今すぐ本当にやりたいこと大切なことをするべきだと初めて気づくんです普段私たちはまるで世界が永遠に続くかのような感覚で生きておりますもちろんそう考えるのはある意味合理的です毎日人生が最後の日のような気持ちで生きるのは難しいですそんなふうに考えちゃったら誰も仕事行かないしテスト勉強もしないですよね歯医者に立っていかないでしょう喜びをある程度先送りするというのは理にかなっております長期的に見ればその方が報われるからでありますだが残念なことに私たちは喜びを先送りしすぎているんです手遅れになるまでやりたいことを我慢しただただ金を節約する人生が無限 気持ちでそんなことを続けるんですもちろん97秒に見舞われたエリントジョンのケースは極端な例ですが誰もが遅かれ早かれ二人がチョクメンしたような現実に向き合わなければなりませんだって人は廊下には逆らえないからいつかは誰もが死んでしまうのだからだからこそ限られた時間の中で最大限に命を燃やす方法を考えなければならない誰もがこの問題の答えを求められておりますおかれた状況によって違いはあるものの基本は同じです死ぬまでに限られた自分のエネルギーを何にどれぐらい降り当てるべきかという問いでございます筆者は最低限の生活費しか稼げなかった若い頃からこの問いについて考えてきましたそして長い時間をかけすぎのような人生の指針原則を築き上げたそうです今しかできないことに金を使うこれこそがこの本で伝えたいことの角でございます九十歳にになって水上スキーを始めるのは難しいですよね確かに今それを我慢すればそのぶんの彼はたまるでしょうですが十分な金を得た時にはすでにそれが出来ない年齢かもしれません過去に戻ってですよ時間を取り戻すことなんてできやしないんです金を無駄にするのを恐れて機会を逃してしまうというのはナンセンスです金を浪費することより人生を無駄にしてしまうことの方がはるかに大きな問題ではないでしょうか夢を追い求めることを諦め安定した退屈な仕事に落ち着こうとしている25歳やたっぷりと貯金があるのに長時間労働を続ける六十歳は人生を無駄にして今を生きることを先送りにしております大事なのは自分が何をすれば幸せになるかを知りその経験に惜しまず金を投入することでございます当然それは人によって異なります何に価値を見出すかは人それぞれでございます重要なのは流されて生きるんじゃなくて自分にとって大切な経験を意識的に選びそこに惜しみなく金を使うことなんです人生の充実度を高めるのはその時々にふさわしい経験なんです時間と金という限りある資源をいつ何に使うかこの重要な決断を下すことで私たちは豊かな人生を送ることができるんですさあここで皆様少し自分に問いかけてみましょうか自分はなぜお金を貯めているのであろうかとなぜ今叱っていけないことを我慢して今しか会えない大切な人との時間を削って働き金を貯めているのかその理由をしっかりと理解しているだろうかと自問自答して欲しいんです筆者は理由もなく金を溜め込んでいる私たちに次のようにアドバイスしております経験の価値を信じなさいと何かを経験するのに必ずしも金は要りません無料でできることもたくさんありますですが価値のある木英検にはある程度の費用はつきものです一生記憶に残るような旅素晴らしいコンサートのチケット企業という夢を追求新しい趣味これらの経験にはどうしても多少お金かかりますよね時には莫大な額が必要になることだってあるでしょうだがそれは使う値打ちのある金でございます心理学の研究でも人は物ではなく経験に金を使うほうが幸せになれることを示しておりますものは買った瞬間の喜びは大きいんですが次第にその喜びは減っていきますしかし経験から得る価値は時間の経過とともに高まっていくんです節約ばかりしているとその時にしかできない経験をするチャンスを失いますその結果世界が必要以上に小さな場所になってしまいますなぜならば人生は経験の合計だからです筆者は言うんです私たちは人生で何を経験したいのか真剣に考えなければならないとどのくらいの回数それを味わいたいだろうか些細なものでも壮大なものでも結構ですただでも高価でもチャリティーでも歓楽主義的なものでも何でも構いませんとにかく有意義で思い出に