【おすすめ書籍】『もしあと1年で人生が終わるとしたら?(小澤 竹俊[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

created by Rinker
¥1,320 (2021/06/16 04:19:17時点 楽天市場調べ-詳細)

【期間限定】ほったらかしで10万円が1億5787万円に!天才トレーダーT氏が開発したFX自動売買システム無料公開中です!

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画 1 2

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『もしあと1年で人生が終わるとしたら?(小澤 竹俊[著])』の紹介1.思い込んで見てください学識様です今回は小澤竹俊さんの著書もしあと1年で人生が終わるとしたらこれを紹介してきたと思います誰にとっても完全に平等なものってなんだと思いますかそれはまず時間ですどんなお金持ちも貧乏な人もイケメンもあの結婚してしまった楽器ですが時間は24時間平等ですまた死ぬことというのも同じく平等で歯というのは誰にでもある日突然やってくる可能性があります私とかあなたが明日歯を言ったことも可能性としてはありますよねでもですね私たちてそれをどこか他人ごとで考えているんです明日死ぬ可能性はあるでも自分に限ってはありえないこうやって思い込んでることないですかそしてだからこそ死が迫ったときまさか自分がやりたいことがあったのにこうやって後悔してしまう人が多いんです著者のオーナーさんは3500人もの人を一切に三取ってきたしで著書の中でももっとチャレンジをしたかったあの時こうすればこうやって後悔をしながら亡くなった患者さんも多くいたと書かれています私もですね死ぬときに後悔はしたくないと思ってこれを読みましたそして私なりの答えは見つかりました私と同じように死ぬ時に絶対後悔したくないという方は最後まで見ればあなたも死ぬときに後悔しない方法が見つかるはずですそれで早速やっていきましょうとつめやりたいことの見つけ方という話です死ぬときに後悔することとしてやり残したことこれを挙げる人は多いんですあの時まるまるをしとけばよかったこういった後悔ってあなたにも一つや二つありますよねそういった今回が自分の最後の場面になって後悔となってしまうんですでもそれを解決できるこの動画の中で私が一番覚えて欲しい言葉を伝えますそれは人生がもしあと1年で終わるとしたらこれなんですよこれは一回騙されたと思って3分だけでもいいです本気で自分の人生はあと1年の人生だって考えてみて欲しいんですするとですねそれまでの価値観とか固定観念がなくなって見える景色が変わるんですそして今まで無意識に諦めていたことだったりやりたいけど我慢していたことに気づけるようになるんですよちなみにですけど私は何か大きな決断をしたいときとか仕事で忙しくて盗撮されている時によくこの民生がもしあと1年で終わるとしたらこうやって考えるようにしていますすると自分にとって何が一番大切か分かりますし自分が心からやりたい方向に気づくことができるんでマジでお勧めですただここでひとつ覚えておいた方がいいことは別にですねやりたいことがなくてもいいんです夢や目標などもそうですが持っているから偉いとか幸せだということはなくてあなたなりの人生がそうだったっていうことですからそこは胸を張ってオッケーですた爪自然に目を向けてみるという話です自然はなぜか好き気持ちがいいこうやっていう人いますよねここでは自然が孤独を癒してくれるということにピソードで紹介していこうと思いますある50代の男性の患者さんは毎日朝早くから夜遅くまで働く仕事人間でしたところがある時返信で肺がんが見つかります既にあちこち点入っていて1年以上生きることは難しいこうやって医師に告げられます当然最初はそんな事実を男性は受け止められませんが男性は少しずつ自分が病気であること残された時間が多くないことこれを受け入れてきますするとある時周りの物の見え方が変わっていることに気付きます例えば病気が見つかる前男性は毎朝自宅から駅までの道をわき目もふらず早足で歩いていましたしかしもうすぐ自分はこの世を去るのだという思いを抱きながら通い慣れた道を歩いたとき今まで一度も心に留めたことがないあるものに気付いたんですそれが道端に咲く小さな花でたアスファルトから