【おすすめ書籍】『脳が認める最強の集中力 最新脳科学が教える自分を劇的に変える習慣(林 成之[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『脳が認める最強の集中力 最新脳科学が教える自分を劇的に変える習慣(林 成之[著])』の紹介皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの量ですやらなければいけない仕事が山積みなのに集中が続かない無理にでも気をつければ進むと思ったけれど途中でどうしても飽きてしまう試験が近づいているのに気が乗らなくて取りかかることができない仕事にしろお勉強にしろって今一つ集中できなくて困っている人多いですよね集中が続かないのは歳のせいで脳の力が衰えてきているからだと半ば諦めの気持ちを持っている方もいらっしゃるかもしれませんしかし最新の脳科学によって集中力の低下は年齢に原因があるわけではないということが分かってきています本日は魔法のように明日からあなたが仕事勉強に集中できるようになるそんな即効性のある方をご紹介しましょう本日ご紹介するのは脳が認める最強の集中力著者の廃止成幸さんは日本大学名誉教授であり脳神経外科医として活躍される一方で脳に悪い7つの習慣などをベストセラーを多数執筆されている作家さんでもあるんですそんな林さんが語る最新の脳科学によって集中力を爆上げする方法はすぐに取り組むことができさらに効果が実感できる素晴らしい方法ばかりですので集中力アップに興味があるよという方はぜひお手にとって読んでいただきたいと思います本日の動画の中ではその中でもめちゃくちゃ使えるなというメソッドを紹介させて頂きます本日お伝えする内容は以下の三つです第一章集中力に対する間違った認識第2章無意識に集中力が落ちる人の曲第3章集中力を上げる具体的なテクニック是非最後まで見て今日から行かしていてくださいでは早速参りましょう第1章集中力に対する間違った認識すぐに飽きてしまう集中が続かない頑張ってやろうと思ってもやる気が起きないなんとか取り組み始めたもののすぐに嫌気がさしてしまう誰もが経験しているこうした状況を解決する方法として色々な所で色々な項目が挙げられています例えば余計なものや音をなくして静かな環境を作る集中力を高められる脳に良い食べ物を取り入れる集中力が高まる伊勢屋ライトを使う時間を区切って集中リラックスのメリハリをつけるガムを噛むアロマを焚くなどなどです何も取り入れて悪いことではありません環境を整えるということは集中力の発揮に大切なひとつの要素だからですけれどもこうした方法を取り入れてみても集中力の正体を理解していないと効果はなかなか上がってこないのが現実です集中力の正体それは一体何なんでしょうか集中力とは何か説明しろと言われてもなかなか難しいですよね著者の林さんがアスリートたちはオリンピック選手を育てているコーチに尋ねた場合でも集中力とは何か集中することですといった点もどのような答えが返ってくる場合が大半だと語っています本書では集中力とは禁物後から決めたことを最後までやりきれる力と定義していますその上で集中力の正体は脳にあるのだと語っているんですね道には集中力を生み出す仕組みがあるんですその仕組みを知ることが集中力の正体を理解することにつながりどうすれば集中力を発揮することができるのかということが分かってくるんです先ほどを集中力を気持ちの力と述べましたがそこに集中力の秘密があります集中力が発揮できるかどうかは感情が大きく関わっているからなんですね自分の好きな趣味だったりこれは面白いぞと思ったことは何時間も飽きずに続けることができた我を忘れるほど夢中になって時間が経つのも分からなかったなんて経験が皆さんにもあるのではないでしょうか何時間も飽きずに続けることができる時間が経つのも忘れるほど没頭する何も集中力を発揮している状態ですよねここからわかることは集中力がないという人のほとんどが集中できる条件が揃っていないから集中できていないに過ぎないということなんです集中する能力自体はしっかりとあなたに備わっているんですそれを発揮するための条件を揃えていくただそれだけであなたの集中力は格段に高まるんですまず集中力が働かない場合はどういう場合なのかそれを見ていきましょう集中が続かない理由それは気持ちのどこかでやるのは嫌だと感じているあるいはこんな事やって何になるのか頑張って行ったところでどれほどの評価に繋がるんだろうといった気持ちが働いている場合です人間の脳は嫌だ面白くない辛いと思っていることには集中力が発揮できないようになっているんですね面白くないと思った瞬間脳は考えたり覚えたりすることを辞めてしまうんです日々膨大な量の情報に接しているのがどうですから不要な情報を排除していくことを 