【おすすめ書籍】『空気を読む脳(中野 信子[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

created by Rinker
¥880 (2021/05/07 18:26:46時点 Amazon調べ-詳細)

<総額5,000万円>500円~最大10万円分のバイナンスコイン(BNB)がもらえます!(2021年5月7日まで)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『空気を読む脳(中野 信子[著])』の紹介皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの量です日本人は恩や義理を大切にし何かを受け取ったならばそのものを相手に返していこうとする日本人は醜くても勝つより美しく負けるを好む日本人は不安が高く社会的排除を起こしやすく同調圧力を感じやすい一方で勤勉で言葉にしない美学を重んじる空気を読むことに長けている世界各国様々な民族にはそれぞれの特質があり日本人には日本人ならではの特徴があります民族で区切って性格を決めつける行為は時には差別を見タブーとされがちなんですが脳の仕組みを紐解くことで本当にそれぞれの民族に違いがあるということが分かってきているんですわたしたち日本人と他の民族トレは脳の構造の中で違う部分があるもちろんそのことによっていい面もありますし悪い面もあります日本人には日本人ならではの考え方脳の癖があるということなんですどの国が優れていてどの国が劣っているかということではありませんどの国とんな文化にもそれぞれ違った特色がありどちらかが発展しているというわけでもないそれが今の学問の味方です日本は大変おもしろい特色豊かな国でありますその一方で島国であるがゆえに異なる国の文化に触れる機会が極端に少ない国でもありますだからこそ海外の国に対して理解が足りていないと言われることが多いのもまた事実と異なる文化のどちらが新しいか進んでいるのかあるいは優れているのかそんなことを議論するのにはあんまり意味はありませんしかし知ることは大切なんです少なくとも現実社会に生きている我々にとって重要なのは違いを知ることによって自分自身の良いところ良いところを理解しまたそれを生かした者の良きところを学ぶことこれなのではないでしょうか他の国のことが何もわからないのに日本人は素晴らしい民族だと語ることはできませんまた私たち日本人に関しても客観的な視点で再度を見つめ直すことによって新しく見えてくる部分があるかもしれませんなぜ日本人はこんな考え方をするのかなぜ日本人は礼節を重んじるのか様々な学問で研究されていることですがその一部を知るだけでも私たちの考え方は大きく変わってきます日本人が陥りやすい行動や思考の癖を知ることで今までの悩みがきれいさっぱりなくなることだってあるんです今まで考えていたことは私が日本人だから陥りやすい罠に引っかかっていただけだったんだそう分かるようになってくるんです本日はその助けになる本脳科学の視点から日本人の考え a型特徴にせまり解き明かしていくそんな面白い本を紹介させていただきたいと思います本日紹介する本は中野信子先生の空気を読むのです元々は現代ビジネスという Web メディアで日本人の脳に迫るというタイトルで連載されていたものが本になったものなんですが様々な日本人の特徴を明快に脳科学によって説明してくれている面白い本になっています今日の動画では本書の中でも特に面白いなと思ったポイントを絞って解説させて頂きますが本日の動画を見て興味を持たれた方は是非お手にとって全て読んでいただきたいと思いますあい親子の情指定の仲間同士の連帯意識感動自己犠牲忠誠心誇り絆そういったものをふわっと感じさせるだけで何故世の中の日本人の大部分の人は押し黙って納得して大人しくされるがままになってしまうのかなぜ私たちは他人から受けた恩を無視することができないのかその理由について迫っていきましょう本日紹介する内容は以下の三つですが一応日本人は一旦怒らせると何をするかわからない第2章日本人はなぜ見に来ても勝つより美しく負けるを好むのか第三章日本人は富裕層に慣れても大富豪にはなれないですどれも面白そうじゃありませんがぜひ最後まで楽しんでみて行ってくださいでは早速参りましょう大将日本人は一旦怒らせると何をするかわからない皆さんは最終通告ゲームというものをご存知でしょうか最終通告義務は二人で行われ一方が資金の配分けんもう一方が拒否権を持ちます大分県思ったがは自由な割合で資金を配分できる自分の取り分をどれだけ多くしてもいいんですがもう一方に拒否権を発動されてしまうとどっちなの取り分も0になってしまうというルールです例えば資金を100万円 