【おすすめ書籍】『ワクチン不要論(内海 聡[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

created by Rinker
¥1,210 (2021/06/16 03:21:49時点 Amazon調べ-詳細)

【期間限定】ほったらかしで10万円が1億5787万円に!天才トレーダーT氏が開発したFX自動売買システム無料公開中です!

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『ワクチン不要論(内海 聡[著])』の紹介どうもこんにちは御予約チャンネルの王様です本日は賛否両論の方を持ってまいりました今新型コロナウイルスのワクチンを接種するべきかどうか悩まれている皆さんが多いことと思います本要約チャンネルでも新型コロナとワクチン知らないと不都合な真実という書籍を紹介させていただき新型コロナウイルスの概要と今回使われるワクチンについての紹介をさせていただきました今回はワクチンに関する闇の部分これを紹介している品を取り扱いたいと思います様々な情報が飛び交いどれが正しいかどれが間違っているのかの判断が難しい現状なんですか学校教育のようにこれが正解だと教えてくれる教室はどこにもいませんワクチンに関しては肯定派と否定派が全く違う意見を言っているということもあり何が真実なのかが分からなくなってしまいますしかしそんな中でも自分で様々な情報を伝え仕出しその中で自分が信じることができると思った情報を選び取っていくことが大切になっていきます頭ちゃんねるの情報も全て頭から信じるのではなく一つ一つの情報を自分で咀嚼し信用するべきか信用するべきでないかの判断を下してくださいとワクチンというナイーブな話題のため注意環境を含め前書きが長くなりましたが早速本の紹介に移っていきましょう今回ご紹介する本はワクチン不要論ですベストセラー作家であり医師でもある内海聡さんが書かれたワクチンの有害性について語られた本になりますつまり今回紹介する内容はワクチン否定派の内容ということなんですねワクチンは絶対に打つべきだと考えている人にとっても学びある一冊となっていますので何だワクチン否定派の本館と一蹴してしまうのではなく最後まで見てその上で自分自身の判断を考えていただけたらと思いますまた本日の内容紹介では基本的には著者の意向を優先し私個人の意見や他の書籍の内容は含まず紹介させて頂きます普通にニュースを見ているだけでは知りえない情報も沢山出てきますのでぜひ皆さんの知識の一つとして知っておいてください本日紹介する内容は以下の三つですが一生ワクチンは効果がない第2章ワクチンには害がある第3章データ洗脳どれもとても興味深い内容になっています是非最後まで見て行ってくださいそれでは早速参りましょう第1章ワクチンは効果がない第一章ではワクチンには効果がないということを説明していきましょう最初に結論を言ってしまうならワクチンの全てが効かないこれに尽きますペットのワクチンであっても畜産されているものに打たれているものであっても外国に行く時に打たされるものであっても効かないんですこのワクチンが効かないことは多くの研究により証明されているんでですが当然ながら医学者や製薬業界は決して認めようとはしませんしそれどころか聞くという研究がいっぱいあることを指摘するでしょうなぜ医療関係者はワクチンが効かないを認めないのかこのワクチンが効かないということを医療関係者や製薬会社が認めるはずもないのは当たり前の事なんですなぜならそれを認めてしまえばメッシの種が一つ減ってしまうからなんですねさらに狼が言うことだから間違いないというのは日本人の骨の髄まで染み渡った洗脳でもあるんですここでその洗脳を解くためにワクチンがなぜ効かないのかという理由について見ておきましょうまず知っておいてもらいたい初歩的なことそれはワクチンが何でできているかということなんですワクチンは以下のような成分でできていますこれは隠されていることではなく添付文書にも記載されているものです一つ目水銀水銀は神経毒であることが十分に立証されていますが依然として世界中のインフルエンザワクチンの副2回接種タイプに入っていますあらゆる金属の中で最も有害性の高いものが水銀であり水俣病でその強さはご存知の方もいるでしょうその他のワクチンにも水銀が残留しているものがあります子供の水源許容量は比較的低くワクチンを打つだけで水銀を多量に摂取してしまいますまたこの水銀は食べるのとは訳が違い食べるのよりも格段に吸収されることになってしまうんですすると結果的に免疫の異常をもたらしてしまうこと一番は脳にたまり脳の異常をもたらすことが分かっているんですフタツメアルミニウム骨骨髄脳の変性を引き起こす可能性がある得です非常に水銀との相性が悪く特性を調教することが分かっていますまたワクチンの危険性をもたらすものとしてアジュバン 