【おすすめ書籍】『集中できないのは、部屋のせい。東大卒「収納コンサルタント」が開発!科学的片づけメソッド37(米田 まりな[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『集中できないのは、部屋のせい。東大卒「収納コンサルタント」が開発!科学的片づけメソッド37(米田 まりな[著])』の紹介本書の目的は丁寧な暮らしや豊かな生活ではありません集中力を高める部屋づくりです本書では集中することに特化した片付け術を科学的根拠とともに紹介していきます今日は本解説チャンネルのためです今回はコメダまりなさんが書かれた集中できないのは部屋のせいという本を解説しますこの本はこんなあなたにおすすめです自宅で仕事をするかと自宅でも集中して作業をしたい方部屋の片付けが苦手な方そんな方にお勧めの本です本書では集中力を高める部屋作りの方法について解説してありますしかもこの方法は全て科学的根拠を元にしたものですこの本読んでみるとわかるのですが読むとすごく片付けがしたくなります結構お勧めの本ですでは早速いつも通り最初にこの動画の結論を言っておきます結論片付けできないのは気持ちの問題ではない片づけのルールが決まっていないことが原因である片づけのルール例えば不要なものは持たない使用頻度に応じてモノの定位置を決める週に1回30分の片付けの時間を取るなどのルールを決めておくことで集中できる環境を保つことができるというわけでこの動画では1集中力が高まる部屋三つのポイントに片付けの3ステップ31畳あれば詳細は作れるという順番で解説していきますのでぜひお楽しみください市集中力が高まる部屋三つのポイントまずはじめにこの章では科学的に明らかにされている集中力が高まる部屋のポイントを見ていきますとその前にまず前提として自宅で集中できたらそれが一番いいですよね365日24時間営業無料飲食自由空調完備移動時間0分そんな効率最高の作業場所それが自宅ですですので自宅を集中できる環境にすることはものすごく価値が高いですはいというわけで自宅で集中できることはものすごく価値が高いということを前提にはどのような環境が集中できる環境なのかこの三つのポイントについて解説していきますではその三つのポイントについて先に結論を言っておきます集中力が高まる部屋の三つのポイントそれは机に物を置かないこと未完了のタスクを取り除くことものをだしっぱなしにしないことこの三つのポイントですではそれぞれ掘り下げていきますまず一つ目のポイントは机に物を置かないことですありきたりな内容ですがやっぱり科学的にもこれが有効です机に不要なものがあると集中力が下がりますこれの科学的根拠としてはプリンストン大学の神経科学研究所の報告をはじめとする多数の研究報告があります基本的に集中したい時は物がない方がいいですここでのポイントは目に入ってくる刺激を少なくすることですなぜかと言うと脳は目に入ってくるものに対して自動的に情報処理をしてしまいエネルギーを使ってし会うからです自分では意識してなくても脳が勝手にその情報を処理しエネルギーを消費しますだからこそを机の上には必要なもの以外は置かないこれが基本ですただし逆に散らかっている方が良い場合というのもあります例えばアイディアを出したい時何かアイデアが欲しい時には片付いている部屋よりも逆に散らかっている部屋の方が効果的だったりしますまたこれ面白いことにどういう部屋で集中できるかというのには個人差がありますつまり綺麗すぎると逆に落ち着かないという人もいるということです例えば東京大学が行った研究で移住空間の散らかり度合いとストレスの関係についての研究というものがありますこの研究報告によると全体的な傾向としては部屋が散らかっているほどストレス度合いは上がりますただしこの傾向には割と個人差が見られたという報告がされています少しでも部屋が散らかるとストレス度合いがグッと上がる人もいれば散らかっても気にならないという人もいてむしろ部屋あーが綺麗すぎることにストレスを感じる人もいるそのような結果が得られました要するにどのような部屋で集中できるかというのには個人差があるということですこのような個人差はおそらく幼い頃の家庭環境とか元々の性格とかによって変わってくるのだと考えられていますそういうわけですので自分が一番集中しやすい環境これを自分で試しながら探していきましょうちなみに僕は個人的にはすっきり片付いていて机の上に不要なものが何もない方が集中できるタイプですというわけで以上が一つ目のポイント基本的には机に物を置かないですでは続いて二つ目のポイント未完了のタスクを取り除く肺に完了のタスクは取り除きましょう何故かと言うと未完了のタスクは脳のエネルギーを消費するからです未完了のタスクを取り除く具体的なやり方としてはそのタスクについてメモ帳に書き出すことですこうすることで私たちの脳はそのタスクについて考え続ける ですので脳が無駄に披露するのを防ぐことができます本書ではこのことの科学的根拠としてデビッドアレンさんが書かれたはじめての GTD