【おすすめ書籍】『片づけられない自分がいますぐ変わる本(大嶋信頼[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

【期間限定】ほったらかしで10万円が1億5787万円に!天才トレーダーT氏が開発したFX自動売買システム無料公開中です!

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『片づけられない自分がいますぐ変わる本(大嶋信頼[著])』の紹介物を捨ててしまって記憶の条件付けを消した時過去が変わるのは今の自分が変わるからであり今の自分が変わると過去の自分に対する声かけも変わり自分自身が美しく輝いていくんです皆さんどうもこんにちはあるようです今回は心理カウンセラー大嶋信頼先生の片付けられない自分が今すぐ変わる本を解説していきたいと思います始めに言っちゃいますがこの本は本屋さんにたくさん並べる片付けの方法整理整頓のコツテクニックなどをご紹介している本当は異なったアプローチであなた自身が片付けができるように変えてくれると言った一冊です心理カウンセラーの大島先生だからこその片付けられるテクニックがたくさん詰まっていますですのでこの方ご覧になって全く何言っちゃってんのと思われる方もいるかもしれませんしかし逆に何をやってもダメだったのに不思議と片付けられるようになったという人もいると思うんですまずは本日このチャンネルの解説を見て頂きこれはと興味をもたれた方はぜひ本書を手にとってお読みいただきたいと思います本日ご紹介する内容は以下の三つです第一章あなたはなぜ片付けられないのか第2章片付けられる自分に変わる方法第3章大島式らくらく片付け女ととこの三つをご紹介いたしますどれもとても面白い内容になっています是非最後まで見て行ってくださいそれでは早速参りましょう第1章あなたはなぜ片付けられないのかきっとこの動画をご覧になっているということはあなたは片付けが苦手なのでしょう私も ADHD ということもありめちゃくちゃ片付けが苦手ですのでその気持ちはよくわかりますまず片付けができないその理由を考えていきましょうあなたが片付けができないのにはいくつかの理由があります単にナマケモノとか頭が悪いからとかそういったものではありません理由の一つ目に部屋が片付かないのは脳のバランスに問題があるからというのがあります一般的には計算や記憶物事を理解する力というのが優れていると頭の良い人と思われるんですがこのような人は知能テストで言うところの言語性知能が発達しています一方でパズルを組み合わせる優先順位をつけて仕事をこなすということだ優れていると優秀な人と思われるんですがこのような人は動作性知能が優れているんですこの知能のバランスが悪い状態つまり言語性知能が高くても動作性知能が発達していないと優先順位をつけることができなくて片付けられなくなるんですよ早苗頃に片付けが苦手だった著者は母親からだらしがない人は世の中に出たら馬鹿にされるようと言われ成績の良い友達の家に統一も部屋が綺麗に整理整頓されているのを見てやっぱり自分は頭が悪いから片付けができないんだと思い込んでいたそうですしかし大人になって心理学を学んでいくうちに頭が悪いから片付けられないのではないということがわかったそうです動作性知能が発達していないと物事に優先順位をつけることができないので大切なものといらないものの優先順位が分からなくなってしまってあこれいつか必要かもなあなんて思って捨てられなくなり必要なものと不必要なものの仕分けができなくなるんですまた買い物に行って必要なもの以外の不必要なものをこれもいるかもなんて買い込んでしまったりするんです私も経験がめちゃめちゃあります借金であれもこれもと買い込んで部屋に物がどんどん増えていくなんて皆さんは経験がないでしょうかそしてこれは知能のバランスの問題でいくら周りが優先順位をしっかり決めないなんて言っても意味がないんです動作性知能が発達していない人の脳には周りにどう言われてもチンプンカンプンでしかないんですまた動作性知能のバランスに問題のある人に無理 