【おすすめ書籍】『金儲けのレシピ(事業家bot[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

created by Rinker
¥1,650 (2021/07/25 14:59:18時点 楽天市場調べ-詳細)

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『金儲けのレシピ(事業家bot[著])』皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの匠でございます今回は事業家 bot さんのベストセラー金儲けのレシピを予約していきたいと思います筆者は東京大学を中退しそして自分がオーナーとして企業を年商10億円以上にまで成長させてきた人物ですその中で商売の法則は15の原理原則にまとめられるということを発見しその15の原理を様々なビジネスモデル経済学人間の本能などから徹底的に検証考察し金儲けのレシピとしてね一冊の本にまとめてくれたのが本書でございますもちろん商売というのは生き物なので教科書を読めばあなたも簡単に成功者になれるというわけにいかないのは当然のことですが抑えるべき基本的な原理原則というのは存在するんだと筆者は言うんです筆者は授業が大きくなった現在金儲けにはこれを守れば最低限うまくいくというある種の原理原則があるということを発見し本書でそれらをまとめて公開していますでは早速金儲けのレシピについて解説していきましょうと言いたいところなんですがその前に一つだけ言っておかなければならないことがあるんですそれはビジネスにおいて誰でも簡単に必ず儲かるというのは絶対に存在しないということでありますまずそういう甘い話はないんだということを認識し甘い幻想を捨ててくださいではなぜそんな風に生きれるのか儲かるビジネスというのはですよ基本的に授業に対して供給が少ない状況が発生していてだからこそ超過利益が発生するわけですよねしかし誰でも簡単に必ず儲かるということになれば一気にね参入者が爆走してしまって限界利益がゼロになるまで参加者の増加というのは続くはずなんです例えばタピオカ家おかん変えてみるとわかりやすいでしょうタピオカが流行ってタピオカ屋やれば儲かるじゃんとなったら一気に参入者が増えそして一気に潰れてしまったのと全く同じ現象でございますそれでも世の中からは誰でも簡単に必ず儲かるを歌うビジネスは無くなりませんというのもその類のビジネスはこうすれば金が儲かりますというノウハウをやたらと高額で売ることで儲けておりそのノウハウとやらを見開いていくとあなたも私と同じようにこのノウハウを高額で売れば儲かりますと書いてあるだけだからでありますこうして階層構造的に被害者を再生さんしていくことで成立しているのがいわゆるマルチ商法でありネットワークビジネスにナンデスビジネスにおいて誰でも簡単に必ず儲かるというのは絶対に存在しないまずはこの大原則を抑えましょうその上でじゃあどうやって金儲けをすることができるのかについてさっそく解説を始めて行きましょうか本日のお品書きは次の通りです1件で一体 N 構造を作るということに件で ltv と CAC を意識せよということ3件で消費者から買うということよ県で高いものはいいものだということを解説していきましょうまず1件で一体 n 構造を作るから解説を始めますさてまず筆者が主張しているレシピがこれからのビジネスは一体 n 構造を作ることが重要であるというものでございます一体 n 構造とは何か少し具体例を出して考えてみましょうか今でしょでね有名になった林修先生が所属する東進ハイスクールという予備校があります駿台河合塾代ゼミの三大予備校にビデオオンデマンド授業という状態で殴り込みをかけ一気にその地位を築いた予備校でありますさて予備校あるいは塾という状態を考えた時に三つの業態が考えられますすなわち個別指導集団授業映像事業であります商売を行う際に値段が一定であると仮定するならなるべく仕入れ値街安い方がいいですよね予備校塾という状態を考えると個別指導は生徒1人当たりに対して先生一人つまり顧客一人に対して先生1人押し入れる必要がありますところが集団授業だと生徒20人に対して先生一人映像授業だと生徒がいくら言っても先生は一人でいいわけでありますつまり景教徒が同じであるという仮定を置く飲んだらば顧客 n 2に対して仕入れ1回という構造を作りその犬が大きければ大きいほど原価率を引き下げることが可能になるんです東進ハイスクールはレベルの高い少数の先生を雇うことで映像事業に特化しました映像授業ですからネット環境さえあれば全国どこでも何時でもあっても見ることができますよね他の予備校が生徒1人当たりに対して先生一人を必要とする個別指導 