【おすすめ書籍】『西洋医学の限界 なぜ、あなたの病気は治らないのか(岡部哲郎[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『西洋医学の限界 なぜ、あなたの病気は治らないのか(岡部哲郎[著])』の紹介西洋医学には限界があります頭痛がしたら痛み止めを飲み血圧が上がったら降圧剤を服用し冬場が近づいたらインフルエンザワクチンを打つことを辞めないだからあなたの病気は治らないのです皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの雄叫びでございます今回は医師であり東京大学大学院理学部客員研究員の岡部哲郎先生のなぜあなたの病気は治らないのか西洋医学の限界を解説していきたいと思いますそれでは早速本日のお品書きは次の通りです1件で医者はあなたの病気を治せないということを2件で医者はこれらの病気を治せないということを3件で病気を治すのに病名は必要ないということを解説していきたいと思いますそれでは早速1件の医者はあなたの病気を治せないから解説をスタートしていきましょうか年をとっても若々しく健康で綺麗で着るだけで長生きをしたいそんな願望をお持ちのあなたに朗報でございます適切な漢方薬を服用していれば老化のスピードを抑え健康体を維持することが可能ですさすがに振ろうとまではいきませんが何もしないよりも西洋医学の薬を飲み続けるよりも漢方薬を選び取り入れることで長女とアンチエイジングの実現に近づくのですまず老化現象のスタートというのは老眼が始まる時だとお考え下さい早い人だと40代を迎える頃から老眼の症状が出始め近くにある物が見えにくくなってしまいます以後心臓や銀杏など大体10年周期で他の内臓の機能が弱まっていき肺のそして最終的にすべての内臓の機能がダウンしますそうして人は老衰に至るわけですですから長生きをしたいのならば老眼になったことを自覚し始める前から積極的にアンチエイジング対策をとることが必要です放っておいたらあっという間にどうかというのは進んでしまうんです老化防止のためにまず意識していただきたいのは脳の老化を抑制するということでございます脳は全ての内臓をコントロールするという役割を担っておりますからもうがおかしくなっちゃうと同時に内臓もおかしくなってしまうからでございます特に危険なのは精神安定剤を飲んでいる人です精神安定剤というのは脳の働きを抑えてしまう作用がありますから寝たきりや痴呆症になりやすいんですそうならないためには頭の体操をして脳を活性化させなければいけませんまたそれに加えて脳のエイジングをブロックしてくれる漢方薬に頼ること持って行きます西洋医学の薬はどこかが悪くなった時に飲むものですが漢方薬は健康尻に飲むことによって機能の向上やサポートの役割も私てくれるんですありがたいことに脳以外にも心臓いちょう杯筋肉骨など体を構成するあらゆる臓器や組織の老化を抑えてくれる漢方薬が存在するそうです老眼の他にもう一つ代表的な老化現象として挙げられるのは血管の老化でございます皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか五十歳を過ぎたあたりから血管のんだいぶに血栓ができやすくなりますその結果血管が細く狭くなり詰まりやすくなってしまうこれがいわゆる動脈硬化でございます動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞に直結するためほったらかしにしてはなりませんしかし安心してくださいこの血管の老化に対しても効果的な漢方薬があるそうです血管内に分泌されるタンパク質分解酵素を増やしてくれるもので五十歳を過ぎてからそれを飲んでいれば血管障害を伴う病気にはまずにならないと言われていますこれらアンチエイジング系の漢方薬は個人個人の身体の状態に合わせてた種類の生薬を組み合わせて照合されますですから原則オーダーメイドとなりますので興味のある方は漢方内科や漢方薬局で相談してみて欲しいと思います漢方薬はもちろんアンチエイジングだけではなく病状の改善にも効果がありますさすがに万能ということはできませんが西洋医学の薬では対処しきれない病気を治すことができます漢方薬を飲み続ければ不調だったことがまるで嘘だったかのように体が元気になることもあるんです一方で西洋医学の薬の目的は痛みを和らげたり体に害を与える成分の数値を下げたり症状が悪化するスピードをを遅らせたりすることですよ来て現状維持なんです西洋医学は対症療法の医療であり根本からその病気を