【おすすめ書籍】『「一人で生きる」が当たり前になる社会(荒川 和久[著], 中野 信子[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『「一人で生きる」が当たり前になる社会(荒川 和久[著], 中野 信子[著])』の紹介2040年には独身車が人口の割になり64歳までの既婚者は3割になるこれからの日本はどんどんソロ社会化していくのだ皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルのたくみです今回は中野信子さんと荒川和久さんの大ベストセラー一人で生きるが当たり前になる社会を解説していきたいと思いますさて冒頭でも申し上げた2040年には独身車が人口の5割になり64歳までの既婚者は3割になってしまうという衝撃の事実を聞いてあなたはって思ったでしょうかマジかよと既婚者である自分達は少数派になってしまうのかとかこのままだと少子高齢化がますます進むだろうし日本の将来はやばくないかと思った人もいるかもしれませんあるいは逆に候補になるほどとこれから一人で生きていくことに不安しか感じていなかったが20年後には自分たちが多数派になるらしいと前向きに感じた方もいらっしゃると思いますまあねどちらの感想を持ったリスよこれからの日本がどのようになっていくのかということを知っておくことは極めて大事だと言えるでしょうそのファクトをもとにしてじゃあ自分はどのように生きていこうかなと私たち一人ひとりが自分なりの人生設計を書くことが重要になってくるでしょう本書はソロの幸せ既婚者の幸せ恋愛今日シャトル恋愛弱者の生存戦略そのようなとても面白いテーマが書かれている本でございます単純にね読み物としても面白かったのでこの動画は見てこの本いいなと思っていただけましたらぜひ一度手にとって読んでみることをオススメしたいと思いますではまずこれからの日本がどうなっていくのかということから話を起こしていくことにいたしましょうかそれでは本日のお品書きは次の通りです1件でソロ社会化する日本について2件で愛は見た目愛はお金であるということについて3件で3割の恋愛業者と7割の恋愛弱者について解説していきたいと思いますそれでは早速一幻のソロ社会化する日本から解説をスタートしていきましょう最初に基本的な事実の確認をしておきましょうか2040年には独身が47%になり64歳までの結婚している人は31%になります日本は2040年には独身の人口が半分になり着実に一人で生きることが当たり前になる社会への道を進んでいくことになるんです基本的にですよ独身が47%だからほぼ半分ですよねこれは全員が未婚というわけではないんです士別とか離別とか1度結婚してもまた独身に戻る人も含めて20年後にはこういう配偶関係人口オリジナルということが予測されています最近では結婚するにしても永遠の愛を誓うというような音風潮はなくなってきているように思います結婚するメリットを疑ってかかる時代に本格的に突入したという感じでしょうか特に東京在住の働く女性はもう結婚する必要性を感じなくなっております結婚を何のためにするのかをみんなが自問自答している状態でございます恋愛はしたいけれど結婚するとなるとまた別の話だよねという意識でございます恋愛はいいけれど結婚はためらうという感覚は実は昔は男性のものだったんですが最近は女性側がそう思っているのが新しい現象のように思いますそしてファクトを元に著者は日本は高齢者よりも独身者が多い独身国家になるんだと言うんです日本は超高齢国家と言われていますが高齢者人口は3900万人です一方特集は4600万人で3900万人の高齢者よりも独身の4600万人の方が多いですよねさらに恒例ソロ男は490万円高齢ソロ女は1260万人でございます独身の高齢男性の寿命が短いのはおそらく配偶者と士別市宝でございましょうそして2015年の男性の未婚率は23%女性が14%ですそれが2040年には男性3割女性2割になると考えられます男性の3人に1人女性の5人に1人は生涯未婚となるんですさてこれを聞いている男性の皆様男性の状況はさらに深刻でございますなんと300万人の日本人男性は結婚相手が見つからないという状況にあるそうですでもおかしい 