20人に対して先生一人を必要とする集団授業などを行っている中で東進ハイスクールは先生1人に対して生徒は全国を対象にした n 人というビジネスモデルを採用しました上手にネットを使って一体 n という構造を作り出し莫大な利益を上げることに成功したわけでありますそして YouTube やブログといったネットの世界も当然一体 N の関係になります YouTube の動画を一度とるとそれは全国いや全世界に向けて届けることができますブログも一度記事を書けばその記事はずっとネット上に残り全世界の人々がいつでもその記事を観覧することができますから当然一体 N の関係といえるでしょう最近企業公式の YouTube チャンネルを見かけることが多くなっていきましたがそれは企業側もこの一帯 N の関係をしっかり理解しているからだと思われますいちいち自分の企業はこんなことをやっていてこんなしょう売ってますと昔のように一軒一軒営業で訪問するというのはコスパが悪いわけですいちいち一人一人に対して説明するのはコスパが悪いわけですだってそれは一対一の関係だから1日に訪問できる数だって限られていますしかしネットであるならば自分の企業はこのような理念を持っているそしてこのような商品を作っているなどという宣伝動画を一度作ってしまえばそれは無限の人に届きますから一体 n の関係になるわけでありますそうするとですよわざわざ自分の会社についてアピールしたりとか広告配ったりとか自分の会社の商品を売るために一軒一軒家を訪問するための営業マンを雇う必要性も低くなるでしょうからコストを大幅にカットする事持って行きます是非あなたがこれから金儲けをしたいと思った時はこの一帯 n 構造を作れないかということを考えてみて欲しいんですそしてこの考え方に関連して一度作ったものを連続会売るという方法もあります例えば飲食業は料理は一度作って食われてしまえば当然二度と売れませんよねところが例えば本を考えてみると一度書いた方は印刷することで何千何万冊と同じものを得ることができますつまり一度作ったものを複数回得ることができるというわけであります商売におけるいった家の構造は本や CD といった物質的媒体あるいは物質的媒体を介さずにそのままインターネットで配信することで爆発的に n の数を増やすことができますインターネットが商売に対してもたらした最大の影響は本質的には流通革命で入った家の構造を簡単に作れるようになったということであります一度作ったものを一気に提供できるすなわち n の数が圧倒的に増えたことによって成功したサービスの爆発力がねインターアネット以前とは圧倒的に異なったわけですさていかがでしょうか先ほど予備校の例を取って紹介したように爆発的に儲けたいなら一対一の関係とか一体20の関係ではなくて一体 n の関係を作りこの n をどれだけ増やせるのかということが重要になってきますいったい n の方が拡張性もあり利益率も高いということは明らかですから厳しい市場競争を勝ち抜いていくためにはこの一帯 n の構造レッ勝負しなければいけませんいやいやそうは言ってもなかなかで一体 n のビジネス立ち上げるの難しそうだよと思われる方もいらっしゃるかもしれませんそんな方がねやはり手軽に利用できるのがインターネットだと思いますあなたに資本金もなく人脈もコネもないのであればまずはネットを利用して立体 n 構造を作ることからスタートするのが良いのではないでしょうかブログを書く YouTube を始める SNS で発信する何らかのネットサービスを展開するこのようなことはすべて一体 n の関係なのでここからあなたのビジネスを広げていくということを考えてみるのがまあ現実的ではないのかなと私は思いました仕立てでは一見をまとめておきましょうポイント市ビジネスモデルを考える時は一体 n 構造を作れポイントに一度作ったものを n 回売れポイントさん個人はネットを使って1体 n 構造を作ることから始めるのが良いさて次に言で ltv ダイナリー CAC を意識せよということを解説していきますさて筆者は巷のビジネス本や事業計画の解説本を見るとまず PL すなわち損益計算書についての解説が載っていて固定費を少なくし変動費をコントロールしましょうみたいなことが書いてあるのが大半であるといいますしかしビジネスモデルを身に解析するとき最も重要なのは ltv 直知 バリューと CAC 顧客獲得コストのバランスであるんだと筆者は言っているんです ltv すなわちライフタイムバリューとは平たく言うと一人の顧客を獲得するといくら儲かる年ということであり CAC