【おすすめ書籍】『まずは、「信じる」ことをやめなさい~脳、宗教、歴史からわかった人を操る「サイン」の秘密!騙されずにこの時代を勝ち抜くただ一つの方法(苫米地英人[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『まずは、「信じる」ことをやめなさい~脳、宗教、歴史からわかった人を操る「サイン」の秘密!騙されずにこの時代を勝ち抜くただ一つの方法(苫米地英人[著])』信じることを止めなさい信じる者は救われないそれは一体何故か多くの人がこの信じることによって自分の人生を自由に生きることがあって行けなくなっているからであるもっと言えば幸せになりたい救われたいと思っている人をどう騙されてしまうからです皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの焚き火でございます今回は苫米地英人さんのまずは信じることを止めなさいを要約していきたいと思います最初に言っておくとこの方はめちゃくちゃ面白かったし私たちが普段無意識で行なっている何かを信じるという価値観をガラリと変えてくれた一冊だったのでこの動画を見てこの本面白そうだなと興味を持っていただけた方は是非一度本書を手にとって読んでみることをお勧めいたしますそれでは早速参りましょう本日のお品書きは次の通りです1件で信じる者は救われないということを2件で進行から自由になるために3件でやりたいことをやらなくてはいけないということを解説していきたいと思いますでは早速一幻の信じるものは救われないから解説を始めていきましょうかさて本書ではなぜ進行するのかなぜ人は救いを求めるのかといったことが深掘りして解説されておりますなぜわざわざこんな問いをひも解く必要があるのかといえば著者曰く多くの人がこの信じることによって自分の人生を自由に生きることができなくなっているからでございますもっと言えば幸せになりたいとか救われたいと思っている人ほど騙されてしまうからでございます苫米地さんはこれまで出されてきた本の中で全知全能の神はいないことが数理哲学で証明されたと何度も書いていらっしゃるそうですがそれでも神を信じている人はいなくなりません進行があること自体には何の問題もないんですがそもそも信じることによって得られる救いや幸福アンの正体を知らないことには問題があると言えます信じることによる弊害はになりかそもそも信仰というものがなぜ生まれるのかなぜ人は誰かもしくは何かを信じてすがりたいと思うのかという信仰心の嘘が本書では徹底的に暴かれているんです人が信じるときそこには魂が存在する何かを防止することほど危険なことはありませんこの世のありとあらゆる大きな権力または権力者やカリスマには常に煩悩にまみれた思いが働いているからでございますつまりそこにはいとやしわくがあって決して聖人君子になんかではないんです何かを信じた瞬間あなたはコントロールされる側に回ってしまいますいわばリーダーとフォロワーの関係でございますフォロワーであることそれは自分の自由な人生を歩めないということを意味しておりますリーダーが何かを命じレバー動かざるを得ない状況に陥りますリーダーがたとえ間違っているということに気づいてもして切って来なくなりますしリーダーの間違いに気づけなくなるということでございますこれを洗脳と呼びますつまり猛進は簡単に洗脳されてしまうんです何かを盲信していればそこに盲点が生まれ他から見れば間違っていることも正しいことにしてしまうんですだから自分がやっていることは正しいことだと信じていることは危険なんです何かを信じることであなたは常にフォロワーになってしまいますフォロバは決して自分の人生を歩むことはできませんあなたの信じているものも人も世界も常に正しいものではないからですあなたが自分の人生を生きたいとかもっと自由に生きたいと願うのならばまずは苫米地さんは信じることを止めなさいとおっしゃいます何かを盲信するのではなく何かに救いを求めるのではなく自分自身を信じるべきなんです本書を通してこの世界この時代に仕掛けられた様々な嘘や罠を見破り本当に目指すべき生き方と幸福について学んでいこうではありませんかさて苫米地さんは本書の中で繰り返し救われたいなどと願ってはならないと主張されております多くの人は心の底で無意識のうちに救いを求めております何とかして今の状況から脱して救われたいそのように今日本人の大多数が心の底でじっと自らの幸福を願っていると思いますバブル崩壊以降すでに20年余りにわたって国民は経済的な苦しみを味わい続けてきたからでございますしかし苫米地さんは会えてこう述べなければならないと言います10名夢救われたいなどと願ってはならないと誰であなたは 