【おすすめ書籍】『やってはいけない老後対策 定年後貧困にならないための処方箋(大村 大次郎[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『やってはいけない老後対策 定年後貧困にならないための処方箋(大村 大次郎[著])』の紹介定年後破綻します公的年金だけではまともな老後は送れませんだから年金を増やす方法をお教えしましょう皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの焚き火でございます今回は大村大次郎さんのやってはいけない老後対策を解説していきたいと思いますさて今回は私たちの老後について考えていきたいと思うんです老後というのは私達全員に100%訪れますから誰もがしっかりと老後はどのようにして生きていくのかという人生設計を持っておく必要があります著者は元国税調査官でありながら税金を中心としたお金の世界に長く携わってきた人物でございますそのため税金的に見てどのような老後の設定をすれば良いのかそして法律スレスレの節税テクニックなども本書れって援助してくれております私達全員に100%やってくる老後の生活どのような老後を送りたいの花をしっかりと考えることでこれからの生き方も変わってくるでしょうまた老後のリアルや公的年金のリアル牢獄には私達を守ってくれるかなどといったことをしっかりと事前に知っておくことで今目の前の行き方を変える事だって出来るかもしれません本書は私たちが老後を考える上で非常に役立つ一冊だと思いましたのでこの動画を見て興味を持ってくださった方はぜひ一度本書を手に取って読んでみることをお勧めいたしますそれでは早速私たちに必ず来る未来老後についてしばし一緒に考えていこうではありませんかそれでは本日のお品書きは次の通りです1件で公的年金だけではまともな老後は送れないということに件で生活のダウンサイジングを実行するということを3件で年金を増やす方法について解説していきたいと思いますではでは早速一幻の公的年金だけではまともだろう応募は送れないという事から解説をスタートしていきましょうさていきなりですが厳しい事実を皆さんにお伝えしなければいけません著者は公的年金だけではまともな老後なんて送れないと言うんです皆様は老後破綻という言葉を聞いたことがあるでしょうか現在生活保護受給者の半数以上が65歳以上の高齢者でしかも年々増え続けているというのが現状でございます元々平均的なサラリーマンが一人でもらえる厚生年金は税金や社会保険料を差し引かれると生活保護レベルと変わらないほどいやすいんです税金や医療費が無料になる生活保護の方がいいかもしれないくらいなんですそして夫婦二人世帯でなんとかギリギリやっていけるのだが離別やし別で一人になった途端たちまち困窮してしまいます事実高齢者の生活保護受給世帯の9割が単身者でございますさらに公的ね金だけでは生活はギリギリにも関わらず今後は減らされる一方になるということが既に決まっているということも皆さんは知っていたでしょうか老後は2千万円の貯蓄が必要などとも言われておりますがこんな金が用意できるのはごく一部だけでございましょう定年時に住宅ローンが残っていたりとか子供の教育費がかかるような人は老後のための貯蓄なんてできるわけがありません老後は2千万円の貯蓄が必要などという金融庁の発表を聞いてそんなに食べられるわけがないだろうと意気消沈している人も多くいるでしょうそしてさらに世間にも色々な情報が飛び交っておりますよね例えば老後の生活には1億円必要であるとか3000万円あれば大丈夫とかまたは貯金など一千万円もあれば十分とあらゆるロジックを使った数字が混在して説明されて一体どれが正しいんだよと思っている人も結構多いのではないでしょうかですのでまずはここで一度老後生活を始めるために必要な貯蓄額がいくらかを冷静になって考えていきましょうか家計の金融行動に関する輿論調査で老後の生活費や貯蓄に関しての平均額が公表されておりますそれによると夫婦二人で老後の一か月あたりに必要な最低予想生活費は27万円という結果が出ておりますまた生命保険文化センターの生活保障に関する調査ではゆとりある老後生活費は平均で34点9万円かかるとのことでございます一方で厚生労働省が毎年発表しているモデル世代における夫婦二人のんでん金額というのは一ヶ月あたり約22万円となっておりますもちろんこのモデル世帯というのは男性が二十歳から60歳まで働く女性は同じ器官を専業主婦として過ごしたという仮定のもとの話ですか 