【おすすめ書籍】『稼ぐことから逃げるな 若者たちに伝えたい「個の時代」を勝ち抜く方法(株本 祐己[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『稼ぐことから逃げるな 若者たちに伝えたい「個の時代」を勝ち抜く方法(株本 祐己[著])』の紹介皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの焚き火でございます今回は株元ゆうきさんの稼ぐことから逃げるな若者たちに伝えたいこの時代を勝ち抜く方法を要約していきたいと思います筆者は年商10億円の Web コンサルティング会社を経営しており企業の Web コンサルティング業務などに関わっている人物でありますそう聞くと凄すぎてとても自分には真似できないよと思うかもしれませんが筆者は新卒でベンチャー企業に就職しベンチャー時代にはひどいパワハラにも会っていたそうですその後大手コンサル会社に就職するもコンサル会社時代は会社仕事への適性に大きな疑問を抱いてると言った苦難も経験していらっしゃいますつまり元々はたいていの人と同じように就職をしてそこで辛い経験をし一念発起して独立して成功を収めた人物ですそのような人の言葉と行きタッチ式には耳を傾ける価値があるのではないでしょうかまずこの本の冒頭には自分の生きる道が決まっている人あるいは会社員として三十歳で年収一千万円に届くようなそんな企業に勤めている人はこの本を読む必要がないと書かれております逆にやりたいことが今特にないとかなんとなく大手企業を目指しているとか大手には入れそうにないから準大手や中堅企業に入る人に読んでほしいと言いますそれはそのままなんとなくで道を進んでしまうとどこかのタイミングで人生が詰んでしまう可能性があることを伝えたいからだそうです人生がツムとは一体どういうことでしょうかこの先は間違いなく終身雇用の崩壊年功序列の監修も弱まります例え会社に入ったところで働き口は安泰ではなくなり給料も大して上がらなくなる可能性があるんですさらに大手や準大手だとは相内は下積みが多く個人の実力を養いないというところも多いんです個人の実力を養えないということは条件の良い転職ができないということを意味しておりますその結果はっきゅうれたいしてやりたくない仕事を一生我慢してやり続ける会社に虐げられても亀のようにじっとこらえ続ける状態になってしまいますこれこそがまさしく積んだ状態なんですね今後はこのような人が増えていくということを筆者は本書の中で訴えておりますそしてそんな状況を避けるために一つの大きな海として若いうちから自らの裁量でビジネスの現場に携われる環境に身を投じ実践を通してビジネス戦闘力を大きく高めるということを提案されておりますビジネス戦闘力をしっかりと高めておけば仕事に合うれることがなくなりかつ一般的な会社員よりも大きな対価を得られるんですそれによってお金からも時間からも自由になれるんだと筆者は主張しておりますそしてビジネス戦闘力を高めた結果現在の1日の筆者の仕事時間は平均1時間から3時間ほどで残りの時間はゴルフや飲み会旅行など好きな時に好きなだけ楽しんでいるお金を稼ぐようになり以前は全く知ることのなかったお金持ちの世界を知るようにもなった今まで見ている世界がいかにしてなかったがこのお金も時間も自由にあるというお金持ちの世界を満喫せずに一生を終えていく人たちは本当にもったいないと私達を挑発しますそしてそのような世界にたどり着けるようにお金をきちんと稼ぐ事を大前提としてビジネスの力をメキメキつけた結果やりたいことを好きなようにできる人生を手に入れるそのための方法論やんマインドが本書には書かれておりますいやー面白そうですよねでは早速本書の内容にしょに切り込んでいきましょうか本日のお品書きは次の通りです1件でコスパ最強のビジネス戦闘力について2件でフリーランスへの道のりについて3件でフリーランスの収入を爆上げする方法について紹介していきたいと思いますではでは早速一幻のコスパ最強のビジネス戦闘力について解説していきましょうかさてまず最初にこれから会社に入る人であれ今会社に勤めている人であれあなたは何を判断軸にして会社を選んでいるのですかと筆者は問いかけておりますもしねこれがやりたいというものがなければそして今の会社に不満があるのならばやはり重要なのは稼ぐことでございますそれも短期的に稼ぐんじゃなくて中長期的に稼げるということが重要になってきますそしてそのために必要なのがビジネス戦闘力でございますつまり私たちが選ぶべき会社は 