【おすすめ書籍】『ライフピボット 縦横無尽に未来を描く 人生100年時代の転身術(黒田悠介[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画 1 2

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】1.今日はほんの大学院です今回は黒田悠介さんのライフピボットを紹介しますこの本の著者黒田さんの経歴は少し特殊なものでありますまず東京大学理科一類で入学するも心理学に関心を持ち文学部に転籍卒業後に車のベンチャー企業を経て2年弱で代表を交代して2012年にスローガン株式会社にちょい2015年にはフリーランスとして独立し2017年にはフリーランスコミュニティのフリーランスな魚11月には議論でつながるコミュニティ議論メシを立ち上げましたそんな人生においてたくさんの転換を繰り返してきた筆者だからこそわかる100年時代を生き抜くための点心術がこの本では描かれておりますこの動画では前半になぜ人生に方向転換が必要なのか後半に人生の方向転換に必要となる経験の蓄積と隣接可能性について簡単に説明していきます昨今ではよくやりたいが見つからないとか将来の見通しが立たないという人が多くなっておりますしかしこの本の見解としてはやりたいことが見つからないのは当たり前でありやりたいことが明確にある人は実は少数派で多くの人はやりたいことがはっきりしていないのだと言いますだから今はやりたいことがなくても焦る必要はなくいろいろなことを体験する中でやりたいことが見つかることもあるのでそれが見つかったらキャリアを転換していけばよいということですキャリアの転換がなぜ重要となっているかは一言で言えば人生の長期化ライフスタイルの短期化世界の変化の家族の三つが起きているからですまず人生の長期化ですが100年時代という言葉があるように2021年時点で14歳の人というのは50%以上の確率で107歳まで生きるという試算もありますその結果私たちは半世紀近く働くことが求められるのですまたライフスタイルの短期化ですがかつてはキャリアプランという子鳥羽があるように入社後の経歴を積み上げて将来どんな人になりたいかという計画を立てることもできましたしかし変化が激しいこの時代ではキャリアプランのような長期的な計画を描ける状況にはありませんさらに世界の変化の加速も無視できません例として各サービスの5000万人のユーザーの獲得までかかった時間を見ていくと飛行機68年前は50年テレビ22年コンピューター14年 YouTube 4年生本郷19日このようにイノベーションが私たちの生活に組み込まれるスピードはどんどん早くなっていくことが予想されます激動の時代を生きる我々は人生を一つ二つのライフスタイルで生き抜くことは難しく何度もライフスタイルを転換することが当たり前になりますそのためどんな変化にも対応できる準備を進めていく必要があるのです後半は人生の方向転換に必要となる経験の蓄積と隣接可能税について説明していきます結論から先に言うと蓄積と偶然この二つがキャリアの転換には必要であるというのがこの本の見解となっております過去の経験が蓄積されそれが偶然繋がって未来の可能性が開かれるということですこれをスティーブジョブズはコネクティングザドッツという言葉で表現しておりますこれは将来につながりそうなことを事前に行っておこうということではありませんむしろその逆でありあとで役に立つかは分からないけど後はと振り返ってみたらその一つ一つの経験は10と10で結ばれており繋がっていたことに気づくそんなイメージとなっておりますまた偶然というのも私たちのキャリアには大きな影響を与えます具体的には個人のキャリアは8割は予想もしない偶然によって決定されます例えば会社員の場合どういった部署に配属されどういった上司と働くかというのは自分の意志とは関係なく決まることも多いですだからといってキャリアは偶然にさ許されるんだから何もせず流されるのがいいんだということではなく偶然を計画的に味方につけることが重要であります例えば同じ日に開催される二つの飲み会に誘われたとしましょう一つはいつものメンバーの集まりもう一つは普段会う機会のない人たちが集まっている飲み会ですどちらの飲み会に参加してもどんな偶然が起こるかはわかりませんがよりポジティブな偶然が起きそうなのは後者であります簡単な例ではありますがこのように仕事を通じた経験の蓄積だけでなく偶然を味方につけることが人生の方向転換には必要であるということですそして経験の蓄積と偶然をベースにして360度好きな方向に足を踏み出しキャリアを転換することを本書ではライフピボットと呼んでおりますこのピボットというのはバスケットボールの動きから来ておりますそしてライフピボットを公式化するならばチェック設置プラス偶然=転換となります 