【おすすめ書籍】『誰も教えてくれなかった 金持ちになるための濃ゆい理論(上念 司[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

created by Rinker
扶桑社
¥1,540 (2021/05/07 20:08:42時点 Amazon調べ-詳細)

<総額5,000万円>500円~最大10万円分のバイナンスコイン(BNB)がもらえます!(2021年5月7日まで)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『誰も教えてくれなかった 金持ちになるための濃ゆい理論(上念 司[著])』の紹介人生の悩みの9割はお金で解決できる子言われてあなたはどのように感じたでしょうかなりてんだこの野郎人生にはもっと大切なことがあるに決まっているだろうと反論する人もいるでしょうしかしそう反論する人でもお金が私たちの生活の土台を支えているということをお金がなければ私たちは生活することができないからお金は大切なものの一つであるということについては同意せざるを得ないでしょうお金が全てではないかもしれませんが何をするにもお金は必要でございますその現実はどれだけ否定したところで変わりようがありませんしかし問題なのは私たちの生活の土台にある大切なお金について私たちは正式な教育を受けていないということでございますお金についてよく知らないまま私たちは社会に放り出されお金について知らないばかりに様々な損をした誰かに搾取されたりしていますそんな搾取される側に立たないために私たちはお金についてある程度自分で勉強しなければいけないんですそこで今日はこの動画を通してしっかりとお金についての知識を一緒に深めていこうではありませんが今回は経済評論家上念司さんの最新刊誰も教えてくれなかった金持ちになるための子優位理論を要約して行きます早速本日のお品書きは次の通りです1件で人生の悩みの9割はお金で解決できるということを2件でじゃんけんで100回勝ちたければ最低300回勝負すれば良いということを3件で誰にでもチャンスは巡ってくることを理解せよということについて解説していきますでは早速一元の人生の悩みの9割はお金で解決できるについて解説していきましょうか筆者はまずこの本の冒頭で人生の悩みの9割はお金で解決できると主張しております1割絶対に解決できない問題もあるんですが9割解決できれば多くの人が満足するでしょう例えば次のような悩みがあったとしましょう美味しいものが食べたい海外旅行へ行きたい家が欲しい車が欲しい学校へ通いたい仕事をしたくない家事をしたくない私たちの人生というのはこの手の即物的な悩みで溢れておりますまさに本能でございますでもその大半はお金で解決ができそうです美味しいものを食べたければ高いレストランに行けば高い確率でその願いは叶うでしょう家や車も同様です高い家や車を買えば高い確率で満足できるのではないでしょうか学校へ行きたい人は仕事を休むこととセットになりますがそれもお金さえあれば可能です家事もお金さえあれば様々な家事サービス会社を使いますしホテルで暮らすことだってっていけるでしょう皿に私たちがもっとも悩みを抱えやすいのが仕事ではないでしょうか仕事に行くのが楽しくてたまらない仕事が好きだなんて人はあまりいないでしょうできることなら仕事なんてせずに自分の時間を自由に使い人生を自由に生きたいと願う人がほとんどだと思われますしかし私たちは生きて