矢田面白くないと思った情報は脳にとって不要な情報なんです情報の排除はいわば脳が自分を守るために必要な自己保存の本能から来ているシステムなんですとはいえいやだと思っていることを排除し考えたり理解したり覚えたりを止めようとする仕組みが脳の中で起きていることなどはわかりようがありませんよねですから全ては無意識のうちに行われているんですそれが秋っぽいという気になって表に出てきているわけなんですしかしそれは無意識で起きているために私たちは気づくことができないんです結果として自分は集中力が続かないなと思い込むことにつながりもっと集中できなくなっていくという悪循環に繋がってしまうんです自らこうやると考えそこに向かって行ってやるという強い気持ちを持って取り組むとはこのような力のことで効率重視の生活とされる中にも取り組んで成果をあげなければならない集中力が生まれる仕組みから考えると今の人達にとって集中する力は最も作りにくい能力となっているんです集中力そのものを産みにくい社会システムの中に生きている現代人が集中力のなさに悩むのはいわば当たり前と言えば当たり前の事なんですまずはこの事実を知ることで自分に集中力がないと思っていたのは間違いだったんだ環境や条件が悪かったんだと知って頂くことが集中力向上の第一歩になりますぜひまず知るところから始めていきましょうさて第1章まとめておきましょう第一党では集中力の正体は脳にあり東には集中力を生み出す仕組みがあるということ人間の脳は嫌だ面白くない辛いと思っていることには集中力が発揮できないようにできているということ現代人の多くは集中力を発揮できない条件で働いているということをこの3点を学びましたぜひまずはこの知識を頭にインプットして次の章に進んでいきましょう第2章無意識に集中力が落ちる人の曲さてこのそうでは集中力が落ちる人が持っている曲について説明したいと思います集中力がどうも続かないんだよなという方はこの章の内容で当てはまっている所はないかいよくよく観察してみてくださいまず無意識での集中力低下を引き起こす最大のトリガーは指定が含まれる言葉や後ろ向きの気持ちです先ほども説明しましたが人間の脳は嫌だ面白くない辛いと思っていることには集中力が発揮できないようにできているんですねだからこそ写体が含まれる言葉を使ってしまうことで脳の防御機能が働き集中力が低下してしまうんですちょっと他人の会話に耳を傾けてみるとわかりますが多くの人が実に気軽に否定語を使っているんですビジネスの現場でも調子どうですかいやー大変ですよその後いかがですかあんまり調子良くないですねと挨拶がわりにして5が使われている場面をよく見受けられますいかがでしょうか蟻はないでしょうかもしもそれは無理だ疲れたでもだってが口癖のようになっている軽い気持ちで大変だできないよと口にすることが多いという方はすぐにでも否定語をできるだけ使わないをご自身の心情にしてほしいと思います英語が耳から入ると脳がこの情報は必要ないんだなとマイナスに反応し集中力をレベルダウンさせてしまいます自分で否定の言葉を発した場合も誰かが口にした言葉を聞いた場合も集中力へのマイナス効果という意味では同じなんですが人の発する言葉は聞かないという形で防御できる一方で自分の口から出た言葉はそうはいきませんよね漏らさず必ずのがキャッチしてしまいますそれを考えるとやはり指定子を口癖にしないことが一番大事なんですまた否定の言葉を思うだけでも集中のレベルが落ちていきます何かに取り組もうとしている時にめんどくさそうだなってしまったぞこれは大変そうだなと思うとその時点ですぐさま集中力が落ちてそのことに取り組む意欲を失って手島ですましてや集中して取り組んでいる最中に疲れたなあもう嫌だと思ったりもう無理これ以上はできないと思ったりすればたちまち脳の自己報酬神経群というところが働きを止めてしまい集中が途切れてしまうです皆さんも経験あるんじゃないでしょうか集中して取り組んでいて扱われたなと思った瞬間に集中が切れてしまう僕はよくありますよくスポーツなどで見られる流れが変わったという幻想はこれで説明することができます野球で言うなら絶好調のピッチングを続けていると歯が突然調子を崩し始めると言ったシーンです8人連続三振で抑えてきた次のバッターがショートゴロになったところがショートがエラーして嫉妬になってしまったここから一転してボカスカ打たれ始めてしまう仲間のちょっとしたエラーでしかもそれが絶体絶命のピンチにつながったわけでもないのに状況が一変してしまうこうした場面を皆さんも目にした事あるんじゃないでしょうか見ている側としてはさっきまであんないいピッチングしていたのに 