【おすすめ書籍】『「理不尽」が多い人ほど、強くなる。(中谷彰宏[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『「理不尽」が多い人ほど、強くなる。(中谷彰宏[著])』の紹介理不尽なこととの出会いがなくなることは障害ありませんチャレンジしている人ほど理不尽なことにあう確率は高くなりますしかしそれで良いのです陸人は沢山経験するべきなのですから皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美でございます今回は著作家俳優講演活動家の中谷彰宏さんの理不尽が多い人ほど強くなるを解説していきたいと思います早速本日のお品書きは次の通りです1件で大人のルールを見抜けていますかということを2件で理不尽の原因を作っているのはあなたであるということを3件で理不尽を経験して自身に帰るということを解説していきたいと思いますそれでは早速一幻の大人のルールを見抜けていますかから解説をスタートしていきましょうか私たちは小学校で理不尽法を教わります人はロジック物事の筋道のことです逆にこうでは教わらないロジックのことをリ夫人と呼びます社会に出ると理不尽なことがたくさん起きるじゃないですかしかしそれは誰も学校で教わらないので文句を言いたくなる人がたくさん出てくるんです彼らは何かあるとすぐ理不尽だと愚痴るんですですがこれは小学校で教わったルールと違うじゃないかと怒っているのと同じような事なんです社会ではそんなルール聞いていないは基本通用しません社会のルールはその場における暗黙の了解があり自分で学んで行かなければいけないものになるんですですからほとんどの人は人生で一番の衝撃は20台で起こるんです20代のうちに理不尽経験をたくさんしておくのは良いことであると著者は言うんですりふじんに入って良い社会のルールは自分で見抜いていくしかないんだなと気づけた人は理不尽が理不尽でなくなっていくんです30代40代になっても小学校のルールのまま逃走嘔吐しているとしんどい思いをするばかりなんです生きていく上で理不尽を完璧に回避するなんていうことはそもそも不可能でございます日々様々なシチュエーションにおいてこんなの理不尽だとストレスを溜めてしまいがちな人はこれから私と一緒に勉強していきましょうもっと気を楽に心穏やかな毎日を送れるようにですさてみなさんこんなセリフを耳にするのは日常茶飯時ではないでしょうかそんなの当たり前じゃないのこれは理不尽だと朽ちる人の口癖です例えば当然やってくれるだろうと思っていたことを部下がしていなかった時にどうしてしないんだ人としてやるのは当たり前だろうと言うんですしかし考えてみて下さい当たり前って何でしょうか当たり前は今ここ私にしかないことです目の前の人物やその人の少し隣の空間には別の当たり前があります100人いたら100通りのあたりお前があるんですりふじんだと愚痴る人はそのことに気づいていないんです自分の当たり前は世界共通の当たり前だという思い込みを辞めない限り理不尽は生まれ続けてしまうんです今の子はこんな当たり前のこともできないなんて言葉もたまに聞きますがその灯前も自分だけの当たり前なんです自分も他の人から見ると出来ていない事だっていっぱいあるでしょうそしてできていないことを寛大に見逃してもらっていることに気づいていないんですりふじんだと愚痴らないためにはどこか自分もできていないことがあるんだということを忘れないことです当たり前以外だとそんなことは一般常識でしょうとか常識的に考えてと言った言葉がよく使われる理由なんですが常識だって不変のものではございません常識が通用するのは今この瞬間この場所の自分においてのみです道徳も同じです会社ごとに道徳は変わってきますあの会社がしていることをひどいというのは自分の会社の道徳に照らし合わせてよその会社の商習慣を非難しているだけに過ぎないんです自分が正しくて他者が間違っているという考えがクリ同士で起こると戦争になります人間同士では理不尽になります私はこんなに頑張っているのに何で他はやっていないんだと一人でイライラし自分自身の心が消耗していくそうならない為にも当たり前は1人1人違うんだということに早く気付くべきなんです当たり前も常識も道徳さえも一人一人違うんです世の中が結局格差社会だよねこれも理不尽だと愚痴る人が言いがちな言葉でございますしかしこれは物事を一面でしか見れていない証拠でございます例えば給料格差があると言っても仕事の価値は給料だけでは決まりません仕事の面白さやりがい 