【おすすめ書籍】『無名の男がたった7年で270億手に入れた物語(竹之内 教博[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

created by Rinker
¥1,540 (2021/09/17 03:55:52時点 Amazon調べ-詳細)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『無名の男がたった7年で270億手に入れた物語(竹之内 教博[著])』の紹介その日私はおよそ270億円という巨額の現金を手に入れましたその数年前までは資産と呼べるものなど何一つ守っていなかった私がです皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの王様です本日ご紹介する本は竹内ゆきひろ社長の運命の男がたった7年で270億円手に入れた物語です皆さんはディーラー来るというリラクゼーション店をご存知でしょうか全身もみほぐし60分2980円という看板を見たことがあるよという人も多いと思います31歳のときにこの当時りらくげんりらくるをオープンわずか7年で全国直営600店舗規模にまで拡大し2度にわたってイギリス大手投資ファンド290%の株を売却し270億を手に入れた男それが竹内社長ですお恥ずかしながら私はこういったリラクゼーションてんやマッサージ店を利用することがありませんのでりらくるの存在自体は知りませんでしたではどこで竹内社長の存在を知ったのかと言うと令和の虎という YouTube チャンネルです個人的に大好きなチャンネルでよく見ているんですかそのチャンネルにこの竹内社長が登場されていたんですその理路整然とした喋り方に惹かれてそのまま竹内社長の YouTube チャンネルを見るようになり御書を購入させていただきました令和の虎チャンネル竹内社長の非常識な成功法則どちらのチャンネルもとても面白いですので概要欄に貼っておきます是非見てみてくださいさて前置きが長くなってしまいましたねいよいよ本編竹内社長がなぜ成功することができたのかそしてそれを私たちはどう生かすことができるのかについて解説していきましょう本日紹介する内容は以下の三つです第一章想像力を働かせる第2章真似するにはどうすればいいか第三章取捨選択とシンプルかどれも今知っておきたい内容になっています是非最後まで見ていってくださいそれでは早速参りましょう第一層想像力を働かせる第1章では想像力を働かせるということについて解説していきましょう7年間で直営店の数を600以上に増やしたという実績を聞いて皆さんはどう思うでしょうか最初のお店がすごく上がったからお店を広げることが出来たんだろうそう考える人が多いと思います多くの人が入っ店舗目が順調に成長下から2店舗目3店舗目と増やしていったように思われていますが実はそうではないんだと著者は語っています一店舗目をオープンさせる時から多店舗展開させようと考えているかどうかそこが小さくチェーン展開しているお店との大きな違いだと語るんですなぜなら初めから多店舗展開を考えて作ったお店ととにかく一つのお店を成功させようと思ってはじめたお店とではその後のスピードが全く違ってくるからですチェーン展開をする多くのお店の経営者が1店舗目を大きな最初の一歩だと考えているのに対し竹内社長はりらくるの1店舗目を他の店舗と同じ数あるうちの一歩だと考えていましたこの考え方がどんなさを産むか考えてみてください例えば皆さんが会社を作って店舗経営を始めるそうとなったら最初の1.5目は自分が店長でアルバイトを雇うお金も節約するためにたくさん見せに達何とか言っ店舗目を成功させようと努力すると思いますしかしそういった形で何とか言っ店舗目が成功したとしてもそれはあなた自身の能力の高さで運営できているだけに過ぎない再現性のない拡大できない店舗が出来上がってしまうだけかもしれないんです一方で竹内社長は最初から多店舗展開を見せていましたですからりらくるの1店舗目がオープンする日から店には出ず店の様子は店内に取り付けたカメラを使いパソコンのモニター越しに眺めていたんです他店舗展開をするにはそんな仕組みで管理しなければならないことが分かっていたからです自分がいなくては店が回るいないのであればそもそも多店舗展開はできない子の思考があった 