残るものという観点から一度きりの人生で本当に何がしたいのかを考えてみましょうなぜそんなことを考える必要があるのかそれは人生で一番大切な仕事は思い出づくりだからなんですね筆者はなぜ経験が大切かを改めてあなたに理解してもらいたいと思っていますそして一刻も早く経験への投資を始めるべきであることを心に刻んでほしいと言います人生というのは経験の合計ですあなたが誰であるかは毎日毎週毎月毎年さらには一生に一度の経験の合計によって決まります最後に振り返った時その合計された経験の豊かさがどれだけ充実した人生を送ったかを測る物差しになるんですだからこそですよこの人生で 経験がしたいのかを真剣に考えてそれを実現させるための計画を立てるべきですそうしなければ社会が引いたレールの上をただ進むだけの人生になってしまうでしょういつかは目的地すなわち市にたどり着きますがその道のりは自分自身が選び取ったものでなくてはいけません次の言葉を胸に刻んでおきましょう人生れしなければならない一番大切な仕事は思い出作りである回五輪残るのは結局それだけなんだから人生の最後に残るのは思い出という考え方は私たちが老後について一般的に耳にする考えとは正反対でございます私たちは老後に向けて貯蓄しようと言ったメッセージ常に耳にしておりますよね子供の頃からいざという時のためにお小遣いを貯めておきましょうと聞かされて育って大人になっても同じことを言われ続けるんですアリとキリギリスの桑の有名な結末は針が穀物を収穫して満足そうな顔している一方で夏に遊んで蓄えを使い果たしたキリギリスがお腹を空かせているというものですどちらの行き方が正しいとされているかについては議論の余地がありませんもちろん間違っていたのは将来を考える刹那的な生き方をしたキリギリスの方ですしかし誤解しないで欲しいんです筆者は誰もがキリギリスのように生きればいいと言っているわけではないんです人生の冬に備えて蓄えなくてもいいとも言わないし経験のためならどれだけお金を使ってもいいとも言っていません医者が言いたいのは現代の社会では勤勉に働く喜びを先送りすることを美徳とするあり的な生き方の価値が持ち上げられすぎているということでありますその結果キリギリス的な生き方の価値が軽視されすぎておりますつまりキリギリスはもう少し節約するべきだしありはもう少し今を楽しむべきなんですこの本の目的はアリとキリギリスの行き方の中間にある最適なバランスをつけることでありますそこで筆者は経験をポイント化してみようということを提案しております人生は経験の合計というのは単なる比喩ではありません数値をつけることで実際に経験を合計できるんです様々な経験の価値を比較できるようにもなりますこれが人生の充実度を高める大きな一歩となるでしょう具体的には各体験から得られる喜びをポイントで表現することから始めましょうそうすることによって自分はどんな体験から大きな喜びが得られるのかということが理解できるようになるはずですいやーなかなかね深イイ話でございますね情報量が多かったのでちょっとここで内容をまとめましょう1件の内容まとめポイント1私たちは必ず死ぬそして氏というのは突然やってくるだから目的もなく金を貯め込むのを止め今しかできないことに投資するべきであるそれこそが限られた時間の中で最大限に命を燃やす方法であるポイントに金を無駄にするのを恐れて機械や経験を逃すのはナンセンスである金を浪費することより人生を無駄にしてしまうことのほうがはるかに大きな問題だからである大切なのは自分が何をすれば幸せになるかを知りその経験に惜しまず金を使うことである経験の価値を信じようポイント3私たちは人生で何を経験したいのかを真剣に考えなくてはいけないなぜなら人生で一番大切な仕事は思い出づくりだからである最後に残るのは結局思い出だけなのだからまずはそれぞれの体験から得られる喜びをポイントで表現することから始めましょうさてでは次に限度0で死ぬということについて解説していきましょうさてでは次に言で0で死ぬという音本書のタイトルに込められた筆者の熱い思いについて解説していきます0です後は一言で言うと金を残さずに死ねということでございます必要以上に稼ぐために働