【おすすめ書籍】『死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい(山口勝利[著], 井上宏一[監修])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

【期間限定】ほったらかしで10万円が1億5787万円に!天才トレーダーT氏が開発したFX自動売買システム無料公開中です!

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい(山口勝利[著], 井上宏一[監修])』の紹介将来重い病気にかかって家族に迷惑をかけたくないなら自分が苦しみたくないなら一生元気に趣味や仕事を楽しみたいならウォーキングよりもジム通いよりも食事制限よりも何よりも先にやっておかなければならないことがありますそれは内臓を温めることです皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの武美でございます今回は山口勝利さんと井上博一さんの死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさいという本を解説していきたいと思います将来深刻な病気にかかって家族に迷惑をかけたくないとか辛い病気にかかって苦しみたくないとか一生健康な体で旅行や趣味を楽しみたいこれらは誰もが望んでいることであり特にこの動画を見てくださっているような健康リテラシーの高い皆様はそのように健康への思いを強く持っていらっしゃるかと思うんですそして皆さんの中にはすでに取らないように私は食事に気をつけていますとか食事で足りない栄養素はサプリメントで補っていますとか定期的に運動し睡眠時間もちゃんと取っているよと言ったふうに何かしらの健康法を毎日実践している方も少なくないのではないでしょうか心より健康に気を使っている皆様バッチリ OK でございますそれは素晴らしいことでありますしかしいつまでも健康な体でいたいなら病気を遠ざけたいならどんな健康法を始めるよりもまず先にやらなくてはいけないことがあるんだと著者は言っていますそれはつまり内臓を温めることでありますどんな健康法を試しても内臓が暖かくんなければ病気になるリスクは高いまませっかくやっている健康のための努力も無駄になってしまう可能性があるそうです内臓を温めるといってもピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんがこれは非常に簡単にできます命詳しく解説していきますがとりあえず今はどんな健康法を試しても同時に内臓を温めるということをしなければ全てが水の泡になってしまう恐れがあるという著者の指摘をまず押さえておきましょう私もこの本を読む前から体を冷やしてはいけないということは知っていましたがこれほどまでに内臓を温めることが大切でどのようにすれば内臓を温めることができるのかという詳しい部分までは知らなかったのでとても勉強になる一冊でしたですのでこれ動画を見ることでこの方いいなと思っていただけましたらぜひ一度手にとって読んでみることをお勧めいたしますでは早速なぜ内臓を温めることが重要なのかという大切なお話からスタートしていきたいと思いますそれでは本日のお品書きは次の通りです1件で内臓温度を上げれば病気は遠ざかるということを2件で内臓を冷やしてしまう三つの原因について3件で冷えて弱った内臓を蘇らせる三つの方法について解説していきたいと思いますそれでは早速1件の内臓温度を上げれば病気は遠ざかるから解説をスタートしていきましょうかではまずね内臓温度とはそもそもなんぞやというところから説明していきましょう内臓温度とは言葉の通り内臓の温度のことでございますこれは一般的な体温計などで測って出てくる数値とは異なります体温計で測るのは体表面温度と呼ばれている体の外側の温度で体の奥にある内臓の温度とは異なるんです健康な人であれば体表面温度より内臓温度が1から2°た角37.2°から38°ぐらいがありそうであると著者は言いますこの温度より下がってくると内臓は寒さで動きが鈍くなってしまいます僕らは寒すぎる部屋に入るとカチカチになっちゃって本来のパフォーマンスなんてはっきり言って行きませんよねそれと同じで内臓が冷えちゃうとその動きが鈍くなり本来のパフォーマンスを発揮できなくなりますそのように動きが鈍くなってしまうことで本来人間に備わっている健康を保とうとするあらゆる体の機能がうまく働かなくなるんです具体的には癌腎臓病心筋梗塞などのリスクが高まるほか高血糖糖尿病といった生活習慣病風邪やインフルエンザなどの感染症にもかかりやすくなってしまいますまた基礎代謝が落ちますから太りやすくなってしまいますさらに肩こり腰痛便秘胃もたれなどの症状になって現れることもあります他にも内臓温度が低いと自律神経が乱れやすくなりイライラや集中力の欠如やる気といった精神的なものにも実は悪影響を及ぼす危険性があるんですいやーこれは恐ろしいことですよね内臓の温度が低下 