【おすすめ書籍】『無敵の独学術(ひろゆき[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『無敵の独学術(ひろゆき[著])』の紹介皆さんは独学をしているでしょうが出版業界では2017年から少しずつ独学本のブームが来ているそうです800ページ近くある独学大全が20番部も売れていますまたこの中によって自分の時間が増えたことにより独学を始めたという方も多いのではないでしょうか不安定な時代を生き抜くためにもこれからは独学はブームから必須のものになってくるのかもしれませんしかし独学は自分でやる文色々と難しい問題がありますよね何を使って学べばいいのかわからない独学だと続かない色々考えるとやっぱり独学はだめなのではなどなど今回紹介するひろゆきさんチョロ無敵の独学術が効率よく独学をするために必要なことを教えてくれますというわけで今回は本書についてアニメーションを使って紹介していきますまずは独学はコスパ最強からです独学の最大のメリットはコスパがいいことだと本書で書かれています確かに今の時代はスマホがあれば大体のことを知ることができますしかも無料でもちろんネットの情報は信憑性に欠けるということであれば午後から学ぶこともできますやろうと思えば高い授業料を払って大学に行かなくてもはるかに低いコストで学ぶことができます実際に広くさんが大学生の時に先行していた心理学の授業もほとんどが本を読んでいるだけだったそうです私は教育学を専攻していたのですがやはり本を読むだけの授業も多くありました授業で使われてる本はだいたい1500円から3000円くらいですそれに対して大学の授業料は一コマあたり2000円から3000円と言われていますこれが15から16もあるわけなので約3万円から5万円を一冊の本を読むことに使っている計算になりますこのように金額にしてくれと独学のコスパの良さがはっきりとわかりますね今日は家ひろゆきさんは大学に行くのと言ってるわけではありませんむしろ今の日本の社会はまだ大学の価値が高いから大学には行くべきだと書かれています大卒と高卒の生涯年収を比較すると4千万円も大卒の方が多くなりますまたそもそも大卒じゃないと受けられない企業もありますそのため大学では行くべ気なんです続いては独学に必要なものについて紹介していきます本書には独学において大切なこと必要なことがたくさん紹介されていますこの動画ではその中でも特に私が大切だと思ったゴールは来ることを疑う力の三つについて紹介していきますまずはゴールからです独学においてゴールの設定が一番重要だと本書には書かれていますそれはわかりやすい例として独学でプログラミングを学ぶことに挫折した人が挙げられていますプログラミングの勉強で挫折する人の多くがプログラミングで何をしたいのかゴールがありませんこれを作りたいという明確なゴールがなく目的がプログラミングができるようになりたいとふわっとしている人ほど JavaScript を全部マスターしたいので完璧主義者になってしまうことが多いです全部マスターすることを目的にしていては挫折することが目に見えてますよね実を言うと私もプログラミングの独学で全く同じ失敗をしていましたパイソンがすごいという情報を手に入れた私はとりあえず Python マスターしようと書店で分厚い参考書を買いました最初は順調に進められていたのですが敵がはっきりしていなかったが揺れ続かず気づいたら参考書はメルカリで売っていました頃のようにゴールをはっきりさせないと何のために勉強してるのかがわからず挫折する可能性が高くなってしまいます逆にゴールが明確であればそこに向けて何をすればいいのかを考えることができるためより効率的に独学ができます独学で必要なことの二つ目はパクることですほんそれは馬鹿はオリジナルにこだわると書かれています少し強い言い方かもしれませんがこれは事実だと思いますオリジナルにこだわるよりも成功してる人をパクる方がうまくいきます私もオリジナルなやり方でこだわってしまうことがあるのですすごいわかるのですがオリジナルにこだわってやったことでうまくいったことはほぼありません私は大学受験の時に英語は分厚い文法書を手書きでノートに発狂するということやっていました今考えると恐ろしく馬鹿な事なんですが当時はなぜか自分が思いついたこの方法でうまくいくと思ってたんですよね当たり前ですが英語はほとんど伸びず第一から第3志望校まで全部落ちました大学進学後に英語をナビ直そうと思った時はまずは効果のある勉強法をネットで調べて他の人の方法をパクりましたその結果 