できませんしかも新訳が次から次へと開発されていることを逆説的に考えるとそれまで使われてきた薬は品質的に劣っていたということであり常にベストの薬が作り出せていないということでございますこのような差が発生する要因は医学そのものに対する両者の考え方の違いにあるんです西洋医学の基本スタンスは目に見えるもの数字で証明できるものが全てとなりますですから原因がわからない病気原因が分かっても対処法が確立されていない病気を治療することはできません良くならなくても悪化するのを少しでも食い止められる方法があれば取り入れますそれが薬なんです大した回復効果が期待できずその上副作用のリスクも抱えているのが西洋医学の薬の実態であると著者は述べておりますですからその薬をいくら飲み続けても病気が治ることはありませんこれに対し中国の伝統医学である中医学は年齢や性別体型や体質などをトータルで見てベストな対処法を探っていくということを念頭においていますですから西洋医学では病名のつかない病気であっても対処することができその症状にマッチした漢方薬を飲み続けることで症状の改善を図ることが可能だそうです自分の病気は一生治らない病気だから西洋医学の薬を飲み続けるしかないんだ多少でも体が楽になるし薬を飲むと安心する今日からそのような考え方は改めていただきたいと思います病気を治せない薬を飲み続けるのは百害あって一利なしですあなたの時間お金体力がもったいないです飲み続けて治る薬と治らない薬の選択を間違わないようにしましょうところで病院行ってすごく待たされるなあと思いませんか日本の病院は受付を済ませてから診察にいたるまでの待ち時間が長いことで有名ですさらにそれに反比例する形で診療時間が極端に短いのもったい病院の大きな特徴と言えます現在はネット予約の導入や厚生労働省によるかかりつけの医療制度の普及の促進など待ち時間対策は講じられてきておりますが診療時間の短さに関しては今も昔も同じで変わりません3分診療がスタンダードになっている病院がまだ多いというのが現状ですさてたったの3分で何がわかるというのでしょうか医療の生命線は問診です本気で病気を完治させようと思う医療であればもう身にこそ時間が割かれるはずなんですあなたが通っている病院が3分診療であればすぐに通院をやめ問診に時間をかける病院を探すようにしてくださいと著者はおっしゃっておりますさでたくさん待ってやっと診察してもらったのはいいものの結局病名が分からない原因がわからない特に検査も異常がなさそうだで終わってしまったそんな経験のあるという人が結構多いのではないでしょうか中国の伝統医学である中医学には2秒という考え方があります病名を特定できる病気の発症には至っていないもののその一段階って前で体の調子が悪くなっている状態を指す言葉です見た目におかしくなくても体の調子が悪いご本人がおかしいと感じているのならばどこかにその不調をきたす原因があるんですそれを放っておくと大きな病気につながるリスクもあるので病気の進行を食い止めるために患者さんからしっかりと話を聞き適切と考えられる処置を施すそれが中医学の基本スタンスでございますこれに対し西洋医学には2秒という概念はなく原因がわからなければ病気扱いされませんばかりは検査結果に異常が見られないと病気ではないので安心してくださいと言い切ったりその上さらにとりあえずお薬出しておきますねというような医者も存在しますそのような医者には注意が必要です皆さんがもし漢方薬に興味を持ち正しく服用したいと思ったら漢方外来を掲げているんだいかいか漢方薬局を経営している薬剤師の元を訪ねるようにしましょう西洋医学一本の医者は医師国家試験の際に官報についてほとんど勉強しません一方薬剤師国家試験には漢方に関する問題が必ず出題されますので薬学生たちは西洋医学の薬のみならず漢方薬についてもしっかり勉強しているそうです著者のように漢方を専門にしている医者を除き漢方に関する知識は医者はい薬剤師に遠く及ばないそうですそれでは一見の内容をここら辺でまとめておきたいと思いますちょっと