もし金に対してプレイヤー映画配分鍵を用いプレイヤー B が拒否権を持っとうしましょうプレイヤーへはこの100万円を50万円ずつ分けることも100万円全部自分の取り分にすることも80万円と20万円に分けることも可能なんです一方でプレイヤー B はその配分を拒否してお互いに知恵ももらわないという選択を取ることができるただそれだけなんですねプレイヤーへの配分が不公平だと感じたらプレイヤー B は拒否権を発動することができますがゲームのルールに従うならいかなる場合にも拒否権を発動しない方がプレイヤー B が得られる利益っていうのは高くなります例えばプレイヤー映画99万円自分で取ってプレーヤー B が1万円だっていう風に宣言したとします99対1なって明らかに不公平なんですがこうだったとしてもプレイヤー B は拒否したら自分の取り分がゼロ円になるために1万円だとしてもプレイヤー B の取り分だけで純粋に考えるとプレイヤー映画薬持っていくという場合以外はプレイヤー B は拒否しない方がプレイヤー B にとっては得なんですねですが拒否権はね発動されてしまうんですこれは不公平な仕打ちに対して自分が損をしてでも1万円貰えなくても復讐したいという心理が働くからなんですね皆さんの中にも仮に51万円と49枚の比で分配されたとしても拒否したくなるそういう心の持ち主はいるんじゃないでしょうかそのような時というのは自分が得られる金額よりも他人の方が得をしているということが許せないという感情が上回っているんですねそして驚くべきことに実験結果によればこの時拒否権を発動する率が高い人とそうでない人の間では遺伝的に決定されるレベルで脳が違うという風にわかっているんですつまり拒否権を発動する率の高い低いというのは脳の構造の違いによって生まれているということなんですね具体的には中脳にあるセロトニントランスポーターの密度が低いか高いかという違いによって生まれていますセロトニントランスポーターとは安心感をもたらすセロトニンの量の調節を担うタンパク質の事なんですがこのセロトニントランスポーターの密度が低い人ほど不公平な仕打ちに対する拒否権の発動率が高かったんですこれがいったい何を表しているんでしょうか実はこのセロトニントランスポーターの密度が低いつまりセロトニントランスポーターの数が少ない人っていうのは協調性の高い人ということでもあるんですそもそもをセロトニンという神経伝達物質は十分にあると安心感を覚えやる気が出る物質として知られていますそしてこのセロトニンの分泌量を調整しているのがセロトニントランスポーターというタンパク質分泌されたセロトニンをもう一度細胞内に取り込む役割をしているんですねつまりセロトニントランスポーターとは脳内に分泌されたセロトニンをリサイクルして効率よく使う明日タンパク質ということができますこの数が多いほどセロトニンを何度も何度も使いまわすことができるので気持ちが安定する安心感をずっと覚え続けることができるということになります逆に少なければ不安を感じやすくなるんですねこのセロトニントランスポーターの密度が低い人の性格は攻撃的ではなく逆に真面目で人を信頼しやすい協調性が高い人だということが分かっているんですセロトニントランスポーターの密度が低いとは協調性が高いここまでを抑えて先ほどの話に戻りましょう最終通告ゲームにおいては自分が損をしてでも他人が得するような不平等が許せない人間拒否権を発動してしまうような人はセロトニントランスポーターの密度が低い人つまり協調性が高い人ということなんです普通に考えたら自分が損してでも他人を貶めようとする他人が得するのが許せないとっていうのは攻撃性の高い人のイメージですよねしかし実際はそうではなくむしろ逆に協調性の高い人が拒否率が高いということが分かったんですつまり普段は誰かのために自己犠牲を厭わず真面目に働くそういう人が言ったの不公平な仕打ちを受けてしまうと一気に義憤に駆られて許せないと行動してしまう不平等嫌がり自分が損をしててもいいから相手を叩くという行動に出てしまうんです自らの損失をかえる水どんな手を使ってでも相手に目にもの見せてくれよと思たってしまうそういう人が普段は協調性の高い真面目な人ということなんですそしてここからがさらに面白いんですが実は日本人の脳にあるセロトニントランスポーターの量は世界でも一番少ない部類に入るということが分かっているんですねセロトニントランスポーターの量を決める遺伝子にはバリエーションがあり量を少なく賛成する