【おすすめ書籍】『最高の体調を引き出す超肺活(小林 弘幸[著], 末武 信宏[監修])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『最高の体調を引き出す超肺活(小林 弘幸[著], 末武 信宏[監修])』の紹介肺を鍛えることは肺の呼吸力を回復させると同時に全身の健康状態にも良い影響を与えますその理由は自律神経のバランスが整い全身の免疫力が高まるからです皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美でございます今回は小林弘幸さんの最高の体調を引き出す勝敗数を解説していきたいと思いますはいよー鍛えることが免疫力を高め新型コロナウイルスのみならずあらゆる病気を予防し最高の体調を引き出すのに良いかに役立つがまさに著者の30年以上にわたる自律神経研究の集大成が本処理は示されていますこの動画をご覧になられている皆さんの中にもご自身の肺の状態に無頓着な方が多くいらっしゃるかと思うんです私もかつてはそうでしたしかし新型コロナウイルス感染症の流行によってはいよー守ることの大切さは誰もが思い知ったと思いますこの本はそのために役立つ新しい情報が満載の非常に読み応えのある一冊となっておりますしかしこの動画では全ての内容を紹介しきれませんので興味を持った方は是非一度本書を手にとって読んでみて欲しいと思うんですさて初めに皆さんは雲と友人後輩を聞いたことがあるでしょうか新型コロナウイルス感染症から重症患者を作る最後の切り札としてその存在が一般にも広く知られるようになりました筆者はこのエッグも勉強してはいの重要性を痛感したのだそうですね雲による治療は簡単にいうとまずカニューレという太い管を通して静脈から血液を体の外に取り出しポンプによって人工肺に血液を送ります人工肺に送られた血液は酸素と二酸化炭素のガス交換が行われカニューレ音して血管に戻されるんですつまりですよ肺の機能を代理で行なってその間に入りの回復を待ち通常の治療では直ちに死んでしまいかねない患者の命を救っているんです著者が雲を勉強する中で最も驚いたのが含まれているガスが二酸化炭素化酸素化によって変わる血液の色についてでした二酸化炭素を含んだ黒い赤色に濁った血液が人工肺を通過すると酸素を含む鮮やかで健康的 若いから歩いは体に何の不調問題からと肺の健康をおざなりにするのは禁物でございますハイノキのは20代頃から加齢とともに入ってあれでも低下していくんです特に喫煙者は40代以降になって急速に機能低下が進行することがあるんです肺の機能低下とは呼吸によって肺に入ってきた酸素を取り込む肺胞が壊れたり炎症を起こしたりしている状態のことでございます残念ながらこのはい方は一度壊れてしまうと再生ができないんですよではでは加齢による肺の機能の衰えは仕方ないことだと諦めるしかないのでしょうか答えはノーそんなことは決してありません素材枠解放そのものを強化することはできないんですが呼吸のために使われる筋肉呼吸筋を鍛えることにより肺の機能は何歳になっても高めることができるそうですこれは僕らにとって朗報ですよねそれは肺機能を高めるエビデンスがあるハイカツトレーニングが紹介されておりますこのトレーニングをすることにより呼吸筋の柔軟性が高まってゆっくりと深い呼吸ができるように変わっていきます後輩の機能が変わらなくても一回の換気量さえ増やせば呼吸すなわちガス交換に使われる酸素が増えてその結果血中の酸素濃度も高めることができるというわけでございますそしてゆっくりと深い呼吸をすることは自律神経を整えますから呼吸器系のみならずあなたの体調自体がこれまで以上に良くなっていくはずでございます筋肉は何歳になっても鍛えられますから配達トレーニングは何歳になってから始めても効果が期待できる優れものでございます呼吸筋を強化し肺活力を上げればあなたの人生が変わりますと著者は断言しているんですねやね少し暗い内容のお話もしてしまいましたがこれを聞いてなんだか私はワクワクしてへきました努力次第で肺というのは強く強く支えていくことができるわけなんですぜひ本書を