【おすすめ書籍】『自律神経を整えたいなら上咽頭を鍛えなさい 脳の不調は鼻奥から治せ(堀田 修[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『自律神経を整えたいなら上咽頭を鍛えなさい 脳の不調は鼻奥から治せ(堀田 修[著])』の紹介心身の不調を抱える患者さんの鼻の奥を調べると上咽頭という部分に炎症が認められますジョイントは免疫の関所であるとともに自律神経のコントロールに密接に関わっていますこのジョイントを強化すると驚くほど不調が総会市心身が止み難くなりますすなわち慢性上咽頭炎を直せば人生が変わるのです皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの焚き火でございます今回は堀田修さんの自律神経を整えたいなら上咽頭を鍛えなさいを解説していきたいと思います最初に言っておくとおそらくこの本には皆様がほとんど知らないであろうことがたくさん書かれていて私もとても勉強になりましたのでこの動画を見てこの方いいなと思っていただきましたら一度お手にとって読んでみることを強くお勧めしておきますそれでは早速参りましょう本日のおしながきは次の通りです一見で長引く不調の原因は上咽頭の炎症であるということを2件で自分でできる上咽頭の鍛え方を3件で薬に頼らない治療法を8について解説していきたいと思いますではでは早速1件の長引く不調の原因は上咽頭の炎症であるから解説をスタートしていきましょうかまず筆者の堀田さんはその長引く不調は鼻の奥の炎症が原因かもしれませんと言うんです皆さんは今なにかしらの不調を抱えていないでしょうか例えばいつも慢性的な頭痛に悩まされているそして目の奥が痛いとか首と肩がガチガチに凝っていて吐き気がするほど辛いとか仕事から帰ると異常に疲れていていつも慢性的な疲労を感じるとかあるいは精神が落ち込むことが多くうつっぽいなど何かしらの不調を抱えている人は多いかと思うんですそんな人は鼻の奥の女王咽頭という部分んが炎症を起こしている可能性があるんですねこの上咽頭の炎症が自律神経失調症うつ慢性疲労症候群を引き起こすのです先の見えないストレス社会を反映してか自律神経失調症やうつ慢性疲労症候群頭痛などに苦しむ患者さんは増える一方でございますこうした病気に対し鼻の奥にある免疫系の要である上咽頭を治療する方法が新しい治療法として大いに期待できるんですねこれらの病気は一般的にそれぞれ根本的に原因が異なる病気と考えられており扱う診療科目精神科心療内科脳神経内科一般内科など様々でございますしかしこれらの病気には脳の機能障害という共通点があるんですよそしてこれまでの治療は1病状を取り除くための薬物療法とに好ましくない変え方や生活習慣などを修正する精神療法の二つにほぼ限られておりました本書で紹介されているのは鬱自律神経失調症慢性疲労症候群の皆さんに高頻度で起こっている慢性上咽頭炎に対するピートといういわば第3の新しい治療法でございますつまり脳の病気を喉の治療で治すというわけでございます本書ではこれまであまり注目されることがなかった鼻の奥の喉の異常である慢性上咽頭炎とそれに深い関係がある脳の機能障害にスポットを当てております色々な医療機関を受診したけれど異常なしとか機能性などと言って取り合ってもらえなかった長年の原因不明の不調が実は上咽頭に原因が隠されているのかもしれませんジョイントが免疫系や自律神経系の要所であることや慢性上咽頭炎という考え方は一般的にはほとんど知られていない日本オリジナルの概念でございますしかしこれまで目を向けられてこなかった上咽頭に焦点を当てきちんとケア強化することで体調不良が多いに改善されることが期待できるんです本書ではその理論と改善するための方法が解き明かされているわけですいや私はね頃には知らないことが多く書かれていたので非常に勉強になりましたよではここからは一緒に上咽頭に関する基本的な知識を抑えていこうではありませんか上咽頭とはいわゆるのどちんこの後ろ上方にあり呼吸によって左右の端から入った空気が合流し流れを変える場所でございます上咽頭は鼻から吸い込んだホコリや細菌ウイルスなどの異物と体の免疫システムとの最初の接触地点とも言えますジョイントは空気が滞りやすく常にジメジメと湿っていて最近はウイルスに感染 