くことをやめるのは実はとても難しいです何しろ働けば金という社会に公然と認められた形の報酬が得られるからであります稼ぎ続ける自分に誇りを感じ特に何の目的もないがなんとなく金を稼ぐために働き続けてしまう人が多いんです実際どれだけ働いて金を稼いでもまだ稼ぎ足りないと感じる人は多いですしさんが増えるにつれてゴールポストも動きつづけますそれは収入の量とは関係ありません1億円貯めることが目標だ1億円食べれば仕事辞めてリタイアしてゆっくりできるなと思っていてもいざ1億円溜まっちゃうと1億じゃなんかすくねーなともっと貯めたいなと言って資産が増えるにつれて目標貯金額もどんどん高くなってしまいますそんな状況に筆者は警鐘を鳴らしているんです莫大な時間をつい でも稼いだ金を全て使わずに死んでしまえば人生の貴重な時間を無駄に働いて過ごしたことになるんだとその時間を取り戻す術はないんです例えばあなたが1億円の資産を残して死んだらそれは1億円ぶんの経験をするチャンスを逃したことに他なりません例えそれが500万円だとしても500万円ぶんの経験をするチャンスを逃したということになるんですそれでは最適に生きたと言えません要するに筆者は使いもしない金を稼ぐために人生の時間を無駄にするのはやめろと言っているんですこのことを説明するために筆者は使わない金を稼いでしまうよくある例を挙げています本書では45歳の独身女性エリザベスが隷にされていました彼女は事務職として働き練習は600番これはアメリカ人45歳の平均年収を上回る額です所得税や社会保険料などを差し引いたか処分所得は約500万円で週平均5時時間働く彼女の賞味の時給は約2000円ですこれがエリザベスがオフィスで1時間過ごすことで得られる額でございます質素なライフスタイルのおかげで大学を卒業して数年後には学生ローンを完済しています30台前半で購入したマイホームの住宅ローンを完済しましたこの家は売れば利益4500万円になります昨年は例年並みの330万円程度を生活ぎりに使いましたつまり年収500万円ですから160万円程度を貯金できたことになります20年後の引退を望んでいるため給料のかなりの部分を401 K プランと銀行に預けております401 K プランには税引前の金を積み立てられるので通常の預金口座に預けているよりもお得でございますエリザベスは大企業に勤めていて会社からも信頼されておりますだから雇用は安定しているしたい職場で毎年わずかな昇給も来たいってきますただしこれは話をシンプルにするために退職までの給料の額は変わらないことにしましょうまた家のローンを完済したことを除けば45歳まで老後資金は貯めてなかったことにしますこの条件で計算するとエリザベスは65歳で定年退職した場合3200万円を貯められることになります持ち家の資産価値である4500万円取った人65歳の退職時の資産は7700まんえんこの7点700万円で何年生活できるかは毎年の生活費次第ですよね研究によれば退職後の生活費は毎年一定ではなく高齢になるほど少なくなるということが分かっていますしかしここでも話を単純にするためエリザベスは毎年320万円使うと仮定しましょうこの前提だと彼女は24年弱生活って行きますしかしエリザベスが退職から20年後85歳で亡くなったとすると300万円もの資産を使わないことになりますこのときエリザベスは先生300万円ぶんの経験を逃してしまったことになるんですそれ自体残念なことですがそれだけではありませんこれだけの金を得るためにエリザベスはどれだけの時間を費やしたので消火栓300万円を2000円で割ると6500時間でございますつまりエリザベスは生きているうちに使い切れない金を稼ぐためにこんなにも長い時間を費やしたんです週50時間労働で計算すれば2年半以上になります行ってみれば2年半ただ働きしたのと同じです人生の貴重な時間とエネルギーをもっと他の事に使えたかもしれませんしさんから物価上昇率より高い利子が得られ社会保障からの終了があったと仮定すると彼女が働く必要のなかった時間はさらに長くなりは少なくともあと2年半以上前には引退できたし生きているうちにもっとたくさんの金を使うことだってって言ったでしょうもちろんですねこの計算が誰にでも当てはまるわけではありません例えば時給換算入れ歯エリザベスよりもはるかにたくさん金を稼いでる人もいるでしょうこうした高所得者にとって線300万円は2年半もの不要な労働を意味しないでしょうだが実際にはこれらの人々は大抵の場合300万円以上の資産を残して天国に旅立ってしまいます時間給や年収が高い人ほど働き続け稼ぎ続けたいという誘惑に駆られやすいからであります結局人生の貴重な時間やエネルギーを無駄に使ってしまうわけですですからエリザベスの例よりも収入が高い人にとっても低い人にとっても筆者からのメッセージは同じです生きているうちに彼を使い切ることつまり0で死ぬを目指してほしいそうしないと人生の限りある時間とエネルギーを無駄にしてしまうもちろん死ぬ前に0に到達するべきではありません死の直前にひもじい思いをしたい人なんていないからですしかしせっかく貴重な時間と労力を費やして稼いだ彼を生きているうちに行ってき 欲しいと筆者は言うんですこうした考えを世に訴えているのは実は筆者だけではありません古くは1950年代ノーベル賞を受賞した経済学者のフランコモディリアーニがライフスタイル仮説というものを提唱しましたこれは生涯にわたって彼を最大限に活用するための消費と貯蓄の方法を示すものであります無理やりにの基本的な主張は生涯を通して彼を最大限に活用するというのは知る時に残高がちょうど0になるように消費行動をすべきであるというものでございます仮にもしいつ死ぬかが分かっているのならばその時までに金を使い切れば最大限の喜びと効率が得られることになりますさてここまで聞いてね絶対に皆さんを持っている人いるかと思うんですいつ死ぬかわからないんだからゼロを目指して金を使って死ぬ前に0になったらどうするんだよお前とは絶対こう思う人がいると思うんですいつ死ぬかなんてわからねえだろうよと言うね現実的な疑問に対してボリビアにはとてもシンプルな答えを示してます安全にかつ不要な彼を残さないためには人が生きられる最長の年齢を想定すれば良いんだとつまり自分が可能な限り長寿を全うすることを前提に1年当たりの消費額を決定するんですしかし多くの人はそれすら計算していませんなんとなく必要以上の金を溜め込んでいるか必要なだけ食べていないかのどちらかでございます自分があとどれくらい生きるかを真面目に考えてみることには価値があるんです自分がいつ死ぬか想像すらしていなければ適切な判断がしにくくなるからでありますその結果慎重派の人はまるで150歳まで生きるかのような過度な貯金をしてしまうんです元本に一切手をつけず利息だけで生きようとする人のように永遠の命を期待しているかのような節約生活を送ろうとするかもしれませんそして手付かずの主さんをたくさん残したまま自分が思ったよりも早い死んでしまうですつまり決して使うことのない金を稼ぐために人生の貴重な時間をたくさん無駄にすることになるんです自分の寿命をおおよそでも予測して送ったけどこれからの人生でどれだけ稼ぎ貯めて使うかについてはるかに良い決断ができるようになります自分の寿命に意識的になることはこれからの人生でどうすればカレーを最適に使えるかを考えるための最初のステップでございます私たちは喜びを先延ばしにし将来のために貯金しますそれは悪いことではないですか毎月の生活費を支払い子供達の世話をし毎日食事の準備をするそんな日常生活を送るためには今の楽しみを我慢し未来に備える能力も必要ですしかし喜びを先送りするにも限度があるんです日々の生活にばかり気を取られて生きているとある日突然人生の楽しみを後回しにしすぎてしまった後悔に苛まれるかもしれません喜びを味わう機会を逃し続けながら生きるというのはとてももったいないことでありますでは喜びに投資するタイミングを逃さないようにするためにはどうすれば良いかそれは資産を切り崩してタイミングを見極めることであります本書では詳しくね資産を切り崩すタイミングについて説明されていますがここでは結論だけ述べます45歳から60歳の間に資産を切り崩し始めると良いです自分が可能な限り長寿を全うすることを前提に自分がこの後使うであろう必要な金額を計算し45歳から