活用して私と共にウイルスや細菌に負けない力強い廃用手に入れていきましょうさてここまでで本書に書かれている肺に関する知識をざっくりとお伝えすることができましたではここからはもう少し本書の内容を深掘りして解説していきたいと思いますそれでは本日のお品書きは次の通りです1件で人体の生命維持の要杯について2連で肺を鍛えることが全てを解決するということについて3件で配達トレーニングとはということを解説していきたいと思いますどれもおそらく今知っておきたい必見の内容になっておりますので是非最後まで見ていってくださいそれでは早速参りましょうまずは一見の人体の生命維持の要杯について解説していきたいと思いますさてこの異次元ではね人体の生命維持の要である排熱いて少し詳しめに解説していきたいと思います人体にとってはいはどんな機能を果たしているのでしょうか人間や動物が生きていくためには当たり前ですがエネルギーが絶対に必要ですよね私たちは食べ物から栄養を吸収しなければ生きていけません食べ物は口から胃を通っている間に唾液や消化液などによって分解され吸収しやすいブドウ糖などの営業に変わってちょうで血液の中に取り込まれていくんですさて皆さんは知って 酸素の量はおよそ500ミリリットルと言われていますそのうちおよそ350ml の酸素が後輩から血液に取り込まれていますしかし後輩が壊れるなどして肺が弱っていると後輩から取り込める酸素量が減ってしまうんですすると道はこれを酸素を運ぶ血液が不足していると認識し心臓にもっと血液を送れとペンシルんですそうなると心臓や血管に負担がかかっちゃって肺以外の部位に疾患が発生してしまう危険性が出てきます例えば一つ例をあげると肺高血圧症という病気を皆さんは知っているでしょうかこれは何らかの原因で肺と心臓をつなぐ血管が細くなっちゃって血液が流れにくくなったことで心臓に過度な負担がかかり全身の血液にまで障害が出てくる疾患のことでございます初めは動いた時に息切れがするとか疲れやすいとか女の人に会って大きい食欲不振やむくみなどの症状が現れ病態が悪化すると心不全に陥ってしまうこともありますまあちょっと難しいことを言ってしまったんですが要するにはいというのは単に酸素と二酸化炭素を交換するだけの場所ではなくて心臓や全身の血管の健康とも深く関わっているということであります最近なんだか息切れをしやすくなったなあと感じる人は意識的に肺を鍛えていく必要があるんですまた肺が衰えると免疫システムにも不具合が生じてしまうそうです健康な人の呼吸器には外部から侵入した異物から体を守る防御機能が備わっています仮に肺胞までウイルスが到達したとしても生え方や肺自体に病原菌を撃退してくれるね免疫システムがあるんですよはいの免疫システムを正常に維持するためには全身の免疫力を高めることはもちろんのことはいそのものの健康を維持することも重要になっていきますなぜなら肺胞が壊れるなど肺に疾患があると肺が本来持っている一連の免疫システムが機能不全になっちゃって感染症が重症化する危険性があるからでございますところで肺が衰えてしまうとどのように症状が出るのでしょうか例えば風邪がなかなか治らなかったり咳や痰が続いていたり階段を上るぐらいで息切れしてしまう人は肺が既に弱っている可能性があります他にも冷え性や肌荒れなどの症状に悩まされている人は毛細血管の隅々まで酸素が届いておらず細胞にエネルギーが足りていない可能性がございますまた慢性疲労を抱えている人は脳が酸素不足血流不足に陥り疲労物質がたまっている可能性があるんですねこれらの症状が出ている人は既に肺の機能低下が進みます良い傾向にあるんです病院に行くほどでもない不調は実は肺の機能が衰え酸素を十分に血液に取り込めていないことが原因だというケースが非常に多いそうですしかしこういった不調をそのうち良くなるだろうと放置していると取り返しのつかない病気が発症する危険性がありますので是非注意して欲しいんですはいが衰えると知らず知らずのうちに僕らは浅い呼吸になってしまいます浅い呼吸は自律神経のバランスを乱すため様々なメンタルトラブル内蔵トラブル血管トラブルを引き起こすリスクも高