【おすすめ書籍】『老けない人はこれを食べている(森下 えみこ[著] 牧田 善二[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

created by Rinker
¥1,100 (2021/10/23 04:02:57時点 楽天市場調べ-詳細)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『老けない人はこれを食べている(森下 えみこ[著] 牧田 善二[著])』の紹介これは多くの人の願いですでも実際には年齢より若く見える人と老けて見える人がいるのは何故なんでしょうか皆さんどうもこんにちはあ様です本日ご紹介するのはこちらのチャンネルでも何冊も紹介させて頂いています牧田クリニック院長の牧田善二先生ちょっと老けない人はこれを食べているんです医学的な研究によって毎日の食べ物が廊下の鍵を握っていることは明らかになっています何を食べるかどう食べるか日常の生活で何を気をつけたらいいのかそんな疑問に答えてくれている本日ご紹介するときになります帰りに興味がある方は本日の動画を最後まで見てくださいさて早速内容と行きたいところですがその前にあなたの本当のチェックしてみましょう自分は若い方だと思っている方は多いですが本当にそうでしょうか次の質問の中で当てはまるものの数を数えてみてください唐揚げトンカツなどの揚げ物が好き肉料理はステーキや焼肉が好き魚料理はお刺身より焼き魚の方が好き生野菜を食べることが少ない甘辛い味付けが好き同世代の人よりシワシミが多い気がする喫煙者であるまたは喫煙者であった若い頃はぽっちゃりとしていた若い頃は海水浴などで肌を焼くことが多かった健康診断で糖尿病血糖値が高めだと言われた外出する時に UV クリームなどあまりつけない結果はどうでしょうか以上の質問に三つ以上当てはまった方は体の糖化が進行し老化物質 AGE が体内に溜まっている可能性が非常に高いですこの状態が続くと数年後にはシミシワばかりではなくがんや糖尿病認知症になる危険性も高くなると著者は言うんです恐ろしいですよねぜひ本日の動画をきっかけにつけない生活習慣を見直してみましょう本日ご紹介する内容は以下の三つです第一章老けない人が食べている食品第2章本当に肌にいいスキンケアをする第3章お酒やスイーツも賢く楽しむどの章もすぐ実践できるとても実用的な内容になっています是非最後まで見て言ってくださいそれでは早速参りましょう第一生老けない人が食べている食品さて第一小では本書のタイトルにもありますつけない人が食べている食品について解説していきましょうまず具体的な食品名を挙げる前に基本的な知識を復習しておきましょう身体を老化させるものは一体何かそのことに関して多くの研究者が調べた結果近年注目を浴びているのが10日です10日とは分かりやすく言うとこんがり焼けたパンケーキにできる苔のことですそしてその焦げが体内で起こることによって老化が進行してしまうんですそんな糖化反応によって作られる廊下に深く関わっている物質を AGE と言いますこの AGE はブドウ糖などがたんぱく質と結合して生まれるんです糖質とたんぱく質を同時に加熱することによって老化の原因物質 AGE が生まれるんだということをしっかりと押さえておいて下さいこの基本さえ押さえておけば自分で拭けないための食品を選ぶことができるようになります例えば本書で紹介されている老化を進めてしまう食べ物ワースト3はフランクフルトソーセージベーコンフライドポテトですがどれも糖質やたんぱく質を高温で調理したものですよねこのような糖質やタンパク質の高温調理を避けることだよ勝手に老けない食事となっていくんです例えば魚を食べる時はお刺身でお肉を食べる時はしゃぶしゃぶでこのように出来る限り生や低温調理の料理を選択するそれだけで十年後二十年後大きな差がつきます是非気をつけてくださいさてそれを知った上で老けない食事の大原則について見ていきましょうまず就職の中で AG がもっと少ないのはご飯ですもちろんご飯の中でもおこげは AGE の値が高くなってしまいますので注意してくださいまたタンパク質件については基本的には魚介類よりも肉類の方が AGE が多めだという事実も知っておきましょう肉類は食べるのに加熱をする必要があるためさらに AG が増えてしまいます魚介類を加熱調理した場合でも肉類と比べると AGE の量は少なくて また乳製品ではチーズが要注意ですチーズが熟成する長い期間に AGE