お金で簡単に解決できてしまうからこそ実はそのことによって得られる幸福が長続きしないという面もあるんです逆に解決できない1割の問題はお金でどうにもならないからこそ幸福も長続きするんです経済学者でコーネル大学教授のロバートフランクは他人との比較によって得られる際を小さい他人との比較とは関係なく満足が得られる際のことを一小さいと定義しました小さいはお金社会的地位ものなどでございます一小さいは健康自主性社会への帰属意識良質な環境を自由愛情などが挙げられます一番の違いは小さいによる幸福は長続きしないのに対し非地位財による幸福は長続きするということであります高級車を手に入れるとその瞬間は嬉しいかもしれませんしきっと自慢したいでしょうが多くの場合やがて幸せは薄れまた別の車が欲しいと思うようになるんですお金にものを得ることによって得られる優越感は儚いものなんですねしかも自慢されて嬉しい人などいませんからあまり自慢ばかりしていると友達をなくしてしまいます地盤は幸せにはつながらないと言うべきでございましょう一方好きな人とドライブに行った思い出は一小さいでございますこの一小さいは一生ものになり得ますこう言うと結局一小さいが幸福につながるいくらブランド品などの小さいを手に入れても幸せにはなれないのならば結局お金はそんなに大事じゃないんじゃないのかそう思う人がいるかもしれませんただここで勘違いして欲しくないんです一小さいだからといってお金の力なしにタダで手に入るわけではないということでありますむしろ一小さいは小さいよりもずっと金食い虫になる場合があるんです例えばですよ学生時代に仲の良かった友達ともう一度あの頃楽しかった時代のように大人になっても一緒に時間を過ごしたいという願いがあったとしましょうかしかし現実問題お金がなければみんな働かなくてはいけないし仕事によって住む場所も決められてしまいますそうなってくると仲の良かった学生時代の友人は全国に散らばってしまい仕事をしているから休みだってあまりにないわけですからなかなか皆が集合できるなんていう状況は作れないでしょうこうして本当に大切な人間関係さえもお金が無く日々の仕事に忙殺されていると徐々に色あせてしまいます筆者も同じような悩みに勅命していたそうです学生時代は仲の良い友人に恵まれてめちゃくちゃ楽しかったしかし就職してしまったからみんなバラバラになってとてもつまらない日常になってしまった学生時代にめちゃくちゃ楽しかったらあいつらと思う一度同じ時を過ごしたいなしかしみんなバラバラに働いていて集まることもままならないそれならば俺がもっとお金を稼いで例えば会社を作ってみんなを雇えば良いのではないかそうすれば学生時代のように仲の良かった友人に囲まれて同じ日々を過ごすことができるのではないかそして実際に筆者は会社を立ち上げ学生時代の後輩などを雇ったり取引先にしてもう一度楽しかったあの学生時代を取り戻したそうですこのように考えれば本当に大切な人間関係という一小さいもお金があれば取り戻すことができるということが分かるでしょう健康自主性社会への帰属意識良質な環境を自由愛情といった非地位財を手に入れるためにはお金が必要な場合も多いんですお金がないからこれらのものにアクセスする道が塞がれているという可能性も高いんです思い返してみてくださいなぜあなたは昔仲良かったあの人と今あることができないのでしょうかそれは生活費を稼ぐために仕事をしなければならないそのため住む場所が別々になって休みも取れなくなって年末に実家に帰省した時にしか年に一回しか会えなくなってしまったその結果 LINE などもしなくなってどんどん疎遠になってしまったこういうパターンが結構あると思うんです大切な恋人と多くの時間を過ごしたいという願いがあっても共働きで二人とも仕事が忙しければなかなか叶えることは出来ませんしかしお金があって二人とも仕事をする必要がなければずっと一緒にいられるでしょう愛情や良質な人間関係といったものがお金で手に入るとまでは言いませんがお金があれば手に入りやすくなるということはしっかりと覚えておく必要があると思いました何よりも大切なことは自分の居 本質を見極めることでありますそして自分にとってのプライスレスな一小さいを知ることでございますそしてそれを得るためにはお金が必要なのかどうかをチェックすることが大切です例えば自分の欲望の放出が自然に囲まれて健康的な生活を送ることならばそんなにお金は必要ないでしょうしかし先ほどの例のように仲の良かった友人たちとの時代を取り戻すことがあなたのプライスレスな一小さいならばその人達を雇ったりその人たちを身近に置いておくためにお金が必要となるんです相当分かれば必死にお金を稼ぐ必要があるということがわかりお金を稼ぐモチベーションも高まるでしょうそれではしっかりと一見をここでまとめておきましょうかポイントは人生の悩みの9割はお金で解決できるということを家が欲しい車が欲しい仕事に行きたくないと言った即物的な悩みはお金で解決できるということそしてポイントの二つ目はお金ではほとんどの悩みを取り除くことができるしかしそれで幸福になれるわけではないということを幸福になりたければ他人との比較によって満足が得られる小さいではなく他人との比較とは関係なく満足が得られる非地位財を手に入れなければならないということそしてポイントの三つ目は一小さいだからといってお金の力なしにタダで手に入るわけではないむしろ一小さいは小さいよりもずっと金がかかる場合があるということそしてポイントの四つ目は自分の欲望の本質を見極めそれにお金がかかるかどうかチェックしようということそしてお金がかかるのならば何としてもお金を稼ごうということでございましたそれでは次に県のじゃんけんで100回勝ちたければ最低300回勝負をすればいいということについて解説していきましょう筆者はビジネスで成功したければ若いうちに着地点をイメージして長期計画を立てることが重要だと言うんですそうすればそれに向けて何度も試行錯誤ができるからであります例えばじゃんけんで100回勝ちたければ最低300回勝負すればいいだけの話です後はその300回の1回目をなるべく早く始めれば良いだからこそ若いうちに目標を持つことが大事になるんですビジネスの場合はじゃんけんをするにも一回一回お金をかけることになります初回の勝負でお金をかけすぎてしまうと負けた時に数年回復できないダメージを負ってしまうこともあります死なない程度にじゃんけんをずっと続けていくマネージメントこそが大事になってくるわけです決して勝たなくてもいいからとにかく負けないように粘ること言わはゲリラ戦を続けることがポイントであります若いうちに着地点ををイメージして長期計画を立てればお金を無駄遣いしなくなりますお金は自分が本当に大切だと思う価値観のみに使うようになりますビジネスで成功したければ簡単だ数を打てばいいしかし数を打つには金がかかるので彼は自分の大切な価値観以外には一銭も動じないという姿勢が必要なんですだからこそ若いうちに着地点をイメージして長期計画を立てできるだけ早くビジネスで一回一回お金をかけるじゃんけんを始めることが必要になってくるわけですいやーこのジャンケンで100回勝ちたければ最低300回勝負すればいいというのは名言ですよね結局私達は成功したいわけですジャンケンに勝ちたいわけですじゃんけんに勝つのは簡単でじゃんけんする回数を増やせばいいんですねそうすればいつか自動的に勝てるわけですそしてジャンケンの回数を増やすためには海野大切な価値観だけにしかお金を使わないということが大切になるんですじゃんけんし続けることさえできれば絶対にいつか勝てるのですからそれでは2件をまとめておきましょうかポイント市じゃんけんで100回勝ちたければ最低300回勝負すれば良いポイントにじゃんけんし続けることさえできればいつか勝てるのでいかにじゃんけんをし続けられるかということが重要になってくるポイントスタンプそのために若いうちに着地点をイメージして長期計画を立て彼は自分の大切な価値観以外には一銭も動じないという姿勢が必要になるそうやって軍資金を作りじゃんけんし続けることさえできればいつか必ず勝てるそれでは次でラスト3軒の誰にでもチャンスは巡ってくることを理解せよということを解説していきますさて筆者は誰にでもチャンスが巡ってくると言うんですねなんと 話でございます今設けていない僕らにもチャンスがあるなんてこの誰にでもチャンスは巡ってくる理由を理解するためにはまず経済ショックは10年に一度行ってくるという知識を知っていなければなりません歴史を振り返ってみればこのことは明らかでございます次の年表を見てください1973年第1次石油危機1986年円高不況1991年バブル崩壊2000年 it