【おすすめ書籍】『がんばらない戦略 99%のムダな努力を捨てて、大切な1%に集中する方法(川下和彦[著], たむらようこ[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『がんばらない戦略 99%のムダな努力を捨てて、大切な1%に集中する方法(川下和彦[著], たむらようこ[著])』の紹介はい望月りんね今回は川下和彦さんと田村陽子さんの書かれた頑張らない戦略を解説していきますいきなりだがやる気が出てスポーツジムに通うものの数日経つとやる気がなくなってやめてしまうことはないか直腸おりますねそうだろうなぜそうなるのかと言うと人は頑張り続けることができないからだそうなんですか頑張るとは言ってしまえば鉄棒にずっとぶら下がり続けているようなものだ確かに応援したくなるがずっとぶら下がり続けることは不可能だそうですねにも関わらず努力すれば何とかなると考えて限界まで頑張ってしまう人も多い確かに頑張りすぎて映るようになって会社を辞める人とかいますもんねまあ大事なのはなるべく頑張らずに行動することだ今日の授業を受ければ無駄な努力をしてて結果を出す方法を知ることができるようになるだろうまさに頑張り続けて疲れてしまっている人にこそ見てほしいなようだでは早速授業開始する心して刮目せよよろしくお願いしますまず一つ目は面白くないことをゲーム化するとの何をやっていても飽きてしまうことがあるだろう例えばレジ打ちという仕事に飽きてしまったと使用品も新しい発見もないし変化もないそんな時はそれ自体をゲーム化してしまうことだ例えば毎日1時間かかる仕事を55分で終えられるとかなほらマリオのタイムアタックってあるだろうこのスーパーマリオブラザーズを最速でクリアするってやつですよねあーそうだ彼らはもうマリオのゲーム自体には来ているわけだタイムアタックをやっている人は何前回と同じステージをプレイしているわけだからの敵の動きマップの形も把握しているだろうそんなマリオただクリアするだけだと面白くもなんともないはるいみレジ打ちと同じ作業なわけだなるほど確かにそうですねでもそこにタイムアタックという楽しむ要素を作ることで楽しみながらゲームをプレイし続けることができる訳だなるほどそんな感じで今やっていることに飽きてしまったとしてもゲーム化して楽しむ要素はいくらでもあるんだ俺と放課プロゲーマー梅原大吾さんはゲームに飽きるのはゲームに飽きたのではなく成長しない自分に飽きたからだと言っているのに何かを続けるためには自分の中から楽しみを作っていく工夫が必要なんだ他にも商品を並べるときは綺麗に並べてみるとか掃除をする時は埃ひとつ残さないようにしてみるとか勉強する時は1時間でどれだけ問題を解けるのかとかどのこんな風に楽しむ工夫をすれば頑張らずに続けることができるし仕事の質も上がるだろう次は何かを続けたければ段取りを減らすことだなどんどんですか例えばスポーツジムに行くまでに1時間かかるとしよう最初は筋トレのやる気があるから頑張ってなんとか通えるかもしれないがほとんどの人はだんだんやる気を維持できなくなってある日めんどくせえやめたとなるこれは仕方のないことだなぜなら筋トレをするために髪を整えて服装着替えて日焼け止めを塗って1時間車を運転して事務に入って挨拶なんかをしてやっと筋トレをすることができるからだこれでは筋トレをするまでの段取りが多すぎるどうすればいいんですかね段取りを減らすことだ例えば家から2分で通えるスポーツジムに変えたりもっと言うとわざわざ事務なんて行かずに家で筋トレをするとか店なるほど確かに筋トレまでの段取りが減った会社とかもそうだが勤務に1時間かけるのではなく5分くらいで行ける場所に引っ越す方がいいだろうちなみにお笑い芸人のバカリズムさんは同じマンションに二部屋借りてて一つの部屋で生活もう一つの部屋 記録をつけることでいい記録を残すために無意識にカロリーの高いものを避けるようになったりする100メートル走で良いタイムを出そうとするのと似ているのの労働として記録をつけることで自分の成長を実感することができる通帳は成長実感できればむしろジムでトレーニングしないのが苦痛に感じるようになるだろうちなみにそれを応用したのが Apple Watch だあれは毎日何歩歩いたのかがずっと記録されているんだ毎日8000歩歩いていたのに今日はまだ1000個しか歩いていないとこれまで自分がやってきたことを無駄にしたくないと思うようになって歩きたくなる心理を応用しているつまり毎日の運動量が既読されることで運動を続けたくなるように設計されているんだそうだったのかりんさんよくそんなこと知ってるなああーこんな風に何かを続けたければただ努力するのではなく記録をつけることだ96を作るとどうなるんですか携帯な取り組みに意味がないと感じてサボりたくなってしまうだろう次はやることを SNS で宣言するとのこれは現代ならではのユニークな方法だ例えば友達に1ヶ月筋トレを続けるといった場合途中で挫折したらなんか恥ずかしくなるだろう確かにできなかったら根性なしって思われそうですもんねあこれは一貫性の法則というもので人は自分が決めたことを一貫して最後までやり抜こうとする心理が働くんだそしてどうせ宣言をするのなら出来るだけ大勢の人に宣言した方がいいそこで SNS で今日の目標を宣言することだ実際にそうすることで達成する確率が高まることが証明されているちなみにどんな感じですか例えば今日は1記事ブログを書くぞとか本を一冊読むぞとか