【おすすめ書籍】『「ラットレース」から抜け出す方法(アラン・ワッツ[著)], Alan Watts[著], 竹渕智子[翻訳])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『「ラットレース」から抜け出す方法(アラン・ワッツ[著)], Alan Watts[著], 竹渕智子[翻訳])』の紹介ラストは何か人は何かそしてこの世界とは本当は何なのか今日は毎日16時間読書をしているプロ読書感想文のノンストップ本要約です今回はラットレースから抜け出す方法タブーの書アランワッツ町お米理解したことを自分なりに説明をしていきます今回の大まかな流れですアメリカでは1966年発売以来今もなお売れ続ける古典のメイトですタイトルからはあまり想像がつきませんがゴリゴリの哲学哲学者がスピリチュアルについて語る感じです超ムズイ家の読み終えるとはんですが腑に落ち世界の見方がガラッと変わります自分は何者でどこから来てここで何をしどこに行くのかが書かれていますあなたは今回の動画を見ることでやるものは三つあります的に感謝ができるようになる孤独感がなくなる世界の真実がわかるこの道です今回は端っこのポイントで説明をできます市攘夷とは狭められた近くであるに全てがリレーをしている3勝者は敗者が必要4集団集団を排除しないと存在できない子それぞれ別個だと考えると矛盾をするすべてが0頭17個としてのはあなたは存在をしない8天使は悪魔が成立させるようなとこだ映像内で黄色にしていますそこだけ覚えればこの動画の80%を学べるようになっていますそれだ一つ目のポイント種類とは狭められた近くであるを説明していきます注意とは狭められた近くであるまず猫を見たことがない彼がいるとします彼は縁の細い隙間を見ています隙間の向こうを猫が通り過ぎます彼はまず頭をそれからどうだよ最後にしっぽを見ます猫が U ターンをしてその隙間をもう一度通るとまた同じ順序で頭胴体尻尾を見ますこれを何回も繰り返していると彼は頭という出来事が尻尾っていう出来事も原因であると判断をするんですこの馬鹿出た半田は頭と尻尾は一体でそれらは一匹の猫なのだという全体性を彼が理解をしていないからですその猫は頭として生まれの家にしっぽを生じたわけではありません一体として生まれたんですこの観察者のポンらは彼が細い隙間を通してみており猫全体を一度に見ることができなかったから生じたものです体の細い隙間から見るというのは意識的注意によって僕たちがせい海を見る見方と非常によく似ているんです何かに注意をしている時僕たちはそれ以外のすべてのものを無視をしているからです強いというのは狭められた近くなんです言い換えると精米いう枠の中でしか思考ができなくなっているんですこれが世界をそれぞれ別個のものとして分割をしてひとかけらずつ見てしまうことにつながっていくんです暗い部屋の中を光の幅がひどく狭い懐中電灯で見るようなものです世界をひとかけらずつ観察をして行くとついつい世界とは欠片の集大成であると信じ込んでしまうんですそしてそれらの勝ちだを別個のものという主張するようになりますこれにより物事がどう関連した際にどういう因果関係にあるのかを考えてしまうんですしかし本当は個別の事象の因果関係ではなく全ては一体になるんです僕たちが世界を個別のかテラモの事象原因結果だと別別に見るのは僕達の味方にすぎないんです人間が勝手に物事に名前というラベルを貼ってそれぞれを分類しているだけです勝手に分類していることに気づかないので世界が頭しっぽの猫のように一体なものであるとは考えることができないんです本当は全てがバラバラに存在するのではなくすべては一体になるんですそこで次のポイントに入ります全てが連携をしているこの一帯誠也全体性というものを意識をしていないから英語が生じるんです英語が生じると世界中にいる誰もが演奏したい唯一の事故であるということを認識ができなくなるんですつまり他者は全て自分自身でもあるこれがわからなくなるんです自分=全てで自分=神ということが後によって分からなくなりますすべては一つというのが分かると自分自身が神ということも分かります本当は世界の全てのものが変装して現れた唯一の事故なんですよって他者も全て自分自身になりますこれは人間同士にだけ言える事ではありません本当は光と闇弟沈黙を炊いとくガンオンとオフ家と外出現と消滅原因と結果と言うな対立物などもすべてがひとつのものでそれぞれが同一のものの一方の端だんです全てのものが片方だけで 