すなわち顧客獲得コストというのはそいつを連れてくるためにいくらかかる年ということでございます例えば一回の客単価が1万円の美容室があるとしましょう人件費と原価が3000円で儲けは7000円ですこの曲が年間平均10回通ってくれるのであれば一人あたり平均の儲けは7万円ということになります商売を成り立たせるためにはざっくり言えば一人当たり7万円以下のコストで集客すれば儲けが出るということになります PL というのはあくまで単月でビジネスを切ったものなので将来顧客獲得のためにコストをかけた赤字経常的な赤字も同じより赤字という見え方でしか現れませんしたがって時系列でビジネスを切って良い悪いを判断することに本質的な意味はないんです以上の理由からビジネスを判断する本質的な宿は顧客あたりの収益性ということになるんですですのでぜひこれからあなたが何かビジネスを始めたいと思った時に自分のビジネスモデルは正しそうかを判断する基準として ltv ライフタイムバリューと CAC 顧客獲得コストのバランスが取れているかということを考えてみて欲しいんです ltv とは一人の顧客を獲得するといくら儲かる年ということであり CAC とはそいつを連れてくるためにいくらかかるねんということでしたねそして目指すべき ltv と cc の関係は ltv ワイナリー CAC でございました是非 ltv と CAC に基づいて収益性を判断するようにしましょう最近のビジネスを見渡してみると多くのものがサブスクリプション型であるということに気づきますよねサブスクリプション型というのは毎月一定額を100に課金させるモデルでございます例えば Amazon の Kindle Unlimited であったり Netflix であったり名だたる大企業が今ほとんどこのサブスクリプション型を行っておりますこのサブスクリプション型こそがまさに ltv を意識したものでしょう一人の顧客を獲得するとそのユーザーは平均何ヶ月継続してくれるのか一人当たりの ltv を出すことがあってきますその結果予算が立てやすくなります不安定なものではなく毎月これぐらいの収益が入ってくるということが簡単に予想できるわけですですから次に投資できる金額などの予算が立てやすいのでこのサブスクリプションモデルが現在流行っていると言われておりますそれでは2件の内容をまとめておきましょうかポイント市ビジネスモデルを身に解析する時もっとも重要なのは PL ではなく ltv ライフタイムバリューと CAC 顧客獲得コストのバランスであるポイントに ltv ダイナリー CAC に基づいて収益性を判断するようにしようそれでは次3件の消費者から買うということについて解説していきましょうさて次に紹介したい金儲けのレシピが消費者から買うということであります世の中には消費者に売るビジネスと消費者から買うビジネスの2種類があるということをまず意識してください一般的に商売といってイメージされるのはスーパーマーケットとか飲食店のような消費者に売るビジネスですよね一方でよく世間を見渡してみるとバイクの買取のバイク王とかねブックオフとか質屋のように消費者から買うビジネスも存在するんですこの二つのビジネスを比較したときに消費者から買うビジネスの方が動的に事業構造が良いということがお分かりでしょうかなぜならばですね消費者というのは文字通り消費者なので消費のプロフェッショナルなんです10円安い卵を求めて1キロ離れたスーパーに行く主婦そういう人だって決して珍しい存在ではないことからもそのことが分かるでしょう消費者というのは物を買う時に価格に対してめちゃくちゃって印鑑なわけです一方で消費者が売る時はプロフェッショナルではありません実際に BOOKOFF 日本を持っていき全部1円ですそれ言われてもねも家帰るのめんどいから全て売ってしまう人間がほとんどでしょうつまり消費者が売るときは価格に対して全然敏感ではないわけです一方の買い取り業者側は複数の取引をしているので相場観を理解しているわけでありますこのように考えるとですね消費者に物を売るビジネスよりも消費者から買うビジネスの方が 