SS 型という遺伝子型を持つ人の割合が日本には多いんです 日本人というのは世界でも最も実直で真面目で自己犠牲を厭わないそんな人々ではあるんですが一旦怒らせると不平等なことをして怒らせてしまうと何をするかわからなくなるそんな反発精神を持った人だということなんですこの性質が第二次世界対戦で恐れられた神風を支えた真理の裏にあったと考えられていてその遺伝子はまだ脈々と私たちの中に受け継がれていると言えますたかだか3世代や4世代では遺伝子を保持する人の割合にその劇的な変化は現れないカラーなんですねもちろん特攻については従来の戦前の教育や時代の空気によって国民がそのように行動することを強いられた反対することが許されなかったとする考え方が一般的だったんですしかしの方の中を覗いてみると事実はそれだけではなかったんですもちろんそういった教育や空気感が影響したという部分も大きいんでしょうがそれ以前に私たち日本人の脳というのはそういった自己犠牲を厭わないという性質を受け継いでいるんですまずそのことを知ることが大切だという風に言わせて頂きますさて第一をまとめる前に今回登場した脳内物質セロトニンこの精神の安定や安心感やる気の源になる脳を活発に働かせる鍵ともいえる脳内物質についてどうすれば適切に分泌することができるのかというところを解説していきたいと思いますこのセロトニンが適切に分泌されているとストレスに対する抵抗力が増し生き生きと生活できるようになるためにぜひ今回説明する行動を実行していただき日々を変えていただきたいと思いますそんな魔法のような脳内物質セロトニンなんですが適切に分泌させる方法はいたって簡単なんですそれは日光を浴びること日光を浴びると私たちの脳内でセロトニンの合成が始まります日光を浴びるタイミングとしては起床直後から30分までが重要でその時間帯25分から30分ほど日光を浴びることを意識するといいでしょうしょう時間日光浴をしてもセロトニンってのは無限に増えるわけではないので15分から30分これを押さえておいてくださいということです是非このタイミングを意識して日光浴をしてみてください逆に日光浴びる時間が減るとセロトニンの分泌が低下するということが考えられるんですねうつ病のひとつの形に季節性情動障害という疾患があるんですがこれは別名冬季うつ病と呼ばれています毎年冬になると日照時間が低下するためにセロトニンが欠乏していこううつ症状が出現するという疾患なんですその他セロトニンが不足すると慢性的にストレスを感じやすくなったり疲労イライラ感向上心の低下仕事への意欲低下協調性の欠如をうつ症状不眠といった症状が出現してきます是非セロトニンを結合させないように毎日朝散歩だったり起きたらカーテンを開けて日光浴を行うということを習慣付けていただきたいと思いますそれでは第1章のまとめをしておきましょう第1章では復讐心を産みやすい取っ手のはセロトニントランスポーターの量が少ないことを日本人はセロトニントランスポーターの量が少ないために実直で真面目で自己犠牲を厭わない人々ではあるが一旦怒らせてしまうと何をするかわからなくなる人種であるセロトニンは起床直後30分の日光浴で適切に分泌されるということを見てきましたこのことを頭に入れておきましょう第2章日本人はなぜ見にくくても勝つより美しく負けるを好むのか2018年日本がサッカーのワールドカップロシア大会決勝トーナメントでベルギーに敗れ史上初のベスト8進出を逃してしまったことは記憶に新しいでしょう結果をどう見るかは意見が分かれるところでしょうが概ね日本チームの健闘をたたえ各選手がプレイ中に見せた輝きに焦点を当てた好意的な報道が多かったように思いますまた日本チームが使用したロッカールーム戦士たち自身の手で試合後綺麗に清掃されロシア語で感謝のメッセージが残されていたことを加えて日本チームのサポーターが塵も残さず綺麗に会場を後にするという意欲統制された行動をとったことなどにも注目が集まりましたこうした側面に着目した記事が多くの人の心を捉えるという現象は非常に興味深いものです多くのメディアもこのような書き方を好む哀愁の性質を知り尽くしていて美しいエピソードこれを襲って探しているようにも見えました特にテレビ番組のワイドショーは比較的高めの年齢層がある視聴者であるためかより一層そうした傾向が強かったようにも感じられます皆さんの中にも過剰に美しいエピソードばかり紹介されているなぁと感じた方いるんではないでしょうかさらに注目すべきなのは日本チームの敗退が確定した時その時にベスト16入りが決まった時以上の賛成がここぞとばかりに寄せられた 