【おすすめ書籍】『やってはいけないお金の貯め方(大村大次郎[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

created by Rinker
¥980 (2021/09/17 04:39:22時点 Amazon調べ-詳細)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『やってはいけないお金の貯め方(大村大次郎[著])』の紹介巷には多種多様な資産運用方法がありそれがいかに有効な方法かが喧伝されています確かにこのまま貯金するをいただければ将来お金が足りなくなってしまうかもなどと思って美味しそうな話に飛びついてはいけませんなぜなら投資で老後資産は増やせないからであります皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの竹目でございます今回は元国税調査官大村おおじろうさんのやってはいけないお金の貯め方を解説していきたいと思いますさてこの本には元国税調査官のお金のスペシャリストである大村さんだからこそ書ける金融機関の進める投資貯蓄方法株不動産投資ゴールドビットコインなど蓄財術の表と裏お金の真実が書かれておりますこれから投資をしようと思っている人はもちろん老後が不安だからお金を何とかして増やしたいと思っている人自分のを稼いだお金をしっかりと守っていきたい誰かに騙されたくないという人にとっては必見の内容になっておりますのでこの動画を見てこの本いいなと思っていただけましたら是非一度手にとって読んでみることをお勧めいたしますではでは早速私たちの甘い幻想をぶち壊すみんな専門家に騙されているというお話から解説をスタートしていきましょうそれでは本日のお品書きは次の通りです1件で皆専門家に騙されているということを2件で仮想通貨で1億円稼いだのは一万人に一人であるということ3件で素人が株で儲けられる唯一の方法について予言で不動産投資は儲かるのかということについて解説していきたいと思いますそれでは早速一幻のみんな専門家に騙されているから解説をスタートしていきましょうさて昨今お金に関するマニュアル啓蒙書が巷に溢れておりますよねそれは金融庁がこの生活は年金だけでは2千万円不足すると発表したこともあり少しでもお金を貯めなければいけないと思っている人がたくさんいてお金を増やすということのニーズが高まっていることの表れでございましょう当たり前ですが誰もがお金は欲しいし増やしたいと思っているでしょうしかし昨今巷に溢れるお金に関する提言啓蒙には明らかに誤解を招くものが多々あるんだと著者は言うんです例えば株や仮想通貨 FX の入門書でございます最近どこの書店に行っても平積みされておりますのでご存知の人も多いはずですそれらの本では誰もが簡単に株や仮想通貨 FX などで大儲けできるということが書かれておりますここで問題になってくるのは実際世の中にそんなうまい話があるのかどうかということでございますしかし株や仮想通貨 FX などを始めた人の大半は儲けるよりも損をしていると言うことがデータ的には明らかになっているようですというより大損して一財産をなくしたり身を持ち崩したような人もいます特に昨今の新型コロナウイルス感染症での株価の大暴落によって財産を大きく目減りさせてしまった人が多いはずでございます株価が乱高下する時資産力のない一般の投資家はだいたい大損をするんですそして新型コロナ家に限らず株式市場は近年行く度も乱高下を繰り返しておりプロの投資家でさえ大きな損失を被っていることが多いですその一方で株は配当金だけを目当てにして安定株を長期間保有していればこの数十年ずっと銀行利子の数倍の配当金を得ることができていますそういう巷になかなかに流れてこない本物の情報が品処理は書かれているわけなんです株仮想通貨 FX ばかりではなく純金プラチナ外貨預金など様々な金融商品が世の中では宣伝されています宣伝する側はいかにもそれが大儲けできるような言い方をしておりますよね果たして本当にそれはで儲けることができるのでしょうかそれらの金融商品はどういう仕組みになっていてどういうメリットデメリットがあるのかそのようなことも本書で解説されておりますまたお金に関する啓蒙書などではよくお金は寝かせてはいけないということが言われておりますよねお金は何もしなければ減っていくばかりであるとしかしお金に働かせればお金は自分で増えていくんだとどういうことかというとお金が少しでもあれば何買って欲しいをしなさいということを要するに入っているわけなんですそういう本では株や金融商品だけではなくて不動産投資になども進められておりますそういうこともあって昨今ではサラリーマンがアパート経営をするのがブームのようになっておりますしかし皿 