福祉ておりません今では女性の高学歴化が進み共稼ぎが当たり前となっておりますから若い現役世代はこのモデル世帯よりも多くなるはずでございます現在60歳の平均余命表は男性が約23年女性が約28年ですが20年後には医学の進歩などにより95歳まで長生きできると予測する学者も多数おります本書では長寿化がリスクと言われているだけで95歳寿命説を原則としております便宜上モデル世帯の値を採用すると企業年金や不動産収入株式配当などの不労所得つまり別の収入源がなく公的年金だけで生活しようと思ったら夫婦二人で老後の一か月あたりに必要な最低予想生活費は27万円で夫婦二人の年金額は1ヶ月あたり約22万円なわけですから最低生活費だけを考えても5万円足りないんです最低生活費だけでもこのような有様でございます一方でゆとりある老後生活費は平均で34点9万円とされていますから1ヶ月あたり約22万円の年金額ではゆとりある生活を送りたいのなら毎月13万円も足りない計算になってしまいますさていかがでしょうかこれがデータを基にした老後生活で必要とされる現実的な資金でございますもちろんね私はもっと生活コストを下げれるよとか私は逆にもっとせいか水が入るよという個人差はあるでしょうしかし一般的に多くのデータを集めるとこのような状況になっているというわけでございます最低生活費だけでも5万円足りないというのはどうやら事実のようでございますこれを聞いてひえーとね悲鳴を上げる人もいればいやいやその計算には退職金が含まれていないでしょと言うね冷静な反論をしてくる人もいるでしょう確かにこの子さでは退職金は考慮されておりません公的年金の出る65歳までは働き公的年金の受給が始まったら足りない部分は退職金を取り崩すばいいじゃないかと考えている人も結構いるかもしれません最低生活費に足りない狛江を仮に95歳まで退職金から取崩したとしましょうかそうするといくら退職金が必要だと思いますがずばり1800円が必要でございます経団連の調査によると大卒の事務職の退職金平均は約2300円となっておりますするとですよ500万円しか余らない計算になりますよね自宅をすでに持っている人なら家を治すお金だってかかるでしょうし年齢とともに医療費や介護費などもかかるとなるととても500万円では足りませんしかも経団連加盟企業というのは日本の中でも一流企業ばかりでございます約7割の日本人は中小企業で働いていますから経団連が発表している数字から差し引く必要がありますつまりたいていの人は2300万円も退職金はもらえないのでさらに厳しい状況にあるということでございますしかもこの話は最低生活費の月に17万円の話なんです大抵の人は嫌な仕事に就いて40年近くまで働いてきたわけですからたまには夫婦で旅行に出かけたりとか孫にお小遣いをあげるんだとゆとりある老後生活を送りたいと思っているでしょうその場合のシュミレーションもしておきましょうかゆとりある老後生活費は平均で34点9万円かかり1ヶ月あたり約22万円の年金額になのですからゆとりある生活を送るためには年金だけだと月23万円が足りないということになりますつまり老後30年間すなわち360ヶ月とすると4680万円足りないという恐ろしい数字が池田されてきます退職金の一部を当てたとしてもおよそ3000円から4万円ぐらいは現役時代に貯めておく必要があるということですおそらく定年時に3千万円の貯蓄が必要と語っている方々の根拠はこのようなところにあると思います繰り返しますがこの金額は公的年金のみで他に収入がなくかつゆとりのある生活を送りたい人の場合ですので誤解しないようにしてくださいまたなぜこれぐらいの手元資金が必要かと言うと厚生年金の平均受給額が驚くほど安いということも関係していますちなみに金融広報中央委員会のアンケートでは年金支給時に最低限準備しておく貯蓄残高の平均は2000日6万円という回答でしたしかしですよ実際に年金支給時に二千万円以上の預貯金がある人なんて極々一部にすぎないでしょうなぜならデータを見ると50代以上で貯蓄税 