始めるんだろうと思ってしまうところなんですがこれにはちゃんと理由があるんですがエラーした時にしまったあいつのミスのせいで喧嘩変わっちゃうじゃねーかよを連続三振していたのによみたいなことを思ってしまうんですこれを思ってしまったことが原因でピッチングが乱れてくるんですねこうした場面になると解説者が流れが変わりましたねと言うんですが流れが変わったのではなく実際はピッチャーが自らそうしてしまったんです否定語を含む気持ちになってしまったことによって集中力が途切れ自分を守ろうとする本能が過剰に働きだしたことこれによって流れが変わってしまったんですプロスポーツの世界では少しの集中力の途切れが大きく結果を変えてしまうために分かりやすく結果として現れてくるんですがビジネスでも同じなんですビジネスの場面では少し集中力が途切れたとしてもすぐに目に見えて悪い変化が起こることはないかもしれませんしかしそれが積もりに積もっ重大なミスに繋がってしまうんです逆に言うならんし体の言葉が少ない人はやはり仕事であれ勉強であれスポーツであれ何をやらせても高い結果を生み出しますし体を含む言葉や気持ちは一瞬でも産まれたら集中力が作れなくなるんですそれも無意識のうちに集中を切らすことにつながってしまうので何かにつけてそんなのできないようとしてから入ったりすぐに大変疲れたお口にしがちな人は特に気をつけてほしいと思います集中力を戻す元となっている人英語を日常から意識して減らすだけでも集中できる個室が磨かれていくんですぜひ今日から指定後むやみに使わないということを心がけていただきたいと思いますその上で他にも集中力を途切れさせてしまう NG ワードがあるので紹介していきたいと思いますそれはだいたい出来たとまあいいかなんですこの二つのワードは集中力を途切れさせてしまう NG ワードの代表例です何かを取りに行こうと思って部屋を移動した後目的の場所に来てはて自分は2を取りに来たんだっけとなることありますよねこれは物忘れが激しくなったのではなく脳の仕組みによるものなんですその証拠に元の部屋から記憶をたどっていくと何をしようとしたのか思い出せることが多いのではないでしょうか脳の特性の一つが新しい情報に反応するというものを何です何をしようとしたのか忘れてしまうような場合はおそらく途中で誰かに何かを言われたりそういえばこれもやっておかなくちゃなと別のこと思い出したり違う情報が脳に入ってきているはずなんです途中で違う情報が入ると瞬時にそちらに反応するというの特有の働きが生じてやろうとしていたことを思い出せなくなる現象が起こっているわけなんですこの脳の曲は集中力を発揮する場合でも起こります先程説明しただいたいできたこれぐらいでマーイーカはこの道の曲によって集中力をそこで途切れさせてしまう快適ワードと言っていいでしょう大体できたこれぐらいでまあいいかと思うと脳の自己報酬インテークはこれ以上やらなくてよいと判断し集中して考えることをやめてしまいますそこで別のことを始めたり考えたりすると瞬時に新しい情報に反応する脳の機能が働いてしまうです一旦そうなると再度前のことに取り掛かろうという時に集中してやろうにも集中力が出てこなくなるということが起こってしまうんです最近のビジネス書では完璧主義が指定されていてた能力のような色々なものに手を出す力がもてはやされているためにこれぐらいでいいかというのが口癖になっている人も多いかもしれませんしかし堀江貴文さんも言っているように多動力とはすべてに中途半端に手を出すことではなく一つ一つの作業は完了させるべきなんです堀江貴文さんは著作多動力の中で次のように語っています完璧主義者は何度もやり直し一つの仕事に蟻地獄のようにはまってしまう目指すべきは完璧ではなく完了だ目の前の仕事をサクサク終わらせ次に行くそして前の仕事には戻らない官僚主義者大漁プロジェクトを動かすことができる集中力とは決めたことを最後までやりきれる力でもあるんです大体できたこれぐらいでマーイーカが口癖になっていると最後までやりきらないうちに物事を終わらせる癖がついてしまい決めたことを最後までやりきる集中力をつけていくことができなくなってしまうんですですからこの二つを口にしないように気をつけておきましょうそのための特別な努力は要りませんだいたい出来たこれぐらいで枚板を止めるそれだけで集中力のための素質が生まれてきます英語とともにこの二つの言葉は今日から使わないように徹底して欲しいと思います第3章集中力を上げる具体的なテクニックさて第三章では集中力を上げるための具体的なテクニックについて見ていきたいと思います本日紹介するテクニックは三つありますまず極めて初歩的なところから説明しましょう集中力を上げる具体的なテクニック一つ目が美しい姿勢を保つことです何を今更して何 