A 単語を20個覚えるぞみたいな感じだな Twitter でも Facebook でも何でもいい今日やることを宣言してしまうことだどうやって宣言することで自分を行動させるんだ次は朝にやるべきことを決めておくとの人間というものはすごいもので毎日決まった時間に同じ行動を繰り返していると最初は頑張ってやっていたことも無意識に行動することができるようになるんだまあ慣れだな例えば歯磨きがそうだ確かに歯磨きって子供の頃めちゃくちゃめんどくさかった記憶があります彼は誰だってめんどくさいぞだが起きたらまず歯を磨くと決めているから今では無意識に頑張らなくてもできるんだなるほどそういう感じで毎日決まった時間に同じ行動を繰り返していると頑張らなくても楽に実行することができるようになるというわけだそして何かをやるのなら朝にやると決めておくといいだろう放送夜中の3時に何かをやろうと決めていても疲れていて眠いからやれないまま寝てしまうだろうそれに毎日夜中の3時に作業することはほとんど不可能だと思考にそうかでも朝だと起きたばかりで元気だし少しいいことでもなんなく進められるから何かを習慣化するのには最適なタイミングというわけだやりたいことがあるのなら出来れば朝に実行するといいだろうやっぱり朝最強だな朝6時のアラームが鳴ったら筋トレをするとかランニングをするという感じだなそうやって続けていればいつか歯磨きのように頑張らなくても無意識に実行できるようになるだろう次は習慣になるまでご褒美を作る店さっきも言ったように意識してやっていることも続けていれば習慣化されて無意識にできるようになるんだまるで歯磨きのように何杯でも最初の意識してやる部分が難しいんですよねその通りだ自転車の漕ぎ始めと一緒ではじめの一歩が一番大変だからなそうですよどうやって最初の一歩を踏み出せばいいんですかご褒美を設定するんだご褒美例えば塾に行く途中で必ずメロンパンを買うとか店何個か置いご褒美だなあそういう風に塾に行きたくないなぁと思ってもでも塾の途中でメロンパン食べられるなというご褒美があることで最初の一歩を踏み出すことができる乗るほど早起きしてランニングする時や仕事に行く途中のセブンイレブンでアイスコーヒーを飲むというのでもいいとにかく最初の重い足をあげるご褒美を設定しておけば多少の困難があっても実行できるこれは言ってしまえば強い敵を倒すといいアイテムが手に入るようなものだともしダンジョンの奥まで進んで強い敵を倒してもアイテムが出てこなかったらわざわざ倒そうと思わなくなるだろうだからこんなんな敵を倒した時に出てくるはアイテムつまりご褒美を用意しておけと言っているんだ歯科に死ぬほど分かりやすいですよりんさんご褒美につられて一度動き出してしまえばカーリングの石みたいにするするとこう できるんだ最初のうちは体に覚えさせるためにも意識的にご褒美を与えておくといいだろうはい次はやることを絞るとなお前は選択と集中という言葉を知っているか選択と集中を初めて聞きました何ですかそれ食えるんですかこれはビジネス用語だ簡単に言うと選択と集中は複数の事業や商品を作るのではなく一番大事な事業を見極めてそこに集中して業績の向上を目指す経営戦略のことだつまり一番大事なことに集中して他は捨ててしまえって事だなそうなのかそしてこれは我々自身にも言える人に僕は勉強も筋トレも友達作りも仕事もすべてを頑張りすぎていましたそうだろうそれでは力が分散してしまうそうではなくやることを一つに絞るんだ私の敬愛するプロゲーマー梅原大吾さんは格闘ゲームで上手くなるにはどうしたらいいですかという質問に対し格闘ゲーム以外でいかに弱くなるかでしょうねと答えているつまり自分にとって一番大切なゲーム以外は捨てているということだなるほどその一つは人によって違うだろう何にせよ大切な一つのことだけはやり遂げると考えておけば行動しやすくなるぞ最後は苦手なことを捨てて得意なことをやるとの人は苦手なことをやると疲れてしまうんだ例えば歌が得意な人はカラオケで歌うとしても全然疲れないが歌が苦手な人は人前で歌おうとするとすごく疲れてしまうだろう勇気を振り絞ってやっと行動できる感じだな確かにそうですね僕は歌が下手なんですごくよく分かりませんどう前で歌うなんて地獄ですよカラオケも嫌ですもんじゃない苦手なことをするよりも得意なことをする方が頑張らずに済むわけだそもそも人は得意なことは自然と表現したくなる生き物だから歌がうまければ自然と誰かに歌を聴かせたくなるし Minecraft が上手ければ何かを作って誰かに見せたくなるそうですねだから何かをやったり続けようと思う場合は苦手なことを捨てて自分が得意なことをやることだそうすれば無駄な努力をして消耗せずに済むだろうなるほどまとめ店頑張りには限界がある面白くないことをゲーム化するやることの段取りを減らすやった記録をつけるやることを SNS で宣言する朝にやるべきことを決めておく習慣になるまではご褒美を作るやることを絞る苦手なことを辞めて得意なことをやるとの勉強になんでも努力するべきみたいな考え方が変わりましたよそれは良かったがむしゃらにやる努力では報われないことが多いそうではなく工夫することが大切なんだゲームも勉強も長時間やったからって甘くなるわけじゃないからなちゃんと頭を使うことだ努力に逃げるなはいそれでは今日の授業が終わりだなありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事