【おすすめ書籍】『スタンフォード大学 マインドフルネス教室(スティーヴン・マーフィ重松[著], 坂井 純子[翻訳])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『スタンフォード大学 マインドフルネス教室(スティーヴン・マーフィ重松[著], 坂井 純子[翻訳])』の紹介皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの量ですあなたは電車に乗っている時何をしていますか友達を待っている時何をしていますか現代人の多くがスマートフォンにやみつきになり通りを歩いていても電車に乗っていても待合室で待っている時にも顔を下に向けてその世界に浸ってしまっているんですねほんの少しでも手が空けばスマホに没頭してただ呼吸している状態でいたり自分の家や外で起きていることに気が付かないただそこにいるだけではわずかな時間を過ごすことも我慢できないそんな状態になってしまっているんですその影響もあって今ここに集中するマインドフルネス話題流行している本屋に行っても大量の書籍が積み上げられています2014年2月3日発行のタイム誌ではその表紙でマインドフルレボリューションを宣言しマインドフルネスをストレスで疲れきったマルチタスキング文化に心の周知を飯田サイエンス棟読みましたその特集記事を読むと健康と幸福のための施設として一般大衆がいかにマインドフルネスに取り憑かれているかを描きながらもそれを単なる最新の一時的な流行として片付けることはできないと述べているんですね今やマインドフルネスは社会のスタンダードになりつつあるんですそれは私たちの生態心理社会関係に及ぼす効果が様々な研究で確認されてきているということも大きいでしょうマインドフルネスを磨けば自分や自分と人生を共にする人々に大きな利益をもたらすという科学的根拠か人々の心に響いているんですただしその形式だけが広まりすぎているって言うのもまた事実です迷走している時間の長さを自慢したり瞑想についての知識をひけらかしたりすることは全く本筋から外れてしまってると言っていいでしょうそこで本日は基本に立ち返りマインドフルネスについての本を解説してくれている本スタンフォード大学マインドフルネス教室の紹介をさせていただきますこの本は様々なストーリーや体験談を語りながらマインドフルネスに必要な心の持ち方まで踏み込んだ奥が深い本になっています是非この度がこの本をきっかけにマインドフルネスの根底に流れる考え方それを身につけていただきたいというふうに思っています本日お伝えする内容は次の三つです第一章マインドフルネスとは第2章沈黙を聞く第3章弱さを知るですとても価値がある内容になってますので是非最後まで楽しんで聴いていってくださいでは早速参りましょう第1章マインドフルネスとはさてまず最初に説明したいのはマインドフルネスとは何かということなんですこの動画を見ている人の中にはもうそんなこと知っているよという方もいるかもしれませんが最も大切な部分になりますので再度確認の意味を込めて聞いていただきたいというふうに思っていますドフルネスを今ここに存在している自分に気づくことであるとか今ここに集中することであると言った簡易的な意味合いで理解している人もいると思いますもちろんそれも正しい意味なのですがここではマインドフルネスの意味をさらに深く考えていきたいと思いますマインドフルネスはそもそももともと古来の仏教修行のひとつであり瞑想のまさに角をなすものでありました少し難しい表現で伝えるならマインドフルネスとは半分目覚めただけの永続的な夢のような状態からよりはっきりした意識と覚醒の状態へと目を覚ます方法自分の身の性質に目覚め物事をあるがままに見ることを他の何かになろうとせず自分自身であることを証明するという概念という風に言うことができますつまりマインドフルネスとは自分が何者であるかを探り自分の世界観と自分のいる場所を問いながら意識を目覚めさせて事故や世界と調和して暮らすことなんですわかったようなわからないよなぁそんな感じですよねしかしねそれでいいんですマインドフルネスとは何かとテストで聞かれるわけではないんです正解があるわけでもないんです色々な人のマインドフルネスの定義を聞きながら自分の中にすっとしみこんできた概念を受け入れるそれだけでいいんですあなたにとって一番しっくりくる定義が正しいマインドフルネスの定義なんです続けてみていきましょうマインドフルネスの有名な提唱者であるベトナム人僧侶のティックナットハンはマインドフルネスを今この瞬間に対し気づき目覚めている力すなわち日常生活のあらゆる瞬間において人生に深く関わるという絶え間ない実戦だと説明しました彼は次のように強調しています私たちの本当の住まいは過去にはありません未来にもありませんそれは今ここにあるのです人生は ここでしか手に入らずそれこそが私たちの本当の家なのです少しずつわかってきましたでしょうかマインドフルネスとは今ここの自分の体験に注意を向けて過去や未来に意識を向けるのではなく今の現実をあるがままに受け入れることだからこそ今ここに存在している自分に気づくことであるとか今ここに集中することであるといった意味が生まれてくるのですぜひまずはこのマインドフルネスとは何かをしっかりとつかんでマインドフルネス状態とはどういう状態なのか自分で分かるようにしておきましょうさて第1章のまとめとしてマインドフルネスを考える一つの簡単な方法 ABC を見ておきましょう8はアウェアネス気づきのことですね自分が考えていることしていることをもっと意識できるようになることです自分の心や体の中で起きていることを自分の思い感情感覚を認識することです DIGA being 存在することをですね価値判断や自己批判そして何かを絶えずしていなければならないという考えを一時的に止めてただ自分の経験と共にあることですスマホをいじったりしなきゃいけないという考えを止めるそれが無難ですねそして C がクリアリティ明菱サーですねなんであれ自分の生活で起こることに注意を向けてはっきりと眺めることです自分が望むようにではなくあるがままに物事を見ることこの ABC の三つを意識するっていうことマインドフルネスが根本において考えていきましょうでは第2章沈黙を聞くマインドフルネスを実践する上で沈黙を聞く力これがとても大切になってきます先ほど登場していただいた前奏のティックナットハンは沈黙の意味についてこのように磨いていますマインドフルネスの実践中は話をしないものです外部との話だけでなく内側でも話したりしません内側で話すというのは考えることつまりこここの中で延々と続く心の会話です神の沈黙とは会話の弟子ですこれには口を使うものも頭を使うものも含まれますですがこれは私たちを抑圧する沈黙ではありませんそれは大変優雅で力強い沈黙です私たちを癒し養う沈黙ですいかがでしょうか心の会話の停止を実行しようと思うと難しく感じるかもしれませんしかし実際にはこの沈黙を聴くという行為は私たち日本人になじむ行動なんです生け花や茶道の世界をイメージしていただきたいのですがまさに沈黙を聞くことで成り立っている世界だと思いませんか一方論理ディベートに大きな価値を置くアメリカ社会では沈黙を味わうのは非常に難しいです元々原始仏教の考え方が欧米で流行り逆輸入のような形で東洋に入ってきたマインドフルネスですか私たちは成長過程でその一部エッセンスが体に染み込んでいるんです難しいなあやめたいなと思う時があるかもしれませんがもしかしたらそれはあなたがより高いレベルを望んでしまっているからかもしれないんです世界的に見たら日本人日本文化というのはマインドフルネスに向いている文化ですしその文化で育ってきた私たちはマインドフルネスの感覚を身につけやすいはずなんです最初から前走のような完璧なマインドフルネスを目指す必要はないんですすでに感覚はあなたの中にあるそう思ってマインドフルネスを続けていきましょうまた瞑想の時以外でももちろん聞く力というのは大切です聞くことには想像を超えた癒しのパワーがあるとされています十分に話を聞くことができた時には世の中を相手の視点から見られるようになり二人の間の緊張を減らし問題を解決しトラブルを未然に防ぐことができるようになります自分のかいている悩みを話した時に相手が価値判断を挟まず聞いて受け止めてくれれば気分がいい事っていうのは直感的にわかりますよね特にこの