何が起こるのは一度きりではなく人生において何度も起きてんかんはあくまでゴールではなく次の展開に向けたスタートでもありますつまり転換によって新しい経験が蓄積されそれがまた転換につながるというループが起きますそして偶然というのはこのループの促進剤のような役割を果たしますでは私たちは一体どんな経験を蓄積し同キャリアを転換すれば良いのでしょうか具体的には仕事の経験を通じて三つの蓄積を貯めていくことができます一つ目は価値を提供できるスキルセットこれはプログラミングなどのテクニカルスキルやコミュニケーション能力などのヒューマンスキルロジカルシンキングなどのコンセプチュアルスキルなんかが挙げられます二つ目は広く多様なネットワークこれは文字通り新しい情報や機会をもたらしてくれるような人のことを表します三つ目は経験によるリアルな自己理解ですこれは経験から感情と思考観察し自分の好みや価値観を理解することを意味します自分がどういう時に喜びを感じたり自分の中で意味があると感じる仕事はどんなものなのかを整理することで自己理解をすることができますそしてこうした蓄積を元に隣接可能性を見つけていくことが必要となります印刷可能性とは既存の要素の組み合わせによって初めて見出される可能性のことです印刷可能性をビジュアル化するためにはハニカムマップを作ると良いですハニカムマップではまず真ん中のまさに現在のキャリアと先ほど説明した三つの蓄積の中から習得したものを記入していきますここではマーケター俺に作成してみますその周りに隣接する可能性を書き出しその状況において蓄積できそうなものを想像して記入します具体的にはコンサルフリーランスベンチャー企業として働くことができそうですしそれぞれで得られる知見も記入していきます最後に現在のキャリアと隣接する可能性の両者を考慮して更なる隣接可能性を書き出していきます以上のようにはにかむマップが作れてもそこで終わりではありませんその後は隣接可能性を本業を続けながら副業で実験することが推奨されております副業では複数の業務という意味の服を使っておりますここではいきなり本業を止めてフルコミットするのではなくリスクを抑えながら自分の可能性を試すことが必要です隣接可能性があることつまり多くの選択肢があること自体が今後は価値となり生き方が多様化している今の時代には自由度の高い人生観が相応しいのではないかというのが筆者の見解となっておりますまとめると自分に蓄積されたものを整理しハニカムマップを作り副業として試すこのサイクルを意識して実行していくうちに身にやりたいことが見えてくるのかもしれません以上簡単に紹介していきましたがいかがだったでしょうかこの動画では紹介しきれませんがライフ希望としていくための具体的な六つのアクションも紹介されておりますその六つとはマッチングサービスを利用する情報発信するイベントに登壇主催するコミュニティに参加主催する GIF ワークをする give ワークをするとなります詳細が気になる方は是非買って読んでみることをお勧めしますこの動画がよかった方はチャンネル登録高評価ボタンをお願いしますそれではまた次の動画でお会いしましょうありがとうございました2.『ライフピボット 縦横無尽に未来を描く 人生100年時代の転身術(黒田悠介[著])』-2皆さんどうもこんにちは本要約チャンネル納涼です本日ご紹介する本は黒田裕介さんのライフピボットになります本の表紙にもあります縦横無尽に未来を描く人生100年時代の真実だってやり直せる人生の方向転換を肯定する新時代のキャリア論なんだかこう開く前からワクワクしてきますよね題名にもあるピボットとは本来回転軸という意味なんですが最近シリコンバレーなどでは方向転換路線変更といった意味合いで盛んに使われている言葉です本書の中でのライフピボットとは過去の経験による蓄積を足場にして着実に新しいキャリアへと一歩踏み出すという考え方のコンセプトとして提唱されています著者である黒田さんは数年来キャリアについて対話することを趣味としてきたそうですそこで気づいたのは同じ境遇にもかかわらず全く違うキャリア観の人がいるということです一体キャリアを転換できる人とできない人にはどんな差があるのでしょうかそれがずっと気になりもしこのキャリアの転換に法則があるのならそれを整理して誰でも実践できるようになれば皆さんのお役に立ちまだこの変化の激しい人生100年時代を生きるあらゆる人が自分自身の手でキャリアをデザインする湿疹になるのではないかと思い本書を執筆されたそうです本日はたくさんある本書の内容の中から厳選してご紹介したいと思います本日紹介する内容は