【おすすめ書籍】『4 Focus 脳が冴えわたる4つの集中(青砥 瑞人[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

created by Rinker
¥1,485 (2021/05/07 00:54:06時点 Amazon調べ-詳細)

<総額5,000万円>500円~最大10万円分のバイナンスコイン(BNB)がもらえます!(2021年5月7日まで)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『4 Focus 脳が冴えわたる4つの集中(青砥 瑞人[著])』の紹介集中状態の作り方や高め方には法則性がありその仕組みを知りやり方を学べば誰でも何歳からでも集中力を育むことができる今日は本解説チャンネルの長女です今回は青と水とさん暇さえあれば医学論文に目を通すのお宅の青戸さんが書かれた本フォーカス脳が冴え渡る四つの集中という本を解説しますこの本はとてもお勧めの本です例えばこんなあなたやる気を出したいわくわくしたい集中力を上げたいそんな方にとてもお勧めの本ですなぜなら以上のことにはすべて脳が深く関わっているからですやる気や集中力やワクワク感において最重要な役割を担うのは No です能について理解すればやる気集中力ワクワク感を自由自在に操ることができますだからこそお能について学ぶことはものすごく価値がありますはいではとりあえずいつも通り最初にこの動画の結論を言っておきます結論四つの集中入門集中記名集中俯瞰集中時代集中これらを行き来すればエンドレスに集中できるまたその他のポイントとして心理的安全状態を確保することドーパミンとノルアドレナリンを味方につけることこれらも有効であるというわけでこの動画では1円ドレスに集中する方法に凛としたのーと激しく燃えるのを3つの集中力を操るという順番で解説していきますのでぜひお楽しみください市エンドレスに集中する方法先に結論から言ってしまうと脳科学の観点から見て三つのポイントを押さえればエンドレスに集中できますその三つのポイントとは心理的安全状態を確保するドーパミンとノルアドレナリンを利用するそして四つの集中を使い分けるこれが三つのポイントですこの三つのポイントを押さえることでエンドレスに集中できますこの第1章の部分ではこの三つのポイントの要点をざっくり変えてしておきますそしてそれぞれにショート3章で詳しく掘り下げていきますはいではこの三つのポイントの概要についてですまずは一つ目心理的安全状態を確保しておくについてこの心理的安全状態というのはざっくり一言で言えば心が安心している状態ですこのような状態が集中力に大きく関わります著者の青戸さんはこの心理的安全状態が確保されている時の脳の状態を凛としたのと表現していますこれはイメージがわきやすいですよねそしてこのような凛とした脳の状態では集中力が長く続きやすいですだからこそ心理的安全状態が一つ目の重要なポイントですでは次に二つ目のポイントドーパミンとノルアドレナリンを利用するについてドーパミンとノルアドレナリンこれはどちらもやる気や集中力に関わる脳内物質ですそれぞれについてドーパミンによる集中力はワクワク感からくる集中そしてノルアドレナリンによる集中力は緊迫感からくる中ですそして青戸さんはこれらの脳の状態を激しく燃えるノートを表現していますこれも的確かつ分かりやすい表現ですこのような激しく燃える脳の状態では大きな集中力を発揮しますしかしその集中力が長く持続するわけではないですそういう特徴があります激しく燃えるのはパワーはあるけどスタミナはないそういうイメージです以上が二つ目のポイントであるドーパミンとノルアドレナリンについてですでは次に三つ目のポイント四つの集中を使い分けるについてそもそも集中力には4種類ありますそしてこの四つの集中を目的に応じて使い分けるべきですその方が効率よく成果を上げられますこの四つの集中というのは集中の向かう方向が内側なのか外側なのかまたその集中の広さは狭いのか広いのかという二つの軸で分けることができます集中はこの二つの軸によって四つに分けられますそしてこれら四つの集中をそれぞれ目的に応じて使い分けることで四つの集中モードを行き来することでエンドレスに集中することができますまた詳しくは第3章の部分で掘り下げますというわけで以上がエンドレスに集中するための三つのポイントの概要ですそれでは行こうもう少し詳しく掘り下げていきますというわけでに凛としたノート激しく燃えるのここでは三つのポイントの家の最初の二つ凛としたノートを激しく燃える脳について解説しますではまずは凛とした脳について心理的安全状態を確保することで凛としたのを作りますキーワードは心理的安全状態です心理的安全状態とは心が安心している状態これが集中力に大きく関わりますこのような心理的安全状態が確保されて凛としたのが作られた状態だと心が落ち着いており自制心が働きますそのためこのような凛とした脳の集中では集中力が長く続きやすいですじゃあ何故心理て 胴体が大事なのかもう少し詳しく掘り下げていきますそもそも心理的安全状態とは真逆の状態のことを心理的危機状態と言いますそしてこのような心理的危機状態だと脳の機能が落ちてしまいますはい心理的危機状態では危険恐怖不安道曖昧が多い状態ですこのような心理的危機状態の場合だと脳の前頭前野の機能が落ちてしまいますそういうわけで脳のパフォーマンスが落ちますこれこそが心理的安全状態が必要な理由です心理的危機状態だと脳の前頭前野の機能が鈍るからだからこそ心理的安全状態を確保する必要があります脳の前頭前野というのはいつも話すことですが脳の最高中枢です一番大事な部分です前頭前野はやる気集中力記憶力論理的思考客観的思考行動や感情のコントロールコミュニケーションなどを司る部分ですそういうわけで脳の前頭前野が発達している人ほど他人との良好な関係を築ける目先の利益にとらわれず長期的に見た有利な選択ができるそういう傾向にあり社会的地位や経済的地位が高くなりやすいですまあ要するに前頭前野はものすごく大事な脳の部分ですこの脳の前頭前野が心理的危機状態によって働きが落ちてしまいますだからこそを心理的危機状態を避け心理的安全状態を確保することが必要だということですじゃあ具体的にはどうすれば心理的安全状態を作ることができるのでしょうか心理的安全状態を作る方法としては二つありますそれは自律神経を整えることと目的を明確にすることこの二つが有効ですではまず自立神経について自律神経の整え具合が心理的安全状態に大きく影響していますそもそも自律神経というのは自分の意思とは無関係に24時間自動で働いている神経のことです役割としては例えエヴァ呼吸心臓の鼓動血液循環体温調節食べ物の消化排泄免疫などを自動でコントロールしてくれていますそのようにたくさんの大事な役割を担っているのが自律神経ですこの自律神経の整え具合と心理的安全状態は密接な関係にありますそしてこの大事なん自律神経を整える方法としては生活を整えるつまり睡眠運動食事を整えるこれがまず一番大事な方法としてありますあとは他にもストレスを溜めない毎日入浴する腹式呼吸を使った呼吸法後は瞑想なども効果的です以上のような方法により自律神経が整いますそして自律神経が整うと心が落ち着き心理的安全状態が確保されやすくなります以上が自律神経を整えるについてです次に心理的安全状態を加工する二つ目の方法は目的を明確にすることです生きる目的とか今自分が打ち込んでいること俺をやっている目的また価値観やゴールをはっきりさせることこれが有効ですなぜかと言うと明確にすることが安心につながるからですそもそも曖昧さとか将来への不安とかがあると心理的安全状態が揺らぐわけですよねですので自分の中にしっかりとしたぶれない軸とかぶれない価値観をもつことで心理的安全状態は確保されます価値観や目的やゴールを明確にすることで安心するこれが心理的安全状態を確保する方法ですはいというわけで以上が凛としたのについてです凛としたのを作るためには心理的安全状態が必要とした心理的安全状態を確保するためには自律神経を整える目的を明確にするこの二つが有効ですでは続いて激しく燃える脳について掘り下げていきますこっちの脳についてはドーパミンとノルアドレナリンを利用して激しく燃えるのを作りますドーパミンとノルアドレナリンはどちらもやる気いや集中力に関わる脳内物質ドーパミンはワクワク感からくる集中ノルアドレナリンは緊迫感からくる集中両方ともパワーはありますがスタミナはあまりありませんそういう共通点がありますではそれぞれもう少し掘り下げていきますではまずドーパミンについてドーパミンは一言で言えばやる気ホルモン人のやる気活力ワクワク感好奇心モチベーション集中力記憶力偕楽に関わっている大事な脳内物質です例えば何かほにゃららを達成したいとかほにゃららが欲しいほにゃららになりたいほにゃららをしてみたいなどの願望を抱くときドーパミンが分泌されますそしてそのドーパミンが私たちにやる気や集中力やワクワク感を与えます例えばあの大学で経済学について学びたいとか会社で出世したいアメリカに行ってみたい北海道のカニが食べてみたいそういうような願望を抱くときドーパミンが分泌されます