【おすすめ書籍】『食のパラドックス 6週間で体がよみがえる食事法(スティーブン・R・ ガンドリー[著], 白澤 卓二[翻訳])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『食のパラドックス 6週間で体がよみがえる食事法(スティーブン・R・ ガンドリー[著], 白澤 卓二[翻訳])』の紹介グルテンフリーからレクチンフリーの時代へ皆さんどうもこんにちはありょうです本日ご紹介する本は食のパラドックス6週間で体がよみがえる食事法です今から40000万年前植物は昆虫や動物から身を守るためにレクチンという捕食者の毒となるタンパク質を発明しました一般的に健康に良いとされる多くの食品全粒粉や大豆やトマトなどにはこのレクチンがたくさん含まれておりそれが私たちの腸を傷つけ様々な病気や肥満を引き起こしているんです本日ご紹介する内容は以下の通りです第一章小麦や大豆が持つ猛毒レクチンの正体第2章現代人の健康度は古代エジプト人と同レベル大山椒を食べていいものが増えていく驚異の食事法プラントパラドックスプログラム皆さんもご存知の小麦に含まれるグルテンは数千種類もあるレクチンの一緒にしか過ぎずいわゆるグルテンフリーのような食事法によりグルテンだけを排除しても他のレクチンを排除しなければ何の意味もないんです本書ではそのような従来の食事法とは異なりレクチンに対する耐性をつけていくことで徐々に食べていいものが増えていくという非常にユニークな食事法プラントパラドックスプログラムが提供されています食に関するこれまでの常識を覆すような興味深い内容になっていますのでぜひ最後まで見て行ってくださいそれでは早速参りましょう第1章小麦や大豆が持つ猛毒レクチンの正体皆さんは植物は細くを自覚していることをご存知でしょうか多くの植物は従順に動物の餌食になるわけではなく補足に対して身を守る術を持っていることがきんの研究で判明したんですその研究の対象はキャベツの仲間アブラナ科であるシロイヌナズナですシロイヌナズナはゲノム解析された初めての植物で他の植物よりもその内部の働きについて理解が進んでいます植物が細くされることを自覚しているのかどうかを調べるために研究者はまず毛虫が歯の上に貼っているときの振動を再現しました他に例えば風に吹かれている時などを別の状況の振動を与えた場合についても記録しました驚いたことにな妻は毛虫が葉を食べている時に似せた振動を感知すると弱毒性のカラシ油の生成量を増やし食べられないよう南風と送り込んだんです一方風邪などを用いた他の振動ではこうした反応は見られませんでしたまた他の実験では感覚植物のおじぎ草を持ちましたこれはその名の通り振動や接触を感じると補足その他の妨害を受けないように葉を閉じる植物です子供の頃に遊んだことがある方も多いのではないでしょうかこのように葉を閉じる反応は道外の少ない場所で育った場合よりも多い場所で育った場合の方が著しくなることが分かっていますつまり植物は考えているのでありはるか昔からそんな能力を身につけているんですさらに植物は人間や他の動物と同様に体内時計を持ちますある研究では植物にはいわゆる時計遺伝子があり遅く動物が活動する時間帯に合わせてあの中で殺虫剤を生成していることが突き止められましたそして時計遺伝子を取り除くとその能力は失われたんですこのように植物が細くから身を守るために生成する毒素の一つが荒れ口んです星がある方向から葉を食べ始めるとそれ以上食べることができないようにとかの反対側ではすぐに出口に濃度が倍増しますレクチンの生成は植物が用いる自己保存戦略であり私たち捕食者を傷つける有害一重でも中心的な役割を担っているんですねきちんとは例外はあるものの植物が生成するオウムで大きなタンパク質の総称で動植物の体内に見られますレクチンは今なお続く動物との戦いに植物が用いる中核兵器と言えるんです先ほど少しだけ触れたとおりグルテンフリーで一躍有名となったあの悪名高いグルテンは実はレクチンの一種なんですレクチンは他にもたくさんの種類がありグルテンは数千種類以上は荒れ口の中の一つに過ぎませんでワクチンは一体どのように植物を防衛しているのでしょうか大抵の植物の種は会社などに含まれるレシチンは遅く動物の体内で精密誘導ミサイルのように昨日市炭水化物特に多糖類と呼ばれると文章を狙って結合しますまたレクチンは芦原さんとの結合しますシアル酸は動物の腸脳神経末端関節 