【おすすめ書籍】『「超」勉強力(中野 信子[著], 山口 真由 [著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『「超」勉強力(中野 信子[著], 山口 真由 [著])』の紹介さて今回は中野信子さんと山口真由さんのちょー勉強力を予約して行きます中野さんは東大卒の道科学者山口さんは東大首席卒業の弁護士ということで学びのプロフェッショナルである彼女たちが脳科学と経験値から導き出した学びを最大化するメソッドを開設するのが本性になります今回の動画では本書の中で私が極めて役に立つと思った部分に厳選して解説していきますでは本日のお品書きは次の通りです1件で学びには2種類ある逃げてコミュ力は国語力で決まる3件で自分ごとにすれば忘れないということを見ていきましょうでは早速1件でございますさて皆さん学びには二つの形があるということを知っていましたがそれは義務としての学び喜びとしての学びの二つでございますまず一つは何かをできるようになるために避けることができない基礎的なスキルを身につけるためのチームとしての学びそしてもう一つはその上に積み上げていく喜びとしての学びなんです例えばです四大学に入学するための受験勉強は義務としての学びでしょういかに労力をかけることなく必要な箇所のみの勉強に集中する絶対に出ると言われている問題に関して取りこぼさないように内容を頭に叩き込むそんなスタイルの勉強をどれだけ積み上げられるかが受験のポイントだからなんですねしかし本当に楽しいとはその先にある喜びとしての学びなんですよ受験勉強を終えて大学に入ったら是非そのような喜びにある学びをして欲しいんです例えば中野さんは大学で工学部に進んだんですが自分の分野とは全く関係ない授業も進んで受けたそうです自分の幅広い興味をベースにして文字通り食い散らかすように勉強しまくったそうですそこには高校までの受験勉強とは全く別物の知的興奮があったんですねこれは社会人が勉強する時も同じでございますよまな人はやはり地元喜びの2層構造になっているんですね例えば仕事で英語を学ぶならまずは基本的な文法や単語は絶対に理解するという義務としての学びがあるでしょうそしてそれがある程度できるようになればそこからは楽しい喜びとしての学びが待っているわけです言葉が通じないと思っていた相手を笑わせられた時や異文化の人が持つ価値観や趣向に触れて新しい発見をした時そんな体験を通して得られる学びこそが人間にとって大きな喜びとなるわけですこれを聞いてね私は思いましたよ最初は何事も基礎的な部分義務的な部分を学ばなければならないので辛いわけなんですよ例えばええ子ならば単語や文法を覚えなくてはいけないその作業はまるで筋トレのようにつまらないものでしょう新しいゲームをやるとき新しいスポーツをやる時でさえも最初はルールが 頭の良さよりも人間力だなどと主張しがちなんですしかしコミュニケーション力の本質は正確でも人間力でもないんですよコミュニケーション力とは国語力でありゲンゴロウ運用能力になんですよ適切な言葉を迅速に選ぶ人の心を動かすのは人柄ではなく言語の運用能力に難です会話をしていて相手の心に刺さる言葉を貼らせたり相手の心を動かすセリフが言えるかどうかなんですそもそもですよ仕事をしていてこの人面白いなとかこの人にまた会いたいなと人が思うのは何故でしょうかそう思われるためには何が必要なんでしょうかそれはコミュニケーション力すなわち言語の運用能力でございます言葉を操る能力が高い人は人に求められる存在になるわけですつまりねここで言いたいのはコミュニケーション力とか人脈があれば僕らは社会で成功するような気がするじゃないですかだから勉強なんてどうでも良くないかと頭が良くてもコミュニケーション力がなければ無理だよねって思うわけですよしかししかしそのコミュニケーション力とか人脈作りのコンボになっているのが言語の運用能力んだんですそして言語の運用能力というのは読書や勉強で身に付けた表現力だったり深い教養で決まるわけですよだから勉強しなくていいとかそんなものは嘘なんです本を読まなくていいなんて言うのは嘘なんです本を読んだり勉強したりして言語の運用能力を身につけないとコミュニケーション力なんて発揮できるわけがないんですよいやなるほどなーと確かに僕も勉強ができるだけではダメでコミュニケーション力が必要だとは思っていたんですがコミュニケーション力を身につけるには勉強が必要なんだということをねこの本で改めて気付かされたわけですでは2件をまとめてみましょうコミュニケーション力とは国語力であり言語運用能力でございますだから言語の運用能力を育てる勉強やっておく書は必要であるではラスト3軒自分ごとにすればを忘れないに参りましょうさてでは最後に勉強するとほとんどみんながぶち当たる壁である覚えられない問題について本書で紹介されているメソッドを開設いたしますそれは何事も自分ごとにするということを自分ごとにするとは一体どういうことなのでしょうか一般的に私たちが勉強の中で何かを記憶する時教科書形単語帳後そのまま覚えようとしますよねこれが多くの人が持っている記憶のイメージだと思いますしかしこの方法はすぐに忘れてしまうという欠点があるんですねですから勉強する内容やテーマに関してその世界の中に入り込んでイメージとして覚えるんです例えば歴史の本能寺の変について覚えたいならばまるで自分が明智光秀になったような気持ちで教科書を読むんですねその人物になりきってその世界に入り込もうとすると不思議なことにそれをよく覚えることができ忘れることが少ないんですこの方法は一見ストーリーが想像しづらいように思われる化学などの科目にも使うことができますそれこそ星の気持ちになって想像してみるんです例えば文章と分子の間に働く弱い引力であるファンデルワールス力というものがありますこの作用について覚えるなら自分が分子となった気持ちで手をつなぐ理由じゃなくともお互いに好きだから近くにい俺とイメージして覚えるわけなんですポイントはたったひとつだけ何事も自分かして覚えることこうして覚えたことを一般的にエピソード記憶と呼びますエピソード記憶は定着しやすい気後れ自分の目に実際に起こったことや自分がして覚えたことはなかなか忘れないということが分かっているんですね皆さんに自分が経験したつらかったこと楽しかったことはよく覚えていますよねそれは自分子と出会ってエピソード記憶だからなんですねだからそれと同じように本屋教科書を読むときはそこに書かれている人や物の気持ちになってその世界に入り込みながら読んでみるそうするとむしろ忘れのが難しくなるぐらい覚えられるそうですよこの手法はもちろん勉強以外にも使えますよ例えば仕事で重要な海ギアプレゼンテーションがあるならば前日までにその相手は長袖と話している想像の世界に入り込むんですそしてこれを聞いたらどんな反応をするだろうこんなことを思うのではないかなどと想定できるシーンを前もってイメージしておくわけですよすると当日は相手の話をスムーズに理解できたり良質なコミュニケーションが出来たりするんですこのように何かを覚えたい時は全て自分ごと化するすなわちエピソード記憶を活用するようにすればどんどん覚えられるわけなんですねでは3件をまとめてみましょうかエピソード記憶は記憶に残りやすいので何かを覚える時は自分ごとにすれば忘れないではでは本日のハイライトに参りましょうか1件で学びには2種類あるコミュ力は国語力で決まる自分ごとにすればを忘れないということを学んできました本日は以上になりますこの動画ためになったという方は私たちにあるキャンプと更なる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンとチャンネル登録どうぞどうぞよろしくお願いいたしますまたサブチャンネルに 的な情報を発信しているのでそちらもよろしければチェックお願いいたしますではまた次の動画でお会いいたしましょうさようなら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事