やる気を与えて行動に移させますそれがドーパミンですそしてこのドーパミンによる集中力のエネルギーは一番強いですこれは経験則からも納得できるかと思いますが嫌々やらされる仕事とかよりも自分がやりたい仕事の方が頑張れますよねこれもドーパミンによるものです自分の好奇心とかワクワクとかからくるモチベーションや集中力なので爆発力がありますエネルギーがありますそしてこのドーパミンにおいて大事なポイントの一つとして実体験からくる願望は大きいかつ持続しやすいというポイントがありますどういうことかと言うと例えば自分の好きなことで生きている YouTuber に実際にあった経験とか自分が憧れている大学のキャンパスに実際に訪れる経験仕事ができるだけでなく人間性の部分でも尊敬できる上司の下で働くという経験そういうような実体験を通して僕も YouTuber になりたいあの大学に通いたい私もあの上司のような人間になりたいそういうふうに願望を抱くこのような実体験からくる願望はたくさんかつ持続的にドーパミンを出して強いエネルギーになりますだからこそ何かの目標を達成するためにドーパミンを利用したいという場合そういう場合にはそれの達成後に経験できることを先に少し実体験してみるというのがとても有効になりますつまり例えば実際にその目標を達成している人に会ってみるとか大学のキャンパスに行ってみて様子を見に行ってみるとかそういうふうに実際に自分で体験するそしてその体験により感動したりやっぱり俺はこの目標を達成したい俺もああいう人になりたいここで学びたいみたいな強い願望を再確認できた場合その体験が自分の中の大きな原動力になりますというわけで以上がドーパミンについてですでは続いてノルアドレナリンについてこのノルアドレナリンは締め切り間際の時の集中力これに関わる物質でノルアドレナリンは適度なストレスを感じる時に分泌されて集中力を高めますノルアドレナリンは緊張恐怖不安などのストレスを感じる時に分泌されますそして脳機能が上がる集中力が上がる記憶力が上がるというような効果がありますですので例えば締め切りが近いやらなきゃみたいな時に発揮される集中力がこれですはいここまでの説明で分かる通りノルアドレナリンはストレスホルモンの一種ですストレスを感じる時に分泌されるホルモンですだからこそノルアドレナリンに頼りすぎるのは良くないですなぜなら体に負担がかかるからです適度なストレスによって集中力を上げることは大事ですしかしストレスがかかりすぎると脳とか体に負担がかかり体を壊してしまう原因になりますですので適度なストレスを目指しましょう今の話に関連するものとしてチーズドットソンの法則というものがあります家系図ドットソンの法則とはこの図が示すように人はストレスが多すぎても少なすぎても駄目で適度なストレスがある時にこそ最高の生産性を発揮できるという法則ですそして当然これはノルアドレナリンが理由ですノルアドレナリンが適切な量分泌されている時私たちは集中力や記憶力などが向上し生産性が MAX になりますしかしそのストレスが大きすぎると脳はパンクしてしまうということですそういうわけですので適度なストレスを保つこれが大事になってきますというわけで以上がノルアドレナリンについてですというわけで以上の二つドーパミンとノルアドレナリンのそれぞれの特性を理解してうまく利用してあげることで激しく燃えるのを味方にすることができますというわけで以上が凛としたのーと激しく燃えるのについてですでは続いて3四つの集中力を操るまず前提として脳科学的に見ると集中というのはもっと広いとのことです一般的に言われている集中は一部に過ぎないというのも脳科学的に四つのマトリックスで集中を見ることができますそれはさっきも言った通り集中の方向は内側なのか外側なのかそして集中の広さは狭いのか広いのかこの二つの軸によってよっつの集中力に分類することができますもう少し掘り下げると方向が内側というのは意識が自分に向いている状態そして方向が外側というのは自分の外側に意識が向いている状態そして集中の広さが狭いというのは意識が一つの物事に向けられている状態そして広さが広いというのはたくさんの物事を俯瞰的に眺めているような状態それぞれそういう意味ですはいでは続いて四つの集中力について先に概要を説明しますまず一つ目外に狭くの集中これは入門集中ですこれは一般的にイメージされるような集中力のことで例えば作業とか仕事とか勉強に打ち込むときの集中力です次に二つ目家に狭くの集中力これは決め