【おすすめ書籍】『脳はどこまでコントロールできるか?(中野 信子[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『脳はどこまでコントロールできるか?(中野 信子[著])』の紹介さて今回は中野信子さんの道はどこまでコントロールできるかを要約して行きますこの本では私たちの脳がどれほど錯覚によっていとも簡単に騙されてしまうのかそして正確に物事を見ていない帰り着いて身近な例を紹介しながら解説されておりますさらに脳をうまく活用して成果を上げる方法についても書かれているので脳科学の好きな人にとっては必見の一冊となっておりますぜひぜひ最後までお楽しみくださいでは本日のお品書きは次の通りです1件で妄想の達人になれ2件で脳はいとも簡単に騙されるということについて解説いたしますではまず1件でございますさて皆さん妄想と言うとあなたはどのようなことを思い浮かべるでしょうかたとえば次のような妄想が考えられるでしょうある日突然お金持ちになる可愛い女の子がいっぱい寄ってきてモテモテになるリゾート地でお金の心配なく一生のビリー9月憧れのアイドルや俳優に告白される皆さんこのような妄想を一回はしたことがあるでしょう妄想する行為非常に楽しいものですよねしかし皆さんどこかで妄想することを後ろめたく思っていませんか妄想ばかりしていると頭のおかしな人だと思われると思っていませんか結論から言うとですね妄想することは非常に良いことでございます成功者は皆妄想の達人であると言えます例えばノーベル賞を取った利根川進先生ソニーのウォークマンを開発した井深大さんなど斬新な発想して日本人が世界で輝いている例はたくさんあるんですなぜ彼らはこのような斬新な発想を現実にすることが可能だったのでしょうかそれは彼らが妄想の達人だったからでございます実は妄想というのは偉大な発見の母なんですよ偉大なる発明は妄想することから生まれるのです妄想ばかりしていると周りから馬鹿にされるんじゃないかと心配するかもしれませんしかし周りからバカにされたっていいんです自分で何かを発見したり作り出したりする方がはるかに楽しいことなんですそのために僕らは妄想するんですところが人間の脳はもともと持っている物をコントロールし抑える方向に成長していくんです大人になるにつれて妄想する力は衰えていくのでひらめきが妄想の力は実は衣の方が優れているんです大人は一般社会でうまくやっていく為に本当は誰もが斬新な発想を思いつく能力を持っているのにそれを抑え込んでしまっているわけです日本人はよく想像力がないと言われますがその真の理由は日本人が大人すぎるからでございます本来備わってる力をみんなに合わせようとして抑えているからなんですよこの本を読んで自分自身の妄想をより巧みに使いこなしてそれを具体化して行ける房総の達人になっていくことをお勧めしますと中野先生は言うんですよではここで妄想の力で成功を手にした一人の男性を紹介しましょう50代でマクドナルドを創業したレイクロックです彼の少年時代のあだ名は夢見るってありそんなあだ名で呼ばれるほど令和空想ばかりしている少年だったんですそんな例はある時信じられないくらい繁盛しているハンバーガーショップがあるという話を耳にするんですそしてこれハンバーガーショップをチェーンで展開すれば大成功できるに違いないと持ち前の妄想力が発動して彼の脳内には夢が広がっていたんですねそしてこのハンバーガーショップを経営していたのがマクドナルド兄弟でした令和マクドナルド兄弟に話を持ちかけます私と組んでこらハンバーガーショップをチェーン展開しませんかとそんな例に対してマクドナルド兄弟は最初この店は十分も成功していて自分達は非常に満足しているからこれ以上拡大する必要はないんだと言うんですねしかしレイはあらゆる夢を語りかけマクドナルド兄弟を口説き落として全国にハンバーガーショップをチェーン展開させ大成功するわけでございますもう総力夢を語る力によってマクドナルドは誕生したんですまたテスラの CEO