にわか不動産経営のほとんどは大損しているということもデータ的にはすでに明らかになっていることでございますつまりお金はヘタに働かせると死んでしまうんですさらにお金に関して誤解されていることに現金への個室がありますお金を貯めようと思った時私たちはどうしても現金に固執してしまいがちですまた例の年金2千万円不足問題の件もあって現金を増やすことにね意識が行きがちになってしまうんですしかし老後のことはそれなりに豊かな生活が出来ればいいわけであって必ずしも老後資金として2000万円を溜めなくてはならないということではないんです現金もしくは預貯金で2000万円を用意しなくたってそれなりに豊かな生活を送る方法はいくらでもあるんです例えば本書には将来もらえる年金を増やすとか住居費を減らすとか税金を減らすなどの方法によって2千万円以上の価値を生み出す方法が書かれておりますまたお金を貯めると一言で言っても自分の生活を切り詰めて苦しい思いをして貯めるのでは意味がありませんお金というのは自分が豊かに生活するための道具なのですからそれでは一見の内容をここら辺でまとめておきましょうかポイント市一般的に世間に溢れているお金の情報や投資の情報では嘘が多くて皆専門家に騙されているしまたのお金儲けの方には誰もが簡単に株や仮想通貨 FX などで大儲けできるようなことが書かれているが株や仮想通貨 FX などを始めた人の大半は儲けるよりも損をしているということがあっていた時にわかっているまたサラリーマンのにわか不動産経営のほとんどは大損しているということもデータ的に分かっているそれでは次に言で仮想通貨で1億円稼いだのは一万人に一人であるということを解説していきますさてこの2件では最近話題になることが多い仮想通貨についてお話ししていきたいと思います仮想通貨と言うと大もうけしている人がいるとか最先端の財テクであるというイメージを持っている人も多いと思いますではでは実際に仮想通貨で大儲けした人はどれぐらいいるのでしょうか2018年5月国税庁の発表により2017年に仮想通貨で1億円以上儲かった人いわゆるおくりびとの大体の人数が判明しております2017年というのはビットコインなどの仮想通貨が大幅に値上がりした年でございますこの国税庁の発表では仮想通貨の売買などで1億円以上の収入を得たいわゆるを送り人は300人以上もいると報じられたんですこの発表を聞くと一見儲かってる人多いな俺も家族で行ってみようかなと思う人多いかと思うんですしかし冷静になって考えてみて欲しいんですというのも2017年の当時国内での仮想通貨の取引者は364万人だったんですだから億を稼いだおくりびとというのは364万人のうちの300人ちょっとであるというわけでございます実に1万人に1人しかおくり人はいないんです1時は仮想通貨を買えば誰もが大儲けできるように言われていましたが決してそのようなことはないということがデータを見れば明らかでございます仮想通貨の代表格であるビットコインは2017年の初頭には10万円程度だったんですがレン祭りは200万円以上の音をつけましただからたくさんの人が儲かったはずだという印象を多くの人が持っていますしかし実はビットコインは1年をかけて少しずつ上がっていたわけではありません2017年末に急激に上がったんです日本国内の仮想通貨の入金額は2017年11月までは月1,000億円を超えていませんでしたしかしよ9月の2017年12月には1兆円を超えているんですつまりたった一ヶ月で10倍もの入金があったということでございます仮想通貨を始めたんだよねという人の大半は2017年12月に集中しているということですそして2018年1月には仮想通貨大暴落してしまいましただから仮想通貨を始めた人の大半は大損しているはずなんですがこの仮想通貨の所の記述に関してはこの本は2020年8月に初版が出た本なので当たり前ですが状況は刻一刻と変わっているということは了承しておいてくださいまた仮想通貨は現在価値が乱高下していて通貨として使えるものではありません例えばビットコインは2017年の初頭には10万円程度だったんですが年末には200万円以上の音をつけましたしかし2018年の初頭には半額以下に下がってしまいました2019年になって150万円にまで上がりましたがまた 