【おすすめ書籍】『ゴミ人間 日本中から笑われた夢がある(西野 亮廣[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

【期間限定】ほったらかしで10万円が1億5787万円に!天才トレーダーT氏が開発したFX自動売買システム無料公開中です!

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『ゴミ人間 日本中から笑われた夢がある(西野 亮廣[著])』の紹介皆さんどうもこんにちは本要約チャンネル納涼です本日は12月25日公開のえんとつ町のプペルを手がけた西野亮廣さんの最新作ゴミ人間を紹介させていただきたいと思います改めて紹介するまでもないかもしれませんが西野亮廣さんは漫才コンビキングコングのツッコミ担当であり絵本作家でもあり日本最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運営もされている何が本業かも分からないしかし時代の最先端を行き今やっと時代が追い付いてきているまさに時の人とも呼ぶべき人ですディズニーを超えたいと言い日本人から笑われてクラウドファンディングオンラインサロン始め日本中から叩かれて新興宗教団体等を運んだと好き放題言われ続けてそれでも諦めず努力を続け今ついにその夢に手が届こうとしているたくさんの覚悟とたくさんの地図とたくさんの涙を乗り越え夢を叶えようとしている男の泥臭い努力とそして緻密に練られた作戦の秘密を知ることで皆さんがもう一度今一度夢を追いかけるきっかけにとってその際にどういったことに気を付けなければいけないのか今の社会が落ちている構造的な欠陥とは何かということについて解説できたらと思います是非このこんこの動画をきっかけに価値観そして人生を変えていきましょう本日紹介する内容は以下の三つで大腸夢を語れば笑われて行動すれば叩かれるんでんだい社会第2章西野亮廣の思考法第3章行動しない人間はアホである是非最後まで楽しんでみて行ってくださいそれでは早速参りましょう大将夢を語れば笑われて行動すればたたかれる現代社会映画えんとつ町のプペルは煙突だらけでそこかしこから煙が上がり黒い煙に覆われた街に住む人たちの話です煙突町に住む人は青い空を知りません輝く歩数を知りません見上げたところで黒い煙しかない街の人々は見上げることをしませんみんな下を向いて暮らしていますそんな中煙突掃除屋の少年とゴミから生まれたゴミ人間が頭の上を覆う黒い煙の向こうがあるかもしれない世界に思いを馳せるんですそこにはきっと輝く星があるのだと語るんですしかし街の人々はそんな二人を執拗に攻撃します町の人々は見上げるものを決して許しません星なんてあるはずがない見上げるなと二人を責め立てるんですこれは今の現代社会の風刺です夢を語れば笑われて行動すればたたかれる現代社会それらすべては私たちの身の回りで実際に起きていることできっと今この瞬間もどこかで殺されている夢があるんですなぜこのような残酷なことがまかり通る世の中かになってしまったのでしょうかそもそもなぜ他人の夢お笑い行動している人の足を引っ張るような人がいるんでしょうか西野さんは自分の人生の時間を使って自分の体を使って自分が責任を取れる範囲で挑戦しているのにどういうわけか日本中から殴られ叩かれ続けました普通だったら叩いてくるアンチの人を憎み苛立つかもしれませんしかしここからが西野さんの普通ではない部分発想が違う部分になります西野さんは自分を叩いている人達を敵に回すのではなく彼らに寄り添って考えてみることにしましたひな壇の出演を拒否し叩かれた時には僕がひな壇を辞退し僕が絵本作家になることで皆にどんな迷惑がかかっているのだろうかどうしてみんなはわざわざ僕に時間を使い僕の行動を逐一チェックしわざわざ僕を殴るのだろうきっと彼らにも痛みがあるはずだと考えたアンデスわざわざ時間を割いてお金がもらえるわけでもないのにわざわざ伝えてくるそこには何かしらの理由があるはずなんですわけもなくずっとそんな行動をとり続けられるわけがないんです考えに考え抜いた結果理由として以下の二つを思いついたそうですみんなもともと夢の類を持っていたのだけれど大人になる過程で己の能力や環境を鑑みて折り合いをつけて捨ててしまったそんな中皆が折り合いをつけて捨てたものつまりゴミを未だにも続け丁寧に磨き輝かせようとする者がいる折り合いをつけて夢を捨てた人達からするとなんとも迷惑な話ですまかり間違ってそのゴミが輝いてしまうとあの日夢を捨ててしまった自分の判断が間違いだそのことを認めなくちゃいけなくなってしまうんですそりゃさっさと捨てろやという考えにも 