めてしまいます自律神経は全身の免疫力と深い関わりがあるため背臥位終わっちゃって自律神経のバランスが乱れてしまうと免疫力の低下を招きます肺の機能の衰えは繰り返しますが自覚症状が少ないため思いがけず病気になる人がほとんどでございますこのことを念頭においてあらゆる感染症をブロックするためにも自律神経のバランスを整えるという観点からも一刻も早くはいよー鍛え始めるのが良いんだと著者は述べているんです既にお分かりの方が多いかもしれませんが喫煙者の場合には早期に禁煙すればするほど呼吸機能の低下率は低くなりますさて一気にねちょっと知識をパーッとハイペースでお話ししてしまいましたがとにかく体の不調や様々な病気感染症を招きにくくするために誰もが肺を鍛えるべきであるということを覚えておいて欲しいんですそれでは次に具体的にね肺を鍛えるとはどういうことなのかを見ていきたいと思うんです残念ながらはいそのものを鍛えることはできません繰り返しますが一度壊れてしまった肺胞は現代医学ではまだ再生できないんですですから肺を鍛えるとは今ある肺胞を最大限に活用して血液に酸素を取り込む 最大化させるということを指します肺胞の数や機能が同じであっても呼吸の質を変えてやれば血液に酸素を取り込む量を増やすことができるんです詳しくは2件でお話ししていきたいと思いますのでその前に一言の内容を軽くまとめておきましょうかポイント市私たちは食べ物から吸収する栄養だけではエネルギーを作れない呼吸によって取り入れた酸素と栄養が結びつくことによって初めてエネルギーを生み出すことができる栄養を吸収する長と酸素を取り込むはいは何も命を支える要の臓器であるが呼吸は無意識に行われているため人々は自身の肺の状態に無頓着になりがちコインと2杯は単に酸素と二酸化炭素を交換するだけの場所ではなく心臓や全身の血管の健康とも深く関わっているぽいんとさん生命維持において重要な役割を担う肺胞は一度壊れたら再生できないはいそのものを鍛えることはできないがいまある肺胞を最大限に活用して血液に酸素を取り込む料を最大化させることで呼吸機能の低下を抑えることは可能であるそれでは次に言で勝敗数が全てを解決するんだということを解説していきたいと思いますさて人間では勝敗数つまり肺を鍛えることにより様々な辛い症状や病気が買うは改善され体調が良くなることに繋がるんだということをねお伝えしていきたいと思うんです肺を鍛えることは肺の呼吸力を回復させると同時に全身の健康状態にも良い影響を与えますその理由は自律神経のバランスが整って全身の免疫力が高まるからでございます細胞へのウイルスの侵入を防いでいるのが様々な免疫細胞たちであります様々な免疫細胞が正常に機能するためにはすなわち免疫力を高める飯はどうすれば良いかその答えはとにかく最高の体調でいることでございます不健康な人の免疫細胞は同じように不健康でございます数が少なかったり弱っていたり特定の免疫細胞が少なくバランスが崩れている状態だと総合的なね免疫力が低下してしまうんですよではではどうすれば最高の体調でいられるのかもう皆さん答えはコースをついていますよねそうでございます肺を鍛えて深い呼吸を身につけ自律神経を整えることが 治癒していくといいます便秘治療によって糖尿病脂質異常症腎臓疾患肝臓疾患が改善していく人も少なくないそうですなぜ長はそんなに自律神経の影響を受けてしまうのかそう疑問に思った人もいるかもしれませんそれには生物学的な理由が関係しています生物に最初に備わった臓器は脳でも心臓でもなく実は地方なんですよクラゲイソギンチャクなどには脳がなくてしょうが脳の役割を果たしています今日は生物にとって根源的な臓器なんですよさらに腸は脳に次ぐ多さの神経細胞によって作られていますそれゆえ脳からの指令ではなく自律神経によって大きくコントロールされているんですここまで聞いておいおいはいからねどの話が離れてしまっていないかとか今私が知りたいのは肺の健康を保つ方法なんだはいの免疫力を上げる方法についてなんだと思われている人もいらっしゃるかと思うんです免疫力を高めるための考え方をして自律神経や腸内環境が取り上げられることに疑問を