【おすすめ書籍】『祈り方が9割 願いが叶う神社参り入門 ―ビジネスにも、恋愛にも、成功にも、神話の古事記・神道の神様の教え(北川 達也[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

【期間限定】ほったらかしで10万円が1億5787万円に!天才トレーダーT氏が開発したFX自動売買システム無料公開中です!

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『祈り方が9割 願いが叶う神社参り入門 ―ビジネスにも、恋愛にも、成功にも、神話の古事記・神道の神様の教え(北川 達也[著])』の紹介祈り方が変われば願いは叶う皆さんどうもこんにちは様です突然ですが皆さんは最近神社にお参りに行かれましたでしょうか多くの人は仕事や日常生活に忙しく年に一度の初詣を除いてはなかなか心を落ち着けて神社にお参りに行く暇がないのが実情ではないかと思います年末年始のお参りも新型コロナ流行からなかなか行けていないという人も多いんじゃないかなと思いますそんな皆さんのためにご紹介したい本がありますその名も祈り方が9割根拠は神道について書かれた難しい学術書でも新興宗教の怪しい拠点でもありませんそれはしない現代社会に生きるあなたにこそ読んでいただきたい超効率的な神社お参りマニュアルなんです本書の著者北川達也先生はソフトウェア開発会社を経営するバリバリのビジネスマンですそんな北川先生は現代ではあらゆることが師匠の背中を見て長い時間をかけて覚える時代からマニュアル化して効率的に習得する時代になったと言いますそして何よりも効率が求められるビジネスを通じて得た経験から願いを叶えるための神社参りの方法をマニュアル化してしまったのが本性祈り方が9割なんです本日ご紹介する内容は以下の三つれない一生5分でわかる神社の基本第2章これだけ覚えれば OK 神社参りのマナー第3章願いを叶えるためのお祈りの作法この動画を見るだけで神社参拝のための一通りの基本的な作法が身につくはずです是非最後まで見て行ってくださいそれでは早速参りましょう第1章ふんでわかる神社の基本まず神社にお参りするための下準備として神社を知ることから始めましょうそこで初めにそもそも神社とは何かそして神社には何があるのかについて確認しておきたいと思いますそもそも神社とはどのようなものでしょうか神社とは神様をお祀りするためのさ出んという建物とその周りの関連施設全般をいいますまたその実を囲む一定の敷地の範囲を境内と言いますではここで神社境内の基本施設の配置を見ておきましょうまず神社の入り口にあるのが取り入れ鳥居のすぐそばには屋根のついた手水舎がありますよね山道を歩いて行くとその先には賽銭箱がありますその奥には入れんがさらにその奥には本殿がありますまたそれらとは別の場所に需要増などがありますこのような全体像が分かれば神社境内はとてもシンプルな構成に見えてきますね境内の配置が分かったところで各施設の意味や役割を見ていきましょうまず本で神様が降臨する御神体を安置している場所です神社の中で最も神聖な社殿であり一般の参拝客が入ることはできません拝殿神楽殿とも呼ばれご祈祷を受けることで参拝者も入ることができます塩上お札やお守りおみくじ絵馬御朱印などを授かる場所ですご祈祷受付ご祈祷の申し込みを受け付けている場所です事業所に併設されている神社が多いです社務所神社の神職が足ハムを行う建物です摂社末社本殿や拝殿とは別にある小さなやしろのことです鳥日本の柱と日本の横技を組み合わせて生きた者ですて水やって水を取るための3番大きい建物です賽銭箱お賽銭を入れるための箱です灯籠一軒家館の参拝者のための灯りのように思われますが実は灯篭は神様のご加護をよりいっそう強く願う気持ちから建てられているものですこまいぬ間の侵入を防ぎ神社御守護するぞーです可愛いですねさて神社の建物等役割が分かったところで次はお参り種類について勉強していきましょうお参りには時機に応じて様々な種類があるんですまず初詣でこれは皆さんもご存知だと思います新年の初めにお参りをすることです毎年元旦に家族と一緒に行かれるという方も多いのではないでしょうか次が月参り毎月1度行うお参りです続いて日産仕事にお前 