【おすすめ書籍】『なぜ今、世界のビジネスリーダーは東洋思想を学ぶのか 史上最高のビジネス教養「老子」「論語」「禅」で激変する時代を生き残れ(田口佳史[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

【期間限定】ほったらかしで10万円が1億5787万円に!天才トレーダーT氏が開発したFX自動売買システム無料公開中です!

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『なぜ今、世界のビジネスリーダーは東洋思想を学ぶのか 史上最高のビジネス教養「老子」「論語」「禅」で激変する時代を生き残れ(田口佳史[著])』の紹介皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの量です今人の感覚や価値観は大きな転換期を迎えています皆さんも薄々気がついているんじゃないでしょうか自分が子供の時と今では世の中の価値観が全く変わってきてしまっているいや10年前5年前と今でも人の考え方や感覚が変わってきているそれは一体何故でしょうか終身雇用が崩壊しどんなに大きな企業有名な会社に就職しても将来的に安泰だとか一生が保障されるなんてことがなくなってしまったからでしょうかそれとも物のない時代から物のある時代になったことでこの先何を持っている誰かとするのかは分からなくなってしまったからでしょうか色々な理由が考えられると思います戦後の高度成長期を生きてきた多くの日本人はある意味で共通の豊かさっていうのを目指して行ってきましたいい学校に入りいい会社に就職するすると生活は安定しいろいろと豊かなもの便利なものが手に入る当然世間体も良く将来的にも安定して安心して生きていけるそんな共通の豊かさに憧れ誰もが疑問を持つことなくそういう豊かさを追い求めてきたんですそれ自体が価値観となっていたんですしかしその時代も終わりを告げてしまいました有名な会社に就職しても一生が保証されることはないものが溢れ多少お金がなくても空腹に悩まされることも寒さに凍えることもなく生きていけるもはやみんなに共通した皆が求める豊かさというものを描くことができなくなってしまったんですみんなが目指すべき理想の生活という一種の目標がなくなってしまったつまり一人ひとりが自分なりの豊かさ自分にとってのワクワク感というものを考える必要がある時代になったということを何ですそんな時代では会社や社会に与えられる人生ではなく自分の人生を生きる必要があります会社や社会に与えられて生きる人生は楽です目標すら勝手に決めてくれて自分の人生はその目標を達成するために頑張ればいいだけなんです一方現代はその目標を自分自身で設定する必要があります目標を決めるという行為自体も大変なのに例えそれを決めたとしてもその目標が正解かどうかなんて誰にも分からないんですだからこそ最初に決めた目標が本当に正しい目標なのかどうか常に心の中でもやもやと悩んでしまうことになりますなんとなく大学に入ってなんとなくで就職したけどこれが本当に自分のやりたかったことだろうか食うには困らない給料があるけれどそれだけで本当に幸せと言えるだろうかこれまでしてきた人生の選択は本当に正しかったのだろうかそんな考えが蔓延しているんですそんな中新しい切り口の考え方というのも広まりつつありますそれは西洋と東洋の家の融合という切り口です実はこれまで私たちが生きてきた時代社会というのは原則として近代西洋思想をベースとして形作られていきました私たちのライフスタイルはもちろん働き方も会社のあり方も法律政治経済の用紙まであらゆるものが近代西洋思想近代西洋文明に則って作られてきたんです例えばお客さんは商品を買うときに少しでも安い方を選べますよね企業は少しでも安く効率よく生産しようと努力しますよねそのために効率よく生産することに長けた人材を採用しようとしませんよねこれらはすべて私たちにとって当たり前のことばかりですこのような当たり前の考え方ですが