近くになってしまいましたこれほど価値がある乱高下する通貨は通貨としては使えませんビットコインを使えるショップなどもありますが日々価値が大きく変動するので払うほうも受け取る方もリスクが大きすぎるんです現在ビットコインを通貨として使おうと思って保持している人はほとんどいないはずですビットコイン保持している人のほとんどは投機目的でございますそして先ほど申し上げたとおりビットコインを投機目的で購入した人のほとんどは大損をしているんですかのソフトバンクの孫正義氏でさえビットコインで大損しております2019年4月にアメリカのウォールストリートジャーナルがソフトバンクの孫正義氏がビットコインの取引で1億3千万取る薬145億円の損失を出したと報じました孫正義さんはビットコインの価値が急上昇した2017年の後半に購入し2018年初頭に大暴落した時に売却したとのことです孫正義氏といえば日本を代表する IT 企業経営者ですよね言えば it 関連のプロ中のプロでございますその村さんでさえ大損したわけなんですから普通の人が手を出して簡単に儲けられるものではないはずなんですあなたは自分が孫正義より優秀だと自信を持って言えるでしょうかそれでは2限の内容をまとめておきましょうポイント1仮想通貨は多くの人が儲けているイメージがあるがデータを見れば仮想通貨で1億円稼いだのは一万人に一人しかおらず遅く仮想通貨を始めた人の大半は大損しているはずだということがわかるポイントに仮想通貨は現在価値が乱高下して通貨として使えるものではないビットコインを保持している人のほとんどは投機目的であるそしてビットコインを投機目的で購入した人のほとんどは大損しているそんな選手でさえビットコインの取引で約140億円の損失を出しているそれでは次3件で素人が株で儲けられる唯一の方法について解説していきたいと思いますさてここまで一般的に世間に溢れているお金の情報や投資の情報には嘘が多くて皆専門家に騙されているということそして仮想通貨の真実についてお伝えしてきました3件では儲かる儲かると言われている株と投資信託について考えていきましょうか先に結論を言って皆さんの甘い幻想を壊しておきましょう株投資で大儲けできるわけがない残念でございますお金を貯めようと思った時株式投資を思い浮かべた人も多いでしょう巷では株で大儲けする方法というような話が多数出回っています書店に行けばその類の本が山のようにありますそういうのを見ていると自分も簡単に儲けられるんじゃないのという気持ちになってしまうんですしかし冷静になって考えてみて欲しい帽子そんな方法が本当にあるのならその著者は絶対に人に教えるはずはないし本を書くまでもなく投資生活に没頭しているはずでございます本を書くというような大変な作業をせずとも巨万の富を得られるはずでございますだからそういう類の方は絶対に信用しないということをここで覚えておいてください損をしたって誰も責任を取ってくれないんです株式投資などで儲けることがいかに難しいかを示すわかりやすい例を一つあげましょうかアメリカ在住の投資家ジョージソロスは天才的と言われ巨万の富を得ているチームですしかし彼はインサイダー取引で摘発されたという経歴があるんです投資の天才と言われているジョージソロスでさえズルをしないと確実に儲けることなんてできやしないんですまた証券会社になどで働いているプロのトレーダーでも5%の収益を上げることができればいい方南です Pro でも5%の収益をあげればいい方であるという事は素人ならばもう買っても1から2%普通にしていれば赤字になる可能性が非常に高いということでございます情報技術が少ない一般の投資家がそう簡単に儲けられるはずがないんですだから株で簡単に儲けられるとか株で絶対に儲けられるというような方は絶対に信用してはいけないんですそしてもう一つ素人が株で儲けられない理由があるんですアベノミクスで株が上がった時に設けた人は結構いると言われています第2次安倍内閣が誕生した2012年の12月時点では日経平均株価は8000円代でしたが2020年7月時点では2万円を大きく超えています実に2.5倍以上の株価上昇というわけでございますだから単純計算ならば2012年12月時点で株を持っていた人は現在その価値は2.5倍になっ ヒレございますこういう話を聞くと株は持っているだけで2倍以上になるのかと思ってしまう人もいるようですしかしアベノミクスで儲かった人というのは昔から株を持っていた人であり最近株を始めた人の大半は儲かっていないという残酷な真実がありますというのも昨今米中対立や新型コロナなどで株価は乱高下しておりますそして株価が乱高下すると素人や資金力のない人はどうしても損をしてしまうんです株式投資というのはそもそもある程度の資金力がないとうまくいかないんですこれまで株をしたことがない人が株で大損する時の王道パターンというものがありますそれは株価が大きく下落し損失が膨らんだためにその草も維持できなくなっちゃって株を手放してしまうというパターンなんですかぶというのは一般の人が思っている以上に激しい増減があるですに10%から30%ぐらいの増減はごく普通にあるんです例えばトヨタ自動車はこの3年間の間で高い時は一株8000円以上の音をつけていますが安い時には6000円を切っています新型コロナの影響で株価が急落した2020年3月には5771円にまで下がっているんです実に約30%も乗っけ楽をしているんです増えた時はいいんですが減った時にはダメージが大きいですよねほんのわずかな期間で自分の資産が20%から30%も減ってしまうという感じになるからでございますトヨタ自動車の株を一番高い時に800万円ぶん買っていた人はみるみるうちに600万円を切ってしまうんですそれでは普通焦ってしまうでしょうそして資金力の少ない人にとって20%から30%の株価下落は致命傷になってしまうんですこれ以上資産を減らすことができないから株を売ってしまうことになるんですかぶというのは入って定期間待っていれば妥当な金額に落ち着いてくることが多いんですが瞬間的に異常値になったりすることがあります特に株価が下がる時というのは一気にドーンと下がってその後少しずつ回復していくということが多いんです資金力があれば様子見をしているうちに株価が回復するというようなこともありまし下落したところで買いましょうすることで利益を得るというようなこともっていきますしかし資金力の少ない一般の人は松井余裕がありませんから洞門と下がった時にこれ以上下がったらもう無理だよということで株を手放してしまうということになりがちなんですつまり資金力が少ない場合は株が一番下がった時に売ってしまうという最悪のパターンに陥りやすいんです例えばですよ皆さんパチンコに行く時のことを考えてみましょうよパチンコで1000円を使う人と1万円使う人のどちらが勝つ確率が高いのかということでございます今のパチンコは1000円なんて一瞬でたまらなくなりますしかし1万円使えば勝てる確率はグンと上がります1万円の球を打てばそれなりに玉が増える機械持って出てくるはずです1万円の範囲の中で得をしたり損をしたりという局面が出てくるものなんですしかしですよ1000円しか打たない場合は魂が増える機会がほとんど訪れる得をするという局面自体に全く出くわさない可能性が高いんですそれと同時に株の場合も資金が大きい人は少し村が出ても待つ余裕がありますしかし資金が少ない人は損が出た途端にこれ以上村が出たらアウトという状態にすぐに達してしまいますから勝つ確率がグンと減ってしまうというわけでございますつまり株の投資をする場合まず前提としてある程度の村が出ても大丈夫なぐらいの資金力が必要になってくるということでありますだから資金力が潤沢ではない普通の人にとって株で儲けるというのは並大抵のことではないんですではでは株の次は投資信託はどうでしょうか結論を先に言うと投資信託は株式投資とほとんど同じでございます資産運用の方法として投資信託というものをね皆さん聞いたことがあるかと思うんです投資信託と言うと証券会社などにお金を預けて証券会社がそのお金を投資して増やしてくれるとか自分で株を売買するよりも安全で確実というようなイメージがあるでしょうしかしそれは全くの誤解であると著者は言うんです投資信託というのは証券会社などが複数の企業への株式投資を行いその投資運用を証券化したものなんですどうしたの代わりに証券会社が投資を行いその運用益を分配するというものなんですだから投資信託は株式投資とほとんど同じだということになります投資信託には商品の種類によって投資に色々なテーマがあります例えば一部上場企業にまんべんなく投資した商品 