寒さで動きが鈍くなってしまうんだとそのせいで様々な不調が体に現れるというわけなんですねしかしですよ逆に言えば内臓温度を上げてやればあらゆる病気は遠ざけることができるということでもあるんですではここから具体的に内臓温度を上げればどのような良いことがあるのかを紹介していきたいと思います内臓温度を上げるメリット市廊下に効くに痩せやすくなるさん免疫力が上がり様々な病気を予防するそれではサクサクとねこのメリットを解説していきたいと思いますまずは一つ目の老化に効くについてですがさて私達は誰もが老化したくないと思っているそんなことは当たり前でしょうそこで皆さんに廊下に効く良い方法をこっそりと教えしましょうかそれはつまり内臓温度を上げることでございます何で内臓温度上げると老化しにくくなるのかそのか木は活性酸素にあります私たちは呼吸によって大量に取り込んだ酸素を使ってエネルギーを作り出すんですがその過程で発生してしまうのが酸化作用を持つ活性酸素でございます1日に取り込んだ酸素の約2%がこの活性酸素になると言われていますこの活性酸素はガンなどの様々な病気の原因となるほか血管や皮膚などの老化を促進させ動脈硬化やしわやしみといった老化現象を引き起こす原因となりますつまりですよいつまでも健康で若々しくいたいのならこの増えすぎると悪さをする活性酸素をいかに増えすぎないようにするのかが重要なんです実は内臓温度が下がるとこの活性酸素が増えすぎてしまうんですなぜならば抗酸化酵素という活性酸素の毒性を打ち消してくれる物質の働きを鈍らせてしまうからでございますようですから活性酸素の生産オフ会すぎないようにするためにも内臓温度を高いまま保つということが病気を遠ざけ若々しい元気な体を手に入れるためには必要な事なんですまだ活性酸素を取り除くのと会って釣り内臓温度が上がり新陳代謝が活発になることで見た目の老化も防げてしまいますそれは新陳代謝が活発になると古い細胞と若い細胞の入れ替わりが活発になりますから肌のハリやツヤが良くなってさらに細胞が入れ替わる家庭で疲れも回復するので疲れに強い体になるからでございます是非ね体の外も中も若々しさを保つために内臓温度を上げてくださいさらには肉体や見た目だけではなく脳の老化も内臓温度を上げることで予防できます最近なかなか人の名前が出てこないよーとか最近あった出来事が思い出せないよーと言うねこのような物忘れは加齢による脳の老化リオて起こるのである程度の年齢になると仕方がないものでありますですが血流を良くして内臓温度を上げてやることで脳が活性化され老化の進行を抑えることに繋がるんです脳を活性化させるには十分な酸素と栄養が必要でございますそれを運ぶのは血液つまり血流が悪くなると十分に栄養が脳に回らなくなり加齢とともに衰えてきた脳の機能をさらに弱体化させることになるんですそのため後で解説しますがヒハツというものを食べ血管を強化し内臓温度を上げ血流を良くするということが大切になってくるんですそれでは内臓温度を上げるメリットの二つ目痩せやすくなるについて解説していきたいと思いますさて痩せたいなーというのもね多くの人が思っていることだと思いますそんな方におすすめの方法をお教えしましょうそれはズバリ内臓温度を上げることでございます内臓温度を上げることで健康で痩せやすい体が手に入ります特にで何をやってもお礼言わせねーよという人は内臓温度が低下していることが原因なのかもしれませんというのも内臓温度が異常低下すると基礎代謝が約15%も低下してしまうからであります成人女性ではこれはおにぎり一個ぶんのカロリーに相当しますそして内臓温度が下がった状態が続いちゃうとそれだけで食事量が変わらなくても太ることになりなかなか痩せにくくなるんですしかし逆に内臓温度が上がると基礎代謝がアップし1日の消費カロリーが上がります食事量が変わらなければそれだけでダイエットになりますしかも基礎代謝が上がると皮膚の下に溜まっている皮下脂肪ではなく高血圧や糖尿病動脈硬化のリスクを高めてしまう内臓につく脂肪いわゆる内臓脂肪が落ちやすいと言われています 