美しいエピソードを報じるニュースが支持を得ていることを考え合わせると勝敗そのものよりも美しく振る舞うことこの方がずっと大事だと多くの人が無意識のうちに感じていたということになるんですねワールドカップ関連のニュース記事や SNS における反応は海外のものも含め総じて見に行く価値上がるよりも美しく負けることの方が価値があるという意見が人々が意識的にも無意識的にもごく自然に持ち合わせていることを示すものだと言えますもちろんこうした暗黙の了解に対していいを唱えるコメントってのも沢山あるんですがやはり多くの人の心の中にはこのような美学負けることの美学というのが存在することを改めて強く感じさせられる出来事だったと言えるでしょうしかしこの醜く勝ち上がるよりも美しく負ける方に価値があるというメッセージは一見素晴らしいように見える一方で非常に危険なものなんですさらに近年 SNS を含むネットの発達によって顔の見えない人一の巨大な集合体からこうしたメッセージが発せられその意見自体を変えることがとても難しいという点がその危険性をより大きくしていると言えますなりふり構わず価値を確実に取りに行くことはなぜ見にくいと言われるのでしょうか逆に言うなら勝ち負け以外の何かを大切にしようとする行為はなぜ美しいと伝えられるのでしょうか例えば歴史上の人物で人気があって繰り返し繰り返し物語として語り継がれていく人の多くは刺激的に人生を終えた人たちなんです戦国時代ならば大阪夏の陣で敗れた真田幸村幕末なら会津の白虎隊江戸時代ならば主君の敵討ちを果たして切腹となった赤穂浪士たちこのような分かりやすい刺激性を持った人物が人気を集めているっていうのは紛れもない事実ですよねこれは人間のそういった悲劇的な報われない部分に美しさを感じ肩入れをしてしまうという傾向を私たち人間自身が備えていることの証拠と言えるでしょうこれは日本だけに限ることではなく中華文化圏では非凡な力を持ちながら見果てぬ夢に入った艦これが絶大な人気を集め世界中中国人によって関帝廟という形で祀られたりもしているんですさてでは本題に戻りましょうなぜ勝ち負け以外の何かを大切にしようとする行為は美しいと称えられるのでしょうかその秘密に迫るためには美しい美しくないは脳のどこが判定しているのかこれを知る必要があるんですね火を感じる美しさを感じる脳の領域ってのは前頭前野の一部眼窩前頭皮質と内側前頭前皮質だと考えられていますがその名前って何難しいですね覚える必要はないです問題なのは美を感じる脳の領域が何をしている普段他には何をしている領域なのかということなんですこの部分はパンには社会脳と呼ばれる一軍の料理の一つで他者への配慮だったり共感性だったりた行動をコントロールしているということがこれまでの研究から示されています内側前頭前皮質はこの近くのより内側にあっていわゆる両親を司っている領域ではないかと考えられています自分の行動が正しいか間違いか安全なのか開くなのかそれを識別するのがこの部分なんですつまり美し美しくないを判定する領域と他者への配慮や共感性両親を司る領域っていうのが被っちゃってるって言うことを何ですかし美しくないという基準通りたコードを利用しません薬などなどは理屈の上で考えれば全く別の独立した数なんですが能ではこれらが混同されやすいということがここからわかります私たちはごく自然に人の正しい行動を美しい振る舞いと言ったり不正を行った人を聞かない奴だと表現しますそれも日本語に限った現象ではないんですこのことからもわかるようにやはり脳ってのはこれらを似たようなものとして処理しているようなんです見たものと言うか私たちが言葉上別のものと表現しているだけで脳としてはもともと同じものとして判定しているのかもしれません結局美しい美しくないを判定する領域も社会脳の一部であるとなるとこの機能も社会性を維持するために発達してきたものと考えることができます社会性を維持するにはみんながお互いを助け合い自分の利益よりも周りの利益周りのみんなの利益を優先するという行動を促進させる必要がありますよねこれは自分が生き延びるためにはなりふり構わず個人の利益や都合を優先するという生物の根本的な性質に反している為にとても難しいんですねだからこそこのような自分を犠牲にし他人を助けるリタコードを積極的に取らせるために脳はかなりアクロバティックな工夫をしているようなんですその工夫とは美醜と善悪という記事を無理やりあと頭 