戦闘力が上がる会社一択なんです特にこれを聴いている皆さんが若いのならば若いうちからビジネス戦闘力を上げられるところに身をおくことが大切で会社を選ぶ一番の判断基準となるでしょうではビジネス戦闘力とは具体的に何なのでしょうか大まかに言うとビジネスで稼ぐための人脈とスキルさらには実績経験人間力といった要素をトータルしたものでございますビジネスの世界で稼ぐための総合力と言ってもいいかもしれませんこれを身につけておくことが中長期的に稼ぐためには絶対に必要なんですねそして注意するべきことは単純に練習=ビジネス戦闘力ではないということであります例えばですよフリーランスで年収一千万円稼ぐ人がいたって仮にその人が受注仕事を請け負うだけで人脈も欲しければビジネス戦闘力はそれほど高いとは言えません逆に同じ年収一千万円でも大企業に勤めていて大きな決定権を持つ部長であるならばこっちの方が戦闘力は高いですこの不調は自分が得ている収入自体は1千万円と先ほどのフリーランスと同じなんですが大企業であればいざという時に動かせる部下は何十人と許し動かせる工場設備も莫大なものである可能性が高いんですビジネス戦闘力とはそうした自分が動かすことのできるし本の大きさとも言い換えられますここで言う子本当は具体的に言うとヒトモノカネの三つでございますビジネス戦闘力とは自分が動かすことのできるし本の大きさつまり自分が動かせる人もの金の大きさのことでございますいかに自分が動かせるこの資本を大きくするかという視点で常に考えることがとても大切になりますどんな企業に入ってもありはあなたがフリーランスであっても自分が貸せる資本とは何だろうという視点を常に意識し続けるそしてスキルを高めるとか出世して部下を付けられる立場になるとか人としての信頼を得て影響力を身につけるといったアプローチを通して意識的にビジネス戦闘力を高めていくこのビジネス戦闘力を一定以上に高めることができれば何があっても仕事にあぶれることはなく一生稼ぎ続けられますそしてこのビジネス戦闘力を高めることで最もコスパの良い行為にたどり着くことができるんですよそれはビジネスで成功することでございますビジネスは野球やサッカーとは違い全人口が参加する競技であります全人口が参加しているんですよしかも人生のうち40年も50年もそのフィールドに身を投じることになります従ってその世界で結果を出すと何よりも大きな実リオ手にすることができるんですね最もリターンの大きなビジネスという競技に費やす努力こそが最もコスパのいい努力なんですさてここまででねビジネス戦闘力の重要性について語ってきましたこの能力があればずっと稼ぎ続けることができるんでしたねではでは具体的にこの能力を高めるには何をやれば良いのか例えば筆者は従業員が100人未満のベンチャーに就職するという方法があるといいます特に若いうちからベンチャーで働くと早くから現場の実務に直接携わることができるんです大手だと20台では下積み仕事をやらされることが多いのに対して人材が限られるベンチャーでは若手であっても前線に立って実務を担うことが多いんですそのビジネスをゼロから任せられることが多くそこに本気で取り組めば嫌でもスキルや人脈といったものは身についてくるんですつまりベンチャーとはビジネス戦闘力を上げざるを得ない環境ということができるでしょうさらに中小企業間の取引には経営者がね直接登場するケースが少なくないんです従ってベンチャーでの実務を通して経営者との音人脈を大きく広げることも可能なんですよそして経営者との人脈は後に解説するんですがビジネス戦闘力を上げる上で重要な柱になりますこのようにねベンチャーのメリットを力説すると一度ベンチャーに入っちゃうとその後大手に行ったり大手の仕事に関われないのではないかと心配する人がいるかもしれませんしかし結論から申し上げるならばそんなことは絶対に泣くベンチャーで実績をつけさえすればその後に大手企業に転職したり大手企業の仕事に関わる事は全く問題なく可能であります実際に筆者もベンチャー企業から大手コンサル会社に おりますこれを聞いてよしわかったぞと俺は厳しい環境に飛び込んでビジネス戦闘力を身につけたいからベンチャーに行くぞと思った人にもう一つアドバイスですそれは稼ぎやすい業種は Web 系ベンチャーであるということでございますベンチャー企業といっても種類は様々ですよねしかしその中で特に稼ぎやすい業種の一つが Web マーケティング系のベンチャーでありますそしてねこれまた