【おすすめ書籍】『全速脳〜脳は鍛えると100倍加速する(苫米地英人[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『全速脳〜脳は鍛えると100倍加速する(苫米地英人[著])』の紹介皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの滝見です今回は苫米地英人さんの喘息の脳は鍛えると100倍加速するを予約して行きます本書は仕事や勉強でもっと成果を出したいという人たちに向けて脳のタスク処理能力の最速化を図ることを目的に書かれているんですのーのタスク処理能力とは言い換えれば思考のスピードでありこれを極限まで上げることさえできれば仕事や勉強読書の時間あたりの効率をこれまでの10倍100倍にすることができるんだと筆者は言うんですそしてこうしたフルスロットル歌手胆嚢のことを本書ではわかりやすく喘息ノート読んでおりますこの喘息のを手に入れることで今まで叶わないと諦めていたい夢が叶ったり眠っていた自分の潜在能力が発揮されることで自分の人生を変えることができるでしょういやー今回あいもねなかなか面白そうな内容ですよねではどうすれば脳のタスク処理能力を極限まで引き上げることができるのかその方法論に迫っていこうではありませんがそれでは本日のお品書きは次の通りです1件で脳のタスク処理能力を極限まで引き上げる三つの方法について2件で一つのことをより早く処理するすなわちクロックサイクルを上げるということについて3件で複数のことを同時並行で処理するすなわち並列度について予言で抽象度を上げるということについてね分かりやすく解説していきたいと思いますではでは早速一幻の脳のタスク処理能力を極限まで引き上げる三つの方法について解説を始めましょうかどうのタスク処理を高速化して仕事勉強読書の時間あたりの効果をこれまでの10倍100倍にしたいあるいは同時にいくつものタスクをこなして死語との効率化を図りたいそんなふうに思っている方も多いと思うんですでは最初に本書の結論を申し上げてしまいましょう脳のタスク処理能力を極限まで引き上げるために必要なことは次の三つでございます脳のタスク処理能力を極限まで引き上げる三つの方法市ひとつのことをより早く処理する=クロックサイクルを上げるに複数のことを同時並行で処理する=並列度三つ目は抽象度を上げるこう言われてもねあまりピンとこないと思うんですよねですからそれぞれについてまずざっくりと全体的なイメージをつかんでおきましょうかまずは一つ目の一つの事をより早く処理するすなわちクロックサイクルを上げるについてですクロックサイクルとは CPU の処理能力のことでこれが上がると10分かかっていた情報処理の時間が5分3分と短縮うってきますすなわちつのタスクに対してどれだけ早く処理できるかを測る物差しであり脳の情報処理速度と言ってもいいでしょう二つ目の複数のことを同時並行処理するすなわち並列度については並列度とはあるタスクをしながら他のタスクをすること直接的ではなくて並列的な思考をすることです例えばですよ意識下では私たちは通常二つしか買ってきませんが実は無意識下ではこれが無限にできるんです一つのことをより早く処理すること複数のことを同時並行で処理することこの二つを組み合わせると思考スピードが飛躍的にアップするというわけなんですね一つの事を考えたり行ったりする速度を2倍にしさらに二つ同時にやれば4倍速になるというわけであります信じ難いかもしれませんが本書で紹介するトレーニングを行えばそれが可能になると筆者は言うんですそして三つ目の方法が最も重要な抽象度でございます重症度とは情報空間における視点の高さのことであります抽象度を上げてねより高い視点から物事を俯瞰することができればより多くの情報にアクセスすることができるんです低い抽象度では見ることができなかったことも抽象度を高くすることで見えてくるようになるんです抽象度を上げることができれば一回のアクションで処理できる潜在的情報量が増えるんですねーさてさてざっくりとこの三つの方法について何となくイメージをつかんでいただけたでしょうか現段階ではなんとなくで構いませんこれからそれぞれ三つの力を深掘りして解説しこれら三つの力を身につけるためにはどういうトレーニングをすればいいのかというところまで解説していきたいと思いますその前に一言の内容をしっかりまとめておきますポイント 