【おすすめ書籍】『ORIGINARLS 誰もが「人と違うこと」ができる時代(アダム グラント[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

<総額5,000万円>500円~最大10万円分のバイナンスコイン(BNB)がもらえます!(2021年5月7日まで)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『ORIGINARLS 誰もが「人と違うこと」ができる時代(アダム グラント[著])』の紹介独創性は与えられるものではないすでにあなたの中に存在するのだ今日は本解説チャンネルのためです今回はアダムグラントさんが書かれたオリジナルで誰もが人と違うことができる時代という本を開設しますこの本はこんなあなたにおすすめです副業や起業をしているもしくはしたい方独自性を発揮したい方知的好奇心が強い方そんな方にお勧めの本です本書では組織心理学者のアダムグラント先生がオリジナルな人になる方法について解説しています本書でいうオリジナルな人とは独自のアイディアを思いつきそれを実現させる人のことですそして本書はアイディアを思いつく方法とそのアイデアを形にしていく方法について徹底的に解説してあるとてもお勧めの本ですではとりあえずいつも通り最初にこの動画の結論を言っておきます結論オリジナルな人になるためには二つのことが必要であるまず既存のものをよく理解しその中に疑問を見いだすことそしてリスクのバランスをとることこの二つであるそのための具体的な骨としてリスクを取らない情熱を持たないあえて先延ばしをするなどが有効であるというわけでこの動画では1オリジナルな人とはにアイディア出しにおいて一番大事なことされて先延ばしした方がいいものという順番で解説していきますのでぜひお楽しみください市オリジナルな人とはまずそもそもオリジナルとはどういう意味でしょうかオリジナルとは直訳すると独自性という意味ですですのでオリジナルな人は独自性がある人ですしかし本書でいうオリジナルな人とは独自性があるだけではありませんたんに独自性のあるアイデアを思いつくだけにとどまらずそれを実行に移し実現させる人これこそが本書でいうオリジナルな人ですつまりオリジナルな人は二つの要素で構成されますアイディアを思いつくことそしてそれを実現することこの両方ができる日こそがオリジナルな人ですでもってこの思いつくことを実現することをそれぞれの具体的な方法について解説してあるのが本書ですこのようなオリジナルな人になるためには必要な基本姿勢が二つありますそれは既存のものをよく理解しその中に疑問を見出すということそしてリスクのバランスをとるということこの二つで一つ目の既存を理解しその中に疑問を見出すというのはアイディアを思いつくために必要な姿勢ですそして二つ目のリスクのバランスをとるというのはそのアイディアを実現するために必要な姿勢ですではそれぞれ掘り下げていきますではまず一つ目の既存のものに疑問を持つについてアダムグラント先生は風邪での感覚が大切だと言いますブジャデこれはデジャブの反対ですデジャブは分かりますよね見たことないものとか初めてのはずの経験になぜか既視感を覚える感覚や経験のことですこれがデジャブですこのデジャヴの反対がブジャデですつまり初心者ではすでに知っているものの中から新しい発見をすることですこのブジャデの感覚が新しいアイデアを出すために大事な姿勢です基地のものの中に新しい発見をするこれは別の言い方で言うと温故知新とも呼ばれたりします既存のものについてしっかり理解し詳しくなるその結果新しいアイディアが生まれるということです既存のものをきちんと理解した上でなぜここはこうなんだというような疑問点を見出すそこに新しいアイディア独自性のあるアイディアの可能性がありますでは次に二つ目リスクのバランスをとるについてアダムグラント先生は本書で何度もこのように繰り返していますオリジナルになるためにはリスクを冒すことは必要ではないオリジナルな人達は私達が思ってるよりずっと普通の人たちだこのように何度も何度も言っていますというのも数多くの研究成果がこのように示していますリスクを嫌いアイディアの実現可能性に疑問を持っているような人が起こした会社の方が存続する可能性が高いどうですかねこれあいかもしれません企業かと言うとなんだかリスクをバンバンとっているギャンブラーみたいなイメージがあるかもしれませんしかしそうではないんですね成功している起業家は一般的な人よりもむしろリスクを嫌うということが研究報告で上がってます成功している企業日ほど回避できるリスクはとことん開始しているそうです実は人並み以上にビビりなんですねしかしだからこそ不要なリスクは出来る限り回避し本当に取る必要がある最終的に残ったそのリスクだけを取るそういう戦略をとっているからこそ大成功しているということですまた似たような観点としてリスクのバランスをとることも大事ですというのも例えばうまくいっている起業家は意外にも最初は副業として起業しますそれから12年くらいは本業のサラリーマンとかを続けながら副業として取り組みながら事業を伸ばしていくパターンが多いそうですこれは面白いですし結構意外じゃないですかねこのように皿 