【おすすめ書籍】『ラディカル・アクセプタンスーーネガティブな感情から抜け出す「受け入れる技術」で人生が変わる(タラ・ブラック[著], マジストラリ佐々木啓乃[翻訳])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『ラディカル・アクセプタンスーーネガティブな感情から抜け出す「受け入れる技術」で人生が変わる(タラ・ブラック[著], マジストラリ佐々木啓乃[翻訳])』の紹介どうすれば嫉妬や不安や批判をなくすことができるのかそれには絶え間なく続く自己否定の気づきが必要です今日は毎日読書ばっかりしている指紋です今回はラディカルアクセプタンスネガティブな感情から抜け出す受け入れる技術で人生が変わるたらブラックと理解したことを自分なりに説明をしてきます今回の流れです全部50万円部のベストセラーで世界20カ国で翻訳されているすごい本になりますアメリカで今一番話題のスピリチュアルリーダーによるマインドフルネスをベースとした心を癒し解放する技術が書かれています今回の動画その中でもエンドレスに続く自己批判に気づくこれを目に説明しますこの動画を見ることで得られるものは三つあります心が楽になる自信がつく人を愛せるようになり愛されるようになるこの三つです今回は三つのポイントで説明をします市ラディカルアクセプタンス永遠に自己批判に気付くさん思いやりをもって受け入れる重要なところは映像内で黄色にしていますそこだけ押さえれば80%は理解できますまたスマホで見てる方は最も重要な大きい文字のとこだけ見れば OK ですそれで一つ目のポイントラディカルアクセプタンスとはから説明をしていきますラディカルアクセプタンスとは僕たちは無意識に自分はダメな人間だと考えてしまう癖を持っています鏡を見て自分が考えるのは腹が出てるな頭が薄くなってきたかな顔がでかいな鼻が低いな肌が荒れてるかも綺麗じゃないは更けてきたかもなどがほとんどですまた自分を責めるなルックスだけではありません嫉妬してしまった時は怒ってしまった時自分を自己中で思いやりがない人間だと考えてしまう時など自分の思考や感情に対しても自分を責め続けますこの自分はダメな人間だという思考グセが貴重な人生を無駄にするんですどんなに理想のパートナーに恵まれてもどんなにお金を稼いで理想の暮らしを手に入れたとしてもダメな自分という思いが根っこにある限りやすらぎは得られませんよって人生で取り組むべき最も重要な課題は心と頭を鍛えることで自己批判の曲をなくしていくことで非常に困難な課題ですが毎日休まず練習すれば次第に自己批判する思考習慣が変化をしていきますでは具体的にどのようなトレーニングを毎日包めばいいのかそこで出てくるのが光るアクセプタンスになりますラディカルアクセプタンスとはマインドフルネスによる地図子と思いやりを養っていくことですこの二つを日々トレーニングすることで自己批判の曲が治っていくんですざっくり言うと自己批判を止めるためには一つで感情に気づくことフタツメ感情を受け入れることこの二つが必要だということですあるがままの現実を優しい心で受け止めるという仏教の9月の練習を通して自己否定の苦しみから自分自身を解放するんです誰かアクセプタンスは愛と癒しをもたらすものですネガティブ感情を常にコントロールしようとする癖を治し長年にわたり自分の本当の気持ちを無視し続けて自己批判ばかりしてしまう僕たちを作ってくれるんですよとラディカルアクセプタンスとは自分自身と人生をあるがままに受け止めようとするものです自分の人生に対する揺るがない肯定でありどんな思考や感情が浮かんでもこれでいいのだと優しく受け入れることですそしてこれにより初めて真の自由が手に入るんです自由とはありのままに全ての物事を受け入れられた瞬間手に入るものなんですインドの瞑想マスターである釣りニサルガダッタは次のようにいますあなた方への私の願いはただひとつ自分への愛を完璧にせよ様は本当の自由を手に入れるためには自分のダメなところや駄目だと思ってしまうその感情も全部ひっくるめて優しく包み込むこれしか方法はないんですデブで不細工だと考えてしまうのもおいしそう考えてしまってネガティブな気分になるのも別にいいんですそのよりネガティブな感情になるのは人間なんだから仕方がないし世界中にいる全ての人が普段は見せないようにはしていますが本当は同じようにネガティブな感情になっているんですだから安心して穏やかな気持ちで自分のありのままを認めてあげること