TOEIC 975点英検1級を取ることができ今は英語を使って仕事をすることができています私の経験からもパクった方が効率的で結果も出やすいということができますひろゆきさんの切り抜き動画を作っているチャンネルは100チャンネル以上あるそうですがうまくいってるチャンネルは他でうまくいってるところをパクっているそうですとはいえ何でもかんでもパクるのがいいわけではありませんなんでもかんでもパクっていると失敗しますわかりやすい例を挙げると一時期大学なんて意味ない大学を止めて今すぐ自分で稼げるようになろうと言うのがブームになったことがありましたその時に短絡的にそうか今は大学に行くのは無駄なことなんだと考えてしまい大学を辞めてしまうと自分で稼げるようにならなかった時にとてつもなく後悔することになるかもしれませんなんせ生涯年収が高卒と大卒では4000万も違うわけですからパクる時に大切なのは表面上の結果だけをパクるのではなく次のことを考えることです 単純に答えや結論を知ることではなくどうしてその結論に至ったのかという理由の部分を理解することだと思います成功者から学びパクるべきものは結果ではなく思考のプロセスです大学を辞めることをパクってもしょうがなく何故その結論に至ったのか理由を理解することが大切です今回の動画で紹介する最後の独学で必要なことは疑う力です最近ではコロナに関する情報がネットテレビで大量に流れています中には嘘の情報も混ざっていますまたテレビなどのメディアで発信してる人の中にも根拠のないコメントをしてる子もいます一時期コロナはインフルエンザにも怖くないという情報が流行っていましたしかしちゃんと調べてみるとインフルエンザは心なりまはるかに致死率が低いということがわかりますこのように世の中に流れてる情報は正しいものも多いことは確かですが中には電話も含まれていますそのため手間も真実として受け止めていては意味がありませんそこで疑う力が必要になるわけですこの情報は本当に正しいのか何を根拠に言ってるのかと疑い根拠となっているデータや研究などにあたってみることが大切です情報が多くどれが本当か見分けが難しいからこそ疑う力は必要ですもちろん正しい情報を仕入れる検索力も大切です本社では新しい情報を手に入れたいのであればドメインが AC . jp に掲載されているものがお勧めされていますこのドメインは大学などの高等教育機関や学校法人のホームページを意味してるため情報に信頼性があります金がいらないは以上です今回の内容についてまとめていきますまずは独学はコスパが最強であるという話をしておきました今の時代はスマホ意志であればほとんどのことを学ぶことが出来ますまた本を使って独学をすれば大学に来るもはるかに少ない金額で学ぶことができますそして独学に必要なものを三つピックアップして今回は紹介してきましたそれがゴールパクることを疑う力です独学ではゴールの設定が大切ですゴールが明確になっていない状態でふわっと始めてしまうと挫折する可能性が高くなってしまいますそして続いてはパクることが大切でした馬鹿はオリジナル巫女変わりますオリジナルにこだわるよりも成功してる人をパクる方が効率的でうまくいく可能性が高いですそして最後は疑う力でした世の中に流れてる情報はデマも多く含まれていますだからこそこの情報は本当に正しいのか何を根拠に言ってるのかと疑い根拠となるデータや研究にあたってみることが大切でしたこれからの時代は知識がアップデートされないとあっという間に取り残されてしまいます取り残されないためにも自分で情報を取りに行く独学が大切ですしかし全ての情報を鵜呑みにするのは良くありませんその情報は本当に正しいのかと疑うことが大切になります現代人はネットですぐに情報が手に入る環境に慣れているせいですぐに見つかる答えに飛びついてしまう傾向があると言われていますしかし中には正しくない情報やあなたの人生を壊しかねないものもあります独学で失敗しないためにもぜひ本書無敵の独学術を読んでみてください私の運営するブログサイトでは本書以外でも様々な方紹介しております本の紹介帰りも効果的な読書の方法やっておく英語のアウトプットについてなど読書にまつわることをたくさん紹介していますよろしければこちらにも遊びに来て下さいここまでご視聴いただきありがとうございますではでは

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事