【おすすめ書籍】『昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です~明日が変わる大人の早起き術~(井上皓史[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です~明日が変わる大人の早起き術~(井上皓史[著])』の紹介朝早く起きるのが苦手だという人はたくさんいると思いますがこの本と出会ったことできっと多くの方が朝型にシフトしようかなと考えるでしょうなぜならこの早寝早起きの習慣はただ健康的になれるだけではなく時間が効率的に使えるようになるのです時間の使い方が上手くなるとあなたの人生に大きな変化が訪れるはずです皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美でございます今回は井上こうじさんの昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です明日が変わる大人の早起き術を解説していきたいと思いますそれでは早速本日のお品書きは次のとおりです1件で早起きをすると良いことだらけであるということを2件でこうすれば早起きができるということを3件で飲み会と早起きを両立させるということを解説していきたいと思いますそれでは早速1件の早起きをすると良いことダラケから解説をスタートしていきましょうかさて著者の井上さんは毎日22時には寝て朝5時に起きるという聞くからに健康的な生活リズムを長年続けていらっしゃるそうですそもそも著者の家庭では昔からご両親が早く出て早く起きるという生活をされているそうです長年にわたって早寝早起きを欠かせないご両親を見てきた著者は特に大人になってから気づいたことがあるんだと言いますそれは彼らが時間に迫られて感情が見られる様子はなく落ち着いて行動しているように見えるということでございます毎日早く起きて時間に余裕があるので焦るということがないのです早起きというのは一度習慣になってしまえば当たり前の生活リズムとしてあなたの中に定着しますそしてそのリズムは時間的な正確さを海心のゆとりをもたらしてくれるんです早寝早起昨日週間はこの忙しすぎる世の中で混ざり一生使える強力な武器となりえるんですそんな著者も実は最初から今現在までずっと早寝早起きを続けていたわけではありませんそれが崩れたのが社会人一年目の時でした仕事の要領がまだよくわかっていなかったということもあってその職場での生活はどうしても夜型になってしまいましたそこで身をもって経験したのは22時に寝て朝5時に起きるのも深夜1時に寝て朝8時に起きるのも得られる睡眠時間は同じ7時間であるのに疲労の度合いは全く違うということでございます後者の方が朝起きた時の疲れがはるかに残っていたんですそうなると平日は疲労困憊で週末は疲れが溜まり昼間で寝だめをするようなサイクルになってしまっていたそうです水に心身ともに調子がおかしくなってしまい夜型の生活では駄目だということに気づきますやはり人間は朝早くに起床してまず陽の光を浴びてそして夜は骨や筋肉などの成長を促す成長ホルモンを出すためにもしっかりと睡眠をとることが大切であると思い知ったそうです社会人になってから同じような状況に陥っている人は結構いるのではないでしょうかこの経験を乗り越えて朝型の生活に戻した著者は非常に大きな変化を得ることになりますそれは仕事に集中できる時間の量が圧倒的に増えて効率的に時間を使えるようになったことを著者はなんと始業が10時の職場に早起きして朝8時前に出社しますその時間はまだオフィスには人がいないので誰かに話しかけられることもありませんしょうして約2時間頃頭はすっきりとされており体も疲れていないため静かな職場ですぐに集中して仕事を取り組むことができているそうですそのおっぱい8時から10時までの2時間は資料作りなど優先順位の高いことに使いますそして10時過ぎにはもうその日のうちで最も重要な仕事がほぼ終わっているという素晴らしい状態なんです昼頃にはもう大体