の元である糖質とタンパク質が一緒に存在し反応してしまうからですカッテージチーズやクリームチーズなどを熟成させないチーズなら大丈夫ですまたたんぱく質源としてオススメなのは卵です AGE の値が低くさらに栄養価の高い卵はとてもお勧めできる食品ですただしもちろん油で加熱してしまうと一気に AGE の量が増えてしまいますのでゆで卵や温泉玉子をまたは生の状態で食べるようにしましょう続いて野菜や果物こちらは全体的に AGE の量が少なめです積極的にたくさん食べるようにしましょう続いて栄養素についても見ておきますビタミン B 1とビタミン B 6は10日を抑制したり AGE の発生を抑えたりする働きがあるため若さを保つために欠かせない栄養素だと心得ましょう豚肉やうなぎたらこナッツ類で叩きさんまあさりニシンなどに豊富に含まれていますその他にも積極的に摂取しておきたい栄養素としてはビタミンa ビタミン C ビタミン E そしてポリフェノールがあります食材を選ぶ時はこういった栄養素を意識して選ぶと良いでしょう館では具体的にどういった食品が老化を防いでくれるような食品なのか食品名を挙げてみていくことにしましょう本書では30品は若さを保つための食材が紹介されていますが本日はその中から五つピックアップしてご紹介したいと思いますまず一つねレモン酢ビネガー梅干し一日一個で医者知らずという言い伝えもあるように古くから人間の健康に役立っているクエン酸レモンやゆずなどの柑橘類やその強烈な酸味の元となる成分ですこのクエン酸には新陳代謝を助ける働きや血液をサラサラにして疲れを取る働き殺菌作用などがあります老化を抑える働きとしてはクエン酸には抗酸化作用抗糖化作用があります高騰化作用は空き地慣れないかもしれませんがクエン酸を含む食品と料理を一緒にとることによって10日の害を防いでくれるんです例えば揚げ物にレモン汁をかけるだけで料理に含まれる A C の量が半分近くに減ったという研究結果もあるんだよ空にクエン酸は体内でも糖代謝を促してくれますこういった点からも唐揚げにレモンをかけるというのはありにかなった行為なんです酸味が苦手じゃないという人はぜひ積極的に利用していきましょう老化を防いでくれる食品二つ目はアボカドですアボカドにはタンパク質やビタミン B 群カリウムマグネシウムなどのビタミンミネラル類そして食物繊維などアンチエイジングにとって優秀な成分がたっぷりと含まれていますなんかでも特に注目したい栄養素がビタミン E ですビタミン E は若返りのビタミンといわれ L ほど高い抗酸化作用を持ち細胞の老化を防ぐ働きを持っているんですまたアボカドの死亡文のうち8割ほどは血液をサラサラにしてくれるオレイン酸やリノール酸ですリノール酸には肌を乾燥から守る働きがありオレイン酸には糖質を脂肪として溜め込むのを防ぐ働きもありますただしリノール酸はオメガ6脂肪酸という印象を促してしまう死亡でもあるため取り過ぎには注意が必要だということを合わせて覚えておきましょう老化を防ぐ食品見つめわかめこんぶわかめや昆布といった海藻類は日本が誇るフローの薬ですどちらもミネラルやビタミンなどの栄養素がたっぷり含まれていて体の酸化糖化を防いで新陳代謝を活発にし骨も丈夫にしてくれるんですどちらにも滑りがありますが滑りの正体は食物繊維です中でも多いのがアルギン酸という水溶性の食物繊維アルギン酸には食べ物の塩分を排出血圧の上昇を抑える働きや血液をサラサラにしてコレステロールを減らす働き腸内細菌のバランスを整える働きもあるんですさらには水に溶けて便のかさを増やす不溶性食物繊維もたっぷり含まれているため腸活という観点からも積極的にこういった海藻類を取り入れていって欲しいと思いますよつめの食材は生姜です生姜は香辛料の一種で高い殺菌作用をもちます雷蔵から温め免疫力を上げる食材として有名ですがアンチエイジング食材としてもとても優秀なんですこの生姜ですが実は生と加熱した状態ではそれぞれ異なるメリットがあります生の生姜の主な成分は英語名の神社の由来となったこのジンゲロールには血行を良くする他喜力を高めたり酸化を抑える作用などがあります一方でアンチエイジング効果が高いのは加熱乾燥した状態で増加する これらの成分の抗糖化作用は食品中でトップクラスなんですどちらも生と同じ血行促進免疫力アップ抗酸化作用に加えて便秘解消コレステロール値の低下脂肪の燃焼を助けるダイエット効果大蔵内側から温める効果なども期待できますただし高温で加熱し続けてしまうと別の成分に変わってしまうため100摂氏温度以下での調理がおすすめですよく健康本で紹介されている生姜湯生姜紅茶などで摂取していくのがいいでしょうさて最後に包めに紹介する食品はニンニクです独特の匂いを保つにんにくですがその匂い成分が老化やガン封じてくれますこの独特の臭いのもとはアリシンという成分ですこのアリシンは切ったり刻んだりされて細胞が壊れることで発生します高い抗酸化作用を持ち細胞の老化を防いでくれますまた血液をサラサラにしたり柔軟性物質を取り除くという作用もあるんですまたビタミン