増強剤についても知っておかなければなりません子宮頸がんワクチンを始めた釣れる最近のワクチンにはアルミニウムアジュバントが添加されています味バンドの働きでワクチンの有効成分がより長く体内に残留しワクチンの効果を増すというのが建前ですしかし本当は免疫の効果を増すのではなく免疫を暴走させるだけなんですね3つ目グルタミン酸ナトリウム msg いわゆる調味料などに入っている成分なんですが覚せい剤と似たような組成と作り方になっており危険極まりない物質であることがまだまだ知られていませんハワイやアメリカではかなり多くの食品やレストランで No msg と書かれておりず危険性がある程度認知されていることが伺えますこれがワクチンの中に入っていると容易に脳関門を通り越し脳に影響を与えてんかんや痙攣食欲中枢の破壊をもたらすのですよっつめホルムアルデヒドいわゆるホルマリンというやつです発がん性物質としては有名な物質でありシックハウス症候群などを起こす物質としても有名ですつまりホルムアルデヒドが入っているだけでアレルギーやアトピーはかなり増していきますしワクチンは免疫に直接的および間接的に作用するのでワクチンによって引き起こされ 22081人が亡くなっており結局イギリス政府は1948年にしとうの禁止に追い込まれていますこの時点でイギリスは頭に天然痘の予防効果はないことを認めているんですそれどころか10年東大流行の元凶でもあることを隠しきれなくなったわけですがそれでもイギリスが人を禁止した1948年以降も敗戦国である日本は GHQ 西棟接種続行を強要されました日本での廃止は1976年とイギリスに遅れること28年となっています日本でも明治に不凍ワクチンを導入したところ逆に天然痘が大発生し1892年には165774人の患者が発生三万人もの人が亡くなったという記録があるんですよいつでも戦前からジフテリアなどの強制的予防接種を採用していましたところが1939年ナチス政権時代にはドイツではジフテリア患者数が15万人と天文学的に増大したことが分かっているんですこれに対して予防接種を全く導入していなかったノルウェーでは同じ時期に患者数はわずか50人だったんですね予防接種が効かないばかりか天然と親ジフテリアの根絶に何の役にも立たずむしろ増やしてしまっている様子が伺えるんですアメリカでも皮肉な結果が出ていますポリオ予防接種を義務化した州ではポリオ患者が逆に700%も増大していることが記録に残っているんです1876年ジェームズウィルキンソン博士はワクチン接種はまさに狂気の沙汰と言うしかないですこれは純粋な殺人であると断言しています1899年にはアルフレッドウォーレス教授がその著書の中でワクチンに効果があるというのは幻想だそれを法的に強制することは犯罪でえあると述べているんです1920年に発行されたジャズヒギンズちょのワクチンの恐怖の中でニューヨーク市民の死亡診断書を15年間にわたり入念に調査した結果天然痘の死亡者数よりも天然痘ワクチン接種による死亡者数の そもそもなぜ私たちはこれまでワクチンが効くんだと信じてしまっていたのかそこについて第2章では迫っていきたいと思います獲得免疫という話皆さんは聞いたことがあるでしょうか獲得免疫とはウイルス性の病気に一度感染して回復すると体内に抗体ができ同じ病気にはかかりにくくなるという体の機能のことなんです獲得免疫の代表がはしかやおたふく風邪にかかるともうかからなくなるというアレですだから昔若かった子がいると避けるのではなくむしろ係に行けと言っていたわけなんですねこれはちゃんと理にかなった行動なわけですさてこれだけ聞くとワクチンは効果があるように思いますよね弱らせたり殺したウイルスを体の中に入れて免疫応答を引き起こし抗体を作らせて本物が来た時に対応できるようにしよう確かに理にかなっているように思えるんですしかしワクチンは感染の手順もすっ飛ばしておりそれが問題なんですね例えば起動の感染症であれば本来鼻や口や喉が第一関門でありそこでも免疫とウイルスは戦っているんですこの戦いによって情報をあらかじめ体に教えるという役割も担っています一応の感染症であっても胃酸で細菌やウイルスを殺すわけですがそれでも生き残る細菌やウイルスがいてこれもまた一応の中で戦い続けているんですこれによっても免疫を獲得されておりさらに細胞や血液の中に入ってくると今度は免疫細胞や交代などが働きさらに発熱により免疫のをあげていくわけなんですこれに対し先ほども説明しましたが基本的にワクチンという薬の考え方は少量の病原体を入れることで免疫を刺激するというものなんですこれだけ聞くとまるでいいように感じますがこれが効果を発揮するのは自然に感染するからなんですそうではなくて人口的に作られたウイルスに途中の経路を飛ばして感染したように見せかけると不完全な抗体だけが作られることになりますその結果むしろ靭帯はその感染症にかかりやすくなったりかかっていても放置してしまうようになるんですさらに免疫というのは抗体だけで形成されているものではない上にワクチンを打った人の場合は抗体が陽性でもその感染症にかかっている人が多いんですワクチンを打つことによって中途半端で役に立たない免疫を作りむしろかかりやすくしてしまっているワクチンを接種した人の方がその病気にかかっているというデータについては本書では様々な研究が紹介されていますこの動画でその全てを紹介する時間はありませんので本日の動画でワクチンに興味をもたれた方は是非この本をお手にとって一度お読みいただきたいと思いますさてここまででワクチンはよく効く予防接種さえしておけば病気にかからないというのはそうだということを示してきましたしかしその後ワクチンマニアたちは方針を変えてきたんです持ち出してきたのが予防接種をしておけば重症化しないという話なんですねしかしよく考えてみて欲しいんですが摂取したから軽く済んだというデータは本質的に作ることはできませんなぜならこのようなデータはグループ毎で研究するのではなく一人の人間の同じ状態の時に摂取した場合と摂取しなかった場合の両方をテストしなければ意味がないからなんですということでワクチンには効果がなく抽象化しないというデータも示すことができないんですがそれだけではすみませんワクチンの問題は聞かないだけではなく必ず病気を増やし子供を悪くしてしまうという点にあるからなんです現在世界で一番問題になっているワクチンの有害事象は子供が自閉症や知的障害や発達障害になることなんですこれは数多くの研究がありますしかしこれは第1章で紹介した成分を見れば当たり前のことでありワクチンは脳に悪影響を及ぼす毒物の塊でさらにそれを会社の弱い赤ちゃんや幼児の時期に何本も打つんですから子供の脳機能が統一されるのも当然なんです例えばアメリカの自閉症の研究資料団体ジェネレーションレスキューはカリフォルニア州とオレゴン州で子供を持つ親を対象にワクチン接種未接種を比較する調査を行いました対象となった子供の数は17674人で結果は以下の通りですこれもスポンサーが製薬会社などではない独立系の研究であったためこのような研究結果が出せたということになりますワクチンを接種した子供の喘息罹患率は120%増ワクチンを接種した男児の ADHD 罹患率は317パーセント増ワクチンを接種した男児脳神経疾患罹患率 5パーセントとワクチンを接種した男児の自閉症罹患率は146%となお女児に関しては調査対象のうちわずか20%であったためしっかりとした数字が出ていないようですさらに17000人を対象とした kig GS の研究と呼ばれるドイツの調査でもワクチンを接種した子供の方が受けなかった子供達よりも2倍から5倍も多い確率で小児病にかかっていることが分かっていますワクチンは効かないだけでなく有害であるというデータが他にも多数存在するんですしかしこの事実は全くもって広まっていませんそれは一体何故なのかそこについては第3章で見ていきましょう第2章をまとめておきましょうポイント市ワクチンによって人工的に作られたウイルスに途中の経路を飛ばして感染したように見せかけると不完全な抗体だけが作られることとなりむしろ賃貸はその間炎症にかかりやすくなるポイントにワクチンを打てば重症化しないというデータはグループ毎で研究するのではなく一人の人間の同じ状態の時に摂取した場合としなかった場合との両方をテストしなければわからないポイント3ワクチンは効かないだけでなく有害であるというデータが多数存在する第3章データ洗脳さ10第3章では私たちがなぜワクチンについて疑うということをしてこなかったのかワクチンの嘘について知ることが出来なかったのかという話をしていきましょうその洗脳には法律と科学が関わっています法律的にワクチンに関するものを予防接種法と言いますこの予防接種方こそが稀代の悪法なんです歴史を紐解くと1947年に GHQ の指導のもとで予防接種法が定められみんなに予防接種が強制されていきましたその曲事故が起こっても保証する仕組みがなかったんです今だって実質的には舗装などされていないも同然なんですね実はこの法律は日本人を人体実験しようとしたものと言っても過言ではありませんこの法律に日本はずっと苦しめられてきたんです1948年11月に京都や島根で実施されたジフテリアの予防接種では8数名の12歳児が死亡し仙人近い被害者が出ましたしかし国は各地から報告される接種事項を公表しませんでした1970年にワクチンの被害子を持つ親たちが集まり厚生省に訴えを起こしたのがきっかけとなって少しずつ変化が大きい線 