である一方取り入れた空気を加温加湿浄化する作用も持っていますジョイントは異物から体を守る強力な免疫装置と言えるわけなんですね逆に言うとですよ上咽頭は常に戦場であり健康な人でも炎症が起こりやすい宿命にあると言えます風邪のウイルスに感染したりストレスが継続してかかったりすると炎症が慢性化して様々なトラブルを招いてしまいます上咽頭の炎症は急性と慢性とに分けられます風邪を引くことで生じる急性上咽頭炎は上咽頭に細菌やウイルスが付着し上咽頭細菌叢という病原微生物の集団ができることで怒るんですねこれによって喉の痛みや鼻水咳中耳炎や急性副鼻腔炎などを発症します急性上咽頭炎が起こると私たちに備わった免疫システムが作動し侵入した細菌やウイルスを退治してくれますから免疫力が高ければすぐに治りますし抗菌剤や消炎剤が効き目を発揮します一方でこの場所で慢性的な炎症がおこるのが慢性上咽頭炎でございます万世之上咽頭炎はこうした薬が効かない厄介な炎症なんですよ上咽頭の炎症を悪化させるきっかけは風邪やインフルエンザなど細菌やウィルスの侵入だけではなくストレスや寒冷埃などのほんの小さなことも引き金となります上咽頭の慢性炎症が悪化することで免疫システムや自律神経システムに狂いが生じそれが最終的に様々な体調不良を招いてしまうんです風邪以外の上咽頭炎の慢性化をもたらす原因として次のようなものが挙げられます花粉や粉塵黄砂タバコの煙など花粉や大気中のほこりこうさやタバコの煙なども咽頭のリンパ球を刺激して慢性化の引き金になってしまうんです普段から鼻呼吸を心がけるとともに必要な時にはマスクなどで異物を遠ざけ綺麗な空気を吸うようにいたしましょう禁煙は必須で他人の副流煙を吸い込まないように注意して下さいまたこれらに加えてストレスも上咽頭炎の慢性化をもたらす原因なんですハードワークで疲れが溜まり体調不良を感じているのに休めないときはいとも容易く慢性上咽頭炎が悪化して病的な炎症へと変化してしまいますこのより様々な理由で私たちの上咽頭は炎症を起こしてしまいそれが様々な全身の不調につながってしまいます従ってちょっとやそっとでは炎症が悪化しないように普段から上咽頭を強化することが健康な体を作ることにつながると言えるんです具体的な上咽頭の鍛え方は後半で説明するので楽しみにしておいてくださいさて先ほどから上咽頭は炎症が様々な全身の不調に繋がってしまうと何度か入っているんですがなぜ慢性上咽頭炎があると様々な不快症状が全身へとを呼んでしまうのでしょうかこれは慢性上咽頭炎が自律神経の調節異常を引き起こすことが原因だと考えられています自律神経とは交感神経と副交感神経からになり意思とは無関係に働く神経でございます副交感神経として最も重要な神経が迷走神経で副交感神経の約80%を占めておりますジョイントは神経繊維が豊富にある場所で副交感神経の主体となる迷走神経の感覚神経が分布しております迷走神経は12対ある脳神経の一つであり脳の延髄唐橋東部から頸部胸部腹部など全ての内臓リップ分布する神経であり内臓の筋肉の運動や分泌機能をコントロールしている大切なものでございます従ってこの迷走神経の働きに狂いが生じてしまうと全身にさまざまな異常を引き起こすことになるんですジョイントに慢性的な炎症が起きるとこの迷走神経の感覚神経を介してレンズにまで刺激が伝わりますそしてその刺激が今度は脳の大脳辺縁系という部分に伝わりますつまりですよ鼻の奥之上咽頭の炎症が迷走神経いいとは脳の働きにまで影響を与えることになるというわけでございますこのようにね上咽頭の炎症が引き金となって様々な痛みや不快症状が全身干支を選んでしまうというわけなんですねちょっと難しいことも言ってしまいましたがこのことだけ覚えておいてくれれば十分でございますいやー高音鼻の炎症でしょとか腹がちょっと調子 