【おすすめ書籍】『モンテッソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽くした オックスフォード児童発達学博士が語る 自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方 3歳~12歳 の子ども対象(島村 華子[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

<総額5,000万円>500円~最大10万円分のバイナンスコイン(BNB)がもらえます!(2021年5月7日まで)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『モンテッソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽くした オックスフォード児童発達学博士が語る 自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方 3歳~12歳 の子ども対象(島村 華子[著])』の紹介皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの滝でございます本日ご紹介する方はオクスフォード児童発達心理学博士のしまむら花子さんの自分でできる子に育つほめ方叱り方を解説していきたいと思いますお子さんがいらっしゃる方は納得できると思うんですが家庭でも教育現場でも子どものほめ方叱り方というのは難しいものです実は褒める叱るの声のかけ方次第で親子関係や子どもの育ち方に大きな影響が見られるという事を皆さんは知っていたでしょうか特に日本人に多いとされる自己肯定感の低い子供は謙虚文化による褒め右側が原因ではなくて非効率な褒め方や叱り方が原因なのかもしれないんですモンテッソーリ教育を学んでいた著者はさらにレッジョエミリア教育も学び研究しますモンテッソーリ教育の概念では個人に基づくプログラムのカリキュラムで子育ての子ルは自主性を持つ子に育てるとしていますそしてレッジョエミリア教育の概念では民主主義教育のカリキュラムで子育てのゴールを社会に貢献できる子に育てるとしているんですが令教育方法をマクロな視点で見た時どちらも子供に対する絶対的な尊敬尊重を基盤にしている教育だと感じていますそしてどちらも子供一人一人を生まれながらに能力を持ち合わせたパワフルな学習者であり権利を持った一市民としてみなしておりますこれらの大人が持つ子どもに対するイメージがこの二つの教育方法の柱となっております子供を独立した市民としてみた場合大人は子供の自分でやってみたいという自主性を伸ばすためには聞き役に回り子供が探究心を満たせるような環境づくりに励むことでしょう子供を権利を持った市民としてみた場合大人は子供の主張を尊重し共に書く勇者であるという謙虚な姿勢を忘れずに子供と接することでしょう大人のエゴのためではない子供のためのほめ方叱り方を心がけた教育とはどういうものなのか更に大人の期待や価値を押し付けない子育てとはどういうものなのかこの動画でわかりやすくご紹介していきたいと思いますそれでは早速本日のお品書きは次の通りです1件で自分でできる子に育つ褒め方について2件で自分でできる子になる叱り方について3件で子供と繋がる聴く習慣について分かりやすく解説していきますどれも子育てや教育現場でのヒントとなる内容となっております是非最後まで見ていってくださいそれでは早速参りましょうまず1件の自分で出来る子に育つ褒め方から解説をスタートしていきましょうか褒め方には大きく分けて3種類の褒め方があるという事を皆さんは知っていましたでしょうかまず一つ目はおざなり褒めてございますこれはどういうところがどういう風に良かったのか具体性に欠ける中身のない表面的な褒め方をすることを言います例えばすごいねとか上手だねと言った褒め方になります二つ目は人中心歩目でございますこれは性格や能力が意見などといった表面上の特徴を中心に褒めるものでございます例えばあなたは優しいねとか頭がいいねとかかわいいねなどがございますそして最後の三つ目がプロセス歩目でございますこちらは努力家庭試行錯誤したって銃を中心に褒める褒め方で例えば頑張ってあなたは最後までやりきったねとか失敗しても諦めなくて偉いねとかいろんな方法を試したねなどといった褒め方になります例えばご飯をこぼさずに食べた子供にすごいすごいというだけなのがおざなり歩目でございますお利口さんだねというのが人中心歩目でございますこぼさないようリうーんの持ち方を変えてみたのねと言うのがプロセス褒めになりますこの三つの中でおざなり褒めと人中心歩目が褒め方の NG