すると気持ちが落ち込んでしまったり気分が不安定になってしまったりして心の不具合が起きてしまうなんてこともあるので注意が必要ですさて次に片付けられない理由としては自己免疫の暴走があります自己免疫とは例えば風邪を引いた時に風邪のウイルスは体に悪影響を及ぼすからウイルスを排除しろと自己免疫が一生懸命働いて熱をあげたり鼻水やくしゃみを出したりするということですこれは全て自分を守るために自己免疫が行ってくれているわけですでも花粉のようにウイルスとは違い本来は体には害がないのに自己免疫が勘違いして暴走して花粉を排除しろと熱が出たりくしゃみ鼻水が止まらなく苦しくなってしまうこともありますこれが自己免疫の暴走なんです同じように誇りに対しても自己免疫が暴走しますと片付けよう物を動かす埃を吸い込む体の調子が悪くなりだるくなる何もする気になれないどうなってしまうんです免疫は暴走すると正常な体の細胞も攻撃するため頭の中でもこんなちょっとの片付けができないダメな自分という思いがさらに正常細胞にどんどんダメージを与えて疲れさせてしまうんですそして疲れたと言っては何もしない自分にイライラしそのイライラがまたさらに自己免疫を刺激し悪循環に陥りますこのように様々な理由があってあなたは片付けできないということです頭が悪いからとかそういった単純な理由で納得し片付けられない自分を正当化してはいけないんですまずは自分が片付けられない本当の理由を知るそれが片付けられる自分に生まれ変わる第一歩ですさてここでダイソーまとめましょうあなたが片付けられないのは1知能のバランスが悪いせいである動作性知能のバランスに問題があると物事の優先順位がつけられないので結果片付けられなくなるに自己免疫の暴走により片付けられないサイクルの悪循環に陥るさらに様々な片付けられない理由としては本書には他にもいくつか理由が書いてありますので気になるよという人はぜひ本書を手に取り読み深めてください第2章片付けられる自分に変わる方法さて第2章では片付けられる自分に変わる方法について解説していきたいと思います片付けられる方法のポイントはいくつかあるんですが本日はその中からおすすめのものを二つ解説していきたいと思いますまず一つ目が完璧主義を受け入れるというものです完璧主義で真面目すぎというのは強迫性パーソナリティ障害であるということが原因なんですが著者も自分を強迫性パーソナリティ障害であることを認識しています強迫性パーソナリティ障害の特徴に人に任せることができない頑固で妥協ができないという面がありますそのため融通が利かずさらに自分の間違いに対しては批判的になってしまうんですそんな特徴が自分に綺麗に当てはまるという人はまずは自分はそうなんだなと素直に受け入れてみましょう強迫性パーソナリティ障害は遺伝的特徴ですのでしょうがないんです著者は不思議なことに遺伝的に強迫性パーソナリティ障害だから仕方がないんだと気付いた途端自分を責めなくなり片付けができるようになったと言います遺伝的特徴と知らなかった時は自分は何でダメな人間なんだろうとボーイ時では-自分にダメ出しをしていたそうです遺伝子にはダメ出しをするとスイッチが入って遺伝子の特徴が濃く出るという性質がありますこれをオフにするには自分を尊敬してあげる必要がありますこんな遺伝子の特徴がありながらよくやってきたねと認めてあげるんですそうしていると真面目で脅迫的な遺伝子のスイッチが Off になり自由に動けテキパキとお片付けができるようになるんですまた片付け時代は適当にやりながらコツコツ積み重ねていくのがおすすめのやり方です次第にどんどん部屋がシンプルになり心地よくなりそうなってくるとさらに自分のことを尊敬できる自分を 遺伝子のスイッチがオフになって片付けられないという悪夢から解放されていきます片付けができるようになるための方法二つ目はダメ出しを止めるです先ほども少し解説しましたがさらに深掘りしていきましょうダメ出しを止めるだけで片付けが楽しくなります人間はダメ出しをすればするほどまるで敷山のように能力が引かれて最終的にはマイナス状態となりますよく褒められると伸びるタイプなんて言いますがまさにその方が無理なくできるようになるんですダメ出しをすればするほど緊張のホルモンが分泌されます緊張の連続は他の楽しみや想像力を感じられるようになるホルモンの分泌を抑えてしまうんですダメ出しをされ緊張のホルモンを分泌させればさせるほど想像力のホルモン分泌が抑えられどう片付けたらいいのかわからないっていう状況になってしまうんです自分の中でダメ出しがしたくなってもダメ出しはしないと自分でその思考を切ってみるねするとちゃんと頭が働くようになり自分が理想としている行動つまり片付けができるように変わっていくんですそれでは第2章をまとめておきましょうポイント1完璧主義で真面目な自分は強迫性パーソナリティなんだと認識することによって片付けられない悪夢から解放されるポイントに強迫性パーソナリティ障害は遺伝的なものなので自分のせいではないですから自分にダメ出しをすることを辞め自分を褒め尊敬することが大切であるポイントさんダメ出しを止めると緊張のホルモンが抑えられ自分が理想としている行動すなわち片付けができるようになる第3章アンジェラ無意識を使って楽に片付けられる大島四季桜久米とさて第3章ではいよいよ大島シティ楽々メソッドをご紹介したいと思います何をやっても変わることができなかったという人が変わるためのポイントがたくさん詰まっている症になりますので繰り返し見て是非是非頭に叩き込んでくださいこの第三章でご紹介する方法だけでも本日頭に入れてくださいますとこれまで片付けが苦手だった人も片付けがグンと楽にできるようになるかもしれませんこれから紹介する六つのポイントを一つずつでいいのでぜひ意識してみてくださいまず一つ目口癖を使って部屋をきれいにするこの方法を使うことによって片付けが苦手という暗示を断ち切ることができます少し調査のエピソードいたしましょう調査は学生の頃本当に片付けができない人でしたその理由として思い当たるのが自分で片付けられなくなる暗示をかけていたのではということです幼い頃友達にお前の母ちゃん家ん中を綺麗にしてそうとう羨ましがられるとなぜかいやいやそんなことないよ家ん中結構汚いよと言っていたんです今になって思うとこれは友達からずっとそれ攻撃されることを恐れていたから入っていたんだということがわかります友達からうらやましがられ嫉妬され仲間はずれにされるということが怖くて水片付けが苦手ということを言ってしまう片付けが苦手ということを友達に言ってしまったらそれが暗示となって片付けが苦手でできないとなってしまうそして片付けが苦手が口癖になり常に自分自身に暗示をかけてしまうつまり嫉妬を恐れるあまり自分で片付けられなくなる暗示までかけてしまっていたということになります全く同じではなくてもこういった暗示にかかって片付けができないという人は大勢いると思いますこういった暗示を解くための方法として逆の暗示をかけるという方法がありますもともとこの口癖が出るのは嫉妬が強いというわけですのでこの場合口癖を片付けが好きに変えてみてもその裏にある嫉妬を恐れる気持ちがある限り片付けられるようにはならないんですですので根本的な理由である嫉妬が強いボー何とかしなければなりません人からの人は弱者のくせに優れたものを持っているというものに向かっていきますと恐れて弱者を演じ続けると脳はある時点で学習性無力感の状態になってしまうんです学習 小さい頃から鎖につながれた象が大人になりその鎖を引きちぎることができるほど強い力を得ても昔鎖がびくともしなかったという事実から行動することを止めてしまいずっと鎖に繋がれたままでいると幽霊でよく知られている現象ですつまり長年自分にダメだダメだと呪いをかけてしまうと実際はできる行動すらできなくなってしまうということなんですですのでここから脱しビットが気にならなくなるためには人は私に対して無関心と頭の中で唱えるんです人間の脳は注意を向けた相手とネットワークでつながり相手に不快な感覚が伝わってしまいますですから嫉妬が強いと怯えてしまうと嫉妬してくる人に注目してしまい嫉妬してくる人と繋がってしまうので人は私に対して無関心ととら自分に対して無関心な人と脳のネットワークをつなげるんですそうすると人のことが怖くなくなり学習性無力感から解放され片付けが楽にできるようになるんです人は私に対して無関心まずはこれを口癖にしてください喧嘩はきっと現れます二つ目の方法それは片付けなければの思い込みをやめてみるということです片付けようと色々考えても片付けられないという時は片付けなければもうやめると唱えてみましょう片付けなければをやめるというのは片付けることを考えることも実際に片付けようと努力することもしないということなんですここで1件で出てきた言語性知能が高い人は考えなければ片付かないでしょうと思ってしまいがちなんですがそれを考え始めてしまうから動作性知能がついてこレズ片付けられなくなってしまうわけですですから家に帰ってきた時などに片付けなければをやめると頭の中で唱えてみるんですすると一時的にでも片付けのことを考えるのが止まりますので体が自動運転のように動き出し知らず知らずにゴミを拾ったりしていることがありますこれは実は逆説というテクニックを使っているんですこの逆説というテクニックについてエピソードを用いて説明しましょう大きな星をトラックに入れようと大人が悪戦苦闘しています数人がかりで頑張って潮を仕込もうとしても嬉しいは嫌がってどうしてもトラックに入ってくれませんそんな時に小さな子供がやってきて僕なら簡単に入れることができるよと言います疑いながらも任せてみると子供はまず牛のしっぽを思いっきりトラックと反対方向に引っ張りましたとしていいよと手を離すと牛が自然にトラックの方へ走り入って行きましたこれが逆説のテクニックなんです話を片付けに戻します片付けなきゃと思っている状態が大人が頑張って潮押し込めようとしている状態ですそれを逆に片付けなければをやめると繰り返し唱えているとどんどん逆説が働いてまるで片付けが好きになったかのように自然と部屋が片付いていく片付けられるようになっていくという面白いことが起きるんですこれが逆接のアンデス続いて三つめ無意識に任せて自動片付けこの方法は簡単で寝起きに無意識の今日の一日のスケジュールを想うだけなんです無意識とは普段は全然意識していない力のことで例えば呼吸も意識してやっていませんし心臓の動きもママアキもその時の体の調子に合わせて無意識に調節してくれていますその無意識の力を使うんですねうちに無意識の今日の1日のスケジュールと思うだけはっきりしたことでなくてもイメージで思うだけでも問題ありません後は無意識が自動運転で片付けをしてくれますここで気を付けるのは無意識のスケジュールを見たり書いたりして意識することはしないようにするということなんです実はこれも暗示なんですが片付けが苦手な人は片付けを意識したらできなくなるという自己暗示にかかっている場合が多いんですですので代わりに無意識が自動的に行ってくれるという暗示を寝起きに入れるんですこの暗示でキンチョウホルモンの分泌が軽減される悪に動けるようになるというわけなんですよっつめ自分のため 体のために片付けるこれは体がどうしても動かない時は高尚な目標ではなく現世はな目標を掲げるという方法ですどういったことか説明しましょう著者は自分のことを片付けができないダメ人間と思っていたということはお伝えしましたよねこれは言い換えると片付けることができるのは素晴らしい人間だということになり片付けができるようになるというのは素晴らしい人間になりたいという高尚な目標に置き換わっていたんですそんな高尚な目標を持ってしまうときっと周りから足を引っ張られ嫉妬されお前だけそんな高尚な目標を達成させないぞとなってしまうのではなんて恐れてしまっていたんですそして恐れるあまり片付けをすることができなくなるという悪循環に陥っていたんですねですから片付けができ素晴らしい人間になるという高尚な目標ではなく女の子を部屋に呼びたいという下世話な目標に変更するねこういった下世話な目標にした途端に誰も足を引っ張ってこれないなとなり思い通りに自由に動けるようになるすなわちどんどん部屋をきれいに片付けることができるようになるんですこの場合は部屋を綺麗にして両親を呼びたいなんていうのより女の子を呼びたいというような下世話なより下世話な目標にしたほうがいいでしょうつ目の方法は敏感レーダーをオフにするということですこれもやり方は非常に簡単深い探知レーダーのスイッチをオフと頭の中で唱えるだけなんですどうしてもいろんなことに敏感になりすぎてしまうとちょっとした人の不快な行動を察知してしまい心の中に嫌な気分がいつまでたっても抜けない状態になってしまいますそうしているとますます不快な行動をするレーダーの感度は上がり周りの人を不快にする人しか目に入ってこないという状態になり結果もうやだという気分になってしまいますそんな気持ちで家に帰ってくると今度はがここも汚いあそこも汚いと自分にダメ出しが止まらなくなるんですそうなりがちな人は深い探知レーダーのスイッチを押すと頭の中で唱えてみましょうすると以前だったら電車に乗っても嫌な人しか目に付かなかったのにお席を譲っている優しい人はいたなんていいことばかりが目に入ってきますすると家に帰ってからも嫌なことが思い出せない気分がいいから片付けができて部屋がどんどん綺麗になっていくんですが雷レーダーを手放そうと令まで常に危篤状態で舌動的な感覚だったのがすっかりそこから解放され様々なものを捨てることができ自由で楽に生きることができるようになっていくんです最後おむつね自分を縛り付ける安城とき催眠状態で片付けをする最後に催眠状態で片付ける自分という暗示で片付けられるようになるという何とも不思議な方法をお話しいたしましょう催眠てなんか危ないんじゃないの夫を心配して見えるかもしれませんが普段の自分が自分に対してかけているできないという暗示の方が強烈な催眠であってこの暗示はそれを解く役目をしているだけなんですやり方は簡単ですタイミングは片付けようと思ってもそれができないという自分を想像し片付けられない自分という催眠状態を作り出している時ですつまり目の前に見えないものを見たその時があるいの一番効くチャンスになりますいつもだったら思っているけどできないダメな私という安城入れてしまうところで催眠状態で片付けをする自分と頭の中で唱えて漢字を入れこんでしまうんですすると不思議なことにその暗示が見事に効果を発揮して俺片付けができているかもという感じになるんです著者も確かに催眠療法を実際にやったことのない人にこの方法はちょっと難しいかなと最初は思っていたそうですしかしこれでうまくいった人が実際にいるんですここで一つ成功例をお話ししましょう著者のもとにある女性が相談に来たというお話ですその女性が部屋の掃除が苦手なんですと悩んでいたのでこの話をしたそうなんですかそんな自分で再試にかけるような感じなんか買えるわけないでしょ頭を笑われてしまった後です 