これは一つの課題に対して思考し続けているような状態で課題解決型の集中力です例えば自分の頭で深く考えることイメージとしてはロダンの彫刻の考える人の像ですそういう集中力ですでは次に三つ目外に広くの集中力これは不感症中です全体を見て直感的に動ける集中力これが不監修中です例えば感覚的とか直感的に判断する事過去の経験をもとにして素早く判断することこれが深い集中です次に四つ目の集中は家に広くの集中力これは自在主中です意識を離れて愛のままに自由自在に脳内の情報を展開させるそういう集中力です具体的にはぼーっとしている漢字自由に思考を巡らせる漢字想像したり妄想したりというような集中ですそれも集中力なのみたいな感じだったりなんかいまいちどれもピンとこないなぁみたいな感じがしたりいて結構難しい概念ですよねまたそれぞれ詳しく掘り下げていくのでその中で腑に落ちていくと思いますいずれにせよを目的に応じてこの四つの集中を使い分けるべきですそうすることで効率が上がります特に入門集中一般的にイメージされる集中力これ以外の残りの三つの集中をうまく使えていない場合が多いですこれは一般的に知られていないことなのでしょうがないことでもありますがここを克服すれば成果が上がりますよっつの集中力を使い分けるべきですでは四つの集中力についてそれぞれもう少し掘り下げますまず一つ目相当に狭くの入門集中についてこれはいわゆる集中力作業をする時仕事や勉強に打ち込む時などの集中力ですこういう集中力はシンプルなタスクを次々と片付けたい時明確な目標に向かってたくさんの情報を処理したい時相手の話を深く理解した時こういう時に入門集中が役立ちますポイントとしてはゴールが明確化しやすい場面目的が明確な場面こういう時に股挿入文集中が役に立ちますでは次に二つ目の家に狭くの集中研修中についてこの研修中は一つの課題に対して思考し続けている状態課題解決型の集中力です例えば自分の中で自分の頭の中で深く考え続けることイメージとしてはロダンの彫刻の考える人の像あとは過去の経験をじっくり振り返るこういうのも記名集中ですちなみにこの記念集中の記名というのは情報を記憶するという意味ですはい勘のいい方はここで気づくかと思いますがこの記名集中は私たちの記憶に深く関わっていますじゃあ何故この記名集中が記憶に深く関わるのかこれは結論脳の仕組み上を使った情報は記憶されるからですつまり自分の頭の中で自分の内側で何回も繰り返し考えることで要するにその情報を使うことで記憶としててあくしますよく一般的に言われるのが記憶に定着させたければアウトプットしましょうとよく言われますよねこれはもちろん正しいです学んだことを人に話すとか紙に書き出すとかすることで記憶により定着しますしかしここでのポイントはアウトプットではないんですよねポイントはインプットした情報を使うことです学んだ知識を使うということがポイントですつまり学んだ知識を自分の中で繰り返し考え続けるこれも使うことですから記憶に定着するわけですインプットした情報を学んだ知識を使わなければ脳はそれを不要なものだと判断して記憶に残しませんしかし学んだ知識をもう一度復習するとかアウトプットするとか繰り返し使うことで脳はその情報を大事なものだと判断して記憶に定着させますこれが脳が記憶する仕組みですつまりポイントは使うことですその中でも特に有効な手段の一つがアウトプットであるというそれだけの話そしてこのアウトプットと同様に有効な手段なのが自分の中でそれについて繰り返し考え続けること考えを掘り下げていくことですというわけで脳科学的には記憶の定着のためには自分の内側で自分と対話することこれが有効です自己との対話が有効です自分が大事だと思う学び忘れたくない学びについて自分の中で何回も繰り返し考え思考を掘り下げることで記憶に定着しますある考えや知識や情報についてなぜこうなんだろうなぜこれは大事なんだろう何が大事なんだろう他のものとの違いは何なんだみたいな感じで自分の内側で深く考え続けるこのような過程でその情報は記憶に強く定着していきますそしてそのような自己との対話の中でも特に自分の過去の体験と結びつけることで記憶が定着します例えば読書を通して知識を学んだ時なんかにそれを自分の過去の体験と結びつ 