【おすすめ書籍】『日本が消える日-ここまで進んだ中国の日本侵略(佐々木 類[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

【期間限定】ほったらかしで10万円が1億5787万円に!天才トレーダーT氏が開発したFX自動売買システム無料公開中です!

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『日本が消える日-ここまで進んだ中国の日本侵略( 佐々木 類[著])』の紹介このまま日本は中国の自治区となり世界地図から消えてしまうのか皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの量です本日ご紹介する本は佐々木累先生の自宅日本が消える日ここまで進んだ中国の日本侵略です現役の新聞記者でもある著者による本書は土地の爆買いや医療保険の不正利用などにより粛々と中国に侵略されつつある日本の惨状が徹底取材に基づいて語られています新型コロナウイルスが流行する直前の2019年11月に出版された本当ですがコロナかを経た現在でも決して色褪せることなくむしろこの現状を予見するような内容になっているため今回ご紹介させていただくことにしました本日ご紹介するなよは以下の三つです第一章中国共産党の自治区となりつつある北海道の現状第2章中国人にただ乗りされる日本の医療保険第3章日本は中国のバイオテロの格好の餌食となるやや古い本であるにも関わらず頃中野今改めて読んでもとても新鮮に感じられるような内容になっています是非最後まで見ていてくださいそれでは早速参りましょう第1章中国共産党の自治区となりつつある北海道の現場北海道の中心都市札幌かつては北の玄関口として栄えたこの街も今や少子高齢化の波が押し寄せ生き残りをかけて必死の町おこしに取り組んでいます JR 札幌駅から南へ徒歩約10分大通公園を抜けたところに北海道随一の歓楽街すすきのがありますその一角にあるのが狸小路商店街今ここに熱い視線が注がれていますなぜならそこに中華街構想が持ち上がっているからです伊藤呼んでチャイナビルこのビルは市の南北を貫く札幌駅前通と市内有数の商店街である狸小路との交差点に建設される予定になっています札幌市によると体位開発により街並みと調和した緑豊かで快適な歩行者空間やすらぎの停留空間を確保し札幌駅前通と狸小路の結節点で環状線となった路面電車の停留所と一体となった空間整備地上と地下を重層的に連結した賑わい空間を創出するのだと言いますもう何年も前のことになりますが2013年11月18日付の地元の地域経済ニュースサイトリアルエコノミーは狸小路の中華街酵素はこれまでの20年間に出ては消え消えては出るを繰り返し続けてきたが再開発ビルが具体化してきたことでようやく実現しそうだ再開発ビルに中華街が入れば起爆剤になると期待されると好意的に伝えています竣工予定が2022年になるということでこの中華街構想は足掛け30年になろうとしているわけです著者は2019年冬札幌雪まつりに訪れた時のことを次のように綴ります日本人も少なくないがアジア系の観光客が雪まつりを楽しむ姿が目立つ雪まつり会場から歩いてすぐ近くの狸小路に歩みを進める零下7°8°という寒さのせいか日本人は地下街に対比しているようで商店街に日本人の姿はまばらだ変わって地上の土産物店の前は中国人らの家族連れで大賑わいしていたアーケード内には大きな声の中国語が飛び交い店の看板が日本語でなければまるで中国本土に瞬間移動したような錯覚に陥るほどだそんな街のど真ん中に降って湧いたのが中華街こうそうなんですね札幌市をはじめ多くの関係者はみな一様に中華街構想について聞いたことがないと口を閉ざします川田ただひさ札幌市議によると再開発ビルの地上1階から6階までぶち抜きで中国系の飲食店が軒を連ねる構想が浮上しているのだと言います一方札幌市まちづくり政策局都市計画部は中華街構想については現在再開発組合から報告を受け店内テナントに関する内容であれば直接再開発組合に聞いてほしいとシラを切っています 