【おすすめ書籍】『図解入門ビジネス 最新暗号資産の基本と仕組みがよ~くわかる本(堀 龍市[著])』の紹介

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)や資産運用、資金管理、お金持ちになるためのマインドに関するおすすめ書籍を紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【おすすめ書籍】『図解入門ビジネス 最新暗号資産の基本と仕組みがよ~くわかる本(堀 龍市[著])』の紹介はいどうもこんにちはインベスター優です今日はですね今さら聞けないブロックチェーンと Bitcoin の仕組みについてわかりやすく説明しようと思います動画を見終わる頃には他人に説明できるぐらい詳しくなっていると思いますのでぜひ最後までご覧ください今や自動車分野では時価総額がトヨタを抜いて世界トップになったアメリカのテスラモーターズの社長イーロンマスクはテスラ社の資産の8%である約2600円相当のビットコインを購入したというビッグニュースが世界を驚かせていますさらに Apple 社モビットコインを購入しようとしている動きがあり今後世界中の企業がビットコインの購入に動き出そうとしているそういう噂もありますか何欧米では資産の5%から10%は仮想通貨を組み入れるべきといった論調も急に増えてきているようですそもそもなぜ世界中の富裕層や権力者などがビットコインを手に入れようとしているのでしょうかなぜビットコインには資産としての価値があるそのように注目されているのでしょうかこの辺りを知らないで Bitcoin が盛り上がっているからなどの短絡的な理由で仮想通貨トレードをしている方も少なくないのではないでしょうか交渉するのであればその仕組みをよく理解するのがあるべき姿ですではそもそもなぜビットコインは資産としての価値を持つのでしょうか今日はビットコインが資産として価値を持つ理由また言っと恋に潜む危険性その両方に焦点をあてて丁寧に解説していきたいと思いますまずお金には物やサービスと交換できる交換器の値段がいくらというものさしの役割を持つ価値尺度機能将来にわたり蓄えておける価値の保存この三つの機能があります現在のビットコインにおいては価格が大きく変動するので物の購入には向いていないというつまり交換機能がないという意見がありますがそれはごもっともだと思いますしかしビットコインは価値の保存について法定通貨を祈るという見方もありこれがビットコインは安全資産の一つになると注目されている故になりますこの点ピンとこない方に向けて丁寧に説明いたします円やドルなどの法定通貨の場合各国の中央銀行例えば日本であれば日本銀行がありこれらの中央銀行がただの紙切れある紙切れである紙幣にお金という信用力を与えていますそして人々はただの紙切れに価値があると信じていますまた中央銀行が金融政策によって市場に出回る通貨料や金利を上下させて経済をコントロールしていますここでポイントであるのは経済は中央銀行のコントロール家にあるということです一つの組織などが何かをコントロールしていて人々がその仕組みを信用したり依存している仕組みを中央集権と言い何かしらの権威や権力をトップとしたピラミッドの中で人々は支配されています昔の日本では天皇朝廷あるいは幕府仏教といった権力をピラミッドの頂点にして中央集権的な国家運営がなされてきましたヨーロッパでは絶対教えといて国王が全ての権力を掌握したりキリスト教中を中心とした中央集権的な仕組みがありましたこの中央集権という言葉はビットコインを効率的に理解するためのキーワードです中央集権型のシステムの弱点はピラミッドの頂点が崩れるとピラミッドが丸ごと崩壊するということです江戸幕府は徳川家という星の頂点が政権を新政府軍に明け渡したことで武士の時代そのものが終了しましたフランスでは国王ルイ16世が処刑されたことで絶対俺が終了しました皆さんが勤めている会社も中央集権的なシステムの一つですトップが腐ってくると会社そのものが来るときますよねここでお金の話に戻しましょう先ほど伝えた中央銀行では世の中に出回るお金を管理していますよくよく考えてみて欲しいのですが中央銀行のコンピューターのセキュリティが突破されて世の中に流通する貨幣の総量が分からなくなったらどうでしょうか皆さんが預けている銀行のシステムがハッキングされ皆さんが預けている金額がいくらかわからなくなったらどうでしょうか証明できなくなったらどうでしょう家の中は大混乱しませんねインターネットに支えられた中央集権的な社会というのは常にセキュリティが突破された時に混乱を招く仕組みとなっていますこうした中央集権的に管理されている例えば銀行の組は会社こちらを信用しているとその仕組みが崩壊した時に全てが崩れ去ってしまう事となりますにもかかわらず日本銀行や自分の取引銀行のセキュリティは突破されないと皆さんは信用していますでもよくよく考えてみるとこれって不安定で脆弱な仕組みじゃないですか ビットコインの根本的な思想哲学で Bitcoin の根本的な哲学はこうした中央集権型とは対極的に分散型と言われています何を分散しているかと言うと取引を記録する大腸を分散しているイメージですこの分散型台帳というテクノロジーこそがビットコインを支える技術も一つであるブロックチェーンというものになりますいまいちイメージがつかないと思いますのでさらに細かく説明しますまず大人一人と四人の住民が住む島があったとしましょう島の真ん中には液肥がひとつありこの石碑には島の人のお金の取引を一日一回記録してもう様が管理していますある日 a さんが b さんに10円渡したらその石碑には a さんから b さんに10円が渡されて記録されますつまり石碑が取引を記録する大腸の役割を持っているとしますこの島の住人がそれぞれ幾らも正直思っているかは歴史を見れば誰でも簡単にわかります彼にお金を盗む人がいたとしても成績表見ればそれ空の所持金が分かるので嘘をついてる人が簡単にバレる仕組みになっていますただある時鈴さんはこの島のすべてのお金を支配したくなり皆が寝静まっている頃に赤子の書き込みを改ざんし島に流通するすべてのお金を a さんの所有として書き換えたとしますよく朝咳が書き換えられているわけですが赤子の書き込みしか個々人の所持金を証明する手段がこの島にはないのでその島の経済は混乱しますこれ先ほど伝えした銀行のセキュリティが突破されるというのと同じ状況ですもちろん銀行も複数のサーバーに分けるなどセキュリティも対策はとっていると思いますけれどもここで伝えたいのは銀行システムそのものが崩れた時に全てが崩壊するという中央集権的な仕組みの弱点こちらを理解していただければ結構です要するにこの島の経済は石碑の書き込み女が信用して成り立つというものつまり中央集権型の仕組みに依存している例ですではビットコインの分散型台帳の場合を見ていましょう同じく5人の住民がいる島をイメージします他の王様いないとします新井さんの5人それぞれが大腸である席を持っています先程の例と同じように A さんが B さんに10円渡した場合5人それぞれが自分の席にえさんから B さんに10円渡したという取引を記録しますある日お金が底を尽きた A さんがこの島のすべてのお金を支配したくなり皆が寝静まっていることに自分の石碑の書き込みを解散しました夜が明けると閉鎖の赤子だけ階段されていることがわかりますこのような場合に多数決で今日の関市の書き込みを採用するのかを決めるのがこの分散型台帳の基本的な仕組みとなります今回の場合 B 3から A 3の石碑には同じ内容が記載されていますから A さんの書き込みは多数決の原理によって排除され B 3から A 3の赤子の書き込みが対応されるということになりますつまり分散型台帳の世界では誰か人鳥のデータが改ざんされたとしても他のデータが改ざんされていなければ全く問題がないというものになります何か一つのものを信用するといった中央集権型の構造ではなく複数のものを信用するのが分散型の根本的な考えになります完璧によると何か一つに依存する仕組みが中央集権型であり複数のものに依存するのが分散型の仕組みということですビットコインは体調が分散されているので改ざんされにくいと言われるのはこのためですただここでひとつ注意があります今改ざんされにくいと私はいましたよく勘違いする方がいるのですが仮想通貨改ざんされないこちらは嘘でなぜ改ざんされないではなく改ざんされにくいが正しいのでしょうか先ほどの分散型台帳の家までは多数決的に物事が決まると言いましたつまり A さん B さん C さんそれぞれ3人がですね石碑の書き込みを深夜に改ざんすると翌朝では多数決の原理により真実の記録をしていたビーサンと石和何も悪いことをしていないのに嘘の書き込みをした