30%前後もいるからでございますそして現実はねもっと厳しいんだということを心を鬼にして伝えていきたいと思うんですなぜならば年金額は年々減らされるということがすでに決まっているからでございます間もなく日本では二人の労働者が一人の年金受給者を支えるという状況に陥ってしまいますどうあがいたってそんなこと無理でしょうから年金が減らされるのも時間の問題でしょうさらに政府は年金受給者たちをさらに追い込む法律を2016年に成立させてしまいましたそれはデフレ下でも年金額を下げられるようにするというとんでもない法律でございます簡単に言えば現役世代の実質賃金が下がっている場合は年金額を下げられるという改正国民年金法でございますこれは2021年の4月から実施されることが決まっていますちなみに実質賃金は1997年をピークに下がり続けております現在でも65歳以上の高齢者の貧困化はひどくなるばかりで生活保護受給世帯は既に過半数を超えていますこれがもっとひどくなっていくことが確実視されているわけでございますこれから年金受給対象となるシニアだけではなくて年金を納めている若者も老後を真剣に考える時期に来ているんですさてなぜ暗い話ばかりしてしまいましたしかし別に適当な事を言っているわけではなくて内容を聞けば私たちもまあそうだよねと納得できる内容だったのではないでしょうかこのような厳しい現実に対しては私たちは一体どうすれば良いのか著者は生活をダウンサイジングさせておくことに加えてありとあらゆる手段を使って説明した上で自分年金を増やしていくしかないと言いますではでは2件以降で著者が提案する老後を生き抜くための方法について解説してたいと思いますその前に1件をまとめておきましょうかポイント市老後のファクトは次のようなものである夫婦二人で老後一か月に必要な最低予想生活費は27万円ゆとりある老後生活費は平均で月34点9万円一方モデル世帯における夫婦二人の年金額は1ヶ月あたり約22万円つまり公的年金だけで生活しようとしたら最低生活費だけでも5万円足りずゆとりある生活を送りたいのならば毎月13万円が足りない計算となるポイントに金融広報中央委員会のアンケートでは年金支給時に最低限準備しておく貯蓄残高の平均は2センチ6万円しかし実際に年金支給時に二千万円以上の預貯金がある人はごくごく一部そして現実はもっと厳しく年金額は年々減らされることが既に決まっている誰もが老後を真剣に考える時期に来ているのだそれでは次に限定生活のダウンサイジングを実行するということを解説していきたいと思いますさて1件ではねちょっと厳しい現実を見てきましたよねしかしそれに備えてちゃんと今から私たちにできることもあるんですと者は生活費を現役時代の70%程度に抑えておくことに慣れておくことが必要だと言っていますそのために私たちがするべきことは生活のダウンサイジングでございます当たり前ですが生活コストを下げることが出来れば老後に必要な額は少なくても進みますので節約火曜と言ってね馬鹿にすることはできないんです1日も早く早ければ40代遅くとも50代に入ってからは生活の無駄をなくしておきましょうたったそれだけでもびっくりするような効果が上がります例えば本書には生活コストを下げてかなりの効果を得た人の具体例が載っているんです分かりやすいので少し一緒に見ていきましょうか例えば S さんは50歳になったのをきっかけに老後に不安を感じて思い切りダウンサイジングな生活を始めましたまずやったことは車を手放すこともう子供も大きくなり家族で使う必要もなくなったことそして自宅マンションの立地が公共交通機関に恵まれていたことも大きかったそうですそして後押ししたのが自宅マンションの近くの大型駐車場にカーシェアリングの車が大量にあることでしたバカ高い駐車場第二自動車保険税金に2年に1度の車検代ガソリン代高速代オイルやタイヤなどのメンテナンス料金を考えると一年間に約80万円ものランニングコストが掛かっていたんですそこで車を手放し貸家に切り替えたところ月会費が1000円ちょっと後は乗ったぶんだけですから月に3000円以下になったそうです皆さんも車を所有していないでしょうか車というのは贅沢品で ているだけでどんどんお金がなくなっていく金食い虫ですからいらないのならば手放しましょうさらにレースさんは子供が大きくなっていたので数千万円かけていた生命保険屋仕事が忙しくてみることのほとんどなかったケーブルテレビなども解約しました着ない服や小物類はネットオークションで全部売り払ってしまい本や CD DVD なども余程の思い入れがあるもの以外は全て売ってしまいましたこのようなことをした結果どうなったのかというと5年間で500万円も浮いたそうです500万円もあれば大分老後にゆとりができるでしょう S