本当は合わせて一つのものなんですこのことから勝者と敗者といった対立関係の考え方も変わりますそこで釣りのポイントです勝者は敗者が必要である勝者と敗者についても同じことが言えるんです勝者と敗者は本当はひとつのものなので片方なくすとはもう片方は存在ができませんたとえば欲望や恐怖を持たずに生きようとすればするほど自分の行動が欲望や恐怖に基づくものであることがわかりますある時点でよく深い人間にならないようにすること自体がよくだと気づくんですセイ者であろうとすることも周りの人と比べて優れた人になりたいという自分のプライドを満たしたいからになるんです私は貴方以上に悟りを開いているその宗教のお世話はまちがっている私の方が正しい私の方があなたよりさらに謙虚だ私の方がお金なんてものに対して執着がないこれだと1と行ってゲームに過ぎないんですこのレースに巻き込まれない方法などあるのでしょうか少し考えればわかりますがレースに巻き込まれないということに関してもレースが始まってしまうんです僕の方がレースに参加をしていない僕の方が世の中は勝ち負けのゲームで成り立っているということをよく理解をしているこのように英語は色々と姿を変えながらどこまでも他社と比べて自分を再確認するんですこうしたゲームを続けていると下にいるあなたなしでは私を上にいるものとしてきてよーすることは不可能だということに気づいていくんです自分が上にいるのは他社が下であることにかかっているんですダサいファッションのよそ者集団が存在しないと自分がイケてるグループつまりうちは集団に属していることなのに H ができないんですよそ者たちのひどい振る舞いについて食卓の雑談で楽しむことがなければそのうちは集団がその集団的英語を維持することはできません僕たち誰かお気を落とさない限りこれが自分だというものを規定ができないんです特別で孤立した人物として何かに達すること誰かになることが人生の主な楽しみである限りあらゆる勝者には歯医者が必要でありあらゆる星座には罪人が必要でありあらゆる検索したいが必要となるんですつまり周りの人どっちが優れた人物になろうとした時点で勝者と敗者を作ろうとしていることになります特別な人物になるということは必ず誰かを蹴落としているんです入れ替えると世界中の人に競争を吹っかけているということですこれは永遠に終わることのないラットレースになりますとはいえ全ての人が他社という視点から自分自身を規定をしていますつまりたとえどんな価値基準で自分より上とか下とか言うように見ても他社によってんのみ自分を知ることができるんですもし明日の方が上であれば悲劇のヒロインとしても劇を楽しみます例えば明日であればプライドという刺激が楽しめるんです自分がどうあれ彼は誰がどうあるかにかかっているんですつまり別個のものとして考えるのではなく一体のものとして考えるのが適切になるんですあなたがあなたであるがゆえに私が私であるのなら私は孤立した私ではなくあなたは孤立したあなたではないんです僕たち全員が私あなたの間のハイフンのような共通の何かで結ばれた一体のものになるんです私とあなたは別項ではなく一体のものです他のものとして知覚されるすべてのものと自分自身との間にある-これらがセットで一つのものです別々に考えることはナンセンスになります他のものがあって初めて自分自身を規定ができるんです個人だけでなく集団でも同じことが言えますそこで次のポイントに入ります集団は集団を排除しないと存在ができないたさによってのみ自分を知ることができるのは否定できない事実になりますしかし問題は自分は他のもの全てから締め出されているという感覚ですどうすれば自分はひとりぼっちのちっぽけな事故という感覚を乗り越えられるのかどうすれば全ての対象との避けられない放送に投げ込まれた一次抗体という感覚を乗り越えられるのか簡単に言うとどうすれば英語を乗り越えることができるのか冷蔵セミナー八潮よスピリチュアルセミナーなるでも英語を乗り越えるための実践がなされていますしかし厄介なのはそれなりに真剣になった途端何か特別なうちは集団の中に属してしまう点ですそうした集団はしばしば極めて洗練された狡猾され男の集団を排除することによって自ら落ちてをするんです簡単に言うと軍団を強調して排他的になってしまうんですこういった流れであらゆる宗教や宗派は 