以下の三つです第一章現代社会にライフピボットの考え方が必要になった理由第2章具体的にライフピボット実践する流れ第3章ライフピボットを繰り返した先にある未来の働き方についてどれもこの時代を生き抜いていくために必須の内容となっています是非最後まで見て行ってくださいそれでは早速参りましょう第1章現代社会に来福夫の考え方が必要になった理由第1章では現代社会においてなぜライフピボットの考え方が必要なのかについて説明していきたいと思います私たちは昭和平成令和と期間を経てバブル期以前と以後ではその人生のあり方が変わったということに気が付かなくてはなりませんバブル以降の経済成長の停滞と人口減少によってそれまでの経済成長だけに重きを置いていた社会では機能しなくなってしまったんです星2だけの豊かさだけではなく精神的な豊かさも重視する価値観へとシフトしたんですね精神的な豊かさは人によって異なりますから私達の人生は多様な選択肢から自分にあったものを選べるようになってきたんですかっての教育仕事を老後という人生の3台構成も変化し一人ひとり異なる形で社会に関わっていくようになってきたんですそして転職や独立起業などの形でライフスタイルが転換するようになってきたんですこれは他人事ではありません誰もが転換し転換し続けなければならないんですではなぜ変換し続けなければならないのでしょうかその理由は三つあります一つ目に人生の長期化があります人生100年時代という言葉がありますがこれはもう医療栄養環境などの進歩により確実に寿命が延びていくということを表していますしてこれは日本において少子高齢化を加速させてしまう可能性があるんです少子高齢化が問題なのは支える世代が少なく支えられる世代が多いことにありますこのアンバランスを解消するために定年が延長されます今後は定年ということすらなくなっていくでしょうこの長い人生を生きていくためにはお金が必要です老後のためにお金を貯めておくという考え方もありますがそれよりも若いうちから柔軟にキャリアを転換し続け老後も柔軟に新しい可能性を切り開けるようになっておく方がいいんですそれが人生の充実にもつながり健康寿命も延び老後のお金の心配も減ることになるでしょう二つ目にはライフスタイルの短期化が挙げられますかってはキャリアプランという言葉がありましたよね 入社したら一つの会社にずっと勤め続けることを前提としています変化の少ない時代では長期的な計画をし行動を取り続けることもできたでしょうしかし今現在世の中は長期的な計画を描ける状況にはありませんよね個人のキャリアも企業の将来像も見通すのが難しくなってきているんです企業は短命化し仕事はプロジェクトペースになり状況は常に変化しているんです企業そのものが倒産してしまったり買収されてしまったりたとえ会社が潰れなくてもリストラや労働環境の変化は避けることができない世の中になってきているんです人生には予想もしないことが起きるものです2020年の東京オリンピックが開催延期になったりトイレットペーパーが店頭から無くなったりマスクの値段が乱高下するなんて予想を誰がていたでしょうかコビットナインティーンの影響でキャリアプランの変更を余儀なくされた方も多いでしょう現在の変動不確実複雑曖昧ないわゆる vuca 時代では企業の短命かは個人にも大きな変化をもたらしライフスタイルは短期化することになるんです企業だけでなくあなた自身もどんどん変わっていくことになるんですそしてこの時代においては自分自身の変化やライフスタイルの展開も予想が難しいんですみっつめには世界の変化と加速が挙げられます様々なテクノロジーが5000万人のユーザーを獲得するまでにかかった時間という記事で紹介されていたデータを見てみましょう私たちの生活を支えたイノベーションがどれだけの速さで浸透していったのかが分かります例えば飛行機は68年自動車は62年62年やろ18年かけて5000万人のユーザを獲得したということです電話は50年電気は46年クレジットカードは28年テレビは22年 ATM は18年コンピューターは14年携帯電話は12年インターネットは7年 iPod は四年 YouTube もう4年生スブック3年 Twitter 2年としてポケモン GO は19日携帯電話やインターネットがあったからポケモン GO