B 1と組み合わせることでパワーを発揮するのもあり神の大きな特徴ですビタミン B 1を多く含む豚肉やきなこ大豆食品うなぎ駒などと一緒にとることをお勧めいたしますさてということで老化を防いでくれるおすすめの食品井筒を見てきました復讐しますと市レモン酢ビネガーにアボカドさんワカメ昆布4小学校にんにくこの5種類について解説させていただきました本書の中ではその他にもワイヤーコマ高カカオチョコレートなど美容やアンチエイジングに役立つ職員が多数紹介されていますので是非さらに詳しい情報を知りたいという方は本書を手にとってお読みいただきたいと思いますそれでは第1章をまとめておきましょうポイント市農家の主な原因であるとかを知るためには食材はなるべくんなまや低温調理で食べることがたいつであるポイントに主食はお米たんぱく質源としては魚や卵また野菜や果物類などを積極的に摂取することが大切であるポイント3老化を防いでくれる栄養素にはポリフェノールやビタミン B 群ビタミンa ビタミン C ビタミン E などがある第2章本当に肌にいいスキンケアをする食事に関しては私たちのチャンネルで数多くの情報を発信していますので少し別の角度からアンチエイジングについて考えていきたいと思いますということでこの章では食事から少し離れ本当に肌にいいスキンケアをするために認識するべきことについて三つのポイントをお話ししたいと思いますその三つのポイントはポイント15 AG コスメを選びましょうポイントにマッサージは美肌の自殺行為ポイント3紫外線で人は吹ける紫外線対策は年中無休で行うですそれぞれ詳しく見ていきましょうまず一つ目 kg コスメを選びましょう AG による表皮の黄ぐすみはスキンケアで改善できます具体的には肌の汚れや古い皮脂を完全に落とし AGE コスメでケアをするこれだけなんです現在 AG 対策に有効とされている成分はブルーベリービルベリー果実エキスイチョウの葉セイヨウオオバコ種子ブラックティーファーメントカラギーナンマロニエどくだみセイヨウサンザシカルノシンカテキンビタミン C ピリドキサミンリン酸などがありますこれらの成分は分子量が小さいので肌にきちんと浸透してくれますどれがいいのかわからないという方はこう AGE をはっきりと歌っている製品を選べば間違いありません是非試してみてくださいフタツメマッサージは美肌の自殺行為肌を絶対にこすらない動かさないことマッサージやエステでの施術はむしろしわを増やす知っているか知っていないかで見た目年齢に大きな差が生まれますそもそも額眉間目尻などにシワができやすいのはよく動かす場所だから何ですですからマッサージなどで無理に表情筋を動かすとシワができやすくなりますまた肌は老化すると硬くなって弾力性を失いますのでそんな肌を無理に動かすのはわざわざ折れ皺をつけるようなものなんですクレンジングや洗顔化粧品を使った保湿の時の指輪手の動きにも注意してくださいどのアイテムも必要な量をきちんと使いテレ肌に直接触れないことを目指すくらいがちょうどいいんですもちろんタオルで拭くときも怠らないようにしましょうさあて三つ目紫外線で人を助ける紫外線対策は年中無休で行おうまず絶対に覚えておいてほしいことは紫外線で人はふけるということです理由は紫外線が当たった肌が赤くなったり暗くなったりすることですがこれはコラーゲンなどに掲示 AGE は焦げた褐色でありシミやくすみを作ってしまいますさらに紫外線の中には肌の奥の真皮まで届く波長をもつものがありそれらがコラーゲン線維を AG 化させてしわの原因となってしまうんですまた紫外線が肌に入ると活性酸素の発生しますこの活性酸素が細胞を酸化させることもシワやたるみの原因となります紫外線による肌の老化を光老化と呼び10日と3日の岩場合わせ技でシミシワたるみが増えハリや柔らかさが失われてしまうんです実際に紫外線が AGE を大量に作り出すという研究結果もあります20代の女性の例ですが日光に当たる機会が多い顔と機会が少ない腹部や胸などでは真皮に含まれる AGE の値に22倍以上もの差があったんですが紫外線に関してはとにかく体に入れないことが大切だと覚えておきましょう目に入ると白内障の原因にもなるといわれています帽子をかぶるだけでも約2割紫外線カットのサングラスをかけている場合9割くらいは入る量を減らすことができます夏場は肌の露出はなるべく避けしっかりと日焼け止めを塗りましょうまた紫外線カットは夏だけではなく一年中常に心がけておきましょう雨の日でも晴れた日の約3割曇りの日には約6割の紫外線が地上に届いています違い線対策は年中無休で行うことが大切なんです以上本当に肌にいいスキンケアをするための三つのポイントについて解説させて頂きました第2章のまとめとして三つのポイントを確認しておきましょうポイント15 AG コスメを選びましょうポイントにマッサージは美肌の自殺行為ポイント3紫外線で人は吹ける紫外線対策は年中無休で行おうでした第3章お酒やスイーツも賢く楽しむさてということで本日は食事とスキンケアという観点からアンチエイジングについて解説してきたわけですがどんなに健康的な食事法であっても我慢我慢の連続ではやはりストレスが溜まってしまいますしなかなか継続できないと思いますですので第3章では息抜きの手段としてお酒やスイーツとか四国付き合っていく方法をお話ししたいと思います全部でポイントは4点ポイント市適量のお酒はむしろおすすめポイントに3つだって食べていいポイントさん間食はしたほうがいいポイント4間違った情報に惑わされないです残りわずか頑張って聞いていてくださいまず一つ目適量のお酒はむしろおすすめ何ともお酒の好きな方には嬉しいことですが酒は百薬の長という諺があるように適量のお酒は AG 対策にも有効なですなぜかと言うとアルコールは食後の血糖値を下げる働きがあるからなんですそれはなぜでしょうが肝臓がアルコールを分解するのに忙しくなると糖質を作り出す働きが一時的に停滞しますこれによって食後血糖値を下げる作用が得られるんですさらにアルコールには AGE が生まれるのをブロックする働きもあります糖質の少ない焼酎やウイスキーなどの蒸留酒はさらに安心ですまたアンチエイジング効果を考えるとワインがおすすめ特に白ワインは痩せる効果もありますお酒が大好きだという人はもちろん適量の範囲内ですが我慢する必要はなく体にいいんだと思ってお酒を飲むようにしてみてくださいフタツメスイーツだって食べていいお酒と並んで人生の楽しみといえるものがスイーツですよねとはいえ老化につながるものはなるべくしたいですのでできるだけ糖質が少なくる高温で加熱されていないものを選びましょう例えばケーキなら焼き色のついたタルトではなく AGE の少ないクリームチーズを冷やして固めるレアチーズケーキやフルーツのプリンがおすすめですチョコレートなら糖分たっぷりのミルクチョコレートより効果顔タイプを冷たいデザートなら乳製品と糖分でできたアイスクリームより AGE を強力に抑える新鮮なブルーベリーのシャーベットがおすすめですずっと甘いものを取らないようにしようと考えているとある日急に爆発してしまって暴飲暴食してしまうなんてこともあります適度にこういった老化に繋がりにくいようなスイーツを選びつつ息抜きをしておきましょうまた糖質の高いものは食事の最初約9時には取らないようにするということもポイントです食事の最初や空腹時に摂取してしまうと血糖値が乱高下してしまうため絶対に避けるようにしてください三つめ間食はしたほうがいい驚きですが脇田先生は完食した方がいいんだとおっしゃっています食事は1日3回規則正しくとって間食はしないという食生活は正しいと信じられていますが実はこれは血糖値を上げ 健常者が同じ量の食事を一日三回に分けて食べた場合と1時間毎に食べた場合の血糖値を比較した研究によると1時間ごとに少しずつ食べた方が血糖値が上がりにくいという結果だったんです血糖値を上げないほど ade の害を防ぐことができますですから特に糖質は少しずつ分けて食べてくださいデザートの場合も食後すぐ食べるというよりは時間を空けて感触に近いタイミングでとるといいでしょうまた1日のスタートに kg 効果があるビタミン B 群ビタミン C