記憶と旅客しやすいです例えば心理学における一貫性の原理という法則について知った時ちなみに一貫性の原理とは人は自分の言動に一貫性を持たせようとする原則ですがこれについて学んだときこういう時に俺がなかなか人のアドバイスを素直に聞けないのは自分の考えを曲げたくないという一貫性の原理の罠にはまっていたからなのかもしれないなこれはもっと合理的に考えて一貫性の原理の愛から外れて他人のアドバイスについても検討してみるべきかもなみたいな感じで自分の実体験と結びつけてみますこのような一手間を加えることで一貫性の原理という知識が自分の中で記憶として定着しやすくなります記名集中にはこのような役割がありだからこそ自分の過去の体験と結びつけてみるという一手間を加えることが記憶においては重要ですまたこの機器練習中に関連させて青砥さんはサウナをお勧めしていますサウナみたいな携帯も触れない比較的気が散るものが少ないような場所に置いて自分の内側で自己との対話を行うこういう時間をとることをあお土産はお勧めしています実際に本人もサウナにはよく行くようで青戸さんが特許を持つに至ったそれにつながったアイディアの多くはサウナ室でひらめいたそうですそういうわけで自己との深い対話これが重要ですでもってそのためにサウナのような場所を利用するのも一つの手としてアリかもしれません以上が決め集中についてですでは続いて三つめの外に広くの集中部監修中についてこれは全体を俯瞰的に見て直感的に動くそういう集中力です例えば感覚的にとか直感的に判断することですじっくり考えて判断するのではなく瞬時に判断するわけですがこれは適当という意味ではありません過去の経験をもとにして素早く判断するということですというのも脳の仕組み上過去の経験まなびの家曲駅により直感が働きやすくなっていきますどういうことかというと that 全体を見渡してどこから手をつけるべきか何から終わらせていくべきかみたいなのが見えてくるようになるそういうことですこういう集中が不監修中です例えば具体例として読書がありますたくさん本を読む方はあーなるほどなるほどって納得してくれると思うんですけど読書に慣れてくると全体にささっと目を通すだけで概要がつかめるようになったり自分に役に立ちそうな部分を見つけるのが上手になっていきますよねこういうのがふ監修中ですそういうわけで経験を積んだ分野においてはこの付近集中を積極的に取り入れるべきですそうすることで効率よく物事をこなしていけます一個一個前から順番にやっていくのではなく大事な部分を見極めてそこに時間や労力をよりたくさん書けるイメージです自分の仕事とかについて使えると思うのでぜひ活用してみてください特に真面目な人これは青砥さんも言っていますが真面目な人ほどこの元羞恥を使うのが下手です何でもかんでも真面目にやれば良いのではないですよね自分が熟知している分野とかでは直感的に行動した方が効率よく物事をこなせますこれが脳科学的には正しいですある程度経験を積んでその分野に精通してきたら俯瞰集中を使っていくべきです全体を俯瞰的に見て直感的に瞬時に判断するそうすれば効率よくかつ効果的な判断を下せますというわけで以上が三つめの不感集中についてですでは続いて四つ目の集中家に広くの集中自在集中についてこれは意識を離れてありのままに自由自在に脳内の情報を展開させるそんな集中力です例えばただぼーっとしてる感じ自由に思考を巡らせる感じ想像したり妄想したりする感じですこれも集中力って言うんだからまた面白いですよね脳科学的にはこれも集中なのだそうですそもそもこの時代集中の子愛というのは自由とか思うがままという意味がありますそのように自在集中では趣向が自由にのらりくらりとするものですちなみにこれはマインドワンダリングとも呼ばれていますマインドワンダリングとは趣向が次から次にあっちこっちに飛んでいくことですちなみにワンダリングというのは日本語に直訳すると彷徨うという意味ですですので思考がさまようそんな脳の状態です例えば今日の夜ご飯何食べようかなそういえば昨日のディナーはおいしかったなお店の雰囲気も良かったし何より音楽がおしゃれだった音楽って大事だよねなんであんなに簡単に人の気持ちとかムードを持っていく力があるんだろう不思議だよな音楽っていいよなーみたいな感じで心ここにあらずの状態でぼーっと思考を巡らせる感じですこういうぼーっとした状態も集中状態と言えるんですねこのような時代集中を使うべき場面は何かアイディアが欲しい場面ですなぜかと言うとこの 