バブル崩壊2008年リーマンショック2020年コロナショックこのよりですよ経済ショックというのはだいたい10年に一度行ってくるんです経済ショックが発生するとその後だいたい10年ぐらいは回復期間が続きますしかしそれは永遠に続くことはありません10年経つと再び経済危機が起こってしまうんですこのように世の中全体の大きなサイクルはまるで海の上の大きなうねりのように押し寄せてきますこれに抵抗しようとしても沈没してしまいます逆にそのうねりに乗れたとしてもそれが永遠に続くとは限りません約10年でその時代のうねりは終わり大きな混乱を経てまた新たなうねりが発生するからでありますうねりの消失と発生について私たちは余裕をもって予想し待ち構えるぐらいでいたいものです逆に世の中は10年に1度くらい大きく変わるものであると開き直ってむしろそれを待ち伏せしてチャンスに変えることはできないのでしょうかむしろそれぐらいの根性を見せて開き直っている人ほど時期には強いと菱川言います考えてみれば10年に一度の経済ショックによって変化が起こらなければ既得権益者は永久にその場に居座り続け持たざる者は永久に持たざるママです経済ショックのような大きな変化が起こらないと金持ちはずっと金持ちのままで貧乏人はずっと貧乏人のままなんです10年に一度の大きな変化があるからこそ今儲けている人が永遠にその地位を維持することはできないしまだ設けていない私たちにもチャンスがあるんですそんなふうに考えてみるのはいかがでしょういわゆるポジティブシンキングとはちょっと違うんですね聞きはキキですがそれを変化と解釈しそれを前提に行動計画を立てるということでございますなるほどなるほど10年に一度の大きな変化があるからこそ既得権益が崩れ今儲けていない僕らにもチャンスが巡ってくるということなんですねではでは次に私たちが10年に1度襲ってくる危機に対して何を準備しておけば良いか逆に何を持っていてはいけないかこういう問題について考えてみましょうかかそのためにヒントとなるキーワードがありますそれは低空飛行ですかっこよく言えばサスティナブルなビジネスモデルでございます別に商売のみならずあなたの生活と収入のバランスも含めて自立的に飛び続けられる設計になっているかをチェックいたしましょう例えばあなたの始めるビジネスは運営コスト売上でまかなえるでしょうか最初から大きく飛躍することを狙わない狙う必要はありません例えばラーメン屋を経営するのならばざっくり仕入れと家賃と人件費と水道光熱費が売上で賄えれば OK です利益は0でも構いませんまずは持ち出しなしで商売が回っていく状況を作りましょうこれこそがまさに低空飛行でございます商売がダメになるときは大抵持ち出しになる時ですもちろん開業した当初はしばらく持ち出しになることはあります問題はそれが自分の金銭的な余裕があるうちに赤字から抜け出し低空飛行状態に入れるかどうかということでありますどんなことでも長く続けていれば何かのタイミングで突如上昇気流が発生することがあります低空飛行でもいいのでとにかく飛んでさえすればその気流をつかむことが可能ですしかし上昇気流の発生を確認してから離陸したのでは間に合わないんですねだからこそずっと低空飛行でもいいから飛んでいる状態をつくるんですつまり売り上げで経費を全てカバーできるビジネスモデルを確立することが大切なんだと筆者は言うんですなるほどなるほどね低空飛行でもいいから続けていると突然上昇気流が生じてチャンスをつかむことができるということなんですね何度も言いますが経済危機は約10年に1度のサイクルで行ってきますその時それまでの正解は になるんです新しい流れのお参りは既得権だって崩れ去る筆者はその大きなうねりと既存の業界の崩壊を目で見てきたそうですバブル期の就職活動で筆者自身が目指したのはマスコミと金融でございますどちらもバブルを代表する華やかな教会でしたがあれから30年経ってどちらも斜陽産業とかしております銀行がまさかこんなことになるとはバブルの絶頂期に誰が想像したでしょうかしかしもう銀行の斜陽産業化が明白になってバブル崩壊 it