自分の強みとなる技術を得られるなど多くのものさしで見ていくと格差などなくなります格差はお金だけに置き換えるものではありませんお金持ちでない方が有利なことだってあるんです例えば財産没収となった時はお金持ちの方が損ですよねそしてお金持ちは税金もたくさんかかりますかくさという形違う宿を見つけていくことが重要なんですそして優しくしてあげているのに感謝がないし褒められないと文句を言うのも理不尽だと愚痴る人です理不尽と騒ぐのは誰かに注いだ愛情の見返りがなかった時です例えば自分がプレゼントしたものが部屋に飾られていないと不安になります自分が送ったネクタイが使われていないと不機嫌になります自分の好きなもの素晴らしいと思うものを送ってもその家のトーンに合うとは限りませんし者には好みがありますどんなに高いものだって好みに合わないものを部屋に飾る使うといったことはなかなか難しいでしょう理不尽だと愚痴る人は人の世話を焼いたり紹介してあげたりプレゼントをすることが好きですそう聞くと一見いい人に見えるんですがその人たちは愛情を注ぐことが好きなのではなく愛情に見返りが帰ってくることが好きなのです重要なのは人に何かをする時は感謝を期待しないということなんですまた習い事でも似たようなことが言えます理不尽に弱い人は習い事自体が好きというより習い事で上手になって褒められるのが好きなんですいくらしても上手くならないと悩んで切磋琢磨する人は上手くなるのが好きな人で習い事すること自体が好きというわけではない例えば編集者に憧れていた人が無事編集者になったとしましょう本来はこれで完結するんですが何でこんなに給料が安いんですかと言った瞬間塾が連れて行き行く行く編集者の仕事を辞めることになってしまいます少なくと ございます理不尽だと愚痴る人は怒れば解決すると思い込んでいるため怒りを一人ぶつけることで解決しようとしますしかしそれでは物事は解決するどころかむしろ悪化してしまうんです赤ちゃんの間は泣けば何とかなったわけなんですがいい大人がれ同じ事したって逆効果なんです大切なのは理不尽なことに入って行った時にそれを好転させる手口を試行錯誤しながら身につけていくことでございますこれが社会で大人として学ぶべきことなんですそれは決して怒りなんかじゃないまた理不尽なことをいかに避けるかということでもない前の道が広がるか下がるかは自分の対応次第なんですね不尽なことに入って行った時に大人の対応の出来る人になりましょうそして理不尽だと愚痴るということ自体印象良くは聞こえませんが決してその人が悪い人だということではありませんむしろ実際はいい人でし加減な人でもありません実際は几帳面で真面目で優等生で律儀だったりしますですから真面目であるがゆえに力の抜きどころが分からなかったりするんです例えばある真面目な人が病院で検査をして病気が見つかったとしましょう肺がんが見つかりましたお医者さんから手術しましょうと告げられ何故だどうしてなんだという言葉が漏れますそれは理不尽な感情から出た言葉です私はタバコを吸ったこともないのに何で肺がんになんかになるのかタバコをスパスパ吸っている友達は元気なのになんで私なんだうちは癌家系じゃないのに病気の発症はショッキングなことですから理不尽だと思いたくもなりますが捉え方を変えてみましょうお医者さんが手術をしましょうというのは手術をしたら直る可能性があるからに他なりません手遅れだと手術を勧められませんそして手術はお医者さんにもリスクがあるのに他の病院へ当たってくださいとも言われなかった実はこれは恵まれていることなんですその後手術を受けることを決心した真面目な人はこういます手術をします私は手術の前に何を頑張ればいいですかと真面目なタイプは常にどこで力を入れればいいかということばかりを考えていますつまり理不尽だと騒ぐ人は頑張ることばかりにフォーカスしうまく力を抜くことができません人の力を借りないで自分だけで何とかしようとすることが理不尽感を強めているんですこの場合手術までに何を頑張ればいいかではなく手術が終わったらこんな楽しいことをしようと考えてみるのはいかがでしょうかそう考えると余計なことを考える必要もないしリフジンとは何の関係もなくなるんです頑張るのは手術をするお医者さんなんです自分の力だけで何とかしようとせずにプロがいればちゃんとプロに任せましょうさて少し話題が変わりますが世の中にはお客様は神様ですという言葉がありますよねこれはサービスを提供する側が使う言葉でお客様が使用することではありませんが自分はお金を払っている客なんだ神様なのだから全ての事をしてくれるはずと思い込んでいる人が世の中にはいますその人はして欲しいことをしてもらえない時に理不尽だと騒ぐんですそのスタンスは結果として嫌われまし本人がお店があり理不尽な思いをさせているということを分かっていないのは問題です誰の立場の言葉なのかということをしっかりと理解することは重要ですお客様は神様ですという言葉自体はサービス再度が使うのであれば間違ってはいませんとはいえこの言葉があることによりお客様は私は神なんだと勘違いしてしまうんです社会が進歩して便利になればなるほど同業者による競争が起こりお店側生き残るために客様を神様として扱う方向に引っ張られてしまいますお客様のために設けたポイント制度割引制度値引き制度特典などが勘違いを生むんですサービスとして値段を下げたとしてもそれが普通になってだんだん下がってくる感がなくなってきます本来お店とお客様は対等な関係なのだということを忘れずに自分がお客様の時ほど腰を低くして行きましょうそして社会が進めば進むほど安くて便利が基準になっていきます主に日用品は工業化が進めば進むほど値段が安くなって行きますよねそれを当たり前だと思ってしまうと人は全てにおいて安くて良いものを求めるようになる為理不尽感もどんどん大きくなります安くて良いものを求めて何が悪いのか問題は職人の仕事に敬意が払えなくなることです例えば鍵をなくして鍵屋さんに鍵を開けに来てもらうとしましょう5分で鍵は開き 高いと不安に思う人は鍵屋さんの熟練までにかかった期間のことを考えていないんですコンタクトレンズなんて原価は宝が10円だろうとかこんなに行列ができているラーメンでも喧嘩はしれていると文句をいうような人は開発にどれだけの時間がかかっているかを考えもしません自分で同じものを作るとしたらと考えるとそれがどんなに大変で面倒くさく自分には不可能なことかが分かるでしょう安価なものには厳しい評価を下し高価なものには知識もないのにひれ伏す貼られている値段でしか物の価値を見いだすことができないと理不尽感は増していくばかりなんです本来安くていいものはないものはそれ相応の値段がする大変な期間をかけて完成させた物やサービスを提供してくれている人たちに感謝を忘れないようにしましょうそして理不尽だと騒ぐ人は日常のちょっとしたことで私は運が悪いと言います順番を抜かす慣れるとか呼ぼうと思ったタクシーを上流で奪われるとかそんなことです不安なことは金よりも印象が強くてダメージも大きいですからよく覚えているものです例えばラーメン屋で早めに並んだのに順番を抜かされたダメージが10だとしたら自分が早く並ぶことができた喜びは1です本来は一対一のはずのことを一体中ですそんと感じるんですこのようにふうは過剰に感じるんですこれが理不尽の元となっています一方で運がいいことは自分の実力と考えるので幸運についてはスルーしがちになります急いでいる時にタクシーがすぐに捕まるとそれはかなり幸運ですよね都会の電車に慣れている人は地方に行くと電車が少なくて驚くと思いますが都会が多すぎるんです一本逃してもすぐにまた来るのは幸運なことなんですりふじんに強くになるために大切なのは目立たない幸運にどれだけ築けるかでございます暮らしが便利になればなるほど少しでも不便なこと面倒くさいことがあるとそれを踏んと