それでは実際にどのように誰かアクセプタンスの一つ目の要素自己批判への気づきをトレーニングしていけばいいのかそこで釣りのポイント時効真犯人気づく自己批判に気づくことこれがいわゆるマインドフルネスのことです現在マインドするんですがこんなにも注目されているのは自己批判こそが現代の最大の病であるからですまだ体とは次のように言います現在の災厄の病はハンセン病でも結核でもない最悪の病は自分の居所がないという孤立感に苦しむことであるよは良い所を見つけたいけどでも自分にはそんな価値がないと考えてしまうんですこの無価値感がほとんどの人が感染している病ですしかもこれに感染しているという自覚のある人はほとんどいませんそんな無自覚の病に続いて真の自由を手に入れようとするのが仏教でありマインドフルネスになりますつまり自己批判し続けるという現代最も感染したが多い病を治す薬が仏教ということですではどうすれば休みなく続く自己批判に気づくことができるのかまず僕たちの社会は甘えや嫉妬や自信がない状態などはダメな状態だと教育します例えば男の子だったらメソメソ泣いたりして甘えるのは男らしくなくて駄目だという価値観を植え付けられますこれにより甘えたい気持ちが浮気怒ると自分を恥じてしまいその感情を否定をしてしまうんです甘えちゃだめだ甘える男なんてカッコ悪い甘えるような弱い男だと彼女に嫌われてしまうと考えてしまうんです本当はその感情ははっきりと自分の中にあるのに無かった事にしようとするんですこれが根深い自己批判自己嫌悪につながっていてます嫉妬なども同じです自分の彼氏や彼女は楽しそうに異性と喋っているとどうしてしまいその結果不機嫌になる人は多いですそして嫉妬はみっともないことだという価値観を植え付けられているので嫉妬して勝手に不機嫌になってしまうことに対してさらに自分を責めますこうしてエンドレスに自己批判を続けていき自分は価値のない人間だという思い込みを強化していくんですつまりこの自分の感情を否定することがさらなる自己批判を産んで行くんですだからネガティブ感情だめだと思ってはいけないんです嫉妬したり甘えたくなったりイライラしたり不安になったりというのは人として誰もが経験する当たり前の感情ですこれダノンネガティブ感情を抑えることは不可能なのでどうやって上手く付き合っていくかを本当は考えなければならないんです少しわかりにくいですが他人の欠点に焦点が行く時も自分の中にある自己否定に気づくことができます人は自分に自信が持てない時ほど自分の非は認められない傾向にあって他人を責めることで一時的に自己否定の思いから逃れますよは自己評価が下がりまくっているから他人の評価をされないと不安でたまらなくなるんです自分に厳しい人は他人にも厳しくなるというのもこれに関係しています自分に優しくできないと当然自己批判の度合いが増して結果として他人を責めるようになるんですそして恐ろしいことにこれらの他人の欠点に焦点を合わせる度に自分は価値のない 猫には隠れているんだよ男性なら自分の奥さんがイケメン店員に接客をされている時にひょっとして自分の奥様この店員のことがタイプなんじゃないかと疑って奥さんを敵視してしまう時も根っこにあるのは自分は愛される存在ではないという自己批判する思考種ですこれらのネガティブ感情の根っこにある自己品飯能市小薬まずは気づくことから自由への道がスタートします早起きできない自分はダメな人間だか寝方がいまいちだ自分は面白くない人間だ瞑想がうまくできない毎日を楽しめない自分はダメな人間だなど一日中ずっと自分を責めてることにまずは気づくことが大切ですそしてそれらの自己批判に気付いたらその思考や感情に優しく抱きしめるんですまずはあるがままに受け止めることが大切です日常の中で時々立ち止まって今この瞬間の自分をありのままに受け入れているかどうかを考えて批判の気持ちを持たずに自分の身体感情思考行動を自分がどのように感じているかに意識を向けてみてくださいその瞬間の自分を捉えるだけで自己批判の歯石取りコントロールされることは減っていくはずですここまで自己否定を絶えずしている自分に気づくことが大切だというのを見てきました届いてラディカルアクセプタンスの二つ目の要素感情を受け入れることを詳しく見ていきますマインドフルネスて自己批判に気づくことができたら次はそれをどう扱えばいいのかが大事になってきますそこで釣りのポイント思いやりをもって受け入れる人生の最大の悲劇は本当は自分の中にずっと探し求めているものがあるのにそれに気づかず最後の日まで自分の外にあるものを追い求めることです誰もが自由な幸せを手に入れたいと願って色々な努力をしますが自分には価値がないという思い込みがある限りそういったものは手に入りませんためらいなく人を愛しまた人に愛され偽りのない自分として自信を持って生きるためにはこの自己否定のパターンを止めることが人生で一番大切なことですそれには瞬間瞬間に落ちている自分の人生経験すべてをはっきりとしたらいい時期と思い外で受け止めることが大切ですつまり自分の心と体に落ちていることをコントロールしたり批判したり避けようとしないで常に維持し続けるということです家帰ると今という瞬間に落ちている現実をあるがままに受け入れるということです痛みや悲しみにも抵抗せず欲望を抑えられない自分や批判を口にしてしまう自分も責めずにただ見つめるんです自分の中で何が落ちているかもはっきりと捉えてそのプロセスを通して見える思考や感情を優しく愛に満ちた心で受け止めるこれがこの本で言われているラディカルアクセプタンスになります自分の経験や感情に抵抗しようとすればするほど自分には価値がないという思い込みを強化して不安感や恐怖感を募らせます誰かアクセプタンスは丸ごと全てを受け入れることでこの思い込みによる心の自動反応を徐々に取り除いてくれるんだよ具体的に言うと例えば鏡を見た時にブサイクだなと感じたらまずはその鏡を見るためにそう考えている自分に気づくことが大切ですそしてその思考に続いたらそう考えてしまうのは別に悪いことではないよそういうふうに考えてしまったんだねよしよしと思いやりをもって自分を慰めてあげるんです子供が違うしたら母親が優しく助けてあげようと同じ要領です子供に接するのと同じように自分自身に対しても思いやりと慰めて接しなければなりません条件反射的に自分を否定する思考を全て優しく認めてあげることが大切です自分のことを不細工と思ったんだねまあそれもいいねと考えることを徐々に習慣にしていくんですここで注意しなければならないのは誰かアクセプタンスは諦めてはないということですそのままの自分で何も変わらず成長しないということではありませんあのままの自分を認めたら帰ることはできないじゃないかと思うかもしれませんが真実はマイクで自分をありのままで受け止めると不思議と自分を変えることができるんで有名な心理学者は次のようにいます自分をありのままに受け入れることでしか自分を変えられないのは不思議な矛盾だ心配しなくてもあるがままを認めていると自分の反応が自然に変わっていく そして自分の感情を否定せずにありのままを受け入れるということは自分の真実を生きるということですつまりラディカルアクセプタンスでありのままの自分を受け入れることは人生辛いつわりをなくすことでもあるんです嫉妬したり自己中であったり自分には愛がないと感じてしまったりするのも全て紛れもなく存在する自分の一部です自分の一部を否定していたらどうしても自分を本当に愛することはできませんこの自分の一部であるネガティブ感情も無条件で受け止める態度を育てていくことでダメな自分という至極手から解放され嘘のない自分を生きることができるようになるんだよカールユングは次のようにいますスピリチュアル内密とは完璧を探し求め階段を登り続けるという伝統的な考え方とは違うスピリチュアル内密とは自己の安全性を紐解いてゆくものだ簡単に言うと完璧ではない自分に人間としての完璧さを見るつまり自分の全てに対してこれでいいのだという感覚を持つことです誰かアクセプタンスという聖なる道は自分を完璧にしようとする努力の道ではなく自分を愛する術を完璧にする道のりなんですそれは今回の動画のおさらいをしていてます重要部分だけを求めていますラディカルアクセプタンスとは誰もが自分はダメな人間だと考えてしまう癖を持っている誰か来て負担とはマインドフルネスによる血筋と思いやりをトレーニングすること自己避難を止めるためには感情に気づくことと感情を受け入れることが大事どんな思考や感情が浮かんでもこれでいいのだと優しく受け入れるありのままに全ての物事を受け入れられた瞬間本当の自由が手に入るネガティブな感情になのは人間なんだから仕方がない世界中の人が同じように自己批判しているまず第1に自分への愛を完璧にする自己批判に気づく現代の滞在の病は自己批判でそれを直すのが仏教やマインドフルネス無価値感はほとんどの人が気づかずに感染している病気僕たちは甘えたりしたい自身がいない時に自分を責めて感情を否定をしてしまうネガティブ感情をだめだと思ってはいけない他人の欠点が目につく時は自分の中にある自己批判に気づくことが大切相手に良い印象を持たれたいと考えている時根っこには自己否定がある他人を敵視していると結構リアル自己批判に気づく日常の中で時々立ち止まって批判の気持ちを持たせる自分をどのように感じているかに注目する思いやりをもって受け入れるみんなが一生かけて探して求めるものは本当は自己愛である自己批判が後 