は急速に広がったように以前のイノベーションが厚木のイノベーションを支えるということもありそうしたイノベーションの連鎖がさらに変化を加速させている一因にもなっているんですまたグローバル化することで世界のあらゆる部分が連動して起こるようにもなり世界のどこかで起きた変化が全く違う場所に影響を与えるということも珍しいことではなくなりましたビットナインティーンが世界中に広がったこともグローバル化による繋がりが強くなったことを意味しています今後このスピードが衰えることはどうやらなさそうですよねまたこうした変化による地球環境への負担も問題となっているのでその反省点から様々な業界がスローダウンかを模索しているんですがどちらにせよ大きな変化になるわけですそれではここで第1章をまとめましょう現代社会にライフピボットの考え方が必要になった理由としてポイント1人制の長期化ポイントにライフスタイルの短期化ポイント3世界変化の加速が挙げられますこのような時代に人生を一つ二つのライフスタイルで生き抜くことは難しいと言えます何度も何度もライフスタイルを転換することが当たり前のことになっていくんですだとしたらどんな変化にも対応できる準備を進めておく方がいいですそれでは第2章から具体的に私たちはどうすればいいのかについて見ていきましょう第2章具体的にライフピボットを実践する流れ第2章では具体的にライフ久保と実践する流れについてお話ししたいと思いますほんその中ではライフ PIVOT に必要な事柄がたくさん書かれているんですが本日はその中から特にお伝えしたいむっつのアクションについて解説していきたいと思いますこのアクションはライフ PIVOT に必要な価値を提供できるスキルセットを広く多様な人的ネットワーク経験によるリアルな自己理解という三つの蓄積を貯める方法になりますスキルセット人的ネットワーク自己理解この三つを常に意識するということを忘れないようにしてくださいここのつのアクションを地道に実行すればライフ久保と自在に繰り返し自分で キャリアの舵取りができるようになるはずですアクションの種類を大別すると新しい人に出会う新しい歯に出向く新しい機械を産むということになります具体的に紹介していきましょう一つ目のアクションマッチングサービスを利用するマッチングサービスと聞くと出会い系の恋愛のイメージが強いかもしれませんがこれはいわゆる出会い系とは異なりビジネスやキャリアにつながる出会いを求めてビジネス系マッチングサービスを利用するということです特にコビットナインティーンの蔓延以降リアルで人と面会する機会が減ってしまったこともあり水が高まっているんですね一般的にマッチングサービスは2社間でお互いが会いたいと意思表明した場合に限りメッセージのやり取りができるようになっていますそしてその後実際に会ったりビデオチャットで通話したりするんです男女の出会い系サービス童謡プロフィールに魅力を感じるポイントがあれば会いたいと思ってもらえることでしょうですのでここで重要なのはプロフィール文に何を書くかということになります著者は健太というビジネス系マッチングサービスで約500人と会ってきたそうですそしてマッチング確率が高いプロフィール文製作の原則が1長すぎないことに冒頭の文章だけで一度完結させることを山過去よりも現在4仕事以外の事も書くなんですねマッチングで新しい人に会う理由は人的ネットワークを増やすため普段接点のない人だからこそ客観的なコメントをくれることも多く自己理解を深めることができるんですさらには自分のメリットだけではなく相手のメリットも考えるとその後の神様にもつながります次に二つ目のアクションを説明しましょうそれは発信し続けるということです最近では個人も様々な形で発信できるようになりました YouTube や Twitter Instagram など様々な SNS サービスのおかげで個人が発信しやすい時代になったんですしかしなにもインフルエンサーになれと言っているわけではありませんなぜ発信が必要なのかと言うと信用もしくは信頼してくれる人を増やすために発信するんです覚えておいてほしいことは神様は価値提供によって泊まっていき信頼は教科によって築かれますこの神様が価値提供と結びついている信頼が共感と結びついているということを覚えておきましょうだからこそ発信は価値のある情報つまり役に立つことを発信することで信用してもらうためそして自分の想いや価値観やりたいことなどを一貫して発信し共感され信頼を得るために何度も何度も繰り返していくんですここは非常に重要ですのでさらに深掘りしていきましょう発信で役に立つとはどういうことなのでしょうか例えばインターネット上にない情報を発信する新しい切り口での情報の整理と発信などはとても有効ですまた海外では話題でも日本ではあまり知られていないものやことを日本語で発信するこれも非常に役に立ちますそしてそういった情報にあなたの想いや価値観をもって何度も何度も発信する発信を繰り返すということが大切ですこれは同じ言葉を短調に繰り返すということではなくその根本に入っ関する思いや価値観が感じられる発信をするということです一貫性があることで共感されやすくまた覚えてもらいやすくもなります発進のコツは二つのたいオーブの発信をバランスよく混ぜること役に立つ情報ばかりではネタが尽きてしまいますし逆に繰り返すばかりでは胃腸が強くなりすぎてしまいますそしてできれば顔を出し膣名で発信する方がいいです匿名では発信による信用信頼があなた自身にひも付きませんので人的ネットワークとしての機能も下がりますしまた実名の方が発信により厚みが出て一層強化してもらいやすくなるんですそしてこの発信を継続するということも非常に重要です継続することで人の目にも多く吐き人的ネットワークがどんどんどんどん広がっていきますすぐに実践できますのでぜひ試してみてくださいさてそれでは三つめのアクションをご紹介しますみっつめはイベントに登壇するイベントを主催するですこれちょっとハードル高いように思いますがぜひ最後まで見て 実はイベントというのは参加するだけでは多くのものを得ることはできないんですそのため漠然とイベントに参加するという考え方を切り替えてくださいイベントは長袖として参加するものではなく相談するむしろを主催するものだと考えるんです相談することのメリットは参加者に自分の考えや経験をじっくりと話せるということですこれは色々な場面で使えるプレゼンテーションのスキルセットを貯める経験にもなりますし相談という特別な場で伝える内容を準備する際に自分自身について考え言語化や表現をすることになるので自己理解にも効果があるんですさらに登壇で知ってくれた参加者と名刺交換をしたり SNS のアカウントで繋がったりすることで人的ネットワークのもとになるつながりが生まれるんですまたイベントに登壇することは別のイベントに登壇するきっかけにもなるんです少しハードルが高いかもしれませんがメリットが盛りだくさんですので是非是非行動してみてください次に主催することのメリットについてお話ししていきたいと思いますイベントを主催することのメリットは登壇することのメリットに加え自分の会いたい人を相談者に呼ぶことができるということが加わりますさらに人を集まる場を作るというスキルセットが身につくんですそしてイベントの十段家酒菜には学びが深まるというメリットもあります自分がイベントの主催なんて考えられないよう人が集まらないようと思う方が多いと思いますが誰でも最初はそうなんです最初っから伊東温泉集める必要はありません小規模なものからでいいので是非是非行ってみてください続けて四つ目について解説していきましょう四つ目はコミュニティに参加するコミュニティを主催するです新しいコミュニティに入ることは様々な面で私たちの可能性を広げてくれます特に会社と家庭を往復しているだけのような人は第三の場所としてそれ以外の葉に所属することで得られる恩恵というのは非常に大きいんですそこでは見たことのない自分の新しい側面を見つけたり会ったことのない新しい人とのつながりが生まれますコミュニティーではそこに属する人ガリバーになりやすいということもメリットのひとつですギバーとは自分が受け取る以上に与えようとする人のことであり見返りを求めずに相手の相談に乗ったり活動を手伝ったり人を紹介して応援してくれたりしますこれは例外を除いてコミュニティーでは長期的な人間関係を築いていくことが多いからなんです皆さんも無償で人を助けたり手伝ったりした経験があると思いますがそういったことを行う相手は大体が長期的な人間関係があったり深い関係であるという場合が多いですよね人は長期的な関係になりそうな人との付き合いは相手と良好な関係を築いておきたいと思うものなんですそしてここに人的ネットワークが生まれると有益な情報や機会が得られやすくなりダイエットにつながる偶然も生まれやすくなるんですまたイベントの時と同様参加するよりも主催を運営する方がより得られるものが多いのは言うまでもありませんさて少し長くなってまいりましたがご紹介するアクションは残り二つです頑張っていきましょう一爪切るワークをする人の中で言うギグワークとはオンラインで二発注される単発の仕事をさせています隙間時間にできるタスクを狙うのがギグワーカーですこの疑惑をすることで複数のスキルを試したり自分のスキルのニーズの有無を実験することができるんです岐阜ワークでは短時間で自分を試すことができいるというメリットがありまた事前に人的ネットワークがあまりない場合にも活用しやすいという点が大きなメリットとなりますまた更に将来に向けて報酬の相場発注したとのコミュニケーションのコツなどを知ることもできますラスト娘ジブワークをするこれは著者が作った造語なんですが相手に希望するつまりただ働きをするということです沈船の報酬がゼロだったとしてもそれ以外に受け取れる報酬があり部ワークには存在するんです金銭以外の報酬とはスキルセット人的ネットワーク自己理解と幸福に必要なポジティブな感情を達成没頭意味のことです私たちはただ働きからこうした様々な報酬を得ることができるんですお金の代わりに経験が手に入るのでただ働きは経験を買うという感覚でもありますリブワークはお金の話をせずに