2022年の竣工だからまだ先の話とはいえ国俊が多く単位の巨額の補助金を出しているのに知らないとはどういうことなのでしょうかよさんだけつけて組合に丸投げし後は知りませんというつもりだとしたらあまりに無責任という他ありません一方でその組合ですが名前を南2西3南西地区市街地再開発組合と言います著者がこの組合に電話してみたところ何度かけても組合長は留守で電話に出た人に中華街構想の有無について直接聞いてみたと言いますすると組合員は組合としては聞いていない個別の商店同士が話し合っているので組合では分からないと答えたそうです取材に答えると何か不都合なことでもあるというのでしょうか中華街構想の賛否は別にしてももっと透明性を高めた事業に対する責任が組合にはあるはずですただでさえ北海道は水資源や森林地帯を中国資本に爆買いされており合法的に中国による植民地化が進んでいるね元から日本に住んでいた中国系の人たちが戦後焼け跡から作り上げた共同体の延長として出来上がった横浜や神戸など古くからの中華街とは違い首都圏や札幌市で見られる信仰のチャイナ団地やチャイナタウン化の動きは外国人労働者として来日する中国人なの拠点として中国共産党から期待されていると言いますこのことは戦前日本や欧米列強が中国大陸に外国人居留地を作ったのを送金させます清朝末期中国では日本や欧米列強の大陸進出を嫌い扶清滅洋という一派が排外運動を展開しましたこれを岩団事件と言いますこのときは在外自国民保護を大義名分に八カ国連合が中国全土に派兵されました要りまーまーさんに日本ではこのような歴史が立場を逆転した形で繰り返されようとしていると著者は警戒しています中国地方は今も北海道の原野や仮装の市町村で土地の爆買いを続けていますこれは中国共産党と人民解放軍をバックにした中国系企業が計画的に日本の地図を赤く染めているのであると見ておくべきでしょう何しろ相手は中国の夢を公言し宇宙開発からサイバー事業次世代通信システムの5 D を含め世界の覇権を目指す独裁国家なんですわたしたち日本人は目先の利益追求に目が眩み中国が水面下で何を企んでいるかに無頓着でいてはいけません彼らの狙いを慎重に見極めていく必要があるんです地球儀を見渡せば秋田はアイスランドやグリーンランド女実はオーストラリアのタスマニア島まで中国共産党政府は地球の南北を拠点としたルート開発に躍起となっていますこれはいわば中国が掲げる東西の広域経済圏構想一帯一路の南北版であると言えるでしょう北海道や沖縄だけではありません長崎県の五島列島八ツ島鹿児島県の奄美大島東京都の小笠原諸島新潟市安里島にも中国共産党の食事は既に伸ばされています最近では埼玉県川口市芦橋にも巨大なチャイナ団地が出現し地元住民とトラブルを起こしているんですチャイナマネーは必ずと言っていいほど背後に中国共産党がついており警戒してもしすぎることはありません今の中国に純粋な民間企業などないのだから当然です中国共産党の魔の手は土地や不動産の爆買いだけには留まりません皆様は甲子学園をご存知でしょうか甲子学園は表向きは中国が国際交流のために提案したプロジェクトで日本の教育機関と中国の大学などが連携して中国語や中国文化の教育及び紹介中華人民共和国との友好関係上性を目的とした中国語教育機関であるとされていますしかし実際には甲子学園は中国中央テレビと並ぶ共産党のプロパガンダ機関であり共産主義洗脳教育のための拠点なんですこのためアメリカやカナダオーストラリアではスパイ工作機関の疑いが持たれすでに閉鎖が相次いでいます かかわらず札幌市には我が物顔で甲子学園がのさばっています札幌の講師学園は2006年私立札幌大学に敷設する形で開設されました札幌の他にも東京の早稲田大学や京都の立命館大学などを日本には現在15の甲子学園が存在します中国中央テレビと並び中国共産党の対外宣伝機関として車の両輪である孔子学院が私たち日本人の国土にもしっかりと根を下ろしているんです水源地や原野過疎地での土地の爆買いだけではなく都市部での中華街構想から洗脳教育機関甲子学園まで留まるところを知らない中国の影響力拡大はもう無視できないところまで来ているんです今北海道が本当に危ないことに何人の北海道民そして何人の日本人が気づいているでしょうか北海道のかそっちの農場で働いていた屈強な中