の仕事の目処はついており午前中いっぱいでその日にやらなければいけない重要な仕事というのはほとんど片付いているという素晴らしい状態になっていますこうなると午後は心の余裕を感じながら仕事を進めることができるんです新入社員だった著者はどうしても早寝早起きの朝方の生活にしたくて当時の上司にこのようにお願いして承諾を得たと述べております2時間早く出社するので2時間早く帰っていいでしょうかと結果最初は本当にちゃんとそれができるのかという疑心暗鬼だった調子は有言実行を貫いた著者のことをとてもきちんとしていてしっかりと仕事をする人物と 褒めるようになったそうです誰でも上司に褒められると嬉しくモチベーション上がりますよねそしてモチベーションが上がったら午前中の仕事にさらに集中するようになり著者はどんどん結果を出すようになりましたまた午後になっても気持ちの余裕があるのでお客様へのアポイント件数を増やしたり会議にも積極的に参加することもできるようになったそうですそして最終的に売上の実績も徐々に上がりまたこれによってさらに上司からの評価や信頼が高まるという好循環をつくることに成功したんですこのより社会人になってからの早寝早起きは単なる週間ではなく人から信頼を得るための武器にもなりえるんです確かにね朝早くから一人だけ会社に出社して重要な仕事を朝一で既に済ましている社員がいたらもうこいつはできるやつだと誰が見たってそう思うでしょういや平日は疲労困憊週末に疲れて休日に寝溜め心身ともに不調という生活から著者は見違えるほどの変化を遂げたわけでございます著者の活躍により当時の職場の社長さんは朝方の勤務が仕事の生産性を大きく引き上げることに気づいてついには会社の始業時刻を変更するに至ったそうです朝9時を施行とし夜はなるべく遅くまで残業しないようにとなんと社長自らがルールを変更したそうですお勤めされているという皆さんも早起きをしたら著者のように早く出社して午前中に重要な仕事を終わらせるぐらいの勢いで仕事に取り掛かってみてはいかがでしょうかそれだけであなたの生活はガラリと変わるはずですもちろん上司だってその頑張りをしっかりと見てくれているに違いありませんそして早起きのメリットというのは仕事や健康に関することだけではありません平日の朝を使うことで仕事が効率良く進むのはもちろんのことでそれ以外の自分のやりたいことにも時間を配分することができるようになるんです今多くの人がプライベートの時間でしたいことがたくさんあるのに平日は仕事があって時間がないせいぜい希望が叶うのは週末の数時間程度に過ぎないと言いたい状況にあるかと思うんです英語の勉強がしたいとか本が読みたいとか資格を取りたい趣味に取り組みたい企業のための準備がしたい多くの人がそんな願望を潜在的に持っていると思うんです例えば英語の習得をしたいと思うのであればオフィス近くのカフェで朝7時から8時までの1時間を勉強にあててそれから仕事に集中するというやり方もあるでしょう通勤時間も英語の勉強に使えば1日でかなりの時間を確保できるはずでございますまた企業のための準備をしたいと言うのであれば例えば月曜日から水曜日まではオフィスで朝の7時から仕事に集中しますそして毎週木曜日と金曜日の朝はカフェで出社前の2時間を使って企業のための構想を練りますそのまま週末に入っても引き続き起業の準備を進めれば会社員でいながらですよ独立に向けてまとまった時間を捻出できるようになるんです自分で自分の時間を支配できるようになった人というのは視野が広くなって様々なことに関心が向き行動範囲が広がります著者の場合には先ほど例に挙げたような朝の効率的な時間の使い方のおかげで実際に大きく人生を変えていった人たちが数え切れないほどいらっしゃるそうです自分の自由になる時間は平日にはほとんどなくあるのは週末のほんの数時間に過ぎないと思っていたそんな人達でも早起きをするようになってからは平日でも仕事以外の行動をする人がほとんどだと言いますその方々に共通しているのは自分で自分の時間をコントロールすることの大切さに気づいたということでございます例え平日であっても会社の仕事をしながら自分で時間をコントロールするということは十分にやる気次第では可能なことなんですでもそう言ったって自分には無理かもしれないと心配することはありません最初から行動的だった人はごく少数です大多数の人たちは早起きをして自信がつくことでポジティブな性格になって様々な行動を起こすようになるそうですだからこそ今の時点で本当にそんなれるのかなあと半信半疑の方も一度試してみる価値は十分にあると言えるでしょう実際に早起きをしてみると格段の時間的な余裕と心理的な優越感が得られることに驚くはずでございますさて最近はうつ病などの理由で会社を休む人が多いとよくニュースなどでも聞きますよ 的な不調や心の病に悩む人が増え続けている現代ですが朝型の生活はその予防にもなるんですそして既に不調になっている人にとっては改善する効果があるということもぜひ知っておいてほしいと思いますですからねとにかくごちゃごちゃ言わずに1度早起きをしてみませんか早起きをしたら光のシャワーを浴びるようなイメージで空を眺めてみましょう朝の光をたくさん浴びて目を覚まし脳にセロトニンを生み出すことで心の安定をもたらしてやる気を引き出すことがあってきます早朝起きてから庭やベランダもしくは窓辺で日の光を浴びながら数分間ストレッチをするだけでも随分と心身の調子は上がるはずでございます是非皆さんも早起きに挑戦してみて欲しいんですそれでは石下の内容をここら辺でまとめておきたいと思いますポイント市早寝早起きの習慣は健康的になれるだけでは泣く時間が効率的に使えるようになる時間の使い方が上手くなるとあなたの人生には大きな変化が訪れるポイントに朝方の勤務が仕事の生産性を大きく引き上げる平日の朝をうまく活用できれば自分の時間も確保しつつ仕事を効率よく進めること持っていけるポイント3で22時に寝て朝5時に起きるのも深夜1時に寝て朝8時に起きるのも得られる睡眠時間は同じに7時間だが疲労度に大きな差があるうつ病の予防改善のためにも早起きをして朝日を浴びをそれでは次に言でこうすれば早起きができるということを解説していきたいと思いますさて皆さんのね早起きをしようというモチベーションが高まったところでそれでは早寝早起きをするには具体的にどうすればいいのかという話をしていきたいと思います最初の骨は朝と夜の時間の使い方を書き出してみるということでございます朝方の生活を送るためには夜の活動を全て朝の時間帯にスライドすることが大切ですからそのような時間割を立てて欲しいんです時間割を作って今までの生活習慣を可視化してみるといかに普段の活動が夜に傾いているのかということが把握できるかと思うんですちょっと分かりやすいように一つ具体例をあげましょうかあるビジネスパーソンの時間割は次のような感じだとします朝7時起床支度して8時に出発9時に出社21時もしくは22時まで残業または飲み会そして23時に帰宅風呂に入ってからテレビやスマホを見てゴロゴロ深夜1時過ぎに就寝睡眠時間は毎日5時間3から6時間程度慢性的な睡眠不足と疲労感に悩まされているこのような1日の時間割を例えば次のように改善してみてはいかがでしょうか朝5時起床支度をして6時に出発7時に出社19時には退社20時に帰宅食事と風呂を済ませて22時に就寝睡眠時間は毎日7時間差でこのようなね理想的な時間割にするためにはどこ音を改めれば良いでしょうかそれを知るためにもまずは自分の現在の時間の使い方を書き出してみて欲しいんですそして紙に書き出す際はできるだけ詳しく書いていきましょう書き出した紙を見て時間の使い方をあれこれ考え試行錯誤してみてくださいどこかに時間をかけすぎていないだろうか時間を無駄にしていないだろうか帰宅後に行っているもので朝にシフトできるものはないかそんな風にしてあなたに合ったオーダーメイドの時間割を作るんですちなみに読書や勉強は家に持って行きますが著者は朝会社近くの家庭などで行うことをおすすめされております家でやったっておらんじゃないかと思うかもしれませんが家にいると別の誘惑が次々と現れてしまうものですそうなると結局朝の貴重な時間を無駄に使ってしまったりします家では誘惑が多くて作業ができないという人はぜひ朝のカフェで作業をやってみてはいかがでしょうか周りには同じように早起きして風邪で作業をしている仲間達がおりますからモチベーションも高まるはずでございますでは次に早寝早起きを継続するためのポイントをお伝えしていきたいと思います朝方の生活を始めようとしている人は毎朝5時に起きることではなくて毎晩22時に寝ることを頑張るようにして欲しいんです最初はどうしても毎朝5時に起きるということに必死になりがちですしかしここに早起きを続けられない誤解が潜んでいるんです寝る時間が23時や24時になっても睡眠時間を削ればいいやと 負債を増やしながらバイ朝5時に起きる生活は長くは続きませんもちろんそうなってしまうと睡眠不足となり頭はサイズに集中力を欠くことになってしまいますですからね起床時間ではなくて就寝時間を固定しましょうちゃんと毎晩22時に寝ることができればあとは適切なんだな時間の睡眠時間を取って朝の5時にすっきりと目覚めることができるんです22時に就寝5時に起床を実践していけば23週間もすれば朝型の生活が習慣として新たに定着しますなおここでは仮に睡眠時間を7時間として話を進めておりますが適切な睡眠時間というのは人によって異なります22時に寝て5時に起きるという生活が体に合わず他にもいくつかのパターンを試してみた結果どうしても8時間は寝ないと俺は厳しいよという人も出てくるでしょうそのような方は眠気と疲労でせっかくの朝方の生活が無意味になってしまいますから8時間の睡眠時間を優先して大丈夫です22時に就寝5時に起床の7時間睡眠で朝の自由な時間を2時間とるこれをベースにしながらそれぞれの事情によって微調整を加えていくのが良いと思います無理のないように就寝時間を固定することが自分に合った体内リズムを作ることにつながります朝の支度が順調に進むようになってきたら通勤時間での過ごし方も意識して変えてみましょうそれには大切なポイントが二つあります電車の中で寝ないことと電車の中でいつもいやることを決めておくことでございます早起きができたとしても朝の電車で居眠りしてしまったら自分に合った睡眠時間が確保できているかどうかを再度確認する必要があります1日に俺は6時間眠れば大丈夫だと思っていたが本当に適切な睡眠時間は実は7時間だったという風に忙しい人であればあるほど適切な睡眠時間を短く見積もってしまう傾向があるんです日本人の気質的に睡眠=休憩でやって休憩=悪と感じる人もいらっしゃるかもしれませんですが水にはエネルギーをためるためのプラスの行為であり悪などといった負の行為では決してありませんこれは当たり前すぎることですから安心してしっかり自分に合った睡眠時間をとるように心がけて欲しいんですでは次は帰りの電車での注意点について解説していきたいと思います帰りの電車では仕事をしてきて疲れておりますから眠くなってしまうのは仕方がありませんしかしここでも居眠りするのはお勧めできないんですほんの数分であれば構いませんが数10分から1時間近くにわたり車内で座りながら居眠りをしちゃうとこれはすでに仮眠をとっているのと同じことになりますナルト22時の就寝時にすんなりと寝付けなくなって夜の適正な睡眠時間が崩れる可能性がありますそれが結局浅い眠りにつながり睡眠の質が下がってしまうですですから電車ではできれば座らずに別のことへ意識を向けるのが良いでしょうそのために行きの電車と帰りの電車の両方で毎日やることをあらかじめ決めておいてそれを習慣化してしまいましょう例えば英語の学習読書資格の勉強メモに書きながら仕事についての一人ブレーンストーミング企業のためのアイディア出しなどできることはたくさんあるでしょう夜の自宅での時間帯はスマホの使用を制限して朝と晩の通勤時間帯だけ SNS