出ていて一生懸命咲いているその花をなんて美しいんだろうこうやって思ったそうですそしてその後お花だけでなく空の青さとか風の気持ちよさ木々の緑の鮮やかさ今まで何とも思ってなかったものが違うように見えるようになったそうですそのことを男性はこう話しています私は仕事が好きで忙しく働いてきたし充実した人生を送っていると思っていましたでもその反面自分がこんなにも美しい自然に囲まれ自然の恩恵を受けて生きているのだということをすっかり忘れていました病気にならなかったら命の尊さも自分が生かされているということにもずっと気付けなかったかもしれませんこれはどこですかね人って死ぬときは一人ですそして最近新型コロ助の影響で人とも会うことが減りみんなが如くを感じやすくなっていますそんな時こそですねこの男性が気づいたこと自然を見てみるというのはどこですかね自然の良さに気づくとして何らかの存在と繋がっていると感じられることそれがこの男性みたいに心の支えになり孤独を癒すきっかけになるかもしれませんちなみに私も毎日仕事しか考えていない仕事人間で今まで本当自然の良さとか全く分かんなかったんですよ花とか見ても綺麗だけど荒れるよねそうやって持ったり紅葉狩りに行く人とかほんと理解が出来ませんでした紅葉なんて YouTube でたくさん見れるじゃんってマジで思っていましたからでも最近変わってきていて自然が何でか好きで綺麗な川を見たりとか緑の 幸せに感じる時があるんですでもなんか自然の良さを感じられるようになってからは心も穏やかになって自分としてはすごい幸せな気がしていますちなみにあなたのおすすめの自然週間もしあったら是非教えてくださいミツメ編成で何を大切にしたいのかという話です人生ってほんと迷うこと多すぎますよね特に最近はコロ助の影響もあって自分の働き方とか生き方を見直すきっかけになってる人も多いかと思いますするとあれ自分の大切な物って何だろうとか入ってやりたいことって本当は何だっけて思う時があるかと思うんですがそれに気付けるですね魔法の言葉があるんですそれが人生がもしあと1年で終わるとしたらですまたその言葉って思いますよねでもこの言葉やりたいことを見つける時も自分が大切にしているものに気づく時もかなり有効な言葉なんですよ注意点としてはこの時にどう生きるかって考える人が多いですがそれだと考えることが多すぎて結局大切なことに気づけないんで注意しましょう後市塩だけ自分が幸せな時ってどんな時かなとか安らげる瞬間っていつかなこうやって考えると気づくことができるんですそしてこの大切なものは人それぞれで OK ですこの世を去る時にやりたいことをやりきった人生だったでも堅実に生きたことが誇りだったでもどっちでもありなんですそれはね正解はないんですよね私もこの店がもしあと一年で終わるとしたらこれはねよく考えるようにしている習慣ですので本当におすすめの本は何で一度で騙されたと思ってやってみてくださいよつめ頑張りすぎなくていいという話です死ぬときに後悔しないために覚えておいた方がいい考え方は人に頼るということですこれは責任感が強いとにありがちなんですが責任とって一般的には必要なイメージありますよね確かに調子が責任感ない時とかどうかはかなり苦労すると思いますしかしですねこの責任感が強い人は自分の死期が近づいたときデメリットになりがちなんですというのも人生の終わりが近づいたときはすべての人が自分の思い通りに体を動かせるくなりますすると責任感が強い人ほど周りの人に迷惑をかけて申し訳ないと自分を卑下してしまうんですまた他にも自分がいなかったら家や会社はどうなるんだろう2.コンボ日本では少子高齢化がますます進み医療者や病院病床の不足が深刻化すると考えられます生きることに困難を感じる場面も増えるかもしれませんそうした中で私たちがより幸福度を感じながら生きていくためにはたとえどんな状況にあっても自分を笑顔にしてくれるものを自分を支えてくれるものつまり自分にとって本当に大切なものが何なのか気づく必要があります皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの焚き火でございます今回はホスピス医小澤竹俊先生のもしあと1年で人生が終わるとしたらを解説していきたいと思います25年間人生の最終段階の医療に携わり3500人を超える患者さん達をお見送りされてきた小沢先生は冒頭でこのように述べております私には一つ気づいたことがありますそれは使用前にすると人は必ず自分の人生を振り返るということでございます自らの死期を悟った人々は人生を振り返り自分の人生で誇れることを後悔していることなどを少しずつ整理し最終的には多くの方が良い人生だったと納得して穏やかにこの世を去って行かれるそうです日々忙しく過ごしている私たちはなかなか自分の生き方を見つめ直すということをしませんそんな余裕がないでしょうしそもそも自分の人生を振り返るということ自体を考えたことがない人もいるかもしれませんしかし人生の終わりが近づいてきたとき人は初めて人生の意味が何であるかを知ることが多いのですまだこれからの人生を少しでも悔いなくよりよく生きるためにもしあと1年で人生が終わるとしたらを考えてみませんか残り1連という締め切りを設けることできっと多くの人が自分の人生に思いを馳せるのではないでしょうかそれを考えることによって自分は死ぬまでに本当に何がやりたいのが自分にとって本当に大切なものは何なのかだんだんと明確になってくるはずでありますまたこれまで気づくことのなかった様々な物事に対する自分の本心が見えてくるかもしれません補助は人生に対して非常に深い気付きを与えてくれる素晴らしい一冊だと感じましたのでこれ動画を見ることによってこれいいなと思っていただけましたら是非一度手にとって読んでみることをお勧めいたしますでは早速本書の内容に切り込んでいきましょうか本日のお品書きは次の通りです1件で人生に意味はあるのかということを2件で無理をしていないかということを3件で今の仕事に満足しているか心の声は聞こえているかということについて解説していきたいと思いますそれでは早速1件の人生に意味はあるのかから解説をスタートしていくことにしましょうかこの世にもうすぐお別れを告げようとしている人にとっても今健康こうに生きている人にとっても人生の意味は自分が存在している意味が見つかることはとても重要でございますそれによって人は自分にとっての本当の幸せを知り心の穏やかさを手に入れることができるんです自分はここに存在していて良いのだと心から思えるようになって前を向いて生きていくことができるようになるんですただ人生の意味を見つけるのはそう簡単ではありませんよねまして私たちは人生の意味は自分の存在価値を自分のしたことが誰かあるいは社会の役に立っているかどうかと結びつけてしまいやすいのでなおさらのことであります誰かの役に立つことだけを意味のある事と捉える考え方には限界があるんだと是非ここで知っておいてほしいと思うんですなぜならばその理屈で行くのなら自分は誰の役にも立っていないと思った瞬間生きる意味を見失ってしまうからでございます著者はずっと誰かの支えになりたいと思ってホスピス医の仕事をされていたそうです心のどこかで自分には患者さんの苦しみを解決できる力があると考えていたかもしれないと言っていますけれども実際には末期の患者さんを救えず苦しみも取ってあげることができない自分が存在している意味はあるのだろうかと悩んで苦しまれていたそうですしかしその苦しみの先で自分も生身の弱い人間に過ぎないという当たり前の事実を認めるにいたりその時ようやく気づいたことがあるそうですそれは実は自分の方が支えを必要としており家族仲間友人先に亡くなった父関わりお見送りした患者さんそしてこんな自分でもここにいて良いと許してくださる神様の存在に支えられているということでございますそしてたとえ無力であっても患者 言うことでございましたそして次のようにも考えるようになったそうです何もできない自分でもこれで良いと認めてくれるってあれかとの確かな繋がりがあれば患者さんのそばにいることができるし何もできない自分だからこそ患者さんのそばで患者さんの苦しみを共に味わうことができるのかもしれない患者さんのそばにいさせていただくことこそが無力な自分の心の支えになるんだとさていかがでしょうかこの著者の言葉を聞いて私も深く考えさせられました人は弱いのかもしれない無力かもしれないでも生きているだけで価値がある存在なんですこの世に生きているすべての人は必ず何らかのミッションを持っているんですそして人はただ生きているだけでそのミッションを果たしているんですミッションは人それぞれ異なり誰の目にも明らかな分かりやすいものもあれば分かりにくいものだってありますれにせよ誰のどんなミッションのその人にしかできない何かですから他人と比較して価値の有無を決めるものでもありません著者は