マジで自分がネガティブな時も思いやりと慰めで接する条件反射的に自分を否定する思考を優しく認めてあげる自分をありのままで受け止めると不思議と自分を変えることができるありのままの自分を受け入れることは人生辛いつわりをなくすことである完璧ではない自分が人間として完璧であることを知るとにかくどんな状況でも自分を完璧に愛せる最後にジョンレノン熱湯のようにいます僕らは自分の素晴らしさと不完全さの中で何よりも自分自身を愛することから学ばなければいけない親友が落ち込んでいるときに絶対に責めたりしないのと同じようにダメな自分というネガティブな感情にとらわれているときはその全てを認めて愛してあげるトレーニングを毎日行いましょうはい今回はここまでになります今回はラディカルアクセプタンスという自己受容についての本を開設しましたほんの一部しか説明できておらずとても面白い本なのでぜひ実際の本を読んでみてください本の詳細は概要欄に貼ってます他の人のレビューなどいろいろ参考になるかと思いますまた自分への愛については市長選スパイラルの動画でも解説をしていますね気になる方は見てみてくださいリンクは概要欄に貼ってます できている人とは自分の感情を正直に相手に伝えられる人のことですつまり緊張している自信がない嫌われたくない嫉妬しているなどを正直に相手に伝えることができる人です今日は毎日読書ばっかりしているし者です今回はラディカルアクセプタンスネガティブな感情から抜け出す受け入れる技術で人生が変わるたらブラックと理解したことを自分なりに説明をしていきます今回の流れです全米50万部のベストセラーで世界20カ国で翻訳されているすごい本になりますアメリカで今一番話題のスピリチュアルリーダーによるマインドフルネスをベースとした心を癒し解放する技術が書かれています今回の動画はその中でも自分を受け入れるとはどういうことかこれをメインに説明しますこの動画を見ることで得られるものは三つあります自己否定が減る自分にも人にも優しくなる人と親密な関係を築けるこの三つです今回は三つのポイントで説明をします1ドルにラベリングしてそのまま正直に伝える人の幸せを祈る好みと徐々に説明をしていきます重要なところは映像内で黄色にしていますそこだけ押さえれば80%は理解できますまたスマホで見てる方は最も重要な大きい文字のとこだけ見れば OK ですそれでは一つ目のポイントを撮るから説明をしていきますまをとる僕たちは無意識に自分はダメな人間だと考えてしまう思考グセを持っていますこの絶え間なく続く自己否定の曲を取り除いていくのがになりカップタンスになります誰か来て2月は嫌な感情に気づくことと嫌な感情を受け入れることこの二つを軸にしています簡単に言うとどんな時でも自分自身と人生をあるがままに受け止めましょうというものです自信がない自分も嫉妬する自分も OK だし不細工な自分も良くて性格が悪い自分も別に悪いことではないしお金がない自分も全然オッケーなんですこれが寛容な心で自分を受け入れるということですこの受け入れる技術であるラディカルアクセプタンス問題いっぱいして間男と言い換えると思考し続けることをやめることです頭の中でおしゃべりしまくるの一旦ストップして嬉しい気持ちは辛い気持ちを心に沁み込ませて見るんです今を取るとは過去や未来にすぐ飛んでいってしまう思考から離れて1のすべてを今この瞬間に向けることです呼吸をしている自分空が綺麗胸が苦しい眉間にシワがよって言うならそういう身体の感覚に焦点を当てるんですこれはお菓子を食べたくなる時はイライラしている時不安でたまらない時なの日常のどんなシーンでも使います例えばお菓子を食べたくなった時ならということで甘い味に対する期待感やすぐお菓子を食べたくなってしまう自分に対する罪悪感などに気づくことができますこれらの感情に気づいてしばらくただ観察していれば今までとは違う反応を選択できる可能性が出てくるんです一旦を撮ることで罪悪感