A さんから C 3の書き込みと同様の内容に変更しないといけません実はこれが Bitcoin の弱点の一つですつまり過半数の人が嘘の記録をした場合ビットコインのデータは改ざんされる危険性があるのでこれはですねビットコインの世界では51%攻撃と呼ばれているんですけれどもビットコインはこの51%攻撃が痛くて泣けとなっていますそれを回避するような工夫がミット声には施されていますそもそもブロックチェーンは大腸が分散されているイメージですのでこちら先ほど説明しましたがブロックチェーンとはそもそもどういう意味なのかこちらを説明していきたいと思います Bitcoin のブロックチェーンにおいては世界中のビットコインの取引記録が一つのブロックに記録されます要領で言うと1ブロックあたり1 MB となっておりその範囲内で取引が記録されていますまた約10分ごとに一つのブロックが生成され 取引が記録されていきますこのブロックが鎖のようにつながっていくからブロックチェーンと今ではこのブロックの取り器一体誰が記録しているのでしょうかそれはマイナーと呼ばれる方です彼らはマイニングマシンというスーパーコンピュータを使いものすごい速度でデータ処理を行っていますこれから話すことは説明としては100%正しい表現ではないですがイメージを持ってもらうためにあえて簡単な表現に置き換えて説明させていただきますマイナーがブロックに取引を記録する際に超難問の計算問題が出題されるようにプログラミングされてますこの計算問題はマイニングマシンでちょうど10分ぐらいで解けるようがないのに設定されていますこの難易度のことをこの世界で光るキーといますけれどもブロックが長くなることにどんどんどんどんこちらの難易度が上がっていくようにプログラミングされています計算問題を世界で一番最初に解いた場合ナーガ取引を記録してブロックを作ることができる仕組みになっていますそしてマイナーはブロックを感染させた報酬としてビットコインが手に入る仕組みとなっています報酬を得るためにわざわざ嘘の取引を記録する気にならないような仕組みになっているんです仮に嘘の取引を記録しようとしてもいいですが世界中に分散されてどこにいるかもわからないマイナーの過半数つまり51%以上と手を組んで解散しようとするのはそもそも不可能に近いですちなみにマイナーが計算問題を解いてビットコインが手に入る一連の流れをこの世界ではマイニング採掘んですねあるいは掘るとかいます何ビットコインはもう一つ階段をこんなにする仕組みがありますそれはビットコインを改善しようとするのであれば格好のブロック全てのデータを改ざんしなければしなければいけないということですここのブロックからは計算問題が出題されるようになっていますし箱のブロックの問題をすべて解きつつ太子のブロックの問題も一緒に解くそしてそれを10分以内に終わらせるというのはそもそも不可能に近いですなぜなら先ほど伝えた通り最新のブロックから出題される問題のないのはちょうど10分ぐらいで解けるようになっていますから過去のブロックの問題などを解いている余裕がありませんそしてさらに世界のマイナーの処理能力の51%以上を支配しなくてはなりませんこれら複数の条件をクリアして初めて改竄が可能になるのですこんなに大変なら最初から報酬をもらうために真面目に問題を解きましょうということになりますこのようにビットコインは極限まで改ざんされないように工夫されています Bitcoin の仕組みは全てプログラミングされておりその仕組みは変えることができませんなぜならそもそも管理者がいないからですこのように管理者がいないし特定のコンピューターがハッキングを受けたら全てが終わると言う銀行などの中央集権的な仕組みとは根本的に異なるものなのです法定通貨の場合中央銀行に管理されているから安心できるという考えですがビットコインは誰にも管理されていないからこそ安心できるというように全く逆の発想であるということがおわかりいただけたでしょうかこの改ざんされにくいハッキングされないというところ2ビットコインは価値の保存としての神様が生まれているわけなんですまたビットコインは総発行枚数が2100万ビットコインと決められており資源と同じで限界があります供給量に限りがありますから欲しいと思う需要が増えれば必然的に価格が上昇するということになるのですこのためビットコインがキーンと同じように言ってじたるゴールドと呼ばれる所以ですよってこれからビットコインの需要が増えるのであれば当然早くからビットコインを持っておく方が将来的なリターンが大きいのですこれを聞いてビットコインを早く帰りたいと思ったかたは動画の概要欄にお得な招待 