男性と女性の数はそんなに変わらないのになんで男性だけ余っちゃうんでしょうかなぜなら結婚における男性の格差社会が訪れているからでございます男性は何回も結婚する人と結婚しない人に分かれている一方女性の場合はそんなことはありません男性は再婚相手に初婚の女性を選び再婚女性は再婚の男性を選ぶですから著者はこれはもはや時間差一夫多妻制だと言っています離婚再婚を繰り返す人は何回も結婚するのに1回も結婚できない人はずっとできないということでございますこの傾向は北欧でもっと顕著でございます男性は裕福な人が生涯を通して何回も結婚する一方で1分0歳男性が多いつまり男性社会の格差が拡大し男性同士の間に戦いが訪れているというわけなんですね実際今もそうなっております300万人の男性はどうあがいても結婚相手がいないという状況になっているんですそりゃ独身人口が増加するのも当たり前ですよねまだ独身人口が増加する理由として離婚の増加が挙げられますよく3組に一人は離婚するなんて言われているように日本は非常に離婚率が高い国なんですそして一人でいたいと考えている人は何と4割打者と一緒にいたいと考えている人は6割であるという結果も出ていますこの度が高い人は日本ではざっくり言うと4割いるわけなんですね逆にみんなと一緒にいたいと思っている人は6割いるさてこれを聞いているあなたはどうでしょうかあなたは一人で言いたい人でしょうかそれともみんなと一緒にわいわい言いたい人でしょうかもっとわかりやすく言うとあなたは帰った時にワイワイガヤガヤしているとか明かりがついているのがいいと言ういい人ですかそれとも真っ暗で誰もいなくてシーンと静まり返った部屋に帰りたいと思う人でしょうかこれはね別にどちらが良い悪いという問題ではないんです結局人には向き不向きがある他者とともに過ごす人が得意な人もいれば他者とともに過ごすことが得意でもない人がいるというだけでございますとはいえ独身だとね結婚しないと孤独死するぞなんていう脅しを必ず一回は言われるじゃないですかしかし孤独死の問題についてはよく考えてほしいと著者等は行っています孤独死しているのは実はほぼ元既婚者であるというファクトがあります高齢で孤独死している75歳以上の人たちを例に出すと今75歳以上の人たちはみんなが結婚していた時代の人たちであると言われていますということはですよ今孤独死している人はほぼ全員昔は結婚していたということでありますだから結婚しないと孤独死するぞというのは間違っていて結婚していても孤独死するよというのが正しい話なんです独身か既婚かはあまり関係ありませんむしろ独身の方が前々から準備できるとも言えますよね結婚は義務ではありませんから孤独死を恐れるあまり無理に結婚しなくてもいいということでございますさらに本書には結婚後5年以内に愛が覚める理由も解説されておりますこれはね結構シンプルに説明ができるんです身も蓋もない言い方をしますからあまり多くの人には受け入れられないかもしれませんがそもそも恋愛としての好きになるというのは理性を麻痺させる仕掛けなんですロマンティックでもなんでもなくなってしまいますが特に女性にとって結婚出産というのは大きな負荷になりますよね中でも出産は命を失うかもしれない危機的な状況ですから理性的に考えのならばそんな選択は絶対にしたくないわけですよね男性は出産ほどの危機的状況はないんですがそれでも子育てにコミットするというふうか頑張っています男女ともにこの服を忘れさせるような仕組みが私たちの脳にないと種が残りませんから理性に恋愛という麻酔をかける必要があるんですねその麻酔が効いているうちはいいんですがやがてそれは切れてしまいます突然正気に返ってしまうわけですお互いに理性的な状況に戻った時にこの人はやっぱり素敵だなぁと思えなければやっぱり気の迷いだったとなるわけです離婚が一番多いのは結婚後5年未満だそうですだからその麻酔はせいぜい5年ぐらいしかもたないという悲しい現実があるんですこの理性の麻酔は早ければ数ヶ月で切れてしまいます長くても四年と言われております麻酔が切れた後 