本書の結論は脳のタスク処理能力を極限まで上げ仕事や勉強読書の時間あたりの効率をこれまでの10倍100倍にする方法があるんだとそして具体的には次の三つの方法であると市ひとつのことをより早く処理するすなわちクロックサイクルを上げるに複数のことを同時並行で処理する=並列度30照度を上げるこの三つの方法によってねあなたの脳はフルスロットル香椎喘息の方が手に入るというお話でしたそれでは2件で一つのことをより早く処理するすなわちクロックサイクルを上げるということについて深掘りして解説していきたいと思いますさてまずです一つの事をより早くするすなわちクロックサイクルを上げるにはどうすれば良いんだということについて大切なことを押さえて欲しいと思うんですめっちゃ簡単に言ってしまうとですよ誰でございます仕事でも勉強でも時間をかけるにつれて同じことがより早い時間で出来るようになりますよねそれは慣れたからに他なりません同じよりクロックサイクルはその気になれば2倍3倍4倍いや10倍100倍とどんどん早くなっていくんですよーは新しいクロックサイクルを自分が快適な場所すなわちコンフォートゾーンにすれば良いんですコンフォートゾーンとは自分にとって一番心地の良い空間のことであります筆者は人生のゴール設定やその達成を手助けするコーチングの専門家なんですがそのコーチングプログラムの中で人生のゴールすなわち将来の夢や目標を設定しようとするときはそのゴールを現場のコンフォートゾーンの外側に設定しなさいと教えているそうです人は現場のコンフォートゾーンの範囲内にいる限り心地よいから無意識のうちに常に現場のコンフォートゾーンにとどまる落としてしまいますしかし音声のコンフォートゾーンは過去の自分自身の記憶によって構成されておりそこにいる限りは過去に縛られちゃってね昨日の延長としての今日を過ごす羽目になります従ってあなたが人生のゴールを達成するためには現場のコンフォートゾーンをずらして新しいコンフォートゾーンを作らなければいけないんですそしてそのための一番の手段こそが現場の外があり人生のゴールを設定することなんですこうして見るとですよクロックサイクルとコンフォートゾーンの関係はゴールドコンフォートゾーンとの関係に似ているんですすなわち1日24時間というのは現状のコンフォートゾーンに流れているクロックサイクルでありクロックサイクルを2倍に早め1日を48時間として使ったり72時間として使ったりすることは現状のコンフォートゾーンのクロックサイクルから離れて新しいコンフォートゾーンのクロックサイクルを作るということなんです簡単に言えばですよ現状の2倍3倍あるいはそれ以上にまで自分のクロックサイクルを加速させそれに慣れてしまえば新しいコンフォートゾーンのクロックサイクルがその人にとっての居心地のよいクロックサイクルになるというわけでございますよクロックサイクルをねどれぐらいあげれば良いかはその人が現在置かれている立場や状況などによって変わってくるでしょう自分の仕事はそんなにスピードを要求されないものであるという人もいるでしょうしかししかしですよそれでも何事においてもスピードや効率が重要視される今早くしかも簡単にクロックサイクルをあげたいと考える人も多いことでしょうそこでここからは脳のクロックサイクルを上げるためのコツを紹介していきたいと思うんですねクロックサイクルを上げるために最も有効なことは一種の慣れでございますこれはつまり皆さんが普段送っているのに日常生活においてですよ一つ一つの行動をたった一秒でも素早く行うことができれば脳がだんだんその行動スピードに慣れていってクロックサイクルも up するというわけでありますではいよいよクロックサイクルを上げる具体的な訓練法についてね解説していきたいと思いますその訓練方法としては以下の四つのステップが有効なんですねクロックサイクルを上げる訓練法まずはステップ市毎日日常的に行っているすべての行動を書き出しそれぞれのコードにどれだけの時間がかかっているのかをまず記録しましょうそしてステップ2としてそれぞれの行動をいつもの2倍速つまり半分の時間で行えるように努力してみましょう例えばですよ毎朝20分かけて業務報告書を書いている人はそれを10分で終わらせるようにするんですそしてステップさんとしてステップ2の目標がクリアできたら次は 3倍速通常の1/3の時間でできるように努力してみろんですそしてステップ4では3倍速が達成できたら4倍速5倍速と徐々にその行動のスピードを上げていくさらに可能であればそれを6倍速まで上げられるように頑張ってください人の時間感覚というのは時計がそうであるように6の倍数と親和性があるんですですからきっと6倍速まではね比較的簡単に達成できると思うんですもしも全ての行動について倍速にしていくことが難しいようであればやりやすい行動だけを二つ三つ選んでねそれだけを行っても大丈夫です実を言えばこの倍速にする行動の内容というのはどんなことでも良いんです先ほど申し上げたとおりクロックサイクルを上げるためのコツは誰なんですこのトレーニングの目的はそれぞれの行動を早めることじゃなくて普段の生活で脳が慣れ親しんでいる時間間隔を早くしていくことにあるんですね家帰ればですよ脳の運動速度そのものを早くしていて喘息のを実現することが目的なんですこれを聞いてねいやいや本当にそんなことうまく行くんかいと時間間隔を変えるなんてできるのかよそう思う人がいるかもしれません人間は誰もが自分にとって心地の良い時間感覚というものを持っていてそれを自明のものとみなしておりますですが時間感覚というのは個々の主観にすぎず絶対的なものではないんです例えばですよ東京で暮らしている人と地方で暮らす人を比べてみれば分かりやすいですよね彼らは同じ生活をしているんですが利用者の時間感覚は全く異なるんです東京の人が地方の人を見るとずいぶんのんびりしているなぁと感じるでしょうし逆に地方の人は東京の人は歩くのも早いし話すのも早いし正確かしてんなぁと感じてしまうんですこの地球上で暮らしている大多数の人間は1日24時間として過ごす時間感覚に慣れすぎてしまっておりますですからその時間間隔が悟空当然で絶対的なものであると思い込んでしまっているんですねしかしそれはただの錯覚でしかありません1日が24時間であるというのは実はすごくのんびりとした時間の過ごし方だと言えるんですそのため徐々にクロックサイクルを上げていけば体感速度はスピードアップして体感時間も拡張していくんですあなたが日常的に行うすべての行動を6倍速すなわち1/6の時間で出来るようになれば1日は144時間一週間ません8時間だと感じるようになりますから時間をより効率よく使うことができるようになるでしょう時間というのは絶対てえきなものではない相対的なものだということをしっかりと押さえておいてほしいです例えばですよあなたがめちゃめちゃ可愛い女の子とねデートしているとき時間は一瞬で過ぎ去るように感じるでしょうもっと居たかったなと一瞬だったなとそう感じると思うんですしかしですよ上司の説教を聞かされている時間は永久に続くかのように感じるでしょうこのように時間とは総体的なものなんですそれでは2件の内容をまとめておきますポイント市私たちはその気になればクロックサイクルを2倍3倍4倍10倍100倍へと早めることができるクロックサイクルを上げるために最も有効的なことは一種の慣れであるポイントに具体的なクロックサイクルを上げる訓練法は四つのステップを実行するだけまずはステップ1で毎日日常的に行っているすべての行動を書き出しそれぞれの行動にどれだけの時間が買っているのかを記録しますそしてステップ2としてそれぞれの行動をいつもの2倍速で行えるように努力しますそしてステップ3で2倍速ができたら次はさらに早く3倍速でできるように努力しますそしてラストステップ読んで3倍速が達成できたら4倍5倍徐々にその行動スピードを上げていきますさらに可能であればそれを6倍速まで上げてください時間感覚というのは個々の主観にすぎず絶対的なものではないからこのようなトレーニングで早めることができるのだそれでは次3件で複数のことを同時並行で処理するすなわち並列度についてちょっと解説しましょうさて次は並列度を上げるトレーニングを紹介していきましょう並列度をあげるときのコツは無意識下でございます例えばですよ電車に乗りながら音楽聴いたりとか本を読んだりするなど意識的行為では同時に行えることは数が鍵 人間が意識的に並列して行えるタスクなんてせいぜい二つが限界でしょうすなわち右脳と左脳でそれぞれ一つずつでございますもちろん意識的な行為でも同時に行えば並列度のトレーニングとしてそれなりの成果を期待することもできるんですがそれは絶対的なものじゃないんですだからこその無意識化が必要になるんですねタスク処理のプロセスを無意識化していけば並列度というのは劇的に向上しますそれは人間の体の機能を考えてみればよくわかることでしょう人間というのは心臓を動かしながら呼吸もしていますしまた食べ物を消化して体を動かしたり足を動かしたりしてもいます車の運転も同じことです運転に慣れてる人は目で直接あるいはミラーを使ってね四方を確認しながらさらに着替えを動かしさらにハンドルを動かすという並列的行為がごく自然に入ってきていますよねそれはすべての行為が無意識化されているからに他なりません逆に教習所で乗っ自分の運転や免許の取り立てだった頃の運転を思い出してくださいそれぞれの行為を同時にやることに苦労していたはずですそれは車の運転に慣れていなかったためにそろそろの行為が無意識ができておらず意識的にやろうとしていたからでありますそれが運転に慣れるに従って運転するために