血管壁などに含まれる糖分市でこのような結合によってレクチンは細胞間の連絡を阻害したり炎症などの有害な反応を引き起こすんです例えばレクチンが足あるさんに結合すると神経科の連絡が阻まれますこれがいわゆるブレインフォグ頭がもやもやして思考が萎えた状態の原因となるんですまたレクチンはウイルスや細菌が宿主に取り付く手助けもしますレクチン感受性が高い人は人一倍ウイルス感染や細菌感染に弱いということが明らかになっているんですさらにレクチンは体重増加も促します太古の昔に高緯度の地域で小麦が主な穀物となったのはそれに含まれる wga と呼ばれるレクチンのおかげでした wga は体重増加を強く促すためそれを含む小麦は食料が不足しがちだった祖先たちの体重増加に役立ったんですしかし飽食の時代となった現代の小麦にも wga はちゃんと含まれており渡した家の肥満を促し続けているわけです植物は自分の種を細くさから守るためには手段を選ばず時には歯を生贄にすることもできませんめぐちんはもともと細く動物を殺すか少なくとも体調不良にするためのものですレクチンによって弱った経験をした動物は暴走した植物やその子を食べようとはしなくなりその植物としては生き残ります古代の人類はそのような植物の生存戦略に対しレクチンを処理するさまざまな方法を発展させることで自らも生き延びてきましたこのように植物と古代人は互いに争いながら進化してきたんですしかし残念ながら現代人は古代人ほど賢くありません体に悪い食べ物を避けたり上手に処理するのではなくむしろ体に合わない食品を食べるために何かを発明してしのごうとします胃薬は鎮痛剤などを発明することで有害で苦しみをもたらすようなものを食べ続けているんです胃薬といえば私たちは自分地震でそれを飲んで体に悪いものを食べ続けるばかりか家畜にも投与しています例えば牛は決して自然にトウモロコシや大豆を食べようとはしません元々は牧草などの会話を食べる生き物なんです大豆もトウモロコシも牛が不慣れなレクチンをたっぷりと含みひどい胸焼けや飲み込む時に痛みをもたらすので自然の家は建てるのを避けているんですですがトウモロコシや大豆に含まれるレシチンは草よりもずっと効率よく潮太らせ霜降りにするんですそこで酪農家は皮肉のためにこうした資料を食べ続けさせようと胃薬の成分である炭酸カルシウムを餌に配合するんです実際世界中で生産されている炭酸カルシウムの半分は牛の胸やけど目に使われており牛は本来食べないはずのトウモロコシや大豆を無理やり食べさせられているんです著者は豆類や小麦などの穀物に含まれるレシチンは人間にとってとりわけ問題が多いと言います第一に人間はまだレクチンに対する耐性を L までに進化していませんまた人間の体内細菌叢もまだレクチンを十分に分解できるようにはなっていないんですまたレクチンは植物だけではなく今や動物性食品にも含まれています虫などの動物がレプチンたっぷりの豆やトウモロコシを食べるとレプチンは父や肉に移ります同じことは出口の豊富な餌で育った鶏阿蘇の卵にも言えることです大豆やトウモロコシ由来の餌で育った養殖魚も同じですことわざ通り食は人なり食べ物が人をつくるんですしたがってあなたはあなたが食べているものから作られ畑あなたが食べているものが食べてきたもので作られているんですあなたが有機栽培の野菜や放牧された家畜製品を食べているならその栄養は土屋阿蘇の家畜が食べた自然な草に由来しておりそれらがあなたの全細胞へと受け渡されます一方あなたが遺伝子組み換えトウモロコシによって飼育された星を食べればそこに含まれるレシチンはあなたの腸に入ってからも悪さをし続けるんです自分が食べているものがどのように育てられたかを知ることは単なるライフスタイル洗濯の問題ではありません自分の健康に直接的に関わる問題なんですこの辺りで第1章をまとめておきましょうポイント市植物は細くさに抗うためにレクチンという毒素を生成することで身を守っているポイントにペクチンはグルテンをはじめとする数千種類のタンパク質の総称でありレクチンを食べる事によって我々の体内で炎症や神経障害などが引き起こされるポイントさんレプチンを多く含む小麦や大豆トウモロコシなどは体重増加を強く促すため牛やニワトリのエサとして用いられているそのような家畜を食べる事で我々は間接的にレクチンを摂取することになる第2章現代人の健康度は古代エジプト人と同レベル第1章ではレプチンという厄介なたんぱく質が私たちの健康を蝕みつつあることを観てきましたしかしここ 