感じてしまう今まで幸運が多すぎた人は糞を強く感じますそういう意味では幸運が多いことは結果として済んだんですフーをたくさん経験している人の方が小さなことでも幸運だと気づきコーンをたくさん味わうことができるので結果としては得であると著者は入っていますでは2軒の最後にね負けた理由をルックスに求めるなという話をしていきたいと思います自分も同じぐらい仕事をしているのになぜ同期のあの人がプロジェクトリーダーになって私はその1スタッフなんだ結局はルックスなのかと文句をいう人そう考えるのは理不尽に弱い人なんですそれが真実かどうかの問題ではなくあの子がリーダーになるということは顔だなと考えた時点で人は反省をしなくなりますうまくいかない時にはか安い理由を探し自分には何が足りなかったかを考えないまたルックス以外にも例えばあの人にはセンスがあるからと負け惜しみを言う人がいます理不尽に弱い人は先天的なセンスでうまく行く人と行かない人が事前に決まっていると思いたいのです運命は与えられるものではなく後天的に自分で作るものですそう思っていればうまくいかない時に自分には何が足りなかったんだろうかと常に反省することができる理不尽を乗り越えていける人はある人がしていて自分がしていなかった何かがあるはずだと気づくことができて成長や進歩を得ることができるんですなぜ負けたのかその理由を分析するとそれは言っこれはありませんいくつものところで負けています理不尽という人はそれをしたのにうまくいかないと負けた原因甥っ子に絞ろうとしますこれはまるまるダイエットと同じです。まるダイエットはまるまる溝うーんをコロコロ変えますが一つを徹底することだけを考えるからうまくいかないんですダイエットは食事の他にも適度な運動や十分な睡眠などたくさんの要素が合わさって初めて成功するものですリー夫人に強くになるために物事の一部分ではなく全体を見た上で負けた理由に立ち向かっていきましょうそれではこの辺で2件の内容をまとめておきたいと思いますポイント市理不尽なことにて行った時には怒りをぶつけるのではなくそれを好転させる手口を試行錯誤して身につけていこう大人の対応ができるようになるとその後の事態が好転していくポイントに今まで幸運が多すぎた人は小さな幸せに気づかずフーを強く感じる一方ルーンをたくさん体験している人の方が幸運をたくさん味わうことができる糞をたくさん体験していることは実は得なのであるポイントさんうまく 反省せず実力ではなくルックスで負けたとかそもそも備わった選手が違うから仕方がないとわかりやすい理由理由理由を探す癖がついていると理不尽を乗り越えることができず成長することができない本当の負けたんで言うに立ち向かおうそれではラスト3件で理不尽を経験して自身に帰るということを解説していきたいと思います理不尽とは物事の筋が通っていないことのはずですが実際に理不尽だと愚痴を言う人はラーメン屋さんで順番を抜かされたと怒っている人ですしかしそれは自分が他人と比較して損害を被ったことに対して理不尽と言っているしかしもし仲の良い店員が気づいてくれて自分だけこっそり早く案内してくれたとしたらその時は理不尽とは言わないで運がいいと解釈しますよねリ夫人とはそもそも自分勝手な発想なんです損をしたと言うとみっともなく聞こえるので理不尽だといいかいてなんとなく筋道が通っているようにしているだけに過ぎません正義を振りかざしたところでラーメン屋さんで順番を追い越されたと怒っているだけなんですまずはそこに気づくことそしてそこでお先にどうぞと思えるようになると心のキャパと器が少し大きくなりますりふじんをもとにメンタル力が強化されるんですこうして沢山の理不尽を乗り越えていくとどんどん強く寛大になっていくことができます先ほどのラーメン屋の例もストレスがイラッとしたけど切れなかったという体験を持つと理不尽に強くなりますなぜならきれずに感情をコントロールできたことで自信がつき自己肯定感が上がるからですここは普通は切れるとこだったけど切れなかったねという体験をどれだけ持てるかがカギです勘違いしないでいただきたいのは自分の感情をコントロールするとは起こらないことではありません怒ったっていいんですしかしその場でブチギレる人はあり仮に自分が振り回され我を失っている怒りが主人で自分が手下になっている状態なんです怒りは強いエネルギーなので途切れは何かを生み出すエネルギーにもなります怒りをバネに自分磨きに専念し目的を達成したというような話をよく聞いたりしますよね著者の別の作品である濃厚初サラリーマン