【おすすめ書籍】『予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」([著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」([著])』の紹介今日は大津チャンネルです人間は合理的であるこれは古典的な経済学の大前提です人間は必要な情報さえ揃っていれば自分の利益を最大化するように行動するとされていますしかしそれは本当でしょうか現実にはどうしてこんなことをしてしまったのかと後悔した経験が誰にでもあるはずです本当に人間が合理的であるのなら多くの人が自分の行動や選択を悔やむのは不可解ですしかしそうした人々の不合理な行動こそ自然なものだとしたらいかがでしょう今回ご紹介する本はそんな人間の不合理な選択を予想できるという驚くべき冊です予想通りに不合理行動経済学が明かすあなたがそれを選ぶわけ本書は心理学と行動経済学の権威とされるダンアリエリーの著書でありいかに人間が合理的ではない行動をするのかについて書かれていますこの本の面白い点は人間の不合理はランダムではないとしているところつまり人の持つ不合理さには法則があると指摘しているのですそしてその不合理の法則を理解できれば自分にとってより良い選択ができるようになるというのです猛暑では数多くの不合理の法則について解説していますがこの動画では特に重要だと感じた三つのポイントに絞って紹介します一つ目のポイントは価値の総体生です経済社会において価値は重要な意味を持ちます何にどのような価値があるかという判断を正確に行い得られるものの価値が最大化するように行動することこそ合理的な人間の振る舞いだからですしかし人間は価値を正しく見極めることが出来るのでしょうか残念ながら人間にはそのような能力はありませんただ現実としてあらゆるものに価格が設定されているのも事実ですではどのような基準によって物の価値が決まっているのかそこには価値の総体性があるのです価値の総体生徒は物の価値はそれ自体だけでは決められないという意味です例えば A という名前のチョコレートの価値を決めるにはそれとは別の基準となる何かが必要になります体というチョコレートの横に100円の B というチョコレートがあれば A が B よりも価値があるかで価値を決めることができるでしょう B よりも美味しければ100円以上の価値だと考えますし逆であれば100円以下の勝ちだと判断できますここで価値の総体性に関する面白い実験を紹介しましょうある雑誌の購読契約について印刷版と Web 版のどちらを購入したいと思うか100人の学生に質問するというものです科学は Web 版が59ドル印刷版は125ドルそして印刷版と Web 版のセットは125ドルですこの三つの選択肢に対して Web 版のみを選んだ人は16人セット版は84印刷版の実は0人でしたセット版と印刷版は同じ価格ですから印刷版だけを購入する人がいないのは当然ですでは三つの選択肢を二つ減らし Web 版とセット版のみにした場合回答は変化するでしょうか元々誰も選択しなかった選択肢を減らすだけですから結果は変わらないはずしかし実際には Web 版を選択した人は68にセット版は32人となったのです誰も選ばない選択肢の有無が学生達の判断に影響を与えた理由は比較しやすいものほど価値を決めやすいからです Web 版とセット版を比較する場合印刷版は価格以上の価値があるかを考える必要がありますしかし印刷版の価値を正確に判断するのは簡単ではありませんそこに印刷版のみをセット版と同価格でおくと比較するのが一気に簡単になります印刷版よりセット版の方が Web 版を無料で読めるという点で明らかにお得ですその場合 Web 版の実はどうなるのと考える人もいるかもしれません人間は比較しやすいものが並んでいると比較しにくいものを選択肢から除外する性質を持ちます今回の場合印刷番頭セット版が簡単に比較できるようになった時点で Web 版は選択肢から消えてしまうのですこのように人間が価値を判断する際には比較が必要であるため価値は早退 あると言えますそしてその比較の基準についてはそれがどのようなものかは関係ないという点も重要です印刷版よりセット版が得なのは間違いありませんがそもそも印刷版225ドルの価値があるのかという基準に対する疑問は無視されますつまり比較的お得であると分かった時点でそれはお得なものとして選択されてしまうのです本当に役に立つか利益を得られるのかを吟味していない以上これらのは判断は合理的とは呼べません二つ目は報酬がやる気を阻害するというもの一般的に人のやる気を引き出す方法として報酬を出すというものがありますいわゆるインセンティブと呼ばれるものであり報酬をたくさん出せばそれだけ人のやる気を引き出せると考えられていますところが金銭的な報酬を提示することでむしろをやる気を削いでしまうケースもあるのです想像してみてくださいあなたの隣人が大きな家具を車に乗せようとしていますがなかなか上手くいかずに困っています手伝ってもらえませんかと言われたらあなたはどうするでしょうか大抵の人は快く引き受けるはずですしかしこれが100円払うから手伝ってほしいと言われたらいかがでしょうかその労働が100円に見合うかどうかを考えほとんどの人が断ると思います金銭的な利益だけを考えるなら無料で手伝うよりも100円で手伝った方が得ですところが報酬の時よりも報酬を提示されたケースの方が手伝いたいという気持ちが弱くなったり失われたりするのは不思議ですここに疑問を持つ人は人間が何かを判断する際規範とするものが二つあるという事実を見過ごしています人間は金銭的な価値を軸とする市場規範とそれとは異なる社会規範の二つが存在する世界で生きているのです社会規範とは社会への貢献になっているかという価値観ですここで言う社会とは地域だったり家族だったり友人だったり恋人だったりしますつまり他人のためになる母という基準です人は誰かのためになることに対して積極的になりたとえ報酬がなくともやる気を出すことができますところが社会規範と市場規範は同居できませんボランティアで人助けをしていた人に報酬を渡すようになると誰かのためになったし自分も報酬をもらえたし本当に良かったとはならないので