60歳の間に資産を切り崩し始めるんです繰り返しますがこの方は0で死ぬことすなわち生きている間に資産を有効に使い切り人生を最大限に充実させることを目指しております60代や70代になっても純資産が増え続けているなら0で死ぬことにはなりませんすばリゼロで死ぬことを目指すなら中止さは陰性のある時点から減り始めなくてはいけないんですそうしなければ金が無駄になりますつまり価値のある経験を逃していることになるんです私たちは人生のある段階でまだ経験から多くの楽しみを引き出せる体力があるうちに純資産を取り崩していくべきなんです今ちらっとまだ経験から多くの楽しみを引き出せる体力があるうちにと言いましたそうです私たちは年をとるにつれて経験から楽しみを引き出す能力が下がっていくんですだからこそ筆者は歳をとって使うあてもない金を溜め込んだところで何の意味もないんだとそれなら若くて経験から楽しみを引き出せる体力があるうちにその金を人生を豊かにするべきに使うべきだと言うんですこのことは3件で詳しく深掘り解説していきましょうその前に2件をまとめておきますポイント10で死ねつまり金を残さずに死ねポイントに莫大な時間を費やして 稼いだ金を全て使わずに死んでしまえば人生の貴重な時間を無駄に働いて過ごしたことになるその時間を取り戻す術はない空に稼いだ金を残して仕事その金で出来ていたはずの貴重な経験も失うことになるポイント30で死ぬためには45歳から60歳の間に資産を切り崩し始めると良い自分が可能な限り長寿を全うすることを前提に自分がこの後使うであろう必要な金額を計算し45歳から60歳の間に資産を切り崩し始めるんですそれではラスト3軒の金の価値は加齢とともに低下するということを解説していきますさて最後に重要なことを申し上げます金の価値は加齢とともに低下するんですだからこそ筆者は若い頃に無駄に金を貯めこまずちゃんと人生が豊かになる経験に金を使って0で死ぬべきだと言っているんです僕たちは40代に金を使うのと60台で金を使うのは同じことだとは思っていないでしょうかしかし端的に言えばまだ若くて体力があるうちに彼を使った方が絶対にいいんです年をとれば健康は低下し物事への興味も薄れていきます性欲も減退するし創造性も低下していきますかなりの高齢になり衰弱してしまうとできる活動は限られますよねそうなったら金なんていくらあってももう役には立たないんですベッドに寝転んでテレビのクイズ番組を見ることぐらいしか特にしたいこともなくなるでしょうかねから価値を引き出す能力というのは年齢とともに低下していくんです20代も後半にさしかかると健康はゆっくり衰え始めますそれに応じて金から価値を引き出す能力もゆっくりゆっくりと低下していきますそう考えるとどうすれば生きた金の使い方ができるかは自ずと見えてきます経験を楽しむ能力が年齢によって変わってくるなラ能力が高い時にたくさんの金を使うほうが理にかなっています同じ10万ドルを使うにしても80代より50代の時の方が価値を引き出せるのならば80台に使うべき彼の一部を50代に回すことの方が人生を豊かにするための賢明な判断と言えるでしょう同じ理由で20代や30代40代に多くの経験ができるように多めに金を使い老後は脂質を控えるという方針を立てること持って行きますちょっとこれ原稿を読んでいる間に思いついた例えを即興で打ち込みます50台で使う100万円を80台のために貯金しておくというのは言い換えると80代の自分が50代の自分から100万円をむしり取っているのと同じことなんですよ経験を楽しむ能力も彼から価値を引き出す能力も下がっている将来の自分が今の自分から金をむしり取っているんですそう考えると能力が高い家に確かに金使う的なカラーと勇気がね私もしてきましたよこのような視点を意識することで年齢と共に変化する金から価値を引き出す能力を考慮した障害の手術計画を作成できるようになります経験から価値を引き出しやすい年代で貯金を抑えてカレーを多めに使うこの原則に基づいて手術と貯蓄のバランスを人生全体の視点で調整していくべきであります私たちはずっと老後のために勤勉なアリのように金を貯めるべきであると言われ続けてきましたしかし皮肉にも健康と富があり経験を最大限に楽しめる神の黄金期は一般的な定年の年齢よりももっと前に来るんですこの神の黄金期に私たちは喜びを先送りせず積極的に金を使うべきです老後のために金を溜め込む人は多いですが人生を最大限に充実させるという観点からすればこれは非効率な投資に他なりませんたんに周りがそうしているからという主体性のない理由で金を貯めている人も多いんですが彼は将来のためにとっておいた方が良い場合もあれば今使った方が良い場合もありますその都度最適な判断を自分で考えてしていくべきなんです様々な経験の中には将来に先延ばししても特に問題がないものもあります20代の時に行けなかったら旅行をまだ体力がある30代に楽しむことはあっていけるでしょうしかし体力が落ちていくにつれ先延ばしできる期間にも限界が出てきます実際のところ私たちが思っている程先の走って来ない経験というのは多いんですにもかかわらず私たちはそれを自覚していないまるでいくつになっても用事ようやく子供用のプールで遊び続けられると思っているかのように喜びを先延ばししすぎた後悔は人生の終わりに一度だけ味わうわけではありませんそれは長い人生の中で何度も繰り返し頭に浮かんできます一番の悲劇は死ぬ間際まで機会を逃したことへの後悔の念を抱いて生きることです 生き方や考え方を改める時間すら残されていません心の中で自分の過去を受け入れるように努めるぐらいしか救いはないんですそれでは3件をまとめますポイント市金の価値は加齢とともに低下するだからこそ筆者は若い頃にムダに金を貯めこまずちゃんと人生を豊かにする経験に金を使い0で死ぬべきだと言いますポイントに私たちはずっと老後のために勤勉なアリのように金を貯めるべきだと言われてきましたしかし皮肉にも健康と富があり経験を最大限に楽しめる神の黄金期は一般的な定年の年齢よりもっと前に来ますこの神の黄金期に私たちは喜びを先送りせず積極的に彼を使うべきでございますさて皆様長々とお疲れ様でしたいかがでしたでしょうかでは最後に筆者のメッセージを紹介して終わりにしたいと思います私はこの本で0で死ぬことをあなたに勧めてきただがとても正確に館あればそれを実現するのは不可能とも言えるなぜならこの本で説明した全てのルールに従い日々の経済状態を把握しても天国に旅立つ瞬間あなたのポケットには数ドルが入っている可能性が高いからだ銀行口座にも数百ドルが残っているだろう厳密にはそれは0で死ぬことにはならないしかしそれで全く問題が無い0で死ぬという目標を持つこと自体があなたを正しい方向に導いてくれるのったからあなたは何も考えずに働き貯蓄しできるだけ資産を増やそうとしていたこれまでの人生を変えて出来る限り最高の人生を送れるようになる0で死ぬという目標を持つことで人生を充実させようという意識が働くようになるからだすばリゼロで死ぬを目指すこと自体に高い価値がある理想を追求すれば人というのは正しい方向に進むことができるものですわずかであれ寝室になって賢くなり勇気が持てるようになります0で死ぬという目標を持つのも同じことです完璧に実行できなくても目指すことで何もしないよりもはるかに目標に近づけますですから挑戦しましょう人生を最大限に充実させたった一度の人生を価値のあるものにしようさて今週のメッセージがあなたが良い仕事に就き膨大な時間を捧げて働き60代から70代に引退してその後で人生の黄金期を過ごすという従来の価値観に従った生き方を考え直すきっかけになることを願っている体力や気力が落ち始めるまで人生を充実させる KK お祭り理由なんてないはずだ死ぬまでに使い切ることのできない金を貯めることばかりに労力を注ぐんじゃなくて今すぐ人生を最大限に楽しもう一生の思い出になるようなことをしよう覚えておいてほしい人生で一番大切なのは思い出を作ることだ今回の動画が皆さんの今までの行き方を見直すきっかけとなるからこれ以上の喜びはありません本日は以上です新しく論文を開設する論文解説チャンネルというものも立ち上げましたので興味のある方は下のリンクから訪れてみてくださいご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事