人は存在するだけで既に価値を持っているということをホスピスで働きながらたくさんの患者さん達から教わったと言います命は何かの役に立つから価値があるのではありませんたとえ体が動かなくても仕事ができない状態にあっても人は存在するだけで必ず誰かの支えになっているんだということを是非忘れないで欲しいんです社会の中で元気に働いているうちは私たちはねどうしてもわかりやすいミッションわかりやすい価値や意味ばかりに目を向けがちになりますしかし多くの人は人生の終わりという大きな苦しみが近づいてくると価値観がガラリと変わりそれまでわからなかったら人生の意味は自分がこれまで生きてきた意味与えら 何なのかこれまでの人生を振り返った時自分はどのような感想を抱きたいのかこの世を去る時にやりたいことができて満足したとか波乱万丈で面白い人生だったなぁと思いたいのか堅実に生きたことを誇りに思いたいかによってこれからの生き方は変わりますし大切な人たちの愛情に包まれて死にたいと思うのならば自分の周りの人達を今から大切にして生きていこうと考えるでしょういずれにしろもしあと1年で人生が終わるとしたらどうするんだろうか自分はどう感じるんだろうかということを考えることによって様々なものが見えてくるはずでございますそれではこの辺で1件の内容をまとめておきたいと思いますポイント1目に見えて誰かの役に立っていることだけが意味のあることではないポイントに人は存在するだけで必ず誰かの支えになっているあなたの人生あなたの存在には必ず意味が価値があるポイントスター人生の意味を考えることは自分にとって本当に大切なものに気づくことであり自分にとって本当に大切なものこそが私たちの人生に意味を与えてくれているではでは次に言で無理をしていないかということを解説していきたいと思います責任感が強いことや人に迷惑をかけないことが美徳とされているこの社会の中であなたは一人で頑張りすぎていませんかと著者は問いかけていますもちろん与えられた責任をしっかりと果たすのは素晴らしい事なんですが責任を果たさなければならないとか人様に迷惑をかけられないという気持ちが強すぎる人は必要以上に自分に対して厳しくする傾向がありますどんなことでも自分で何とかしなければと考えた時に体や心に大きな負担をかけすぎてしまう人に頼んだり任せたりするより自分でやった方が楽だよと一人で抱え込んでしまうそんな風に皆さんの中にも日頃からなかなか他人に俺がしたり隠したりすることができず一人で頑張りすぎて体調を崩してしまったりできない自分を責めたりしている人がいるのではないでしょうか責任感が強いと評価されることに喜びは誇りを感じるがゆえに頑張ってしまうという人は多いでしょうそういった人にとってはやり残したことどうしてもできないこと処理しきれないことを他の人や自然文明などに委ねるということがなかなか難しく大きな覚悟を必要としますあなたが日頃から自分がいなければとか自分がやらなければという思いに苦しんでいるのであればこれももしあと1年で人生が終わるとしたらと考えてみて欲しいんです最初はやはり周りのことが心配になってしまうのではないかと思います残された家族は大丈夫だろうかとか同僚に迷惑をかけないように最後まできちんと仕事をしなければなどなどしかし寿命が残り1年しかないという状況で考えを深め物事を整理していくうちに普段自分でやらなければと思っていることのなかり実は人に任せられるものがたくさんあるということが分かるはずなんですこのような一人で抱え込んでしまう性格の人は特に人目ばかり気にしているとか遠慮なく我慢ばかりしていると自分でも感じている人が多いかもしれませんそしてもしあと1連で人生が終わるならもっと自分らしく生きたいと思う人はたくさんいるかと思うんですそもそも自分らしさとは一体何なのでしょうか私たちはよく自分らしいとか自分らしく生きるなんて言葉を口にするわけなんですが本当の自分らしさとは何かをはっきりと表現できる人はあまりいないのではないでしょうか人の存在は他者によって与えられると言えます人はひとりでは生きいけず関係性や環境の中で生きていく生き物ですそのためってあれでもその時接している相手によって見せる顔が違ってくるのではないでしょうかたとえば家族の前と他人の前または会社の上司のバイト気の置けない友人の前では別人のように変わってしまうそのような場合家族や友人と一緒にいる時の自分こそがより自分らしいとかその状態でいられると思う人の方が多いでしょうこれに対して著者は家族や友人の前でリラックスしている時も他人や上司の前で緊張したり取り繕ったりしている時もどちらもその人自身であってその人らしさではないだろうかと述べていますあるいは気分がいいときと悪いとき得意なことをやっている時と苦手なことをやっている時では性格が変わってしまうという人もいるでしょうこの場合も人は気分がいいとき得意なことをやっている時の自分こそ自分らしさを出せて