Web マーケティング系のベンチャーといってもいろいろあるんですがマーケティングの知識と法人営業の人脈がバランスよくえられる会社というのが具体的な選ぶ際のポイントになります同じ Web マーケティング消えても例えば食べログなど大手グルメレビューサイトの営業はその枠を売る仕事に集中してしまうので Web マーケティングの知識はあまり身につかないんですだからこそ法人営業と Web マーケティングの実務を自分一人でやらなくてはいけないから自然と両方の力が付いて市場間もつかめる Web マーケティング系のベンチャーで働くのが絶妙であるのだと筆者は言います具体的にはメディア系の会社に入ってメディアを売る広告営業でもいいですし広告代理店で色々な企業の広告運用をしたり代理店として様々な商材やマーケティングツールを販売する形でもいいでしょういずれにしてもビジネス戦闘力を上げる上で良い環境というのは法人営業をしながら Web マーケティングに関わる実務に携われる会社であるということをしっかりと覚えておいてくださいこのような会社は世の中にいっぱいあるので就職することはそんなに難しいことではありませんそしてあなたがいざベンチャーに進んだ際にぜひ行っていただきたいのが営業でとにかくたくさんのお客様に会うことです目安では100人以上そして相手はなるべく偉い人を目指してください具体的には決裁権を持っているあるいは決裁権者に近い人のことでございますぶっちゃけ平社員100人と会っても意味がありませんつまりビジネス戦闘力が高い人100人以上に会うことが重要なんですそしてアンサイは名刺をもらうだけではなく Facebook で友達になることが重要ですなぜなら Facebook は人脈リストとして自身のアカウントに溜まり続け相手と連絡を取りたい時にいつでも連絡が取れるからであります最近は名刺管理アプリもありますが今は SNS で繋がっておくと何かと便利なので出来る限り Facebook で繋がるようにしましょうこれをコツコツと行っていくと2件で詳しく解説するんですが後々映画太子さんとなります100人に会う前は気づかないんですがそれだけのビジネス戦闘力の高い人と繋がると自分の出来る仕事が大きく広がるんですねそしていつしかあらゆるビジネスを自分の人脈を介して展開できるようになるんですそして営業で人に会う際にもう一つだけやっていただきたいことがあります営業だから基本的には何かを売る作業になると思うんですがうるさいに必ずお客様のビジネスモデルを理解するように心がけるということでありますこの会社はどれぐらいの売上規模で顧客単価はいくらでそれを何人に売っているから売り上げはいくらあるそれに対して支出がこれぐらいあるのでそれはいくらになるかこのようにそれを把握するとこまでを必ずシュミレートしてくださいそうやって会う人会う人全てのビジネスモデルを理解しどのような形で売上と収益が立っている顔か舌でもいいから考え続けるそれがビジネスマインドを養うための大きな力となりこれができるようになるとどんなお客様との商談でもきちんと話ができるようになるんですビジネスモデルを理解することができればビジネスの本質も掴めるようになります本質をつかんだうえでお客様の利益を伸ばせるようになったらもう法人営業としては100点でございます是非ビジネス戦闘力を高めるためにはそのように他人を潤わせることが極めて重要であると覚えておいてください人を潤わせることが出来れば自分が永続的に稼げるようになりますだからこそ是非他人を潤わせることができる人を目指して欲しいと思うんですそして他人を潤わせるために必要な要素が相手のビジネスモデルを理解するということなんですさて1件はちょっと情報量が多かったですねここでしっかりとまとめておきましょうかポイント市ビジネス戦闘力とは自分が動かすことのできる本の大きさつまり自分が動かせる人もの金の大きさのことであるポイントに 戦闘力は非常にコスパが良いので会社を選ぶ判断基準はビジネス戦闘力を高められる会社かどうかで決めようポイント3ビジネス戦闘力を高める方法は三つある市ベンチャー企業に就職するベンチャー企業の中でもマーケティングの知識と法人営業の人脈がバランスよく寝られる Web 