信じているでしょうか自分は宗教も信じていないし別にこれといって信じているものはないかなーと答える人もいるでしょうしかし多くの人が無意識に信じているであろうものが一つあるんですそれは国でございます救われたいと願う人はおそらく国を頼る人だと思います国が何とかしてくれるあるいは政府与党や官僚が手を打ってくれるはずだとそうでなければ何のための国なんだとそう考えるわけでございますところが歴史をちょっと振り返るだけで国民がなくこうした論理が一度も実現してこなかったということに気づくでしょう記憶に新しいところでは年金公務員改革財政再建ありとあらゆる問題が国民に犠牲を強いる形で先送りされ益々大きな将来の月に代わっていますバブル崩壊以前の好景気の時代においてもこれは同じとが行われてきたんです国民は恒久木に惑わされ自分の懐の痛みを強く感じなかっただけの話なんです好景気のときであっても不況の時であっても政府がやりたい放題であることに変わりはなく国民は一度として政府に何とかしてもらったことなんてないんです国民にはこの事実がなかなかわかりません何故かと言えばマスコミがあるいは教育が巧みに国民の印象操作を行っているからでございます例えば経済や社会の問題を伝えるニュース番組で政府にはもっと頑張ってもらいたいですねとか政府も手を尽くしているんでしょう眼などとキャスターは必ず愚にもつかないコメントを点し挟みます政府がちゃんと機能しているという印象を植え付けその政府に関心を持ち期待するように仕向けるわけでございますところが実際には政府は国民が望むようには機能していませんそうやって国民の期待は常に裏切られいつのまにか政府のやりたい放題がまかり通る世の中になり国民もそれに大きな疑問を抱かないようにんで荒らされてしまいます選挙にしてもこれは同じですマスコミは国民の意志を国政に反映させるために選挙にいこうと呼びかけたところが選挙で選ばれた政治家がいざ国会では勝手なことをやり始めるんです選挙によって国民の負託を受けたのだから何をやってもいいと言わんばかりの態度でございます堪忍袋の緒が切れた国民は次の選挙こそと選挙の度にマスコミの言うことを信じて投票に行くわけなんですが結果は変わりありません実はこうした頭氏は日本政府に限ったことではありませんアメリカ政府もヨーロッパの国々の政府もそれぞれの国民を騙していますだからアメリカでは食事さえできない人が4700万人もいますしフランスでも失業者が溢れかえっていますユーロ安で一人校長などをいつでも政府が国民を欺いていないと言える人はいないでしょうさてねこれまでなかなか厳しい話をしてきましたよね信じても救われないものの一例として国を開設しましたが本書には国以外にも信じても救われないものが多く書かれていますそれは例えば民主主義であったり IMF であったり世界銀行などでございますこれらのものは私たちを甘い論理で魅了し結果いつも裏切るんですこれらのものは私たちを洗脳しますしかし私たちが陥りがちな洗脳の罠とは意外に単純なんですただ単純ながらもその仕掛けがあまりにも大きいため一度ハマると抜け出すのに大変なんですその和田はあらゆるメディア教育他人の嵐常識などによって私たちを絡め取ろうとしてますそして最後は自分自身の考えが自分を洗脳し始めその虜になってしまうわけですとにかく私たちはこうした洗脳の罠から抜け出せなくてはならないんですそれが自分の人生を本当に選び取る第一歩となるからですでは2件では信仰や洗脳から自由になるために私たちは一体どうすれば良いのかということについて考えていきたいと思いますその前に一言の内容をサクッとまとめておきましょうかポイント市信じる者は救われないなぜなら何かを信じた瞬間にあなたはコントロールされる側に回り自分の人生を自由に生きることができなくなるから信じるものほど盲点が産まれ簡単に騙されてしまうからであるポイントに多くの人が信じている国も国が国民のために何かをしてくれたことなど一度もないということはちょっと歴史を振り返れば分かるはずだ国民の期待は常に裏切られいつのまにか政府のやりたいほう 