さんは50歳になったのをきっかけに老後に不安を感じ思いっきりダウンサイジングな生活を始めましたがもっと早くから生活コストを下げることに取り組めば老後にもっとまとまった資金を作れるようになるんでしょう節約したり生活コストを下げ尾根というのは実行するのはあまり楽しくありませんのであまり重視していない人がいるあるかと思うんですがやれば誰でも100%効果が出る素晴らしい方法でございます収入をあげなさいと言われてもどうすればいいのかすぐには分かりませんが節約しなさいと言われたら私たちはすぐに行動することがあって行きますよね多くの人は収入を上げることばかり考えてしまいますが収入を上げることよりも節約することの方が効果が高いんです収入を上げるのはそもそも大変ですし収入を上げるとそれに比例して支払う税金も上がってしまうからでありますまあねこの生活コストを下げるとか生活のダウンサイジングを実行するための知識は多くの本や YouTube の動画などで公開されておりますのでさらに詳しく調べて実行することをお勧めいたします無駄な生命保険を切るとかスマホを格安 SiM に変えるといった色々なやり方がありますのでそれらを実行すれば驚くほどの効果が出るはずでございます是非生活の中でも ANA コストを切り詰めていきましょうそれでは2件の内容をまとめておきますがポイント市老後に備えて生活のダウンサイジングをしよう具体的には生活費を現役時代の70%程度に抑えることに慣れて横一日も早く早ければいい40代遅くとも50代に入ってからは生活の無駄をなくしておこうたったそれだけでもびっくりするような効果が上がるポイントに多くの人は収入を上げることばかり考えるが収入を上げることよりも節約することの方が効果は高いそれではラスト3件で年金を増やす方法について解説していきたいと思いますさて人間ではね生活コストを下げようと言ってきました次は老後の生活でまず一番の柱となる年金を増やす方法について見ていきましょう最初にそれらを列挙しておきます年金を増やす方法は二つ市年金を繰り下げるに自分年金をさてそれぞれでざっくりと解説していきましょうかまずは一つ目の年金を繰り下げるについてですが著者はなぜ繰り下げ受給で年金が78万円から110万円まで増えるといいます当たり前ですが公的年金は老後の収入源として非常に大切ですよねこの公的年金はもらい方によって毎月もらえる金額やトータルでもらえる金額が違ってくるんですよ公的年金のもらい方次第であなたの第二の人生を左右するといっても過言ではないでしょう公的年金の支給は基本的には65歳以上からなんですが実は繰り下げ受給や繰り上げ受給という制度があることを皆さんは知っていたでしょうか繰り下げ受給というのは年金の支給開始時期を遅らせる代わりに毎月の年金の額を上乗せするというものでございます基礎年金の加算額は以下の通りです1ヶ月繰り下げると0.7%ずつ年金額が加算され満期の七十歳での支給にすればなんと42%も増額されるんです現在の基礎年金の支給額が満額で779300円ですからこれに1.42をかけると1106606円と何と32万円以上のかさんができるわけですにもかかわらずこのお得な繰り下げ受給を利用している人は年金受給者のうち2%しかいないとのことです厚生年金も基本的には同じ加算率ですが諸条件によって繰り下げ受給ができない場合もあるので詳細は社会保険事務所等で確認してくださいませんその逆にですよ繰り上げ受給というのは本来は65歳以上にならないともらえない年金の支給時期を早める代わりに毎月の年金の額を減らすというものであります65歳より早く支給を受ける繰り上げ受給にしてしまえば一か月に着き セント減額され最大60サイト同時にもらい始めたら30%もの減額支給になりますしかも繰り上げ受給を申請したら途中で変更はできませんどんなに長生きしても30%減飲んでん金しか受給できないことになってしまいますつまり60歳で子宮を開始した場合と70歳で子宮を開始した場合とでは本来もらえる額に対して70%以上も違ってくるんですこれは倍以上の違いですよねしかもこれが一生続くんですそして七十歳まで繰り下げ受給をした場合の損益分岐に年齢はおおよそ82歳でございます一方で六十歳から繰り上げ受給をした場合の損益分岐年齢はおおよそ77歳となっております要するに七十歳まで繰り下げ受給をした場合82歳以上に長生きすれば得をするということになりますしこれよりも短命の場合は損をするという計算になりますではではどれくらい私たちは生きるのでしょうか六十歳まで生きた人の平均寿命は2016年の簡易生命表によれば男性が23.67年つまり83.67歳まで生きるということ女性は28.91年生まれ88.91歳まで生きるということでございますもちろん人間の寿命は人それぞれですからどちらが得かと一概に結