集中においては自由な思考によって創造性が発揮されやすいからです自由な発想によりアイディアとかに繋がりやすい状態ですでもこのような時代集中を意識して利用することが効果的ですどういう事かと言うと自在集中に入りやすい状況というのはある程度みんなに共通しています例えば散歩シャワーお皿洗い運転中うたた寝こういうタイミングで自在集中に入りやすいですこれらの状況の共通点としては何かに取り組んではいるけど歩いたりシャワーしたりはしてるけど考える余裕はある何かに取り組んではいるけど頭は暇してるそういう状況ですですのでアイデアが欲しい時にはこういう状況を自分で意識して作り出すことが有効だということですことアイディアやひらめきに関しては知識のインプットと時代集中が必要ですたくさんの情報や知識をインプットすることとぼーっとする時代集中が王様ですまずファーストステップとしては知識をたくさん入れる必要があります知識がたくさん蓄積されていることでそれらを組み合わせて新しいアイディアにつながるからですそしてそのような知識の蓄積が頭の中にある上でふとしたタイミング何かボーッと散歩とかしているタイミングでひらめくものですそれがアイディアの仕組みですアイデアを閃くパターンですだからこそを何かアイデアが必要な人はこういう状況を自分で作っていけばいいんですたくさんの知識をインプットするそして自在集中を操るこうすることでアイデアが降ってきますというわけで以上四つの集中力についてがっつり開設しました以上の四つの集中力を使い分けることで四つの集中モードを行き来することで効率よく物事をこなせますポイントは使い分けることですどれか一つに偏らずに満遍なく使うことを意識しましょうこの時のポイントとしては目的に応じて四つを使い分けることです外に狭くの入門集中ではシンプルなタスクを次々と片付ける時明確な目標に向かうとき人の話を深く理解したい時そういう時に使います二つ目の家に狭くの研修中については学んだことを記憶に定着させたい時大事な考えについてその考えを掘り下げていくときそういう時に使いますそして三つめの外に広くの不感集中については自分が成熟している分野で使います自分が成熟している分野において直感的に判断することですこうすることで効率が上がりますそして四つ目の家に広くの自在集中についてはアイディアを出したい時に使います散歩やシャワーや料理やお皿洗いや運転中そういう状況を自ら意識して作っていきますよつの周知を使い分けることで効率よく物事をこなしていきましょうではこの辺りで最後に内容をまとめます1エンドレスに集中する方法ポイントは三つあります凛としたのを激しく燃えるの四つの集中力についてる甲斐市手なずけることですに凛としたノート激しく燃えるの凛としたのでは集中力が長く続きます凛とした脳を作るには心理的安全状態を確保することが必要ですそれに対して激しく燃える脳では大きな集中力を発揮できますこのためにはドーパミンとノルアドレナリンを味方につける必要があります34つの集中力を操る目的に応じて入門集中悲鳴集中集中自在集中を行き来することが有効ですでは今日の一言私たちは常に自分がどうありたいかを問い続ける必要があると青とさんはいますこれは自己との対話であり自分のぶれない価値観を探すことですそのような自己との対話を繰り返す中で自分のやりたいことを見つけるそしてそのやりたいことに素直になって夢中になる努力は夢中には勝てません以前紹介した青とみると3の最初の著書ブレインドリブンでは青砥さんはこのように言っていますちなみにこれは僕がブレインドリブンの中で一番心に響いた部分でもあります以下引用部分です私は自分が貢献したいこと興味のあるものでなければ高いパフォーマンスは出せないと思っている自分が知りたいことやってみたいことに対して純粋にのめりこむことでしか原動力にならない体まさにドーパミンドリブンであるもっと多くの人が自分のやりたいことに素直になっていいと思うそれは学びが加速するからだという部分ですどうですか今あなたはあなたが一番やりたいことに一番時間や労力を避けていますか自分が今一番やりたいことは何なんだろうと定期的に考えてみることが人生をより充実させるだろうと僕は思います今回紹介した本フォーカス脳が冴え渡るよの集中についてまだまだ紹介できていない部分が多いですお勧めの本ですのでぜひ読んでみてくださいあと以前紹介したブレンドリブについてもオススメですので是非読んでみてくださいこれは快晴 あげているのでそちらも復習してみてくださいというわけで今回の知識が何か少しでもあなたの人生の役に立てれば幸いですこのようにこのチャンネルでは本の解説と人生の役に立つ知識の紹介をしています最新の動画を見逃さないためにもぜひチャンネル登録をお願いしますではまた次の動画でお会いしましょう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事