備え付けて美しいことやいいこと楽しいことと判定された時に偕楽物質これを放出するようにしてなんとか人間を利他的に振舞うように仕向けているんです個人ではなくちょっとして生き延びるためにかいらくを餌に人形を動かしているんですとはいえ自分の利益を追求するという行動を完全に辞めてしまうとこれはこれで問題で今度は個体としての生存が危うくなってしまいますそのため社会脳の機能にはある程度の柔軟性が付け加えられているんです簡単に言うとおりた行動を優先しろと他社に攻撃することはあっても自分の利益は友泉亭きてしまうという程度の緩さで社会のは設定されているということなんですだからこそ歴史上の偉人だったりサッカーチームといた他人に対してはその人達の勝ち負けなんていうのはどうでもよくてその行動の正しさや美しさつまりは理科行動が重要視されるということなんです他人に厳しく自分に甘いというのは脳の構造道場仕方のないことかもしれませんそしてこの傾向が強く出てしまいがちなのが第一でセロトニントランスポーターの密度が低い人と説明しました我ら日本人なんです最初に説明した最終通告ゲームにおいて自分が損をしてても不公平な取引を持ちかけてきた人を罰したい拒否権を発動したいそのような感情が強い日本人というのはコストをかけてでも不公正な相手にペナルティーを与えたいという信条を持っているとも言えるでしょうつまり協調性の高い日本人というのは社会性のルールに従わない者にはペナルティを負わせるべきだ自分を不当に扱うものは許せない利益を失ったとしても制裁を与えたいという気持ちが強く働いているんです日本人というのは協調性が高いがゆえに似た行動をとった人の事は素晴らしいといて自分勝手な行動をとった人は避難するだからこそ日本ではルールを少しでも逸脱した人っていうのはバッシングを受ける対象になってしまうという現象が相次いで起きているんですそしてその根底にはセロトニントランスポーターが少ないという脳の生理的な仕組みが関与している可能性があるということなんです最初のところで説明したとおり日本人はセロトニントランスポーターの少ないタイプが世界でも最も多いというデータがありますつまり日本人は自分が利益を失ってでも帰省した相手に制裁を加えたいという気持ちが世界一強い民族である可能性があるんです冷静で合理的な選択よりも熱い気持ちで美しさを賛美したいそんな民族が日本人なんですだからこそその社会性というルールを破ってしまう例えば不倫という行為だったり政治家の失言だったり有名人の不適切な振る舞いだったりこういったものがいつまでもいつまでもバッシングを浴び続けてしまうんですそれらも全て私たち日本人の脳に備わった特性と言えるんですもちろんこれが悪い説だというわけではないんです社会のわお出すものを厳しく罰する日本人にこの性質が強いということはより仲間を大切にする民族だと言えます私たちの中に生まれてくる感情は時には合理的な選択を阻み勝つことから自らを遠ざけてしまうことがあるんですただしそれは長期的に見れば私たちを主として生き延びさせようとしているとも考えられるんですこのような脳の構造知らずに欧米に考え方を合わせようとしても無理があるんです自分たちの道の曲っていうのを理解しそれを生かす道を探るそれが本当に大切なことかもしれません第2章まとめておきましょう美しさを感じる脳の部位と正しさ共感を感じる脳の部位は同じでありそれらを社会ノート呼ぶ日本人は社会脳の働きが活発であり自分が利益を失ってても不正をした相手に制裁を加えたいという気持ちが世界一強い民族であるだからこそ日本ではルールを少しでも破った人逸脱した人っていうのはバッシングを受けてしまう現象が相次いでいる是非押さえておいていただきたいと思います第3章日本人は富裕層には慣れても大富豪にはなれない皆さんはギャンブルに対してどのようなイメージを持っているでしょうか多くの人はギャンブルに対してひとたび足を踏み入れてしまえばお金をむしり取られて発散に至る世界でそういったネガティブなイメージをもたれているのではないでしょうかギャンブルは止めることができないとか目を血走らせて興奮しながらプレイするとかそういった怖いイメージもあるかもしれませんなぜ私たちはこのぐらいのめり込むぐらいに確実なものよりも確実な賭けの方に興奮してしまうのでしょうかこれも脳科学的に説明ができるんですこれはギャンブルだけに限った話ではなく勝負事であればスポーツでもビジネスでもまたパートナー選びでもそうなんですがすでに結果が分かっているものに対して私たちはつまらないと感じてしまう性質があるんです映画や小説 