などで友人とやり取りをするという人もおります通勤電車を動く書斎と思ってみてはいかがでしょうか最後になかなかねハードルが高いと思われている冬場の早起きねおいて補足しておきたいと思います冬は昼間の時間が短くて気温も低くなります日が出ている時間が短く寒さを感じると夏場と同じ活動量だとしても人はいより疲労を感じてしまったりするんです暗くて寒い冬の朝5時に起きるのは結構大変ですよねしかしここで起床時間を遅くしてしまうとせっかく作り上げた生活の習慣がガラガラと音を立てて崩れ去ってしまいますそこで長時間の固定を徹底すべく著者は冬は30分早く寝ることにしているそうですつまり21時半に寝て5時に起きるという生活です睡眠時間を増やして疲れやすい冬場の体力を維持することに努めその代わりに起床時間はしっかりと守るんです冬の寒い日に早起きをするのが大変だと感じるのは自然なことですからこういう場合には無理をしないで全体の睡眠時間を増やすことで対処する ということもぜひ覚えておいて欲しいと思いますそれでは見れの内容をここら辺でまとめておきましょうかポイント市早寝早起きの習慣をつけるためにやること市現在の自分の時間の使い方を書き出してから朝型の生活にシフトするための時間割を作成するに睡眠不足にならないよう起床時間よりも就寝時間の固定を意識しようさん22時に就寝5時に起床の7時間睡眠で朝の自由な時間を2時間とるをベースに微調整を加えて自分に合うサイクルを見つけようポイントに電車に乗っている間は居眠りを避けて時間を有効に使いたいので毎日電車でやるべきことをあらかじめ決めておこうポイント3気温が低く日照時間の短い冬は疲労を感じやすい時期なので体力維持のために就寝時間を30分早めるといった対策をとると早寝早起きを蒸し暑いそれでは次でラスト3件で飲み会と早起きを両立させるということを解説していきたいと思いますさて皆さん朝型の生活が続かなくなってしまう大きな理由の一つは飲み会に参加することですこれはね本当に心当たりがある人多いのではないでしょうか飲み会は誘ってくれる人がいて成り立つものですから多くの場合は良かれと思ってみんな誘ってくれているわけですそうなってくるとなかなか断りづらいですよね早く寝なければいけないからと毎回きっぱりと断ってしまうと特に職場などの場合はあいつは付き合いが悪い奴だなんて言われて人間関係が悪化しかねませんそこで3件では飲み会と早起きを両立させるために著者が行なっていることを紹介していきたいと思いますまずは著者が理想的で参加する価値のあると考えている飲み会について解説しますそれは良い人間関係体を形成するために短い時間で真剣にやり取りをして終わったら相手への感謝の気持ちを持ってさっぱり帰るという飲み会でございます短くまとめると人間関係を磨く真剣勝負の場だと言えますそれは明日からの毎日を活力あるものにする貴重な時間です基本的に今行った事の逆の効果しかない飲み会はどうしても参加しないとまずいという状況でない限りは参加しなくても良いでしょうそして飲み会の予定を組むときは次の3点に注意して下さい1金曜日に入れないに2日続けて入れないさん日曜日に入れないさてまず土日を有意義に過ごすために金曜日に飲み会を入れるのは避けましょう次の日が休みだからといって開放的な気持ちになって終電まで飲んでしまったり二次会まで行っちゃったりどうしても帰りが遅くなってしまいがちになるからです金曜日ミニ夜更かしをしてしまったら土曜日の午前中が潰れてしまうというのもとても痛いですよねそして飲み会は二日連続で入れないことを鉄則にしてください早寝早起きの習慣を崩してしまう大きな原因の一つは立て続けの飲み会なんですですから飲み会の予定が一件入った時点でその前後の日には飲み会の予定を入れないようにしてください例えば水曜日に飲み会の予定が入ったら火曜日と木曜日の夜の予定は塞いでしまうこれを著者はカレンダーブロックと呼び絶対のルールとしているそうですそして日曜日の夜は次の週に備えてゆっくりと自宅で過ごすために飲み会を入れないようにしてくださいさて今入っているね飲み会というのは別に飲み会に限らず他の用事についても同様でございます友達と飯に行くとか友達と遊びに行くというのも飲み会と同じように朝型の生活を崩す原因成増から友達との夜