であるイーロンマスクしも子どもの頃からいつも夢を見ているような風変わりな少年だったと言われております現在でも服を着ている間に様々な妄想が頭の中に浮かびボタンを留めることができないため自分一人では服が着れないそうでございますさらあらゆるクリエイティブな活動においても妄想力は絶対に必要ですよね面白いアニメを作ったり面白い映画を作るさらには素晴らしい歌を作るのでも何でもいいですが全てのクリエイティブな活動において妄想する力これが勝敗を分けると言っても過言ではないでしょう自分が何か心を動かされた本や漫画や映画をよくよく観察してみてくださいその全てにおいて圧倒的な妄想力があることがわかるでしょうクリエイティブな人というのは日々の生活の中であらゆる妄想をしそれを具体的な形にして作品を書き上げているわけでございますよ別に俺クリエイティブな仕事じゃない ZU ねビジネスパーソンの方も絶対に妄想力は必要でございますよこの商品を市場に出すとどれぐらい売り上げが経つのがまたこのような新商品を発表したらとても面白いではないかという全ての根幹はもう総力でございますしかも妄想するにはお金も場所もいりません自分の頭の中で好きな時に妄想を膨らませることができるんですぜひ日常の中で 妄想して妄想の達人にんだり斬新なアイディアや人々をハット驚かせるようなひらめきを思いやすい体質になりましょうとは言ってもいきなり妄想しろと言われても何も思いつかないよーという方はとりあえず理想の自分を思い描いてみましょうそうしてその理想の自分になりきってみるんです理想の自分になりきっていると現実の自分もそれに近づいていくんです自分のなりたい姿や状況になりきり自信があるように振る舞ったり強がって見せることがなりたい自分に繋がるきっかけとなるんですよ成功者はまず形から自分を変えていくんです理想の自分になりきるんです実際自信のない時に強いポーズを取るだけでリスクを取る行動を促すテストステロンの値が上昇しストレスを感じるコルチゾールが激減したという実験もあるぐらいでございますよつまりですよ理想の自分を思い描いてまるで自分がその理想の自分であるかのように振る舞うことは科学的に効果があるということが分かっているわけなんですよ実際にホルモンとか脳の働きが変わってしまうわけなんですちょっと胡散臭いと思われるかもしれませんが実際に本当に変わるわけなんですよだから自分がこうなりたいという固定観念を作り上げてみましょう脳は単純で融通が利かない期間ですが上手に使うと人生を楽しく乗り切っていくために非常に便利な装置に変わるんです自分に理想な肩書きを作ってみましょう俺はプロの読書から俺はプロのユーチューバーだ俺はプロのスポーツ選手だそれはプロの営業マンだそしてそれになりきって毎日を過ごしてみるんですきっときっと成果が現れることでしょうでは一見をまとめます成功者は皆妄想の達人である偉大なる発明は妄想することから生まれる理想の自分を妄想しそれになりきって行動してみようでは次に現場はいとも簡単に騙されるに参りましょうここでは脳がいとも簡単に騙されたり影響を受けやすいという面白い例を二つ紹介いたします市近くの錯覚に性交渉を真似ると成功に近づくでも一つ目の近くの錯覚から行きます誰もが自分はちゃんと理解していると思い込んでしまう錯覚に視覚の錯覚というものがあるんですありがちな典型例があんなに一生懸命勉強したのにテストで良い点が取れなかった一緒に行ったのに試験に落ちてしまったというものがありますこれが近くの錯覚なんですよ何度も何度も教科書やノートを見直すと見慣れた感じがしてきますよね脳がそれを真の理解と取り違えて自分は理解していると錯覚してしまうんです教科書やノートをただ読むだけでは理解したことにはなりませんそれはただ見慣れただけのことなんですよそして読めば読むほどに馴染んだ感覚は強まるじゃないですかそして自分は完璧に理解しているという錯覚は揺るぎないものになっていくわけなんですよこのようにして教科書を百回読んで完璧に理解したのに本番ではいい点が取れないという状況が起きてしまうんですだから本当に理解してるかどうかを確かめるには試験をすれば良いんです問題を解けば良いんですつまり教科書を100回読むより問題集を3回こなす方がはるかに効率が良いと言えますそしてちゃんとアウトプットをすることをちゃんと説明できるかをチェックすること映画近くの錯覚を防ぐ良い方法でございますこの近くの錯覚非常に面白いですよねなるほどって感じですよね上司の言っていることはよくわかるとしかし実際の営業成績は全く悪いという人はこれ近くの錯覚に陥っていたわけなんですよそしてここで私は思ったことがあるんですよこれが口先だけの