となりますこんな褒め方をしている人はいませんでしたでしょうかではその理由を解説していきましょうおざなり米屋人中心歩目ばかりをしていると子どもはほめられ依存症になったり興味を失ったりチャレンジ精神が低下したりモチベーションが下がると言われています褒められ依存症になるとは褒められていないと自信が持てず外部からの承認でしか自分の価値を見いだせなくなる状態のことでございます例えば親に絵を書いてみせたとき上手への天才だねと言ってもらえないと自分の柄はダメなんだと思うようになるんですまた上手いねすごいすごいと言われ続けると子どもはほめられること自体が快感となりどうしたら次も褒められるかなと考えるようになってその結果 竹に行動するようになってせっかく楽しいと思っていたことにも意義が感じられなくなり自分が書いた絵を上手ねと言ってもらえなくなった途端褒められないのなら辞めた後ね本来は好きだったはずのお絵かき自体を辞めてしまう子供になりますまた周囲からの評判が下がることを恐れて失敗を避けるためにチャレンジすることを躊躇するようになりますさらにいつも上手と言ってもらえたら自己評価をする必要がなくなり結果子供は頑張らなくてもいいと思うようになって努力をして何かを成し遂げる必要性を感じなくなるんですここに人中心褒めプロセス褒めおざなり褒めのヴィッツの褒め方の研究例があります128人の小学5年生を三つのグループに分けて実験しました子供達全員に IQ テストを受けてもらってテストの後にそれぞれのグループに3種類の違った褒め方をしたんですグループ1人はこんな問題が出来るなんて頭がいいねえと人中心ホメオグループにには問題を解くために諦めずに頑張ったんだねとプロセス歩目を行いましたそしてグループ3個目にはよくできたねとおざなり褒めにしました次に子供達に次に挑戦する問題は簡単なテストと難しいテストどっちがいいかを選んでもらったんです結果人中心歩目をされたグループ市では67%が簡単なテストを選びプロセスを褒められたグループにの子供達は何と92パーセントが難しいテストを選択しおざなりな褒め方をされたグループさんの子供の選択は半々に分かれましたそして次に子供達に先ほどより難しいテストを解いてもらいあまり成績がよくなかったということを伝えたんですその後子供たちにこの難しいテストを説き続けたいか問題を解くことは楽しかったかと尋ねたところグループ一度グループさんの人中心おざなりな褒め方をされた子供たちの多くはもうやりたくない問題を解くのも楽しくないと答えましたがグループにのプロセスを褒められた子供たちの多くはもう少しテストを続けたい問題を解くのは楽しいと答えたんです最後に子供たちに最初に実施したテストと同じレベルのテストをもう一度実施したところグループ市能力を褒める人中心骨をした子供たちは最初の成績よりも20%低下していました一方でグループにの努力を褒めるプロセス米をされた子供達の成績はなんと約90%も上昇していたんですグループさんのお店リフォームをされた子供達には成績の変化はありませんでしたさてこの結果から何が分かるでしょうかまとめると努力を褒められた場合失敗の後にもチャレンジする意欲的な姿勢を見せる子供が多かったということでございます逆に能力を褒められたりおざなりな褒め方をあれた場合チャレンジに勅命した時に消極的で挫折する子供たちが多かったということがわかりましたこの実験結果からもわかるように人中心屋おざなりな褒め方をした場合子供の上昇志向を止めてしまう可能性があるということがわかったんですではでは次に具体的にどのような褒め方が良いのかということを解説していきたいと思います褒め方には三つのポイントがあるんです市成果よりもプロセス努力や姿勢やり方を褒めること子供を褒める時に大切なのは能力や性格を讃えるのではない取り組んでいる家庭での挑戦した姿勢やり方工夫した点などに言及し励ましてやることが大切なんです二つ目のポイントは具体的に褒めることおざなりな褒め方に足りないのはこの具体性なんです具体的なフィードバックをもらえると次へのモチベーションが上がりますみっつ目のポイントはもっと質問をすることでございます大切なのは子ども自身がどう感じたかであり親がどう思ったかはそれほど重要ではありません今日は楽しかったと聞くだけではなくて今日お友達と一緒に何をしてた時が一番楽しかったどうしてそう思ったのになどと会話のキャッチボールができさらには漠然とした質問ではなく具体的な質問をしてあげることも大切でございますさてこの三つのポイントの他にも気をつけるべき点があります親や大人は子どもに何も言わないとここ違う悪かったり罪悪感を覚えたりするのでついすごいねとか上手だねと言ってしまいがちなんですが子供が本来求めているのはそういった大人の評価ではなく何かを達成した時新しいことを発見した時嬉しいことがあった時大好きな親や大人とそれを共有するということなんです喜び興奮驚きなどといった感情を大切な人と