バブル崩壊リーマンショックコロナショックテレビの絶頂期をバブルのピークだった1990一連とするならば合計で4回の経済危機が襲った計算になりますこれだけ大きな変化が立て続けに怒ればどんなに絶好調だった業界でも無傷でいることは不可能なんですねこれほど帰省に守られて高学歴社員で固めたテレビ業界ですら霊園ではなかっただから今何も持っていない皆さんにもチャンスがあると筆者は言うんです今年はコロナショックという未曾有の危機が起こりましたのでここから10年ぐらいは上昇気流が発生しやすい期間であります諦めるのはまだ早いむしろこれからが勝負ではないでしょうか若い皆さんは経済危機の流れをつかんで既得権益に風穴を開けてくださいそれは皆さんの商売での成功のみならず日本の新しい産業基盤となっていくでしょうそれでは3件をまとめてみましょうかポイント市経済ショックは10年に一度行ってくるポイント20年に一度の大きな変化があるからこそ既得権益が崩れ今も受けていない僕らにもチャンスが巡ってくるポイントスターそういうチャンスをつかむために低空飛行でもいいのでビジネスを続けておくことが重要であるそれでは本日のハイライトに参りましょうか1件で人生の悩みの9割はお金で解決できる2件でじゃんけんで100回勝ちたければ最低300回勝負をすれば良い3件で誰にでもチャンスは巡ってくることを理解せよということについて解説してきましたさて皆様いかがでしたでしょうか1件で解説した人生の悩みの9割はお金で解決できるという話で私が特に重要だと思ったのはお金があれば家が欲しい車が欲しい仕事に行きたくないと言った即物的な悩みだけではなく健康や人間関係といった他人との比較では関係なく満足が得られる非地位財を手に入れられる確率が高まるということでございます筆者は誰が鯨井の人間関係を再び取り戻したいと思いましたしかしそれぞれが仕事をしていてバラバラに生活をしているのでは大学生の時のようにいつも一緒にいることはあって行けませんだから会社を起こして金を稼ぎ彼らを雇ったり取引先にすれば大学時代の人間関係を取り戻せるわけですお金を稼ぐための仕事のせいでみんなバラバラの場所に進んで休みがなかなかとれないわけですからブランド品を買うとか家を買うとかそういった煩悩だけではなくてこのような人間関係といった一小さい子お金があれば手に入れられる確率が高まるんだということはね私にとって大きな発見でございましたお金では買えない大切なものだと思っていたものがお金があることによって手に入る可能性が高まるんだということに気づかされたわけなんですねそして2件で解説したジャンケンで100回勝ちたければ最低300回勝負すれば良いという方法はとにかく数を打てばいつか成功するということでございますビジネスで数を打つにはお金が必要ですから自分の大切な価値意外にはお金は一銭も動じないことによって軍資金を作りか頭を打ちつけることができればいつか成功するわけなんですねそして3件ではピンチにこそチャンスが潜んでいるということも学びましたピンチな状況ではこれまでの既得権益にしがみついていた人たちやお金持ちが没落していくんですねその一方で新たに台頭してくる新しいヒーローも生まれるんです昔はテレビ業界が圧倒的な猛威を振るっていました個人が有名になって活躍するには事務所に入ってテレビに出る以外方法はありませんでしたしかし YouTube というものが台頭してきて何も持たない一個人がテレビ以上の認知度や収入を得ることも可能になってきましたテレビ業界にとってはピンチですが私たち個人にとっては YouTube の台頭はチャンスだったんです本書を読んだことで私自身気づかされることがいくつかありました皆さんにもその の動画列車やしその気づきをきっかけに行動する人が現れれば私はとても嬉しいです本日は以上ですまた次の動画で皆さんと一緒に学習できることを楽しみにしておりますよーまた論文解説チャンネルという論文をしっかり解説するチャンネルを運営しているのでそちらも併せてチェックしていただければ嬉しいですではまた次の動画でお会いいたしましょうご清聴どうもありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事