【おすすめ書籍】『「嫌いっ!」の運用(中野信子[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『「嫌いっ!」の運用(中野信子[著])』の紹介皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの量です私たちは子供の頃から友達は多ければ多いほど褒められ食べ物は好き嫌いせず何でも食べましょうと言われて育ちますだからでしょうか仕事でも勉強でも好き嫌いを表現するとわがままだと言われ人に対して嫌悪感を示すものなら未熟で心が狭い人とと捉えられてしまうことが多いように思うんです率直に嫌いなものは嫌いではいけないのでしょうか嫌いになるには嫌いになる理由があるはずなんですもちろん最初は何となく嫌いだなという漠然とした嫌いから始まることもありますがそのなんとなく嫌いにも何らかの原因があるはずなんです何故嫌いかと取ることよりも嫌いなものを作ってはいけないという社会通念の方が上に来てしまうこれはとても奇妙な現象ですそもそも嫌いという感情は自分を守るために非常に大事なものですよね自分にとって必要のないものもしくは外になるかもしれないものを開始するために不可欠な感情不可欠の動機づけなんです危ないことがあるには近寄らないでおくための大事な感情でもありますつまり嫌いは脳に備え付けの重要なアラーム機能なんですにも関わらずですよそうした感情を表に出すとレッド治った育っていない人間であるとみなされる雰囲気があるのは実に不思議なことといえますよね人は誰かを何かを嫌わずに生きていくことなんてできませんもっと嫌いの感情を深く考察することで自分にとって大切なものが何なのかそして手放すべきものが何なのかよくわかるようになります本日はそんな嫌いという感情を脳科学をはじめとした科学的エビデンスをもとに分析し人生に活用できるようになるそんな本をご紹介いたします本日紹介するのは嫌いの運用脳科学者中野信子先生が書かれた嫌いという感情との調整付き合い方の本になります私たちはかなりのエネルギーをさいて嫌いという感情を生み出していますせっかくのこの強いエネルギーをみすみす捨ててしまったり押さえ込んで自分が苦しくなってしまったりするのはあまりにもったいないことだといえます是非本日の動画を見ることで嫌いという感情の有効的な活用方法それを知っていただけたらと思います本日ご紹介する内容は以下の三つです体調白岩克服しない方がいい第2章思春期の女性が父親を嫌う理由第3章未来の活用方法どれも非常におもしろい内容になってますので是非最後まで楽しんでいってくださいそれでは早速参ります体調違いは克服しない方がいい私達の育つ環境では好きになることについての素晴らしさは語られたとしても嫌いになることのメリットってのはあんまり語られませんどちらかといえば嫌いは解消すべきだとか嫌いは克服すべきだと言う幼少から育まれた教育観が先行して嫌いになるのは自分が悪いのだと思い込まされてしまうんですとは言えい嫌いという感情は誰にでも芽生えるごく自然なものです決してなくすことのできない脳の重要な反応でもあるんですねこの感情は生物学的に見れば自分を守るためになくてはならないものなんですかぐわしい香りおいしい味心地よい音自分にとって有益な事柄っていうのは好ましく感じそれらを取り込もうとしたりあるいは常に接していたいなあと思いますそれは有益なものをより近づけようとする生存のための自然な要求です悪臭まずい耳障りなどの不快な事っていうのは有害だとか不利益を与える可能性があるということをどうか計算してそれを遠ざけよう遠ざけようとするために嫌いというちょうどを使っているんですこれだって製造のための自然な要求の一つなんですこの人はどういうわけかいいよーできないのはなんか騙されてしまいそうだから近づきたくないこの場所は自分にとって居心地が悪いなぜか不気味なので離れていたいこの食べ物を食べると気分が悪くなっちゃうから食べたくないこれらは生物として持つべき自然な感情であり生きる上で極めて重要な感情です不快であるもの不安を与えるものに対して敏感な状態を保ちこれらを自分から遠ざけておく努力をする事は生存のために必要不可欠な戦略のひとつなんです嫌いは根拠のないネガティブな感情などではなく蓄積された情報から膿が合理性をもって判断している結果としての心の声なんです何故嫌いな人とわざわざ貴重な時間を過ごさなくてはいけないのでしょうかなぜ好きではない食べ物を無理してまで食べなければいけないのでしょうか私たちはもっと冷静に自らの未来の 