できるので戦略的に自分のことを知ってもらうことにも活用できるんですリブワークという投与によって自分のスキルを世に出す機会が得られますしその力で人的ネットワークが広がっていくんです第二章まとめましょう第2章ではライフピボットを実現する蓄積を貯めるための六つのアクションについてお話しさせていただきました六つのアクションとは一つ目マッチングサービスを利用する二つ目発進し続ける三つ目イベントに登壇するイベントを主催する四つねコミュニティに参加する主催する一爪ギグワークをする六つ目リブワークをするこの三つを紹介させて頂きました本当の中には六つのアクションのより具体的な実践方法だったり体験者の話など盛りだくさんですので是非お手に取って読んで考えを深めてみることをお勧めいたしますさてそれでは第3章に行きたいと思います第3章ライフピボットで繰り返した先にある未来の働き方第三章ではライフピボットを繰り返した先にある未来の働き方について述べたいと思いますここまでの話で来復ボットは私たちの人生において欠かせない考え方になるというのはおわかりいただけたことでしょうなぜなら人生は長期化する一方でライフスタイルは短期貸しており私たちは障害でいくつもの生き方や働き方を経験することになるからです経験を通じて価値を提供できるスキルセット広く多様な人的ネットワーク経験によるリアルな自己理解というこの三つの蓄積を食べながら常にライフ PIVOT に備えている状態がありそうですそれらを貯めるために第二章でご紹介しました六つのアクションを導入してみると良いでしょうライフピボットを繰り返すことで自分だ気の軌跡が描かれていきますそれは誰のものでもない唯一無二のものですここではライフピボットを繰り返すことで開かれる働き方の未来像を四つ説明したいと思います一つ目きるセットを生かしたオクトパス型オクトパス型キャリアとは経験で蓄積したたくさんのスキルセットを活用し様々な仕事を同時に出かけるキャリアのことです副業の進化形とも言えるでしょう二足の草鞋どころの話ではなく八足のわらじもしくはそれ以上です例えばアプリ制作会社をやりながら飲食店をやりつつ書道家や歌手としても活動し NPO の運営にも携わるということもできるでしょうオクトパス型キャリアの人にとって全ての仕事はプロジェクトと言えます一定期間の実戦を経てまた次の仕事を手掛けていくんですこの繰り返しによってさらにスキルセットを咳していくことができますそんなキャリアでは一つのスキルを磨くことが出来ずに中途半端になってしまうのではと思うかもしれませんがそんなことはないんですむしろ短期間でもどっぷりはまってみることで誰よりも早くスキルを習得することができるんですこれはホリエモンさんの多動力にも通じる考え方ですよね重要なのは自分が離れるかどうかそれはやってみないと分からないので色々試す好奇心や冒険心がある人に向いていると言えるでしょうそれでもその仕事で食べていけるのかは事前には分かりません骨は手堅い仕事とチャレンジングな仕事をブレンドすることです2割くらいは手堅く稼げる仕事にしておき残り8割をチャレンジに使うんですこうすることで生活のためのお金は確保しつつ様々な挑戦ができます二つ目は人的ネットワークを活かしたオーガナイズ型オーガナイズ型キャリアは経験で蓄積したたくさんの人的ネットワークを活用して人をつないでいくキャリアです様々な垣根を越えて人をつなぐことで新しい仕事やプロジェクトを生み出します例えば同じ業種や職種の人を集めてイベントやコミュニティを立ち上げたり異なる業種の人をつなげてコラボレーションを促したりといったこともできるでしょう人材紹介営業代行のような事前の契約で人をつなぐこと自体を仕事にすることもできますし人をつないだことで生まれるプロジェクトに自ら参画することで仕事にすることもできますそこで生み出した繋がりが有益なものであればあるほどその繋いだ人たちと自分の関係も信頼や信頼関係も深まっていきますこうして人的ネットワークを活かして人をつなぎその過程でさらに人的ネットワークを広げることができるのがオーガナイズ方キャリアの特徴です人間の脳のサイズから推定すると安定し 維持できる人数は150人程度だそうですしかし持続的ではなくても記憶に残っている相手であれば関係性を再構築することは可能です今は SNS