痩せたいという人にとってはうってつけのダイエット方法でございます3件でね内臓温度を上げる方法を紹介しますので是非楽しみにしておいてくださいそれでは次内臓温度を上げる三つ目のメリット免疫力が上がり様々な病気を予防するに解説を移っていきましょうかさて寒くなるとすぐに俺風邪引いちゃうんだよなという人もいれば私はここ何年も風邪引いてないでそんな人もいるかと思いますこの二人は何が違うのでしょうかその差の大きな要因の一つが免疫力のさらんです私たちの日常ではちっちゃすぎてね見えていないんですがさまざまなウイルスや病原菌が存在していますそれらから常に体を守ってくれるのが免疫システムでございます免疫力とはその力のことでこれが下がることで様々なウイルスや病原菌から体を守れなくなってしまいます免疫システムの防御能力を維持したいのならば後で詳しく解説するヒハツというものを食べてホカホカストレッチレン内臓温度を温めることが重要でございます内臓温度を1度上げると免疫力が5倍になるという意見もありますし内臓温度が1度下がると30%免疫が下がるとも言われています何を持って免疫力というのかはまだまだはっきりとした数値化ができていないのが現状で色々な意見があると思うんですが内臓温度を上げれば免疫力が大幅に上がるということはわかっています是非皆さん内臓温度を上げて健康を蝕む様々なものからご自身の身を守って下さい内臓温度が下がって免疫力が低下すると一気にがんのリスクも高まってしまいますそれは30%免疫力が低下すると体の中で新たに作られた癌細胞を見逃す可能性が出てくるからですさらにがん細胞には低音を好むという特徴が35代が最も活発に働くと言われています内臓温度が低い状態はがん細胞にとっては最適な環境なんです逆にガン細胞は高温に弱いと言われていますですからガンを遠ざけるには内臓を温めるのが重要なのは間違いありませんそれではこの辺で一見の内容をまとめておきましょうかポイント1内臓温度とは言葉の通り内臓の温度のこと健康な人であれば海表面温度より内臓温度が1から2°た角37.2°から38°ぐらいが理想であるこの温度より下がってくると内臓は寒さで動きが鈍くなり様々な不調を招き様々な病気のリスクを上げてしまうポイントに内臓脂肪を上げる三つのメリットは市廊下に効くに痩せやすくなる酸免疫力が上がり様々な病気を予防することであるそれでは厚木人間の内臓を冷やしてしまう三つの原因について解説していきたいと思いますさて1件ではね内臓温度を上げるメリットを紹介させてもらいました早速内臓温度を上げる方法をチェックをしてそのメリットを享受したいよと思われる人もいるかもしれませんがその方法を実行する前にまず内臓を冷やしてしまう三つの原因を知りこれらを取り除くことから始めなくてはいけないんです内臓温度が低いままウォーキングやマッサージなど健康に良い事に取り組むことはエンジンに不調があってうまく走れない車を無理やりなんとか動かそうとしているのと同じであると著者は言いますまずは体のエンジンである内臓を温めて元気にすることが重要ですそれから様々な健康法を試すと今まで以上に効果が実感できるはずであると著者は言っているんです皆さんの中には謎の体調不良悩まされていたり肩こり腰痛頭痛などの痛みに苦しんでいたりすぐに疲れてしまったり冷え性に悩まされていたり便秘に悩んでいるという方がいらっしゃるかと思うんですそんな人にこそ内臓を温めてほしいんだと著者は言うんですこの夜とまあ俺の平熱は36°以上で結構高いから俺には関係ない話だなと思われる人もいるかもしれませんしかし体温が高いことと内臓温度が高いことは関係ないんです体温が高くても雷蔵の温度が低い人がいるんです著者の経験上体が冷えている人はもちろんのことを温かい人であっても6割も内臓が冷えているそうですところが雷蔵の温度と言われてもなかなかわかりにくいですよね体温のようにパット体温計で測ること持って来ませんただ詳しい温度は分からないんですが内臓が冷えているかどうかを自分で確かめる方法も