視聴者の皆さんは我々の祖先は数千年の間ずっとレクチンを含む食品の多くを食べてきたのにも関わらずどうして現代人だけが健康を損なっているのかなぁと疑問に思ったかもしれません実際のところでクチンは数千年にわたって人類を苦しめ続けてきたんです私たち人類を含めてどんな動物も試行錯誤をしながら避けるべき植物を学んできましたですがおよそ10万年前人は植物との戦争で独自の進歩を遂げましたそれが必要です加熱調理は多くのレクチンを分解してくれますさらに加熱は植物の細胞壁を壊し消化を良くする簡単な方法でもあるんですこの発明によって我々の祖先は消化で必要なエネルギーを大きく減らすことができるよう進化しより多くのエネルギーを脳に差し向けられるようになったんです加熱調理を発明してから9万年ほどはホモサピエンスにとって順風満帆な時代でした大船動物や塊根植物のおかげで人は長身で眼鏡に進化しました実際約1万年前までは人類の平均身長は180 CM を超えていたと言いますですが最後の氷河期が終わった頃また問題が始まりました閑静な環境で栄えた大きな動物が死に絶えたため人は新たなカロリー源を探す必要に迫られたんですそこで中東の肥沃な三日月地帯において穀物や豆類の農業栽培が始まりましたそのような穀物はそれまで人類が採集し食べてきた甲斐今夜菜っ葉とは全く別の植物です言い換えると全く新しい種類のレクチンが私たちの体の中に入ってきたということですそのような農業革命によって膨大な穀倉地帯を抱えたエジプトはピラミッドの建設に見られるような巨大報告になりましたですが残された膨大な数のミイラを分析した結果エジプト人の健康状態は雨芳しくなかったことが解明されています彼らは肥満市動脈を詰まらせて死んでいたんですタントを大量に含む穀物中心の食事のため虫歯になり葉は穀物を噛み潰すために歯茎まですり減っていましたまたある合皮のミイラを分析した結果おそらく糖尿病であったことが分かっていますつまり食生活が穀物中心であった古代エジプトは現代の我々と全く同じ生活習慣病に侵されていたんです立穀物や豆類のレクチンは程度は違えどを全て毒性であることは事実ですしかし私たちの祖先は農業革命によって税金を摂取するようになった時その影響を和らげる発行などの様々な素晴らしい技術を生み出しました穀物や豆類がなければ現在の文明は生まれなかったと言っても過言ではありませんそして現代になり加工食品や遺伝子組換え作物を通じて人類はまたも荒くなるちん音に話しました遺伝子組み換え作物には大豆トウモロコシトマト菜種などがあります私たちの肉体はかつてこれらのいずれにも接したことがありませんでしたさらに膨大な種類の抗生物質薬品類その他の化成品を使うことで通常ならそうした食べ物に含まれているレクチンを処理してくれたはずの体内細菌をそっくり破滅させてしまったんです過去半世紀私たちは食や調理の智恵の多くを捨て去りファストフード加工食品電子レンジ食品などを選んできました食事の構成内容も劇的に変化しましたトウモロコシや大豆小麦などをレクチンでいっぱいの食材は今や大半の加工食品に用いられていますこのような食生活の変化が私たちの体内のシステムを深く傷つけているんですこんな短期間のうちに様々なレクチンの猛攻撃に人間の体が適用できるはずがありませんこうした変化の速度はあまりにも早く私たちも体内微生物と思うとても対応が追いつかないんですこのように劣勢を強いられたレプチンとの戦いの歴史の中で人間の戦いぶりはどうでしょうか私たちはレプチンの脅威を前に手をこまねいて苦しむだけなのでしょうか実はレプチンが我々の体内を混乱させる一方で人を含むすべての動物をまたレクチンを無害化するかあるいは少なくともその働きを弱めるための防衛システムを発達させています第一の防衛システムは花名駅は唾液でまとめてムコ多糖類と呼ばれますこれはレプチンを捕まえるために存在するものです第一章でレクチンは頭に結びつきやすいことを説明しましたよねつまりこのムコ多糖類ガレクチンを捕らえてくれるんですまた大量に分泌されたね行けばレクチンをとらえるのみならず食べ物が食道を降りていく際の保護膜としての役割も果たします第二の防衛戦 