やはりどちらもその人自身でありその人らしさではないかと考えられますなぜなら自分らしく生きるというのは常にリラックスして気分の良い状態でいること自己主張を通すことわがままに生きることと必ずしもイコールではないからです人はどのようなシチュエーションの中でも実はその人らしく生きているんです緊張して思うように振る舞えなかったり辛い思いをして気分が落ちていたり周りを気にして遠慮や我慢をしていたりそんな瞬間も自分らしく生きているんです自分らしく生きたいという言葉の多くは単に今までの自分が好きではないとか今までの生き方を否定したいとか過去の自分は自分がこうありたいと願う自分ではなかったなどという気持ちから生まれている可能性があるんですそのように思ってしまう気持ちは共感できなくもないんですがでもこれまで一生懸命生きてきた過去自分のためにもそのように思わないであげて欲しいなあと著者は言っていますまた責任感が強い人にとって人に任せることが難題であるように人の目を気にする人つい遠慮や我慢をしてしまう人いい人でありたいと思ってこれまで生きてきた人にとって人の目を気にしないとか遠慮や我慢をしないとかいい人でいられなくなるというのは辛いことではないでしょうか逆に行きづらくなってしまうかもしれませんそれよりも人の目を気にしてしまう遠慮なく我慢をしてしまういい人を演じてしまうのも自分らしさなんだと捉えて受け入れてしまった方が気持ちが楽になるのではないでしょうかただ何事もバランスは大事ですから受け入れるのはある程度の範囲内までにしておきましょうか常に人の目を気にして精神的に疲れてしまったり遠慮や我慢をしすぎて自分がやりたいことを完全に押さえつけてしまったりといったストレスが溢れてしまうような状態は決して健康的であるとは言えませんもしあなたが今そのような状態に陥っておりもう少し楽に行きたいなあと思っているのならいきなり生き方を変えるんじゃなくて日常の小さな洗濯の仕方を変えて少しずつ自分のための時間を増やしていくといいかもしれませんまずは一人の食事の時に何を食べるか一人の時間の時に何をするかどんな本を読むかなど他の人が関わらないことについてできるだけ今自分がどうしたいかを意識して選んでみましょうそれを繰り返していくうちに自分が何を望んでいるかが明確になって自分の欲求をきちんと満たすこと自分のための時間を増やすことが楽しくなってくるはずでございます一度自分を解放する喜びを知り意識が変わればもしかしたら家族や友人職場の同僚などにも自分の意思を伝えられるようになるかもしれません私達が日々行なっている数々の選択例えばランチは何にしようとかどんな洋服を着て出かけようとか大切な人に喜んでほしいから頑張ろうここでもめると厄介なことになるから静かに身を引いておこうどこに引っ越そうか将来のパートナーは誰にしようかシチュエーションや規模の大きさは様々なんですが全て自分で選択しているんですそういった選択の集合体がその人らしさでありその人の人生であると言えるんですそれでは NEW の内容をここら辺でまとめておきましょうなかなか深い内容でしたねポイント1やるべきことができない自分を責めないことを普段自分でやらねばならないと思っていることの中にも人に任せられるものがあるということに気づけると自分が本当にやらなければいけないことも分かるはずであるポイントに人はどのようなシチュエーションの中でも常にその人らしく生きているポイント3箇条に人の目を気にしたり我慢や遠慮しすぎて自由を感じられないのでもう少し楽に生きたいという人はいきなり生き方を変えるのではなく日常の小さな洗濯の仕方を変え少しずつ自分のための時間を増やしていこうそれでは次でラスト3件で今の仕事に満足しているか心の声は聞こえているのかということを解説していきたいと思いますさてあなたは今までの仕事や働き方に満足しているでしょうか率直に今の自分自身に問いかけてみて欲しいんですそれまでがむしゃらに働いてきた人が病気や怪我仕事上のアクシデントなどをきっかけにこの仕事を続けていていいのだろうか自分の働き方は本当に正しかったのだろうかと思うことは少なくありませんやりたい仕事ではないけれど給料がもらえればいいやと生活の為と割り切って仕事をしている人が本望ではないけれど 