価値判断を挟まない話の聞き方というのはとても大切なんです私たちはついつい相手の話を自分の価値観に落とし込んで聞いてしまうものなんですするとアドバイスを求められているわけでもないのにこうした方がいいんじゃないという余計なお世話をしてしまったりあなたにも悪いところがあったんじゃないと言ったよけいな意見を言ってしまったりするんです話を聞くという行為は自分を空にするところから始まります聞く目的は一つだけでありその目的は相手の心を全てださせてやることを何です話をしっかりと聞くことができるようになれば相手の価値観で世界を見ることができるようになりますまたですね価値判断をしないという行為自体がマインドフルネスでは推奨されているんですねジャッジメンタルと呼ばれる物事を全て良し悪しで判断してしまう思考 疲労させたり怒りを生んでしまうっていうことが分かってきています誰もが自分なりの考えを持ち自分の意見が正しいと思っているんですだからこそ誰にでも正しいと考えるものの見方はあるとまずは認めましょう自分だけが正しいというのは錯覚なんですねただスターというのは絶対に存在するものではなく人の数生物の数だけ存在するんです誰一人として正しくもないし間違ってもいないんですみんな自分の意見主観を持っているだけですだからこそあなたの考え方価値観も疾患のひとつですし相手の意見も価値観の一つですその意識をしっかりと持って自分自身のことそして相手のこと世の中のことを考えていきましょう第2章の最後に本書で推奨されているアクティブリスニングと呼ばれている手法を紹介しましょう一つ目が物語を理解するために効く話されている言葉からその伝えられ方にまで注意を向けて語られる話を理解しようとする二つ目が全ての感覚を使って聞く相手のボディランゲージが表す非言語コミュニケーションにも注目する三つ目が心で聞く相手から伝わってくる感情に注意を払う四つ目が効いていることを知らせる自分は効いているのだと言葉やそれ以外の方法で話してに伝える一爪が耳にしたことを相手にそのまま返す聞いたことを繰り返すことで相手が心情を明瞭に話すのを助ける娘がもっと話すように促す解説や詳しい説明を求めるような質問を投げかけ興味を持っていることを相手に知らせる夏目価値判断をさせ挟まない等判断や批判は保留して話しても安全だという雰囲気を作るやつ女が好奇心を抑える相手がしたい話から逸れてしまうような好奇心や質問は押さえておくとこの爪最後が思いを共有する相手の中にポジティブな姿勢明るい兆候を探し出してそれを理由あちゃう書写の授業では最初にパッシブリスニングという5分間パートナーの話をさえぎらずに効くという練習を行ってからこのアクティブリスニングの練習を始めるということなので人の話を聞くのが苦手という方はまずこのパッシブリスニング何も言わないというところを行ってみてくださいさてアクティブリスニングに関しては話し方聞き方の本を読まれている方はご存知の方かもしれませんしかしこうやって書き出してみると新たな発見があったりしますよね例えば私は好奇心を抑えるというところが少し予想外でした自分が聞きたい話と相手がしたい話は違うというところをしっかりと意識して相手の話を遮らないように自分の好奇心を抑えておくこの考え方が抜けてしまう時があるので私自身これから注意しておきたいという風に思いました皆さんも是非一つ一つチェックしてみてください第3章弱さを知るさて第2章で価値判断をしないことの大切さを説明してきましたでは実際に価値判断をしないためにはどうすればいいんでしょうかそこに迫りたいと思いますそのために最も大切なのが弱さを知ることですここで言うよわざとは自分の価値観やだと正解明白普通のやり方について前提を根底から疑うことを表していますただしさというのは絶対に存在するものではなく人の数生物の数だけ存在する価値観は人それぞれ違うということを先ほど説明しましたがそれでも人間という生き物は自分の価値観を正しいと思ってしまう生き物なのですその考えを捨てたり自分以外の世界かも複数存在することを悟るために弱さを知る必要があるんです自分の信じている世界の危うさ価値観が絶対的でないことを知る自分の弱さを知る体験を受け入れることができれば自身の世界観を