の予定なども今いったルールを守るようにすると良いでしょうさてこのように言うとねこのような飲み会の頻度では同僚や周囲の社員とのコミュニケーションが不足してしまい困るよという人もいるかと思いますそれを補うためにはランチを活用するとよいでしょう著者は一緒に昼ご飯を食べながら1時間弱の時間を共有することで職場の人たちとのコミュニケーションは十分に取れるようになったそうです飲み会の回数は減らしてそれをなるべくランチに振り返るのは一つの重要なコツだと思いますさて次は飲み会に誘われた時の断り方についてです飲み会に限らず夜の洗えるお誘いにも使いますこれまで参加していたのに飲み会を断るというのは特に勇気がいりますよねでは早速著書の方法を参考にさせてもらいましょうまず一つの手として早起き人間で夜は早く寝るというキャラクターを 広報があります現実的に朝型の生活をしている人は早朝から精力的に活動しています周囲の人たちがそれを見ているとあの人は朝が早いから夜は難しいかもねと解釈し気を使ってくれるようになりますそして二つ目としてはせっかく誘ってくれたのにことはりっぱなしで申し訳ないという場合はこちらから飲み会ではなくてモーニングからランチはどうでしょうと提案してみるのも良い方法です先程お話ししたランチを活用するという方法ですねもちろん相手が可能ならモーニングでもいいと思いますそして三つめはこれまたシンプルに今月は予定が入っていますのでまたの機会にと断る方法もありです飲み会よりも大事なのは早寝早起きを習慣づけるという自分の約束でございます罪悪感を感じてしまう人は特に週に2回ぐらいは夜の時間を自分との約束とカレンダーに記載してそれを他の予定と同じように扱うといいかもしれません本当にあなたの都合が悪い時は正直に伝えて断りましょうさて以上飲み会に誘われた時の断り方のポイントをまとめると次の二つです1早寝早起きキャラを作り上げるに人間関係はモーニングかランチで気づくもちろん仕事や友人などの付き合いで時と場合によってはモーニングやランチではなく夜に飲み会の席を設けて話がしたいということもあるでしょうそんな時は飲み会の時間帯や場所参加人数を自分で決められるように率先して感じに名乗り出てはいかがでしょうか飲み会に参加した時は2次会には絶対に参加しないことをお勧めします行けば余計にお金がかかりますし参加者が酔いに任せて単価の高いアルコール類を多く飲む傾向にあるためコスパが悪いですまた当然のことながら帰宅時間が遅くなり寝る時間にも影響しますせっかく1時間ほど良い時間帯に設定できたとしても二次会に出てしまっては元も子もありませんメリットのない二次会は一次会の参加人数が多い時に起こりやすくなります飲み会は会議と似ていて参加する人数が多ければ多いほど発言する機会は少なくになりそこに座っているだけという状況になりがちです一次会で話したりなかったりテーブルが分かれていて話したい人と全く話が出来なかったそんな時に2次会に行こうという声があがりますですから参加人数は四人いないが安全でしょう4人以内の飲み会なら内容の濃い話ができますからもう十分に話したという気持ちになりに次回の必要性を感じなくなりますさてここまで飲み会を極力遠ざけるような話をしてきたんですがそんなことを言われたってどうしても夜の会食がある職種なんだという人だっているでしょう例えば営業職の方の仕事には接待がつきものかもしれません何らかのプロジェクトを任されている人はキックオフパーティーや食事を共にしたビジネスミーティングが当然のようにあるでしょうし組織で働いている人であればほとんどの人が職場の歓送迎会や忘年会新年会と言った飲み会に参加する機会がありますさらに上役からちょっと大事な話があるんだけど今週の夜空いていない間なんて言われちゃうとさすがにランチでもいいですかそんなこと言えないですよね職場で開かれるこのような飲み会は仕事ですから出席する必要があるでしょうそうなったらまずやることとしては仕事としての飲み会の予定が入ったら同時に前日の夜と翌日の夜のカレンダーをブロックしますまた仕