いやことで自分の居場所があるという感覚が生まれ幸せな気持ちになれるんです分かち合うためには時には言葉ではなく頷いたり抱きしめたり笑顔を返したりするだけでもいいんですまた本当にスゴイと思ったらすごいも OK でございますこれはおざなり褒めとは非なるものでございますおざなり褒めの場合は洋服を買いに行った時に店員さんにすごくお似合いですよーとお世辞を言われると違和感があるとその人のせいに疑問を持ってしまうのと同じで親の褒め方が大げさだったりわざとらしかったりすることを子供は見抜いてしまうんですそれとこういった褒め方は効果的でないばかりかネガティブな結果を招いてしまいますしかし子供の行動や発言に心から感心したりする時もあるでしょうそんな時は自分を無理に抑えず凄いねと本音で声をかけてあげて良いんですそれでは一見の内容を少しまとめておきましょうかぽい int 1褒め方の中には人を中心褒めプロセス褒めおざなり歩目の3種類があるこの中でしてはいけないのが人中心褒めとおざなり歩目である自分でできる子に育つ褒め方はプロセス歩目であるポイントに良い骨方のポイントは成果よりもプロセスを褒めること具体的に褒めること具体的な質問をすることの三つであるポイントさん心から感心した時にはすごいねと本音で行ってあげて良いこれはおざなり褒めとは異なります以上1件のポイントをまとめてみましたこの本の中には自分でできる子に育つ褒め方の具体的な例がねたくさん紹介されておりますですのでこの動画を見てこの方がいいなと思っていただけましたらぜひ本書を手にとって読んでみて欲しいと思いますそれでは次に言の自分で出来る子に育つ叱り方について解説していきたいと思いますさて2件では自分でできる子に育つ叱り方についいて紹介します叱り方の中では罰を与える叱り方は NG となっておりますその理由を解説しましょう罰を与えるとは海抜はもちろん江東においてとなるなどや物理的にものを取り上げる行動的に無視するなども含まれますこうした罰を与える子育てをしていますとより攻撃的反発的な態度を生み出したり力を使った問題解決方法が正当化されてしまったり親子関係にヒビが入ったり罰を与えても反省を促さないような子供になってしまいますまた飴と鞭を与えるなどといった表現がありますがこれも子供の行動を上からコントロールする方法であり大人の都合に合わせたい良い方法ではありませんこの飴と鞭罰と褒美の子育て方法の落とし穴はどちらも与え続けないといけないというところにありますさらには自分のことしか考えられない自己中心的な子供になってしまうそうですではでは上手な叱り方とはどのような叱り方になるでしょうかそれには四つのポイントがありますそれぞれ詳しく解説していきましょうかまず一つ目のポイントはダメ違うを使わないということでございますもちろん道路に飛び出しそうになった時になど危険な状況においてはだめもやむを得ませんがそうでない否定的なダメとか違うといった言葉は使わないようにすることが大切なんですそうだったんだねとか分かるようなどまずは肯定的な言葉から入るようにしてください子供は否定的な言葉ばかり浴びせられていると脳にフラストレーションが爆発しやすい状態になりますその反対に肯定な言葉がけを受けると自分や他人の気持ちに寄り添う柔軟性が生まれてくるんです例えば用事がタンスの中の洋服を引っ張り出して遊んでいるとしましょうかその時ダメ何しているのではなくそっか中に何が入ってるか見てみたかったんだねこのお洋服はこの引き出しにしまうから終わったら一緒に片付けようねと声かけをしてあげると良いんですでは次二つ目のポイントは結果ではなく努力やプロセスに目を向けるということを解説していきたいと思いますこれは褒める時と同様で叱る時も子供の性格能力が意見などの人中心を責める叱り方ではなくてプロセスや家庭に声かけをしていくことが重要となりますただしこの場合も子供は能力ややり方を否定されると自分にはどう設定来ないという無力感を覚え次への意欲をなくしてしまいがちですから結果に至るまでの努力ややり方の日塾に対してのネガティブな評価は無しにしなくてはいけません例えばですよ子供がテストで40点を取ってきたとしましょうか40点しか取れないなんて頭が悪いねひどい点数だねと批判するんじゃなくて40 