ナビ始めているんですということで長い前置きになりましたが本日紹介するのはなぜ今世界のビジネスリーダーは東洋思想を学ぶの母です著者の田口佳史さんは25歳の時入れ重傷を負って生死の境でローストであったそうです以後中国古典思想研究に従事し東洋思想をベースとした仕事論行き方路の第一任者として活躍されている方です本書で扱う東洋思想とは儒教仏教道教全部狂信道の五つの思想をさせていますどれも名前は聞いたことあるけど詳しくは知らないというものばかりではないでしょうか全部覚えなくちゃいけないのと思われた方もいるかもしれませんがその心配はありません覚えることが大切なのではないんですこれらの考え方に触れてその一部でも自分の心の中に残った一言でも吸収していただけたらそれで十分なんです是非今まで名前しか知らなかったという思想の世界に触れて新しい考え方を知るきっかけにしてほしいと思いますさて本日ご紹介する内容は以下の三つです第一章客観的なデータは正しいのか第2章機械は人より優れているのか第3章これからの価値観とは是非最後まで楽しんでいてくださいそれでは早速参りましょう第1章客観的なデータは正しいのかまず最初に東洋思想の根本的な部分について解説しておきましょう全ての東洋思想に共通することですそれは自分の心の中に関心を向けるということ東洋思想は自己の内なる仏や神に気づくこと自己の星小新的に目覚めることこれを重視しているんですそれだけ精神性に富んでいるということでもあります一方で西洋思想ではどちらかといえば外側に関心の中心が置かれています誰でも理解できることだったり遠征を重視しているということです星をは外側にある対象に意識が向かうのに対し東洋は内側にある対象に意識が向かっているこのようにマスターに正反対だからこそ東洋思想と近代西洋思想っていうのは空い補い合う関係であり西洋に傾きすぎている今西洋と東洋の家の融合が求められているんです実際シリコンバレーを始め多くの世界のトップリーダーたち日本の企業か大企業の中でも特に感度の良いリーダー達はこぞって東洋思想を学び始めているんですなぜ彼ら彼女らはそんなにまでして東洋思想を学ぶんでしょうかもちろん単なる教養として学んでいるのではないんです時代を読み解く切り口としてあるいは新しいビジネス発想を得るための思考の源泉として東洋思想を学び始めているんです世の中のトレンドや価値観はどこに向かっているのかそのヒントを東洋地層の中に求めているんですもしあなたが今の時代についていけないよーとか価値観がで判断合わなくなってきたなというふうに考えているのならまずは東洋思想を知るところそこから始める必要があるんですなぜなら思想や文明っていうのが価値観や考え方を作り出すからなんです例えば近代西洋思想には客観的なデータは正しいという概念があります今の私たちが当たり前のように信じている概念ですがこれだって古今東西ずっと信じられてきたわけではないんです事実修正の世の中では客観的な事実よりも神の思し召しの方がはるかに高い価値がありそうした価値基準の中で人々は暮らしていたんです例えばあなたが会社を経営しているとして二人の人が採用して欲しいと行ってきたとします私たちの考え方ではどちらがより優秀な人材かを客観的にみくは夫婦するでしょうしかし中世のヨーロッパ社会ではどちらがよりに祝福されているかで考えるわけです私たちにしてみればなんだその価値基準というふうに理解不能に感じるところなんですがそれこそが価値観の違いであり今の私たちが時代についていけなくなっている状態でもあるんです修正を生きた人も中世から近代へと文明の転換が起こり客観的なデータは楽しいという概念が広がることによって今までの髪が全てだという価値観が通用しなくなって客観性なんて必要ないだろうという考え方は淘汰されて行ってしまったんですつまりそれぞれの時代がどんな文明に基づいているのかによってどんな価値観が形成されどんな思考するのかが変わっていてしまうということなんです客観的な事実より紙の上の方が正しいという考え方をおかしいと思うのは私たちが今客観的な事実が正しいという考えが当たり前の文面に生きているからなんです私たちはもちろん今の時代の価値観が当たり前であり正解だと感じて 時代が変われば価値観っていうのは簡単に変わってしまうんですもしかしたら次の時代では客観的な事実より個人の体験の方が正しいという価値観が広まるかもしれませんそうなったら客観的な事実を信仰していたことなんて信じられないようという風になってしまうかもしれないんですこれから先の時代に対応するためにその価値観の源泉である思想文明をしっかりと学んでおきましょう神の言う通りに生きる人生が古いと感じてしまうように客観的なデータ通りに生きる人生なんて古いという風に言われる時代が来るかもしれないんです第二章機械は人より優れているのか近年の AI の進歩には目を見張るものがあります様々な分野で AI