安定を簡単にしてない方がいいですそのようにしてリスクのバランスをとれば副業の方ではリスクを取りやすくなれるからですまた本業があるという心の安心感がメリットになりますこの安心感がメリットになり独自性を副業の方で発揮しやすくなるとか結果的に帰って成果を上げやすいとかそういう恩恵を受けることができますリスクのバランスをとることが有利に働くということです本業のサラリーマンの方で安定を取るそうすることで副業の方でのびのびできる独自性が出せる必要とあらばリスクも取れるこのようにリスクのバランスをとることが実は大事であるとグランド先生は示していますではここまでの内容をまとめます本書でいうオリジナルな人とは単にアイディアを思いつきにとどまらずそれを実行に移し実現させる人のことオリジナルな人になるためには二つの必要な基本姿勢があります一つ目アイディアを思いつくためには既存のものをよく理解しその中に疑問を見いだすことそして二つ目そのアイデアを実現させるためにリスクのバランスをとること以上が一生のまとめです続いて二章ではアイデアを思い付くための方法その後三章ではそのアイディアを実現させていく方法について解説していきますでは続いてにアイディア出しにおいて一番大事なこと結論アイディアを出す場面において一番大事なことはアイディアを量産することです心理学者の林サイモントンは創造性に関する研究で以下のように示しましたある分野における天才的な創作者は他の人たちよりも特に創作の質が優れているわけではない圧倒的に創作物の量が多いのだと例えばロンドンフィルハーモニー管弦楽団による最高のクラシック名曲50選この中ではモーツァルトの曲が6曲ベートーベンが5曲バッハが3曲選出されていますこのモーツァルトベートーヴェンバッハは超駄作ですモーツァルトは生涯で600曲ベートーベンは外で650曲バッハは1000曲以上も制作しました600曲とか選曲とかそれだけ膨大な数の曲を作って初めて3曲5曲6曲の圧倒的な傑作を作ることができたというわけですこれは音楽の世界に限りません例えばアインシュタインアインシュタインは物理学の世界に変革をもたらした日本の論文を書いていますしかし全248の出版物のそのほとんどはごく小さな影響力しか及ぼしていませんエジソンエジソンは障害でたくさんの発明をし1093もの特許を取得しましたしかしその中でも本当に傑作だと言えるものはせいぜい四つか五つくらいですシェイクスピアシェイクスピアは20年間で37の戯曲と154の短い詩を作りましたピカソピカソの全作品は1008点以上の絵画1200以上の彫刻2800以上の陶芸12000以上のデッサこんだけ製作してやっと少数の構成にも伝わるような傑作を残しています圧倒的に量をたくさん産むことが大事なんですねそのような膨大な制作物の中から傑作が少数生まれるアイデアとはそういうものみたいです左衛門東先生によるとマイナーな製品が最も多く制作された期間はメジャーな作品が最も多く作成された機関と同時期であることが多いのだそうです事アイデア形のことに関しては施設ではなく圧倒的に量が大事なんですねそしてアイデアに関してはもう一つポイントがありますそれはアイデアの善し悪しを判断するには同じ分野の仲間の意見を参考にするということですアイディアの良し悪しについて自分とか上司とかの判断では駄目だということです同じ分野の第三者に評価してもらいましょうこれはなぜかと言うと自分で評価すると自分は自信過剰に評価してしまうからそして上司に評価してもらうとなると上司は批判的すぎるからですではそれぞれ掘り下げますまず自分で評価すると失敗しますそもそも発案者が自分のアイディアを客観的に評価できるでしょうかできませんよね人は自分の能力を過大評価する傾向があります自分は大丈夫この間なら絶対いけると思ってしまうものですまた人には真理として確証バイアスというものが備わっています確証バイアスというのは自分にとって都合のいい情報ばかりを集めたり正しいと思ってしまう場合明日のことですバイアスとは偏見のことです例えば大企業に入れば人生勝ち組だというような考えを持つ人は大企業に入ることのメリットばかりに目がいきデメリットの情報は無意識に避けてしまうこういうことになりますしかし自分では視野が狭まってしまっていることに気づくことができませんこのようにして自分のことも自分で判断しようとする際には自分の能力の過大評価確証バイアスこの2点が邪魔をするので正しい判断がしづらいですでは続いて 