ストレスフリーの整理術という本を紹介していますこの本は GTD という仕事術について書かれた本です GTD とは Getting Things Down の略です Getting Things Down を直訳すると一つずつやり終えていくみたいな意味ですこの GTD は仕事について小さく区切り正しい優先順位で一つずつやりきるという仕事術ですこの GTD では進行中の一つのタスクにのみ集中します目の前の仕事だけに向かって一点集中することで効率よく物事をこなせるという考え方です本書ではこのはじめての GTD における大事な部分を引用していますその部分をこの動画でも引用させてもらいますいかが GTD の大事なポイントです頭の中にある未完了のタスクは両親を苦しめエネルギーを消耗させる意味が異なるものが同じ場所に積み上げられているとその中身が何であるのかを見るたびに考えなくてはいけないそれにうんざりしてあなたの頭はそれについて考えなくなってしまうやらなければならない様々なことが漫然と頭を占有し続けているこれこそが時間とエネルギーを最も消費しているものの正体だ以上が GTD のポイントですこのような理由から一つずつ一点集中的にタスクを終わらせていくのが効率的だということです一つずつ着実に終わらせていくこれが有効になりますちなみにこの GTD のような考え方仕事術は僕が一番最重要視しているものでもあります基本的にマインドフルネスですよねこの GTD って今を生きる今に集中するということです結局そのようなやるべきことを一つずつ着実に終わらせていくことが一番いいと思ってますそうすることによってストレスが溜まりづらい心の余裕を保てる達成感を得られるそういう側面があると思っていますやるべきことを一つずつひとつずつ着実にこなしていくこれが仕事において一番重要だと僕は思っています精神衛生上一番いいですというわけで以上が二つ目のポイントに完了のタスクを取り除くですでは続いて集中できる部屋作り三つ目のポイントだしっぱなしにしない以上の一つ目と二つ目のポイントを踏まえてだしっぱなしにしないということを心がけるべきです振り返ると一つ目のポイントはモノが散らかっていると集中力が落ちるということでしたそして二つ目のポイントは未完了のタスクがあると脳が疲れるということでした以上のこの二つのポイントを踏まえるとものをだしっぱなしにしないということが有効になりますものを使ったらすぐに元の場所に戻すそうすることで部屋が散らからないものを使ったらすぐ元の場所に戻すそうすることで後で元の場所に戻すというタスクを終わらせることができるそういうわけで物は使ったらすぐに元に戻すだしっぱなしにしないことが主チューできる部屋づくりのポイントになりますそもそも持ち物については定位置をあらかじめ決めておくべきです天一が決まっていたら使ったらすぐに戻すだけですこれを徹底することが集中できる環境づくりのために必須ですこの定位置の決め方についてはまた後で解説しますというわけで以上が集中できる環境の三つのポイント机に物を置かない未完了のタスクを取り除くだしっぱなしにしないについてですというわけで続いてはこのような環境を作る方法具体的な方法について解説していきますというわけで続いてに片付けの3ステップここでは片付けの具体的なやり方を見ていきますまず前提として片付けにおいて重要なのはシステムです著者のコメダさんは言います片付けができないのは気持ちの問題ではありませんシステムの問題です効果的なシステムを作ることが集中できる環境を作るコツですシステムというのは具体的には片付けのルールです片付けのルールを決めておくことが最重要になりますどのような片づけのルールにするのかそれは人それぞれにはなりますが本書ではおすすめのルールが紹介してあります例えば不要な物は持たない物を置く定位置を決める使ったら元の場所に戻す毎週一回30分の片付けの時間を取る使用頻度に応じて物の置き場所を決めるなどですこのように片付けをシステム化することがポイントになります片付けをシステム化するこの重要なポイントを押さえた上で片付けの3ステップを見ていきましょう片付けには基本の3ステップがありますその3ステップとは整理収納整頓この三つです整理とは一つ一つのものに対して所有する理由を定義することですこれは毎日使うものだから持っているこれは思い出の品だから持っているこれはもうこの一年全く使わなかったから捨ててしまうというようにひとつひとつのものに対して所有する理由を定義します毎日使う物とか 