雨になりますし宗教的あるいは普遍的包括的宗教などと書かれたところで私達はあなた達より排他的ではないというゲームを行っているにすぎませんどんな集団を作ろうがやってることは大して変わらないということです実際に兄弟愛や人類愛という名のもとに設立される宗教家紫舟今日はことごとく分裂的デッド放送好きなものです実際の政治においても同じです神に迎え行くで民主主義的な社会の実現を目指す政策委員長に逃走好きなものはありません今の社会だとあたかも存在することは争うことあるいは他とは異なっていることたさとの違いをはっきりさせることであるかのようですそうだとすれば喧嘩をふっかけない人はアイデンティティを持たないことになります利己的でない人には事故がないことになりますこの他社との違いをはっきりさせるという考え方によって共同体の性質も決まりますこのような性質の共同体だと仮想敵国を作る必要があるんですが履歴に対する共通の大領土共同体を一つにまとめるものはなくその時は社会的統合にとって不可欠な支えとなるんで社会が大きくなるにつれてその社会を存続させるためにはより大きな力が必要になるんですこれをに存在することは他社との違いをはっきりさせることという考え方だと自分を支えるためには力が必要であることりんますます築いていくんです同様に私は誰であり何者なのかという問いを掘り下げていけばいくほど他のものを離れては自分はまったく何者でもないという認識がますます強くなるんですこのような世界では心は穏やかではありませんこれは何がいけないのかそこで釣りのポイントですそれぞれ別個だと考えると矛盾をするこのように自分が優れた人物木になろうとすればするほど自分が確かその高さというものは他の人の低さや失敗との対比においてのみ明らかになることがますます分かってくるんですこれはつまりダブルバインドに落ちているんですダブルバインドとは二つの矛盾した命令がなされている状態のことですダブルバインドの状態になってしまうならそもそもの前提が間違っている可能性があります実はそれぞれ別個のものとして私とかあなたで考えることがそもそも間違いなんです本当は英語という感覚がナンセンスであり独立した英語というのは単なる作り事になるんです私という英語の感覚は嘘になります私という感覚は自分が経験する全宇宙と同一視されるべきなんですこの孤立した英語というのは作りことだということを確信ができたら自分自身が生の全部プロセス全パターンであることを実感するようになります簡単に言うと全ては一つということですつまりワンネスのことですそれぞれの湯行きたいというのは自らを経験する宇宙になるんですこれまでの説明で人間関係や社会的な背景からワンネスは理解ができたので釣りは生物学などのミクロの視点から1列を考察をしていきますすべてがゼロとイチ僕たちの感覚器官は波の振動をキャッチをして0回市信号に変換をしています目は光の波に触れて耳は音波に触れることで変換をしていますこれらの感覚器官を構成する神経細胞はただ on と Off の状態に波を変換をしているだけです神経細胞はイギリス官能の合図を送るだけですつまり0と1の信号を送っているだけなんですよって僕たちの神経組織と2進法からなるコンピュータは非常によく似ているんですにている理由は物質的な世界は基本的に全てが振動であるからですつまり世界も0か1でできてるようなイメージです実物9波形だよ感覚や空間を持たない物質というものはありえません言い換えると半分の波とか周りに空間を持たない物質は存在しないんですおふの無い御案内し下の苗植えもないんです僕たちにはトイレのない音のように感じられても本当はそうではありません全ての音は波なので実際にはオンとオフがあるんですオンとオフの交代があまりに早いので耳が良い時期に載せないだけです機会に関しても同じです光もオンとオフの波つまり光と闇の連続なんです空間も同じです僕たちの雪は空間の隙間を無視をしてしまいますが本当は宇宙というのは体育館の振動になるんですつまり答え徳川一つのものとして共存をしています空間というのは体幹の関係でありそれなしにはエネルギーも運動も存在できませんここからあなたという存在もオンの状態だけを取り出して