傾向にあるということについて自分と同じチーム内の上司は自分の考えに批判的な傾向がありますなぜかと言うと上司というような決定権を持つ人はどうしてもミスを回避する傾向になるからですこれは構造的にしょうがないですよね部下が持ってきたアイディアに対してそれを OK なのか NG なのかという判断をする際にどうしてもやはりミスを開始するという傾向になってしまいますまたそもそも人間の本能的な反応として不確実なものに出くわすと新しいものを却下し失敗するかもしれない理由を見つけようとするそういう本能的な反応がありますリスクを避けたいがために過去に成功した定番のアイディアと比べようとしますこのようなことからライス大学教授エリックデインは専門知識と経験が深まるほど世界の見方がある一定の状態に固定されてしまうという風に言っていますアイディアの良し悪しを判断する際に自分で判断しちゃダメ上司に聞いてもダメじゃあ誰に聞けばいいのおかそれは同じ分野の仲間ですこの仲間というのは自分とはチームが違う人です例えば業界は同じだけど会社は別の会社の人みたいなことですそのように分野は同じチームは違うそういう第三者に強化してもらうことが一番正確にアイディアの良し悪しを判断できますではここで第2章をまとめます良いアイデアを出す方法それはアイディアを量産することですそして量産したアイディアの良し悪しを判断するには同じ分野の仲間の意見を参考にしましょう自分で判断するのも調子に判断してもらうのもいまいち良くないですでは続いて3相手先延ばしした方がいいもの相手先延ばしした方がいいものはクリエイティブなものですクリエイティブを発揮しなければならない場面ではあえて先延ばしにするというのが有効になったりしますタイミングの問題は重要です実は真っ先に行動を起こすのには注意が必要なのだとアダムグラント先生は言いますなぜかと言うと先陣を切る方法リスクは高いからそして時間をかけることで独自性が上がるからこの2点が主な理由です賢者は時を待ち愚者は先を急ぐチャンスを最大化するタイミングをまたこのようにグランド先生は言いますいいアイディアは放置から育つと言います先延ばしにするということは生産性は下がりますが創造性は上がりますつまり目的に応じて手段を変える必要がありますアイディアや創造性に関するものは積極的に先延ばしすべきですまたはこれに関連してビジネスにおける参入タイミングの重要性についても話しています結論ビジネスにおいて先駆者である必要はありませんむしろ2番手とか3番手の方がいいですオリジナルであるには先駆者である必要はありませんなぜならオリジナルであるということは他とは異なる他よりも優れているという意味だからです1番目である必要はないんですむしろ先駆者を目指すと失敗しやすいのでやめるべきです先駆者が失敗しやすい主な理由は二つ一つ1センチ者は前例を参考にできないから難しいという点もう一つはリスクを恐れず行動する人は衝動的な決断をしがちであるという点です一つ目の先行者は前例を参考にできないから難しいということについてこれについて3000以上のベンチャー企業を調べたある研究によればおよそ3/4の企業が早すぎるタイミングで規模の拡大を試みて失敗しているそうですその規模を支えるだけの市場の需要がまだ存在しない段階で投資に踏み切ってしまっているからです次に二つ目の理由リスクを恐れずに行動する人は一番になることにこだわりすぎる傾向があるそうですとにかく一番じゃなきゃだめそのようにして一番にこだわりすぎて衝動的な決断をしがちになってしまうこれが失敗の原因になります閃いたアイディアを実現させて成功させるためにはやはりポイントがありますそれは既にある市場の隙間を見つけることもしくは早すぎず遅すぎないいいタイミングで参入できることコレラがやはり成功のポイントになりますこの参入タイミングに関してはまさしく僕がそうでした YouTube においてアニメーションで作られた学びになる動画というのが流行りだしたタイミングで参入することができました今は亡きモチベーション紳士さんがこの市場を作り次にサラタメさんが参入して市場が盛り上がりつつあるというタイミングで僕とか学識サロンさんとかハック大学さんとかが参入していきましたあれは本当に良いタイミング早すぎず遅すぎないタイミングで始めることができたラッキーだったと思っていますそういうわけで成功のポイントは既にある市場の隙間を見つけることやいいタイミングで参入できることですしかしとはいえ先駆者が有利なものもあります例えば特許に関わるものネットワーク効果があるものなどがそうです特許はまぁ想像すれば当たり前だと思いますネットワーク効果というのは利用者が増えるほど価値が高まるものを指します例えば電話とかソーシャルメディアとかがこれにあたりますそういうわけで先延ばしは言う 