必要なすべての行為が無意識化されていき次第に何の苦労もなくそれぞれのことが並列的に行えるようになったんです無意識の領域では並列思考が無限に可能になるんです皆さんもずっと解けずに頭を悩ませていた問題の答えが週末に公園を散歩している時になどまったく思いがけない瞬間にねぱっとひらめくという経験をしたことがあるのではないでしょうかそうした現象に対して学者はインスピレーションという言葉を使うことが多いんですがインスピレーションが湧くのはその問題について無意識がずっと考え続けた結果なんです意識上では他の仕事をしたりとか晩飯のメニューを考えたりしている時も並列的に無意識はタスクの処理を続けていたんですあるいはあなたがもし三つ以上の困難な問題を抱えていたとしましょうそうする時は夜寝る直前にその三つの問題の解答を宿題として自分にかして見るんですすると面白い事に寝ている間すなわち無意識のうちにそれらの問題への対応が勝手に考えたしてくれるんです何の努力をしなくてもただ寝ているだけで脳が宿題を片付けてしまうんですね朝起きた時に思いもかけなかったアイディアが思いつくことが多いのもそうした無意識の働きによるところが大きいといえますこのより人間の脳というのは無意識下で多くのタスク並列的にこなすように言ってきてます無意識のレベルでは人間の脳は初めから超並列の思っているんです私たちは小さい頃から直列思考で考える教育を受けてきたために意識して並列的に脳を使うことができなくなってしまいます直列思考とはですねえーだから B B だから C といったふうに長いチェーンをつなげ直線的にロジックを展開していく思考法のことを言います直列的な思考というのは一本の道を一歩ずつ進んでいくようなイメージなのでどうしてもね思考の速度に限界が生じるんですこれをシリアルボトルネックなんて呼んだりしますこのシリアルボトルネックを突破するには並列思考が必要なんですね並列思考が可能になればですよ複数のことを同時に考えることができるようになりますつまり A のことも B のこともしーのこともね同時に認識してそれぞれの関係衛星も瞬時に理解することができてしまうんです当然思考のスピードは圧倒的に早くになります一般に三つとかあるいは四つ以上の並列思考というのは意識上ではなく無意識レベルでなければ不可能です従って施工をいかに無意識化するかが並列化のポイントとなるんですね全てのタスクを無意識にやらせることが可能になればタスク処理のスピードは一気に上がるんですではではどうしたらねタスクを無意識レベルで実行することができるのでしょうかその方法はシンプルで一つのタスクを徹底的にやり込むということでございます例えばあなたが三つの習慣を身につけたいとしましょう多くの場合はですね私たちはこの三つを同時にやり始めてしまうんですがそうじゃなくて一つだけに絞ってまずはその一つの習慣を徹底的にやり込むんですそして人間というのは必ず慣れますからその一つが何 落とし込めるようになってきますそして一つの習慣を無意識下に落とし込んでからもう一つの習慣に着手するんですよこのより確実に一つ一つ集中的に取り組むことによって一つずつ無意識下に落としていくというのがポイントになりますそんなさ無意識下に落としていくことなんてできるのかよと思っているみなさんは自分が自転車に乗れたり車の運転ができているということを思い出してみて下さい自転車を乗りにも車を運転するにも実に様々な物事を同時並行で行う必要がありますよねそれが特に意識しなくても今できているとしたらあなたは既に多くのことを無意識下に落とし込めているという証拠でありますですのでまずは一つずつ着実にタスクを無意識下に落とし込むということを意識してみて欲しいと思うんですそれでは3件の内容をここでまとめておきましょうかポイント1並列度をあげるときのコツは無意識下である無意識の領域では並列思考が無限に可能となるポイントにタスクを一つずつ徹底的にこなして無意識下に落とし込んで行こうそして一つが落とし込めたらまた次のタスクに取り掛からをこれを繰り返すことで多くの物事を無意識下に落とし込んでいくことができるそれではラスト予言で抽象度を上げるということについて解説していきますさてね抽象度なんて言うと何やら難しそうですが要するにですよ重症度というのは情報空間における視点の高さのことなんですよさてここからはね説明がちょっとだけね難しくなっちゃいますがとても大切なことでありさらにこれをしっかりと理解しようとすることで脳を鍛えるトレーニングにもなるのでぜひ頑張って理解してみようと思って欲しいです一度でわからなくても大丈夫何度か見て理解できれば十分だと思いますよそれでは解説を始めましょう先ほど重症度とは情報空間における視点の高さのことだと申し上げました例えばですねチワワという概念の抽象度を上げていくと犬哺乳類脊椎動物地球外生命体となっていきますチワワにはドーベルマンの概念は含まれませんが抽象度を犬にあげるとねチワワもドーベルマンの概念も見渡すことができるんですさらに抽象度を上げて地球外生命体の視点を持つことができればチワワやっとオーベルマンはもちろんキリンもライオンもインフルエンザウィルスでさえも語ることができますつまり抽象度を上げていくと見渡せる情報が格段に多くなるということにお気づきでしょうか本書では仕事のタスクについての解説をしているので重症度という言葉では分かりにくいと思いがサイズという用語が使われております重症度とグレインサイズは同じ意味だと思って聞いてくださいグレインとはねもともと穀物の粒のことなんですがコンピューターの専門用語令処理のユニットのことを意味しますグレインサイズを上げるとは一つのタスクの処理ユニットが大きくなることを意味します具体的にチェーン系飲食店を経営するという枠組みでねちょっと具体的に考えてみましょうかまずかなり小さいグレインサイズとしてコーヒーを運ぶというタスクがあったとしましょう同じレベルのタスクとしてはオーダーを取るとかコーヒーをドリップする料理を運ぶなどがありますこれらの仕事はいわばウエイターのタスクとなりますそこから一段グレインサイズを大きくするとウェイターのシフトを決めるとかウェイターの募集をするなどのタスクがあるでしょうこれはフロアマネージャーのタスクになりますこのグレインサイズではチョク接的にコーヒーを運んだりとか料理を作ることはありませんが潜在的に一つ下のグレインサイズのタスク処理にも関わっていますよねそこからさらにグレインサイズを大きくしていくと店舗マネージャーのタスクすなわちフロアマネージャーを誰にするか決めるとか店舗の内装決めるとかメニューの構成を決めるとか収支を計算するなどの仕事があります更にもう一段あげればエリアマネージャーのタスクがありますこれは各店舗の経営状況運営状況をチェックしたりするんですさらにもう一本グレインサイズを上げれば飲食店グループ会社の社長のタスクがあります例えば飲食店グループを経営する店舗のコンセプトを決める店舗の増減を決定するなどこういった具合にタスクにもグレインサイズがあるんですこうしてグレインサイズを大きくしていくことで一つのタスクで扱うことができる情報量が増えていきます例えばですよ グループを経営するってはより小さなグレインサイズであるコーヒーを運ぶ店舗の内装を決める複数の店舗の運営状況をチェックするというタスクを実際に行うばけじゃないんですがそれらのタスク処理のプロセスを潜在的に含んでいますよねコーヒーを運ぶとか店舗の内装を決める複数の店舗の運営状況をチェックするというものは飲食店グループを経営するという一つのタスクの一部であり飲食店グループを経営するという視点があればですよ小さいクレーンサイズのタスクを全て見渡すことが可能になるんです逆に言うならばコーヒーを運ぶことしかできない人はどれだけ頑張ってもクロックサイクルをあげても飲食店グループを経営するという大きなグレインサイズのタスクはできないんですグレインサイズの大きさの違いは小さなタスクを細々と処理していくかあるいは大きなタスクを一気に処理できるかの違いになりますグレインサイズが大きい方が処理ユニットが大きくなっていくので1回のタスク処理でより多くのことが処理できます例えば小さなグレインサイズ一回の処理で1のタスクを処理すると考えましょうかそうすると大きなクレーンサイズでは1回の処理で客のタスクを処理できるとするならば小さいグレインサイズの場合は1234とねタスク処理を細かく積み上げていくのに対し大きなクレーンサイズでは小さなグレインサイズの一回のタスク処理を一回で済ませることができてしまいますさらに処理の回数を増やしていけば102尺304寸と積み上げていくことだって可能ですつまりグレインサイズの大きなタスクと小さなタスクでは同じ回数の処理をしているのに結果は圧倒的に違ってくるわけでありますそれでは先ほどと同様に飲食店グループを経営するという枠組みで考えてみましょう小さなクレーンサイズのタスクを積み上げるとはコーヒーを入れる皿を洗うコーヒーをドリップする料理を運ぶ料理を作るなどがあるでしょうそれらを積み上げていけば結果的に飲食店を経営することができますよねしかし何百もしくは何千何万という数のタスクをこなす必要が出てくるでしょうそうなるとタスクそのものの問題発見は難しくなってしまいますであるならば初めから飲食店を経営するというクレーンサイズの大きなタスクを目指せば1回の処理で飲食店が経営できてしまうんですまた飲食店を経営する飲食店 