企業だけに特化した商品エネルギー企業だけに特化して投資した商品などがあるんです行ってみれば投資信託というのはセット商品のようなものでございます自分で進めて商品を11選ぶんじゃなくて証券会社などがあらかじめいくつかの人気メニューをセットにして売っているというようなものなんですその商品が絶対に儲かるのかと言うとそういうわけではありません損をする事だって多々ありますまた個人で株を買うよりも安全かというとそれは何とも言えません手数料の問題もありますさてここまで聞いてね結局株で儲けることはできないのかとがっかりしてしまった人も結構いるかもしれませんしかしなんと著者は素人が株で儲けられる唯一の方法があると言うんです株の値上がりを期待して売買をすることははっきり言ってギャンブルです少し値上がり目的で買うんじゃなくて配当目的で購入するならば良いんだと著者入っています配当だけを目的とした場合株というのはそれほど危険なものではないんですそして本来かぶというのはこの配当を目的としたものなんです例えばトヨタ自動車の株はこの10年ぐらいだいたい2%以上の配当をしてきましたおそらくこの先も同じ程度の配当をしていくと思われます昨今の低金利時代では銀行に預金したって利息は無いに等しいですよねだからトヨタの株の配当率というのは金融商品と考えれば非常に有利なものだと言えますもし預貯金が1000万ぐらいある人がその半分の500万円を使ってトヨタの株を買った年は消化すると毎年10万円ぐらいの配当収入が得られるわけでございますそして現在にさという制度がありますから600万円までの投資になれば配当収益には税金がかからないんですもちろん株価というのは変動しますから投資した600万円も増減することになりバス600万円を大きく割り込んでしまうことだってあるでしょうしかし購入した時の持ち株数は減りませんから配当は当初の株数文だけきちんともらいます豊田が例年並みの配当を続けていれば例年並みの配当収入は得られるわけでございますだから株価の増減には目をつぶってひたすら配当収益だけを目的とするならば今のところ断然銀行預金よりもいいということでございます銀行預金の場合事実上無配当が続いているからですもしすぐに必要でないお金を持っているのなら配当目的で株を購入するというのはありなのではないかと著者は言っているわけでございますトヨタよりも高配当を続けている企業もありますのでそういう株を研究してもいいでしょうまた自分で分からなければ市保険会社などに行って20年間で2%以上の配当を続けている会社を教えてくださいと言えば喜んで教えてくれますしかし繰り返しますが株の投資には元本割れがつきものですし運が悪ければ企業が倒産したり不祥事などによって株が紙くず同然になったりすることもありますその危険性は重々ご承知くださいそれでは3件の内容をまとめておきましょうかポイント1株で儲ける本を読んでも株投資で大儲けできるわけがないなぜなら大儲けしているのならば本なんて書かずに著者は自分で投資するからであるポイントに天才投資家でも確実に儲けるのは無理だし証券会社などで働いているプロのトレーダーであっても5%の収益を上げることができればいい方なので資金力のない素人が勝てるわけがないポイントさん素人が株で儲けられる唯一の方法があるそれは株を値上がり目的で買うのではなくて配当目的で購入することであるそれではラストを予言で不動産投資は儲かるのかということについて解説していきたいと思いますさて昨今新聞やネットなどでアパート経営を進める不動産屋の広告もかなり目につくようになりましたそのためかサラリーマンなどでアパート経営をする人が増え2016年にはアパート向けの融資が過去最高を記録していますつまりはローンを組んでアパートを建てる人が激増したというわけでございますサラリーマンの中にはなけなしの貯金をはたいて一攫千金を夢見て不動産経営を始めた人も結構多いようです確かに不動産賃貸業は長い時間ずっと収入を得ることができます貯金であればだんだん減っていきますよね昨今の低金利では利息なんて全くあてになりませんしかし不動産賃貸収入はずっと定期的に入ってくる可能性があるものですだから貯金でお金を寝かせるよりは不動産に投資した方がいいんだよというわけでございます例えば定年を5年ほど 