そして百度参り1日のうちに境内のサンドを100往復することですこんなお参りの方法もあるんですねそして巡拝複数の神社を一度に続けてお参りすることですこれらのお参りの仕方のうち基本的にはどのようなお参りをしても自由ですただしお参りが簡単過ぎると神社に対する意識が薄らいでしまいますしかといって過度なお参りを続けていると社会生活に支障が出てしまいますよねそこで著者がオススメする方法は簡単すぎず角にもなりすぎず誰もが実行しやすい月参りなんですただし月参りの注意点は無理をしすぎないことだと著者は言います厳格に月ごとのお参りお守り続けているとその反動でお参りをする気力がなくなってしまうこともあると思うんです忙しくて月参りが厳しい時には毎月1度にこだわらずに自分に合ったお参りの最適なペースを見つけることも大切なんです神社参りはいっとき頑張るものではなく継続することによって価値が生まれてくるものです定期的に神社参りを続けていると私たちの感性が研ぎ澄まされていくんですまた時には大きな御神徳が得られることがあるかもしれませんご神徳とは私達参拝者に対する神様からの恵みのことを言いますご神徳が得られるようになると神社参りはさらに面白くなってくるね多くの場合月参りとは月ごとに特定の一つの神社にお参りすることを言いますですが著者は月ごとにいろんな神社の中からひとつを選んでお参りをするこれもいいお参りであるといいますなぜなら様々な状況や季節によってお参りする神社を変えることは自然なことですしお参りを無理せず続けるためのコツでもあるからなんですの神社へのお参り時神様同士が喧嘩するのではないかと少し心配になるかもしれません安心してくださいこの心配を解消するためには伝統的な神棚の祀り方が参考になります伝統的な神棚の祀り方では一つの神棚に複数の神社の神様の御札をお祀りしていいことになっていますこのようにお祀りされていること自体が神様同士が喧嘩しないことの何よりの証拠と言えるでしょうまたお参りの日取りを気にする必要もありませんカレンダーや手帳などには大安仏滅友引などをいろんな言葉で書かれていますよねこれらは6用といって中国の吉凶占いから取り入れられたものですですが日本の神社と中国の六曜には直接的な関係があるわけではないんですですのでお参りの際に仏滅を避けて大安の日を選ぶなどの面倒なことはしなくていいんです第1章の最後に良い神社の見分け方について見ていきたいと思いますあなた自身のお参りの仕方がどんなに良くても神社自体がいい神社でなければあなたの願いは叶いません願いを叶えるためにはいい神社を選ぶことが大前提となるんですでは良い神社とは具体的にどのような神社なのでしょうか著者は良い神社とは社殿などを修理し祭りに専念している神社であるといいますここで言う修理とは神社境内にある施設を治すことはもちろん清掃や維持管理なども含まれています一方祭りとは古代から変わらずに受け継がれてきた伝統的な儀式のことですこのような良い神社は別の言葉で言えば8.9のある神社といえます発展機運とは物事の勢いが増すような雰囲気といった意味ですつまり8.9のある良い神社にお参りし祈りを捧げることで私達の人生がプラスの方向に流れるようになるんですさてこれでいい神社の見分け方は分かりましたよねですが社殿を修理していることは外見からわかるにしても祭りに専念しているかどうかは私たち普通の人から見てなかなかわかるものではありませんよねそこで本書では一度は行きたいやつの神社として8.9のある神社が紹介されていますまず伊勢神宮内宮三重県伊勢市の神社ですお伊勢さんとして親しまれている日本で最も有名な神社かもしれません続いて岩木山神社青森県弘前市にあります西暦780年に創建された歴史のある神社です続いていやひこ神社新潟県弥彦村の神社です万葉集にも歌われることであり弥彦山を御神体としています続いて出雲大社 