超えて一見相容れないかのような別の世界観を肯定的に受け入れることができるようになります自分の価値観と相手の価値観を合わせたより実りある可能性を理解することができるようになるんですそれは自分自身の価値観にとらわれている状態では決してたどり着くことのできない考えでありそのために渡せた文化の世界へさらに深く踏み込むための弱さが必要なんです相手を真に理解するということは相手の価値観を外から眺めて判断していてはダメなんです相手の価値観の内側に入り込み相手の価値観で物事を見つめ考えるそのためには自分の価値観を一度手放す必要があるんですよ朝の体験はそのためにありますではそのような弱さの体験をどうすれば実際に体験できるんでしょうか実際に弱さが体験できなかったら何の意味もないわけですよね価値観を手放すためには弱さを体験する必要があるとすればその弱さを体験できるのかまず自分の弱さを体験する時それは人生を支えてきた意味や目的が予期せず崩壊する時になんですね自分の置かれた 自分自身の弱さと正面から向き合うように私たちに迫る時には私たちには怒ることを操作する力なんてないし私達は不屈の存在でもないという人間の現実を意識せざるを得ないからなんですね以前ブラック企業が合宿などで新入社員の価値観を全否定して企業理念という名の価値観を吸い込むということが問題になっていましたがこれも新入社員に弱さの体験をさせているものと考えることができますもちろんそのような意図的に自分の都合のいい価値観を刷り込むために相手の価値観を崩壊させるという手法は望ましいものではありませんそういった意図的な価値観の崩壊ではなく自然と価値観が崩壊してしまうような恐ろしい失敗その時にこそチャンスはあるということなんですね例えば受験こそすべて学歴こそ全てと思っていた人が受験に失敗した時自分がこれまで信じていた価値観が揺らぐことになりますそれこそが弱さの体験談ですその時新しい価値観と出会いそれを受け入れる必要に迫られるんです今までの価値観に固執して自分は何でダメなんだと落ち込むのではなく失敗を新しい価値観を構築するためのチャンスだと捉えるんです失敗や間違いを犯すことを恐れる必要なんてないんですこれまでの価値観では考えられないようなことが起きた時にこそあなたの価値観をアップデートするチャンスなんです本当に自分の価値観を揺るがしてしまうようなそんな弱さの体験というのはそうそうできるものではありませんどうしようもないほど追い込まれた時こそチャンスなんですまた弱さを知る体験をしたら弱さを語るということもとても大切です自分が精神的に参ってしまった体験プライドをなくした体験を熱心に語ることによって自分の人間らしさ脆さ誤りがちなこと弱さを理解できるようになるからですまた自分自身の弱さを赤裸々に語ることによって心と体の健康所たいが改善するという研究結果もあるんですね是非皆さんも家族や友人仲間と自分の弱さについて語り合う場を設けてみましょうもちろん菊川の人は無条件の肯定的な関心とともに価値判断を加えずに効くしてこれを忘れないようにしてくださいということで本日のまとめをしておきましょう第1章マインドフルネスとはでは今ここに存在している自分に気づくとはどういうことなのかについて説明していきました第2章沈黙を聞くでは相手の話を自分の価値観に落とし込んではいけないという話をさせていただきました第3章弱さを知るでは自分自身の弱さを知る機会こそがチャンスであるということを説明させていただきました一つでも心に残る話ができていたら幸いです本日紹介させていただいた本はスタンフォード大学マインドフルネス教室本日紹介させて頂いた秋口から頭弱さ以外にもマインドフルな日常を送るための必要な7つの知能につい分かりやすく解説された本になりますその七つの子の音は弱さ聞く力重要感謝責任本当の自分絆つながりの7つになりますぜひ興味を持たれた方はお手にとって読んでみてくださいということでここまで長らくご清聴ありがとうございましたまた次の動画で会えることをとても楽しみにしていますということで長らくありがとうございましたさようなら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事