最初から多店舗展開前提の動きができたんですさてここで考えてみましょう例えばあなたが今会社に勤めていて将来はフリーランスとして独立したいと考えているとしますしかしただ漫然と会社に勤めているだけではいつまでたっても独立なんてできませんよね本当に独立したいのであれば独立前提で動く必要があるんです将来自分の顧客になってくれそうな人のリストを作っておくというのでもいいでしょう多くの人と Facebook で繋がっておくというのでもいいです独立をするために今働いているんだという前提の切り替えがなければその後の展開は大きく変わってきてしまうんですこれは何においても言えることです今はまるまるすることが大切だからとかまずはまるまるを完璧にしてからという思考では本当にあなたが達成したいことを達成することはできません最終目標をしっかりと見定めその最終目標に到達した自分を思い描きいるそしてそれを達成する前提で仕組みづくりをするそれが何よりも大切な事なんですまたそのためには自分が将来やりたいサービスなりたい人を徹底的に分析して真似るということも大切ですそもそもスタートの段階では最終目標に至った自分が構築すべき仕組みは前提が分からないよという場合が多いからなんですその仕組みはすでに成功しているところから持ってくればいいんです竹内社長も成功しているものを真似ることをビジネスで大切にしていると語っています実際りらくるというリラクゼーション店のお店もそのアイデアは社長が通っていた馴染みのマッサージ店から得たものだと言います他店より簡素化したサービスで他店より安くマッサージを提供するその店はとても人気がありたびたびいっぱいだと言って断られていましたそんなお店を真似たんですもちろんすでにあるものを真似すると多くの人がパクリや二番煎じ二匹目のドジョウなどと言っていいイメージを持たないという懸念はあります誰かが成功した商売を真似するということに抵抗感のある人もいるでしょうそれでも流行っているお店を真似すべきなのはそこに本質があるからなんです自分達の知らない成功の秘訣をそのお店が 最終目標に到達した自分を思い描きそしてそれを達成する前提で仕組みづくりをすることが大切であるポイントさん流行っているお店を真似すべきなのはそこに本質があるからであり自分たちの知らない成功の秘訣をそのお店が持っている可能性が高い第2章真似するにはどうすればいいか第2章では真似するにはどうすればいいかということを解説していきたいと思います第1章で真似をすることの大切さについて説明させていただきましたしかし真似をしてもうまくいかないんだよなぁとかうまく真似ができないんだよなぁという人もいますしかし寝そういった人は結局のところを表そう飾磨寝ることができていないのだと思います真似ることを楽をすることだと考えている人がいますがそれは違うね例えば子供の習字練習を考えてみましょうある子はお手本の文字お皿と見て適当に書き上げますある子はお手本の文字を何度も注意深く観察し書き写して行きますきーというお手本を見て何も考えずに来という文字をさらっと書き上げるのはもはや真似とは言いません一筆目を床に置きどんな角度で筆を運びどこで止めどこで払うかお手本をしっかりと見て一生懸命書き写すことで気づきがあり多くを学び取ることができるんです竹内社長が呼ぶ真似とはそういったことでありより良いものはよりよく真似ていく努力をするべきなんです例えば竹内社長はりらくるの一店舗目を開業する際はモデルとしたマッサージ店を徹底的に観察したと言いますもともと馴染みでよく通っていたお店にさらに頻繁に通いマッサージを受けながら色々なことを話したそうです客層や客数施術をするセラピストの人数一番込み合う時間帯などなその店をただ漠然と観察しているだけでは知り得ないところまで分析するんですそしてどこか真似できるところはないかもっと真似できるところはないかと必死に情報を集める流行りのお店をそこまで調査して全く同じことをするんですからはやらないはずがありません流行らなかったらおかしいそう思えるレベルまで落とし込んで初めて真似ることができたということなんですここではリラクルを真似ることを考えてみましょう例えばミラクルを単なるリラクゼーション屋さんだと思い同じ値段で同じようなセラピストを雇って始めれば流行るだろうこの程度の考えではお店を流行らすことはできないということです本書の中でりらくるの仕組みが語られていますがりらくるは実質的にはリラクゼーション店ではなくマッチングサービスなんですあくまでりらくるはセラピストとお客をつなぐマッチングサービスであり施術を行う場所というビジネスモデルなんですこれを知らずにただ真似をしてもうまくいくはずがありませんりらくるは働いているすべてのセラピストと業務委託の関係にありますつまりセラピスト達はりらくるの従業員ではなく個人事業主であるということなんですりらくるはセラピストの方たちに場所を犯しているという立場なんです求人募集でセラピストになろうと集まってきた人たちに最初に話す事は個人事業主とはという説明だと言います一人一人に自分が事業主個人オーナーとなって働くということを意識してもらうんです講習が終わりお店に出る前には開業届も出してもらうそうです報酬は完全歩合制で使った道具やオイル代は報酬から差し引くという形をとっています当然お店を構えているわけですから個人の施術以外にもやらなければならない仕事はたくさんありますそれに関しては各種手当てをし洗うことでやりたいという人にやってもらっているんです朝の掃除をすればいくら夜の締め作業をすればいくらという形ですここまで業務委託を徹底している背景にはこの業務委託がりらくるとセラピストお互いにとって利益になると考えているからですつまりはよく言われている win-win の関係というやつです当たり前のことですがりらくるとしてはセラピストに一人でも多くのお客様の相手をしてもらい少しでも多く利益をあげてほしいですよね所が給料貰う形で雇用されている人はお金を生まないところにも時間をかけてしまうんです例えば掃除などに時間をかけるということですもちろん丁寧に掃除をすることはいいことなんですかダラダラと掃除をされていてはこちらはそこに給料を支払っているわけではないと言いたくなりますよねこれが業務委託で歩合制の報酬ということになると動き方は大きく変わります個人 セラピストは歩合制ですから一人でも多くのお客様を施術しようと頑張ります朝の掃除で手当をもらっていたとしても掃除は素早く終えて少しでも早く自分の仕事を始めようとするでしょうさらにりらくるには指名料もありますこの指名料は全額がセラピストの収入となるので指名の欲しいセラピストは施術の腕を上げたり話術を磨いたり様々なことでお客様に喜んでいただこうと考えますこうした効果も考えた上でりらくるは業務委託を徹底しているんですまたりらくるはセラピストに場所を貸しているという立場でありセラピストはいつどこで働くのも自由ということも他のリラクゼーション店とは大きく異なっていますいつどこで働くのも自由ということはセラピストは自分が働く店舗を自由に変えることができるということですもちろん指名料などを考えて同じ店舗で働き続けるよというセラピストの方が多いんですが中には定期的に自分が働く環境を変えたいと思う人がいたり家族の突然の転勤で引っ越さなければならなくなるというセラピストもいるんですそんな時自分が働く店舗を自分で決めることができなかったら仕事を辞めなくてはなりませんしかしりらくるは場所を貸しているだけですからセラピストは自分が引っ越した先でこれまでと同じように仕事をすればいいだけなんです松さんに働きやすい環境が整っておりさらにりらくるとしても腕が良い経験豊富なセラピストが抜けにくいという仕組みになっているんですその他にもうりらくるがうまくいった要因が様々本書では紹介されているんですがこういったところにまで目を向け理解し自分に落とし込んで真似ることが大切なんです真似るということは決して楽をするための行為ではないということを心に刻んでおきましょう第2章をまとめておきますポイント1徹底的に観察し見えない部分は実際に足を運び引き出すそしてそれをさらに分析し自分に落とし込むここまで行なって初めて真似ることができるポイントにリラクルはセラピストとお客をつなぐマッチングサービスであり施術を行う場所を貸すというビジネスモデルであるポイントさん真似ることは決して楽をする行為ではない第3章取捨選択とシンプルか第三章では取捨選択とシンプル化について説明しましょうまず竹内社長の美容師時代の体験談をご紹介