抱かれているかもしれませんなぜ自律神経や腸内環境を健全にすることが肺の免疫力を高めることに関係があるのかその理由は極めてシンプルです靭帯は血管やリンパ管によって全てが繋がり互いに影響を及ぼしやっているからでありますつまり腸の免疫力が高ければ肺の免疫力も高くなる繰り返しになりますが性にたくさん潜んでいる免疫細胞たちは血流によって全身の細胞に運ばれていくんですそのため血液循環がスムーズに行われていれば元々町にいた免疫細胞くんもね血液によって運ばれてウイルスが侵入してきた場所でその役割を果たしてくれるんですよそして自律神経のバランスが整っている時血液循環は滞りなく機能するんです血液循環を滞りなく機能させる一番の方法は何かそれが自律神経を操れる呼吸を司る肺の力を高めることなんですはいだけが独立して機能しているのではなくて同じ一つの体の中で全ては繋がり影響し合っているということがよくわかりますね現代医療は心臓が悪ければ心臓肝臓が悪ければ肝臓腎臓が悪ければ腎臓を治療するといった人間をた髪で分けて治療する対症療法が主流でございますそれで効果が得られなかったりすぐに再発したりしてしまうのはその臓器が本当に悪くなってしまった原因が改善されていないからなんです臓器が悪くなる最大の原因は肺の衰えによる血流不足だと本性では語られているんです血液の循環を良くして酸素や栄養素免疫細胞を全身の細胞に届けることができれば人は健康になれるんですこのことを常に念頭に置いておけば呼吸に対する意識が変わるでしょうさてでは次に肺を鍛えることが結果的にどんな病気や症状の予防解消を緩和につながるのか本書でピックアップされているものをいくつか挙げてみましょうか市肺炎を防ぐためには肺を鍛えるしかない日本人の死因の第6位誤嚥性肺炎も配達で防げるとのことですに基礎疾患の予防には自律神経のバランスが大切肺を鍛えて日頃から深い呼吸ができるようにしましょうさん肺を鍛えることで血圧動脈硬化脳梗塞心筋梗塞を解消する深い呼吸を習慣づけて副交感神経の働きを高めていきましょうさらに四つ目としてテレワークで気をつけたいエコノミークラス症候群を防止することができます肺を鍛えて自律神経のバランススを整え血流をアップさせることで日頃から血の塊ができにくい体づくりをすることが何よりの予防となるんです一つ目は慢性疲労の克服の決め手は脳疲労の解消であるということ慢性疲労は脳の血流不足により疲労物質が溜まったままになっている状態です認知症のリスクを高める原因の一つも脳の血流不足でありますですから掃い活力を鍛え呼吸が深くなれば自律神経のバランスが整い幸せホルモンのひとつであるセロトニンの合成も増加します以上のような内容が本書ではねそれぞれ詳しく説明されておりますよまあ動画の時間の都合上ねこれらを全部説明していると3時間ぐらいの動画になりますから割愛させていただきますが要するに肺を鍛えることは本当に洗える健康リスクを回避したり不調を改善することに繋がるんだと抑えておいて欲しいんですまさり勝敗数が全てを解決するといっても ないんですさてこれを聞いている皆さんは今すぐにでも配達を実行したい気持ちになっているのではないでしょうか動画を見ながらね既に深呼吸を始めている人もいるかもしれませんねでは次の3件では本書で公開されているアイカツトレーニングの一部を紹介していきたいと思いますその前に2件をここいらでまとめておきますがポイント市肺を鍛えることは肺の呼吸力を回復させると同時に全身の健康状態にも良い影響を与えるその理由は深い呼吸をすることで自律神経のバランスが整って腸内環境が良くなり血流もスムーズになるため腸内の免疫細胞が血液により体中にくまなく運ばれ全身の免疫力が高まるからであるポイントに腸の免疫力が高まる場合の免疫力も高まるという風に人体は血管やリンパ管によって全てが繋がり互いに影響を及ぼしやっているといんとさん臓器が悪くなる最大の原因は肺の衰えによる血流不足である血液の循環をよくして酸素や栄養素免疫細胞を隅々の細胞にまで届けることができれば人は健康になれるのだそれではラスト3件でハイカツトレーニングとはということを解説していきたいと思