じゃないことがわかりますそこで次のポイントになりますことをしてのあなたは存在しない僕たちが嫉妬か空っぽの空間とかとして理解をするものは波頭どんな目頭の間のくぼみにすぎないんですここからわかるのは時間も空間も一つのものということですよって獲得すべきに何かが未来になるはずだとかそれを獲得するまでやり続ける必要があるとこは全て幻想の一部です現在をおいて他に時間というものはなく一切のもの全て以外には誰もいないのと同じようにそこには獲得されるべきものは何もありませんこのすべては一つを理解をすると敵も味方も含めて皆さんのお陰という気持ちが生まれます1ですが分かると的にもよそ者集団にもそして他のあらゆる生命にも自分が依存しているという率直な認識が生まれます人は生きてる限り他の命を犠牲にして食べななければなりません必ず他のものに迷惑をかけなければ生きていけないし他のものを変えてでしか存在はできませんこれを本当に理解すると敵をとことんまで行ってようという気がなくなります今後も現実の生活の争いごとや競争ゲームに巻き込まれはしますが他社が完全に間違っているとかやってたを移送できるそうされるべきだという幻想に縛られることがなくなりますこのことはとことんまで行かないうちに争いを抑制し進んで妥協することができるという家庭科医のない能力をあなたに与えますなぜ敵への理解が大事か理由は本当に危険な人物というのは自分が盗人であることを自覚をしていない人物だからです分かりやすく言うと正義感の強いこっちが生理で血は空くだと決めつけをして攻撃する輩が最も危険な人物なんです世の中の全ての戦争もこのようなタイプの人が起こしている確率が高いんです世の中の悪を根絶させなければならないと考えるタイプが一番危険です誰かが少しずれた発言をした時に徹底的にコメントで叩く行為に走るいつまでもこの傾向があります僕のチャンネルでは見たことはありませんが他の産業ではこのタイプの岡田を見たことがあるので悲しい気分になりますこのような1熱の世界観で生きていくにはまじめ人間になりすぎずゲーム感覚で生きるくらいがちょうどいいと著者は言いますそこで次のポイントになります天使は悪魔が成立させている人の役割を演じて盲目的になった人は自分の家を支えてくれているのは悪い人のおかげだということを忘れてしまいます本当は敵や競争相手は愛すべき存在です彼らなしには僕たちは何処にも存在ができませんてんしとあくまの勢力は相互に依存をしており天使が勝ちつつあるが勝ち罰せず悪魔が待ちつつあるが決して負けはしないという限りにおいてゲームはゲームとして成立をするんです人権国際平和核兵器の抑止などに関わっている人がこのことを理解することこそ最も重要ですもちろんこれらは指示されるべきとても立派な主張ですが対立するものへのリスペクトを書いたりそれらを完全な悪とみなしてはなりません実際に熱心な平和主義者やメッシーナ反帝国主義者ほど好戦的で争いが好きな人物はいませんこれは視野が狭くなり昨日おかげさまという気持ちが完全に欠如しているからですこれを防ぐには自分の存在は敵や競争相手に損をしているということをただ理解すれば良いだけですこれを理解するという間も手に入るんですユーモアとは人生の矛盾をみんな共通の弱点として寛大な態度で楽しむ気持ちですゆうま届く前世は相容れないものでユーモアを持つと自分と反対の立場の人間を攻撃しようという気にはなりません言い換えるという文を持つとは敵と同様に自分の中にもダメな部分があることを自覚をしているということです的にも自分にもダメな部分があることを言う間を持って大目に見てあげることが大事ですゆうまを持つことで良いバランスを保つことができますつまり小瀬理性と情熱精神性と可能性真皮組織の独特なバランスが取れるようになるんですこれがはどちらか一方に偏ることで人間性を失い失ってしまいます極端に走ると危険になるんですよって僕たちは善と悪とか互いに相互に依存していることを肝に銘じるのが大切ですくれぐれも相手を抹殺しようとしてはいけませんこれを忘れるといつのまにか世界に迷惑をかけることになるし自分も不幸になりますになろうとすればするほどバランスを保つために悪魔の軍団を呼び起こすことになりますこのように世界はバランスが大事なのでゲーム感覚ぐらいで考えたほうがちょうどいいと騒い 