ポイント1若々しく長生きしたい人は老眼になる時期を目処にあらゆる臓器や体の組織の老化を抑える漢方薬や血管障害を伴う病気を防ぐ漢方薬などをうまく取り入れ用ポイントに漢方薬はビデオを含め西洋医学の薬では対処しきれない病気を治すことができる一方西洋医学の薬はよくても現状維持のままであるコイントスさん病名が分からなければ対処できない西洋医学に対して注意額は年齢や性別体型や体質などを考慮した上で患者が訴える症状に合う漢方薬を作ることができるそれでは次に2件で医者はこれらの病気を治せないということを解説していきたいと思いますさて2件では元高血圧コレステロールうつ病の治療に関するお話をしていきたいと思います日本の医者によるこれ前の現場の対処法は最善の方法なのでしょうか皆さんは癌治療と聞くとどんなものをイメージしますが恐らく元の三大療法と言われている抗がん剤放射線治療外科的手術のどれかを真っ先に思い浮かべたのではないかと思います他にも免疫療法や遺伝子療法など様々な治療法が存在するわけですが中でも近年注目を集めているのがホルモン療法と呼ばれるものになりますホルモン療法は性別症状別に応じたホルモン剤を投与することによってガン細胞の増殖を抑えることを目的としており男性の場合は前立腺癌女性の場合は乳がんに対して主に用いられますホルモンと言うと何となく自然ぽくて放射線のような科学的な治療法よりも体に優しそうだと思いませんかしかしね実際は違いますホルモン療法は放射線治療よりもはるかに副作用が多いそうです具体例を挙げだすとたくさんあって長くなりますから代表的なものを二つ紹介しておきます男性の前立腺癌で最もよく使われる抗男性ホルモン剤のカソデックスというものは次の副作用を引き起こす可能性があります夜間頻尿貧血白血球減少血小板減少肝機能障害腎機能障害なのですなければ夜間頻尿によって不眠症に陥ることは悩ましいです十分な睡眠が取れず帰って体を弱めかねないんです女性の乳がんに対してはタモキシフェンというホルモン剤が使われることが多くこれを投与するとのぼせほてりなどを感じる状態いわゆるホットフラッシュを引き起こす場合があります他にも無月経月経異常血栓症子宮体癌子宮内膜症の増加など重篤な副作用が発生するリスクがありますこのより男女共にがんを治療するために体に入れたホルモン剤が求められてもいない悪い仕事をしてしまうこれが実態なのにも関わらずホルモン療法を勧める医者は多数存在するそうですしかもその際に重大な副作用があることを知らされないケースもあると言いますそのまま治療を開始して後に放射線治療よりもはるかに重い副作用に悩まされることになってしまうんですホルモン療法を行うとほぼ例外なく生活の質 QOL の低下を招くためホルモン療法は鋼材を考慮して慎重に選択するようにしなくてはいけないそうですそれでは元の次は高血圧の治療について解説していきたいと思います血圧に関する正しい知識を持っている方はあまりに少ないそうです現在は上が140下が90を超えると高血圧と診断されますがそもそも血圧の数字というのは1日を通じて上がったり下がったりを繰り返すものですから血圧の高い低いに一喜一憂する必要はありません上が140を超えたから降圧剤を飲まなきゃなんてすぐに薬に手を出すことは避けましょうそのケースだと薬によって引き起こされる可能性がある副作用の方が遥かに危険であると著者は指摘しております血圧は上の数値よりも実際は下の数値の方が重要であるということも覚えておいて欲しいです上が140を超えたからとあたふたする必要はありませんが下が90を超えた場合はそれ以上上がってしまわないか注意をしてくださいもしもしたが110を上回ったら重症高血圧という扱いになり脳卒中が起こりやすくなりますのでその際は迷わず降圧剤を服用するようにしましょうまた血圧は下げればいいというものではなく下げ過ぎると発症率が上昇する病気も存在します例えば上が 