出雲市の神社で伊勢神宮と並んで有名な神社です神楽殿の非常な大きなしめ縄は写真などで見たことがあるという方も多いと思います続いて箱根神社神奈川県の箱根にある神社です芦ノ湖の上に建つ美しい鳥居が有名ですよね大御和神社奈良県桜井市にある神社です日本最古の神社の一つと言われ三島由紀夫の豊饒の海にも登場します熊野本宮退社和歌山県の神社ですいわゆる熊野三山の一つです最後霧島神宮鹿児島県霧島市の神社です重要文化財にも指定されている美しい社殿が特徴ですどれも有名な神社のため一度は足を運んでみたいものですそれでは第1章をまとめておきましょうポイント市神社とは神様をおまつりするための社殿とその周りの関連施設全般お湯また社殿を囲む一定の敷地を境内というポイントにお参りは無理せず続けることが大切でありそのため月ごとにいろんな神社の中からひとつを選んでお参りするのがお勧めであるポイントさん社殿などをきちんと修理し祭りに専念している発展中のある神社がいい神社であり伊勢神宮や出雲大社などがその例である第2章これだけ覚えれば OK 神社参りのマナー神社の基本的な知識が身に付いたところで第2章ではお参りの具体的な作法について要約していきたいと思いますお参りの作法としては調査はまず服装が大切であると言いますフランス料理のレストランにドレスコードがあるように神社にもドレスコードがあるんですなぜ神社にドレスコードがあるのでしょうかそれは神様に対する礼のためなんですねレートは人に不快感を与えない配慮のことですつまり神様の前で目立たず控え目であることが大切なんですお参りの際に身につけるべき服装として伊勢神宮の特別参拝と出雲大社のやつあしもんない礼拝の服装基準が参考になるでしょう初めに伊勢神宮の特別参拝における服装基準を見てみましょう特別参拝とは伊勢神宮の耳かき家に入ってお参りすることを言いますこの参拝は特別参宮章を持つ信仰心の厚い人にのみ許されているものです特別参宮章には男子は背広ネクタイ女性はスーツなどフォーマルな服装でご参入くださいと書かれていますこの服装は神様に敬意を示すためのものとされているんですただ背広ネクタイスーツと一言に言ってもいろいろなものがありますよねそこで著者は以下のような服装をお勧めしていますまず男性の服装現代日本の標準的な礼服であるブラックスーツまたは世界基準の礼服であるダークスーツを着用すると良いでしょうジャケットとズボンの色違いは NG です真夏であったとしてもジャケットとネクタイは必須です Y シャツの色は白にしてカラーシャツは避けましょうネクタイは赤や青などの派手な色は避けループタイ屋台は NG です靴下は黒靴も黒の革靴を履きましょうスニーカーやサンダルはいけません続いて女性の服装ですワンピースまたは2ピースのジャケット付スーツでスカート丈が膝下のものを選びベージュのストッキングを着用しましょうスーツの色はブラックかダークにして派手な柄は避けますパンツスーツやカラータイツなどは NG です靴は黒のパンプスを履きましょうつま先やかかとが露出するサンダルやミュールブーツなどは NG ですさらに子供の服装については小学校から高校生までであれば学校の制服で構いませんただし派手な制服は NG ですその他の基準は大人の条件に準じますなお未就学児童は御垣内には入れませんざいご共通の注意点としては帽子をかぶっていれば御垣内に入る際は脱帽します傘が必要な場合は黒いものを持っていますマスクをして場合は見かけ家に入る際には外すことが基本となっていますただ新型コロナウイルスの流行が止まらない現在はマスクの着脱については神社の指示に従うようにしましょう以上が伊勢神宮の特別参拝にお この他に見かける家で後後電話モバイル端末の操作撮影などは禁止されています次に出雲大社のやつあしもんない礼拝の服装基準を見てみましょう八足門礼拝とは出雲大社の本殿手前にあるやつ味門の内側に入りお参りすることを言いますまず絶対に避けたい男女共通のストレス肩や膝を露出する服装やつま先かかとの露出する靴は避けましょう男性の無難な服装としては襟付きシャツ長ズボン靴下を着用しましょう女性の無難な服装としてはスカート丈が膝下のものを着用しつつ足は避けましょうこれらのような特別な礼拝ではない通常のお参りでは服装は参拝者のそれぞれの自主的な考えに任されていますしかし自主的な考えとは言っても何でもいいというわけではなく身だしなみを整えることは神様への最低限の例であると言えますガチガチのドレスコードが定められている伊勢神宮の特別礼拝は極端な例ですか日常の3倍でも出雲大社のやつあしもんない礼拝のような服装でお参りするのがベストと言えるでしょうこれぐらいならば無理のない礼拝と神様への霊能両方を満たすことができるからですお参りの時の服装が分かったところで次に神社でのお作法について見ていきましょう著者は鳥居をくぐる瞬間から既に神との対話は始まっていると言いますそのため鳥居をくぐる時には必ず作ノ作法を行いましょう鳥居をくぐる時の手順市鳥居の手前で一旦立ち止まり直立しますに状態を15°に倒します15°は頭一つぶんが目安ですさん上体を倒したまま1秒泊まりますよん状態を起こし直立の姿勢に戻ります後再び歩き始めますお参りに行く時だけではなくお参りが済んで帰る時にも鳥居を出てからすぐに神社の方に向き直り同じ要領で会釈しましょうはじめはこのようなえさくに恥ずかしさを感じるかもしれませんしかし神社参りは永作に始まり会釈に終わるという言葉があるほどを取り入れの餌食わ大事なものなんです大丈夫慣れてしまえば永作をせずにはいられなくなります鳥居をくぐったら次にすべきは心身の穢れを清め自分を正常な状態にすることですそのために第一章で見た手水舎で手水を取るんですけ水を取るとは水を自作で作ってと口をすすぐことを言いますて水の原型はイザナギの禊の神話にあると言われていますイザナギという神雨が水に入ってみようってすぐ物語のことですね水を取る時にも正式な作法があります市右手で柄杓の柄を用い水盤から水をすくいますに左の手のひらを水ですすぎますさん柄杓の柄を左手に持ち替え右の手のひらを水ですすぎます4再び柄杓の柄を右手に持ち替え左の手のひらを受け皿のようにして水を注ぎ溜桝5左手の水を口に含み強すぎます651の柄杓の水で左手の手のひらを過ぎます7両手で柄杓の柄を用い試着を縦へお水で洗い流します8時着を元置いてあった位置に戻しますて水を取る際にいくつか注意点がありますまず支度です今から水をすくうのは一度きりです一杯ぶんですべての手順を済ませるようにしましょうまた柄杓に口をつけることはルール違反です手や口を進んだ水が3番に入らないように気をつけることも大切ですこの中の現在ではこのようなルールは特に大事であると言えるでしょうまた開くまでは口をすすぐだけですガラガラぺと大きな音を立ててうがいをしてはいけませんだて参拝の作法が分かったところで第2章をまとめておきましょうポイント市参拝時の服装は肩や膝が露出するものお酒つま先やかかとが露出する靴も避けるポイントに鳥居をくぐる際は一旦立ち止まり前方15と200を1秒間行う会釈はお参りに行く時だけでなくお参りから帰る時も行うポイントさんて水を取る際はまず右手でしゃくを持つことから始め水をすくい左右の順で 