国系住民らがある日突然同時多発的にカミングアウトして人民解放軍を名乗り中国共産党麗華の自治区の発足を宣言しないとも限らないんです中国共産党の狡猾さを甘く見てはいけません中国の策略に我々善良な日本人が気付かぬうちにいよいよ札幌のど真ん中に中国の拠点となりうる施設が国や自治体のコーヒーを堂々と使って作られようとしているんです私たちの大切な国土を守るために我々日本人は今こそ中国の陰謀に対し声をあげるべきなんです第一章まとめておきましょうポイント市札幌の中心地である狸小路は中国人で溢れ返っており現在そこに国と札幌市の補助金を使って中華街が作られ落としているポイントに共産党をバックにした中国資本は今も北海道の原野やかその市町村のみならず沖縄や離島を初めとする日本の至る所で土地の爆買いを続けているポイント3中国は甲子学園という洗脳教育機関を日本国内に設置することで日本をじわじわと合法的に侵略しようと目論んでいる第2章中国人にただ乗りされる日本の医療保険第1章では土地と須藤という二つの面から中国による日本の侵略の現場を見てきましたしかし中国の日本侵略はこれらの綿の実には止まりません中国人は日本の医療保険制度を不正利用することで我が国の医療費を圧迫し続けているんです従来外国人の国民健康保険への加入は1年の在留期間を満たす必要がありましたしかし平成24年に住民基本台帳法が改正され3か月以上の滞在見込みであれば外国人も住民登録されることになり国民保険に加入できるようになったんです保険料は前年度の収入に基づいた所得税額によって算出されるため来日直後で前年度に日本国内で収入の無い外国人の保険料は月に数千円程度の最低額で済むんです月火21000円で高額な医療費がかかった場合に治療費を払い戻す高額療養費制度も使えるというのですから日本は外国人にとってまさに医療天国であると言えます特に問題なのは高度な医療サービスをわずかな負担額だけで受けることができる日本のこの医療制度を悪用し海外から医療目的で入国してくるとみられる外国人の存在です本書ではそのような日本の医療保険制度の悪用の例として60代の中国人女性のケースが紹介されていますこの中国人女性は来日後すぐに大腸がんの手術を受け抗がん剤治療を続けていました治療費は約200万円ですが日本の保険証を持っていたため本人負担は20万円ほどで済んだと言いますしかしこの女性は実はずっと中国に住んでいて日本の保険料を一度も払ったことがなかったんですなのになぜ日本の保険証を持っていたのでしょうかこの保険証は決して盗んだものでもなければ他人になりすましたわけでもありませんでしたご購入は我が国の医療保険制度の欠陥が潜んでいたんです仕事や留学などの目的で来日した人が保険に加入できるのは日本国として当然の責任ですが問題はその保険の対象に扶養を受ける人も含まれているということですこの中国人女性には 結婚した娘がいました女性は本当は治療目的であるにも関わらず娘の夫の扶養に入るという名目で来日して保険に加入高額の手術を受けていたんです医療目的で来日する際に申請する医療滞在ビザではなく別の目的で来日し後に発生した治療の必要から医療滞在にビザを書き換える場合もなくはないでしょう本来であれば母国の医療機関で治療し自己責任で保険料を支払って母国の親兄弟に面倒を見てもらえばいいからですしかしなんとこの女性には中国に夫がいました夫は年金で十分に暮らしており娘からの援助を受けたことはなかったと言いますつまり娘の夫の扶養に入ること自体が本来あってはならないことなんですではこの女性がなぜ扶養に入れたのでしょうかこれには背後に巧妙かつ狡猾な入れ知恵をしたブローカーが降りビザの申請書類を偽造したためとみられています確かにこの件では女性は日本の方を犯していませんしかし厳密にはこの女性が法に抵触していないとはいえきちんと健康保険料を納めている我々日本人からすると腹立たしいことは否めませんよね民主国家である以上我が国は韓国みたいにわざわざ進歩を作って前職大統領を逮捕するような真似はできないが事故であってもなんとか法の網をかぶせることができるよ国会には法整備を進めてもらいたいものだと著者は言っていますこの中国人女性らの行為は不適切ではあるものの違法行為ではないから仕方がないといえば仕方がありません責めるべきは欠陥だらけの精度を放置したままの日本の立法や行政でありそして我々日本人地震ナンデス外国人に対する日本の公的医療保険制度の抜け穴については以下のような問題点が指摘されています1来日後わずか3ヶ月で高額治療を受けることができるに健康保険証を仲間内で使いまわしするなりすましが横行しているさん海外で治療した上で必要書類を偽造し日本で保険の適用申請をする事件が多発している4母国の家族を扶養に入れることで日本で格安の治療を受けさせることができるこれらのうち1と4の抜け穴を使ったのが先ほど述べた中国人女性のケースですただし4については2019年の通常国会で改正健康保険法が成立原則日本国内在住者だけが保険の対象となったことで少なからず問題解決に向けた全身が見られました改正法では健康保険制度の原点に立ち返り国内居住者が国内の保険医療機関を受診した場合にのみ保険給付を行うよう給付対象を厳格化したんです逆に言えばこれまでは給付対象者には国内居住要件がなかったため一定の条件を満たせば母国に残してきた在留外国人の家族の医療費も日本の保険で支払われてきたということですさらに企業の健康保険であれば本国の三親等以内の親族を扶養に入れることさえできましたこのようにゆるすぎる精度が不正の温床となったのは想像に難くありません2の未だ放置されたままとなっているなりすまし問題はどうでしょうか皆さんもご存知の通り日本の健康保険証には顔写真がありません別人かもしれないと思っても患者が本人だと主張すれば病院側は反論する根拠がないんですパス大戸屋運転免許証などの他の公的証書にはちゃんと顔写真があるのに健康保険証にだけそれがないのは考えてみればおかしなことです2014年神戸市に不法滞在していたベトナム人女性が日本在住の妹の国民健康保険証を利用して2年間もの間エイズの治療を受け続けていたことが発覚しましたこれにより1,000万円以上の医療費が不正に利用されたんです保険証には顔写真がないため病院での本人確認には限界がありとの盲点を突いた詐欺行為でしたこの事実は2018年8月自民党の在留外国人に関わる医療ワーキンググループが行ったヒアリングによって神戸市の担当者から実例が報告されて発覚しましたですがこれも氷山の一角だと見られていますこの事態を受け厚生労働省は2019年に入ってようやく不正事案の調査を開始しまし ただ外国人やその家族の健康状態を来日前に正確に把握するのは困難で不正利用の実態把握は進んでいないと言いますそもそも国民健康保険証に顔写真の添付がないのは先に指摘した通りです自分で現住所を書き込めるものもあるんですこのため在留資格の診療医療機関や自治体で把握するのは困難ですすでに国保に加入している家族や知人になりすますことは実は容易にできてしまうことなんです外国人の医療に関する情報を提供している NPO 法人 AMD A 国際医療情報センターの小林米幸理事長はこのようななりすまし問題について以下のようにいます在留カードと照らし合わせても外国人の場合は本名ではない2名で保険証を作ることができる本人確認が煩雑で医療機関が確認することは難しいこのことについては健康保険法の改正におり2020年から医療機関が必要と判断する場合には被保険者の本人確認書類の提示が求められるようになりましたこれは健康保険のなりすまし対策として大きな一歩となるでしょう健康保険はみんなで負担しているという信頼で成り立っていますこのような外国人問題を放置すれば受益と負担のバランスは成り立ちません厚生労働省はしようと手間暇がかかることを理由に保険証への写真添付やパスポートのような IC チップの導入に否定的ですが今これを真剣に考えずしていつやるというのでしょうか移民大国のイギリスの現在日本が抱えているのと同様の問題に悩まされ数年前から出るサーチャージ制度を導入しましたこの制度は2015年に導入されビザ申請時に医療費の前払いとして400ポンド約6万円を支払うことを外国人に義務付けています日本の厚労省にもイギリスのようにスピード感をもって政策を遂行してもらいたいものですそこではここで第2章をまとめておきましょうポイント市日本の医療保険制度は抜け穴だらけで外国人による保険の不正利用は後を絶たないポイントに日本の健康保険には顔写真や