相手も事業構造が良いということがわかるでしょうもしあなたが今からビジネスを始めたいと思うのならば消費者から買うビジネスをやるという選択は良いかと思われますそして消費者が売る時に値段について真剣に考えていないのはモノだけではなくなんと自分自身についても同様でありますほとんどの日本の労働者の給料は実質的に所属する業界と業界内でのランクと役職雇用形態によって決定されておりそれに疑問を持つ人はさほど多くありません逆に言うと労働者からね労働力を買う時にもチャンスがあるということでございますこの労働力を取りまとめて売るというのは規制緩和の波に乗った派遣事業者でありクラウドワークスやランサーズをはじめとしたクラウドソーシング系のビジネスであると言えますクラウドワークスやランサーズは労働力を取りまとめて売っていますよねそして手数料によって設けておりますここまで聞いてきた皆さんの中にはなぜ労働力取りまとめ業のニーズがあるのだろうかなぜ直接雇用しないのだろうか仕事を頼みたい人と仕事を受けた人が直接繋がったらええやんかと感じる人が絶対にいたと思うんですだって直接雇用してしまえばですよ仲介業者への手数料を支払う必要がないため2割程度は支払いを削減できるはずですもんねしかし実際に仲介業者のニーズは無くなりません労働力取りまとめ業の本質的な価値それは労働者の質のスコアリングすぐに大量に入って入って切る解雇規制への対応の3点でございます日本市場では特に労働者保護のための解雇規制がね極めて厳しいんですよこのことが逆に派遣業への強いニーズを生んでおり労働力の人数がいなくなる可能性がある場合その仕事に対して正社員を雇用したくないそんなに頭が働く理由です要するに一度正社員として雇ってしまえばたとえそいつが無能であってもねそう簡単にクビにすることができないということでありますまた正社員であれば a さんの給料を同じ部署の b さんの給料の3倍にするというのは実質的に極めて困難ですがフリーランスであれば可能でありますこのような流動性の提供と価格の柔軟性が労働力取りまとめ業の人数であると言えるでしょうそれでは3件の内容をちょっとまとめておきますちょっと難しくて情報量多かったですねポイント市世の中には消費者に売るビジネスと消費者から買うビジネスの2種類があるこの2種類のビジネスを比較したときに消費者から買うビジネスの方が圧倒的に事業構造がいいなぜなら消費者は物を買う時は価格に敏感だが物を売る時には価格に鈍感だからであるポイントオンにだからあなたが今ビジネスを始めたいと思うのになれば消費者に売るのではなく消費者から帰ろう動力を取りまとめて売れということを意識しましょうではラストん予言の高いものはいいものだについて解説していきます経済学では値段が下がれば需要は増えて供給が減る値段が上がれば需要が減って供給が増えるというのが基本的な前提としてありますしかし顕示的消費においてはこの前提は成り立ちません簡単に言ってしまえば高級時計屋高級スポーツカーなどいわゆるブランド品は自分が上流階級であることを示すための商品でありそれゆえね高いからこそ意味があるという側面があるんです商売ににとってはこれほどありがたいことないですよね普通客は少しでも安くと求めてくるのに対しブランド品となると高いことから買うというスタンスで商品を選びに来てくれえるんですつまり顕示的消費の局面においては価格を下げなければならないという重力はかからない場所で商売を展開できるわけなんですねまたですよ高級品を売ることには別のメリットもあるんです人間には認知的不協和の解消という特性がありますこの認知的不協和とは例えばタバコを吸うと体に悪いという事実を知りながらタバコを吸うという行動をしている場合自分の認知と行動の中に矛盾が発生し不快になる状態のことでありますそして矛盾する情報を同時に自分の中に抱えた時それを不快に感じるため事実を捻じ曲げてね自分の都合のよいように解釈しようとするという特性が人間にはあるんです例えばですよカルト宗教で世界は1999年に破滅するとね予言されていて世界が破滅しなかった場合に信じたおかげで歯 相手条件の不的中を正当化するような心理的機能が認知的不協和の解消でありますまた品質が分からないものの場合高いものの方がいいものだと類推する心理的機能も働きます例えば60分100円の占い師と60分1万円の占い師がいたとしてどちらが信頼できるでしょうか60分100円の占い師の方はねなんとなく怪しい素人ではないか怪しい水晶玉を売りつけられるのではないかなどなんとなく不安感を生み出してしまいます良いものはある程度の値段がするはずという消費者心理を逆手にとって逆にちょっと高い値段を打ち出すことによって信頼感を調整できるんですそして1万円の占いがイマイチっ的中しないように思われる結果だったとしてもあれだけの値段したんだから意味のあることを言っていたに違いないと自分の中でその占いのあたっている部分を頑張って佐賀市逆に占い師に対するロイヤリティを高めるような心理的な動きが発生しますいやこれって凄いことですよね因果関係の逆転が怒ってるんですよ普通はですよいいものだから値段が高いという因果関係ですよねしかし高いものだからいいものに違いないという因果関係が成立してしまっているわけですここまで述べてきた高いからいいものだと認識してしまう僕らの性質はいわゆる代替医療にも活用されております代替医療とは現代医学ではまだ効果が証明されていない例えば癌が治