折り合いをつけて夢を追ってた人達の間違いをわざわざ証明しようとしている西野さんはこうして見てみるとたたかれる被害者ではなく先制攻撃を仕掛けた加害者だったんですこのような多面的な見方をすると自分のことだけじゃなく相手のことがよくわかるようになってきます例えば人間は知らないものを怖い嫌いだと思いかぎや宗教だと決めつけて遠ざける傾向があるだからこそ西之阪クラウドファンディング屋オンラインサロンを始めた時にそれが何かわからないだからこそその金額だけを大々的に報道し滝田教祖だと好き勝手に載せるんですしかしそれも相手の立場に立って考えれば当然の事なんです知らないものを怖いと思うのは人間の本能で歯夢を追っている人を叩きたくなるのも仕方のないことなんですそれを相手の立場になって知ることで初めて相手を許せるようになります中野信子先生の科学がつきとめた運のいい人でも紹介されていますが人間は矯正することでこれまで生き延びてきた生物中ですだからこそ相手を非難するのではなく相手を憎むのではなく相手の悪いところも許容し受け入れ相手の成長を祈るような人の方が高いパフォーマンスを発揮できることが分かっているんです自分一人の幸せを願うよりも自分より遠い人の幸せを願うことができる人の方が最終的な幸福度が高くなるという研究もあるんですアンチのようなあなたをたたえてくる人はまさにあなたの対極にいる存在といってもいいでしょうそんな最も遠い存在の人の幸せを願うことができるようになれば自然とあなたにも幸運が舞い降りてきます西野さんはまさにアンチの発言すらも理解しようと努力しとって許容し自分の夢への原動力へと変えていたこの研究結果を実際に証明した人とも呼べるのではないでしょうかその生き方を完全に真似することは難しいかもしれませんが一つの考え方として知っておくとこれから見える景色が違ってくるかもしれませんが衣装をまとめておきましょう現代社会は夢を諦めた人が夢を目指している人を笑叩くという構図が出来上がってしまっている自分を叩いている人がどのような理由で伝えているのかを考えると見えてくるものがある人間は知らないものを嫌いと思い三木屋宗教だと決めつけて遠ざける傾向があるだからこそあなたがもしまだ周りの人から理解が得られないような新しいことをやろうとしているのであれば叩かれるのは仕方がないことだと思うべきなんです叩かれもしないアイデアというのはむしろ新しいアイデアではないのかもしれません嫌われて最悪だと言われて初めて斬新なアイデアの出発前にいるんですむしろ叩かれて嬉しいよ私の考え方は間違ってなかったんだくらいの気持ちを持って突き進んでいきましょう第2章西野亮廣の思考法第2章では西野さんの思考法ここに迫りたいと思います誰もが思いもつかなかったことを思いもしなかった事を平然とやり遂げるために重要なことがたくさん詰まっていますので是非集中してみて行ってください今回は西野さんの思考法の中で特に実践しやすい有益なものを三つピックアップさせていただきたいと思いますまず一つ目何をしないべきかを明確にする西野さんは昔から目的達成をするために何をするべきかを考えるのではなく何をしたら確実に目的が達成できないかもうリストアップするようにしていたそうです報われる努力に巡り合えるかどうかは運が絡んでくるのでコントロールすることができませんが報われない努力を排除することには運が絡んでこないのでコントロール可能ですこれは現在様々な場面で言われていることですよねある問題に匿名した時自分がコントロールできないことを自分がコントロールできることを明らかにしておくアドラー心理学でいうところの課題の分離にあたります自分がコントロールできる範囲の中でやってはいけないことをやらないようにする成功確率を下げるような行為を極限まで減らせばおのずと成功確率が高まるということになりますこれは日常的にやりがちないやるべきではないことをリスト化して書き出すという方法にも応用できます例えば私の場合今お笑い芸人のかまいたちにはまっていましてかまいたちの YouTube を見始めると作業が進まなくなってしまうことが分かっていますですから今やってはいけないこととして夕方18時までは