三徹世の中になっているがマスコミや教育が巧みに国民の印象操作をしているため国民はそれに気づかないそれでは次に言で進行から自由になるためにどうすれば良いのかということについて解説していきたいと思いますさてこれまで信じても救われないから信じることをやめましょうありとあらゆる洗脳から自由になりましょうということを解説させてもらいました2件では信仰や洗脳から自由になる方法をお伝えします一言で言うのならそれは恐怖のアンカーを外すことでございますまあこれだけ言われてもねピンとこないと思うのでこれから深掘りして解説していきましょうかさて私たちが日常的に行う様々な無意識の選択と行動を本当に自分のためのものに変えるための方法は理由をはっきりさせてそれを主体的に選び取るしかないんです要するに本当にやりたいいいことだけをやるということでございます苫米地さんが本当にやりたいことだけをやりなさいと言うとそれを聞いた人たちの中に必ず本当にこれがやりたいことなのかどうか確信が持てませんという人が現れてきます特にその仕事が本当にやりたい仕事かどうかという問題に直面した際などに自分の本心がにわかに分からなくなる人が多いようです本当にやりたい時をやっている時人間はハッピーな気持ちがするものでございますその意味で本当にやりたいことかどうかの判定は頭でしようとしてもなかなかできませんやってみてこれだと感じることが大切なんです楽しいワクワクするということがその人にとっての本当にやりたいことなんですとは言えこれを聴いている皆さんは仕事でも日常生活でも楽しいワクワクするということがあるでしょうか悲しいことにないという人が圧倒的に多数を閉めているわけです私たちはまだ年端もいかない幼少の頃から実は強烈な洗脳を施されています親や学校の先生に聞かされてきた世間的な考え方や常識がそれでございます親や学校の先生も彼らの親や先生から同じように洗脳されておりそれが現代にまで繰り返され権力者に都合のいい選択と行動を個人に取らせる社会という形で結晶していますとすれば私達を無意識にコントロールしている洗脳の競技は文化という社会の土台にまで埋め込まれています古今東西の文化は必ずまずは宗教の次に宗教を利用した政治権力の苦しめ貧しくなれという教えが色濃く反映されているんですその意味では自分が本当にやりたいことをやり誰かにやらされていることを退けることは口で言うほど簡単ではありませんだからこと本当は苦しいことをやり続けているのにそれさえもわからなくなってしまっている人がたくさんいるんですそれを覆すために皆さんは自分の中に埋め込まれた恐怖というアンカーを取り除かなければなりませんところで洗脳技術の世界では人間の恐怖を操ることが一番の基本です言うまでもなく恐怖というのは人間にとって最も強い超どうでございますそれを感じることができなければ昔の人々は外敵から身を守ることも危険な場所を避けること持って来ません何かのきっかけで強いという強烈な情動が引っ張り出されることによって人は一目散に逃げたり火事場の馬鹿力を出したりできるんですおよそありとあらゆる動物は恐怖を感じることになしに種を保存することはできなかったでしょう生きながらえるために私たちが最も必要とした超動画洗脳に都合よく使われるという事実は実話おいのほか申告でございます例えば上司や取引先から理不尽な要求をされた時に私たちは普通申し出を断ったらまずいかもしれないなぁと考えると思います上司に逆らえば人事評価が下がるかもしれないしそれが下がれば当然ボーナスの査定や昇給に影響するでしょう取引先に逆らえば取引がうまくいかなくなるかもしれないしそれによって人間関係がギクシャクすれば営業成績だって下がってしまうでしょうそこで申し出を断るのはやめようと考えたとしてもそれはそれで正しい判断でございます恐怖にはいわれのある恐怖と言われのない恐怖があり