次に左手に溜めた水で口をすすぎ再び左手をついで最後に試着の絵を洗う第3章願いを叶えるためのお祈りの作法ここまでで神社の基本的な知識やお作法が身につきましたそれではいよいよ参拝のメインイベントお賽銭とお祈りの方法について見ていきたいと思いますまずは再生について勉強しておきましょう賽銭とは神様へのお供え物の代わりとなる金銭のことを言います多くの人はまず賽銭の作法よりも前に賽銭としてお納めするべき金額について思い悩むのではないでしょうかご縁を結ぶという頃から5円玉を収めるのがいいという考え方はよく行きますよねまた22ご縁を結ぶという頃から25塩分を収めるのがいいという話も聞きますしかしこの五円玉の再生について自分たちの梅に置き換えて考えてみましょう人に何かお願いをされてそれを引き受けたとしますそのお礼として5円玉を手渡されたらあなたはどう思いますかお願いを引き受けたのにたった5円火曜と驚き呆れてしまうのではないでしょうか自分たちがやられて呆れてしまうような体制は当然神様に対してもすべきではないんですでは実際には賽銭はいくらぐらいが妥当なのでしょうかこの質問を侵食の方にするとお気持ちでという答えが返ってきますそのお気持ちというのはほんのわずかという意味ではありません神様への日頃からの感謝の気持ちを形に表しましょうという意味なんです神様への感謝の気持ちを表すのに5円ではあまりにも少なすぎると思いませんかちなみに著者は紙幣で1000円以上の対戦を納めるようにしているといいます水平で収めることに願いを叶えるためのお祈りもそれだけ真剣になれるということですただしあくまで賽銭の金額は個々人の事情に合わせて決められるべきでしょうくれぐれも無理をしてはいけませんまた再戦は支払うとは言いません賽銭を納めると言いますよね支払うとは品物やサービスに対する対価を渡すことです一方収めるとは品物やサービスなどの介在なしに一方的に差し上げることを言いますこのため収めるとは見返りを求めない行為を言うんです次にお賽銭箱の前での作法について見ていきましょう神社にはいろいろな場所に賽銭箱が設置してありますがその原因となるものは本殿のすぐ前にある賽銭箱ですこの賽銭箱に丁寧に再生を納めて祈りを捧げるんです賽銭箱の前でのお参りの作法は賽銭を入れてからにはい2拍手1拝ですつまり2回のお尻に海の拍手1回のお辞儀の順です一般にこの200つと1杯の間にお祈りを行いますここで言うはいは先ほどの取り入れの会釈とは違い状態を九十度前方に倒すお辞儀のことです上体を倒したまま3秒間頭を止め再び上体を起こしますかいはお辞儀の中でも神様を敬う最高の心の表現であるとされています二拝二拍手一拝にはそれぞれちゃんとした意味があります最初の2杯はたての令と言い過ぎのに拍手は横の令といいますこれら縦横乗れば神様に感謝の気持ちを表すために行いますそして最後の人は言わしめの令と言われていますまた願いを叶えるためには手を合わせて祈ることがとても大切であると著者は言いますお祈りのために手を合わせるタイミングと手の位置は2度の白鳥を打った後に胸で両手をきちんと合わせるのが良いとされていますお祈りはあせらず気持ちが極まるまで念入りに捧げましょうあなたの願いを叶えるためにはこの賽銭箱の前での真剣な祈りが特に大切なんですかと言って他の人が後に並んでいる時には祈る時間に多少の配慮が必要ですそのようなとき著者は祈る時間の目安5秒以内としているといいますただどうしても長い祈りを捧げたいのに多くの人が並んでいる場合もありますよねこのようなときにはまず賽銭箱の前で賽銭を入れに拝2拍手1拝を行います次に賽銭箱の前から離れ賽銭箱の脇の人が並んでいないところで祈りを捧げるんですこれであれば他の人に迷惑をかける心配もなく思う存分 あげることができます他の人に配慮するという点では死語や声に出して願いを唱えることなんかはしまなければなりませんまた音を立てて再生を投げ込むことや必要以上に大きな音で拍手することも控えましょう神社では常に神様に見られているという緊張感を持ち他の参拝者への配慮も大切な事なんです衣装で鳥居をくぐってから賽銭箱の前でお祈りを捧げるまでの一連の流れを理解することができたと思いますこれで皆さんも自信を持って神社にお参りに行くことができるはずですこの動画の最後にやや上級者向けの内容としてご祈祷のやり方を予約しておきたいと思います日本人の皆様であれば一度は神社でお参りをしたことはあるでしょうしかし正式なご祈祷を受けたことがある人は稀なのではないでしょうかご祈祷とは神様と参拝者の間に新色入ることで参拝したノリノリをより強く神様に届けることですこのことからご祈祷の際の新色の立場をナカトリモチや取次と言ったりします参拝者の祈りを神様に届けるという点で基本的には賽銭箱の前でのお祈りと同じ目的のために行いますしかしご祈祷はそのようなお祈りの中でもより強い願い事を叶えるためのものであると言えますご祈祷を受けるには始めにご祈祷の受付を行いますご祈祷の受付は多くの場合事業所に併設されています場所によっては予約が必要な神社もあるのでご祈祷を受けたい神社が決まっていれば事前に調べておきましょう受付でご祈祷を希望する旨を告げるとご祈祷の申し込み用紙が渡されますその用紙に住所氏名や願い事などを記入します記入後お申し込み用紙を提出しご祈祷料を納めます賽銭箱へのお賽銭と違いご祈祷料には相場があり一般に5000円以上を収めることになっています一連の手続きを終えると待合室に通されますこの待合室での待ち時間も心の中で神様と対話するための大切な時間ですなるべく人との会話は慎みましょう準備ができたら入れんに案内されます入れんの中では先ほどの特別礼拝と同じく市胡屋電話撮影などは厳禁です帯電に入ると私たち参拝者が座る場所を教えてくれますのでそこに座りましょうここからいよいよご祈祷ですご祈祷は以下のような流れで行われますまずは9月は祓詞の創造と大ぬさを用いた祓い清めの二つからなります払い言葉の想像では神職がイザナギの禊がモチーフとなっている祝詞を神様に登場しますイザナギの禊は先程お水取りの作法で出てきましたね大根さを用いた祓い清めでは神職が穢れを祓い清めて参拝者様より正常にしますそして気が私たちに変わって私たちの願い事を神様に登場します玉串拝礼参拝者が神様に玉串を捧げて二拝二拍手一拝を行います玉櫛とは神様に敬意を表し信用を受けるために捧げる榊の枝のことですがおらいご祈祷の締めくくりとして杯に送料のお神酒をいただきますお酒が飲めない場合は形だけでも構いませんこのような一連の儀式を行った後に帰りにはお土産として使用品を授かります授与品には先ほど受付用紙に書いた願い事に応じた御札などが入ってい明日日本酒やお米を授かることもあり神社によってはスルメや昆布などの変わり種がもらえることもあるそうですこのようにご祈祷は神社参りの特別コースと言えるでしょうご祈祷料がやや高く時間もかかることから毎回の参拝でご祈祷を受けるのはなかなか難しいですがまだ受けたことがないという方は余裕がある時に是非一度受けてみてはいかがでしょうかそれでは大山椒をまとめましょうポイント市賽銭箱の前でのお参りは神様への感謝の気持ちをお賽銭として長女に拝2拍手1拝師に拍手と18の間にお祈りを捧げるポイントに他の参拝者に配慮し願い事を声に出して唱えることや必要以上に大きな音での博士はしみ混雑時には二拝二拍手1拝の後賽銭箱からやや離れた場所でお祈りするポイントさんご祈祷とは神様 神職が入ることで参拝者の祈りをより強く神様に届けることであり神社参りの特別コースといえるいかがだったでしょうか本日ご紹介した内容の他にも本当には神社参りのために知っておくべき日本のすいまや神道の歴史などについても書かれています願いを叶えるためにより深くお祈りを捧げたいと思ったかたはぜひ本書を手にとって読んでみてくださいここまで長らくご清聴ありがとうございました是非高評価ボタンだけでもポチっと押していただけますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたしますまた私たちは本要約論文解説チャンネルというのも行っておりますので興味がある方は是非そちらも見てみてくださいねということでまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますそれではさようなら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事