るキノコのような報道を歌って高額で治療も時の行為を販売するビジネスのことであります例えばがん治療であれば標準治療のみを受けたく標準治療と代替医療を併用したくん代替医療のみを受けた軍の中で最も生存率が高いのは標準治療のみを受けた君と言う結果が出ておりますそれなのになぜ効果が証明されていない高い代替医療を人は受けてしまうのかそれは標準治療が保険診療であることによってねある程度安い値段で受けられることと関係があると考えられます実際代替医療を標榜する医師の中には抗がん剤は国と製薬会社の癒着のために保険適用がなされておりがんに対しては抗がん剤を使わない方が良いという音陰謀論じみた主張をする人間もいますまた患者や患者の家族の代わりも自分の家族の命はいくらかけても守りたいそのためにはいくら払っても良いと考えてしまったり高い代替医療の費用を支払った方が頑張ってる感が出てきているような気分になってくるということもあるのではないかと考えられますさで人間にはこのように考えてしまう心理的傾向があるのだと知ることがビジネスを展開する上でも役立つし逆に消費者としてサービスを選択する際にも役立つと言えるでしょうあなたがビジネスを始めるときに安い方がねいっぱいお客さん来てくれるから値段を下げようという戦略を取ってしまうと結局価格競争に巻き込まれて別の競合他社がもっと安い値段で提供を始めるとあなたはその競合他社に勝つことができなくなってしまうんですですから人間には高いものはいいものだと考える傾向があるということを理解して上手に価格の設定をすることが生き残っていくための秘訣であると言えるでしょうあなたが今ビジネスを始めようと思っているのならばこの話を参考にしてぜひ価格設定をねもう一度見直してみてはいかがでしょうそれでは予言の内容をまとめますポイント1価格を高くして信頼感を育むポイントに認知的不協和をビジネスに活用しろそれでは本日のハイライトに参りましょう本日は次の4点について解説してきました1件で一体 N 構造を作るということに件で ltv CAC を意識せよということ3件で消費者から買うということよ件で高いものはいいものだということを解説してきましたさて皆様いかがでしたでしょうか本日の内容はねうんうんそれは知ってるよというものもあれば全く聞いたこともなかったよという内容もあったかと思いますビジネスを立ち上げるといった大げさなものでなくてもあなたがフリーランスとして生きていきたい会社に頼らずに生きていきたいと思っているのならば本日の内容は是非理解しておくべきだと思いました例えばフリーランスであっても1件で解説した一体 N 構造を作るというのは重要になってきます結局フリーランスになってあなた一人が働いているだけではあなたが働ける時間が決まっている以上稼げる金額にも上限がありますそこでフリーランスとしての信用を積み重ねてあなたに多くの案件が入ってくるようになれば 案件を他のフリーランスを雇ってやらせるという選択肢もあるんです自分一人で案件をこなすのではなくて他のフリーランスを管理して舞い込んで来た案件を彼らに分配するマネージャーのような立場になれば稼働しているのがあなた一人ではないですからあなたの収入も増えることになるでしょう例えば50万円の案件を他のフリーランスに40万円で古い自分は手数料の10万円を受け取るといったイメージでありますこうするとあなたが受けられる案件の数が圧倒的に増えますから収入が増えることも間違いないでしょうこれがまフリーランスに置いていった家の構造を作ることなのかなと私は思いましたさらに3件で解説した消費者から買うというのもビジネスを立ち上げるという大げさな時だけではなくて副業したいと思ったりフリーランスになりたいという時も重要なものだと思います副業で転売などが流行っていますがこれも消費者から買うビジネスモデルだと言えるでしょうつまり今回紹介した内容は会社を作ると言ったね大げさな場合だけではなくてあなたが個人で生きていく時にも通用する考え方であります今勤めている会社を辞めて独立したいと願っているあなたにも通用する考え方であります是非独立したいと思っているあなたは今回の内容を参考にしてビジネスモデルを考えてみてはいかがでしょうか本日は以上になりますこの動画がためになったら私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンとチャンネル登録をしていただくと私だけ磨い喜びますまた新しく論文をわかりやすく解説する論文解説チャンネルを立ち上げましたので興味のある方は概要欄のリンクから訪れてみてください本日はご清聴ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事