URL を載せておきますのでそちらから仮想通貨取引所の取引を登録をしてみてくださいここまで聞くとビットコインってすごくね法定通貨なんてくそコインじゃんなりますよねただビットコイン投資を行うのであれば51%攻撃の他に念頭においておかなければならないリスクがありますそれは元智の100万ビットコイン問題と量子コンピューター問題です中本聡って誰やねんて話ですがこれは Bitcoin の仕組みを論文で発表した人なのですがそもそも日本人であるかも含め正体は一切謎に包まれていますこのナカモトサトシは約100万ビットコインを持っていて未だに100万ビットコインは動いていませんちなみにビットコインはブロックのデータの中身を確認することができる以上全ての取引記録を見ることができますそのため初期にマイニングされた100万ビットコインが取引されていないということは一目瞭然で分かるのでそこでリスクについてですがこの100万ビットコインが市場で売られる時が来たらビットコイン価格は大幅に下落するリスクがあると考えられていますちなみに2018年にコインチェック車から約580円相当の仮想通貨ネム が流出するという事件が起こりましたこのねむの取引はブロックチェーン上に記録されていて当然どのように送金されていたかっていうのはブロックチェーンをたどれば追跡できます結果的に2021年に犯人は逮捕されましたここで一点補足しておくとこの流出事件においてはねむのブロックチェーンが問題だったのではなくてあくまでコインチェック者がハッキングされたというものによるものであり先ほど伝えた銀行がハッキングされて全てが崩壊するっていうのと同じでいいですねむが分散型台帳であるブロックチェーンより高度なセキュリティーで守られているので眠り何か問題があったという話では全くないということは流しておきましょう仮想通貨投資を行うにあたってコインチェック車のように取引主任士さんを放置しておくとハッキングのリスクがあるので必ずウォレットという電子錠の財布に預けておくべきですこの俺とに預けておけばブロックチェーン上に保有資産が記録されるので改ざんされることはほぼ無く安全です次に量子コンピューター問題ですかこれは51%攻撃とも関連します51パーセントとは全世界にいるまりなの人数ではなくて全てのマイニングマシンの処理能力の51%を超えるかどうかで決まります現在のコンピューターのスペックを遥かに凌駕する量子コンピューターが登場すればたったの2台で世界の全てのマイニングマシンの処理能力の51%以上を超えるということはありえるかもしれません当然量子コンピュータを世界で最初に手にした人間はどこへの階段に乗り出すという可能性もありますこの量子コンピューター問題がリスクとして内在しているということはビットコイン投資を行う上で念頭に置いておくとよいでしょうまたビット声のようにマイニングマシンを使ってブロックを作っていくということはこの世界であふるーふオブワーク略して Pow と言います計算問題を解くという仕事つまりワークを行って取引履歴を証明ふるふるすることに由来しています一般的にプルーフオブワークの場合マイニングマシンを稼働させるので電気代がかかりますマイニング報酬としてられるビットコインの講習がホストである電気代を上回ればマイナーはマイニングしますが現実問題としている光るキーが高すぎて計算問題が解けず赤字になるという現象もたびたび起きていますこうした状況が長く続けば多くのマイナーは操業できずマイニングしないつまりピット声のシステムを支えるマイナーがいなくなればそのままビットコインの英語システムが崩壊するということ本リスクですまたビットコインは定期的に半減期と呼ばれる時期が来ますこれはマイニング報酬としてマイナーに支払われるビットコインの枚数が半分になるという現象ですかっこを半減期が到来する時ビットコインの価格は上がっており半減期はビットコインの価格が上がるイベントとして投資のチャンスと捉える動きがありましたただ今後も反撃にビットコインの価格が上