YouTube を開かないというルールを設けましたこのルールを設けるだけでダラダラと YouTube を見てから作業をやるということがなくなり朝のゴールデンタイムに確実に作業を行えるようになりましたこのようなやらないことリストを作る重要性は近年様々な やるべきことリスト to do リストを作るよりやらないことリストを作った方がいいと言われるまでになりました特に落ち込みやすいメンタルが弱い人はやることリストよりもやらないことリストを作ることをお勧めします初めから優先順位だけを考えたやることリストでは結局あれもやらなければならないこれもやらなければならないとやらなければならないという重圧に押しつぶされてしまいますもちろん達成できればいいんですがあれもこれもと全てをやり遂げる事は大変なことですしそれが毎日の to do リストともなると必ずやり残しがある日が出てきますそしてやり残しがあった日に今回もできなかったかと落ち込み行って来なかった自分を責め次の日には前日のノルマが積み重なったさらに大変なやることリストが出来上がる最終的には嫌になり to do リストを作ることすらやめてしまうという成功に待っといて近づかないという現象が起きいてしまうんですしかしやらないことリストの場合はそもそも作業の進捗状況といったものにはならないので雪だるま式にノルマがキャリーオーバーされて積み重なっていくようなことは起こりえません例えやらないことをやってしまった失敗してしまったとしても明日こそはやらないようにしようと思うだけでいいんです是非やらないことリストを作ったことがないよという方一度作ってみることをお勧めいたしますさてちょっと脱線してしまったので西野さんに話を戻しましょう西野さんの何をしたら確実に目的が達成できないかという思考は先程説明したやらないことリストの長期的なものだと捉えていただきたいと思います例えば西野さんの場合はひな壇番組をやるべきではないことに分類し出演を断ったそうです普通であればひな壇の出演を断るというのはあり得ないことですしかし西野さんはその固定概念を捨て出演を断ったですなぜ芸人はひな壇に出るものという固定概念を捨てることができたのかといえば最終地点を明確に思い描いているからなんですディズニーを超えたいという目標を明確に思い描きそれに必要ないと思ったものは大胆に捨てるディズニーを超えるために雛段に出演することが必要ないのであれば芸人の常識として出演するものであっても断っていいんです皆さんも是非自分が最終的にどうしたいのか目的地を明確に設定しその目的地に向かうために必要のないものはすべて断ってみてくださいなかなか抵抗があるかもしれませんがそれが出来た時非常にシンプルな道だけがあなたの前に残っているはずです二つ目の思考法が朝鮮には痛みがつきものだということを知るということなんですこのゴミ人間の中で常に出てくる言葉が痛みです西野さんの活動はもはや周りの人からたたかれることを前提に動いているようにも思えます西野さんはこの痛みについて以下のように語っています世間は既存のルールに乗るものを求めそこから外れたものを容赦なく叩きますが一つ確かなことは既存のルールから生まれるものは概ね同じ形をしていてそれでは世界を変えることができませんいつの時代も圧倒的オリジナルは違うルールから生まれます世界を変えるにはルールから変えなければいけませんただそこには大きな痛みが伴いますルール変更を快く思わない人がいます自分が想像できないことがあるに不快感を覚え攻撃に転じる人がいます結局のところ全く新しいことをやろうとしているのであれば叩かれるのは仕方のないことなんですだからこそそれを事前に分かった上で行動に移る必要があります2つの山ほどの規模じゃなくても新しいことに挑戦しようとした時に親や家族友人はあなたの行動に対して否定的な意見を述べる場合が多いでしょうよく親ブロッカーだとかドリームキラーだとか言われますがあなたの周りの人はあなたが新しいことに挑戦することに対してやめたほうがいいよと言ってくるんですそうやって言ってくるのは仕方のないことなんです人間は集団で暮らしてきた生き物ですから社会の輪を乱す者を攻撃する習性がありますだからもそうこれまで通りで幸せに無難に暮らせているのに