怒りになると心臓疾患のリスクが高まる下が70以下になると脳萎縮が起こりやすくなるといった報告もありますそして血圧を見る際には年齢についても考慮する必要があります人間は年をとるにつれて自然と血圧が上昇していくものですからご高齢の方が高血圧なのは自然なことです七十歳以上であれば上160下100までは正常値と考えていただいて大丈夫ですさらに八十歳を過ぎると高血圧の方と正常値の形を比べても脳卒中や心筋梗塞になる確率はほぼ一緒であるということが分かっているそうです血圧を下げても死亡率の低下につながらない飲んだらば副作用のことを考えれば降圧剤はむしろマイナス要素にしかならないはずです実際に降圧剤が必要なのは慢性的に高血圧状態にある方あるいは下の数値が110を大きく上回っているですしかしそれでもあなたの年齢血圧を測定した環境や状況などに目を向けず数値だけを見てホイホイと降圧剤を処方したがる医者は世の中にたくさんいると著者は指摘しておりますさて次は高コレステロールの治療に関してです脂質異常症つまりコレステロール値が高い状態が続くと動脈硬化が促進され脳梗塞や心筋梗塞などが起こりやすくなるというのは皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうかよってこれまで長らくコレステロール値が著しく高い場合は薬を飲んで数値を低下させることが最適解とされてきましたしかし2012年ノルウェーの研究機関によりその常識は覆されました男性はコレステロール値が高すぎても低すぎても死亡率は上がり女性はコレステロール値が上がるにつれて死亡率が下がるということが発表されたんですこの研究チームが満ちる木田竹鶴は女性は更年期を迎えるとコレステロール値が上昇するため中高年女性のコレステロール値が高いのは当然でむしろ下げるべきではないということですところが日本の脂質異常症のガイドラインでは今もなお男女市立に扱われ男女とも同様に対処するのが良しとされているんですこれに拍車をかけているのが自らが持っている医学の知識や常識を最新のものにアップデートできていない医者の存在ですそのため患者さんに誤った情報を伝え不要な薬を処方することになりますこれが日本の遅れ大量買いの悲しい現実だそうですそれでは次うつ病の診察について解説していきたいと思いますさて著者はねうつ病ほど誤診の多い病気はないと言っていますうつ病は心の病で精神科や心療内科の専門領域だというのが一般常識でございます衣装血液検査 CT や MRI 検査によって体に異常がないつまり他の病気でないことが確認できた上で倦怠感不安感疲労感情緒不安定不眠といった不調を訴えてくる人をうつ病と診断しますしかし見た感じが病んでいるようには見えなくてもうつ病にかかってしまっている人はたくさんおります実はうつ病というのは精神面だけではなく頭痛めまい肩こり便秘下痢食欲不振など体の異常もきたす病気なんですしかし精神科の教科書ではこのような肉体の症状はかりのうつ病であるとされていますですから西洋医学の精神科や心療内科の医者は肉体面のうつ病の症状が出ている患者さんが現れてもうつ病とは診断をしません多くの医者がうつ病の本質を誤解したまま更新を続けているそうですしかしたとえ精神面の症状からうつ病と診断された場合でも西洋医学に解決の道はほぼありません精神安定剤や抗うつ剤を飲んでも一時的に症状が治まるだけです薬をやめては再発というループを繰り返し完治は困難だそうです薬の副作用も無しっていけません薬によっては副作用が少ないものもあるんですが使用量が多いとか試用期間が長いとなると話は変わってきますよく見られる副作用は教え吐き気嘔吐などですひどい場合は不安焦燥興奮的といった感情を覚えるようになりパニックに陥ったり攻撃的な行動に出てしまったりします中医学ではうつ病は心の病気ではなく脳の神経系の細胞が障害を受けることでもたらされる神経細胞のシステムダウンと考えております分かりやすく言うと脳の神経細胞が栄養不足になっている状態で 衰弱した神経細胞に栄養を運んで元気にさせることで神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンの生成が促され体が正常な状態へと戻っていくんですそのために中医学では漢方薬を使います漢方薬は栄養を送り込む役割を果たしてくれるので神経細胞に負担をかけませんこれに対し西洋医学の抗うつ剤は神経細胞を無理矢理動かしてセロトニンやノルアドレナリンの増加をさせるように働きますので神経細胞にさらに負担を強いることになってしまうんですこのように同じ薬であっても全く違う働きをするんですね中医学の熟練の漢方医はうつ病の症状や患者さんの体質にあわせてダイレクトに効果が出る漢方薬の組み合わせを