いたしますアシスタントであるにも関わらずスタイリストの振る舞いを続けて一年私はついにスタイリストとしてデビューしましたデビューしたてにもかかわらず私のスケジュールはすでに指名予約のお客様で毎日埋まるようにまでなっていましたスタイリストとなった私が目指したのはとにかく作業をシンプルにすることでした例えば髪を切る際まっすぐに髪を切る方法は一つですが髪をギザギザに切る方法には剃刀を使ったレザーと呼ばれる方法やハサミを縦に入れて髪をカットしていく方法などいくつもの方法がありましたそれでは覚えていくのも大変だしそれぞれの技術を上達させるのにも時間がかかってしまいますどうせ同じ形に切ることができるのなら方法は一つでいいのではないかそう考えた私は髪をギザギザに切るのはレーザーでしかやらないと決めました一つの髪型を作るのにレーザーでできるのであればそれをお客様に提案すれば良いと考えたんですもちろんレーザーで切るのとハサミで切るのとでは仕上がりのイメージに違いはありますレーザーはどちらかといえばふんわりとやわらかく仕上がるので私はそういうスタイルそれだけをお客様に提案しましたカチッとしたスタイルを好むお客様は自分を指名してくれなくてもいいという覚悟も決めましたその代わりレーザーをとことん極める道を選んだんですその頃の私はふんわりとナチュラルな仕上がりになるショートカットの女性ばかりを担当していました実は一つのことを極めることには自転もありましたレザーを極める中でどこの紙をどのように切ればどういう形に仕上がるのかということも覚えてきますそうなるとカミソリをハサミに持ち替えたとしてもそれを再現することができるんです私はそうやってその他にもある様々な美容技術をとにかくシンプルにしていきそれを自分の中でマニュアル化していきましたそれらは全て将来経営者になるためでしたこのシンプルかという話はあらゆる物事に対して言えることです例えば語学を学ぶ場合にもよく言われることなんですねたような意味合いで使われるフレーズというのはたくさんありますしかし特に学び始めの時に様々なフレーズを支える必要はないんです 私に荷物届いていませんかというフレーズひとつとってもネットを調べると銃レシーバーパッケージポイント日発売パッケージやライブなど様々なフレーズが見つかりますしかしこれらをすべて覚える必要はないんです最初は初めパッケージアライブドだけを完璧に覚えてそれだけを使えばいいんです拙い英語失礼いたしましたこのようにシンプル化することは何かを身につける時に役立つだけではなく他の人に指導するときにも役立ちますやることを限りなくシンプルにすることで再現性が高くなるからなんです特に経営者になるためには自分の技術が誰にでも使えるような形にして送るということは大切です例えば職人というのはその人にしかわからない微かな振動や空気感をつかみながら仕事をするという人も少なくありませんもちろんこれはこれで大切な事なんですがビジネスとして店舗を拡大するというのはまた別の話なんです例えばりらくるにおいては未経験者であっても施術方法を2週間で学ぶことができるように仕組み化したそうです誰でも2週間で技術を身につけることができるようにするには指導方法もシンプルにならざるを得ませんそこで行ったシンプルかわ手の形を一つに絞るというものでした通常体を揉みほぐすには様々な施術方法があります体の一つの部位を揉みほぐすにもいくつもの手の形で色々な揉み方をするんですそれらを全て覚えていたら施術をマスターするのに何ヶ月もかかってしまいますそれではとても未経験者に教えて行くことはできませんだから一つの手の形で首も肩も腰も全身を揉みほぐすことができる施術方法をマニュアル化したんですもちろんそれでお客様の満足度が下がってしまっては意味がありません逆に言えば手の形が一つであってもお客様に喜ばれる施術であればいいんですお客様は手の形の種類を求めてリラクゼーション店に足を運ぶわけではないんですまた作ったマニュアルを使って2週間で施術を覚えたと言っても新人セラピストが初めからお客様の体を上手くもみほぐせるわけがありませんですが店に出れば新人セラピストも1日に10人以上のお客様の身体を揉みほぐすことになりますその数は10日で100人以上一か月で300人ほどのお客様の身体を揉みほぐすことになりますそれだけの数のお客様を相手にしていると2週間ですだった新人セラピストもすぐに上達しお客様に満足して頂けるレベルのセラピストとなっていきます先ほども説明しましたが指名料や歩合制を採用していることで能動的に新しいスキルも学んでいくんですここまで仕組み化されているからこそレベルの高いセラピストを短期間で量産することができるんですあなたがフリーランスであれ会社員であり経営者であれこのシンプル化仕組みかということを意識して動くことはとても大切なことです是非日常からシンプル化するという曲をつけておきましょう大山椒をまとめておきましょうポイント1シンプル川短時間で技術を身につけ実践レベルまで持っていくために必要なテクニックであるポイントにシンプル化することは何かを身につける時に役立つだけではなく他の人に指導するときにも役立つポイントさん誰もが簡単に取り入れることができるように自分の技術をシンプル香椎仕組み化しておくことが大切であるいかがだったでしょうか本書の中にはこの他にも店舗を経営し拡大する上で大切なこと根本的にビジネスを行う上で大切なことが多数書かれています特に経営者を目指している方フリーランスの方はお手にとって読んでみることをお勧めいたします最後にくさんいる成功者の中からどんな人を真似していくのが成功への近道でしょうかという質問に対する竹内社長の回答をまとめてご紹介したいと思います成功者には大きく分けて2種類の人がいますどちらを目指すのかをまず考えましょうその2種類は自分のやりたいことやりそうがあってお金よりもそれを優先した結果そのやりたいことにお金がついてきた成功者そしてお金が何よりも大事で稼ぐためには何をしたらいいのかを考えて事業を興しお金を手にした成功者ですよの中で目立っているのは前者の成功者だと思います彼らはお金が大事だと考えていないので理想の事業をやることや自己満足が優先でそれにお金が必要なら借りてでも集めるという考え方をします自分がお金を大事だと思っていないためお金を借りることも平気ですし失敗してそのお金を くじけませんまた利益より理想を重んじるため直接利益を生まない家の部分にお金を使いがちなのも彼らの特徴です六本木の家賃の高いところにオフィスを構えたり高級車を社用車にしたりするんですしかし彼らのような人の成功を真似して自分も成功するということはとても難しいことでしょうそれは着実にお金を増やそうと考えた成功ではなく理想ややりがいを追いかけ結果としてそれにお金がついてきた精巧なのであって成功しなかった可能性も高いものだからです一方で校舎の成功者はお金の大事さを知っているのでなるべく失敗しない道を選び派手なお金の使い方をしようとも思わないため成功する確率が高いのではないでしょうか成功者の真似をして自分も成功したいと思うなら後者を真似する方が失敗する確率は低いと思いますが何かしらの理想を持っていて失敗してもいいんだという覚悟があるなら前者の真似をすることも止めません自分がどちらの真似をすればいいのか分からないという人はこんな質問に答えてみればいいかもしれません自分が年収500万円だとして三千万円の車と2000万円の現金もし貰えるとしたらどちらが欲しいのか車を選んだ人は見栄や理想を大切だと思う傾向が強く現金を選んだ人はお金を大事だと思う人だと考えられるのではないでしょうか2万円の食事を奢ってもらえるのと1万円の現金がもらえるのとでは現金がもらえるほうが嬉しいと思う人の方がお金の重みを知っている人なのではないかと思いますちなみに私なら迷わず現金を選びますここまで長らくご清聴ありがとうございました是非高評価ボタンだけでもポチっと押していただけますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたしますまた論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実というチャンネルもやってていますので興味がある方は是非そちらも見てみてくださいねということですまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますそれではさようなら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事