継続するのは子供が生まれて愛情が子供に移行するからでございます夫婦というよりも共同経営者みたいな感覚になるんです子供の世話は大変だけどでもすごく愛おしいだから一生懸命に世話をしてまた何年後かには二人目が生まれてそれが継続的な麻酔みたいになっているんですその麻酔が切れてある日突然なんか加齢臭のおっさんが家にいると思うわけなんですよふと我に返る理由なんですね実際第二子が小学校高学年ぐらいになると不倫し始める人が多いそうですさて一見の内容をねここら辺でまとめておきますがなかなか強烈な内容でしたねポイント市日本は2040年には独身が人口の半分となり着実に一人で生きることが当たり前になる社会への道を進むこととなるポイントに2040年には男性3割女性2割が生涯未婚となるつまり男性の3人に1人女性に5人に1人は生涯未婚となる300万人の日本男性は結婚相手が見つからないという現状にあるポイントさん一人でいたいと考えている人は4割打者と一緒にいたい人は6割結婚していても孤独死するので一般的に結婚のメリットと言われている孤独死したくんないから結婚するというのは効果がありませんそれでは次に言で愛は見た目愛はお金ということを解説していきたいと思いますさて1件ではソロ既婚者のパクトを観てきました2件ではアイワン見た目愛はお金というめちゃめちゃ面白そうなテーマについて一緒に見ていくことにしましょうか男女に違いがあるというのはなんとなく皆が納得しがちですが意外と盲点なのはソロと既婚者は大きく異なるということ言い換えればソロ男とこんなに共通項がたくさん存在するということでございますではその男とその女にはどんな共通項があるのでしょうか一番分かりやすいのはソロ男とストローんだは既婚男女と比較すれば圧倒的に一人が好きであるということでございます誰かと一緒にいる時一人でいる時のどちらが充実するかという質問に対して既婚男女は誰かと一緒にいるのが良いのが5割から6割一人でいる時に充実すると答えた人が2割以下なのに対してソロ男女は真逆だったんです誰かと一緒にいる時充実するという人は2割か一人でいる時に従事するという人は5割から6割でしたつまりソロの人は一人が好きだからこそソロの状態にあるということでございますしかもこれは意外に思うかもしれませんがそれを男よりソロ女の方が一人月率が高いんですねそしてそれを女は既婚者よりも圧倒的によりお金派でございます信じられるものは愛ではなくお金なんですその男より女の方が愛よりお金を選んでいますもちろんそんなことないよという人がいるのはわかっておりますがそういう人が多いという傾向があるということでございますよだから別に私は違うんだと怒らないでくださいませんそしてこれについては精査があると言ってもそんなに炎上したりしないと思いますが男性が女性を選ぶ時の選び方女性が男性を選ぶ時の選び方は脳の活動を見ると明らかに違うんですもちろん個人差もありますが女性を選ぶとき男性脳のでは資格関連領域を使って女性の容姿何なら尻と胸とくびれもちろん顔を見ます一方女性の脳はどこが活性化するのかと言うと資格関連領域ではないんですよ男性を選ぶときに活性化するのは前帯状皮質という前頭葉の一部なんですそこは矛盾を検出するところなんですその男性は言動が一致しているかどうか嘘をつかないかって丘子育てをしてくれるかというようなことを見ているんです子育てにコミットしてくれるだけの資源を持っている男性かどうかというところを見るそのように報告している研究グループもございますすると女性がありは愛はお金という考え方も生じ易くなるでしょう男性側にとっては愛は見た目ということになるかもしれません女性は男性がリソースを自分と自分の子供に咲いてくれる人なのかを見極めようとしているわけだからこれは納得の結果でございます進化的に考えても非常に納得できることでございますではここでね少し話題を変えまして次は幸せについて考えていきましょうか他人と一緒にいるのが好きな人や結婚している人は他人と一緒にいることに幸せを感じるというのはわかりやすい話ですよねではではソロ男 一体何に幸せを感じているのでしょうかそれは絵も消費でございます消費というのはお金だけではなくて時間も対象ですお金だけではなくて時間も使って自らの幸せを手に入れることをメモしと本書では定義されていますちなみに江本はエモーショナルすなわち感情的なの略ですがそもそも若者たちの間で使われるエモいという言葉から取っていますモノ消費からコト消費への移行によりもの消費の所有価値は使用価値に変わりましたものは所有するだけではなくそれをどう使うのかが勝ち貸したわけでございます今年を一からエモ消費に移行するとコト消費の体験価値は時間価値へと変わりますその体型によってその人の時間がどのように価値を持ったのかが問われるようになるんですでも消費における精神科ちとはソロが抱える心の欠落感を埋めるために代償行為としての自己の社会的役割つまり俺は何か社会や誰かの役に立っているという発生缶を手に入れようとしているということでございますちょっと難しいですねもう少し具体的に説明します彼らは配偶者や子供がいませんから家族コミュニティを持っていないからそこの部分で社会帰属欲求が満たされていないんですですからその部分をアイドルやゲームへの消費行動を通じて自己の社会帰属意識を満足させているわけでございますアイドルはじじい子育てで寿司ゲーム課金は疑似出世と言えますそういったものに傍から見たら無駄なお金や時間を費やしているようには見えても彼なります腰ももったいないとか無駄だとは思っていないんです要するにお金と時間をかけることで心を埋めているんですこれも面白い現象なんですがアイドルオタクの人はアイドルのライブとか CD や応援グッズの購入にものすごくお金を使いますでも消費している彼らはその刹那本当に幸せを感じているんですそれでは2件の内容をまとめておきましょうかポイント1ソロ男とおそろ女には圧倒的に一人が好きであるという共通項があるポイントにその女は既婚者よりも圧倒的に愛よりお金派である信じられるものは愛ではなくお金であるそして男は愛は見た目女は愛はお金であるそれではラスト3件で3割の恋愛香車と7割の恋愛弱者について解説していきたいと思います恋愛の得手不得手もコミュニケーションスキルの一種と考えられますがこの恋愛スキルは人によって大きく差がつく部分でございます著者は恋愛きょうしゃ3割の法則と言っていますがつまり恋愛が得意な人は全体の3割しかいない7割の人は恋愛が苦手なんです恋愛している未婚男女は平均すると3割30年ぐらい前からずっと約3割でございます別に今の若い男性が急に草食化したわけではないんです3割の恋愛香車男性が一人で何人もの女性と付き合っているんです今まで一度も彼女ができたことのない男性が3割ぐらい存在する裏で3割の恋愛業者が恋愛相手を何度も支えているという現実まさり勝者総取り Winner Takes all でございますでは3割の恋愛教室にはどんな特徴があるのでしょうかそれは悲しいことに男女ともに年収が高いということでございますコミュ力と仕事は関連性があるのかもしれませんさらに著者は自分から能動的に動ける3割の人がモテまくると言います要するに残り7割の人は受け身なんですよさて突然ですが何時という概念を皆様はご存知でしょうかノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大学のリチャードセイラー教授による行動経済学に基づいた戦略でございます少し有名な事例を紹介しましょうかいつも汚れている空港の男子トイレをどうしたら汚れないようにできるかと考えた時に小便器の真ん中にハエの絵を書いたんですそうすると男性がこの絵をめがけておしっこするようになるのでおしっこが飛び散らなくなる結果としてトイレ清掃費を8割節約できたそうですこの例からも分かるようにこの子とは生地で軽く突っつくという意味でちょっとしたキッカケを作って良い行動を促すということでございます例えばトイレを汚さないで下さいと張り紙をしても誰も見ないしむしろ汚してやろうみたいな人がいますよねでもハエの絵を書くと綺麗にしましょうと言わなくても結果的に綺麗になるんですこのようにしてなっちは行動経済学で用いられているわけでありますそして結局どっちがなければ動かない受け身な人々は あっちがなくても動ける残りの3割の人がモテるんですね言われなくてもやれる人がモテるもっと言うと言われなくてもやれる人が搾取するすなわち一人勝ちをすることによってこの世の資本主義が成り立っているということも入れますではではここからはねかつて恋愛弱者を救ってきたお見合いというシステムについてちょっと考えていきましょうか昔はね持ち込まれた人を救うお見合い制度というマッチングシステムがありましたからなんとか結婚できたんですけど今はほとんどないんだと著者は言います結婚したくない人はそもそもしなくていいんですが結婚を望む恋愛弱者にとってはこのお見合いというある種の社会規範的マッチングシステムがあったからこそ結婚できていたという側面があるんですところがですよ自由選択制になれば当然選択されるものと選択されないものとの格差が拡大します恋愛業者が一人で何人もの相手と恋愛オス一方で弱者は誰とも出会えないという結末になってしまうのは残念ながら事実でございます本当