言い換えると仕事というよりは遊び感覚で行けることが大切です星というゲームに参加する当事者はその点滴は愛すべき的大差なしで何ゲームは成立しないということを理解してプレーをしなければなりません汝の敵を愛せよというのは彼らを敵として愛するということですロールプレイングゲームでもスライムは愛されキャラになりますスライムがいないとゲームは成立しませんこの世界というゲームでは全てがあり必要な存在でそれでも一つでも書いてはゲームは成立しないんです繰り返しになりますが全てで一つなんですすいすいゲームを役柄瓶ポットをしてきてそもそもこの世界は一人の私が演じているものだということをすっかり忘れてしまうんです実際には相当の誰かなどいません誰かとわざわざながら音しなくても僕たちはもともとすべてとつながっているんですこの事実を踏まえた上であなたはこれからどんな役割を演じていくでしょうかそれでは今回の動画のおさらいをしていきます黄色の重要部分だけを求めています一つ目のポイント資格とは狭められた近く細い隙間を通してみているから全体性を認識できない世界をそれぞれ別個のものとしてみてしまいがち本当は個別の事象の因果関係ではなく全ては一体人間が勝手に物事にラベルを貼ってそれぞれを分割をしている二つ目のポイント全てが連携をしている一体性を認識しないから英語が生じる本当は自分=全て自分=全てが変装して現れない唯一の自己他者も全て自分で全てのものが片方だけでは存在ができる本当はひとつのもの勝者は敗者が必要歯医者のおかげで勝者は存在ができる悟りを開くことも不正者になることも歯医者が必要自分が上にいるのは他社が下であることにかかっている特別な人物になろうとするだけで誰か廃車にしなければならない星座には罪人が必要で現在には車が必要優れた個人になろうとすることは世界中の人に競争を吹っかけていうのと同じ全ての人が誰かという視点から自分自身を規定をしている英語がある限り他社と比べて自分を提示する英語がある限りだとレースが永遠につづく他の物があって初めて自分で親子でできるから一体のものとして考えるのが正解集団は集団を排除しないと存在ができないあるグループに入った瞬間よそ者グループが生まれる人そうなグループも結局は他者を排除しないと成立しないって他とは異なっていることを目指した甲斐は喧嘩が絶えないそれぞれ別個だと考えると矛盾をする私とかあなたと昨夜これ考えとダブルバインドに用いるそれぞれの有機体は自らを経験する宇宙であるすべてがゼロとイチ感覚器官は波をキャッチして0日市で信号に変換をしている神経組織と2進法のコンピューターは似ている世界は全てが振動なので0日市みたいなものを問わな日なので on と Off がある光もオンとオフの形つまり光と闇の連続注文を炊いとくかの振動であることしてのあなたは存在しない人か空間とかむっというものはダメと波の間のくぼみに素敵ない本当は時間も空間もたった一つしかないすべては一つを理解をすると敵も味方も含めて皆さんのお陰と思える他のものに迷惑をかけなければ生きれない政治家の強いこっちが生理で8枠だと決めつけるタイプが危険世の中の悪を根絶させなければならないと考えるタイプが一番危険劇のおかげという世界への感謝の気持ちがないからこうなる天使は悪魔が成立をさせる本当は敵や競争相手は愛すべき存在自分の存在は敵や競争相手に依存をしている敵にも自分にもダメな部分があることをユーモアを持って大目に見る夢を持つと人としてのバランスを保てる仕事というよりは遊び感覚で生きることが大切人生はゲーム感覚くらいがちょうどいいこの世界と良いゲームでは全てが必要な存在でそれらを格闘ゲームは成立しない世界は全てで一つ誰かとつながろうとしなくても元々全てと繋がっている最後にこの本のポイントはすべては一つこれに尽きますこの世界は縁のようなもので始まりも終わりもありませんあるのはたったひとつだけで他には何もないんですだから退屈しのぎで色々な人や様々なものを演じるというゲームを繰り返し経験をしているだけです私は気に食わないあいつで大好きなあの人です敵の役を演じてくれている自分自身に感謝をしなければなりません自分が何者であるかを決められるのは他の 善と悪や精神性と物質主義などに曲かも絶妙なバランス感覚で行けるこれがこのゲームの上手な攻略法ですはい今回はここまでになります今回はラットレースから抜け出す方法 Alan watt 著を読んで学んだことを自分なりに説明をしましたほんの一部しか説明できておらずとても面白い本なのでぜひ買って読んでみてください目指すは1億相続者たち高いです今後も何かしら役に立つような情報を発信していこうと思っています学び7 YouTube の2倍速がおすすめですおすすめの本や間違いの指摘質問などありましたらコメント欄にお願いいたします

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事