遺産はすべてではないにせよレクチンの多くを分解しますそして第三の防衛システムは口内野鳥にいる細菌です彼らはレクチンが腸壁に取り付く前に効率よく消化するよう進化しています特定のレクチンを長い間食べているほどそれを無害化する体内細菌を鍛えることに繋がるんですですから昨今叫ばれているように完全なグルテンフリー食に入ってしまうと逆にグルテンを無害化してくれる最近もやせ細ってしまうんです完全なグルテンフリー食が良くないのはこのためですそして最後の防衛戦は消化管の細胞で作られる様々だねいつですかなうちのどの子と同じくこの免疫は肛門までずっと保護膜として働いていますこれら各種のネギは消化管のそこここでレクチンを捕らえ吸収するんですこれらは全体として非常に効率の良い防衛システムを構築していますとはいえアクチンをたくさん摂取するほど免疫のムコ多糖類が消費されやがて過剰なレクチンは重宝する性細胞に侵入してしまいますそうなるともう手遅れなんですしかし我々人間にはこれらの他にも非常に強力な体力珍兵器がありますそれは頭脳ですある種の食品が原因だとわかればそれを食べるのをやめるか減らすかあるいは祖先が大昔に編み出した下ごしらえで毒抜きをすればいいんですさらに胃液の分泌を抑制する薬の服用や完全なグルテンフリー食を止めて腸内細菌叢を鍛えなおせばいいんですレクチンの危険性やそれに対する人類の戦いについてご理解いただけたところで続く第3章ではめぐちんと強制し健康を取り戻すための具体的な方法について見ていきたいと思いますその前に第二章をまとめておきましょうポイント市元来最終によって塊根植物や菜っぱ終えてきた人類は薬一万年前に濃厚が始まり穀物や豆類を食べるようになったことでかつてないほど多くのレクチンにさらされるようになったポイントに現代の加工食品や遺伝子組み換え作物を通じて人類はさらに多くのレクチンを摂取しておりそのような変化に我々の体内のシステムや腸内細菌叢は対応が追いついていないポイントさん人間の体にはペクチンに対する効率の良い防御システムが備わっているもののそのようなシステムは現代の過剰なレクチン摂取には対処しきれず健康のためには意識的に食生活を改善するしかない大山椒を食べていいものが増えていく驚異の食事法プラントパラドックスプログラムこれまで野菜が持つレクチンの危険性について述べてきましたしかし著者は自分は決して菜食反対論者ではないと言います植物はビタミンミネラル様々なフラボノイド抗酸化物質ポリフェノールなど豊富な栄養をもたらしてくれるのみならず体内の微生物と親私たち自身の健康に不可欠な微量栄養素も含んでいるんですこれから述べる方法は別や植物を完全に退けてしまうのではなくそれだと強制することで体を鍛えることを目的とした食事法です体内微生物等の健康を核としたこのプログラムを著者はプラントパラドックスプログラムと名付けていますプラントパラドックスプログラムではまず有害なレクチンを排除することから始めますそれによって傷ついた腸に応急処置をしこの段階でたいていの人は少量のレジンであれば取れるようになるといいますその後適切に下ごしらえをした野菜を徐々に増やしていくことで出口に対する耐性をつけて行くんですプラントパラドックスプログラムの内容に入る前にこのプログラムを始めるにあたって心に留めておくべきルールについて解説しておきましょう著者はこのプログラムを成功させるためには次の四つのシンプルなルールに従うことが大切だと言いますそのうち何かの食品を食べることより何かの食品を食べないことの方がずっと大事このルールはヒポクラテスの教え万病は腸に始まるに沿っています超を傷つけるのをやめれば私たちの体は総じて会長になるんですそのに体内の微生物相に気を配り養うことそうすれば彼らはあなたに気を配り養ってくれる何しろあなたは彼らの住処なのだからこのルールを言い換えると腸内細菌に彼らが望むものを与えれば全ては万事丸く収まるということですこれまで述べてきた通り今や私たちは事実上町第2光ハイツを抱えていますそこでは悪玉菌だけがあなたが食べたものを食べて暮らしているんですそのような現状を打開するためにまずは食べないことで悪玉菌を兵糧攻めに 