あらすじを開設する際にネタバレ禁止などを半ば暗黙裡にルール化されていることからもわかりますが私たちは先の展開がわからないという状態を好む性質があるんですこれは一体何故なんでしょうか疑問に対する一つの答えは長い生命の歴史の中で生きることそのものが描けのようなものだったからということができるでしょうこの人は信頼することができるのかこの仕事やっていていいのかこの人と取引すべきだろうかこの場所に住み続けるべきだろうかこの人と結婚した方がいいのだろうかこの人と子供を作ってもいいのだろうか行けるって言うことはまさに選択の連続なんです選択の連続である体の中にあって確実なことしか選ぶことができないとなるとほとんど何も決定することができませんよねそこで三つの世界に勇気を出して飛び込んでいけるようにわざわざ脳の快感を覚える部位を刺激するドーパミンという脳内物質を利用して分からない方が楽しいよ興奮するようという仕組みを脳に作り上げてきたんですつまり結果がわからないものに手を出した時にはドーパミンが放出されて気持ち良いと感じるように膿ができているということなんですだからこそ結果がわからないギャンブルというのは脳が楽しいと錯覚して興奮してしまうんですこれだけではね一般論ですので先ほどまでの長と同じく日本人について見ていきましょうまずいギャンブルに熱くなりやすいなりにくいでいうと日本人は比較的厚くなりにくい性質を持った人が多くいる集団ですギャンブルをしても堅実な確実な書き方をする人が多いイメージがあるのではないでしょうかこれも日本人の脳の作りが影響しているんですね日本人にはドーパミン要求量というのが低い人がほとんどで高い人の割合は全体の1から5%であることが分かっていますこのドーパミン様給料が高い人っていうのは新奇探索性といてリスクを冒してでも新しい物事や未知の世界に触れたいという性質が極めて強い人たちのことなんです逆に言うならドーパミン要求量が低いということはリスクを犯すということを好まない性格と言えます故に日本人はギャンブルを好まない人が多いんです中国や韓国では日本よりはどうと民謡給料が高い人たちの割合が多いんですか東アジア全体で見ると世界的に多い地域というわけではないんですどうぶ民謡給料が高い人達が多い地域というのは南米だったり南ヨーロッパなんですね新奇探索性が高いと考えられる遺伝的資質を持っているたちは20%から25%もいるというデータがありますこうした人たちは新しいビジネスにも貪欲であったり知的好奇心が強かったりと一般に望ましいと思われる性質も強く持っているんですが一方でギャンブルなどにハマりやすく物事に熱中して我を忘れてしまいやすいという傾向もまた強いです何事もいい面と悪い面があるしかし日本人はドーパミン要求量が低いという事実を知っておけば自分が新しいものに挑戦する際に不安に感じなかなか行動に移せなかったとしても大丈夫ですそれは日本人の性質であり不安に感じることは新しいことに挑戦する時に不安に思うことは普通なんだ日本人として普通なんだということをまず受け入れていきましょうその上で脳の仕組みでそう感じているだけなんだと客観的に自分の感情を捉えることができたら新しいものに挑戦することだって出来るはずなんです無理に自分の感情を押さえつけるのではなく脳の性質だと観察するこの曲をつけていただきたいと思います第3章のまとめをしておきましょうギャンブルが好きか嫌いかはどうと民謡給料の高い低いによって決まる日本人はドーパミン様給料が低い傾向にありリスクを冒すことが苦手な人種である自分の脳のクセを知ることで自分が望む行動をとることができるようになる日本人はリスクを犯すのが苦手な民族だからこそ富裕層には慣れても大富豪にはなれないなりにくいと言えるんです自分がリスクに不安を感じた時にもう一歩踏み込んでみるこの不安は日本人特有の翼あるものなんだからともう一歩先に進んでみるその意識があれば大富豪になることも夢ではないのかもしれませんさていかがだったでしょうか本日は第1章日本人は一旦怒らせると何をするかわからない第2章日本人はなぜ醜くても勝つより美しく負けるを好むのか第三章日本人は富裕層には慣れても大富豪にはなれないについて解説させていただきました少し難しい内容もありましたがとても興味深く考え方に大きな影響を与える本だったんではないでしょうか興味をもたれた方はぜひお手に取って読んでいただきたいと思いますここまで長らくご清聴ありがとうございました高評価ボタンだけでもぜひポチッと押して頂けたら幸いですそれではまた次の動画でお会いできることを楽しみにしています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事