【おすすめ書籍】『タイムマネジメント大全~24時間すべてを自分のために使う(池田 貴将[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『タイムマネジメント大全~24時間すべてを自分のために使う(池田 貴将[著])』の紹介今日は音の大学院です今回は24時間すべてを自分のために使うタイムマネジメント大全を紹介します昨今の情勢から私たちは時間をどう使うかということを考えなくてはならなくなりましたマネージメントの父ピータードラッカーも何時の時間を知れと言っておりますつまり自分の時間を知ることは自分自身を知ることであり時間を考えることというのは自分の人生を考えるということになりますこの本では現代を生きる我々に必要なタイムマネジメントの考え方やテクニックが紹介されておりますこの本を読めばプライベートの時間を1日5時間作れたり朝の時間の有効利用することができたり仕事の生産性を向上するなどといった毎日が楽しくなるような人生を歩めると思いますこの動画では前半2時間の使い方を簡単に紹介し後半に人間の体のメカニズムから見た時間をうまく使うためのテクニックを紹介し明日まず時間の使い方については二つのステップに分けて説明しますその二つとは時間を可視化するもう一つは時間をデザインする最初のステップとして時間の使い方を知る前まずは今の自分がどう時間を使っているのかを知ることが必要となりますまずは自分の24時間をどう使っているかを記録しましょうスマートフォンに Web カレンダーや時間管理アプリがありますのでインストールして最低でも一週間程度記録してみることをお勧めします時間を記録し可視化することでおそらく多くの人はプライベートの時間を取れていないことを感じると思いますただ逆に言えば時間をうまく使う伸び代がたくさんあるということですので安心してください続いて記録した時間で仕事以外の時間を以下のように3種類に分類して行きます一つ目は睡眠や食事などの必要時間二つ目は趣味や勉強やジムに行くなど能動的に過ごす時間三つ目は YouTube や SNS などを自動的に過ごす時間ですそれぞれ必要時間は9から11時間能動的な時間は3から5時間であればなかなかいい感じですか逆に受動的な時間があり2時間以上ある場合は改善が必要となりますこの自動的な時間をどう減らすかというのがキーとなります受動的な時間を減らすためにはトリガーという概念を理解する必要がありますある行動を引き起こすきっかけをトリガーと言いますトリガーにはインナー取れるとアウタートリガーの2種類がありりんなトリガーは自分の体がトリガーとなっているケースで例えばお腹がグーとなるというのがトリガーになってお菓子を食べるという悪習慣が発動したりすることです一方アウタートリガーは自分の外側にあるものがトリガーとなっているケースで例えば LINE の通知が鳴るというトリガーによってスマホを触るという悪習慣が発動しますそして習慣となっている行動はこのインナートリガーあとアウタートリガーが連鎖して起こります例えば疲れたというインナートリガーがビールを連想させて冷蔵庫を開けるという行動が取られますそこにビールを見るというアウタートリガーが疲れがスッキリすることを連想させますこうしてビールを飲んでしまうとアルコールで脳が緩み次々と受動的な行動を受け入れてしまうのです大切なのはインナートリガーとアウタートリガーの連鎖を切ることでさっきの例ならばビールの代わりに炭酸水を冷蔵庫に入れておけば一連の流れを止めることはできますこういった自分の習慣となっている部分を可視化してその習慣を引き起こすきっかけであるトリガーがいかに起きないようにするかが重要であるということですテレビは YouTube や SNS に使っている時間がどんなトリガーによって引き起こされているのかを考えてみると良いと思います二つ目のステップとして時間をデザインしていくことつまり充実した人生を作る方法を説明していきますここからは具体的なスケジューリングをしていきます理想的な一週間を作っていきましょう目標は平日のプライベートの時間を1日5時間は作ることを目指しましょうまずやっていただきたいのは先ほど可視化した自分の時間をもとに理想の平日を作りそれをざっくりと一程度に分けていきましょう私の場合ですと5時から9時に朝ルーティン入浴筋トレ YouTube 作業9時から12時で簡単な仕事からスタートしている集中したり頭を使う仕事をしたりしますその後13時から15時に作業的なタスクやれば終わるような作業しますその後15時から19時の間に3部の処理や長期的なビジョンの確認をします最後29時から22時の間に読書などのインプットをして瞑想や考え事アイデアを広げたりしていますいかがでしょうか先ほどの自分の時間を可視化した時のように多くの気づきがあると思います私の場合の例 文の時間は7時間取れることになりますもちろん残業する日もありますが自分の時間は平均しても5時間以上は確実に作れることになります大切なことはこの自分のプライベートの時間を持っているということを実感してだらだらと仕事を続けない習慣を作ることです最も大事なのは時間ができたらプライベートの時間を取ろうとするという考え方ではなく仕事より先にプライベート時間を確保しようとすることが大切です大まかなスケジュールを意識することができたらさらに小さなやりたいことを思い出していきましょうここでは一生かけて成し遂げたいようなことではなく買い物に行ったりジムに入会したり気になっていた本や映画を見るとかそのレベルで構いませんやりたいと思ったことをやることが重要です人生の幅は確実に広がりますアリストテレスの言葉を借りると良い人生にはその行為そのものから生まれる満足感以外に何の利益ももたらさないような行動が必要であるということですそして大まかなスケジュール小さいやりたいことを決めたら最後に週末の目標を決めていきますポイントは週末の予定は水曜までに考えるということですさらに良い週末を充実したものにするための方法としてリフレッシュ予定とインプット予定を入れることが重要となりますリフレッシュ予定では整体や美容室事務や歯医者なんかが挙げられますこれらはなかなか行くのは面倒となりがちですが得てして来てよかったなぁと思うようなものたちです事前に予約を入れて出かけなきゃいけない状況にするなど工夫をしてみることをお勧めしますまたインプット予定とは読書講演会やセミナーに参加したり英会話など何か新しい学びがあり成長を実感できる予定のことですポイントは少しエネルギーを使うということですだらだらと過ごしてしまうのも魅力的かもしれませんが人間は楽なことをしても幸福感は得られませんあえて負荷を与えることが結果として幸福や充実感を生み出してくれるということですだからこそ比較的疲れきっていない水曜までに週末の予定を決めることがこの本では推奨されているのですここまでを簡単にまとめますと自分の時間をかしかし平日の理想の過ごし方をスケジューリングしますその後週末の予定を水曜までに立てて週末は少し負荷をかけるといった流れになりますそしてここまでやったら最後は一週間の振り返りをしましょう今週できたこと今週できなかったことをずっとやりたかったけどできなかったことを来週の目標を決めることこの四つを意識して振り返りましょう実際にまず一週間過ごしてみてそれを振り返ってみることで自分の本当の理想の一日が何かということが見えてくるでしょうそしてこれを毎週繰り返せば最高の一週間を過ごすことができるようになると思います後半は具体的なテクニックを含めて1日をどんなふうに過ごすかを実践的に見ていきましょうまず朝のルーティンを決める朝は脳が一番元気な状態でありますしかし人間が1日に判断することができることは数十程度しかありません私達は朝起きてから出かけるまでいくつもの小さな決断をする必要があります朝は一番頭が冴えている状態なのにそこにエネルギーを使うのはとてももったいないことですなので朝のルーティンを作って考えるべきことを減らそうということですそこでルーティンメモを作ることが推奨されており具体的には体を動かすことをする瞑想や深呼吸一日のスケジュールの確認この辺を盛り込むことを意識しながらルーティンメモを作りましょう朝起きたら水を飲むとかベッドメイキングをするとかこのルーティンメモは細すぎるくらいで良いとのことですメモを見れば何も考えずに行動に移せるようにできたら OK です続いてお昼は一つ目に昼寝でブーストするということです昼寝をすることで脳のパフォーマンスは向上し午後の仕事をブーストさせることができます昼寝をする際のポイントは12時から15時のどこかで15分から20分以内を目安に車の運転など集中力が必要な時は逆効果そして寝付けなくても10分程度目を閉じて静かにしているだけでも効果があるそうです二つ目はカフェインをうまく利用することですカフェインは集中力がアップする効果があり疲れを感じにくくなります言い換えれば脳を騙して一時的に疲労感を抑制しているということです飲み方次第ではマイナスにもなるので注意しましょうポイントは二つあり目覚めてからはすぐに飲まないということと14時から15時以降はカフェインを取らないということです目覚めてからすぐというのはそもそも覚醒しているのでカフェイン 14時にとったカフェインは19時から20時でようやく血中濃度が半分になりますつまり16時以降に飲めば睡眠にも影響を及ぼす可能性が高いのです最後に補足しますがカフェインといえばコーヒーをイメージされるかもしれませんが緑茶などゆるくカフェインをとることも可能です自分に合う方法を見つけましょう最後は夜ですがまず7時間以上寝ることが重要ですこれは言わずもがなですが睡眠はめちゃくちゃ大事です睡眠不足は集中力注意力判断力全ての機能が大幅に低下します一般的に26歳から64歳までの大人は7時間から9時間の睡眠が推奨されておりますので自分に必要な睡眠時間をしっかりと確保しましょう気持ちよく睡眠をとるためには四つの方法がありますので紹介しますまず体を疲れさせることです体が疲れることで睡眠が深くなるという間永久結果もあります逆に体が疲れていないと睡眠が浅くなり脳の疲労が取れないということになりますこういうところでも運動は大事であるということが絡んできます二つ目は体温管理ですまず簡単にできる事としては就寝の90分前に40°のお風呂に入浴するとユーミンが改善されるようですまた難しいかもしれませんが部屋の最適な温度は16°から19°であるそうです意識してみるといいかもしれません三つ目はブルーライトは浴びないということですスマホや PC のブルーライトは睡眠物質のメラトニンの分泌が抑制されてしまいます寝る2時間前はスクリーンを見るのをやめましょう四つ目は就寝の4時間前には物を食べないということです食事をすると睡眠中に必要な成長ホルモンの分泌機能が妨げられるそうですしっかりと消化が終わった状態で体が睡眠に集中できるよにしてあげましょう以上まとめますと朝はルーティンかで判断の回数を減らす昼は昼寝でブーストそしてコーヒーは飲み方は注意夜は7時間睡眠し運動で疲れさせたりお風呂に入ったりしましょう逆に寝る直前にはスマホや PC を見たり食事をするのはやめましょう以上簡単に紹介していきましたがいかがだったでしょうか当たり前ですが時間は平等に与えられそして牛源でもありますしかし私達が主体的に行動を変えていければ自分自身の可能性というのは無限大となります皆さんはこの動画を見るだけでなく実際に体を動かそうとしたり毎日の行動を少しずつでも変えていこうとするそんなきっかけとなってくれたら嬉しいです他にも多くのテクニック書かれている本なので気になる方は是非買ってみることをお勧めしますこの動画がよかった方はチャンネル登録高評価ボタンをお願いしますそれではまた次の動画でお会いしましょうありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事