脱会した時に善玉菌の楽園を採点することが肝要なんですプールその果物はキャンディと同じ著者は果物が健康に良いという考えはかなぐり捨てなければならないといいます旬の果物を食べる事は私達の祖先を太らせ冬に備えさせてきましたですが現代では食べ物は季節に関わらず年中たっぷりと出回っていますフルーツサラダを健康的な食事と思って注文するのはボールいっぱいのキャンディーを注文するのと同じなんですただし食べてもいい果物が3種類だけありますまだ青いバナナマンゴーパパイヤです未熟なトロピカルフルーツは加藤あまり含んでおらず代わりにレジスタントスターチというでんぷんが豊富です私たち人間はそれを分解する酵素を持っていませんが腸内細菌がこれを好んで食べるんですルールその4あなたはあなたが食べているものであり食べてきたものであるもし人工的に飼育された牛肉や鶏肉卵乳製品養殖魚などを食べたらそれはレクチンまみれのトウモロコシや大豆を食べたも同然ですちなみにこれから述べるプラントパラドックスプログラムにおいては摂取カロリーは問題にはなりません旧式のダイエットにおける摂取カロリーの考え方では食べたものが全部吸収されることが前提でしたですがプラントパラドックスプログラムでは取り入れたカロリーの多くを町内の微生物が消費するため摂取カロリーは問題ではないんです腸内細菌叢はそのカロリーを自己増殖に使うか健康増進に役立つ特殊な脂肪に作り変えてくれるんです先ほどのルールその2の通りこのプログラムでは腸内細菌たちにたっぷりと餌を与えてやらねばなりませんつまりプラントパラドックスプログラムに従えばこれまでよりもずっとたくさん食べることで体重を減らすことができるんですまたこのプログラムは一般的なこれは食べていいあれは食べちゃダメと言った食事プログラムとは異なりプログラムが進むにつれて食べていいものが増えていきますこれはプログラムが進むにつれて腸内細菌叢が回復しレクチンなどのタンパク質に対する耐性がついて行くからですそんなユニークな食事法であるプラントパラドックスプログラムどんな内容なのか気になりますよねそれでは早速その内容を見ていくことにしましょうプログラムは次の3段階から成増フェーズ1まず三日間の浄化期間で超回復させ腸内微生物叢の善玉菌を強化し悪玉菌をあらかた追い払いますその後悪玉菌が復活しないうちにすぐさまページ2に移行します Days to ここからがプログラムの革新です6週間の食事制限により腸内細菌叢をさらに整えペクチンなどのタンパク質に対する耐性を獲得していきます PHASE 3これまでのフェイズデーターレクチン体制に応じて概ねこれまでと同様のものを食べつつも食生活を柔軟に変化させていきますこの頃から食べていいものがどんどん増えていきますこのようにプラントパラドックスプログラムは比較的長期にわたる戦いです食制限が長期間にわたるがゆえに成功のためには先ほどの四つのルールを頭に刻み込んでおくことが大切なんです各フェーズをさらに詳しく見ていきましょう1はいわばプログラムのための準備段階ですわずか三日間でこの製造冠水しただけでも体調は目に見えて改善しますフェイス市期間中乳製品穀物雑穀果物種卵大豆ナス科の植物根西海コンは食べてはいけません当然とうもろこし大豆キャノーラなどをこれまでにあげた攻略ちん食物も駄目ですまた牛肉などのを畜肉も食べてはいけません代わりに食べていいものはアブラナ科の野菜ですキャベツチンゲン菜ブロッコリーカリフラワーケールなどですまたレタスほうれん草エンダイブから砂の葉の食べて構いません遅刻やアスパラガスセロリフェンネルラディッシュアミンとパセリバジルコリアンダーなどのハーブ類にんにく玉ねぎネギチャイブも OK です法を含む海藻類を食べて大丈夫ですまた1日200 G 以下の天然魚が1日100 G 以下の放牧取りに限り肉を食べても構いません油についてはアボカドオイルココナッツオイルマカダミ屋オイルごま油くるみオイルエクストラバージンオリーブオイルヘンプオイル亜麻仁油などに限って摂取可能ですアボカドは一個まるごと食べても構いませんそれに加えて毎朝グリーンスムージーを飲むようにしましょうさらに市に暮らす蜂の水道水が地下水を飲みましょう緑茶紅茶コーヒーはたっぷりと飲んでも構いませんこのように見ていくとスイッチは意外とかあんたんであることに気づくはずです天然であれば魚も鳥も食べることが出来ますし 出来るこれも嬉しいですよね続いて6週間にわたる PHASE II