動を取って和を乱そうとしているあなたを攻撃するんですまた身近な人の場合その人自身があなたが挑戦したいことに挑戦したこともましてや達成した経験もない場合がほとんどなんですだからこそそのアドバイスには個人の願望が表れているだけにすぎず本当にあなたがその目標に向かって努力すべきではないのかという判断を下すことができないんですこのようにあなたの行動 自分から離れてしまうことを恐れているということが挙げられますもちろん心の底から心配しているのかもしれませんしかし本能の部分であなたが離れていってしまうことに対する恐怖があるんですそれは仕方のないことなんですだからあなたが挑戦する時に体の声が出ることは最初から言っておいてくださいやめたほうがいいよという意見にぐらついてはいけないんです指定の声が上がった時には俺は新しい挑戦をしようとしているんだなとむしろプラスにとらえていきましょう三つめの思考法が常に相手の目線で考えるです色々な所で言われているごく当たり前の事なんですが西野さんほどこの思考を徹底して活用している人は少ないでしょう西野さんは絵本を出版した時によくこの絵本は子ども向けですかという質問をもらったそうです絵本のタッチも相まってうちの子にはこの内容はまだ早すぎるんじゃないかと心配しての質問だと思いますが多くの大人が何気なく使うこの子供向けという言葉に疑問を持っていたと言うんですそのことについて西野さんはこう語っています自分が子供の頃を思い返すとお幼稚園の頃から親の顔色を伺っていましたしあのグループを敵に回すと厄介なことになるというポジショニングをしていましたもちろんまるまるですよと言った言葉で話しかけてくる大人を軽蔑していましたあんな言葉を使っている子供は一人もいなかったのでシンプルに気持ちが悪かったですところがどういうわけか自分が大人になるとその当時の気持ちはすっかり忘れてしまうようでまるまるで授業という言葉を子供に書ける大人は少なくありません子供を自分より能力の低い生き物として見積もりその結果この絵本は子ども向けですかという言葉を使ってしまう翻訳すると私より能力が低い男でも理解できますかです自分が子供の立場に至ってしっかりと物事を考え単純なイメージだけで物事を判断しないその精神が他の絵本とは一味違う独特の世界観と絵のタッチを産んだんです他にもクラウドファンディングなどを使ったスタッフになれる券の販売はまさに購入者側の目線に立った素晴らしいアイデアと言えます本来はスタッフというのはお金をかけて雇うものだという固定概念がありますよねしかし時代は変化しました SNS が流行っていることで誰でも全世界に自分の声を自分の行動を発信できるようになりましたそこで西野さんが気づいたことはお客さんが発信したがっているということなんです試しにイベントのチケットお値段の安い順から B 席 A 席 s 席スタッフになれる県で販売してみたところ最も値段が高いスタッフになれる県が一番最初に売り切れましたその後何度も試しましたが何度やってもやっぱりスタッフになれる県が一番最初に売り切れたそうですどうやらお客さんは違っているしかもお金を払ってまでみんないいねが欲しいしフォロワー数を増やしたいこうなってくるとまるまるのイベントに行ってきましたというツイートよりもまるまるのイベントは私が作りましたというツイートが欲しくなってくるんです本来はお金をかけて雇うべきスタッフがお金を払ってでもやりたい体験へと変化したんですこの変化を西野さんはプロが作ったものをお客さんにお出しするレストラン方からお客さんが食べたいものをお客さんが作るバーベキュー方への変化だと語っていますこの変化は最近では当たり前に捉えられるようになっていますが西野さんがこの携帯に切り替え始めたのは2014年時代の変化をいち早く感じているそれに切り替えることができたのはまさにお客さん目線に立って考えることができたからと言えます目線オフ複数持っておく自分から見た景色だけでなく様々な人の目線に立って考えるために本を読んだり SNS を見たり色々な情報源に触れておくそれがこれから先もずっと大切なことかもしれません第2章をまとめておきましょう西野亮廣の思考法一つ目が何をしたら確実に目的が達成できないかもうリストアップする二つ目が朝鮮には痛みがつきものだということを知る三つ目が常に相手の目線で考えるどれか一つでも自分に取り入れられるものはないかという目線で見てみてください第3章行動しない人間はアホであるさて第3章は西野さんの著作革命のファンファーレから行動しない人間はアホであるというテーマを解説させていただきたいと思いますなぜ最近ビジネス書が行動しろ行動すると書いているのか皆さんは分かりますか西野さんは行動することで得られる最も 