が取り入れられるようになり人間がやるよりも確実により生産性の高い仕事をこなしていくんです自分の仕事は AI に奪われてしまうのではないかと不安に思っている人も多いでしょう産業革命の時もそうでした機械によって多くの人の仕事が奪われていきました何故人が機械に仕事を奪われるのかと言うと1時間にどれだけ多くの商品を作れるのかという指標で考えるなら機械の方が人間より優れているからなんですつまり機械は人より優れているのかという問いに対しては何を指標にするかでその答えが変わるんだよというのが答えになりますたとえば中世ヨーロッパ社会においてはキリスト教教会派がすべての価値を決めつけ支配していました中世ヨーロッパではキリスト教教会派の人たちが課題な権力を持つようになりキリスト教教会に所属しているかどうかで天国に行けるのかいけないのかを一方的かつ独断的に区分される社会が成り立っていたんです彼らの権力っていうのは神と結びついていたんでとにかく絶対的だったんですある時突然家のドアがノックされたよお前を連れて行くぞとかお前を処刑すると何ていう風に言われてもそれが神のお告げである紙がお前を生贄にしろとお告げているんだと言われたら全てがまかり通ってしまうそんな世界だったんです当然言われた本人も処刑された人の家族も遺族たちも全く納得はいきませんよねこの不納得の正体が何なのかそれを考えた結果が客観性の無さだったんです中世の世の中ではキリスト教教会の意向が一方的にまかり通っていたために客観性が決定的に抜け落ちていたからなんですその反動によって産業革命とともに訪れたのが客観性が求められる時代です神星の代わりに次の時代に求められたものが客観性だったんです客観性とは言い換えるなら科学や数字のことであり科学や数字が夜またを席巻する時代が訪れたわけです今の人々が重視しているのがそれて科学的に正しいノートか客観的な数字を持って染めせるのをという考え方です神に祝福された人は正しいそうでない人おは価値がないという曖昧且つ客観性を持たない価値基準はもはや前時代的な古いものとなり同じ1時間で10個の商品を作れる人は個々の商品しか作れない人よりも優れた存在だという客観性を持った価値基準が広がっていったんです同じ時間で10個の商品を作れる人っていうのはここの人よりも優れているというのは個人の生産性の話ですが組織であれ工場であれ全てが発送は同じです全く同じ商品を1日当たり多く作れる組織だったり多く作れる工場っていうのは優秀でありそうでない組織ってのは淘汰されていってしまうコスト管理の面で見ても同じ機能の商品なら1円でも安く作ることができれば 唐崎価値観はどのように変化していくんでしょうかまた今新しく広まりつつある価値観にはどのようなものがあるんでしょうかそこを見て行きましょうまず皆さんの体感されていることかもしれませんが成果主義的な価値観というのはだんだんと淘汰されて言っていますよねそして新しく台頭してきている価値観が楽しさやりがい意欲といったより人間的な部分へのアプローチなんですなぜなら人間的生命的な部分にアプローチしなければ継続的なモチベーションアップにはならないんだよっていう考え方が主流になってきているからなんですこの事に関してはモチベーション3.0という本でも様々な研究が紹介されていましたか自分の内側からやりたいと思う内発的動機付けと外部からの現金報酬などの何かもらえるからやりたいと思う外発的動機づけでは継続的にやる気が維持されるのは内発的動機付けの方だと分かっているんですつまり自分が楽しいと思えることでないとやり続ける事っていうのはできないんですもちろんお金が開くというわけでも大金持ちになるという野望が悪いわけでもありませんしみんな大金持ちになりたくないと言っているわけではないんですしかし今の時代を生きる人は前時代的な金儲け主義に縛られるんではなく今楽しいことをワクワクすることこれを最重要な活動を続けているんですこの傾向は特に欧米の若者に見られますが日本の多くの若者だって同じです不況の時代を生きてきた日本の若者は確かに安定的に入っていくことを試行していますしかしその根底にあるのは金持ちになりたいとかでなくなりたいという思いではないんです安心して生活していけるという最低限の欲求を満たせるのであればやはり彼らも楽しいこと自分なりの充実感を得られることをとても大事にしているんですこれは産業革命以降世界中のビジネスが急成長してきた時代に信じられていた近代西洋思想とはちょっと異質な違った考え方なんです例えば現代では安定した高