UR のある恐怖というのは個人がリスクのことですリスクに対して恐怖を感じることは何も悪いことではないんですところが相手の理不尽な要求をどう処理しようかと考えている時に私たちはテレビで流される占いで他人の意見に ないことが吉だと耳にしたりそういえば今年の運勢は良くないと知り合いに言われたなあと思い出したりしますもちろんそんなことに強い恐怖は感じませんがそれは必ず私たちの選択に影響するんですどのように影響するかといえば自分の選択ではなく他人の選択で物事を決めるようになるんですテレビや知り合いがそっと教えたこうしたほうがいいという価値判断によって自らの選択と行動を制約されるわけです他人の選択に動かされる人は失敗するとそれを他人の責任にしてしまいます当たり前のことですが洗濯をする際に誰かの主張に従ったとしても本来はそれは自分の選択であり結果に対しても自己責任のはずですところが他人の価値判断を受け入れることになれっ子になっていると自分が悪かったという意識さえ働きませんつまり主体性というものを失ってしまうんですいやーほうほうなるほどねちょっとね話が難しくなってきたので一旦整理しておきましょうかまずね信仰や洗脳から自由になる方法は恐怖のアンカーを外すことであるということを押さえておいてくださいなぜなら洗脳技術の世界では人間の恐怖を操ることが一番の基本だからでございます恐怖というものを利用して私たちは洗脳されているわけですアンカーとは怒りという意味で埋め込まれたちょうどそのもののことを指します洗脳から自由になるためにはこの恐怖のアンカーを外す必要があるんです恐怖のアンカーを外すと言うと何やら難しそうに感じますが実はアンカーを取り除く方法の本質はすごいシンプルでズバリになれることでございます筆者が主催する苫米地ワークスではかつてこんな課題を出したことがあるそうです家の仏壇にある先祖の位牌をクラスに持参してそれを全員の目の前で破るいやこれを聞いてねなんてことすんだよと思われる人いると思うんですが著者の意図は全員が例外なく囚われているいわれのない恐怖を取り除き自由になるための一歩を踏み出させることにあるんです苫米地さんに言わせれば位牌はただの板ですいた終わったところでバチがあたるわけではないし死んだ親への敬意が疑われるはずもありません第一インター終わるだけのことですからそんなことをしても大丈夫なのかという認識そのものが全くの間違いでございます最初こそ強い抵抗感を持つかもしれませんが一度買ってしまえば抵抗感は徐々に薄れていきます位牌終わっても死んだ親に対する自分の思いは変わらないしそれ自体に何の意味もないということも分かってきます両親が健在なら祖父母の位牌を終わりましょうとまみさんは言うんです仏壇に収められた位牌という位牌を一つで通話ってしまうんですそもそも仏教の教義に位牌を作らなくてはならないなんていう教えはないんですよですから釈迦が教えた本来の仏教に立ち返るという点でも違反に対するいわれのない恐怖を壊すことはむしろ賞賛されるべきだとで苫米地さんはおっしゃっておりますもうひとつのとまめ子さんのおすすめは墓地で一夜を過ごすということでございますここで大切なのは怖いと思っていたけど怖いことは何も起こらなかったねという体験をすることなんですそのため横になることのできるシートやに寝袋を持って例えば東京の青山の墓地で行きますんです墓石に囲まれてまんじりともせずに時間を過ごすわけでございます最初はたぶん怖いと感じるはずです何かの気配がしたりぼーっとした火の玉が辺りに浮かんだりすることもあるかもしれませんしかしそうした現象は全て幽霊とは関係ありません幽霊などそもそも存在して以来しまして死者が蘇るということもありません何かの気配がしたならそれは夜行性の動物がうろついているだけのことですし火の玉が出たとすればそれは何かの拍子に鈴が燃えているだけのことです二度三度経験していくと墓地で一夜を過ごす恐怖心はどんどん和らいでいきますそうやってなれることで恐怖のアンカーを取り除いていくわけでございます最もこれを聞いている皆さんの中にはいはい終わることもぼっちで一夜を明かす事も自分には到底できそうにないという人がいるかと思います本人はあまりにも強い恐怖心や抵抗感がありどうしてもそれはできないと思ってしまうわけですしかしそれは思い込みに過ぎません例えば医大に入学して初めて解剖に立ち会いあまりの生々しさに卒倒してしまった学生でも1年経ち2年経つ家に特段の抵抗もなくメスを入れることができるようになります 