です次に説明する食べていいものと食べてはいけないものを厳格に守ってくださいですがこの6週間の反応次第ではレクチンを含む食品を少しずつ取り入れてもいいことになっていますですのでここが踏ん張りどころです本書ではフェーズ2で食べていいものと食べてはいけないものが分量や調理法に至るまで非常に事細かく記載されておりとてもこの動画だけでは説明しきれませんそのため今回は本書の付録としてついてくる早見表をご紹介することにしましょうより詳しい内容が知りたいよという方はぜひ本書を手にとって読んでみてくださいまずは食べてはいけない食品です Days to 食べてはいけないもの玄米パンパスタそばシリアルじゃがいも砂糖豆類全般豆腐枝豆ピーナッツカシューナッツチアシードトマトナスキュウリカボチャメロンとトウモロコシローカロリー飲料続いてフェーズ2で食べて良い食品です食べていいものをアボカドナッツ前半クリココナッツオリーブダークチョコレート海藻類きのこ類アブラナ科の野菜オクラ玉ねぎ葉菜類さつまいも里芋こんにゃく牡蠣味噌キムチこうして早見表をざっと見ただけでも意外と食べていいものが多くなんだかこれなら実践できそうな気がしてきますよねベージュ2を開いて6週間が過ぎた頃大抵の人は本当に調子が良くなっていることが実感できると思います続くフェーズ3はそれに先立つ二つのフェーズがゆうき期限があったのとは違い永続的なライフスタイルですその方法は次の通りです普通の食べていいものリストにある食べ物で主に地元で栽培された旬のものを中心に食べ続ける長が回復したら MCT オイルやココナッツオイルなどのケトン脂肪の摂取を増やすきゅうりズッキーニ茄子などの種無しまた腸音が小さい植物を食べる事でペクチンに対する耐性を試してみる圧力調理した豆類を試すただし急がず一週間に1種類程度にとどめておくこうした食品に耐性があればトマト屋でまあるいお種抜き皮むきして導入してみる最後にレクチンを含有する野菜をすべて再導入しそれで問題なかったらインド産バス待って今や他の穀物穀類を圧力調理器で調理して少量ずつ食べてみる動物性タンパク質摂取量を段階的に治療グラム今日にまで減らす対してタンパク質の大半を要塞ある種の野菜マッシュルームナッツ麻の実などから摂取する以上がフェイス3の内容です3は決して焦ってはいけませんこれは永続的なライフスタイルなんです一週間に一種類ずつゆっくり時間をかけて食べることができるものを増やしそのことを喜びましょう大山椒をまとめますポイント市プラントパラドックスプログラムは初めにレクチンを排除することで体に応急処置をしその上で徐々に入り口に対する耐性を獲得していくという段階的な食事プログラムであるポイントにプラントパラドックスプログラムは体内細菌叢を鍛えるのが目的であり腸内細菌に多くのエネルギーを与える必要があることからカロリー制限を行わなくて良いポイントサンプラントパラドックスプログラムは段階的な治療メソッドであることから長く続けることで徐々に食べていいものが増えていくいかがだったでしょうかこのように努力してプログラムを続けることで最後には全てのレクチン含有野菜や穀物が食べれるようになるというのが本プログラムの最大の特徴ですこの点でプラントパラドックスプログラムはグルテンフリーなどの従来の食事制限法とは全く異なるものであることがお分かりいただけることでしょうまた本書ではこのようにプログラム中に食べるべき献立がまるでがん治療のガイドラインか何かのように驚くほど詳細に紹介されています今日の動画を見てプラントパラドックスプログラムを実践してみようと思ったかたはぜひ本書を実際に買ってちょさの渾身の食事スケジュールに沿ってプログラムを実行することをお勧めいたしますここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画よかったよという方はぜひぜひ高評価ボタンだけでもポチっと押していただけますと励みになるより一層頑張れますのでよろしくお願いいたしますまたコメントも全てチェックしておりますので是非お勧めの本などありましたら書いていただけますとうれしいですということでまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますそれでは

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事