います3件では本書に載っているハイカツトレーニングのうちいくつかを紹介したいと思いますはいかつトレーニングとは肺の周りの様々な呼吸筋の柔軟性を高めることで計画がスムーズに拡張するようにしていきゆっくりと深い呼吸ができるようにするエクササイズでございますこれは呼吸器研究循環器研究運動生理学機能解剖学自立神経学などをベースに長年の臨床経験やトップアスリートへの指導経験から生まれた全く新しい肺機能改善法でございますそれぞれのトレーニングに確固たる肺機能を高めるエビデンスがあるため血液に酸素を取り込む量を増やし血中の酸素濃度をアップしてくれますこの配達トレーニングを行う時間帯に決まりはありませんから好きな時間に行ってみて欲しいですまず一つ目に紹介するのは胸郭のトレーニングでございますもし今家なのでこの動画を見ている人は聞きながら一緒に行ってみてください電車で聞いているそこのあなたは家に帰ってから実行してみてくださいそれでは胸郭のトレーニング行きましょう市足を肩幅に開き真っ直ぐ立つに両手を頭上に伸ばして手首を固定するように交差させる鼻から息を吸いながら腕を上へと伸ばす4手首を交差させたまま口からゆっくりと息を吐きながら体を右方向にゆっくりと倒す後先ほどの鼻から息を吸いながらの姿勢に戻す6左も同様にするこれらをね左右5回ずつ行ってください呼吸押しながら筋肉を伸ばすことで肩甲骨と胸郭が広がり聴覚全体のストレッチになります家に帰ってからやってみてくださいませんでは次に紹介したいのは深呼吸トレーニングでございます準備はよろしいですかいち椅子に座り背筋を伸ばしてくださいに口の前で手を組み親指と人差し指の穴から大きく息を吸い込んでください3親指と人差し指の穴にゆっくりと時間をかけて息を吹き込んでくださいこれは産んでそれぞれ10回ずつ行ってくださいはいに負荷をかけることで横隔膜など肺の周りの筋肉が鍛えられますでは次に紹介したいのは風船トレーニングでございますよ準備はいいですか1片手で風船を持って椅子に座り背筋を伸ばすにもう片方の手を口に当て鼻から息を吸い込みおなかをふくらませるサンタ服に手を当てたままお腹を済ませるイメージで風船に息を吹き込んで膨らませるこれらので5回ずつを行って欲しいんですはいを収縮させる呼吸筋を鍛えることで肺活量がアップする効果が期待できます実際にねモニターですトイレトレーニングに参加した方々が本書で紹介されております彼らは2週間配達トレーニングを行いその前後で肺の機能を測る検査を実施したところ配達トレーニングによる肺機能のアップが証明されたそうですここではね口頭でもわかりやすい三つを簡単に取り上げましたが 深い呼吸ができるようになるポイントに快活トレーニングは長年の臨床経験やトップアスリートへの指導経験から生まれた全く新しい肺機能改善法であるそれぞれにエビデンスがしっかりあるため血液に酸素を取り込む量を増やし血中の酸素濃度をアップさせてくれるさていかがだったでしょうか皆様たった2週間のトレーニングを続けただけで結果が出ているというのはすごいですよねこれまであまり自分の健康を意識してこなかった人も体調を崩しやすい人もすでに辛い症状や持病をお持ちのかたも肺を鍛えて深く呼吸する習慣が付くと少なからずとも体調の変化を感じるはずでございます私もねパソコンに向かうなどして集中して作業していると呼吸が浅くなってしまっていることに気付きますこの本を知ってからは休憩時間に配達トレーニングを取り入れてみたり疲れたと感じたら深呼吸をするようにしています全ての人の人生においてメリットしか読まない子の廃活トレーニングを皆さんも今日から始めてみようではありませんが本日は以上ですこの動画が良かった人は高評価ボタンチャンネル登録お願いしますまた本要約論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実というチャンネルの三つを頑張って更新していますので興味のある方は概要欄のリンクからチェックしてみてください本日はご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事