行っても良いのではないでしょうかそんな嫌いという感情なんですか二種類に分けることができますとつが理性的な嫌いもう一つが本能的な嫌いです好き嫌いを物事の価値を見極め判断してより良い選択をするという判断で考えるのが理性的な好き嫌いで会不快を感じて直接的に好き嫌いを判断するこれが本能的な好き嫌いですこの二つの好き嫌いについて脳科学の側面から見ていきましょうさてそもそも嫌いという感情が芽生える時好き嫌いを判断する時に脳はどのように機能しているのでしょうか脳はいくつもの部分分野に分かれていてそれぞれ感覚や情動記憶や思考意思の決定といった機能を担っていますそれぞれの分野は大概に情報やり取りして五感で感じ取った情報を記憶したりその感覚や経験の記憶からちょうどを惹起したりさらにはそれらをもとにして施工したり意思決定を行っているんですこうした脳の中でこの店の味好きだなぁとかこの顔の人ちょっと苦手だとかこの絵が好きだなど自分の主観的な好みを決めたり選んだりする時に反応する分野っていうのが眼窩前頭皮質なんですねこの眼窩前頭皮質は眼球が治まっている眼科という頭蓋骨の空洞のすぐ上に位置していますそして物事の価値を見極め判断して自分にとってより良い選択をするための処理をしていることが分かっているんですねこの眼窩前頭皮質を含め前頭前皮質と呼ばれる場所は脳の起源としては最も新しいブイで思考や創造性を担う脳の中枢であり人を人たらしめているのと言われることもあるんですそしてこの眼窩前頭皮質が物事の価値を見極め判断してより良い選択をするいわば理性的な判断を担うのに対して不快を感じていわばより直接的な好き嫌いを判断するこのうん家が扁桃体と呼ばれる場所なんです扁桃体は脳の左右にある脳機能部位の一つであり二階の中枢となる部位なんですね特に恐怖を感じた時に活発に活動することが知られています扁桃体は互換などからの情報受け取りさらに大脳皮質で処理された情報や記憶に関わる海馬からの記憶情報を受けてそれが愛なのか不快なのかの判断をしていますまた何かしらの衝撃的な出来事による不快の情報っていうのは扁桃体から大和に送られて記憶と結びついて残るんですね扁桃体の反応っていうのは迅速で何かを見たり聞いたりした時にそれが生存に関わる重大なものであるかどうかを一瞬のうちに消化しますどちらかといえば好ましい好ましくないの判断をしているというよりは快不快を察するのと言ってもいいかもしれません前頭前皮質が新しいのであるのに対し扁桃体はいわゆる古いのであり一般的に言われる本能的な反応になっているんですね一方で眼窩前頭皮質が行う理性的な嫌いという判断は自分にとって好ましくないもしくは苦手であるという嫌いであり我慢すれば何とかなるというものでもありますこれに対して生理的に受け付けないとか言葉にできないけれど気持ちが悪いという反応は扁桃体が関与しているんですこの嫌いというのはなかなか克服できないものになります具体的にはこういう音がすると自分はひどい目にあっちゃうぞーという恐怖条件付けが起こるこういったことが挙げられるんですがこういった恐怖条件付けが起こるのは神経細胞が扁桃体で回路を作ってしまっているからなんですね実際に嫌な目にあうという結果がなくてもその音を聞いただけでその回路が活性化されて身がすくんだり体が自然に緊張したりということが起こってしまうんですパブロフの犬の恐怖バージョンといってもいいでしょうこういった扁桃体の反応の中にはときから備わっているものもあります例えば人や猿っていうのは蛇を脅威を与える対象として捉える素早く見つけるという研究結果があります蛇という驚異の対象を中止してその情報を扁桃体に伝え扁桃体では海馬の記憶情報とのやり取りから蛇に対する深いの記憶っていうのが受け取ってそれを危険だと認識させ急速眼球運動と呼ばれる眼球を対象に向けて素早くよく見ようとする体の仕組みを引き起こすんですこの仕組みによって私たちは無意識にも蛇のような危険な生き物を素早く察知し危険を回避することができるんですが驚くべき事っていうのは野生の猿だけでなく実験室で生まれ蛇を見たことがない猿でも同じ反応が見られることを何です実験室生まれの猿に対して実験を行ったところ蛇を恐れはしないもののやはり蛇を素早く見つけるという行動が見られたんですねこの結果から人の蛇に対する 進化の過程で培われた生得的なシステムであると推測されているんですわたしたちが何かを嫌悪する嫌いだと思うのは自己防衛のための見逃すべきではないでセキュリティシステムからの警告なんですだからこそ嫌いは克服しない方がいいとも言えるんです特に食べ物に関する好き嫌いは克服しない方がいいものといえますナマコに当たったの野生のキノコを食べて嘔吐したので人や動物っていうのは過去に食べて体調が悪くなった食品を避ける習性があるんですねこの現象は食物嫌悪学習と呼ばれています食物嫌悪学習っていうのはその食べ物を見ただけで過去の経験から海を感じるわけですから蛇の場合と同じで資格の情報に基づいて脳の中で扁桃体と海馬が情報やり取りした結果と言えるんですまた辛いのは苦手だよとかいっぱいのは食べられないなど味を嫌悪するのは味覚嫌悪学習と呼ばれますこの味覚嫌悪学習では自宅から伝わる味覚情報と内臓から伝わる深井の情報を扁桃体が受け取りこの味は不快なものなんだ後処理され結果としてその味を嫌うように記憶が作られていくんです食べ物に対する好き嫌いの洗濯もうセキュリティ反応の一つであり自己防衛本能なんですですから味覚嫌悪学習が生じた時嫌いなもの不快なものは食べないという選択をした動物がこれまで生き残り進化してきたと考えられるんですこのように食べ物に対する好き嫌いはとても大事な反応なので無理に克服する必要はないんです好き嫌いなく食べるのがいいという社会通念にとらわれることはありません栄養という観点から言えば現代はだいたいできる食品が豊富にありますですから無理に食べてストレスをための方がよっぽど体に良くないんです社会の常識に縛られ体調不良になってしまっては意味がないんです数回食べただけでは問題なくても長期的な悪影響があるかもしれないんで体が拒否反応を示しているということに何か理由があるのではとしっかりとそこで考えるべきなんですさて代表まとめておきましょう私たちが細い嫌いは解消すべきだよーとか違いは克服すべきだよっていう価値観は幼少より育まれた教育観に過ぎない好き嫌いは理性的な好き嫌いと本能的な好き嫌いに分かれ前者を眼窩前頭皮質が校舎を扁桃体が判断している何かを嫌悪するのは自己防衛のための見逃すべきではないセキュリティシステムからの警告であり嫌いは克服しない方がいい今までの価値観とも違うこの考え方全てを受け入れる必要はありませんが部分部分でも自分の考え方に取り入れてみてください第2章思春期の女性が父親を嫌う理由さて第2章では少し日常的な話として思春期の娘が父親を嫌いになってしまう理由を見ていきたいと思います思春期の女性が父親を避けたり父親の臭いに敏感に反応したりして嫌悪感をあらわにするようになるのは扁桃体が反応している可能性があるんですねより本能的に父親の事を嫌いになっているわけです悲しいですねなぜかといえば女の子っていうのは思春期を迎えて身体的に子供を産むことができる年齢になると自然と遺伝子の近い男性を遠ざけるようになるからなんですいわばセキュリティの一つでごく自然な生理的な反応であり父親の存在そのものが嫌いなわけではないんですむしろ健全な親子関係だと喜ぶべきかもしれません特に扁桃体による嫌いは匂いに反応すると言われているためにお父さん採用と言われたら脳の健全な反応によるものと諦めて春季の症状として正常に成長している証拠だと考えましょう悲しいものは悲しいんですがそれでもこう考えると嫌われたという事実を受け入れやすくなりますよね多分またですね時期が来れば前頭皮質での価値基準が更新されてやっぱりお父さんは頼りになるなぁなんて思われるようになるなど関係改善が期待できるので言っときの辛抱として我慢して頑張っていきましょう本能的な嫌いとは違い眼窩前頭皮質の理性的な嫌いは頻繁に更新されていくのが特徴なんですそれは眼窩前頭皮質が属している前頭皮質全体の特徴でもあるんです例えば高校生の頃はおしゃべりな人がすごく苦手だったしかし社会人になりいろいろな立場の人と話すようになって自分の知識や価値観が広がりおしゃべりな人も悪くないなと思い直すようになったなど眼窩前頭皮質の基準が更新されおしゃべりな人が好きとリニューアルされるこういうことはよくあるんですって言ったら嫌われたってめげることなく娘に愛情を注いであげてくださいまた女性は思春期になると父親以外の大人の男性に対してもこれを嫌う反応を見せることがあります大人の男性が集団でいると親父 だから離れようとする行動も見られますし男性が女性の身体的な特徴について話すことにも過敏になって嫌がる傾向が見られます特徴的なのは本質的な嫌いとはいやいや機序が異なるんですが女性が学校の教員など身近な成人男性を嫌う時にグループ化するという傾向があることを何ですねこれはリベンジされないための1つのセキュリティ的な行動でありつまり嫌いは女性同士のコミュニティーづくりに影響してくるわけです女性は共通して好きなものがある時に仲が良くなりますが共通して嫌いなものがある時にはさらに仲が良くなり結束が強くなるという特徴があるんですね思春期の女性が誰かを嫌悪したりいじめの対象としやすいのは女性の本能としてグループを作り仲良くなろうとする習性があるからなんです例えばグループの中に入れば育児の家庭で外敵から子供を守ることができますまた相互に協力しながら保育するということもできますそうしたグループの結束を高めるために有効なのがグループの外に共通の敵を用いる制裁行動を行うということなんですグループの敵はクラスの男子でもいいしグループに属さない女性でもいいですさらには若い男性の担任である場合もあります若くて優しそうな先生が標的になってしまうのは対象にしても怒られないつまりはリベンジされないような相手だからなんですねあなたが標的になってしまった場合も人格を見て嫌いと言っているわけではなくまたそのグループに属している女性一人一人があなたを嫌いになっているわけでもないことが多く彼女たちのコミュニティーづくりに寄与していると捉えご自身を責めないでいただきたいと思いますそもそも本当に嫌いなら完全に無視をして遠ざかるはずなんですもはや話題にもせず相手にもしたくないはずなんです脳の構造上そういうものなんだと知ることで心が軽くなるということもあると思いますもちろんいじめは良くないもので無理に我慢する必要はありません声を上げる息を保つとともに背景にある理由を知り自分は悪くないんだなという考えを持っていただきたいと思います第3章嫌いの活用方法さてそれではいよいよそんな嫌いという感情をどのように活用すれば人生をより良いものに変えていくことができるのかということを見ていきたいと思いますまず自分が嫌いなことは嫌いだとはっきり言うことが大切だということを示すためにとある研究を紹介したいと思いますお人好しの良い人ほど収入が少なくなるという研究なんですねアメリカのコーネル大学ノートルダム大学カナダのウエスタンオンタリオ大学の研究者が行った実験で約9000人を対象に協調性のテストと収入を調べた結果協調性が高いほど収入が低いことっていうのがわかったんです研究では協調性には信頼性率直さで合成利他主義謙虚優しさの六つがあるとしてこれらを備えている人は収入が低くなりやすいといういいことが分かったんですねさらに協調性が高い被験者が最も管理職になれないという結果が出たんですもちろん収入が高いから幸せであるとは限らないでしょうしかし協調性があるためにそこに付け入られ人から搾取されてしまうということが世の中では平然と怒っているということを知っておいても良いと思いますだからといって利己的であれというわけではありませんそもそも自分だけが幸福になるというのは無理があるんです自分が幸せだと思っていても家族や友人仕事や趣味の仲間親しい知人が不幸だとその幸せにも限りがあるね人が人の中で生きていく上で完全に利己的に生きるというのは不可能なことなんです要するに利己的というのも程度の問題で特に利他的を尊び同調圧力の強い日本ではうまく嫌いを使っていささか利己的に考えることで自分を守るように行動することも一つの方法だと考えて欲しいんです自分の申請は自分で守る意識を持つそのためにもまず利己的に自分の幸福を大事にするということを意識してみていただきたいと思いますそして離婚的になるもしくは自分を優先しながら所属する集団の利益を最大化する方法を考えるんですそのために必要なのが嫌いを知ることできることとできないことを見極めてできることは全力でやりますがこれは自分にはできないと自分の子以来つまりできないことを発信する力を身につけていくことが必要なネス利他的というのはある意味で自己犠牲の上に成り立つことでそれを続けることだよ本当に自分が犠牲になってしまうことがあるんです頼まれることを何でも聞いていて結局は何もかも中途半端になってしまっている人がいますが本人は利他的であるとか自己犠牲などと思わずにただただ断れないだけという場合もあるんですよく言われることではありますが自分が消耗しない部分は利他的に自分が消耗してしまう部分は利己的になることが大切だということで イギリスの心理学者リチャードワイズマン博士は著書運のいい人の法則の中で本当に運のいいとは虫の知らせつまり会の直感を無視しないんだと述べているんです直感が鳴らす渓谷のベルを聞き逃さず目の前のことについて慎重に考えるという合図だと捉え立ち止まって考察し推測して正しい判断をするとしていますしかし運の悪い人っていうのはこの直感に耳を傾けようとせず考え直すことなけれ信じてはいけない人を信用して選択を誤り失敗してからそういえばと虫の知らせ不快な直感に従わなかったことを後悔すると述べているんですそもそも直感というのは思考によらず瞬間的に物事を捉えたり判断できたりすることで豊富な経験と多様な発想力常識にとらわれない柔軟な想像力などが源になっているんです直感力は特に優れていなくても長年続けている仕事や趣味などでは時折あれこれはやばそうだと感じるようなことがあるはず黒に不快の感情っていうのは生命に関わる最も基本的な感情が源になっているのでこれを直感した時は何らかの手を講じなくてはならないと覚えておいてください運がいい人ほど嫌だつまり不快だと強く感じる傾向にありますそしてその深いの直感を信じ違和感を感じる仕事にはあえて手を出さなかったりがむしゃらに突き進むのではなく立ち止まって考えたりするんですそのおかげで大きな損失や失敗を回避できているということが多いんですね二階に敏感であれ鈍感であれわずかでも嫌い嫌だという感情が芽生えた時は一度そのものを考え直すタイミングなんだということをしっかりと押さえておきましょうそのまま突き進んでいいことはないんです一度考えてからやっぱり動こうでもいいですまずはしっかりと立ち止まって考えることこれが大事だということを押さえておいてくださいまた特にあなたが大人なのであれば嫌いなことは避けるべきだよという話をしましょう日本では自分の子間を優先してみんなと歩調を合わせられないとは変わった人あるいは協調性がない大人げないさらには実に勝手な人と思われてしまうかもしれませんしかし自分のために時間を使うことは自分の才能を伸ばす上ではとても大切なことです自分の時間は自分を磨くためのインプットに欠かせないものだからなんですね自分の