系ベンチャーがお勧めである方法にビジネス戦闘力が高い人100人以上に会う方法さん相手のビジネスモデルを理解するそれでは次に言のフリーランスへの道のりについて解説していきたいと思いますさて異次元ではね会社に勤めながらもビジネス戦闘力を徐々に高めていくことが重要であるという話をしてきましたそしてそのための方法についても解説してきましたそしてある程度のビジネス戦闘力がついてきたらやはりフリーランスとして独立するという選択肢が賢いでございますよんなら会社員は単純に給料をピンハネされているからでございますここでフリーランスと会社員の違いについてサクッと整理しておきましょうかまず先ほども言った通り会社員は給料をピンハネされておりますというのも会社員というものは実はあなたが知らないだけで非常に大きな保険料を払っている状態だからであります例えばですよ会社が社員10人を採用した時に全員が優秀なんてことはないですよね必ず優秀ではない無能な社員がね混じっちゃうんですよそれも大抵は優秀な人よりも優秀でない人の方が割合はだいぶ高いです優秀でなくても雇った以上は会社はねおらクビにするぞと言ってねすぐにクビにすることはできないので全員に給料を払い続ける必要が生じるんですとはいえですよその人件費によって赤字になってしまうことは絶対に避けたいですよねだから一旦全員を安い給料で雇い入れることになるんですつまり会社員はクビになるリスクはほぼゼロである代わりに本来は100万円もらえる人であっても一旦30万円でね様子を見られているんですよ一方でフリーランスは本来もらえる100万円がそのままもらえる従ってフリーランスだからものすごく儲かるというよりも会社員が首のリスクに対しての保険料や間接コストとして給料を大きく天引き=ピンハネされているだけということになりますだからあなたが会社に勤めている間からコツコツとビジネス戦闘力を高めて優秀な人材になることができればどう考えてもフリーランスになる方がお得であるということでございますそもそも冷静に考えれば100万円から200万円の営業利益を出している社員が30万円の給料しかもらえないのはあまりに少なすぎると思いませんかそれだけ数字を出してるのであれば利益の78割少なくとも5割はもらっても良いはずですそれを踏まえた上でフリーランスの状況についてもちょっと考えてみましょうか例えば20万円から30万円ぐらいの案件を五つ掛け持ちしたとしますそれだけ掛け持ちしていると言いつつつつが突然なくなるということはまずあり得ないでしょう五つやるうちにまた新しい依頼が舞い込んできたりするので仮に減ったとしても合計で2から3個終わることはまずないと考えられますもちろん収入源はある程度増減するんですがそもそもサラリーマンのように天引きされずまとまった報酬を得られるフリーランスはもはや固定給に固執する必要はありませんなぜなら多少減ったところでなんてことないからでありますフリーランスで月収100万円を稼ぐのは難しくないと筆者は言います100万円という金額は給料が30万円の日外3か月本以上にあたりますよねそれを1ヶ月で稼いでしまえば残りの2ヶ月は仮に収入がゼロであったとしても会社員の人と実質同じ収入になりますしかも現実的にはいきなり2ヶ月間モン無収入になることはまずありえません以上をまとめるとこのようになります会社員の人が安定して給料をもらえているイメージは錯覚で実は本来もらうべき金額からごっそり天引きされているのだそれはクビにならず毎月必ず規定の給料をもらい続けることに対する保険料のようなものだとそれに対してフリーランスの場合10%ぐらいはクビになるすなわち無収入になるリスクはあるかもしれませんがその代わりに会社員が払う莫大な保険料を支払う必要がないリスクがたった10%なのであれば割の悪い保険料を支払う会社員ではなくフリーランスの方が明らかに そんな結論になりますこのように聞くとフリーランスが天国のように思えてきますしかしどのようにすればフリーランスとして成功できるのかその道のりが見えないんだという人もいるかと思うんですですからここでフリーランスになるための道のりを紹介してみましょうまず1件で解説したように会社員時代からビジネス戦闘力を高めておくそしてビジネス戦闘力がある程度落ち着いたらフリーランスとして独立するフリーランスとして業務委託をこなしながら月収20万円や30万円を確保することはそこまで難しくはないでしょうではこの後どのようにして売上を伸ばしていけばよいかここで大いに生きてくるのが今まで培ってきたビジネス戦闘力の高い100人の人脈でございますまずはその100人のメールアドレスをデータ化してください例えば筆者の場合エクセルに入力してくれる害虫サービスに B 