自分の目標には届かなかったみたいだね次はどういうやり方をしたらもっと学べるようになるかなと言ってあげると良いんですそれでは三つ目のポイントを好ましくない行動の理由を説明するについて解説していきましょうかこれもね褒める時に具体的に褒めてやるということと似ています一つ目でも触れましたが罰を与える叱り方をすると子供はいかにバツから逃れるかということしか意識しなくなるんですが一方で具体的な理由を説明されると行動と結果の因果関係を理解するようになって相手を思いやる気持ちも生まれるんです例えばですよ子供がスーパーの中で走り出した時水危ないダメと言ってしまいそうになるんですが走るとぶつかったりしてあなただけではなくて他の人も怪我をするかもしれないからここでは一緒に歩こうねというような声かけをすると良いでしょうさてでは上手な叱り方のポイントの最後に四つ目ですお家気持ちを正直に伝えるということについて解説していきたいと思います相手を批判したり否定せず私自身の気持ちを中心に伝えコミュニケーションをとる方法になります例えば外出前なかなか準備をしない子供に対して朝時間通りにお家を出られたら私は安心するんだけどな遅刻するとみんなの迷惑になるから次は時間通りに出られるように一緒に頑張ってみようかといった私メッセージを送ることを勧めています親自身が自分の気持ちを正直に提示することが子供が相手の感情を思いやるきっかけとなるんです反対に子供が中心のメッセージだとあなたが朝にダラダラしてたから遅刻しちゃうじゃないのそういったあなたメッセージ隣子供は責められたと思い攻撃的になったり言い訳をしたりと関係もギクシャクしてしまいます2件では叱り方に焦点を置いていますが私メッセージは褒めるポジティブな木餅を共有する時も使うことをオススメしておきますそれでは2限の内容をまとめておきましょうかポイント1罰を与える叱り方飴と鞭のような方法は NG であるポイントに良い叱り方には四つの方法がある一つ目叱るときは否定的な言葉を使わず肯定的な言葉から入る二つ目結果ではなく努力やプロセスに目を向ける見つめ好ましくない行動の理由を説明する四つ目親の正直な気持ち私メッセージを伝えるさてこの叱り方については具体的な私 Message の作り方とか自分でできる子に育つ叱り方の具体的な例も本書にはたくさん紹介されておりました詳しく知りたい方はぜひ本書を手にとって読んでみてくださいそれでは次でラスト3件で子供と繋がる聴く習慣について解説していきたいと思いますさてこれまで1件と2件で紹介した自分でできる子になるほめ方叱り方は主に声がけの方法をご紹介させていただきましたここでは子供の話を注意深く聞くという音アクティブリスニングについてお話ししていきたいと思うんですアクティブリスニングとは話してに対して100%の注意を向けてその人の話を無条件に聞き入れることを言います子供の話を聞いている時話を遮ったり疑ったり評価したり説教したりしていないでしょうか忙しい生活に追われてついついいい加減に聞き流していないでしょうかアクティブリスニングは子供の話そのもののほかに身振り手振りに対しても注意を払うため忍耐と集中力を必要としますなかなか簡単なことではありませんが目の前の子供の話を耳に雨心を使って聞いてあげることが大切なんですアクティブリスニングでの一番の長所は自分の話を批判せず理解してもらえるという安心感を持たせるため言い訳をしたり駆け引きをすることに泣く子供が自分自身を振り返ったり自ら解決策を考えることができるようになるということでございます注意深く自分の話を聞いてもらい受け止めてもらったと感じる事によって親や大人に頼ることなく責任もって自分のために考える力が身につくようになりますそして誰かに理解してもらえているという感情が親子関係の向上にも繋がるんです是非アクティブリスニングを実行してあげてほしいと思うんです次に子供とぶつかる七つの習慣と子供と繋がるに七つの習慣について述べていきたいと思います子供と良い関係を築きたいというのはどの親の願いでもあると思います選択理論心理学によると行動の選択肢の一つに人間関係を良好にする習慣と人間関係を破壊する習慣がそれぞれに7つあるとされています選択理論心理学とは全ての オークドア自らの選択によるものであり自分自身の思考や行動次第で良好な人間関係が築けるという考え方でございますこの理論は子供との関係にも当てはまるというわけなんです子供との関係が悪くなる子供とぶつかる七つの習慣をざっと解説します一番する子供の行動に対してだから言ったでしょんなどとネガティブに欠点や間違いを指摘するに責めるあなたのせいで遅れたじゃないんだぞと物事がうまくいかなかった時に相手の責任にするさん文句を言ううるさい早くしてんだとがっかりしたことや不満を口にする4おどかす泣き止まないなら置いていくからねなどバツを餌に恐怖心を植え付けるを罰するおもちゃを取り上げる叩く無視するなど物を取り上げたり愛情を引っ込めたりする6目先の褒美で行動をコントロールする良い子にいてたらお菓子をあげるねなどと大人の都合のよい時だけ褒めたり物を与えたりする7ガミガミ小言を言う何度言ったらわかるのになど同じことをしつこく説教するまとめるとぶつかる週間の共通点は子供を外側から大人の都合のよいようにコントロールしようとしているというところにあるんですこのような態度を取られたら喜びを共有したいと思える相手でなくなるのは当然のことと言えるでしょうではではどうしたらいいのでしょうかぶつかる7つの習慣が人間関係悪化の原因であるのと対照的に本書では関係改善の解決策として子供と繋がる七つの習慣も教えてくれていますではそれらを順番に紹介したいと思います子供と繋がるに七つの習慣市応援する今回は残念だったね次はどうしたらもっとよくなるか一緒に考えてみようかなどと子供が何かを達成できるようにサポートするに励ます逆上がりがうまくできなかったんだね毎日コツコツ頑張っているんだから今はできなくてもきっとできる時が来ると思うようになど失敗した時や落ち込んでいる時に勇気づける3 