ではなく幸せな気分でお菓子を食べることができるようになるかもしれないしお菓子を食べずに向かうことも言っていけるようになるんですよは一瞬でもブレーキをかければ心の自動反応を止めることができて人生の選択肢を増やせるということです日常生活で何をしている時でもまを取ることによって自分の行動の裏に隠されているそれは自己否定にまずははっきりと気づくことが大切です自分は不十分だ自分は性格が悪い自分はダメな人間だ私は毎日充実していないだろうと考えてしまっているの今に集中することで見破るんです1日自分を責め続ける四国ことも見逃してはなりません僕たちはついつい坂出良くないとされている嫉妬や孤独感や自信がないとかいう思いはたとえ自分の中にあったとしてもそれを否定をしてしまいます人からいい印象を持たれたいがために自分のネガティブな感情を隠してなかったことにしてしまうんですしかしこれらの自分の中にある世間であまり良くないとされている思考や感情を隠そうとすればするほど強まっていくんだよ自分の一部を否定することは自分は価値のない人間であるという信念を強化してしまうんですもっと自信を持たなきゃダメだ怒っちゃだめだ嫉妬しちゃだめだこう考えているとこれらの感情を持ち自分はダメ と言ってるのと同じことになりますこのより本当の自分をだめだと否定をしていたら幸せを感じることは不可能です嫉妬して自己中で時々怒ってしまうのは紛れもなく本当の自分でまたそれこそが人としての完全さなんですだからとにかくどんな時でも間を取って根っこやる自己否定の感情に気づいてそれを優しく受け入れることが大切です車から降りる時大人数で言う時会話中鏡を見る時などいつでも会うことで自分を否定する考え方に気づくことができます本屋次のように書いてあります聖なる馬は1時間ごとに2秒休んだり何か新しい活動を始める時や OL さんに今を置くことで日常生活の中に折り込むことができます胸がざわつく時は考えがどうもまとまらないと思った瞬間にまおとリラックスすることで今という瞬間に自分が感じていることに意識を向けて人生を新たに始めることができるんです著者が言うように維持できればを取ることによって一日の中で何度でも人生の再スタートを切れることをぜひ覚えておいてください体なる間によって今までとは反応を変えてその都度新しい自分として生まれ変わることができるんでそれで歯を取った時に自分の感情をちゃんと受け入れるための簡単なテクニックを紹介していきますそれはラベリングしてさらにそのまま相手に伝えるというやり方ですそこで釣りのポイントラベリングしてそのまま正直に伝える僕たちはみんなの前でスピーチをする時など緊張してしまって普段の自分を出せない時がありますいざステージの上に立って保温性が自分だけで注目していると感じたら頭が真っ白になって何も喋れなくなるような時ですそんな時も感情をまるごと受け入れるというラディカルアクセプタンスは有効だというのは全てエピソードが本の中に書かれていますある男性が仏教系の集会でスピーチを頼まれた時の話です彼はステージの上に立つと極度の緊張で練習したスピーチをうまく喋れそうになかったんですそこで感情を最も強く感じる部分である胸に手を当てて声に出してこう言い始めたんです怖い恥ずかしいダメな自分みんなに馬鹿にされているかもしれない失敗している気分期間震え死にそうな感じ沈んでいく途方に暮れている顔が熱い天神から変な汗が出ているこのように彼は数分間自分が経験しているありのままの内容を声に出したんですするとだんだん心が落ち着いてリラックスできるようになってきますそして今度はそのリラックスしていく感覚も声に出して食べるんだよ呼吸が少し落ち着いてきた顔や肩の緊張がほぐれる とにかく普段の自分とは違う状態になってしまいそうな場面ではいつも間を取って一旦その瞬間の自分の真実を見つめてみることが大切ですそしてそのままの自分を優しく受け入れてさらにその時感じていることをオープンに挑戦してみるのも OK ということです本屋次のように書いてあります恐怖に支配されそうになったら自分自身が経験していることを隠そうとしてさらに動揺する代わりに日頃のマインドフルネスの訓練の成果と勇気を振り絞り自分が体験していることをありのまま声に出すことだそしてこの時に最も重要なのは自分の経験に敬意を示すことである自分の恐怖感や不安感を敵対視したり決して間違いとみなしてはならないざっくり言うと自分がチョクメンしているありのままの現実を無条件の優しさで受け止めることが大切なんです緊張でガチガチになったり嫉妬したり怒ってしまったりするのも紛れもなく自分の一部なので優しい心で認めてあげなければなりません何が起きてようとそれは単に現実であって間違いではないんですつまり心の痛みや恐れは拒むようなものではなく人生の本質の一部ということですそれらを拒むことは人生を拒むのと同じことですなぜなら痛みや恐怖を避ける癖がつくと人を本当に愛することから逃げたり本当にやりたいことにチャレンジしなかったりする人生になるからですだから襲われている自分を見つけても大目に見てあげてそれでもひっくるめて全てを愛してあげることが大切です条件付きの愛ではなく無条件の愛を自分に与えなければならないんですまるまるなら自分を許してあげるとかまるまるができたら私はいい人間だというのでは何とも寂しい話になってしまいますこんな考え方を続けていると取材に愛がない生活になってしまいます自分を愛することを怠っていると自分の中の対処を愛する能力がどんどん失われていってしまうんですだから誰に対する無条件の愛は今はまだなかなか難しくてもせめて自分にだけは今すぐに無条件の愛を与えてあげることが大切ですそして自分の至らない部分に対して無視したり避けたりする癖が直っていて理解と思いやりの態度で接することができるようになると自然と他者に対しても理解と思いやりを示すことができるようになってくるんだよ自分への思いやりの心は将来自然と他人への形となって現れるんですそしてこの思いやりの心は毎日の祈りによってパワーアップしていくことができますそこで釣りのポイント人の幸せを祈る自分の中の愛と思いやりのパワーを強めるためには自分への祈りと明日への祈りを毎日のトレーニングとして行うのが入庫ですそしてこれが意味するところは著者の意見もエーリッヒフロムと同じで愛は技術であり毎日練習するものだということです常日頃から自分と人を愛する方向に思考を向け続けることが大切なんですざっくりいうと自分を含めたあらゆる人のいいところに焦点を当てる癖をつけるんです自分と他者を愛することを毎日実行する理解と思いやりの心を成長させる方法はないんですそれではまずは一つ目の方法自分自身への祈りから三田行きますこれは自分自身に対して思いやりを発揮していく方法です一つ目自分への祈りまず自分が過去に人に親切にした時の事や寛大に振る舞えた時のことを思い出してみるのは骨です例えばへこんでいる友達を励ましてあげた時とか褒めて幸せな気分にさせてあげた時とかどういうことをされたのに起こらなかった時などを思い出せばいいんですもし自分の善良さを見つけるのが難しい時は自分を愛してくれている人の目線で自分を見つめてみることですその人は自分のどんなところをリスペクトしているのかどこを愛してくれているのか自分のどこに感謝してくれているのかこれらはその人の立場に立って想像してみるんですこの作業を日常から取り入れることによって自分の中にもともとある両親を思い出すことができてヒリヒリ自己否定する曲が減っていくはずです本当は自分がいい人であることをみんな誰だ明日れているだけなんですそして自分の良さを思い出すことができたら自分自身に対して 祈りを唱えますどんな時でも自分を愛せますようにあるがままの自分を受け入れることができますように私が幸せになれますように私が生きてるだけで自然に喜べますように私の心が目覚めて自由になれますようにしかしこのように自分に対して祈りを捧げても最初のうちは気持ちを込められずすぐに否定的な考えが浮かんでしまうかもしれませんでもそんな時は悪い方向に考えてしまったんだねそれも別に悪いことではないよ自分を責めなくていいんだよというのに否定的な考えさえも優しく包み込んであげればオッケーですとにかくここで大切なのは自分の中に思いやりの心を目覚めさせようという意欲になります足りない部分があってもそれでもいいんだよという優しい気持ちです続いて二つ目が多彩の祈りですまず自分にとって大切な誰かをイメージしてこの人の良いところに焦点を当てていきます人の批判をしない優しいよく笑う真面目で悪事をしない白飯に感謝ができるいろんな物事を楽しめるテンションが高いなど自分がいいなと思えるなら何でも OK