時間というのは自由に自分の好きなことに費やすことができますから一軒不用と思われるようなことでもインプットできるんです知識やスキルの幅が養える時間思考を鍛える時間と考えてくださいその時間が才能を育むですしばしば日本ではスティーブジョブズのような天才が現れないと言われているんですがそれもやむを得ないことかもしれませんスティーブジョブスの子供時代は授業でもなんでも興味が持てないとやりたがらずすぐにいたずらをするという手のかかる子供だったそうですスティーブジョブズが日本で育ったら問題のある子だなぁとか難しい事して扱われ同調すること教えられ結果才能発揮することができなかったかもしれないんです成長段階では好き嫌いにかかわらず色々なことに挑戦させることの意義は大きいんです特に小学校中学校で学習する勉強は学ぶ力の基礎体力のようなものですその後で好きな学問を見つける才能伸ばす上でも特に義務教育で身につけた学習習慣や基礎学力というのは土台になるものなんですねですからある程度のレベルまでは嫌いだなー辛いなあという漢字を上手に転換しながら嫌いなことに取り組む必要性はもちろんあるんですしかしあるレベルを超えた後もしくは天才スティーブジョブスのような天才を育てるという場合には好きなことだけやらせて嫌いなことをやらないということに有効性があるんだよということを認める必要もあります本当の天才を育てるためには本当の天才になるためには好きなことに没頭できる環境をつくり何が好きで何が嫌いなのかを把握して好きを大事にするのと同じくらい嫌いという気持ちを大事にするべきなんですねもちろん嫌いなことを全て無視するわけではありません嫌いなことを否定し何かのせいにして以来のまま放置するのではなくその嫌いを自分はどう扱うのかここから嫌いから学べることはないのかという嫌いへの対応を転換していく方が学びはより大きくなります是非試してみてください大山椒をまとめておきましょういい人ほど収入が少なくなるため自己犠牲は自分が楽しめる範囲で行いやりたくない自己犠牲はしない深いという感情は警告のベルであり何故嫌いなのかを立ち止まって考えるタイミングを教えてくれているある程度基礎的な学習を終えた大人は嫌いなものを嫌いと言って好きなものに重点的に取り組むべきであるさていかがだったでしょうか本日は第1章嫌いは克服しない方がいい第2章思春期の女性が父親を嫌う理由第3章嫌いの活用方法について解説してきました嫌いという感情はうまく使えばあなたに大きなメリットをもたらしますその一方でその強い感情に振り回されて使うのが難しい感情とも言えますその感情の強い 肝臓文字にして書き出しましょう嫌いなことを書き出し中央口から離して客観視するんです頭の中では感情の記憶が強く働くため思考を整理することができず嫌いが重複してしまい最後には全てが嫌な事を冷静に分析することができなくなってしまいます頭の中だけで打つとした恨みの感じやメラメラとした憎しみの漢字が駆け巡るばかりでは解決にならないんです嫌なことを文字にすることで自分の嫌だという気持ちを自分から一度話してみるんです少し引いた目線で見ることにより新たな視点が生まれてきます書き出しただけで意外に楽な気持ちになることもあります好きだしてなぜ嫌いなのかを冷静に見つめることで本当の嫌いが別に見つかるかもしれません第三者になったつもりで嫌いの理由を見つめてみてください進化の過程で生き残ってきたこの嫌いという感情の意味を教の動画を見て考え直して頂けたのであれば嬉しいですここまで長らくご清聴ありがとうございました高評価ボタンだけでもポチッと押して頂けますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたしますまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますそれではさようなら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事