この薬は効いたと判定したとしますそして30人はこの薬は効かなかったと判定したとします皆さんはこの薬が何パーセント効果があったと判定されるか分かるでしょうか通常は30人のきいた人たちを100人で割って30%と考えることでしょうしかし答えは違っていて35を60で割って50%の人に効果があったことになるんですつまり聞いた人を20%増やすことができたわけです実際は42は副作用なんかで脱落したので聞いていないどころかより有害なんですがこれらは数に加えなくてもいいんですこれを脱落操作などと呼んだりしますが製薬会社や大学病院などの研究ではこのような操作がよく行われているんですその他にも医学会や食品業界などで使われ一番信頼されている二重盲検試験にも穴が存在しています二重盲検試験と被験者を無作為に二つに分けて片方には偽薬もう片方には本物の薬を投与して違いを比べる試験ですそして例えば偽薬で30%の効果が出て薬で40%効果が出れば有意差ありなどとなり薬として認定されます偽の薬でも効果がある程度出ることをプラセボ効果と言いますがこの言葉自体は有名だと思いますそして本当に問題なのはこの30%と40%で差が出た時にその差は本当に薬によってもたらされているのかということなんですね試験のグループというのは無作為で分けても何かしらの特徴が存在します例えば無作為に分けた映像偽悪グループと B の効かない薬グループでよく調べたら佐藤 A グループが B グループより20%多く食べていたと仮定しますこの条件だと A グループの方が悪くなってしまったり薬を飲んでも効きにくい要素が増えていると考えられますこの状況で二重盲検試験をしてしまうと薬は効かない物質でも b グループの方が効果があるように見えるんですこれでも聞くという論文ができてしまうんですそしてさらに深い闇として世界で最初に認可が通る米国 FDA などの場合製薬会社自身が論文を認可機関に提出すれば良くそれは基本的に二つの肯定的な論文であれば良いということになっているんですねつまりどんな否定的な研究結果が何百あっても関係なく製薬会社は数撃ちゃ当たるの精神で研究を組み立てていけばいつかは聞いた研究結果が出来上がってしまうんです結局自分たちに都合のいい研究結果だけを採用できてしまうという所にデータの問題点があると言えます第3章をまとめておきましょうポイント1 GHQ の指導桜の下で予防接種法が定められみんなに予防接種が強要されていたが事故が起こっても保証する仕組みがなかったポイントに科学的な根拠やデータの一番の問題点はすぐに捏造したり操作したりすることができるということであるポイント3指定的な研究結果が何百あっても関係なく製薬会社は数撃ちゃ当たるで研究を組み立てればいつかは聞いた研究結果ができてしまういかがだったでしょうか普段普通にニュースを見ているだけでは知り得ない情報がたくさんあったのではないでしょうかぜひ今回の話興味を持ったよという方は本書を手にとって読んでいただきたいですもちろんこの本の話も全て頭から信じてしまうのではなく自分で本の中で語られているデータを検索したり様々な人の意見も取り入れながら自分の中で消化していくという姿勢が大切だと思いますニュースを見るときも同様です全ての情報が何らかの意図とともにあなたのもとに届けられていますそれをどう自分に落とし込んでいくかはあなた自身がやらなくてはならないんですどこにも正解は落ちていませんワクチンに関しても摂取する方がいいのかしない方がいいのか自分で判断する必要があるんですそのためにはワクチン肯定派の人の意見もワクチン否定派の人の意見もどちらにも耳を傾ける必要があります話を聞く前から陰謀論だとか洗脳だと決めつけてしまってはもったいないんです特に命に関わる事に関しては慎重に情報を選別し自分で納得できる決断を下していただきたいと思いますここまで長らくご清聴ありがとうございました是非高評価ボタンだけでもポチっと押していただけますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたしますメインの本要約チャンネル論文解説チャンネルも合わせてよろしくお願いいたしますまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますそれではさようなら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事