10代の人が3,000万円を不動産に投資したとします不動産投資をしていれば一定の収入がずっと入ってくる可能性があります30年40年と定額の収入が得られるかもしれないわけです一方もし3000万円を投資せずに貯金していたとしますそれとこの3000万円は年月とともに減っていくだけですそれを考えれば不動産投資は非常に魅力的に映るものと思われますがしかしでございますよ特に今不動産賃貸を始めることは非常に危険だと思われます現在でさえも少子高齢化で空き家問題などが生じており家が余っているというのが現状なんですしかも先ほど述べたように最近賃貸アパート賃貸マンションが急激に増えているんですよこの条件の良い物件でないと収益的に成功するとは思えません著者は10年前の著書の中でサラリーマンは不動産賃貸をしたほうがいいと述べられています確かにその頃であればサラリーマンが手っ取り早く副収入を得るには不動産賃貸は使い勝手が良かったんですしかし現在はもうすでにそういう時代は過ぎているんです頃合いを見計らって余計な賃貸物件は売却すべきだと思われますもちろん物件にもよりますと真武の駅地下にあるような物件ならばまだあと10年20年は大丈夫でしょうしかしそういう物件でもありますし購買時の競争も激しいものですまた不動産投資において一番美味しい物件安い場所はすでに金持ちになどによって抑えられているものがほとんどでございます空き家が出てもすぐに入るような利便性の高い場所はとっくに誰かが抑えてしまっているんですそしてそのような美味しい物件はなかなか手放されることはありません昨今のサラリーマンたちが手を出している不動産物件というのはあまり収益が見込まれず既存の投資家や不動産会社が手を出しかねているものばかりでございます不動産に関してよほど知識があり絶対に収益を上げられるという自信がある人以外は安易に不動産業に手を出すべきではないでしょうサラリーマンのにわか不動産経営のほとんどは大損しているということもデータ的に分かっているからでございますそれでは予言の内容をまとめておきましょうかポイント市今不動産賃貸を始めることは非常に危険である少子高齢化で空き家問題などが生じており家が余っているのに加えて最近賃貸アパート賃貸マンションが急激に増えているだからよほど条件のいい物件10台と収益的に成功するのは難しいポイントにそしてそのような美味しい物件はサラリーマンには回ってこない昨今のサラリーマンたちが手を出している不動産物件というのはあまり収益が見込まれず既存の投資家や不動産会社が手を出しかねているものばかりであるそれでは本日のハイライトリーム参りましょうか1件で皆専門家に騙されているという大前提を2件で仮想通貨で1億円稼いだのは一万人に一人であるという仮想通貨のファクト3件で素人が株で唯一儲けられる方法を紹介し予言で不動産投資は儲かるのかということについて解説してきましたさて皆様いかがでしたでしょうか本日はねなかなか夢のない話をしてきましたしかし投資で簡単に儲けることができないなんていうことは少し考えればってあれにでも分かるはずなんです投資で簡単に儲けられるのならみんなが今頃お金持ちになっているはずですよしかし周りを見渡してくださいあなたの周りの人は投資でお金を増やすことができているでしょうかもしあまりいないとしたらそれが真実でございますさて本書にはまだ紹介したい内容があったんですが時間の都合上泣く泣くカットした部分がありますのでこの動画を見てこの本に興味を持っていただけましたらぜひ一度手にとって読んでみることをおすすめいたします今回の動画によって皆様の金融リテラシーが少しでも上がれば私はとても嬉しく思います本日は以上ですこの動画がためになったという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながりますので高評価ボタンとチャンネル登録どうぞよろしくお願い申し上げますまた本400ちゃんねる論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルを頑張って更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクからこれらのチャンネルも訪れてみて頂けると嬉しく思いますそれではまた次の動画で皆さんと一緒に学習できることを楽しみにしておりますよまた次の動画でお会いいたしましょう本日は長々とご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事