VS 狩猟はっサラリーマンという本は著者がサラリーマン生活に対して持った怒りを元に生まれたそうです机を叩き割る代わりに書いたほう上司を殴る代わりに本を書いて進んだと著者はおっしゃっています怒りのエネルギーを机や上司に当てるのではなく本を書くことで消化する怒りの感情をコントロールしそれを利用して本を一冊書き上げたということでございます怒りを我慢し続けるとどこかで爆発が起こります怒りは抑え込まず常にコントロールすることが大切なんですか音声をコントロールするべきなのはネット上でも同じです思ったことを全部即口にしていくのがあの世界の特徴です腹立たしい情報を目にしてこれは一言言ってやろうかなと思ったとしても一旦待ちましょうムカついているときはだいたい視野が狭くなってしまっていますし感情的になりやすいんです何と言うかこれは静観すべきかそのように言ったんおくと周りが動きますそして次の瞬間には冷静さを取り戻されているはずです思ったことをすぐに口にしないことで物事を引いて見ることができます感情のままに口を突っ込まず踏みとどまることができた自分に成長を感じることもできるでしょう私たちが自信を持つ時は自分で何かを達成したとか人から褒められたと言った瞬間だけではありません実は人を褒めている時こそ相手を良くする以上に自分の自己肯定感が上がっているんです勝敗で考えると米 L の1だけですしかし自己肯定感で考えると褒めている母の気分が良くなるんです例えば訪問したレストランが昭和感満載のお店だった時に古いねと言うかレトロな雰囲気でいいねこういう良さは誰かが残しておかなくちゃいけないねというかで自分の気分が変わるんですまだ理不尽に強いと当事者意識で考えることができるようになります無謀なチャレンジをする人に対して無謀だからやめなさいではなく偉いなぁこれは自分にはできないと言ってあげることができる自分がこの挑戦をするかしないかの選択を迫られたらできないあなたはすごいなあそんなふうに思うことができます当事者意識の人は自分の問題として考えるので何事も応援してあげたいという気持ちになれるんです人を褒めたり応援するような言葉が自然と出てくるようになるとあなたは強くなれますリ夫人とは自分のコンフォートゾーンつまり居心地 抜け出したところで感じるものですその像を狭めていくとあらゆることをリ不尽に感じてしまうようになるんですそうならないためにも理不尽は多く経験する方が良いのです陸人は人間のキャパを大きくしてくれる理不尽を感じているということは自分の世界がどんどん広がるということなんです自分のキャパシティーを広げていくと面白くないものをおもしろく感じたり楽しみ方がわかるようになるため例え理不尽に感じる状況でも物事を良い方向に導きますりふじんをちゃん3自分のキャパと器を大きくしていこうではありませんがそれでは3件の内容をまとめておきたいと思いますポイント市理不尽に弱い人は他人と比較して自分に損害がある出来事をリ夫人と呼ぶ自分がそのようにしていなかったかまずは振り返って確認してみようポイントに友人を感じたらその場で相手に怒りをぶつけるのではなく怒りをうまくコントロールしよう切れてもおかしくない場面で切れなかったという経験は自分の自信につながるポイントおっさん人を褒めると自己肯定感が上がる素直に人を褒めたりチャレンジしている人を応援するような言葉を自然にかけられるようになろうそれでは本日のハイライトに参りましょう1件で大人のルールを見抜けていますかということを2件で理不尽の原因を作っているのはあなたであるということを3件で理不尽を経験して自信に帰るということ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事