我慢して仕事をしているという人もいるでしょうしかしそう思っていた人がもしあと1年で人生が終わるとしたらと考えた時自分のそれまでの仕事や働き方に疑問を持つこともあると思うんです元気な時や物事がうまくいっている時私たちはどうしても一人称の幸せ目に見える幸せわかりやすい幸せにとらわれがちになります仕事で成功しお金持ちになることや周りから世間からちやほやされることや美味しいものを自由に食べて立派な家に住むことそんな世間で幸せのお手本とイメージされているような事を本当の自分の幸せなんだと考えてそれらを夢見て追い求めてしまうんですしかし体の自由がきかなくなったり人生の終わりが近づいたりした時お金も地位も名誉もその苦しみを和らげるためには役立ってくれませんあの世に持っていくこと持って行きませんそうなると一人称桜の幸せは何の意味も持たなくなってしまいます体が元気なうちでも一人称の幸せは多くの人と分かち合うことはできずそこで得られる幸せに限界を感じますお金にしても家にしても命よりしても何かを手に入れれば必ず失う恐怖が付きまとうんですまた一人称の幸せは他社との奪い合いになることが多く常に他人と競争したり人と比べて優越感に浸ったり落ち込んだりすることに慣れたで心に平和が訪れることは決してありませんでも離人症の子妖精を卒業すれば手に入れたものが自分の元から去ってしまうのではないかという恐怖に襲われることも人と奪い合うことも人と比べて一喜一憂することもなくなってより大きく安定した幸せを感じることができるようになるんですたとえ自分が苦しい状況にあっても人を幸せにすることができればあるいは人の喜びを自分の幸せと感じることができればそれが心の支えとなってくれるはずでございます幸せな人喜んでる人の数だけ心の支え自分の幸せの数は増えていきます自分の仕事や働き方が誰かの喜びにつながっているか是非見直してみて欲しいんですもし誰かの喜びにつながっていると感じることができれば自信を持ってまた新たな気持ちで仕事に取り組むことができるでしょう今の働き方でいいんだろうかこの仕事を続けていいんだろうかという疑問が浮かんだ時は大きなチャンスでございます現時点で仕事を通して一人称の幸せしか得ていないことが分かった場合は働き方や仕事の内容をどのように変えて行けば誰かの喜びに繋げることができるかなと考えてみろ良いチャンスでございます最後に著者が生きる上で最も大切にしているとおっしゃっていることを紹介させていただきたいと思いますそれはどんな時でも自分の気持ちに誠実に正直に生きること自分の尊厳を守ることでございますこの二つは繋がっていて自分が本当に自分らしくいられることこそが自分の尊厳を守ることになるんです自分の気持ちに誠実に正直に生きれば人は自ずと進むべき道に進み本当に自分らしくいられる場所にたどり着くことができる著者はそう信じているといいます尊厳が奪われるということは存在を否定されるということでございます自分の思いが全く伝わらず自分の希望が一切からはない選択の自由が何一つ認められず自分の行動が徹底的に抑圧され管理されている尊厳が奪われるとはこうした状態のことでありこれだととても自分らしく生きているとは言えないですよね尊厳が奪われたまま何年も生活していたら人の子ころは確実に壊れてしまうでしょうそうなるのを避けるためにはとにかく自分の心の声を聞いてそれに従って行動することが大切です常に心の声に従えばたとえ失敗したとしても後悔は少なく人生最後の瞬間に生きててよかったなぁと思えるはずでございますしかし皆さんの中にはそもそも自分の心の声がわからないよという人もいるかもしれません人の心は複雑なものですからどうでもいいことはどんどん口に出せるのに本当に大切なことほど心の奥深くに隠れてしまうこともあります誰かの本心を知ることはおろか自分自身でさえも自分の本心に中々気付けなかったりします繰り返しになりますが著者は自分自身が何を望んでいるかわからないという人には一度ご自分の人生を振り返るということをお勧めされております今までの人生で楽しかった時自分が一番生き生きと 