B を経営するという大きなグレインサイズでタスクの処理回数を増やすことができればより大きな成果を上げることにもなりますそれではちょっとずつね抽象度を上げるとかグレインサイズをあげるということの意味がわかってきたでしょうかそれではこれをビジネスマンの仕事に当てはめて考えてみましょう企画書を書くとか見込み客を訪問するとか見込み客に商品をアピールするなどと小さいタスクを数多く積み重ねて行くよりも新商品で市場のシェアを奪うというような大きいグレーサイズで処理すればはるかに大きな成果を上げることができるというわけですこのよりグレインサイズをあげることはタスク処理のスピードアップと質の向上に不可欠です grain size =抽象度をねアップしてより高い見地からタスク全体を見渡すことができれば仕事の能率が画期的に上がるでしょうこのより抽象度を上げるグレインサイズをあげるというのはより高い視点高い次元のスケールから物事を見ることなんですなるほどねとここまでで抽象度を上げることグレインサイズを上げる事の重要性については分かったことでは具体的にどうすれば抽象度を上げることができるんだよと思っている人がいるかもしれないのでその他ためのトレーニングも紹介しておきましょうかトレーニングとしては日常的に目の前にある物事について抽象度を上げて捉えることを習慣化すると良いと筆者は言います例えばですよ今あなたが読んでいるこの本について語るとき最も重症度が低いのは物理空間でまさにあなたの手の中にあるこの一冊で一つ抽象度が上がるとこれと同じような本つまり全国の書店に並んでいたり Amazon で検索できたりする前即納という本になりますもう一つ抽象度を上げると苫米地英人の著書ということができますあるいは書店に並ぶときの分類やジャンルで抽象度を上げたければビジネス自己啓発ビジネス自己啓発書の一冊ということ持っていけるでしょうさらに抽象度を上げれば本です本には単行本もあれば雑誌もありますが共通項として抽出できる機会には印刷製本された出版 あるでしょうところで昨今では書籍の電子化が進んでおりますが電子書籍は本だと思いますが電子書籍って印刷製本された出版物という概念には当てはまりませんよねしかし本から一段上の抽象度に上がれば書物すなわち文字によって情報を伝えるメディアだということがあってきます書物という抽象度では印刷製本された本も電子書籍も同じなんですよさらにその上のメディアという概念になると CD のような音声メディア DVD のような映像メディアも含まれていますそこには私たちがまだ見ぬ新たなメディアの概念も既に含まれているわけですこのより自分が知らない見えないものまで潜在的に認識していると同然の状態にね自らを引き上げることそれが抽象度の高い思考をすることなんですいろいろな物事を抽象化するのに慣れてきたら是非あなた自身についても抽象度を上げて見てください住所でも職業でも何でも構いませんから自分に関わる情報の抽象度を上げていくんです自分を取り巻く様々な関係性を認識し一つ上の重症度から眺めるこれをやっていくと自分を縛っている様々な概念や価値観から自由になっていくことができますいきなりガツンとね抽象度を上げる魔法のような方法はありません抽象度を上げるには毎日コツコツと抽象度を上げる思考を積み重ねていくことこの積み重ねによってだんだん抽象的な思考ができるようになってきますそれでは予言の内容をまとめておきますポイント市重症度とは情報空間における視点の高さのことであるポイントに抽象度を高めることで一つのタスクで扱うことのできる情報量が増えていくポイントさん抽象度を高めていくトレーニングは日常的に目の前にある物事について抽象度を上げて捉えることを習慣化することであるさて皆様いかがでしたが本日はねめちゃくちゃ情報量が多くてさらに難しい内容でしたねしかしあまり聞いたことのない話ばかりだったと思いますそして非常に役立つ内容だと思うので是非なんとかこの動画を見直してしっかりと今回の内容を頭に叩き込んでいただきたいと思います本日は以上ですこの動画は駄目になったという人は私のやる気アップ更なる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンチャンネル登録お願いしますまた新しく論文から私たちの生活を豊かにしてくれる情報を引き出しわかりやすく解説するという論文解説チャンネルもやってますので興味のある方は概要欄のリンクから訪れてみてください本日はながら学校清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事