3年間にわたる営業で交換した膨大な量の名刺をまとめてデータ化したそうですそしてデータ化したらアドレスを全て BCC にメールにコピペし独立しますというメールをね一切に送りつけるんです文面にはこんなことやあんなことができますのでよろしければお仕事くださいという内容も盛り込みますさらには Facebook や Twitter Instagram LINE のタイムラインなどあらゆる SNS を利用して独立するということを投稿してくださいもしあなたが今までしっかりと人脈を培っていればメールや SNS で起業すると伝えるとあっという間に数人からこんな仕事をお願いしたいという返事が来るでしょうなぜならば人は独立する人に優しいからであります特にすでに独立している先輩経営者は新たに独立する人に対して何かお仕事をあげようという気持ちになりやすいものです彼らは優秀だからこそ独立するということが分かっておりますし独立した直後はお金が無いすなわちお買い得であるということも知っているからでありますだからこそ経営者ほど独立する人にやさしいこれは独立した経験のない会社員と実際に身をもって独立を経験している経営者の大きな違いでありますそして会社員時代に培った人脈の中でオーナー社長は周りのたくさんのオーナー社長と繋がっていることが常であります従ってその人自身からは特に仕事の発注がなくても他のオーナー社長にこんな人がいますがどうでしょうと声をかけてもらえるんですつまりですよ100人のオーナー社長と繋がっていればその10倍20倍のオーナー社長にリーチできる可能性があるということでございますそして案件が色々と舞い込んできたら初めは全て受け付けてください受けて受けて受けて死ぬ気で働いてくださいそうすると月収510万円や100万円ぐらいならばあっさりとトータツっていきますこれは筆者に限ったことではなく周りのフリーランスも同じようなルートをたどっているのでかなり再現性の高いやり方であると筆者は言いますベンチャー企業に勤めていた家に培った最大の資産は中小企業の社長とのネットワークなんですねさてさていかがでしょうかこのように一歩一歩段階を踏んでフリーランスになって起業するという方法ならばなんだかできそうな気がしてこないでしょうか結局私たちがフリーランスになったり起業したりする時に一番難しいことはあなたに仕事を頼みたかっている人を探してくるということでございますフリーランスとして仕事が取れるかどうかで最も重要なのは営業力なんですしかししっかりとベンチャー企業に就職するなどしてビジネス戦闘力を身につけなければならない環境に身を投じしっかりとその間にビジネス戦闘力を身につけ人脈物えておくそうした上で独立してそれなりの人脈をふんだんに生かすことができれば徐々に仕事を依頼してくる人が増えその一つ一つを真剣に対応し評判を積み重ねていけば徐々に収入を伸ばして起業を軌道に乗せることも可能になるわけでありますこれは筆者とその周りのフリーランスの人たちが実際に成功した実体験などから得られた生きた知識なので非常に価値のある情報だと私は思いましたそれでは2限の内容をまとめておきましょうかポイント市フリーランスへの道のりは3ステップあるステップ市会社員時代にビジネス戦闘力人脈をゲットしておくステップにある程度のビジネス戦闘力がついたら独立しフリーランスとして業務委託をこなしながら月収20万円や30万円を確保するステップスターさらに売り上げを伸ばすために今まで培ってきたビジネス戦闘力の高い100人の人脈をフル それではラスト3件でフリーランスの収入を爆上げする方法について解説していきたいと思いますさて2件でフリーランスになるための道のりを開設しましたそこでビジネス戦闘力の高い100人の人脈をフル活用すればフリーランスとしての収入を爆上げできるという話もしてきましたしかし私にはそのような人脈今内容とか人脈作るのが苦手だという人もいるかと思うんですそんな人のためにフリーランスとして収入を爆上げする方法をあと二つほど紹介しておきたいと思いますフリーランスの収入を爆上げする方法市発注力を高めるに SNS