で繋がっておき必要に応じて自分はこれをやりたいと表明し募集することだってできますこれもまた活用可能な人的ネットワークと言えるでしょうオーガナイザー型キャリアで重要なのは定期的につながりのある人とコミュニケーションをとりニーズに合った人をコミュニティ化したりしてそこに価値を生み出していくということです人と人をつなぐことは一時的ですがコミュニティを作っていくことは持続的な取り組みです人的ネットワークを生かすにはこの両方のバランスをとることが重要になります短期的に人と人をつなぐことで長期的にはコミュニティを作って報酬を得る人と関わることに喜びを感じる人は是非目指してみてはいかがでしょうか三つ目は自己理解を生かした optimize 方ですオプティマイズ型キャリアは経験で蓄積した深い自己理解を活用して自分に最適な働き方をするキャリアです前の二つが発散的に動いていくイメージなら optimize 方は逆に収束的な動きをします不要なことを捨て去り自分の幸福のために必要な最低限の要素を残すんです必要最小限の持ち物で生活するミニマリストというライフスタイルがありますがそれのキャリア版だとイメージしてください自分の欲しいものが分かっていれば最低限必要な稼ぎもわかりますし一定以上働く必要はないでしょう自分が働きたいぶんだけ働いてそれ以外の時間は余暇として充実した時間を過ごせます自分の幸福に必要なもののために時間を使うんですただし必要最低限のことをするにしてもその後のライフゴッドに備える気構えは忘れてはいけませんオプティマイズ型キャリアはライフピボットを繰り返した先にある未来の働き方として紹介するにはあまりにも地味ですがこうした地味な働き方も自己理解があってのことなんです地味でも本人はそれでいたって満足なんです多くの人にとって理想の働き方というのはこうしたシンプルなものなのかもしれませんオプティマイズ型キャリアは自己理解を活用し最適な時間の使い方をすることができます内向的内省的な人は目指してみてはいかがでしょうか最後に寄っ爪三つの蓄積を統合したオリジナル形になりますオリジナル型のキャリアは他の人には真似できない自分だけのキャリアになります真似できないのは当たり前でその人のピボットの汽笛がその人のオリジナリティを生み出しているんですそのバリエーション渡したよそしてそのためにはライフピボットの蓄積が必要ですオリジナル肩キャリアの人たちはいきなりユニークな肩書きで活動し始めたりしますがそれはいきなりし始めたのではなくそれ以前の蓄積があったからこそ偶然を掴みその肩書きにピボットできたんですこれらをまとめてライフピボットを繰り返したその先の四つの王と呼びます四つの音はオクトパス夕方オーガナイズ方 optimize 型オリジナル型というおで始まる未来の四つの働き方のことです覚えておきましょうそれでは第3章をまとめます第三章ではライフピボットを繰り返した先にある未来の働き方について述べさせていただきましたポイント1スキルセットを生かしたオクトパス方ポイントに人的ネットワークを活かしたオーガナイズ方ポイント3時ご理解を生かした optimize 方ポイント4つの蓄積を統合したオリジナル型この四つについて説明させていただきましたいかがだったでしょうか元号が令和に変わり昭和や平成を書こうとして振り返ることができるようになりましたこうした新しい時代の節目にこそ私たちは新しい人生観キャリア観が必要ではないかとこの本の著者は述べていますこの本は一般的なキャリア論に比べて長期的に適用できて且つシンプルです是非今の働き方に疑問を持っている人は本書を手にとって読んでみることをお勧めいたします最後に本日のまとめをご紹介して終わりにさせていただきたいと思います第1章では現代社会に来福ボットの考え方が必要になった理由を述べさせていただきました第2章では具体的にライフピボットを実践する流れについて説明しました第3章ではライフことを繰り返した先にある未来の働き方について解説させていただきましたこの動画をご覧になってライフ PIVOT に少しでも興味を持たれた方は繰り返し ぜひ本書を手にとって読んでみてください本日の動画では紹介しきれなかったキャリア転換の法則や誰でも実践できる方法などをライフことの必要性が詳しく丁寧に述べられていますこの動画がこの本を読まれるきっかけとなってくだされば幸いですここまで長らくご清聴ありがとうございました高評価ボタンだけでもポチっと押していただけますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたしますまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますそれではさようなら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事