などの水溶性ビタミンを摂りましょう朝食を抜いて昼食を食べてしまうと血糖値の急上昇にもつながってしまいますので野菜や卵をフルーツなどを朝食にしっかりといただくことが大切ですさてここはコメントが来そうな所なので追加で説明しておきましょう牧田先生はベストセラー医者が教える食事術という本の中でも1日5食6食のようにちょこちょこ食べるのが理想だと語っていますこれは血糖値コントロールの観点から食事を考えているんです一方最近流行りの16時間断食や一日一食1日2食という考え方は空腹時のオートファジーに着目した食事法ですどっちがいいノートを混乱してしまうところなんですが1日6食食べていたらオートファジーが起こりにくい逆に十六時間断食をした後ドカ食いをすると血糖値が乱高下してしまうといった具合にどちらにも一長一短あり現状どちらが良いと断言できるものではないんですどちらも実際に行なってみて自分のパフォーマンスや健康状態を観察しようする方を決めてみてくださいさてね間違った情報に惑わされない最後にお伝えしたいのが世間に溢れる情報に惑わされず正しい情報をもとに自分でしっかり考え判断をするということです残念ながら健康や美容に関する世間の情報には医学的に正しくないものも数多くあるからなんです例えばビタミン成分としてのサプリメントやドリンク化粧品などに配合されているコラーゲンこのコラーゲンは肌に塗った場合は分子量が多いため浸透することはなくまた食べた場合もそのまま体内の組織になるわけではありません体の全てのタンパク質は体内でアミノ酸によって作られていますつまり塗っても食べても美肌にはつながらないということですアミノ酸の摂取源になるという効果は期待できますがそれ以上の効果は期待できないと思った方がいいでしょうまた最近ブームにもなったココナッツオイルも発がん性が指摘されていますですのでわざわざ大量に飲んだり塗ったりすることはお勧めできませんさらに健康に良いと評判のココアは実はコーヒーの100倍の AGE が含まれている飲み物です砂糖入りのマグカップ一杯で AGE の塊と言われているフライドポテトに迫る料を含んでいるんですもちろんこれらの食品を絶対に取るなと言いたいわけではありませんたとえばココアならポリフェノールや食物繊維鉄分ミネラルなど魅力的な成分も含まれていますあの味でリラックスできるという人もいるでしょうそれらを総合的に判断して飲むことにするのであれば別のことで郷鍈治対策をすればいいんです問題なのは皆がいいと言っているからという理由だけで飛びつく子の行為なんですこれには全く意味がありませんしむしろ逆効果になることもあるということを知っておいて頂きたいんです食品やサプリメントには美容や健康に関してメリットもデメリットもあることが普通のことですどちらを優先するべきなのか自分にとっては何がベストなのかをしっかり見極める目を持って欲しいと思いいますそれでは第3章をまとめておきましょう第三章ではお酒やスイーツも賢く楽しむというポイントについてお話ししましたポイントは全部で四つポイント市適量のお酒はむしろおすすめポイントについいつだって食べていいポイントさん間食はしたほうがいいポイント4間違った情報に惑わされないでした人生はまだまだ長いですので適度な息抜きをしながら健康的な食事を継続していてくださいねいかがだったでしょうか牧田先生自身も AGE をためない生活を常に心がけているとか立っていますどういった日々の努力の結果患者さん達からも先生のお肌はつるつるしていて綺麗ですねと褒められているそうですもちろん人それぞれ入れんによって何もしなくても若く見られる人と健康を意識しているのに老けて見られる人がいると思いますですが遺伝だから仕方がないと諦めるのではなくこれまで十歳老けて見られていたところが5歳老けて見られるようになったこれだって進歩なんです年を取っているから仕方がないと諦めるのではなくまずは皆さんも今までの食生活や生活習慣を見直してみてください見た目の若返りはもちろんのこと 食事には十分に注意を払っていただきたいと思いますそんなみなさんの参考になる本として本日は牧田善二先生の老けない人はこれを食べているをご紹介いたしましたぜひ本日の動画に興味をもたれた方は本書を手にとって実際に行動に移してみてください諦めることなく7歳からでもこうえいじ生活で見た目の若返りはもちろん体調良く毎日を過ごしていきましょうここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の方が良かったよという方は是非是非高評価ボタンだけでもポチっと押していただけますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたしますまたコメントも全てチェックしておりますのでおすすめの本などありましたらどしどし書いていただけますとうれしいですということでまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますそれではさようなら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事