給取りである医者と給料は安くても自由に好きなプログラミングを仕事にできるフリーランスエンジニアどっちを選ぶかと言われた時にフリーランスエンジニアを選ぶ人だっているんですこれは近代西洋思想的な価値観とは外れていますシリコンバレーのトップ達はもちろん日本の多くの若者感度のいい日本のビジネスパーソンが時代とともに価値観の変容パラダイムシフトが起こっていることを何となく感じているんですところがその正体をアカデミックに紐解き理解することができないそんな細くが彼らの中に広がっているんですそこで東洋思想を学びだしたということなんですね機会的数学論つまり数学や科学をベースとした学びではなく自分に思考を向ける東洋思想これが彼らにとって足りなかったものを満たしてくれたんです近代西洋思想編集から西洋オート東洋後どういう声近代西洋思想だけでは説明がつかず納得できない部分がそこかしこで怒ってきたために東洋思想との融合を求め始めているという状況なんです東洋思想の中でもとりわけ老師哲学が注目を浴びています浪士哲学とは総体的に物事を評価し作為的人為的に行動することで帰って事故を苦しくしてしまっているものが世の中だとしてそんな世俗社会にあって無為自然の世界に心を遊ばせ真の人間性を監督しながら生きていくことを良しとする哲学です物事に拘泥することなく虫もよくの自由と言うものの大切さを説いているのが哲学の根本であるのと空の青という世界観なんですのお尻が苦しさを増大させてしまうものとして磨いているのがまさに今まで私たちが入ってきた成果主義の社会でありその中で生きていくための考え方を教えてくれているんですもちろん簡単に理解し体得できるものではないんですがこのロースの特世界観こそが21世紀の人類の指針とも言われているんです例えばロースの言葉には世間の価値観にとらわれることなく世間的な成功に執着することなく自分の好きなことだけを追求しなさい天下を背負って立とうとか会社を背負って立とうとか考えなくていい自分らしく地道な暮らしをしていたら自分の好きな分野で知らないうちに世の中の役に立っているもんだよと自分の好きなことだけを追求しなさいそうすれば楽しく生きていけるという意味合いの言葉がたくさんあるんですとにかく自分なりの楽しさを大切にして自らの命を喜ばすそんな生き方を説くのがある大須哲学なんですいかにして世の中に貢献しユーザーのニーズに応えビジネス的な成功を収めるかというマインドを叩き込まれてきた人にとっては価値観や仕事観を180度ひっくり返されるような教えなんです一方で今まで成果主義の中で生きてきたのに自分 自分が少ない道によっていれば知らないうちに役に立っているものだよーなんていう風に言われても途方に暮れてしまう人も多いでしょうしかしそれこそがパラダイムシフトつまり価値観が変化する瞬間なんですそして今世の中の風潮がこうした価値観にシフトしていっていることは間違いないんですもちろん世の中の全てがこうした東洋的なろう素敵な価値観にへぬり変わっているという意味ではないんですあくまでも近代西洋思想地図し返事していたそんな世の中から西洋と東洋の家の融合が徐々に進んでいるということなんですただしこの変化を見過ごすわけにはいきませんこうした変化を受け入れられないということはすなわち環境に適応できないということであり環境に適応できないということは生き残れないということでもあるからですだからこそいま欧米の企業家や日本の大企業のトップたちはこぞって東洋思想を学び始めているんですぜひ皆さんもこの波に乗って東洋思想を学び始めてみまし最初は宗教色があって少し苦手だなぁと感じている人も学び始めると夢中になること間違いなしですまずは YouTube の動画からでもいいんです東洋思想を簡単に解説してくれている動画を見るだけでも今までの自分にはなかった考え方となと驚くこと間違いないんです人生はあなた自身のものなんです成果主義を採用するのも東洋思想を採用するのもその両方から好きなところだけ取り入れるのも全ては貴方次第なんですただし知らないままにしておくのはあまりにもったいないぜひ世の中の偉人が作り上げてきた家の結晶をひとかけらでもその目に焼き付けてから自分なりの考え方生き方を探してみてください本日も長らくご清聴ありがとうございましたまた次の動画で会えることを楽しみにしていますということでそれではさようなら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事