【おすすめ書籍】『ライフピボット 縦横無尽に未来を描く 人生100年時代の転身術(黒田悠介[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

<総額5,000万円>500円~最大10万円分のバイナンスコイン(BNB)がもらえます!(2021年5月7日まで)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】今日はほんの大学院です今回は黒田悠介さんのライフピボットを紹介しますこの本の著者黒田さんの経歴は少し特殊なものでありますまず東京大学理科一類で入学するも心理学に関心を持ち文学部に転籍卒業後に車のベンチャー企業を経て2年弱で代表を交代して2012年にスローガン株式会社にちょい2015年にはフリーランスとして独立し2017年にはフリーランスコミュニティのフリーランスな魚11月には議論でつながるコミュニティ議論メシを立ち上げましたそんな人生においてたくさんの転換を繰り返してきた筆者だからこそわかる100年時代を生き抜くための点心術がこの本では描かれておりますこの動画では前半になぜ人生に方向転換が必要なのか後半に人生の方向転換に必要となる経験の蓄積と隣接可能性について簡単に説明していきます昨今ではよくやりたいが見つからないとか将来の見通しが立たないという人が多くなっておりますしかしこの本の見解としてはやりたいことが見つからないのは当たり前でありやりたいことが明確にある人は実は少数派で多くの人はやりたいことがはっきりしていないのだと言いますだから今はやりたいことがなくても焦る必要はなくいろいろなことを体験する中でやりたいことが見つかることもあるのでそれが見つかったらキャリアを転換していけばよいということですキャリアの転換がなぜ重要となっているかは一言で言えば人生の長期化ライフスタイルの短期化世界の変化の家族の三つが起きているからですまず人生の長期化ですが100年時代という言葉があるように2021年時点で14歳の人というのは50%以上の確率で107歳まで生きるという試算もありますその結果私たちは半世紀近く働くことが求められるのですまたライフスタイルの短期化ですがかつてはキャリアプランという子鳥羽があるように入社後の経歴を積み上げて将来どんな人になりたいかという計画を立てることもできましたしかし変化が激しいこの時代ではキャリアプランのような長期的な計画を描ける状況にはありませんさらに世界の変化の加速も無視できません例として各サービスの5000万人のユーザーの獲得までかかった時間を見ていくと飛行機68年前は50年テレビ22年コンピューター14年 YouTube 4年生本郷19日このようにイノベーションが私たちの生活に組み込まれるスピードはどんどん早くなっていくことが予想されます激動の時代を生きる我々は人生を一つ二つのライフスタイルで生き抜くことは難しく何度もライフスタイルを転換することが当たり前になりますそのためどんな変化にも対応できる準備を進めていく必要があるのです後半は人生の方向転換に必要となる経験の蓄積と隣接可能税について説明していきます結論から先に言うと蓄積と偶然この二つがキャリアの転換には必要であるというのがこの本の見解となっております過去の経験が蓄積されそれが偶然繋がって未来の可能性が開かれるということですこれをスティーブジョブズはコネクティングザドッツという言葉で表現しておりますこれは将来につながりそうなことを事前に行っておこうということではありませんむしろその逆でありあとで役に立つかは分からないけど後はと振り返ってみたらその一つ一つの経験は10と10で結ばれており繋がっていたことに気づくそんなイメージとなっておりますまた偶然というのも私たちのキャリアには大きな影響を与えます具体的には個人のキャリアは8割は予想もしない偶然によって決定されます例えば会社員の場合どういった部署に配属されどういった上司と働くかというのは自分の意志とは関係なく決まることも多いですだからといってキャリアは偶然にさ許されるんだから何もせず流されるのがいいんだということではなく偶然を計画的に味方につけることが重要であります例えば同じ日に開催される二つの飲み会に誘われたとしましょう一つはいつものメンバーの集まりもう一つは普段会う機会のない人たちが集まっている飲み会ですどちらの飲み会に参加してもどんな偶然が起こるかはわかりませんがよりポジティブな偶然が起きそうなのは後者であります簡単な例ではありますがこのように仕事を通じた経験の蓄積だけでなく偶然を味方につけることが人生の方向転換には必要であるということですそして経験の蓄積と偶然をベースにして360度好きな方向に足を踏み出しキャリアを転換することを本書ではライフピボットと呼んでおりますこのピボットというのはバスケットボールの動きから来ておりますそしてライフピボットを公式化するならばチェック設置プラス偶然=転換となります 何が起こるのは一度きりではなく人生において何度も起きてんかんはあくまでゴールではなく次の展開に向けたスタートでもありますつまり転換によって新しい経験が蓄積されそれがまた転換につながるというループが起きますそして偶然というのはこのループの促進剤のような役割を果たしますでは私たちは一体どんな経験を蓄積し同キャリアを転換すれば良いのでしょうか具体的には仕事の経験を通じて三つの蓄積を貯めていくことができます一つ目は価値を提供できるスキルセットこれはプログラミングなどのテクニカルスキルやコミュニケーション能力などのヒューマンスキルロジカルシンキングなどのコンセプチュアルスキルなんかが挙げられます二つ目は広く多様なネットワークこれは文字通り新しい情報や機会をもたらしてくれるような人のことを表します三つ目は経験によるリアルな自己理解ですこれは経験から感情と思考観察し自分の好みや価値観を理解することを意味します自分がどういう時に喜びを感じたり自分の中で意味があると感じる仕事はどんなものなのかを整理することで自己理解をすることができますそしてこうした蓄積を元に隣接可能性を見つけていくことが必要となります印刷可能性とは既存の要素の組み合わせによって初めて見出される可能性のことです印刷可能性をビジュアル化するためにはハニカムマップを作ると良いですハニカムマップではまず真ん中のまさに現在のキャリアと先ほど説明した三つの蓄積の中から習得したものを記入していきますここではマーケター俺に作成してみますその周りに隣接する可能性を書き出しその状況において蓄積できそうなものを想像して記入します具体的にはコンサルフリーランスベンチャー企業として働くことができそうですしそれぞれで得られる知見も記入していきます最後に現在のキャリアと隣接する可能性の両者を考慮して更なる隣接可能性を書き出していきます以上のようにはにかむマップが作れてもそこで終わりではありませんその後は隣接可能性を本業を続けながら副業で実験することが推奨されております副業では複数の業務という意味の服を使っておりますここではいきなり本業を止めてフルコミットするのではなくリスクを抑えながら自分の可能性を試すことが必要です隣接可能性があることつまり多くの選択肢があること自体が今後は価値となり生き方が多様化している今の時代には自由度の高い人生観が相応しいのではないかというのが筆者の見解となっておりますまとめると自分に蓄積されたものを整理しハニカムマップを作り副業として試すこのサイクルを意識して実行していくうちに身にやりたいことが見えてくるのかもしれません以上簡単に紹介していきましたがいかがだったでしょうかこの動画では紹介しきれませんがライフ希望としていくための具体的な六つのアクションも紹介されておりますその六つとはマッチングサービスを利用する情報発信するイベントに登壇主催するコミュニティに参加主催する GIF ワークをする give ワークをするとなります詳細が気になる方は是非買って読んでみることをお勧めしますこの動画がよかった方はチャンネル登録高評価ボタンをお願いしますそれではまた次の動画でお会いしましょうありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事