導き出すことができるそうです漢方ならばうつ病を治すこともできるそうですそしてもう一つ覚えておいていただきたいことがありますうつ病死にもよく処方される西洋医学の薬に睡眠導入剤などの精神安定剤がありますが精神安定剤は認知症の呼び水になりかねないということを忘れないでください精神安定剤としてスタンダードなベンゾジアゼピン系薬剤は鎮静作用催眠作用筋弛緩作用により物忘れが激しくなったり動作が緩慢になったり筋力が低下したりすることから日常生活に影響を及ぼす可能性がありますうつ病に限らず医師の指示により薬をたくさん服用している方は多いかと思います特に高齢者の中には複数の薬を併用して飲まれている方が多くいらっしゃると思います異なる医療機関に通い内科や整形外科などを掛け持ちそれぞれで様々な薬を処方される薬の飲み過ぎは体に良くないと自分では理解していても医者に飲めと言われているからそれらをしっかりと管理し用量用法を守って飲む不安だから飲むそんな方がおそらく大半を占めていると思いますしかし著者はその考えはもうやめましょうと言うんです高齢者は腎臓や肝臓の機能が低下していて体内に薬が蓄積されやすいため薬の飲み過ぎにより薬剤起因性老年症候群という症状を引き起こす可能性があるんですそうなるとではうつ病不眠症物忘れむくみ便秘などに悩まされることもありますしゅう医学では例えば不眠症の原因は五臓六腑の異常にあると考えます以上のある場所は人によってそれぞれですからどこに異常の原因があるのかを突き止めてから治療をスタートさせるというのが基本です不眠症の時はこの漢方薬というようなマニュアルは存在しません同じ不眠症でも寝付けないケース途中で頻繁に目が覚めてしまうケース途切れることなく眠れても早朝に覚醒してしまうケースなど様々なタイプがあります原因となる五臓六腑の病態も異なりますしかしその原因さえわかればその原因に対応する小薬を飲むことによって不眠症は瞬く間に改善されます漢方薬にも副作用は存在しますが飲み続けて認知症を引き起こすような事はありませんので同時に多種多様の薬を飲まれている高齢者の方は取置その中で睡眠導入剤などが含まれている方はすぐに西洋医学の薬から漢方薬に切り替えることを著者はおすすめされておりますそれではこの辺で2件の内容をまとめておきたいと思いますポイント市安全そうに見えて放射線治療以上に副作用が深刻ながんのホルモン治療必要のない降圧剤やコレステロールを下げる薬患者にデメリットを説明せずに治療を施したり患者に誤った情報を伝えて不要な薬を処方する医者にはをつけようポイントに漢方薬はうつ病を治すこともできる西洋医学のうつ病の薬は一時的に症状が治まるだけであり完治は期待できない副作用も多く神経細胞にさらに負担を強いる形となるバター精神安定剤は認知症を招くポイント3高齢者は腎臓や肝臓の機能低下により体内に薬が蓄積されやすいため薬の飲み過ぎから薬剤起因性老年症候群という症状を引き起こす可能性がある腹痛の薬を併用してんのばれている人で特にその中に睡眠導入剤などが含まれている方はすぐに西洋医学の薬から漢方薬に切り替えることをお勧めするそれでは次でラスト3件で病気を治すのに病名は必要ないということを解説していきたいと思います日本は長らく=西洋医学が常識とされてきましたので医療関係者以外の瞳 全く同じ感覚が植え付けられてしまっております例えば1件でお伝えしたように西洋医学では症状の原因を特定し病名をつけることができない限り病気と診断されないんです病名がなければ病気じゃないと考えるのは患者さんも同じですから病名が判明しないと不安になります原因不明の難病で死の危険性もあるのではとネガティブな方向に考えてしまう人も多いでしょうできるだけ大きな病院に行って精密に検査してもらいそこでダメならもっと有名かつ大規模な病院に行って病名を調べてもらおうこのような行動をとる患者さんを著者はこれまでたくさん見てきたそうですそこまで病名にこだわるのは日本の医学会がそうさせてきてしまった一面もあるので仕方のないことなのかもしれませんでもそれは今日でおしまいにしましょうと著者は言うんです当てのない病名探しの旅は無意味以外の何者でもないんですこの行為に心当たりのある人はここで一度冷静になって考えてみて欲しいんです大切なのは病名を特定することでしょうかいやいやあなたが体の不調