毎月使うものであれば当然ステませんよねしかし年に数回しか使わないものとか年に1度も使わないものは不要であれば捨てちゃえばいいです仮に使わないものだとしても思い出の品として取っておきたいなら取っておけばいいコメダさんはそういう風に思い出のものまで捨てちまえとは言わないのがまた優しいんですよね捨てたくなければ捨てなければいいクローゼットの奥の方とかにしまっておけばいいという風に言っていますそのように整理を終えたら次は収納です収納というのは物を使いやすい状態に配置することですここでのポイントは使用頻度が高いものほど取り出しやすい位置を定位置にすることですこうすることで生活の効率が上がりますものを使用頻度別に4段階に分類しますその4段階とは使う頻度が毎日なのか毎週なのか毎月7日年に数回なのかこの4段階ですこの4段階に分けてみて頻度が高いものほど取り出しやすい場所に配置し頻度が食い物は奥の方にしまうこれが基本ですそして以上のように整理と収納を終えたら最後に整頓です整頓というのは簡単で使ったものを元の場所に戻すこれだけですつまりだしっぱなしにしないということです使ったものを元に戻すだけですきちんとステップ1と2の整理と収納これをきちんとやり終えていればこのステップ3は簡単ですそういうわけで大事なのは STEP 1の整理とステップ2の収納これになりますなぜかと言うと一度ルールを決めてしまえばそれ以降がずっと楽になるからです確かに整理と収納は最初は少し時間を必要としますが一旦行ってしまえばそれ以降が楽になりますステップ市整理によって不要なものは捨てるステップ2の収納によってひとつひとつのモノの定位置を決めるそうしておけば後は使い終わるたびに元の場所に戻すだけですそもそも不要なものは捨てるそして持ち物の定位置を決めるこうすることで散らかりづらい部屋を作れますこのような散らかりづらい部屋をコメダさんはリバウンドしない部屋と言っていますいや良い表現ですよね整理と収納をちゃんと行うことでリバウンドしない部屋を作っていきましょうというわけで以上が片付けの3ステップ整理収納整頓についてですでは続いて31以上あれば詳細は作れる一条あれば詳細は作れますそのためのコツについて本書では解説されています書斎を作るにあたって一畳あれば最低限に2畳あれば十分に参上あれば豪華に書斎スペースを作ることができますま確かに最低限椅子と机があれば行けますもんねまたおすすめの方法としては可動式パーテーションや伸縮式パーテーションで空間を区切るというのもおすすめですこういうのは1万円前後で買えるみたいですあとは家族とかがいて音が気になる方はノイズキャンセリングのイヤホンもおすすめですちなみに個人的には僕は AirPods Pro を愛用していますノイズキャンセリング付きイヤホンは集中状態に入りやすいのでお勧めですそして一番こだわるべきはやはりデスクと椅子ですデスクと椅子は疲労度合いや集中力に直結するので大事ですですけど何時において一番こだわるべきは高さです疲れにくい高さ集中しやすい高さというものがあります理想の高さはこの図が示すとおりです考えてみれば当然かもしれませんが下記仕事の場合とキーボード作業の場合では理想の高さが少し異なってきます椅子と机の間の距離のことをさせるというのですがこの差シャクガ書仕事の場合だと座高÷3-1 CM キーボード作業の場合だと座高÷3-6 CM このぐらいが理想の高さです最重要ポイントは踵が浮かないことです椅子に深く腰掛けた状態でかかとが浮かないこれがポイントですかかとが浮いてしまうと腰痛や肩こりの原因になります座る時はかかとを意識しましょうか加藤ちゃんと地面につけることで腰と日本のわしという3点で体を支えることができますそういうわけで腰痛や肩こりを防げますやはりデスクと椅子については昇降式デスクと高さ調整のできる椅子これを組み合わせて使うのがお勧めですそうすることで自分の体に合った高さに調節できますまたそれが難しい場合はフットレストで調節することも可能ですフットレストは踏み台です足置き場として使う踏み台ですフットレストは1000円くらいで買えるのでまずはとりあえずフットレストから試してみるというのもいいかもしれませんはいではこの辺りで最後に内容をまとめます市集中力が高まる部屋三つのポイント三つのポイントは机に物を置かない未完了のタスクを取り除くだしっぱなしにしないですに片付けの3ステップ3ステップは整理収納整頓特に1と2の整理と収納が大事です31条ある場所さえは作れる工夫次第で簡易的な書斎は簡単に作れます コツを紹介しましたでは今日の一言部屋作りにおいて効率化を意識することはメリットが多いなと思いました個人的には結構ここは盲点でした本書を読んでみて実際に色々断捨離して部屋のレイアウトを少し変えてみたのですが諸々の効率が上がってめちゃめちゃ住みやすくなりましたなかなかお勧めの本ですので片付けに興味がある方はぜひ読んでみてください今回紹介した本集中できないのは部屋のせい東大卒収納コンサルタントが開発科学的片付けメソッド37についてまだまだ紹介できていない部分が多いですお勧めの本ですのでぜひ読んでみてくださいいつも通りリンクは下に貼っていますというわけで今回の知識が何か少しでもあなたの人生の役に立てれば幸いですこのようにこのチャンネルでは本の解説と人生の役に立つ知識の紹介をしています最新の動画を見逃さないためにもぜひチャンネル登録をお願いしますではまた次の動画でお会いしましょう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事