最も大切なことだ他人の脳みそを使えるようになることだと言っています例えば西野さんはオンラインサロンを運営しているオンラインサロンのメンバーと会議を繰り返しているとこれがなかなかいいアイデアがポコポコと出てくることに気が付いたそうですスタッフのアイデアを採用しているということは西野さんはもはや一つの脳みそでは戦っていないことを意味します人のアイデアが自分の脳みそに集積していくつまり人のアイデアの待ち合わせ場所が自分の脳みそになった人間が強いんですみんなからのアイデアを集めそれを編集する人間になれば自分一人の頭じゃ考えもつかない事だって実現できるんですそのためにはアイデアの待ち合わせ場所になる努力をする必要があるんですそしてどういう人間が待ち合わせ場所として重宝されるかということを知る必要がありますそれがとにかく行動する人間だと言うんですなぜなら行動する人というのは自分の愛で会おう現実に変えようとしてくれるつまりアイデアの良い実験台になってくれる人間だからです考えて考えて考えて考えて行動を起こさない人間にはどんなアイデアを渡してもどんなアドバイスをしても結局何も生まれませんだったら多少手際が悪くても不器用でも行動してくれる人にアイデアを託そうと思いますよね足を止めている時間が長ければ長いほど他人のアイデア他人の脳みそは離れていてしまうんです結果一つの脳みそで戦うことになってしまいますところが現実に何か行動を起こす時成功確率を高めてくれるのはこの脳みその数何です厳密に言うと体験の数とも言えます何かを始める時一人の体験をもとに判断するのか中国人の体験をもとに判断するのかどちらの成功確率が高いかは言うまでもありません人には得手不得手があるのだからアイデアや体力特殊な技能は保管し合えばいいんです何でも一人で完結しようとして相互補完の流れを断ち切ることが最もアホらしいんですあなたが成し遂げたいことが大きければ大きいほど一人では絶対に乗り越えられない場面に遭遇しますだからこそ愚直に行動し周りを巻き込んでしまうような力を身につける必要があるんですしかしそう言われても行動できないとは数多く存在しますそんな人が行動するためにはどうすればいいんでしょうか西野さんは行動するために最も大切なのは情報を手に入れることだと語ります本動画の最後に西野さんの行動に対する思いを引用させていただきたいと思います行動しない人間は自分が行動しない理由をすぐに勇気のせいにする勇気がないから一歩踏み出すないというこれは違う大間違いだ行動することに勇気は必要ない子供の頃に一人で乗れなかった電車に今あなたが一人で乗れるようになったのはあなたが勇気を手に入れたからではない電車の乗り方という情報を手に入れたからだ僕は今この文章を新宿の喫茶店で書いているが家を出てからこの喫茶店に車で二井ゆうきなどを一ミリも使っていない喫茶店に来るまでの道が頭に入っている体立方今からアマゾンの奥地に行くとなると毒を持っている虫がいるのではないだろうかとかなんとか考えて僕は踏みとどまってしまうその時毒を持っている虫はいるけどワクチンを打っておけば問題ないよと教えてもらえると僕の足は前に進め一歩を踏み出すために必要なのはポジティブシンキングではなくロジカルシンキングだ説明できてしまう事柄に勇気は必要ない一歩踏み出すことに勇気が必要だと思っているのであればなおのことそんな不確かなものをとっぱらってやるためにもとっとと情報を仕入れた方がいいそしてこちらからし入れようとせずとも自然と情報が集まってくる体作りをしておいた方がいい情報は行動する人間に集まり更なる行動を見また情報が集まってくる行動の連鎖だゆうきのせいにしてはいけない今あなたが行動できていない理由はあなたが情報収集をサボっているせいだと力だ圧倒的努力これに尽きる行動しよう失敗したら取り返せばいい大丈夫ご清聴ありがとうございました私は今からえんとつ町のプペル見に行きたいと思います皆さんも是非劇場に足を運んでみてはいかがでしょうかそれではさようなら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事