別にいいやなどと言って鼻の炎症を放置していると大変なことになるというのが分かりますよね結局私たちの体は全身が繋がっていますから花だけが調子悪いということはなくて腹が調子が悪いということは必ず他の部分も調子が悪いということを意味しているわけなんですよまあここまでで鼻の奥の上咽頭の炎症がいかに恐ろしいのがいかにこれを直すことが重要なのかということが分かっていただけたと思うんですでは2件=上咽頭の具体的な鍛え方を解説していきましょうかその前に情報量が多かったので一見をここいらでまとめておきましょうポイント市その長引く不調は鼻の奥の上咽頭の炎症が原因かもしれないポイントに上咽頭とはいわゆるのどちんこの後ろ情報にあり呼吸によって左右の鼻から入った空気が合流し流れを変える場所であるジョイントは鼻から吸い込んだホコリや細菌ウイルスなどの異物と体の免疫システムとの最初の接触時点で偽物から体を守る強力な免疫装置であるポイント3ジョイントは風邪やウイルス花粉や粉塵黄砂タバコの煙ストレスなどで慢性的な炎症を起こしこれが全身の不調につながるだから上咽頭を日頃から鍛えておくことが重要なのだそれでは次に言で自分でできる上咽頭の鍛え方を解説していきたいと思いますではでは2件では具体的に自分でできる上咽頭お守り鍛える三つの方法を紹介したいと思いますまず最初にそれらを列挙しておきましょうかジョイントお守り鍛える三つの方法一鼻の奥まで丸洗いできる鼻うがいをするにジョイントをだけをピンポイントで洗浄する上咽頭洗浄を行うさん首を温めるさてこの三つの方法で上咽頭を守り鍛えることで上咽頭の炎症を予防したり今ある全身の不調を改善することができるというわけなんですねではそろそろ別の方法をおさくさくっと解説していきましょうかまずは一つ目の方法鼻の奥まで丸洗いできる鼻うがいについて解説していきたいと思います常に細菌やウイルスに接していてじめじめと湿っているジョイントは炎症を起こしやすくストレスに弱い場所ですジョイントはいつもクリーンな状況に整えておきましょうそこでオススメなのが上咽頭を含めた鼻腔全体を直接洗い流す鼻うがいでございます鼻腔全体のホコリや花粉などのアレルゲンを洗い流すことができますし鼻の粘膜も洗うことができますから鼻づまりなどの不快感も解消できます喉からのガラガラうがいよりも風邪の予防効果が高くお勧めでございます鼻うがいの洗浄液は水ではなくて生理食塩水を用いてください水は浸透圧が低いためツーンとした痛みや刺激をもたらしてしまうからです1日1回から2回の花うがいを習慣付けると良いでしょうではでは鼻うがいの上手なやり方を紹介していきましょうか体液と同じ浸透圧にある生理食塩水つまり水500ミリリットルに小さじ程度の食塩をよく溶かしたものと鼻の奥に差し込めるようなノズルのついたプラスチックのボトルを用意します鼻うがい専用のサイナスリンスなどのキットを使うと手軽に習慣付けられます生理食塩水はその都度作るようにし作り置きはしないでくださいやり方はできるだけ前かがみになり片方の鼻から生理食塩水を入れもう片方の鼻から出すのを左右の端で行いますこれを2回繰り返してくださいなお鼻から入れたっ生理食塩水は口から出しても構いませんまたよー木を押しながら生理食塩水を花に流し込む時えーと声を出しながら行うとスムーズに鼻うがいができますどちらでもやり易い方法を見つけて習慣付けてみてください鼻うがいの後はかたはなずつ軽く鼻を噛みましょうかなり残った水が気になる時は頭を下に向け軽く左右に振ると取り除くことができますでは次二つ目の方法上咽頭だけをピンポイントで洗浄する上咽頭洗浄について解説していきましょうか上咽頭洗浄という言葉に馴染みの無い方が多いと思うんですが鼻うがいよりも手軽に出来るのでお勧めでございます体制が鼻うがいとは異なり頭を斜め上に向けて行います少量の生理食塩水を用いてピンポイントで上咽頭洗浄できますから簡単で違和感もなく日常的にジョイントをクリーンな状態に保つことができますでは やり方を解説しましょうかまず生理食塩水を押すと水が出る容器などに入れて下さいそして椅子に座り頭を60°以上後ろに倒し片方ずつでお花に約2ミリリットル程度入れてくださいこれを起床時と帰宅時間就寝前の朝晩2回行うと良いでしょう鼻から入れた液体は口から吐き出しても結構ですが量が少ないですからそのまま飲み込んでいただいても問題ありませんそれでは方法の三つ目首を温めるに解説を移っていきましょう首が冷えてうっ血してしまうと上咽頭の炎症を招いてしまうんですねですから普段から首の大きく開いた服装は避けストールなどを活用して首を冷やさないように心がけましょう首の後ろ温めると上咽頭の周辺の血行が良くなり慢性上咽頭炎特有のうっ血状態が改善しますまた首の周りの筋肉の緊張もほぐれて首こり肩こりも和らぎます首の後ろ温める便利な道具としてオススメなのがゴム素材で柔らかい昔ながらの湯たんぽでございます湯たんぽにお湯を注ぎタオルで包むなどして首の後ろに当てて上向きになりますすると5分程度で鼻の通りが良くなるということが実感できるでしょう首や肩の筋肉の緊張が緩み血流が良くなることで首こりや肩こりも改善しますその他電子レンジで温めるネックウォーマーや使い捨てカイロを利用するにネックウォーマーなど様々な商品がドラッグストアなどで市販されておりますからこれらを利用するのも賢いでしょまた夏の暑い時期に首を冷やすタイプの湿布薬は一時的には熱を冷まして気持ち良く感じても体調不良の原因を作ってしまうのでやめてください額や首の前の大きな動脈の部分を冷やすことは問題ないんですが汗をかくような暑い日でも首の後ろだけは冷やしてはいけません夏場に冷房で体調を崩す原因として首の後ろの冷えは重要で慢性上咽頭炎の悪化につながってしまいますさてここまでで上咽頭お守り鍛える三つの方法の解説が終わりましたこれらをコツコツ実行して上咽頭お守り鍛えていこうではありませんかそしてねもう一つ大切なことがあるんですそれは口呼吸を止めるということでございます私たち哺乳類は本来鼻から呼吸するように言ってきております花は天然の空気浄化装置で空気を浄化し温め加湿しておりますそのため鼻で呼吸ができていると上咽頭にとって優しくきれいな空気を取り入れることができます一方で口呼吸を続けていると口の中が乾燥しやすくなり唾液が出にくくなって口の中に怒った食べ物のカスなどが落ちにくくなり口腔内に細菌が付着しやすくなってしまいますまた埃やウィルスなどを含んだ汚れの空気の一部が直接上咽頭に流れ込んじゃってそれが刺激となって上咽頭に炎症を引き起こしてしまうというわけですここで自然に口を閉じた状態であなたの舌の先の位置を確認してみて欲しいんです舌の先が下の前歯の裏ではなくて上顎のセンターにある浅いへこみについていれば下が正しいポジションにあり自然と鼻呼吸になっていることを示しています口呼吸の習慣のある人は舌の先がどこにも触れていないか下の前歯の裏に着いていて舌の位置が本来の正しい位置よりも下がっているんですうつや慢性疲労症候群の患者さん感情の起伏が激しい人は口角が下がっているだけではなくて