ACTIVE listening 子供の気持ち声に耳を傾けましょう4信頼する子供が一人でできることは手助けをせずに待ってみたり苦戦している時もまずは見守ってみるなど偏見を持たずに子供の力を信じて待ってみることも大切ですご尊重する子供も大人と同じ権利を持った一人の人間であることを認め子供の存在の尊さを大切にし上下関係を強要することのないように一人の個人として子供を敬う6違いを話し合うどちらが正しいとかを決めたり大人の意見や結論を押し付けるんじゃなくて意見や価値観の違いが出た時も歩み寄る努力をするなな受け入れる子どものありのままを認める子供の意見を一周せずにまずは耳を傾けるさていかがでしょうか皆様このようにぶつかる習慣とは対照的につながる習慣を実践すると驚くほど違う関係性が生まれるということがわかりましたただぶつかるに七つの習慣が癖になってしまっている場合なかなかつながる七つの習慣に行動を変えるのは容易ではないと思いますしかし子供とより良い関係を築くため子供とあなた自身の幸福度をあげるためにもつながる七つの習慣を意識して日常のコミュニケーションにぜひ今日から一つでも取り入れていただきたいと思うんですそれでは3件の内容をまとめておきましょうかポイント市子供の話を深く聞くアクティブリスニングについてお話ししましたポイントに子供とぶつかるに七つの習慣を紹介しましたポイントさん子供と繋がるに七つの習慣について述べさせていただきましたさていかがでしたでしょうか皆様社会のルールや子供自身の安全周りの安全に関わるような時厳しく叱ることは大切ですでもそうでない時も大人の都合でしか会っていませんか子供にイライラする時は一度深呼吸をして立ち止まってみましょう本書では他にも子供への教育理論と研究データに基づいた効果的な声かけの方法や具体的な子育ての悩み質問など盛り沢山な内容となっていましたので是非本日の動画をご覧になって興味を持っていただきましたら本書を手にとって読んでいただけると幸いです最後に著者は現代の親特に母親にとって社会が期待する完璧な母親つおというのは大きなプレッシャーになっているといいます社会からの何々するべき母親は何々しなければいけないという無言のプレッシャーは母親の罪悪感や劣等感ストレス増加極度の疲労に 残念ながら日本にはいわゆる理想の母親像が根強く残っていますこうした社会の考え方が母親にストレスを与えていることも事実です著者は母親自身の心の満足度が高いことが非常に大切だとも言っています完璧でなくていい心配することだってある自分にもっと優しくして一人で頑張る必要もありません親も人間です一人の人間だった個人が子供という命に恵まれた結果親になっただけなんです今回は様々な褒める叱るなどのコミュニケーションにおいてのポイントを紹介させていただきましたが全部やろうとしなくて良いです子育てに絶対の正解なんてありませんから本書も研究して内容を皆さんに共有させてもらったにすぎません少しでも皆さんの気づきになればと思い著者は筆を取られたそうですこのチャンネルでもこの方をご紹介させていただき子育てに迷っているかたへの少しでも悩みの解決へのきっかけとなれればいいなあと思います今日紹介した内容はすぐに実践できる内容ですのでひとつまずはチョイスしてもらって子育てに活かしてもらえればとても嬉しく思います本日は以上でございますこの動画が良かったという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながりますので高評価ボタンとチャンネル登録どうぞよろしくお願い申し上げますまた本400ちゃんねる論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルを頑張って更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクからそちらのチャンネルも訪れてみて頂けると嬉しいですそれではまた次の動画で皆さんに会えることを楽しみにしておりますまた次の動画で一緒に勉強しましょう本日はご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事