を訴えているという事実とそれを直す方法を探すことですよねそもそも不要かもしれない検査に時間もお金もかけることになり一番困るのは検査を繰り返すと体にどんどん負担がかかってしまうということでございます仮に病名を特定できたところでその病気が治るとは限らない対症療法しか報じられない西洋医学ならなおのことですですから病名探しの旅はやめてあなたが抱えている体の違和感感じている症状についてしっかりと時間をかけて問診してくれる医者探しの旅をしてください親身になって相談に乗ってくれる医者病名が定かにならなくても効果的な治療法を考えてくれる医者探せばきっと見つかります西洋医学の世界にもそんな患者さん想いの医者は必ずいるはずだと著者は言いますしかし病名を特定できないような症状の病気である場合どんなに患者さん想いの医者でも西洋医学ではその病気を治すノウハウを持ち合わせていない可能性が大いにありますそんな時強い味方になってくれるのが微妙にも対応可能な中医学の医者です中医学は最初に時間をかけて問診することが前提の医療ですから患者さんが納得いくまで話を聞いてくれるでしょう例えそこで病名がつかなくてもその症状を取り除くことができる治療法を導き出せるケースがほとんどだそうです病名がつかないと治療を始められない医療と病名がつかなくても治療を行える医療今日からあなたはどちらを取るのか自分で選択することができるようになりましたねさてここまで西洋医学の限界をテーマに西洋医学が抱える着底んや問題点中医学にしかできないことなどをお話ししてきました中医学といえば漢方といったぐらいにしか思っていなかったアナタも中医学の利点や西洋医学との違いが伝わったでしょうか誤解しないでいただきたいのは西洋医学が強い額よりもただを取っていると言いたいわけではないことでございます最後に著者はこのように主張しております病気が完治する方法があるのならどんなことでも取り入れるべきであるこの世に存在する全ての医学の知識や技術を総動員してベストの医療の実現を目指すのが我々医者に課せられた使命であると確信していると今は東西で隔てられている医学ですがこれからはそれぞれの良いとこ取りをしてハイブリッドを築く嫌いになりそうな気がします漢方薬に関しては怪しい聞かないという誤解や偏見はこれからは持たないようにしてくださいこの病気にはこの漢方薬という日本かボーノ方式ではなく個々の性別体格体質体調病気の症状に合わせオーダーメードで処方される本物の漢方を一度体感されると分かるでしょう漢方薬は信用出来る上によく効くんだと確実に世界観が変わるはずですこれがのことを著者が自信を持って言えるのは西洋医学と中医学の両方を学んできたからこそでございます治療を受ける側の皆さんもこれまで抱いてきた医療に対する知識を改めて行きましょうそれでは3限の内容をここら辺でまとめておきたいと思いますポイント市重要なのは自分が患っている病気の名前を知ることではなくあなたが体の不調を訴えているという事実とそれを治す方法を探すことをそのためにはしっかりと親身になって時間をかけて問診してくれる医者を探すことをポイントに注意が口の医者は病名がつかなくてもその症状を取り除くこと 両方を導き出せることがほとんどであり西洋医学の医者は病名がつかない症状に対するノウハウを持ち合わせていない可能性が大きいポイント試算漢方薬は信頼ができ効果があるオーダーメイドで処方されるあなたの目的にあった本物の漢方を体験してみよう本日は以上になりますこの動画がよかったよという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながりますので高評価ボタンとチャンネル登録ポチッとよろしくお願いしますまた本要約チャンネル論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルも頑張って更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルにも訪れていただけるととても嬉しく思いますではまた次の動画で皆様と一緒に学習できることを楽しみにしておりますよまた次の動画でお会いすることにしましょう本日はご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事