思い出すことで自分が大切にしてきたことを自分の過去において重要だと思われることなどが心の中に浮かんでくるのではないかと著者はおっしゃられているんです今は心が動かず何を望んでいるかが分からなくても自分の声無き声に気づくことができるのではないでしょうか人生の最終段階の医療に携わりこれまでたくさんの方々とってやってたくさんの方々をお見送りされてきた著者が感じられていることそれは多くの人は悩み苦しみもがく中で少しずつ自分の人生を振り返りそこに意味や価値を見出すようになるということでございますそうしたプロセスを経て自分の人生を肯定できるようになったとき人はようやく本当の強さ心の穏やかさを手に入れることができるということでございますそしてこれは家に勅命している方に限ったことではありません現在何らかの苦しみや悩みを抱えている人も星の意味を模索し自分なりの答えを導き出すことが出来ればかならず前を向いて生きていく力が得られるのではないでしょうかもしあと1年で人生が終わるとしたらどうだろうかと考えることは自分にとって本当に大切なことに気づけるだけではなく苦しみや困難と向き合う力人と支え合い助け合う力もがき苦しんでいる人を笑顔にする技術を育むことにもつながるはずでありますこの機会に一度自分の人生をじっくりと見直す時間を作ってみてはいかがでしょうかそれでは産業の内容をここら辺でまとめておきたいと思いますポイント11人称の幸せは多くの人と分かち合うことはできずそこで得られる幸せに限界を感じる一人称の幸せを卒業すればより大きく安定した幸せを感じることができるようになるポイントに自分の仕事や働き方が誰かの喜びにつながっている間水泡してみよう働き方や仕事の内容をどのように変えて行けば誰かの喜びに繋げることができるかを考えてみようそうすることで自信を持ってまた新たな気持ちで仕事に取り組むことができるポイントスタンプ自分の気持ちに誠実に正直に生きよう常に心の声に従えばたとえ失敗したとしても後悔は少なく人生最後の瞬間に生きててよかったと思えるはずであるさてそれでは本日のハイライトリーム参りましょうか1件で人生に意味はあるのかということを2件で無理をしていないのかということを3件で今の仕事に満足しているか心の声は聞こえているかということを解説させてもらいましたさて皆様いかがでしたでしょうか本書には著者とホスピスれって言われた患者さんとの実際の会話や心が揺らぐような暖かいエピソードも登場しますそれらも含めて著者が伝えたい想いを感じとるともし一年で人生が終わるとしたらの考察をますます実行したくなるかと思いますこの本は誰にとっても読みやすく書かれている一冊でしたから一度手に取って隅々まで目を通していただけたら良いかと思いますそして今回の動画を見たことをきっかけにしてぜひ自分の人生を一度ゆっくりと振り返る時間を守って欲しいと思うんです自分はこれまで何が楽しかったのかどんな時自分らしいと感じたのかどんな時幸せを感じたのかを過去を振り返りながらゆっくり考えるんですそしてそれが終わったらもしあと1年で人生が終わるのならば自分は本当に何を望むのかどんな最期を迎えたいのかということを考えてみて欲しいんですそうするとおそらくこれから自分が大切にするべきものそしてそれを得るためにどのように生きていけばいいのかということが明らかになるかと思うんです人生最後死ぬ時ぐらいはこうかいしたくない誰だってそう思うはずです私たちには幸いなことにまだ時間が残されていますどのような人生の最期を迎えたいのか人生の最後に良い人生だったなと笑っていけるようになるには今からどのように生きていけばいいのかとても深い話ではありますが私たち一人ひとりが自分の人生を振り返ってこれからどのように生きていくのかを今回の動画をきっかけにして考えてみていただけるととても嬉しく思うんです本日は以上ですこの動画が良かったという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンとチャンネル登録ポチッとよろしくお願いしますまた本要約チャンネル論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルを頑張って更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルも訪れていただけると嬉しく思います本日はご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事