論付けることはできませんが今後20年の間に医学の進歩などにより人生100年時代が到来するとされていますそう考えるのならば現役時代より長く伸ばして70歳まで働き繰り下げ受給を目指すというのが手堅いプランと言えるかもしれませんそれでは次方法の二つ目自分年金をつくるということについて解説していきたいと思いますさて公的年金を増やした後は自分で年金を作って年金を増やしていこうではありませんか昨今では自力で年金の額を増やす方法が様々あります特に確定拠出年金は老後の生活の強力なアイテムでありこれを使えば年金の受給額を一挙に増やすこと持ってきます確定拠出年金とは個人的に年金に入れるよという制度でございます掛け金も自分で自由に決めることができます現在サラリーマンの大半が確定拠出年金に加入できるようになっていますもちろん専業主婦も利用可能でございます個人型確定拠出年金は ideco という愛称でテレビ等でよく宣伝されておりますからご存知の方も多いでしょう確定拠出年金というのは個人もしくは会社で年金の積立を行ってその年金資金の運用も自分で行うというものになるんです運用の成果はその人の老後の年金受取額となります従来の公的年金と違う主な部文は掛け金が個人ごとに明確に区分されているということそしてその人が欠けたお金とその運用収益のみか将来年金として給付されるということでございますまた公的年金というのは度々化基金受給額が変わりますよね我々が年金をもらう時期になった時一体どのぐらいの年金がもらえるのかなかなかはっきりしないわけでございますそれらの弊害を修正したり保管するために作られたのが確定拠出年金と言えます確定拠出年金の場合自分で年金資産を管理するわけですから他社の都合で年金額が増減したり受給条件が変わったりすることはありませんその代わり自分の運用次第で受給額が増減したりするわけでございますつまりは自己責任型公的年金といえるものでございますしかしねこう言ってしまうとなかなか難しそうに思えますが自己責任がたと言っても運用で OK 伊那リスクを背負わなければならないということではないんです運用は自分でやると言っても基本は金融機関が用意してくれた金融商品の中から自分で適切なものを選択すれば良いだけですもちろんそれでも失敗すれば損をすることにはなりますただ金融機関が提示する金融商品の中にはほとんど元本保証された定期預金的なものが含まれておりますですから資産運用が苦手であるとかもしくはめんどくさいよと言った人はそういう安全な金融商品を購入しておけば良いということになりますそして確定拠出年金の最大のメリットは節税になることだと言えます確定拠出年金は掛け金が全額所得控除になるんです掛け金が所得控除になるというのは確定拠出年金にかけたお金が金のかかる所得から差し引かれるということでございますよもちろんでそのぶん税金が安くなるというわけであります簡単に言うと 年金のメリットは節税をしながら老後資金の蓄積ができるということでございます普通に考えてかなり有利な制度ですから利用しない手はないと思います本処理は具体的にサラリーマンが確定拠出年金をやりたいと思った時の手順も詳細に書かれておりますここで紹介するとさすがに長くなってしまうので確定拠出年金をやりたいという人は本書を手に取って読んでみるか自分で確定拠出年金について調べてみて欲しいと思いますそして本書を読んでくださっている皆さんの中にはサラリーマンだけではなくて自営業の方もおられると思うんですそこで自営業の方の公的年金の増やし方も紹介しておきたいと思います自営業の方の公的年金は加入の義務があるのは国民年金だけですよねよく言われているように国民年金というのは満額かけても受給できる額は年間80万円にも届きませんのでこれだけで生活するのは到底不可能でございます自力で公的年金の受給額を増やさなければいけません自営業者の場合公的年金を増やすために大まかに言って三つの方法があります1確定拠出年金2国民年金基金3小規模企業共済でございますこの三つはそれぞれに特徴がありますのでどれがいいということは一概には言えませんそのためこの三つの特徴をうまく活かして上手に組み合わせるということが自営業者には必要になってくるわけなんです本書にはさらに細かくこの三つについて書かれていますがこの動画の目的は1日に一つ一つの制度を細かく説明することではなくこんな方法があるんだよーとまず皆さんに気づいてもらうことでございます老後のファクトをお伝えしそれに対してこんな解決策があるんだよという事を皆さんにお伝えすることを第一の目的としておりますのでさらに詳しく制度について知りたい場合本書を読んでいただくか自分で調べてみて欲しいと思いますここでね制度について詳しく説明すると3時間ぐらいの動画になってしまいますのでそうすると私が死んでしまいますのでまあとにかくねどんなにいい制度があったとしてもそれを知らなければ使いようがないということでございます今回の動画でまずは素晴らしい精度があるんだということを知ってもらえれば嬉しく思いますさてさらにね自分で年金を増やす方法はありますそれは個人年金でございます個人年金というのは毎月一定額を積み立てておけば老後になった時に一定額をもらえるというものになりますこの個人年金にはサラリーマンの方も自営業者の方も入ることができますそしてこれには終身年金タイプなどもあります死ぬまで一定の年金がもらえるという商品でございますこれに入っておけば一定年齢以降に年金としてお金がもらえるんですこの終身タイプの年金は平均寿命より少し長生きすれば元が取れるような設定になっていますですから長く生きれば生きるだけ得をするという保険になりますまた5年保証10年保証などがつけられた商品もありこの場合早く死亡した場合でも保証期間文の年金は遺族がもらえるということになっております個人年金は民間の保険会社に毎月一定額の掛け金を払い保険会社はそれに一定の利息をつけて積み立ててくれるというだけのものであり簡単に言うと金融商品の一種ということになりますもちろん現在は超低利率のためそんなに甘みはないんですが自分年金を増やすという観点から見れば入っておくというのも手と言えるでしょうしかもこの個人年金には節税になるという大きなメリットがあります個人年金に加入することにより所得控除を受けられるようになるんです平均的なサラリーマンの場合この所得控除により大体1万円から2万円塩の節税になります年間8万円の個人年金に加入して1万円から2万円の節税になるというのは結構大きいですよね普通に貯蓄するよりよほど有利な金融商品だと言えます公的年金を全て書き尽くしているというような人は普通に貯蓄する前にこの個人年金に加入した方が良いでしょうそれでは3限の内容をまとめておきましょうか年金を増やす方法として二つほど紹介させてもらいました一つ目は年金を繰り下げるという方法二つ目は自分年金をつくるという方法自分年金をつくるためには確定拠出年金個人年金などがあるということを解説させてもらいましたそれでは本日のハイライトリーム参りましょう1件で公的年金だけではまともな老後は送れないという厳しいファクト2件で生活のダウンサイジングを実行するということ3件で年金を増やす方法について解説してきましたさて皆 本日は徹底的に老後について解説してきました少し不安を煽ってしまったかもしれませんがその不安をバネにして今から生活コストを下げるなどの工夫をしておけばより安心できる老後生活が送れるのではないでしょうかそして一つ最後に言っておきたいことがありますそれは確定拠出年金などの制度はある程度複雑ですから面倒くさいから俺はいいやとならないでほしいということでございます有利な制度を利用するかどうかで将来の老後の資金が大きく変わってしまいますからぜひともね最初は面倒くさくても有利な制度はフル活用してほしいと思いますそして今回の動画では紹介しきれなかったん内容や細かい制度については詳しく解説できなかった部分もありますのでこの動画を見てこの方いいなと思っていただけましたらぜひ一度手にとって読んでみることをお勧めいたします今回の動画によって皆様が安心の老後を過ごせるようになる確率が少しでもアップすれば私はとても嬉しく思います本日は以上になりますこの動画がためになったという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップのために頑張りますので高評価ボタンとチャンネル登録をポチッとよろしくお願いいたしますまた新しく論文から私たちの生活を豊かにしてくれる情報を引き出しわかりやすく解説するという論文解説チャンネルに行っておりますので興味のある方は概要欄のリンクから訪れてみて欲しいですさらに残酷すぎる世界の真実を解説するという面白いチャンネルも作っておりますので興味のある方は概要欄のリンクからチェックしてみてくださいではまた次の動画で皆さんに会えることを楽しみにしておりますまた次の動画で会いましょう本日はご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事