がるとは当然決まってませんしもし価格が上がらないのであればマイナーの報酬は単純に半分になってしまい赤字になって淘汰されていくマイナーも増えビット声のエコシステムが維持できないという可能性も考えられますさらに淘汰されるマイナーが多くなるということは経営体力がある大手のマイナーだけが残り結果的に51%攻撃の可能性を高めることにもつながりますちなみにプルーフオブワーク以外にもブロックを生成する仕組みには色々な方法があります例えば仮想通貨時価総額第二のイーサリアムで採用されているプルーフオブステークという方法がありますが簡単なイメージで言うと仮想通貨の保留という量に応じてブロック生成についての投票権が付与されていく仕組みです一人一票ではなくてあくまで保有量の多いコインの所有者がブロック生成に関与できるというものです株式会社の場合株式を多く持つ株主が会社の経営に口出しできるのと同じ原理ですこのためプルーフオブステークを採用している仮想通貨は本質的には大株主有利であるため中央集権と変わりありませんなぜなら一般的にその仮想通貨を作ったエンジニアが最もその仮想通貨を持っているわけですからその人間が51%以上の仮想通貨保有していたら51パーパーセント攻撃が可能となりますそのため仮想通貨の保有者は上位51%以上の所有者が51%攻撃をしないと信頼するしかないのですこれって結局中央銀行や自分に取引銀行がハッキングされないと信じているのと同じ構図ですから結論として中央集権的な仕組みと同じなんですよねこの手の駅水のビットコイン新じゃがビットコイン以外は認めないプルーフオブワーク以外は認めないということの意味するところかなと思います結局のところ資産を運用するのであれば本質的にはプルーフオブワークが最も分散型の仕組みであり結論としてビットコインが資産保全の観点では優れているというふうに私は考えていますおそらく多くの仮想通貨投資家は世間の情報に一喜一憂しているだけでこうした本質的なことはあまり考えていないのかなと思いますのでぜひこの動画を機会に 最後にビットコインキャッシュについて説明しますビットコインは10分でいくこの1 MB のブロックが生成されます10分で1 MB を超える大量の取引は登録できず漏れてしまった文は次の10分での記録を待つしかありませんこのように一度に大量の取引が記録できないということはビットコインを送金速度に影響があります一般的に世の中に存在する仮想通貨に比べビットコイン送金速度が遅いと言われていますこのようにビットコインの使用である循環に一つのブロックしか生成されないということブロックサイズが1 MB しかないことに関する諸問題はスケーラビリティ問題集風に言われていますこの原理問題を解決するには10分間のルールを短くするか1 MB 大きくするあるいはブロックに格納する取引のデータ容量のものを圧縮して格納するという方法がありますビットコインキャッシュは1 MB を大きくするという方法を採用しまでは11ブロックあたり32 MB になっていますこのため当然ビットコインよりは送金スピードが速いですしかしながらブロックサイズを大きくするということは必ずしも良いこととは言い切れませんなぜならブロックサイズを大きくするということはデータ処理の時間が増大し大規模なマイナーに有利な仕組みとなるからです着床マイナーが淘汰されることで大手のマイナーが支配する処理能力の比率が上がるわけですから必然的に51%アタックの危険性が増大することになり繋がりますビットポイントビットコインキャッシュのどちらが真のビットコインとするかについては昔から議論の対象ですが安全性の高いビットポイント利便性の高いビットコインキャッシュという考え方の違いにすぎないので個人的には議論の実益はないと思います以上ブロックチェーンと Bitcoin の仕組みを簡単に説明いたしましたさらに細かい情報は色々とあるんですけれどもまたの機会とさせていただければと思いますこの動画を見て仮想通貨投資を始めてみたいという方は動画の概要欄にお得な招待 URL を貼っておきますのでそちらから登録してみてくださいこの動画がよかったなと思う方はぜひチャンネル登録と高評価をよろしくお願いします今後ともどうぞよろしくお願いします

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事