ですまたこの人も自分と同じように幸せになりたい苦しみたくないと願っていることを思い出すのもおすすめです人はみんな同じように悩み苦しみ根っこには両親が溢れていることを忘れてはなりません誰かがたまに自己中心的な行動をとってしまうのは怖いからなんですちょっと自分自身への思いやりを忘れて自信を失い弱い自分を守ろうとしているだけですそしてこのことを理解してこの大切な人への感謝の気持ちを感じながら祈りを唱えますあなたに自己愛が目覚めますように今あなたが私の愛を感じることができますようにあなたが自分自身をあるがままに受け入れることができますようにあなたが幸せでありますようにあなたが自然と生きる喜びを知ることができますようにこのように自分の大切な人への祈りができたらさらにその祈りをちょっとした顔見知りの人に火を入れるのも効果抜群です本人は次のように書いてあります普段よく見かけるけどあまり知らない人自分が床に強い嫌悪感や好意を抱いていない人に対して祈りを捧げれば思いやりの輪を広げることができますこの人もいたり幸せを求め苦しみたくないと願っているかを感じながらこの人の善良さに思いを馳せてみるんですこのちょっとした顔見知りの人の生命力を想像しこの人の人生の興味関心を持ってみることが大切です私達全員が共有する人間性もろさそして基本的な良心を感じてみればみんなでこの人生を一緒に生きているんだと理解することができます超簡単にいうと相手の視点で人生を見てみる習慣を保とうということですそうするとみんなが自分と同じようなことで苦しみそして自分と全く同じようにただ幸せになりたいだけということがわかります誰だって猫には善良な心しか本当はないんですこのことを毎日を思い出して自分の中の思いやりのパワーを育てるために祈りを捧げるんですこうして日常のちょっとした隙間時間にほんの数秒でも祈りを捧げる週間を持てば自分の中の愛と思いやりの心をいつでも再確認することができますそしてこのトレーニングが自己否定する曲をなくしていて本当の幸せを手にすることを可能にしてくれるんです ラベリングしてそのまま正直に伝える自分の体の感覚や感情を観察しありのままを相手に伝える正直にオープンに自分の弱さをありのままに伝えることで全員の緊張が解ける自信がないことを正直に申告した方が逆に自分に自信が持てるようになる勇気を持って自分の感情を正直に話すことは本当の自分でいていいんですよという相手のサインとなるありのままを話すととてもオープンな雰囲気になり親密な関係を築きやすくなる人間関係において全ての人が求めているのが本当の自分でいられることとその本当の自分が受け入れられること痛みは恐れは拒むものではなく人生の本質の一部痛みは恐れを避ける癖が付くと人を本当に愛することから逃げたりチャレンジから逃げる人生になる自分を愛することを怠っていると自分の中の大将を愛する能力がどんどん失われていく自分自身への思いやりの心は将来自然と他人への思いやりとなって現れる人の幸せを祈る愛は技術であり毎日練習するものである以上から自分と人を愛する方向に思考を向け続けることが大切自分が過去に人に親切にした時のことや館内に振る舞い届けのことを思い出す自分を愛してくれている人の目線で自分を見つめてみる自分がいい人であることをついつい忘れてしまう自分自身を思いやろうという意欲が大事大切な人のいいところに焦点を当ててみる自分と大切な人の幸せを一日一回はお祈りするその辺の人も幸せも祈ってみる祈りを捧げると自分の中に愛と思いやりが溢れているのを感じることができる最後にそしたら次のようにいますいい子育てとは両親が子供たちに彼らがいかに愛するに値する存在であるかを神様に映し出すことであるように多才の理解と受け入れはその人たちが本来持つ人間としての歌詞と居場所を肯定する僕たちみんなが最も求めているのは自分のありのままを全て受け入れてくれる人が現れることですその自分の一人目の友人にまずは自分自身がになる必要があります自分だけは何があっても味方でいることで常に味方でいるとはどんな時でも責めたりしないということだよこれさえ守れば生きていく上での大きな安心感が得られるはずですはい今回はここまでになります今回は誰か来て負担するという自己受容についての本を開設しましたほんの一部しか説明できておらずとても面白い本なのでぜひ実際の本を読んでみてくださいほの小鯖猟団に入ってます他の人のレビューなどいろいろ参考になればと思いますまた愛するトレーニングについてはエーリッヒフロムの動画でも解説をしていますので気になる方は見てみてくださいりんごは体に合ってます

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事