事要素の強い飲み会では自分の意志で早々にお開きにしたり時間帯を指定したりすることができないので予めシンデレラルールを活用することを前提にしてその日のスケジュールを組むようにします今ちらっとシンデレラルールなんて言いましたがシンデレラルールとは日によっては少々夜更かしをするのは構わないもの遅くとも24時までには必ず就寝するという決まりのことです大切な飲み会が入るとかどうしても就寝時間が守れそうにない日のために著者が設けているルールです例えば22時から5時の7時間睡眠を基軸としている人ならば仕事の飲み会で就寝が2時間遅れの24時になってしまったら起床も2時間遅らせて7時に起きるようにするんですポイントは24時までに必ず入れることと7時間眠るということは買えないということでございます仕事の飲み会が入るときはこのシンデレラルールーを使って睡眠時間をきちんと確保し飲み会の続く時期が過ぎてから再び早寝早起きの生活に戻せば問題ありません早寝早起きと飲み会の両立についてここまでいろいろお話をさせてもらいましたが早起きをする人にとっての飲み会とは酒を楽しむ晴れはなく 楽しむ場であることが見えてきたと思います特に集まった人達と明日からの生きるヒントが得られたり不安や悩みが解決できたりといった前向きな話ができた時ポジティブな飲み会前に進むヒントを得られた飲み会に参加したという充実感が得られます結局飲み会と早起きを両立させる究極のコツはポジティブな飲み会だけに参加するということでございますだらだらと朝まで飲んで愚痴を言って愚痴を聞いてというようなポジティブとは到底言えない飲み会は避けましょう適正な人数で飲む量を決めて時間帯を守りながら人との前向きな会話を楽しむそのような飲み会だけに参加することを心がけて日々のスケジュールを組んでいけば必ずに飲み会と早起きは両立させることができるんですもちろん飲み会以外にも夜に様々な予定が入ってしまうこともあるでしょうそんな時も飲み会と同じルールを守って是非朝方の生活を崩さないようにしましょうそれでは作業の内容をここら辺でまとめておきたいと思いますポイント市飲み会の予定を組むときの注意点は金曜日に入れない2日続けて入れない日曜日に入れないということであるポイントに飲み会に誘われた時の断り方のポイントは早寝早起きキャラを作り上げるそして人間関係はモーニングかランチで気づくことポイントさん飲み会と早起きを両立させる究極のコツはポジティブな飲み会だけに参加することを適正な人数で飲む量を決めて時間帯を守りながら人との前向きな会話を楽しもうさて皆様いかがでしたでしょうか今回の動画を見ることで早起きをちょっとしてみようかなとか早起きによって人生を変えてみようかなというモチベーションを高めることができたのではないでしょうかそして早起きの本当のメリットというのは言葉で説明されてもなかなか実感できない部分もあると思いますからぜひ実際にやってみてその素晴らしいメリットを拝見して頂きたいとは思うんです実際にやってみれば早起きってこんなにメリットがあったのかこんなに幸福感が満ち溢れてくるのかこんなに生産性が高まるのかこんなに人生うまくいくのかということを実感できるかと思います本日は以上になりますこの動画が良かったよという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながりますので高評価ボタンとチャンネル登録ポチッとよろしくお願いしますまた本要約チャンネル論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルも頑張って更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルにも訪れていただけるととても嬉しく思いますではまた次の動画で皆様と一緒に学習できることを楽しみにしておりますよまた次の動画でお会いすることにしましょう本日はご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事