埋め込まれている大抵の恐怖体験は慣れることによって克服することができるわけなんですですから慣れることによって恐怖と不安感を取り除いていくことが重要になってくるわけなんですそれが洗脳から解かれ信仰から自由になり自分で人生を歩むために必要なことでございますさて皆様は今どんなことに恐怖を覚えているでしょうか位牌を貼るとかぼちに泊まるという例は少しで過激かもしれませんが皆さんが感じている恐怖も結局行ってみてなんだたいしたことないじゃんと思えることが重要なんですそうすることによって慣れることで今まで感じていたいいわれのない恐怖のアンカーが外れるからでございます例えば今までは会社に勤めていて会社から給料をもらうことが安定であり会社を辞めて独立するなんて考えられない恐ろしいと考えていた人でも林さん独立支店何年か経つと次第に慣れてきたりするものです独立なんて怖くて数年前はも考えられなかったという人でも結局行ってみればなれるんですそして筆者は恐怖というアンカーを克服した先には本当の幸福があるといいます埋め込まれたいわれのない恐怖というのは一つ取り除く事に成功するとあれもそうだしこれもそうだと言った具合に連鎖的に消えていきますまるで憑き物が落ちたように人間が変わったという表現が用いられるようにつるべ落としで取り除かれていくんです人間はそう簡単には変われないよという考え方もありますがきっかけさえつかめことができれば必ずしもそうではないわけですその憑き物が落ちた先にあるのは本当の自由を実感する実に豊かで心地よい世界です自分にできることもグンと広がるでしょうそれまでは恥ずかしくて出来ないとか許せないとしてあたかも昔のように捉えていたことが実は価値があり確かな輝きを放っていることに気づくに違いありません苫米地さんは人間に幸福というものがあるとすればこのような境地に達することだとおっしゃいますもちろんその先やそのまた先にはもっと豊かな広がりがあり最後には時間も空間も子も西も超えた悟りの世界に行き着くはずです人間は生きているからこそ意味があり死んでしまえば意味がありません死を恐れる気持ちを理解できないではありませんがそれを恐れ死んだ後のことを考えることにも意味はないんです生きているうちにどうすればより良く生きることができるか私たちはそれだけを考えて生きていくだけですだからこそ生きていることがより楽しくハッピーに感じられるようになるんですそれではちょっと逃げの内容難しかったですよねこの辺でまとめておきますかポイント市新紺屋洗脳から自由になる方法は恐怖のアンカーを外すことであるポイントにアンカーを取り除く方法の本質はシンプルでズバリになれること位牌を終わる墓地で一晩過ごすなどして慣れることで恐怖のアンカーを取り除いていこう埋め込まれたいわれのない恐怖というのは一つ取り除く事に成功するとあれもそうだしこれもそうだと言った具合に連鎖的に消えていくポイントスタンプなれることによって恐怖と不安感を取り除いていくことが洗脳から逃れ新港から自由になり自分で人生を歩むために必要なことであるそれではラスト3件でやりたいことをやらなくてはいけないということを解説していきたいと思いますさて3件1件2件とは少し話題が変わります3件ではやりたいことをやらなくてはいけないんだということについて熱く解説していきたいと思います人間はやりたいことをやらなければいけないんだと苫米地さんは言うんです本当にやりたいことをやって得た結果は全てが素晴らしい結果です仮にそれが他人の評価を得られない結果だったとしても自分がやりたいことをやって得た結果お参りして本人はこの上ない満足を感じるに違いありません実は他人の価値を受け入れている大多数の日本人は本当にやりたいことをやって結果を得るという経験を一度もしたことがありません自分がやりたいことをやっていると思っていてもそれは誰かの価値観に従っているだけであり本心からやりたいことをやっていないんです他人の言うことを聞き他人の価値観を受け入れ他人と同じ条件付きの幸福を置い大多数はこれといった記念さえ持たずにこの世から消えていきますだとすればいったい何のための人生でしょうか自分が本当にやりたいことに気づくことは人生の大問題ですそれを知るためにはやるべきことは一つですそれは他人の価値観を強制しすり込むテレビを見ないこと私たちの価値観はそのほとんどをテレビメディアが作っているからでございますもちろんテレビはその一方で私たちに幸せになりたいと他人にすがることをも教えています これをたつんですテレビが見せる情報テレビが言う情報を遮断すればほんの数ヶ月で他人の価値観に対する関心の度合いはものの見事に薄れていきますテレビが履く嘘の数々にも気づくことができるようになります目の前で繰り広げられている現実だと思ってきたものが全くの作り事だったということにも徐々に理解できるようになるでしょうそしてそのうちに必ず自分が本当にやりたいことは何なのかがはっきりと分かるようになるんです人間はやりたいことをやらなくてはいけません逆にやりたくないことをやってはいけません苫米地さんがこのように述べると必ず無責任だと批判する人が出てきます特に苫米地さんが子供たちにこの事を教えるとそんなことを言うと子供がやりたくないことをやらなくなると親御さんが心配しますしかしやりたいことだけをやるということは極めて重要な選択の基準でございますやりたいことだけができる人は自分に自信がみなぎるしその結果についてもはっきりと責任を持つことがあってきますなぜなら人間自分が強くやりたいと思うことはどんなときもうまくに成し遂げてしまうからでございます逆にやりたくないことをやっていればどんどん自信を失って結果についても責任を持てなくなり他責思考に陥ってしまいます人間はやりたくないことはいくらあがいても上手くに成し遂げることができないように作られております苫米地さんはやりたくないことをやっている人のことを奴隷と呼んでいるそうですつまり奴隷とは最後の最後まで自分が本当にやりたいことを見いだせない人なんです皆さんも自分が本当にやりたいことだけをやりましょうそうすれば喜びは常に私たちの手の中にあるんですそれでは3件の内容をまとめておきますポイント H 人間はやりたいことをやらなくてはいけない他人の価値を受け入れている大多数の日本人は本当にやり言いたいことをやって結果を得るという経験を一度もしたことがないポイントに自分が本当にやりたいことに気づくことはとても大切それを知るためには他人の価値観を強制しすり込むテレビを見ないということであるそれでは本日のハイライトリーム参りましょうか1件で信じる者は救われないということに選んで信仰から自由になるために3件でやりたいことをやらなくてはいけないということを解説させてもらいましたさて皆様いかがだったでしょうか本日はなかなか難しかったと言うか人生について考えさせられるような内容でしたね苫米地さんの方はいつも人生の価値観を揺さぶってくれるので私は大好きでございます今回の動画をきっかけにして皆さんも自分は何かを盲信していないかそのために不自由な人生を送ってはいないか本当に自分がやりたいことをやるためにはどうすれば良いのかということに少し思いを馳せてみてはでしょうか本日は以上になりますこの動画がためになったという方は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンとチャンネル登録どうぞポチッと宜しくお願い申し上げますまた新しく論文から私たちの生活を豊かにしてくれる情報を引き出してわかりやすく解説するという論文解説チャンネルの方も立ち上げておりますので興味のある方はそちらも概要欄のリンクから訪れてみてくださいまた新しくね残酷すぎる世界の真実を開設するという面白いチャンネルもやっているので興味のある方は概要欄のリンクからチェックをお願いいたしますそれでは本日はご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事