おへそを挟んでお腹に右手と左手を当ててみるという方法でございます上に当てた手よりも下に当てた手が温かかった場合内臓が冷えているという可能性が高いです先ほど手足が冷たい冷え性の人はもちろんのことそのような冷えの自覚がない6割の人も内臓が冷えていると言いました何でこんなにも多くの人が内臓を冷やしてしまうのでしょうかその原因はズバリ次の三つでございます市体の中から冷やす食習慣に血流を悪くする生活習慣さん自律神経を乱れさせる生活習慣これらの三つの原因が私たちの内臓を冷やしているんですですから内臓を温める方法を実行すると同時にこれらの内臓を冷やしてしまう原因を遠ざける必要があるんですね内臓を温める方法については3件で解説しますからここではそれぞれに内臓を冷やしてしまう原因をわかりやすく解説していきたいと思いますまずは一つ目の原因身体の中から冷やす食習慣についてですが一つ目は体の中から冷やす触手艦これが原因なんですね冷たい食べ物や飲み物体を冷やすと言われる食材が体の中に入ってくると内臓を直接冷やしてしまうことになります例えば本書で注意するべきだと指摘されているものに生野菜があります生野菜は体を冷やす食材の代表格だそうです特にトマトやレタスきゅうりなすと一旦夏野菜それから南国で採れる野菜や果物には要注意でございます夏が旬であったり暑いところでよく取れたりするものは水分が多いなど体を冷やす作用があると言われているからでございますしかしここで野菜を食べるなと言っているわけではないんです体を冷やすと言われる野菜を食べる場合はせめて温めてから食べて欲しいということそして極端に食べ過ぎないということが必要です逆に体を温めてくれる野菜も多くあります地下にできる根菜類人参ごぼうれんこん芋類などには温める力が備わっています野菜が好きな方はぜひそれらの野菜を積極的に食べるようにしてくださいさらには注意するべきものとして朝に食べるヨーグルトが挙げられますヨーグルトは朝に食べているよう何ていう人が多いと思いますがタイミングが良くありません朝は1日のうちで一番体温が低い時間帯です内臓が冷えている時にヨーグルトを食べてさらに冷やすことはないでしょうヨーグルトに含まれる乳酸菌の効果は昼に食べたって夜に食べたって同じですよねどうしても朝にヨーグルトを食べたいならヨーグルトを食べた後に体を温める食べ物や飲み物で内臓を冷やさないようにしましょうは生野菜とかヨーグルトとかごちゃごちゃ紹介しましたが第一にやるべきことは冷たい飲み物や食べ物を食べないというのは間違いないでしょう仕事終わりでキンキンのビールを飲みたい気持ちはわかるんですがそれはダイレクトに私たちの内臓を冷やしてしまいますまた普段から家にいるとき冷たい飲み物を飲みがちな人はぜひ常温のものを飲むという習慣を身につけて欲しいと思うんです水を飲む時も是非常温でよろしくお願いいたしますそれでは次に内臓を冷やす原因のフタツメ血流を悪くする生活習慣について解説していきたいと思いますさて二つ目は血流を悪くする生活習慣が原因です暴飲暴食をしたり血管を圧迫する衣類などを傷つけたり姿勢が悪かったり様々なことで血流は悪くなります私たちの体の中の温度が常に一定に保たれているのは血液が体の隅々まで流れているおかげです理想の内臓温度を保つために体の中で作られたんですエネルギーが血流に乗って体の隅々まで運ばれて行きますそのため血流が悪くなっちゃうと熱エネルギーがうまく運ばれなくなるため少しずつ内臓温度を下げていくことになるんです例えば包丁で血流を悪くする生活習慣として強調されているものに足湯が挙げられます足湯は温まりそうですが実は内臓を冷やす入浴週間でございますですので内臓を温めたいのならば足湯ではなく半身浴をしてください確かに足湯はお湯に足をつけている間はポカポカと気持ちいいですよねしかしお湯から足を出すとお湯につけることで拡張した足先の血管から一気に熱が逃げていっちゃうんですそのため気づいた時には湯冷め状態となって内臓を冷やしてしまう原因になるんです足門大蔵も温めるには半身浴がおすすめでございます半身浴が体の 固まる土はお湯の量を減らすことで心臓への負担が少なくんであり長く入力でき体が芯から温まるからでございます最低でも20分以上頭皮から汗が滴り落ちるまで40°以下のぬるめの湯にみぞおちより下の部分だけを湯船につけてください半身浴が苦手な人は少なくともシャワーよりお風呂に入るようにいたしましょうまた足が冷たくて眠れないから寝る時に靴下を履いているよという人も要注意でございますここでは詳しく理由までは説明しませんがこれは逆効果の習慣ですからやめてくださいそれでは次に内臓を冷やしてしまう原因の三つで自律神経を乱れさせる生活習慣について解説していきたいと思いますさて内臓を冷やしてしまう原因の三つ目は自律神経を乱れさせる生活習慣なんですね人間の心臓や血管などの臓器は交感神経と副交感神経と言う二つの自律神経によってコントロールされておりますしかし自律神経はストレス生活リズムの乱れなどによりそのバランスが乱れてしまうことがあるんですこの自律神経の乱れが原因で増えているのが隠れ冷えでございますこれは体温は高いのに内臓温度が低い人たちのことでございますさていかがでしょうか内臓を冷やしてしまう原因をここまでヴィッツ解説してきましたまずはこれらの原因を遠ざけるところから始めていこうではありませんかではここいらで2件の内容をまとめておきますがポイント市大蔵温度が低いままウォーキングやマッサージなど健康に良い事に取り組むことはエンジンに不調があってうまく走らない車を無理やりなんとか動かそうとしているのと同じであまり効果がないポイントに内臓を冷やしてしまう三つの