S 報酬が発生した途端この報酬に見合う仕事だったかという考え方に入れ替わってしまいますなぜなら報酬を受け取ったとたんその行動は誰かの為ではなく自分のためのものになってしまうからです古典的な経済学においてはあらゆる行動に適正な科学があり労働として取引されることで合理的な社会が形成されるとされてきましたしかし人間はあらゆるものに価格をつけることをよしとしません価格がないから価値があると感じるものがありこれを無視して全てを市場規範で捉えようとすると大きな損をする可能性があります三つ目のポイントは所有の過大評価です人間の価値判断を誤らせる大きな要因の一つに所有にあります人は自分の持っているものを高く評価する傾向があるのです他の人が持つ同じものよりも自分が持つものの方が価値があると思い込んでしまうのですこれには人間が持つ三つの不合理な曲が関係しています一つ目の曲は所有物に惚れ込むというもの本書ではその具体例として養子に関する事例をあげています用紙を求める12組のカップルが個人でそれぞれ別の部屋に通され養子となる子供を紹介されましたすると全てのカップルが自分たちにぴったりの子供を紹介してもらったと大満足したというのですこれは別に孤児院院長が特別な才能を持っていたというわけではありません何かを手に入れた途端それに愛着を持つという曲があるため紹介された子供が最高の我が子になってしまったのです二つ目の曲は失うものばかりに注目するという点です物の価値はそれを取引する 漏電して判断されます例えば所有するスポーツの観戦チケットの価値はいくらなら打ってもいいかで決まるわけです合理的に考えるならばチケットを失うことと得られる金銭を比較すべきですが人間は必ず失うものばかりに意識が向いますスポーツを観戦すればえられただろう喜びは興奮そのような体験を創造しそれらを失う悲しみや失望にとらわれてしまいますそのような苦しい感情に耐えるために必要な金銭的見返りなどおよそ考えられませんその結果チケット1枚の価値が法外な値段になってしまうこともしばしばですみっつめの曲は相手も自分と同じ視点を持つと考えるという点です自分の家を売却しようとする人はその家で過ごした思い出まで一緒に売ることになると考えます子供たちが楽しそうに遊んだ庭や朝日が溢れるまずで気持ちよく目覚める朝を想像しその体験を開いても求めるだろうと思うのですところがかいて皮は手入れの行き届いていない庭に眉をひそめたり窓に隙間を見つけてリフォームを検討したりしますこのような意識の違いが生じれば無理での提示する価格が書いての希望に沿うわけがありませんこれらの曲は人間が自然に持っているものであるため所有物を高く評価してしまうのは当然ですこれらのポイントを以外にも本書では性的興奮が道徳心を抑制する価格が高ければ良いものだと思うお金以外なら不正をするなどの人間の持つ不合理だとそれがどのようなメカニズムで起こるかを解説しています本書および人間の不合理さを知ればそれらを改善できるわけではありませんこうした不合理な行動は言ってしまえば人間の本能桜に基づくもの治すことも正すこともできません重要なのはこれらの不合理さに法則があることを理解し自分は不合理な判断をすることを前提に対応策を練ることです例えば所有物を過大評価するとわかっているなら所有物に対する価値を友人などの信頼できる他人に評価してもらえば良いのです社会規範等市場規範の問題もその人やコミュニティと信頼や友情で繋がりたいのかあるいは金銭的な利害関係にしたいのかを考えた上で報酬を支払うべきかを判断すれば良いのです人間は経済学が規定するような合理的な存在ではありません偏見を持ち間違いを犯ししばしば何が自分の利益なのかを見失う生き物ですしかしそれは突拍子もない行いではなく人間が持つ機能の結果と言えます所有物岡田評価するのは自分の子供や家族を何よりも愛する気持ちにつながります社会規範が市場規範よりも大きなやる気を引き出すのは社会の中で生きる人間にとって必要だからです人間の不合理は決して無駄ではないそれを理解した上で上手に対応していくことこそより幸せな人生を歩む力になるでしょう本書予想通りに不合理行動経済学が明かすあなたがそれを選ぶ理由を読めば人の本巣郡座の良い面を活かしマイナス面に対応する方法を学べますそれはより良い選択をするための指針となるものですから自分を成長させたいと思っている人は一読してみることをお勧めしますそしてこのチャンネルでは暮らしや人生を一歩前進させる本の紹介や幸せに近づくための情報を発信していきます画面に表示されているチャンネルボタンか動画説明文にある URL からチャンネル登録できますのでよろしくお願いします高評価もしてもらえると嬉しいです

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事