に努力を注ぐそれでは順番に解説していきましょうかまず一つ目の発注力を高めるについて解説しますさてこの発注力を高めるという方法は収入を爆上げするとともにフリーランスが無収入になる可能性を極限まで下げる方法でもあるんですフリーランスと言うと不安定というイメージを持っている人はいませんかフリーランスになっても仕事がなくて収入がなくなってしまうのか不安だと思ってフリーランスになることを躊躇している人はいませんかこの不安をなくすのが外注することでございます例えば自分がやっている仕事が30万円の案件ひとつだけだったら30万円は丸々自分がもらえるもののいつか仕事がなくなってしまうのではないかという不安に常にから出ますしかし30万円で受けた案件を8割=24万円で人に紹介すれば自分は2割の6万円しか稼げない代わりに忙しくはなりませんしたがって他にも同じようなことをいくつも行うことができますこれを5件行えば収入は当初と同じく30万円になりますそして同じ30万円に見えても前者と後者では安定度が全く違うんです案件がひとつだとその仕事がなくなった駿寛に収入がゼロになるのに対し案件を言いつつまわしている場合一つなくなってもまだ4件すなわち24万円ぶんの仕事が残るからです加えて人に紹介するのであればそれほどの作業量にはならないからご検討言わずに10件でも30件でもできる可能性があるんです30件やれば安定度は相当高まるし自分が受け取る収入自体も180万円まで大きく伸びますつまり目先の収入にとらわれるんじゃなくて自分の利益率を下げて他人を巻き込むことで収入の安定性を大きく高めなおかつ収入自体をぐんと膨らますことができるんですもちろん自分に発注が来ている以上仕事を維持するためには品質を担保する必要はあるんですがそれでも自ら手を動かすよりも作業量ははるかに小さくて進むでしょう結局フリーランスは自分のリソースを切り売りして働く限り収入の不安から一生逃れられません反対に沢田この人を巻き込んで仕事を発注する発注力を高めることで収入は安定し伸びていくんです従ってフリーランスとして収入をできるだけ安定させかつ収入を大きく伸ばしたいのであれば一旦自分の利益を下げてでも発注力を高めるという視点を意識し是非実践するようにいたしましょうそれでは次二つ目の SNS に努力を注ぐを解説していきますそしてフリーランスにとって一番問題はどうやって仕事を取ってくるとかということでしょう現代では多くは SNS を介して仕事の発注が行われていますですのであなたがより多くの案件を取っていきたいと思うなら絶対 SNS をやらなくてはいけませんまた先ほど紹介した外注するという方法を使うためにも SNS は必須です筆者の会社は3期目を終えた時点で売り上げが10億規模になりましたそうしたレベルの会社は他にもあるでしょうがとっぴつすべき点は一緒の会社がシャインゼロ在庫ゼロオフィスなしといういわゆる固定費がゼロで売上10億円規模になったことですその要因として大きいのが SNS ですクライアント企業からの受注もフリーランス人材の調達も全て SNS をはじめとするインターネットの発信を通じて行なってきたそうですつまりあなたが一人のフリーランスだったとしても仕事を取って来るにせよそのとってきた仕事を誰かに任せるにせよ SNS を通して行うことが非常に多いということですどんどんフリーランスとして案件こなして収入 up させたいまたは他の人に外注してどんどん授業を大きくしていきたいそんな時は絶対に SNS をやる必要があります Twitter や YouTube で私はこんなことができますよと発信しましょう今は一つ一つの会社を訪ねて直接人と会って営業するのは時代遅れです Twitter や YouTube で自分のできることを発信し自分がやってきたことを発信しそれを見てくれた人が自分に仕事 てくれるという形が一般的なんですあなたの SNS の投稿を見てこの人になら仕事を発注したいこの人のスキルがあれば自分がやりたいことをお願いしてもしっかりやってくれるだろうそんなことを思わせる人を一人一人と増やしていくわけですもちろん SNS を始めたからといってすぐにはそんなに伸びないでしょうし案件が来るわけではありませんしかしあなたがフリーランスとして独立して将来的に収入をアップさせていきたいと思うのならばコツコツ SNS に取り組むというのは必須でございますそれでは3件の内容をまとめておきましょうかフリーランスの収入を爆上げする方法市発注力を高めるに SNS に努力を注ぐさてさて皆様いかがでしたか本日の内容は筆者自身が体験してきた内容をもとに書かれております実際に結果を出している筆者の生きた知識には耳を傾ける価値があると私は思いましたこの動画を見て興味のある方はぜひ本書を手にとって読んでみてください本日は以上ですご清聴どうもありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事