舌の位置が後方に引っ込んじゃって下方に下がっている音が多く認められますつまり口呼吸の習慣のある人のほとんどに重度の慢性上咽頭炎が見られるということなんですさらに舌の位置や動きが脳の機能と密接な関係があることが以前から指摘されております普段から下のポジションが植えた後のセンターに当たるよう意識してトレーニングし口呼吸の改善に努めることが必要なんですまた口の周りの口輪筋は口の開閉に関わる筋肉でございますこれが緩んじゃうと口呼吸を招いてしまいますから口輪筋をほぐして柔らかくするかいうべ体操を紹介したいと思いますかいうべ体操の具体的な方法を紹介します市喉の奥から力強くカット声を出すに口を思い切り横に広げいいと声を出す酸唇をすぼめて突き出しながら声を出す4舌を思い切り出しながら上 冷凍声を出すこれをね30回繰り返して欲しいんですよこの体操により口元を引き締め下の力を強化すれば鼻呼吸がしやすくなりますこの体操で口呼吸の人に特有の下が下方に下がっている状態が改善するんですまた睡眠時の口呼吸を防ぐために口テープを使用するのも良い方法でございます日中は意識的に鼻呼吸ができていても睡眠時に口呼吸になっている人は少なくありません上咽頭は口呼吸に非常に弱い場所ですから慢性上咽頭炎を改善するためには睡眠中も鼻呼吸の状態をキープしなければいけないんです近年様々の就寝時の口テープが市販されておりますのでこれらを利用すると良いでしょう最もお手軽でオススメなのは紙の絆創膏を切って寝る時に唇を閉じて縦に貼る方法でございます優しくはがせて肌への刺激が少ない商品がお勧めでございますそれでは2件の内容をまとめておきましょうかポイント市上咽頭お守り鍛える三つの方法は市花尾くんまで丸洗いできる鼻うがいに上咽頭だけをピンポイントで洗浄する上咽頭洗浄さん首を温めるこの三つがありましたポイントに口呼吸を止める二つの方法として1回いうべ体操に睡眠時の口呼吸を防ぐために口テープを活用するという二つの方法を紹介させてもらいましたそれでは次ラスト3件で薬に頼らない治療法を8について解説していきたいと思いますさて2件では自分でできる上咽頭の鍛え方や口呼吸を止める方法について解説してきました3件では病院で行われている薬に頼らない治療法イートについて解説していきたいと思いますいいとは薬を使わない画期的治療法でこの治療法が自律神経調節障害慢性疲労物などの道のトラブルが原因の体調不良に対する服薬によらない治療として新たな突破口をになる可能性があると著者は考えておられますいいことは0.5から1%濃度の塩化亜鉛溶液をしみこませた綿棒を鼻から入れて次に口から綿棒を使って上咽頭の後壁に強めに擦り付けるというシンプルな方法でございます大森耳鼻咽喉科などの医療機関で行われている治療法です8で使用される塩化亜鉛溶液とは消炎作用や殺菌作用抗ウイルス作用を有していますタンパク質を変性させて組織や血管を収縮させる作用がありますから炎症を起こしている組織に擦り付けて塗ることで炎症を抑えることができます良いとは上咽頭というセクションに止まっているウィルスや細菌を塩化亜鉛で早期に協力に対ししてしまうという治療法になります上咽頭に強い炎症があるとしみるような痛みが伴い出血が見られますがそのぶん高い治療効果が期待できます処置に要する時間はわずか1分程度でございます慢性上咽頭炎かどうかの診断と治療が一度に行えるのがこの人でございます健康な人のジョイントは表面に静脈が鮮明に浮き出て見え炎症があるとむくみやうっ血により静脈が不鮮明になるほか粘膜下の出血や粘液の付着などが見られるんですただし慢性上咽頭炎かどうかは内視鏡で患部を見ても分かりにくく実際に良いと行ってみて痛みや出血があるかどうかれっしんだしますいいとは本来は耳鼻咽喉科医が行う治療なんですがシンプルな治療法ですから著者たちのようなんだいかいを含め意志であれば誰でも実施することは可能です近年このイートが再評価され実施する耳鼻咽後悔は増えてきておりますがまだまだ一般的な治療法とは言えません慢性上咽頭炎の中核症状があり良いとを希望される方は実施している全国の医療機関に直接問い合わせる必要がありますまた良いとは実施する医師の技量により効果もばらつきがあります上咽頭にしっかりとまんべんなくしかも強めに綿棒をこすりつけるのが良いとの骨でございます軽くちょこちょこと塩化亜鉛溶液を調印通りに塗りつける程度では効果はあまり見られないそうです週に1回から2回のペースでまず10回から15回を目安に計測してみてください治療終了の判断は症状が日常生活に支障のないレベルまで改善した事が基準となりますまず3ヶ月継続しながら2件で紹介したセルフケアを併用しじょういんとうを鍛える生活習慣を心がけていきましょうどうしても謎の不調で毎日が この症状を早く治したいよという方はこのいいとお試してみるのもありだと思います金処理はこの糸によって辛い症状が劇的に治った患者さんの例がたくさん書かれております例えばワーキングマザーの T さんは慢性的な頭痛と肩こり首こり疲れを訴えていいとを希望して筆者の良いを受診されました頭痛は10年来とのことで鎮痛剤を常用しており風邪もひきやすく花粉症と風邪で一年中マスクが手放せないと言います頭痛は二日に一回送り頭を締め付けられるような痛みと共に目の奥のじんじんとした痛みに悩まされ首筋もガチガチに硬く吐きそうになるほど辛いと訴えます著者の本を読んで慢性上咽頭炎を疑い受診しました初回の8を行ったところヒリヒリしみるような痛みが上咽頭やはがきに生じたものの我慢できないほどではなく鼻から少量の出血が見られた程度でした効果は瞬時に現れましたそれまで首が回らないほどに強張っていたのが前後左右に面白いようにぐるぐる回せるようになったと驚いておりました筋腫と老師に加えて疲れ目もありしょぼしょぼとぼやけていた視界が明るくなり目がぱっちりと開くようになったと言います処置後は大量の鼻水が出ましたが3時間程度で収まり歯茎のしみるような痛みもしばらくすると治りました首こり肩こり疲れ目はデスクワークからくる職業病と諦め定期的にマッサージや鍼灸治療に通っていたそうですが効果は一時的だったため良いとの劇的な効果に驚きを隠せない様子でしたそして1日におきに怒っていた頭痛も起こらなくなりましたじいさんはこの劇的な効果に手応えを感じ週1回のペースで通院を続け可能な時には1日おきに集中していいと受けるようになりました2回目からは初回の2割程度の痛みしか感じなくなっ誰といい回数を重ねるごとに痛みや出血は軽くなっていったと言いますさらに仕事を終えると倒れこむように帰宅していたのが嘘のように帰宅後の食事作りや洗濯子供の世話なども張り切ってこなせるようになりましたその後もビートを続け20回を超える頃には体調も安定してきたため月に1回のペースで継続されているそうです長年の慢性的な不調が一掃され体調も良くますます仕事に子育てに奮闘されているそうですではではあと一人だけねすごい例があるので紹介します体調不良で10年間実家に閉じこもっていた症状が改善したという例でございますえーさんは子供の頃から風邪をひきやすい体質で年に数回は高熱を出すような子供でした中学生になると鼻水が喉から落ちてくる状態が気になるようになって頭痛も頻繁に起こるようになりました寝つきも悪くいつもすみん不足で心療内科で睡眠薬を処方されていま明日それでも何とか高校に進学体調不良で休むことが多かったが無事に卒業ってきましたしかし体調不良に加えて何をするにもすぐ疲れてしまい集中して物事に取り組んだり考えたりすることが難しかったため結局就職も進学持って行けず実家に閉じこもりがちになったと言いますアルバイトを始めても長続きしない生活を10年間続けてきました全身倦怠感と頭のぼーっとした感じがなくなればなんとかなるのではないかという思いからこれまで大学病院をはじめ様々な医療機関を受診したんですがなかなか的確な診断と治療には結びつきませんでした最終的に慢性疲労症候群との診断がつき色々と薬物治療を受けた者の症状は一向に改善せずそんな時インターネットで慢性上咽頭炎にを知る機会があり自分に当てはまることが多いと感じ藁にもすがる思いで著者の外来を受診したんですベッドに上向きに横になってもらい最初は鼻から次は口から糸をしっかりと行いました予想通りメモリは血液がべっとりと付着し直後もん喉と鼻から出血がみられましたこれは重度の慢性上咽頭炎の患者さんに特有の光景です痛みも相当強かったとは思いますが A さんは我慢強く治療を受けていました5分程度で出血は止まり落ち着きを取り戻した彼の口から出た言葉は先生視界が急に明るくなりました目がはっきり見えますという言葉でした体の中で何か変化が生じたことを感じているようでした二日後診察室を訪れた A さんの表情は晴れ晴れとしていて初診のときとは明らかに違っています聞けば倦怠感はまだ50%ぐらいに残っているものの頭のモヤモヤした感じがすっかりなくなったとのことでしたその後は週に2回の頻度でいいとを行いました2ヶ月後約20回目の治療の頃には出血がかなり減り処置時の痛みも軽くな その後は治療の頻度を少しずつ減らし半年後には良いとの出血はほとんど見られない状態になりました上咽頭炎の改善とともに倦怠感は軽減し集中力も戻り頭痛もほとんど起こらなくなったと言います寝つきが良くなり処方されていた睡眠薬も不要になりました体調管理に努め意欲的に今では毎日を送っているそうですさていかがでしょうか皆さんもねなんだかよくわからないけど体調が悪いとか病院に行っても体調が悪い原因がわからないという人はいいと受けてみる価値は十分にあるのではないでしょうかそれでは3限の内容をまとめておきましょうポイント HD とは薬を使わない画期的治療法でこの治療法が自律神経調節障害慢性疲労頭痛などの脳のトラブルが原因の体調不良に対する服薬に寄らない治療として新たな突破口をになる可能性があるポイントに慢性上咽頭炎の自覚症状アリレートを希望する人は実施している全国の医療機関に直接問い合わせる必要があるさていかがだったでしょうか皆様本日は普段なかなか聞かないような内容を解説してきたのでかなり勉強になったのではないかと思いますこの動画を見ていて自分も慢性上咽頭炎かもしれないなと思った人は実際にこの本を手にとって詳しく熟読し自分でできる上咽頭を鍛える方法や実際に病院を訪れていいと受けるとよいと思います今回の動画が慢性上咽頭炎に苦しんでいる人の病状が良くなるきっかけとなれたら私はとても嬉しく思います本日は以上になりますこの動画がためになったという人が私のやる気アップとサラダの動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンとチャンネル登録どうぞよろしくお願い申し上げますまた新しく論文から私たちの生活を豊かにしてくれる情報を引き出しわかりやすく解説するという論文か日立チャンネルも立ち上げておりますので興味のある方は概要欄のリンクから訪れてみてくださいさらに残酷すぎる世界の真実を解説するというね面白いチャンネルも行っておりますので興味のある方は概要欄のリンクから訪れてみてくださいそれではまた次の動画で皆さんと一緒に学習してどんどん賢くなっていけることを私は楽しみにしておりますよまた次の動画でお会いいたしましょう本日は長々とご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事