IC チップがないことから健康保険証を外国人同士で使いまわしするなりすましが横行しているポイント3外国人の医療保険問題に関してイギリスではすでにヘルスサーチャージ制度が導入されており日本政府にもこのような迅速な対応が求められる第3章日本は中国のバイオテロの格好の餌食となる新型コロナウイルスが中国がしかけたバイオテロであることは誰の目にも明らかなことでしょうしかし中国のバイオテロはコビットナインティーンに始まったことではありません中国は他にも様々な生物兵器によって私たち日本人の生命や健康を蝕んでいるんですその一つが豚コレラ2018年に岐阜県で発生しその後日本全土を覆った家畜を蝕む怖い感染症です2018年9月岐阜県で発生した豚コレラの遺伝子型が中国東北部で確認されたのと同じ形であることが判明しましたこれによって豚コレラを持ち込んだのが中国大陸と日本を行き来する中国人であるという可能性が極めて濃厚であると結論づけられました法務省入国管理局によると2018年6月の時点で岐阜県の在日中国人の数は11458人都道府県市区町村ランキングサイトを日本地域番付では在日中国人の数は東京都に次いで岐阜県が2番目に多い押されています岐阜県内の中国人は県内で盛んな方専用の下請け工場で働いているケースが多いとみられており全国的に見ても岐阜県の中国人の在住密度が高いことは確かでしょうこの中国人らが来今日の中国大陸と日本刀を往復する際ハムやソーセージ加熱不十分の具が入った手作り餃子を日本に持ち込んでいるんです豚コレラよりも致死率が高いアフリカ豚コレラだけでも2018年10月以降空港で絶品の持ち込みが確認されていますそのうちの2件は北京から成田空港に到着した旅客が持ち込んだ豚肉の燻製とアオシマから福岡空港に着いたら旅客のソーセージでしたこれを受けて農水省は中国大使館に対し来日する中国人だが豚肉製品を安易に持ち込まないように注意喚起しています岐阜県や愛知 2019年3月下旬からアーモンドなどでコーティングした家畜用の豚コレラワクチンを土中に埋める作業を開始しましたこのような作業を実際に行うのは日本の養豚農家の人々です試行錯誤しながらの手作業は大変な時間の浪費を農家の方々に強いることでしょうモラルの低い中国人のせいで我が国の養豚農家が壊滅的な打撃を受けているんです続いて日本を襲った豚コレラ以上に厄介な家畜伝染病アフリカ豚コレラについても見ていきましょう著者はアフリカ豚コレラが日本東南アジア中央アジアへと広がる様はまさにアフリカ豚コレラの一帯一路であると言いますご存知のように一帯一路とは中国が発展途上の国々をタイムズ気にし借金の方に重要な公安や空港施設などを奪う新手の制服戦略のことですつまり中国の習近平政権が掲げる一帯一路構想に署名した国を中心に札束を持った中国人が加熱不十分の豚肉製品を携帯して世界各地に訪れている可能性があると言うんですアンマー動物病院院長の博士は次のように警鐘を鳴らします中国からの直行便が各国に飛び航空機の機内食にアフリカ豚コレラ感染豚を用いて製造したハムやベーコンが提供される可能性がある特に幹線二の筋肉内には大量のアフリカ豚コレラウイルスが含まれしかも抵抗性が強く豚肉加工品にウイルスが残存することがある市内の食べ残しが着陸した国豚の餌として9時されることでアフリカ豚コレラが世界中に伝播される可能性が高い実際アフリカ豚コレラは別稲村をするカンボジアなどを中心に拡大中であり日本でも2019年感染力のある生きたアフリカ豚コレラウイルスが検出されましたまた中国移民が爆発的に増えて社会問題化しているオーストラリアは世界有数の畜産国として知られていますそれだけに中国からの口蹄疫などを家畜伝染病の浸入を恐れ豚コレラやアフリカ豚コレラの侵入についても特に神経を尖らせていますオーストラリアでは空港で豚肉製品の所持が発覚した場合にはすぐに募集し焼却処分されますさらに所有者には高額の罰金を科しているんです降りた豚コレラはそれぐらい警戒すべき危険なウイルスでありまさに中国によるバイオテロと言っても過言ではないんですアフリカ豚コレラは故障は似ているものの豚コレラと違ってワクチンがなく感染力が強く私立も高いと言われています電線速度も非常に早く空港で検閲されたアフリカ豚コレラウイルスが氷山の一角だとすればすでに日本国内に大量に侵入していると見たほうがいいでしょう何しろワクチンがない上効果的な事前の防疫対策もないんです日本の養豚農家はいつ発生するかわからないアフリカ豚コレラの発生の恐怖にビクビクしていなければならないのが現状なんですいずれにせよ良いとしようがしまいが中国人らが日本を含んだ隣国に多大な迷惑をかけているという事実は変わりません軍事経済 it 分野にとどまらず農畜産業の分野でも他国に脅威や迷惑をかける現在の中国は日本にとっては図体がデカイだけの厄介な隣人としか言いようがありません豚コレラアフリカ豚コレラにかかって死んだし行く二の処分にあった中国の養豚業者が完全に病死した豚の死骸を捨てるのすらめんどくさいとばかりに食肉として中国市場に出荷しているというのは公然の事実なんです実際2006年12月に北京市郊外や店親子で豚コレラが発生した際養豚業者が表紙蓋を極めて低価格で販売業者により販売業者はそれを事情を知らない他県に売りさばいたという事実が中国地方当局の調べで判明しています最近では中国河南省の食品メーカーで販売する豚肉入り冷凍水餃子からアフリカ豚コレラウイルスが検閲されたほかほかの大手食品メーカー十数社の冷凍食品からもウイルスが検出されていますこれらの食品メーカーだけでも中国市場シェアの5割を占めておりウイルスの拡大は山東省安徽省河南省上海市と マリオ見せているんですが中国当局の幹部らにとってこれら都合な真実は習近平によって失脚させられる大きな理由になりますこのため事態を隠蔽するというケースが桜にしてあり実態はなかなか表面に出てこないのが現状なんですアフリカ豚コレラの特徴は感染してすぐに死ぬのではなく潜伏期間が5日から9日あるという点だと言われています土曜酢豚を密かに販売業者に売りさばく養豚業者は論外ですが大手食品メーカーも気づかぬうちに感染豚を仕入れている可能性があるんですこうなるとやはり問題なのは中国当局の姿勢であると言えるでしょう中国系メディアによると舞台が子に問題が発生してから隠しきれなくなって初めて当局は感染を認めたのだと言いますそうなると時すでに遅しです中国が感染を今日した頃にはすでに表紙蓋の一部が中国人旅行者の持込ソーセージは餃子となって日本に侵入しているんです大山椒をまとめましょうポイント市2018年に岐阜県内で発生した豚コレラの遺伝子型は中国東北部で確認されたものと同じ形でありウイルスが中国から持ち込まれたことは明白であるポイントに豚コレラに引き続きそれよりももっと危険なアフリカ豚コレラが中国人旅行客によって世界中にばら撒かれているぽいんとさんアフリカ豚コレラによる病死豚が中国国内に流通しソーセージ屋冷凍餃子となって中国人旅行者によって日本に持ち込まれているいかがだったでしょうか新型コロナウイルスによりその悪辣さやしたたかさがいよいよ明るみにされた中国共産党ですがコロナ改善にもすでに中国はあらゆる手で日本を侵略しようと企んでいたんですか介護紹介した内容の他にも本書ではさらに甲子学園についてのより詳しいレポートや中国お得意のパクリによって強奪された日本の知的財産についてなど中国があらゆる方面から日本を侵略しようとしている事実が数多くの実例とともに語られています今回の動画を見て興味をもたれた方はぜひ本書を手にとって読んでみてくださいここまで長らくご清聴ありがとうございました是非高評価ボタンだけでもポチっと押していただけますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたしますまた本要約論文解説チャンネルというのもやっていますので興味がある方はぜひそちらも見てみてくださいねということでまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますそれではさようなら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事