仕事のパフォーマンスが大きく変わることが分かってきています姿勢と集中力にどんな関係があるのかと首を傾げる方もいるかもしれませんが正しい姿勢でいると体が疲れないためにどうも疲労を覚えず集中力を発揮しやすいことに加えて維持することができるんです姿勢が悪いと体の軸が傾いで目線も傾くそうすると左右の目から脳に入ってくる情報にズレが生じてしまいます外からの情報を正確に理解することができなくなるために物事を正しく判断することもできなくなってくるね情報のズレが生じる結果脳全体が働きが悪くなり集中力を始める思考力や理解力も生まれてこなくなってしまうんです体のコントロールも悪くなってしまうので肉体的にも疲れやすくなり運動能力にも悪影響を及ぼすんです超一流のアスリートに良い姿勢が悪い人がいないのはこのような理由があるからです姿も歩く姿も美しくなければ高いパフォーマンスを出すことはできません三刀流で高いパフォーマンスを発揮するプロ野球選手の大谷翔平選手は姿勢の美しさに加えて両目の左右差がなく視認力はトップアスリートの中でも屈指のレベルだそうです正しい姿勢を作るポイントは目線を水平にする背筋を伸ばす左右の肩甲骨の高さを地面と平行にするですこの三つを意識して正しい姿勢を保つように心がけてくださいさて二つ目のテクニックに入りましょうそれは机の上を綺麗にするということなんですね日常生活の中では瞬時に集中力を発揮しなければならない場面がいくつかあります本番で100%の力を発揮する目の前の締め切りに間に合わせるなどをここぞという時に頭を集中力を発揮するかは皆さんにとっても切実な問題でしょう仕事が次々と重なっていてテキパキと片付けていかなくてはいけないのに次の仕事になかなか取り掛かることができない試験が迫っていて次の科目を勉強しなくてはならないのに手につかないやらなくちゃと思っているのに気持ちが向かなくてすい他のことをしてしまうそうした経験が多くの方にあると思います次のことになかなか取り掛かることができないこの理由として考えられるのはデスク周りの環境なんですすぐ手に取れる場所に仕事や勉強と関係ない雑誌だったり漫画スマートフォンが置かれているあるいは今まで取り組んでいた仕事や勉強に関するものが引き続きデスクの上にあるなど今やるべきことを関係ないものが目に入る場所にないでしょうか先程も説明には新しい情報に瞬時に反応する癖があります関係ないものが周りにあると意識がそちらに向いてしまって次やるべきことに集中できないという現象が起こってしまいますそのような時は一旦環境リセットするつもりでデスク周りをすっきり片付けておきましょう先ほどの姿勢と共に小さい頃から言われてきた当たり前のことかもしれませんがこれらの当たり前のことが大きく集中力を高めてくれるんですまた当たり前のことを当たり前に出 それは損得で考えてを抜いてしまうということなんです損得で考えるとやる気は生まれにくくなるんですこれをした方が得になるからやるこれをやっても得にはならないという考え方や物事の判断基準になっていると今頑張ったところでメリットはないから手を抜こうととりあえず損しない程度にやっておけばいいかという風になってくるんですこのような考え方が当たり前になってくると主体的に取り組んで達成することができなくなってきますし人たり頑張らなくてもいいとなれば自分からやる気持ちも生まれなくなってしまいます損得で考えるがやる気や集中力の源である自己報酬神経群の働きを弱める発想だという事を皆さんの中に入って今一度止めておいて欲しいと思います現在は損得で考えないなんてありえない損することはしたくないが当たり前になっています日常には大量の情報が溢れているのでその中から必要なものを選び取る際には得か損かで判断せざるを得ない側面もあるいいでしょうしかし集中力を考えた場合高い集中力を発揮するためにはやるからには素直に損得抜きに全力投球するよう市松性が不可欠なんですそこに損得感情を持ち込んでしまうことは集中力に限らず脳全体の力を落として会えないのにしてしまうことにつながります特に効率重視で物事を考えるタイプの人は注意が必要です結果を出すためにこうした方がいいあれを取り入れたら上達するといった情報をたくさんしていてそれゆえ結果が出そうな時になる方法は一生懸命取り組む一方でそうではないことは手を抜くといった脳の力をレベルダウンさせてしまうような仕事の取り組み方をしているんですこうした方法は一見効率的でいいように思えるんですが高い集中力を発揮するには百害あって一利なしなんですね背景にはこのやり方の方が得という発想がありそんなことはしないがあります気持ちの中に損だからやりたくないし行っても面白く愛という否定語も入ってきてしまいますとんだろうがなんだろうが自分はこれをやり遂げる苦手で嫌いなことは誰にも負けないぐらいの力を発揮してやり遂げる日頃からこうした考え方を大事にして損得を一切考えず最後まで全力で突き進むが当たり前となっていけばいざという時にいつでも高い集中力を発揮できるようになるんです是非これから先も毎日嫌なことはあるでしょうし非効率な自分にとってそんなこともあるでしょうしかしそういう時こそ自分を鍛えるチャンスだと思って自分から全力で向かうほうがいいんです本当に嫌なことがあれば逃げればいいんです転職なってすればいいんですただ自分がやると決めたのであれば指定子は封印損得勘定も封印してただ目の前の作業に全力で取り組むこの姿勢が集中力を作るんですぜひ今日からそのマインドを持って生活していきましょう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事