人間を信用ならない理由であると彼らは近くの錯覚に陥っています例えば俺はやろうと思えば月100万円稼げる男だとかあの事件なんて別にやろうといえば受かったぜなんていう人よくいますよねその気になれば一瞬で彼女なんかできますわとか言いながらで5年間彼女がいない人いますよね口先ばかりで一向に成果の出ない人間は基本的に視覚の錯覚に陥っているわけですよできると思い込んでいるが実際にやると全くできないんですよ金儲けが楽勝だとかこうすれば儲かりますよーなんて勧めてくる人は実際にその人が儲けているかどうかを常にチェックするべきでございます実際に成果の出ていないものを信じるべきではないんです株はこうやったら儲かりますよーなんて言ってる人は本当にそいつ自身が株で儲けているのかそして実際に設けていないならそいつは近くの錯覚に陥っているかただの詐欺師ので無視するに限る近くの錯覚を理解してるとこのような意思決定ができるわけでございますよでは次フタツメなぜ成功者を真似ろと成功に近づくのかについて解説しますおもしろ実験がありますまず女の子を二つのグループに分け数学のテストを行いますそして数学のテストを受ける前に片方のグループには女の子は数学が苦手な人が多いんだよと言ってもう一本のグループには何も言いませんこうやって数学のテストを行うと女の子は数学が苦手な人が多いんだという固定観念を植え付けられたグループは点数が下がってしまいましたまた若い人に高齢者に関する固定観念をいくつか聞かせると歩く速度が遅くなるという実験まであるんですよつまり人は自分の持っている固定観念によって実際の結果が変わってくるということでございますそれならばですよつまり自分に対してどのように妄想するかによって成果が変わってくるということでございま 僕らのの岩ミラーニューロンというものがあるからミラーニューロンは簡単に言うと自分の思っていることや目の前で聞いた物や見たものをコピーしてしまう神経細胞等ございます例えばお金持ちの友達がいるとその人もお金持ちになるとよく言いますがそれはミラーニューロンによってお金持ちの友達の行動を自然とコピーして自分もお金持ちになるような行動をするようになったからでございますよつまり成功者の考え方や生き方を目の当たりにするとそれが勝手に脳にコピーされるそうすると成功者の自己イメージが自分の自己イメージと重なって自然に行動や結果に反映される成功者のやっていることや考えていることを積極的にマネしたり吸収したりしていくということは脳科学的にも意味があることなんですよでは2件をまとめてみましょう脳はいとも簡単に騙されたり影響を受けやすい例えば近くの錯覚や性交渉お前なると成功に近づくと幽霊があるでは本日のハイライト1件で妄想の達人になれ2件でのはいとも簡単に騙される具体的には近くのサンカクヤ製鋼所お前ナイト成功率作るという映画ありましたさて本日は以上ですがこの動画を見てくださった皆さん是非ねこの後一度もそうしてみて頂きたいんですよどんな妄想でも構いません何も思いつかない方は理想の自分を思い描いてその通りに行動してみましょうその理想の自分にどんどん近づいていく自分が分かるはずでございますそして近くの錯覚に陥っていう人是非是非頭でわかっているだけじゃなくて実際にやってみる実際の成果を見てから判断するということを意識してみてはいかがでしょうかそして成功者を真似ろ成功に近づくのであなたの周りに草の人を置いておくっていうのもとても大事ですよね成功しているとの話を聞く成功している人の習慣を取り入れるこんなことがミラーニューロンによって自動的に行われるわけですから全自動で学習しているようなものでございますよ人は付き合う相手によって多大な影響を受けるとで付き合う友達は慎重に選んでください本日は以上になりますこの動画は駄目だったということは私たちにはキャンプとサラダある動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンとチャンネル登録どうぞよろしくお願いいたしますまたサブチャンネルにおいても有益な情報を発信するように頑張っておりますのでそちらも併せてチェックして頂けるととても嬉しいですではまた次の動画でお会いいたしましょうご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事