次に来た時にあの方法使えるかもと言ってくれたそうです女性はそれまで部屋の掃除をする時にもしゴキブリがいたらと想像すると怖くて冷蔵庫の下などは拭き掃除何で出来ないと思っていましたしかしそんな想像をした時に催眠状態で片付けで自分整えてみるとあれっという感じでいらない雑巾を絞って何も考えずゴム手袋をはめて冷蔵庫の下を向いていたと言うんですすると一気に大量のホコリが取れゴキブリなんだ気にならず気持ちがいいとなってさらに拭き掃除がしたくなり掃除が止まらなくなったと話してくれたそうですこの味は自分で催眠状態を作り出し暗示をかけて自由に動けなくなっているその状態から脱するための方法ですのでぜひ一度試してみてください以上オムツのテクニックでしたさてここでダイソー山椒のまとめとして六つのテクニックを振り返っておきましょう一つ目口癖を使う人は私に対して無関心これを口癖にする二つ目逆説の安城唱える片付けなければを止めると唱える三つ目寝起きに無意識の今日の一日のスケジュールを思うよっつ目理性を部屋に呼ぶために片付けるなどと目標を下世話なことに設定する一爪深い探知レーダーのスイッチを押すと頭の中で唱える六つ目催眠状態で片付ける自分という暗示で普段自分を縛っている暗示を解くいかがだったでしょうかここまで聞いてもそんなことで片付けができるようになるのなんて思っている方もいらっしゃるかもしれませんしかし何の道具も必要ないんですこの六つの暗示あとない思うことをするだけなんですがあったらそんな疑いは脇に置いておいて一度試してみてはいかがでしょうか試してうまくいったらそのまま継続すればいいですうまくいかなかったらやめればいいだけなんです最後に著者の思いをご紹介しましょう著者は幼い頃からずっと片付けられないという悩みがありましたそしてそれを克服し片付けられるようになったことで残念な未来を美しく輝く未来に帰ることができたんですそんな片付けの不思議な力を皆さんに味わっていただきたいと思いこの本を出版されたそうです片付けができるとこれまで悩んでいたことがフッと消えたりしますそれは過去が変わるからなんです逆に片付けないというのは記憶を失わないためという役割をしているわけです大変だった思いがあればあるほど物に記憶が強く条件付けられますので片付けないままでいると記憶はなかなか劣化しませんするといつか恨みを晴らしてやるなんていう感情をいつまでも持ち続けることになるんですしかし片付けをして記憶の条件付けられたものが身の回りからなくなると悩んでいたことすら美しい思い出に変わっていくんです片付けをすればするほど今まで悩んでいたことでもふっと消えていくわけなんです単純に片付けをして記憶を劣化させるというのではなく片付けには過去を変える効果があるということです全てのものを捨ててしまって記憶の条件付けを消した時タコが変わるのは今の自分が変わるからであり今の自分が変わると過去の自分への声かけも変わり自分自身が美しく輝いていくんですいつもの経験を通して自分が賢くなればなるほど過去のイブンに的確な知恵を提供することができますそのうち塩を使って過去の自分が悩みから解放されていくんですそんな素敵な片付けの方法がたくさん詰まった本性を本日はご紹介させて頂きましたまだまだかかりたい内容がたくさん本当には詰まっていますのでぜひ興味を持たれた方は本書を手にとってお読みいただきたいと思いますここまで長らくご清聴ありがとうございましたこの動画が良かったよという方は是非是非高評価ボタンだけでもポチっと押していただけますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたしますまたは私たちは本要約チャンネル論文解説チャンネルというのもやっていますので興味がある方はぜひそちらも見てみてくださいねということでまた次の動画でお会いできることを楽しみにしておりますそれではさようなら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事