先駆者になる必要はない二番手三番手の方がいいという話ですこの滝の橋の有用性について本書の間役者の楠建さんも賛同しています良いタイミングが来るまで先延ばしをして良いタイミングが来るのを待つこれは確かに有効だよねとおっしゃっています色々と計画したところで本当にその気にならないと体はなかなか動きませんよね楠さんはこう言っていますなかなか思い通りにならない世の中でたまに何かうまくいくことがあるとすればそれは気が熟したタイミングで無理なく自然と行動したからだと思っている自分がやりたいタイミングで無理なく自然と行動できたから結果を出せたということですそういうわけでクスノキさんは目標を設定する時には締め切りも一緒に作れということに懐疑的なのだそうですこれ実は僕も同じでいついつまでにこの目標を達成するというふうに締め切りをつけるのはあんまり好きではないです確かに目標を設定する際それの締め切りも一緒に作ることで達成率が上がるという研究法報告は多いです実際に達成率は上がると思いますだけど僕はこれが嫌いですなぜなら機が熟せば自然に内側からやりたい気持ちが湧いてきて自然にやりますから本当に心からやりたいことだったら別に締め切りとか必要ないと思うんですよねやりたいことだから毎日四六時中やることになりますし僕のこの YouTube チャンネルも実際そういう風にして2年弱ぐらい続いていますこれは僕が大事にしている考えでもあるドーパミンドリブンに近いものがありますこのドーパミン DRIVEN は青と水とさんの書籍ブレイン鳥弁で話した内容ですざっくり概要を話すと自分がワクワクすること心の底からやりたいことに時間と労力を割くべきだという話ですなぜならそうすることで楽しいし成果も出やすいからですあおとさんはブレンドリブの中でこのように言っています私は自分が貢献したいこと興味のあるものでなければ高いパフォーマンスは出せないと思っている自分が知りたいことやってみたいことに対して純粋にのめり込むことでしか原動力にならない体まさにドーパミンドリブンであるもっと多くの人が自分のやりたいことに素直になっていいと思うそれは学びが加速するからだ僕はこれに賛同していてこのドーパミンドリブンの考えを大事にしていますそしてこのドーパミンドリブンは先延ばしをして木が熟すのを待つということに関連性があります少し話がそれましたが要はやりたくてやりたくて勝手に体が動いちゃうそんな時に行動すればいいという考え方もアリかもしれないということです木が熟すのを待つタイミングが来るのを待つ特にクリエイティビティな場面ではそういうことが必要有効になってきますあんまりあれもこれもやらなきゃやらなきゃと思わなくていいということですそのような義務感から行ったところで楽しくないし成果は上がりづらいですよねというわけで先延ばしは生産性は下がるが創造性は上がるという話でしたではこの辺りで最後に内容をまとめます1オリジナルな人とは単にアイディアを思いつきで終わらずそれを実行に移し実現させる人で2アイデア出しにおいて一番大事なことそれはアイディアを量産することですそして同業者の外の人に客観的にそのアイデアを評価してもらうことです3相手先延ばしした方がいいものこれはクリエイティブな場面です先延ばしにすることで先陣を切ることのリスクを避けられるし時間をかければ独自性も上がりやすいです最後に本性オリジナルズの最後の1文を引用しますオリジナルでいることは幸せに至る道としては決して簡単なものではないしかしそれを追い求めることの幸せは何にも代え難い確かに結果や成果も大事だしかし自分のオリジナルを追求するということはそのプロセスこそが一番楽しいものだよねということですプロセスそのものが幸せだということは初めから失敗がなくどう転んでも成功なのだと言えるかもしれません是非あなたもあなただけのオリジナルを目指してみてはいかがでしょうか今回紹介した本オリジナルズ誰もが人と違うことができる時代についてまだまだ症できていない部分が多いですお勧めの本ですのでぜひ読んでみてくださいいつも通りリンクは下に貼っていますというわけで今回の知識が何か少しでもあなたの人生の役に立てれば幸いですこのようにこのチャンネルでは本の解説と人生の役に立つ知識の紹介をしています最新の動画を見逃さないためにもぜひチャンネル登録をお願いしますではまた次の動画でお会いしましょう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事