に結婚したいけれど出会いがないという人たちは数合わせの会員でしかないそれを尻目にこんなシステムがなくても恋愛できる業者達が一人で何人もの相手と楽しんでいるだけなんですかでちょっと暗い話になってしまいましたがこの辺で3件をまとめておきましょうかポイント1恋愛が得意な人は全体の3割しかいない7割の人は恋愛が苦手である3割の恋愛香車の特徴は年収が高いこととなっちがなくても自分から動けることであるポイントに昔はこぼれ落ちた人を救うお見合い制度というマッチングシステムがあったからなんとか結婚できていたが今はほとんどないそして自由選択制になれば当然選択されるものと選択されないものとの格差が拡大するのは避けられないそれでは本日のハイライトに参りましょうか1件でソロ社会化する日本について解説しました日本は2040年には独身が人口の半分になり着実に一人で生きることが当たり前になる社会になるんだということを解説しました2件ではあいうえみため愛はお金ということを解説しましたその女は既婚者よりも圧倒的に愛よりお金はであるそして男は愛は見た目なんだということを解説していきました3件では3割の恋愛教書と7割の恋愛弱者について解説しました恋愛が得意な人は全体の3割しかいなくて7割の人は恋愛が苦手であるということを解説しましたさて皆様いかがでしたでしょうか最後に著者はその社会は決して絶望の未来ではないと言うんです成熟した社会はソロかへと進むことは必須でありもう何十年も前から予測されていたことになります私たちが向き合うべきは変わるはずもないものを変えられるかのような欺瞞や茶碗ではありませんファクトを知った上で不可避な未来を見据えて今尾道歩いて行くかを決めることでございますソロ社会個人化する社会は決して絶望の未来ではありません結婚して育てる人がいなくなるということはないんですどんなことがあっても恋愛する人はいなくなりません同時に未婚でも子供を産まない人生であってもそれが価値のない人生を意味するものでもありません結婚しようがしまいが子供を産もうが産む枚が誰かと一緒に暮らしていようが一人暮らしだろうが私たちは一人一人が新たなコミュニティを構築していく必要がありますそれは今までのような家族地域職場という縁で結びついた大勢の人間が所属するコミュニティの中で協力し合っているだけではなく互いに接続しあうことで結果としてコミュニティの役割を果たす接続するコミュニティを意識していくことではないかと筆者は言いますそしてそれは自分と外側との接続だけではなくて自分の内側に存在するたくさんの自分とも接続するということでもあるんですちょっと難しくなってしまいましたが本書は少なくともパクトに基づいた新しい視点や獅子座を提供しておりますがだからといって何か明確な答えを提示するものではありません環境変化による社会構造の転換は私たち一人ひとりに共通する境遇かもしれませんが答えは1人1人違うはずだからでございます今回の内容を聞いて来てから日本がどのようになっていくのかそしてこれまでの結婚するという当たり前だった価値観は本当に正しかったのかどうか自分にとって正しかったのかどうか知る時に一人は嫌だという理由で結婚しても本当は結婚してようがしまいが孤独死は避けられないという事実やはり求められているのは自分の頭でしっかりとかん そして自分の気持ちに対して正直になるということでしょう結婚するのが当たり前だから結婚するのではなくて結婚したいなら結婚する結婚したくないなら別に誰になんと言われようと結婚しないその料理自分の素直な気持ちに従って自分の行動を決めていけばいいんです結婚しているから偉いわけでもなく結婚していないから駄目なわけでもないんです既婚者が減っていくという日本の未来を憂うなどというそんな大きなことは気にせずとも自分の未来を考えていく上で今回の内容が皆様の人生に何かしらの影響を与えることができれば私はとても嬉しく思いますとても面白い本でしたからこの動画で興味を持っていただけた方は是非一度本書を手にとって読んでみて自分の人生についてしばし物思いにふけってみてはいかがでしょうか本日は以上ですこのチャンネルの他にも論文解説チャンネルと残酷すぎる世界の真実というチャンネルをやっておりますので興味ない型枠概要欄のリンクからお願いします本日はご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事