K は市体の中から冷やす食習慣に血流を悪くする生活習慣3自律神経を乱れさせる生活習慣それでは次でラスト3件で冷えて弱った内臓を蘇らせる三つの方法について解説していきたいと思いますでは3件ではいよいよ内臓温度を上げる方法について具体的に解説していきましょうか著者は内臓温度を上げるために次の三つの方法を提案されております1究極の温め食材ヒハツかっこロングペッパーを取るに防寒テープ貼りさんほかほかストレッチではそれぞれわかりやすくサクサクと解説していきましょうかまずは一つ目の究極の温め食材ヒハツかっこロングペッパーを撮るから解説していきますさて病気を遠ざけ一生元気でいたいのならとにかく内臓を温めることが先決ですそれは決して難しいことではありませんその第一歩がヒハツかっこロングペッパーという香辛料を取ることであると著者は言います2月とはロングペッパーやピパーチ火鉢とも呼ばれる粉症の一種でございます故障と味は似ていますがよりピリッとした辛味とエスニックな香りが食欲を増してくれます初めて聞くようという人もいるかもしれませんがインドでは紀元前から食生活に欠かせない香辛料であり薬としても使われてきたそうですこの日初こそ究極の温め食材で食べるだけで十分に内臓温度を上げる効果がありますしかもヒハツの摂取方法はとっても簡単普段食べている食事にかけるだけでございますあまり見かけないようという人もいるかもしれませんがスーパーや百貨店でも更新料を多く取り扱っているところには置いてあります日髪ロングペッパーピパーチ火鉢などの名前で探してみてほしいですネットが使えるのならアマゾンや楽天などの大手ショッピングサイトでひはつやロングペッパーアート入力して検索し購入するのが一番簡単だと思いますもしどうしても見つからないという時は生姜パウダーで代用してください温め食材としてよく知られているものに生姜がありますよねしかし内蔵を温める飲んだら星がよりひはつであると著者は言います故障の代わりにかけるだけで十分でございます目安は1日たったの1 G 小さじ1/2程度で十分だと思いますこれを毎日続けると内臓温度が上がります好みや相性はありますがとにかくかけるお味噌汁やスープに一振りうどんに一振り今まで胡椒をかけていたものをヒハツに変えてみるのもよいでしょう特に肉の下味に使うのは臭みも消えておすすめでございますそれでは次に内臓を温める方法の二つ目防寒テープ張りについて解説していきたいと思います先ほど開設した日髪を撮ることを習慣にするだけでも内臓は さらに効果を上げる方法がありますそれは身体全体に届けられた熱を逃がさないようにすることこうすれば内臓温度はより上がりますそのための方法が血管が浮き出ている場所にテープを貼ることでございます名付けて防寒テープ貼りでございます冷え性の人の足が冷たくなるのは足の皮膚に近い血管から熱が逃げてしまっているからであります冷えが気になる人特に冷えの自覚がある人はまず対症療法として熱を体の外に逃がさないようにすることが大切です血管から熱を逃がさないようにするのは実は簡単です足の酸化処理フィルム状のテープを足の甲の真ん中内くるぶしのすぐ下膝の裏の真ん中といった血管が浮き出ている熱が逃げやすい場所に貼るだけでございますまだそこだけにとどまらず自分が冷えを感じているところに貼るのも効果があると思います貼るテープはどうラッグストア喉に売っている医療用の防水テープでございます暑さがなるべく薄い30ミクロン以下のものをおすすめされております商品名で言えばデルガード防水フィルムロールタイプやニチバン防水フィルムロールタイプなどがそれにあたりますロール仕様になっていますからそれを名詞程度の大きさに切って貼ってください貼り方はそれぞれテープに説明があると思いますテープは医療用ですからかぶれにくくはなっています気にならないのであれば一日中貼っていても構いませんがもし痒くなるなど皮膚に変化が起きた時は速やかに剥がすということをお忘れなくそれでは内臓を温める方法の三つ目ホカホカストレッチに解説を移っていきましょうさてこれまで紹介してきたように一月を撮ることテープを貼ることを習慣にするだけでも内臓は温まりますがさらに効果を上げる方法がありますそれは熱を作る力と運ぶ力を強化することですでは熱を作る力と運ぶ力を強化するにはどうすれば良いかそれは運動して筋肉特にインナーマッスルをつけることでございます本処理はできるだけ簡単に自宅でしかもちょっとした空き時間にできるほかほかストレッチというコスパの良いものを著者が紹介してくれています所要時間はわずか3分3種類のインナーマッスルを刺激するストレッチをするだけでこれなら誰にでもできるはずでございますそれでは内臓温度上げるほかほかストレッチを紹介しましょうストレッチは次の3種類をそれぞれ1日リセットを行ってくださいほかほかストレッチの1ヘリコプターストレッチに足上げガッツポーズストレッチさんお辞儀ストレッチ全てのストレッチを行っても良い約3分で終わります皆さん毎日忙しいとは思いますが1日3分なら取れますよねそれではそれぞれ具体的にサクサク解説していきましょうまずは一つ目のヘリコプターストレッチから解説していきますいきなりやり方ですがまず背筋を伸ばして椅子に座り両手を伸ばしたまま肩の高さまで前にあげましょう両腕を伸ばしたまま上体を右にひねりますひねり切ったところで5秒キープしましょうこれが終われば次は左も行なってくださいこれを5回繰り返すだけでございますとても簡単ですよねそしてこれが終われば椅子に座ってやったことと同じ動きを今度は買って行ってくださいこれによりヘリコプターストレッチは完了でございます次は二つ目の足上げガッツポーズストレッチについてですまずは背筋を伸ばして椅子に座り右肘を曲げて前にあげます右肘の先端と左足の膝の頭が触れるまで右肘を下げ同時に左膝をあげましょうこれを約30秒リズムよく20回繰り返してください左も同じように20回繰り返しますそして一つ目と同じでこれが終わったらイスに座って行ったことと同じ動きを今度は立ってやってくださいこれにて足上げガッツポーズストレッチは完了でございますそれでは次三つめのお尻ストレッチのやり方を解説していきましょうまず背筋を伸ばして椅子に座り両手をそれぞれの森おきましょう両手を太ももの上を滑らせながら状態を3秒ぐらいかけてゆっくり前に限界まで倒していきますこれを20回行ってくださいこれが終わったらイスに座って行ったことと同じ動きを今度は立ってやってくださいさていかがでしょうか三つのストレッチを紹介しましたとてもシンプルですから口頭で説明しても分かると思うんですが本書には2月で詳しく解説してありましたのでより詳しく知りたいという方はぜひ本書を手にとって読んでみて欲しいと思いますそれでは3限の内容をまとめて 3件では冷えて弱ったん大蔵を蘇らせる三つの方法について解説してきました一つ目は究極の温め食材ヒハツかっこロングペッパーを撮ること二つ目は交換テープ貼り三つ目はホカホカストレッチでございましたそれでは本日のハイライトリームは入りましょうか1件で内臓温度を上げれば病気は遠ざかるんだということを2件で内臓を冷やしてしまう三つの原因について3件で冷えて弱った内臓を蘇らせる三つの方法について解説してきましたさて皆様いかがでしたでしょうか今回の動画を見るまであまり自分は内臓の温度には注意を向けてこなかったようという人はね結構いるのではないでしょうかしかし今回の動画で内臓の温度を上げることの大切さを知ってもらえたと思いますぜひ本書で紹介されている方法を試したり内臓を冷やしてしまう原因を遠ざけることによって内蔵の温度魚あげてあらゆる病気を遠ざけ健康的に生きていこうではありませんが本日は以上になりますこの動画が良かったようという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップ励みにつながりますので高評価ボタンとチャンネル登録ポチッとよろしくお願い申し上げますまだ本400ちゃんねる論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルを頑張って更新しておりますので興味のある方は他のチャンネルにも概要欄のリンクから訪れてみていただけると私はとても嬉しく思いますそれではまた次の動画で皆さんと一緒に学習できることそしてどんどん賢くなっていけることを楽しみにしておりますよまた次の動画でお会いいたしましょう本日はご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事